« いつまで続く、この戯れ言政治 | トップページ | 田中康夫、疑惑続々 »

2004.05.21

調査委員会を調査するための~

※ 長野県調査委員辞任
まず、下記から。
【4月10日(土)(中略)諏訪地域のCATVとして世帯加入率100%を誇るLCVの特設野外スタジオでインタヴューに答える。黒曜石を求めて縄文時代、各地から人々が集う交易地として栄えたと思われる和田峠の麓で山出しされた御柱の壮大さを語り、美麗なる清水県議の奥様から、私、隠れ田中ファンなんです、と言われちゃいました、と何気で最後に付け加える。】SPA!ペログリ日記006号より

 実は、ここにある、清水長野県議の奥様の発言を巡って、そういう事実は無いと県議が経営戦略局を通じて知事に抗議していた件で、康夫ちゃんからの謝罪があったらしい。
↓ 下記が清水県議のサイトです。
http://www.yanbo.jp/

 ペログリ日記には、この手の、ご婦人方から「親愛の情」を告白されたとか、昔ペログった相手と多数どこそこで「邂逅」し、という話が山程出てきますが、そのほとんど全てが、ご本人の妄想に過ぎないことは、古くからの康夫ちゃんヲッチャーにとっては既定のことですが(所詮、性愛を売りとする物書きのホラ話。目くじら立てるよなことではない)、でも政治に絡んでこんな嘘書くのは拙いだろう、康夫ちゃん。

※ 醍醐委員、辞任を表明 「長野県」調査委員会

 これはとても重大なニュースでして、まず長野を離れて、東京都議のスキャンダルに発展する恐れがある。
 主に長野オリンピックの帳簿疑惑を解明する目的で、「長野県」調査委員会というのが出来ました。何で「長野県」が「」で括られているかと言うと、長野は「信州県」に改称したらしいというアホな理由からですが、これに名を連ねているのは、下記のメンバーです。

委員名簿
松葉謙三 弁護士・全国市民オンブズマン連絡会議元代表幹事
喜多村洋一 弁護士
醍醐聡  東大大学院教授(財務会計論)
後藤雄一 東京都議 世田谷行革110番代表
黒木昭雄 ジャーナリスト・元警視庁警察官
岩瀬達哉 ジャーナリスト
大塚将司 ジャーナリスト

 ことの発端は何かというと、この委員会の初会合は、2月の27日に開かれました。場所が、長野だったか、東京だったかはちょっと手元のスクラップでは解りませんでした。この席上、委員会の会長に、大塚@日経氏を選んでいる。事務局長に松葉氏。
 それで、醍醐教授が怒ったのは公表されている所では3点あるらしい。

1.知事は連絡のためと称して、自ら、自分も含むメーリング・リストを立ち上げた。
2.会合の酒席代を、知事の後援会から支出された。
3.調査委員である二人、大塚氏と、弁護士の松葉氏が県の非常勤特別職になり、各月額20万円の報酬を受けている。
 よって、委員会の独立性が保たれないものと判断した。

 これはどれをとっても無茶苦茶な話でして、まずメーリング・リストの話は、これは監視ですよね。自分もメンバーのグループを立ち上げるのですから、それはもう「調査」の意味が無いでしょう。この委員会は必ずしも前政権時代の帳簿疑惑だけを調べるわけではないのですから。
 大塚氏と弁護士先生の特別職の話にしても、月20万円も払うのは、事実上の雇用関係ですよね。こんなことを、弁護士はともかく、よくジャーナリストの大塚氏が了解したなと思いますね。
 それで、2番目の酒席です。

 これは不思議なことに、実は県のスケジュール表には全くありません。経営戦略局は、これが私的なものか公的な集まりだったかは解らないと、言っているらしい。
 私のスクラップにある県庁の公式発表では、前後の日程は以下です。

*3月16日(火)
  8:30~ 特別会議室 部長会議
*3月17日(水)
  9:00~ 知事応接室 人事活性化チーム打合せ
*3月18日(木)
  9:00~ 知事室(1F) 産業活性化・雇用創出推進局打合せ
  10:00~ 西庁舎301 市町村交流職員自治ゼミナール
  13:00~ 知事室(1F) ソフトブレーン 宋氏
  13:30~ 〃 社会部打合せ

 つまり、東京にいたとすら書いていない。

中日新聞ではどうか?
*知事の1日
 17日 終日、人事活性化チームなど打ち合わせ

 ↑たった一行です。

ペログリ日記ではどうか?
【3月17日(水)
 前週の本会議一般質問を終えて県議会は委員会3日目。その昔は「『脱ダム』宣言」の撤回を願う県議諸氏から土木委員会への出席を求められたが、昨今は噸と御無沙汰。代わりに部局長が質問攻めに。終日、庁内で打ち合わせ。
「週刊文春」3月25日号が販売差し止めの仮処分決定を受ける。】

 ここでも、前後の日付を読んでも、東京にいたとは一言も書いていない。

 それで、この人たちの初会合は、2月の27日に開かれました。次がいつだっかは知らない。とにかく、3月の17日に、東京で宴席が設けられたわけです。知事を含めて8人が集まったそうなので、全員が出席したのでしょう。懇親会費用は八万円余で、一人頭1万円ですよね。接待と考えればそんなものでしょう。でもそれをいざ支払う段になって財布を出そうとしたら、事務局長の松葉弁護士が、「それは知事の後援会から出ますから」と遮ったという。松葉弁護士はひょっとして知事の後援会とも繋がりがあるんでしょうか?
 この委員会がターゲットにしているオリンピック帳簿疑惑の核心にいるのは、言わずと知れた、知事後援会の大物であり、県経済会の大物、吉田@アポロ氏です。いくら何でも、委員会の初会合から一ヶ月も経てば、この人たち、帳簿疑惑の裏事情くらいは知るでしょう。固有名詞は出さないけれど、その裏事情を委員にブリーフィングして歩いた人もいる。
 にも関わらず、この連中は、その代金が知事の後援会から出ると聞いた時に、疑問に思わなかったのか!? 
 岩瀬達哉、この人は、今日本で一番年金問題に詳しいジャーナリストです。年金問題で引っ張りだこですから、そもそも彼は、こんな委員会に首突っ込んでいる暇なんか無いんです。この人は、そんな絡繰りの中で飲み食いすることに疑問は持たなかったのだろうか?
 日経の大塚将司と言えば、数々のスクープを飛ばし、最後は日経の経営陣と差し違えたジャーナリストの鏡のような男ですよ。それが、こんな無茶苦茶な状況で、知事から月20万の小遣いを貰って、「知事に任命されている以上、(委員会は)県から独立してはいない」などと馬鹿げたことを言っている。貴方はもうジャーナリストとして筆を折りなさい。そんな肩書きを掲げる資格は無い。
 黒木さんだってさ、警察の食料費疑惑を暴いてきた人じゃん。それが何ですか? この体たらくは。東京都議の後藤雄一、彼はついこの前、どこかの都の建物の冷蔵庫にアルコールが入っていたことをちまちま追求していた。貴方の倫理感では、都政下のことは許せないが、地方のことはどうでも良いのか? 行革110当番なんて偉そうな看板は引っ込めてくれ。

 余談ですけれど、この件でいろいろググってみました。やり方は、「長野県 黒木 醍醐」という風に、「長野」と、あと委員の固有名詞を適当に入れると一杯出てきます。たとえば下記を見て下さい。

房総地域研究所
http://www013.upp.so-net.ne.jp/bosoken/domoto017.html
女性大分
http://www.josei-oita.jp/06.html

 いろんな地方で、「長野の田中康夫知事は、こんな凄腕所を揃えて、不正を追及しようとしている、それに引き替え、我が県は……」、という調子です。つまり全国的には、そういう受け止め方なわけです。この人たちは、たぶんその委員会がどんな体たらくにあるかは興味を持たないし、田中康夫の目的だって、ただ単に、雛壇に有名所を備えて全国ニュースにすることにしか興味が無い。実はその委員だって、そのインナーとして、某かの役得に預かることしか眼中に無かったというわけです。
 長野県議会は、早急に、この委員会を調査するための委員会を作るべきだ。私が、新幹線自由席代の実費経費で委員に立候補します。大塚将司をその席に呼び付け、公衆の面前でハリセン振り回して、恥を知れ! とひっぱたいてやる。
(*なお、本日中に、この項目は、超久しぶりに康夫ちゃん頁に追加します。誰でも艦他人参照できるように)

※ 米軍空爆で40人超死亡、衛星TV「誤爆か」 イラク

 これはシリア国境で、たぶん国境越えのテロリストを警戒していたアパッチ・ヘリのロケット弾攻撃に晒されたのだと思うのですが、今週放映されたスカパーAXNの、ザ・エージェンシー2に、似たような話がありました。芥子の栽培王でもあるアフガンの偉いさん(カルザイにそっくり)がCIA本部を訪問中、テロリスト集団が、山岳地帯のある家に集結中という情報が入る。でそこを爆撃するんだけど、その場にいたのは女子供と、その偉いさんの麻薬ビジネスのライバルの家族だけだった。テロリストなんて一人もいない。すわそいつが偽情報をアメリカに掴ませて、ライバルを潰させたんだな、とCIA幹部は激怒するんだけど、実は裏があって、その情報がCIAの耳に入るよう仕組んだのはイランで、目的はその偉いさんを失脚させることだった……、というオチです。
 恐らく、この情報をアメリカに遣した連中は、国境地帯の警備をうざったく感じていた連中だろうと思う。

※ テレビ朝日の女子アナ2人(含む岡田洋子)が結婚することが20日……。

 くっすん。残るは川瀬真由美一人か。

※ あいたた(>_<)

 栃木での突入ですが、テロ朝だけが撮ったビデオに凄まじいシーンが映っていた。閃光手榴弾が、なかなか部屋に入らないわけですよ。たぶん三発目がやっと部屋に入った。
 何と一発目が投じられてから、突入するまでに6分も掛かっている。そもそも何のためにスタン・グレネードなんか使ったんだという話。ただ押し入るために、拡声器を持って、「突っ込むぞ!」と怒鳴っただけじゃん。ま、閃光手榴弾を使って見たかったのでしょう。
 これは、たぶんSATじゃないんだろうな。神奈川県警なのか栃木県警の機動隊だったのか。

 それで、まず一発目はどうなったかと言うと、梯子の下の方から投げたらしいんだが、それが窓どころか、頭の上の梯子にぶつかってころころ落ちて来て、投げた隊員の目の前1メートル以内で爆発する(必要とする全長以上の梯子を利用すること自体がそもそも非常識)。もっと悲惨だったのは二発目で、その隊員なのか別の隊員なのか、気を取り直して二発目を投じようとしたら、操作を誤ったらしく、手の中で、何かを捻るような動作をした瞬間に爆発した。たぶんあれは、指の骨を何本か折ったはずです。結構酷く砕けたに違いない。警察はみっともないからあの時の負傷は公表は出来ないはず。
 気の毒なのはその梯子の下の方に取り付いていた隊員で、愚かにもヘルメットのバイザーを上げていたせいで、ひょっとしたら彼、網膜に負傷したかも知れない。
 あのビデオをコピーして、全国の警察に配布すべきだと思う。素人に武器を持たせるのは自殺行為だなとつくづく思った。

|

« いつまで続く、この戯れ言政治 | トップページ | 田中康夫、疑惑続々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調査委員会を調査するための~:

« いつまで続く、この戯れ言政治 | トップページ | 田中康夫、疑惑続々 »