« 出世が止まらない! | トップページ | 後藤雄一都議、貴方もか? »

2004.05.28

議員会館へ

 木曜朝10時、議員さんからの電話で起こされる。これから来てくれとのことなので、慌ててここしばらくの安保関連ニュースをおさらいし、ネクタイして電車に乗る。
 年金からイラク、北朝鮮情勢等を夕方までレク。ある事情があって、私の役割がだいぶ重くなったことを自覚する。
 帰りに渋谷で下車、さくらやの地階でパソコンを見るが、品揃えの後退に愕然とする。身売りするさくらやの業績不振のせいだろうか。いや、渋谷はもうパソコンなんか買うための町じゃないんだな。でも、久しぶりにFMVのサブノートLOOX Tに心惹かれる。あれはちょっと良いかも。特にキーボードが良い。
 帰宅して長男がへんてこな格好の親父を見て「パパ、何処行って来たの?」と訊くので「天下国家のために脳みそ絞って一肌脱いで来たんだ!」と鼻息も荒く胸を張る。蒸し暑い一日だった。

* ところで、サマワの状況(今の状況をして「悪化しつつある」あるというのはデマゴーグだ)ですが、もし自衛隊が犠牲者を出すとしても、それは政府にとっては折り込み済みのことなんですね。数名の犠牲は。問題は、現状、極めて安定している状況が、政権移譲前後に、急速に悪化する危険を孕んでいるということです。武装勢力はイラク全土での蜂起を目論んでいて、しかも一方で米軍に押されてもいる。そんな中で、まるで両者合意のサンクチュアリみたいに全く平穏な地域がポツポツとある。しかし、別に合意した上での平和地域では無いですから、これは今後、草刈り場となって、サマワが本当の戦闘地域になり、世界の壊し屋、米国海兵隊が入ってきて滅茶苦茶になる恐れがある。オランダが武装ヘリを投入するのも、それへのシフトですね。
 しかし、オランダがもし大きな犠牲、10人単位の犠牲を払うような状況を強いられた時に、彼らが撤退しないという保証は無い。その段になったら、日本は、宿営地から出てサマワの治安任務も肩代わり出来るのか? 一応の出口戦略は準備しておくべきでしょう。

※ 家族会へのバッシング?

 スポーツ新聞に言わせれば(ネット上で流行っているということなので2ちゃんのことなんだろう)、匿名による批判は卑怯なんだそうだが、だったら新聞も無署名記事は止めて、全ての記事を署名記事にして欲しい。それをやったら話を聞いてあげても良い。

※ 鹿屋市開発促進協議会が桜島架橋を要望

まこてふとか話よ(~_~;) それが出来たら桜島は鹿児島のベッドタウンとして発展するだろうし、垂水も少しは浮揚するだろうけれど、鹿屋は関係するかなぁ。それでだって鹿児島市内まで2時間半で無理だと思うけれど。

※ 自殺:カンニング疑われた高3男子 埼玉・所沢

 2時間に及ぶ教師の取調があったらしいけれど、死んじゃ駄目だよ。世の中、もっと厳しいことはいくらもあるんだから。ただ、この取調は異常だと思う。というのは、カンニングという行為は、結局は自分を貶める行為に他ならないわけで、明確な被害者が存在するわけじゃない。それはカンニングした君に返ってくるんだよ、という程度に留めれば済む話で、何が何でもお前がやったんだろうと白状させるのが目的だとしたら、それは刑事ドラマの見過ぎでは無いかと思う。

* 所で、先週発売のニューズウィークに面白い投稿がありました。これは、ごく普通のアメリカ市民が一頁の周辺雑記を投稿するというなかなかユニークな頁でして、私はいつも愉しみにしているのですが、先週は、自分はちゃっかりエール大への入学を果たした女子高生の受験競争物語でした。
 アメリカの大学は日本より門が開かれているわけですね。何しろブッシュみたいなパープリンでも、親父が金持ちなら有名大学に入れる。
 一方で、平民は、それなりの学業が無いと合格通知は貰えないわけです。そこで、どんなに凄まじい競争が繰り広げられるか。たとえば、学校で一人しかない推薦を取るために、ライバルが何処を志望しているかを、職員室に忍び込んで願書を漁って知るとか、楽しいはずのハイスクール生活の後半において、どんどん人間関係が崩壊していく様が描かれていた。
 私はアメリカ式の入試卒業システムが良いと思っていたけれど、ひょっとしたら日本式の一発一回の入試で判断するというのも、意外に公平で負担の少ないやり方かも知れない。

|

« 出世が止まらない! | トップページ | 後藤雄一都議、貴方もか? »

コメント

大石ぃ~、おまけ、おまけ!
(「志村ぁ~、うしろ、うしろ!」の口調で)

投稿: 電化。 | 2004.05.28 10:56

や、ついうっかり余計なもんまでアップしちゃいましたなぁ。ハッハッ(~_~;)。

投稿: 大石 | 2004.05.28 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議員会館へ:

« 出世が止まらない! | トップページ | 後藤雄一都議、貴方もか? »