« 冤罪1件、犯罪3題 | トップページ | 実名報道は何も解決しない »

2004.07.05

志位委員長来る!

※ 熊本県警の男性巡査が自殺、剣道部内のいじめが原因か

 これは、剣道が盛んな南九州三県にあるスポーツ枠での採用で、現職の父親も全国優勝経験有り。記事の味噌はここです。↓

【 5月24日、寮の自室で首をつって死んでいるのを別室の同僚が見つけた。遺書が残されていたが、自殺の理由は書かれていなかった。】

 自殺する人間が何故に遺書を認めるかと言えば、人生の楽しかった一瞬を記すためではありません。まさに、自殺の理由を縷々したため、願わくばその仇を討って貰うためです。
 警察は身内の自殺に関して、この手のでっちあげをしばしば行います。今回は、「遺書は無かった」と発表する予定だったものを何処かで予定が狂ったのでしょう。メディアに漏れたか、同じく身内である父親の手前、そこまで露骨な嘘は言えないと判断されたのかも知れない。だから、遺書はあったものの、そこに自殺の動機は書かれていないと白々しい嘘を発表したわけです。
 それはさておき、大人社会にも虐めは付き物であり、その程度のことで自殺するなんてのはただのバカです。

※ 女子高生コンクリ事件サブリーダーのその後

 は週刊新潮の記事を待つとして、「ちょっとやりすぎたかも知れない」と証言しているそうですから、娑婆に出た跡もずっと似たようなことを繰り返して、たまたま捕まらずに済んだということでしょう。所で興味深いのは、未だにメディアによって、実名を出すメディアとそうでないメディアがありますね。総じてテレビ系は実名を出していない。
 私は犯罪に纏わる全ての実名報道に原則反対の人間ですが、一方で、普段は何の疑問も無く実名報道しているマスコミが、たまたまニュース扱いされることの発端の事件が少年事件であったからという理由だけで、本件を匿名報道することの理由が良く解らない。それって何処かで矛盾してませんか?

※ 不支持1位は田中氏 「改革派」知事は高支持 朝日調査
http://www.asahi.com/politics/update/0704/004.html

 これはよほどのことでして、彼より支持率が低いのは、先頃、念書スキャンダルが発覚した宮崎県知事だけです。僅差ながら……。他方、康夫ちゃんの不支持率はダントツでして、この宮崎県知事の不支持率が2位で31パーセントに過ぎないのに、康夫ちゃんの場合は40パーセントも行っている。これほど県民に嫌われているのに、不思議なことに東京メディアでは「改革派知事」と持て囃されているんですよね。
 もちろん、この朝日の記事の中では、田中康夫は「改革派」知事には含まれていないのですが、皮肉なことに、田中康夫が有権者にとっては反面教師となってしまい、タレント知事のあまりな使え無さが全国民的に露呈し、逆に官界出身知事の堅実さが見直されつつある。

※ 「遭難救助ヘリは登山者負担」検討 長野県が有料化方針
http://www.asahi.com/national/update/0703/023.html

 すでに何度か書いてきたので、特に付け加えるべきことは無いんですが、この記事にある、たいした怪我でも無いのに、ヘリに乗りたいばかりに救難ヘリを呼んだバカ男の事例なんてのは、全く些末なことです。
 夫婦喧嘩や、飼い犬が吠えて煩いからと警察呼ぶ人間がいたら、110番を有料化しようなんてナンセンスなことを言う連中はいない。産気づいて119番する妊婦が絶えないからと、119番を有料化しようとする動きはない。またこの問題を、山岳遭難救助の人手の労賃に絡めるのも全くの詭弁です。こんな素人受けする主張で納税者の歓心を買うなんて発想は全く頂けない。
 山岳遭難救助で駆り出される消防団や地元山岳会のメンバーは、日常の仕事を抱えているわけです。それを中断して救難活動に当たらねばなりません。彼らには逸失利益が生じる。他方、防災ヘリや警察のヘリは、そもそもが公共の福祉に当たるために配備され、訓練されているのです。その任務のために飛ぼうが飛ぶまいが、さして余計に経費が掛かるわけじゃない。
 この問題は、本来税金で賄われるべきことを、とにかく、何でもかんでも受益者負担にして、結果として公共サービスを低下させる、税金は抜くという魂胆が見え見えですよ。どうせ素人にゃ解らんからと、こんな行政の身勝手を許しちゃいかん。

※ 志位委員長来る!

 日曜12時半、路上に出た所で、ついうっかり、アパッチ対戦車ヘリのイラストのTシャツを着ていることに気付く(~_~;)。ひょっとしてこんな軍国スタイルは拙いかもぅ、と思ったが、面倒くさかったのでそのままキラリ・デッキへと向かう。到着は12時35分。すでに志位さんの話が始まっている。
 凄い人出! もう衆院選の安倍ちゃんの比じゃない。立ち位置は小泉さんの時と同じで演壇まで作ってある。そらもうデッキは、プロ市民集団で揺れている! 高津区は実はプロ市民のスクツだったのか!? と愕然とする。
 この手の演説はだいたい時間通りに行っても、だらだら地元選出の区議会議員に始まり、本命の演説は遅れるものだがと思い、プロ市民なおばちゃんに、「肝心の候補者の演説は?」と聞いたら、とうに終わったと言う。志位さん、一人で30分以上、快調に飛ばしている。
 何でも共産党が政権を獲ったら、ボロ儲けしている大企業からしっかりと絞り取るんだとか。今時、こんな陳腐な台詞に引っ掛かるアホがいるのかと思いきや、意外にも拍手が起こる。ああ、プロ市民の皆様にとっては、都合が悪いことは全部他人のせいなんだろうなぁ。パチパチとデジカメで写真を取るが、EOSを持ち出すまでも無いと思ったので、やたら被写体が遠い。
 志位さんの演壇の背後は人が普通に歩いていることに気付き、そちらへ回って見る。しかし、凄いSPの数。と言っても、本物のSPじゃなく、黒服に模造の通じてもいないイヤホンを片耳に突っ込んだSP擬き。下を見ても50人はいる。いや本当の話。なるほど共産党が天下を取れば、こういう連中が跋扈する暗黒時代が来るんだなと実感する。
 よりによって、SP擬きの格好で聴衆を威圧して党首の安全を図ろうなんて秘密警察的な発想は、さすがKGBの薫陶を受けた政党だ。
 所が、さして近づいているわけでもないのに、いかにも学生バイト風なにきび面、でも黒服の若造が寄って来て「関係者の方ですか?」とプレッシャーを掛ける。うぉい! いくらマニュアルにそう書いてあるからと言って、短パンにTシャツでコンパクトデジカメ掲げて撮っている中年@オヂが関係者な訳きゃねえだろう!
「ここは公共の広場で、私はそこで公党の代表たる公人の写真を撮っているわけだが、何か法律にでも違反しているのか? だいたい君ら、日曜の混雑している時に、こんな所を不法占拠して大音量でがなり立てて庶民に迷惑だろう? 君らが大好きな庶民にぃー」とプロ市民なことを言ってやろうかと思ったが、気の毒なので止めた。
「何か撮影していけないのですか?」とやんわり主張したら、相手は「いいえ」とすっこんだ。
 おらおら、お前らがいくらプロ市民集団だからって、こっちはプチ保守だぞ。いくらでも受けて立つぞ。この次は表裏90式戦車のTシャツで来てやっからな、と思いつつ帰る。
 うちの2票は失ったね、共産党さん。てか、あれだけ人を集められるんなら、高津区民は共産党に入れる必要なんて全然無い。あれは創価学会より固い票ですよ。

※ メルマガおまけ デッドマンズ・カーブ

|

« 冤罪1件、犯罪3題 | トップページ | 実名報道は何も解決しない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志位委員長来る!:

« 冤罪1件、犯罪3題 | トップページ | 実名報道は何も解決しない »