« マスコミは責任を負わない | トップページ | 慶事あり »

2004.09.12

トンデモ9.11

 金曜午後渋谷、市ヶ谷の会社員に Farnborough の資料を提出。任務を完了する。事前に、持ち帰って貰うペーパーが5キロあると伝えたら、普段スパイの7つ道具でも入っていそうなどでかい黒いバッグを二つ開いてお持ち帰り頂く。

 土曜お昼、新川崎駅で、女房実家に帰っていた長男をピックアップ。そのまま東京駅へ。前日買った恐竜図鑑を見せて予習させる。
 東京駅の横須賀線のホームは、東京駅の西端の最下層。そこから一生懸命登り、今度は京葉線へと延々と歩く。2キロくらい歩いた様な気がするが、この京葉線の連絡通路は、もしホームで車両火災でも起こったらどうするんだろう。まんま煙の通路になりそうな気がするが。
 快速電車で海浜幕張。驚異の大恐竜博へ。この夏、唯一どうしても行きたかったイベントだったのだが、明日で終わりなので、頑張って行く。
 長男、前回、ワールドPCエキスポに出掛けた時に、引きずり回された記憶が残っているらしく、表情は暗い。会場の外では、森永卓郎@300万円成金の講演会の呼び込みをやっている。産経や金融庁が協賛らしいが、こういう時のこの人のギャラはいくらだろう。下を見て150万円くらいだろうか。

 会場、さすがに混んでいる。身動きとれないし、行ってみて知ったが、主催は日経、人民日報が後援なものだから、中国での発掘品がメインなんだな。だからTレックスはいない。のっけから、ビデオのナレーションがスイスペの田中信夫さんだったりして、おお! この後にアマゾンのUMAのブースがあったりして! とか期待するがそんなものはない。しかし、長男には受けたらしく、どこで覚えたが「スッゲ! スッゲ!」を連発する。最後のエリアまで辿り着くのに1時間半も掛かる。
 展示エリアを出ると、結構広いお土産物売り場が作ってあるんだが、人だかりで近づけない。時間も押していたので、これも中華料理屋のフードコートが作ってあったので、ひとまずそこへ入るが、ここも信じられないような混雑ぶり。牛肉汁掛けご飯なるものを食べて帰りの電車に乗る。

 東京駅でまた逆コースを辿り、そのまま横浜、女房実家へ。義父がこの4年間撮り貯めた孫のデジカメ写真がHDDから溢れてしまい、そのデータを処理するために義弟がCD-RWを買ってあげたようなんだが、セットアップまでで、データの引越まで行き着けなかったらしく、食事しつつその作業を完了させる。
 NHKのニュースが終わって、チャンネルを捻っていたら、何やら9.11テロのト番組をテロ朝でやっている。へぇ~、面白いじゃんと思って見入っていたら、画面には日本が誇るデムパ@田中ウーが _| ̄|○ ……。
 作業が終わったらとっとと帰るつもりだったが、結局最後まで観る。

 帰宅してから、NHKの「情報聖戦」を見る。やっかいだよねぇ。文盲率が高い国の民衆を扇動するのって簡単なんですよね。ビジュアルに訴えれば良いんだから。でもアメリカの識字率を考えると、アメリカだって技術は持っているんだよね。しかし、テロ朝のト番組が脳裏をよぎる。 またも実況スレに付き合えなかった。 _| ̄|○ とりあえずテロ朝実況板に残っていたログをゲットする。NHKを見終わってから、テロ朝の番組をビデオで見る。み、見事なデムパ構成……。テロ朝の社史に残るぞ、これ(~_~;)。

※ 19:00 ビートたけしのこんなはずでは!!世界を震撼9・11同時多発テロ!!ブッシュは全てを知っていた!?7つの疑惑▽重大証言!!WTCビル激突はリモート操作!?国防総省は突入(秘)替え玉説▽華氏911超えたビンラディン一族との(秘)親密疑惑と石油利権

 最初の30分は、まだまともなんだよね、ユナイテッド93便の破片が、激突現場の13キロ手前から点在していたというもので、これは謎ですよね。3キロなら衝撃で飛んだであり得るけれど、13キロではまずあり得ない。たぶん、激突前に機体に穴が空いたか、誰かがドアを開けようとしたんでしょう。飛び降りるためか、犯人を機外に出すためか。
 F-16が撃墜した(マッハのショックウェーブが地震計に記録されているらしい)とか言うけれど、私はその可能性は無いと思っています。その理由は、第一撃からこの93便の墜落まで、実は85分近い時間差があって、さすがに平和を満喫している空軍でもミサイルを下げた戦闘機を上空に上げる程度のことはできるでしょう。でも、インターセプトできたかどうかは非常に怪しい。素人さんは、その辺りの着眼点をそもそも持ちようがないけれど、あたしらがまず気になるのは、どこの誰がどうやって目標をトレースしてその戦闘機をぶつけたんだ? という疑問がわくのに、それを調べた人はいないんだよね。
 彼我の巡航スピードを考えると、戦闘機で旅客機に追い着くって相当のことで、KAL機の撃墜事件でも、それで何度も防空軍はロストしている。もし戦闘機で撃墜したとなると、たぶんファーストアタックの直後に上がって無いと追い着くのは無理だし、戦闘機らしきものを目撃したという怪しい証言はあるけれど、いずれも単機の話で、編隊でことに当たる、米空軍のレギュレーションにも反している。

 その後の、電話は地上と通じたのか? というのは、座席電話は通じていたということを無視しているし、携帯を持って上空に上がってテストすると、僅か10.000フィートで通話不能になるんだけど、3年前のアメリカのキャリアの方式って、今と同じなんだろうか? 確か、GSMの第一世代が残っていたはずで、あれは無茶パワーが強いんですよね。
 それで、番組として「電話があったのは事実だろうが飛行機からじゃない。音声の合成技術で他人の声を作って誰かが遺族となる人々に掛けたんだ」となって、後は見事なデムパ・モード。

 DODに突っ込んだアメリカン航空77便に関して、残骸が少なすぎると言っているんだが(それを証言させられた鍛冶先生! まさかあんなデムパ番組だとは思いもしなかったに違いない)、燃えた後の飛行機の残骸って、あんなものですよ。エンジンにしたって、ビルの中にめり込んでいるだから。番組中でワンカットだけ、人間の膝くらいの高さの丸い円盤の写真をして、757のエンジンにしては小さすぎると言っているが、たぶんあれはタービンの軸受け盤か後部ステージの方でしょう。別に不思議は無い。逆に番組が言うようにあれがグローバルホークのものだったら大きすぎる。
 旅客機はあんな低い高度は飛べないとか言っているが、だったらどうやって着陸するんだ? レーダーにはぎりぎりまで映っていたそうだが(レーダー画面を覗いていた管制官は、まるで軍用機のような操縦性だったと言っているが、グローバルホークの操縦応答性は、たぶん旅客機以下だよ)、グローバルホークはステルスでは無いとは言え、民間レーダーで捕捉できるかどうかは疑問。公開された激突シーンの監視カメラビデオには突っ込む寸前の数カットが抜かれているんだが、遺族の心情を考えれば別に不思議は無い。
 あと、グローバルホークの巡航速度は、低空では知れているから、地上から目撃されずに突っ込むのは無理でしょう。てか、もしあれが77便で無かったとしたら、77便は何処へ消えたんだ? って話になる。

 テロリストには767の操縦は無理だったは下らないからパスして、遠隔操縦技術でビルに突っ込ませたに関しても、それは無い。なぜなら、ラジコンで飛ばしたにしては下手過ぎるから。遠隔操縦自体は、70年代には確立されていた技術で、707でクラッシュテストやったし、空自だってQF-104を標的機にして硫黄島で運用していたのは、あれは90年前後だったか。いずれにしても、実際にこの技術に携わっている人々からみたら、自分らの技術はあんなに酷くは無いというのが本音でしょう。

2ちゃんねるから、キラリと光った感想二つ。
【これ見てたら藤岡隊長が全くリスクを負ってないのがわかるだろ。
 だからあれは駄作番組なんだよ 】

【「捏造」「偏向」「やらせ」「妄想」

 この4つを抜いたらテロ朝じゃなくなるじゃん。】

 でも、この手の番組をただのデムパ番組だと片づけられないんだよね。当のアメリカで出ているこの手の9.11に纏わるヨタ話って、われわれの想像を遙かに超えるレベルなんですよ。未だにWTCビルで、事前に爆発を見たとかの情報がバカスカ出てくるんだから。世に陰謀の種は尽きず。

※ CX、天に昇った命、地に舞い降りた命 「9・11テロ」で逝った夫へ、残された子供達へ

 日曜、起きて、CXの富士銀行遺族ドキュメンタリードラマに涙する。和久井映見、実生活もギャンブラーの旦那に振り回されて苦労しただけあって、この手の薄幸な女役は上手い。で、でも、昨夜のテロ朝のト番組が脳裏から離れない _| ̄|○ ……。
 良いんだよ、テロ朝。NHKとCXに比べて、うちはト番組かよ……、と嘆くことはない。良質のドラマは視聴者に感動を残すが、御社のトンデモ路線は、陰謀好きなヲタクにネタを提供してくれるから。

※ メルマガおまけ ジェンキンズ氏出頭

|

« マスコミは責任を負わない | トップページ | 慶事あり »

コメント

ドラマとはいえ、2機目が衝突したときには見ていて鳥肌が立ったのは、自分でも驚きでした。

テロ朝のデンパの届かない地方に住んでいる私は幸せなんでしょうか。噂のトンデモ番組を見てみたい好奇心もあります。話題についていけないのが残念です。

投稿: deepskysea | 2004.09.12 13:37

ペンタゴンに飛行機が突っ込んだ跡に出来た穴が、飛行機の翼の
幅より小さいというのも謎です。火事で燃えて崩れたあとはかな
り大きくなりましたが…

http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news2/1094895632/864

に参考になるサイトへのリンクがあります。

投稿: ゴン | 2004.09.12 20:04

上のスレッドの>>864あたりです

投稿: ゴン | 2004.09.12 20:05

 そのリンク先、メールでも貰ったんですけれど、まあ謎は一杯あるんですけれどね、でも日本の航空機事故でも、古くはばんだい号事件とか、結構トンデモな展開を辿った航空機事故ってあるんですよね。近年でも、KAL機撃墜事件はではサハリンに強制着陸という噂が流れましたし、日航機は自衛隊が撃墜したことになっていたりするし。

投稿: 大石 | 2004.09.13 01:29

テロ朝の番組は下記の中でリンクしてあるから、誰でも見られますよ。

http://nvc.halsnet.com/jhattori/green-net/911terror/nyterror.htm

投稿: JUN | 2006.07.01 10:15

>DODに突っ込んだアメリカン航空77便に関して、残骸が少なすぎると言っているんだが(それを証言させられた鍛冶先生! まさかあんなデムパ番組だとは思いもしなかったに違いない)、燃えた後の飛行機の残骸って、あんなものですよ。

これはどうかと思いますけど。
溶けたにしろ、そのあとには金属塊として現場に残るはずですから。
まぁ、穴の大きさを考えると、あんなに行儀よくビル内に納まって溶けたとは思えませんけど。


>公開された激突シーンの監視カメラビデオには突っ込む寸前の数カットが抜かれているんだが、遺族の心情を考えれば別に不思議は無い。

その理屈でいけば、ツインタワーに飛行機が突入する瞬間や、タワーが崩壊する瞬間もTV放送されないはずですが。

投稿: トン | 2008.05.11 19:41

>溶けたにしろ、そのあとには金属塊として現場に残るはずですから。

ペナペナのアルミとジュラルミンの塊が高速で飛び散ったのだから、金属塊になるほうが変だと思われ。

ブロック塀にアルミ缶を高速でぶつけたようなものなのだから、穴の大きさも小さくて不思議は無い。

投稿: | 2008.05.11 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/1417334

この記事へのトラックバック一覧です: トンデモ9.11:

« マスコミは責任を負わない | トップページ | 慶事あり »