« 田中康夫がスポーツだってぇ? | トップページ | 松本サリン事件の再現 »

2004.09.20

長野県警、本日も反省の色ナシ

 本日の日記は長野県民向けに、コピーと無断ペーストを推奨します。貴方たちの地域社会を無知蒙昧な警察権力の横暴から守るために、この事実を広く地域社会に周知しましょう。
 これは、一連の天竜川沿い連続殺人事件の発端となった飯田市での事件に関する、9月19日のTBS報道特集での驚くべきワンシーンで、「」内の発言は、ご本人の発言を私が起こしたものです。

 長野県飯田市に住む被害者の娘さん、52歳
事件発生は4月28日
警察の取調が娘に向いたのは6月。自首を薦められるようになる(番組では触れられなかったが、その前に旦那が疑われてしょっぴかれているらしい)。

「酷い目に遭いました、6月頃なんですが。ほんとに。自首しろだの、取調って言うのかな。容疑者扱い。犯人扱いですから、あの、トイレ行くにも(警察官が)着いてきたり、とか、朝9時から呼ばれて夜12時半までいたって、一日そこにいるんですよ」
警察は娘をポリグラフにも掛けた。
「針が動かなかったと思うんですよね。嘘付いてなかったんで。だから、警察の人が入ってきて、首傾げて入ってくるんですよ。そのポリグラフやった日に」
更に一部の捜査員は、被害者の娘にまで母親の自首を薦めるよう働きかけた。
「で娘には、あのぅ、高森町の駐在所へ監禁しといてお母さんが、あの逮捕されたらあとはこういうふうにしなさい、ああいうふうにしなさい。でお母さんに早く自首を薦めて下さい。ほいで回りにもそう言って、回りから自首を薦めるように言って下さい」

 長野県警と来たひには、松本サリン事件の大失態から何一つ学んでいない。殺人事件の現場なんて、ベテランがひと目見れば、これが身内の犯行か流しかなんて一目瞭然なんですよ。所がこの頃の田舎の県警というのは、そもそも殺人事件なんか滅多に起きないから、ベテランが現場の鞍数をこなすということが無くなった。だから、捜査一課の捜査員の知識が、実はミステリー作家並みだったりするわけですよ。いや、古今東西の難事件に目を通している分、ミステリー作家の方がまだまともかも知れない。

 この取調は、明らかに違法なもので、国家賠償請求すれば、認められるでしょう。今時、このバカどもは、早朝から深夜まで任意で引っ張って得た自供で公判維持できるなんて思っていたのか?

 この証言で特筆すべきシーンがあります。それはポリグラフで白と出たのに、警官が「おかしいなぁ……」と呟いて彼女と接したという話です。これは芝居じゃないんですね。この時点では、警官は、容疑者を真っ黒だと確信しているんですね。
 これは松本サリン事件と全く同じ冤罪の構図で、捜査に当たっている警官は、実はこの時点では、心の奥から容疑者が犯人だと信じているんです。それを否定する百の合理的根拠があっても全く気にならない。ある種のカルト的精神状況でして、捜査本部の雰囲気がそうさせるんですね。だから、彼らとしては、ひょっとしたら真犯人は外にいるかも知れないけれど、犯人を挙げて捜査本部を解散しなきゃならないから、とにかく誰かをでっち上げようという心理状態じゃないんです。
 きっかけはそこなんだけど、これはもうカルトの心理ですから、目的を正当化するために、過程の胡散臭さや、出鱈目はどうでも良くなってしまう。それすら崇高な目的のための美しい試行錯誤の記憶になる。あれ? どこかの県知事を礼讃する連中と一緒かぁ? まあ良いや。あっちも確かにカルトだ。

 もう一つ問題があって、弁護士は何処かで関与したのだろうか? もしこれが、都市部の有力者に嫌疑が掛かったりすると、弁護士が出てきて、記者会見なりして抗議するわけですよ。そういうことはあったのか? 田舎は弁護士の数も限られますから、この手の権力犯罪に対して、市民を守るために弁護士会がスクラムを組んで闘う態勢を示さなきゃ駄目です。
 私が県知事なら、すぐ弁護士会を呼び付けて、あんたたち、そういう体制を作るつもりは無いの? とやんわり諭しますよ。県警に睨まれたくないどこかの県知事にはまず無理な期待ですが。

 繰り返しますが、これはある種のカルトですから、お巡りはアホだから……で済まない部分はあるんです。彼らもまたある種の犯罪被害者。こういう気の毒な警察官を、そういう精神状態に追い込まずに済むシステムを作り上げなければならないんだけど、まずは、自分が被害者にならないための方策を地域社会で築かねばならない。そしてまずは自己防衛です。

1.事件が起こったら、被害者に一番近い自分が第一容疑者であると覚悟する
2.警察は解ってくれるなどという幻想を抱くな。彼らは正義の虜囚である。
3.弁護士を頼ることをして警察は、「それこそ真犯人の証だ」など脅迫してくるが、怯むな。早めに弁護士に相談できる準備をしておく。
4.田舎の警察に限って反省も検証も謝罪もしない。松本サリン事件のその後を思い出せ。

それにしても長野県警、後ろ暗い知事に食料費を暴かれる心配が無いからと、緊張感が足りなさすぎる。こんな連中の元じゃ、知事による旅費の詐取という公金横領どころか、公選法違反なんて単純な事案も無理だね。
 しかもこの事件は、最終的に、飯田署管内で職質による棚ぼた逮捕となっているので、飯田署は県警本部長からたぶん表彰されることになるでしょう。この事件の捜査で重大な人権侵害があったなんてことは、地元県紙の筆さえ封じておけば不問にできる。
 信濃毎日新聞。あなたたちがしかるべき熱意をもって地元県警を監視しないから、こんな非常識なことが起こる。

※ 9.18国辱の日
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline1037479.html

 昨日は柳条湖事件73年だとかで、瀋陽では凄い大がかりなイベントをやっているんですよね。ここにあるTBSの動画ニュースを見ると、それって平壌かよ? と思わせる凄まじい光景ですよ。この国の日本敵視政策って、全然変わってないじゃない! いいもん、今度大隅海峡をおんぼろ潜水艦で通過しようとしたら、P-3Cでちょっと脅してやるから。

※ 中国の江沢民党中央軍事委主席が辞任 胡氏が全権を掌握

 確かニューズウィークの現在発売号が、この暗闘劇を報じていますが、「禅譲」という綺麗な話じゃないんですよね。中国のことですから、れいによって、この後も紆余曲折あるでしょう。

※ ニュース

 テレビ・ニュースを点けるとストの話ばかりでうんざり。いっそ野球中継の時間で「どうするどうなるプロ野球!」とディベートでもやれば良いじゃん。たぶん野球中継より視聴率が取れると思うぞ。どうしてそういう配慮が働かないんだろう。スポンサー筋だろうか。でもって、議論が白熱して来たら、「スポンサーのご厚意により、このまま30分延長します」とかやってですね。
 野球による番組遅延で、その後の視聴ミスで散々泣かされたくちですから、野球中継はさっさと衛星に行って欲しいです。

※ メルマガおまけ DVD-R整理

|

« 田中康夫がスポーツだってぇ? | トップページ | 松本サリン事件の再現 »

コメント

http://www19.big.or.jp/~shine/dvd/index.htm

相当焼きに苦労しておられるようなので。
DVDメディア、ドライブに関する情報HPです。
既に御存知なら失礼。

投稿: ちろ | 2004.09.20 15:58

有り難うございます。
BBSでのやりとりなんかは2ちゃんより役に立ちそうですね。

投稿: 大石 | 2004.09.21 08:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/1477637

この記事へのトラックバック一覧です: 長野県警、本日も反省の色ナシ:

« 田中康夫がスポーツだってぇ? | トップページ | 松本サリン事件の再現 »