« 週刊ダイヤモンドを読む | トップページ | 恒星間飛行の現実 »

2004.09.09

幹部職員待機用官舎

※ 日本の夏、スイスペの夏

 とその前に、火曜日のCXの7時の2時間心霊番組を予約録画していたんだが、再生してみたらホンコワ倶楽部だった。おまけにその前半は、なんとスクスイ!ドラマ(スクスイの意味する所を知らない人はググらなくてもいいです(-_-;))。きっと2ちゃんの実況スレは盛り上がっただろうなぁ……←遠い目。あれ絶対スタッフの趣味で作っていたよなぁ……。
 しかしテロ朝スイスペよ、あんたら芝居下手過ぎ。川口前隊長の演技はもっと自然だったぞ。

※ NASA、カプセル空中捕獲失敗 地球外サンプル消失か

 きっとその太陽風の微粒子の中には、未知のウイルスが潜んでいて……。

※ 漫画「あぶさん」登場権、ヤフオクで2千万円超に高騰

これなかなか良いアイディアですね。私もやろうかしら。さすがに売り出すほどのことは無いので、例えば、名前だけの登場権なら10冊買い取り、キャラクターも含めてなら100冊、主人公としてのみ100万円で登場権を売るとか。
 でもキャラクター登場権を100冊買い取りで10人に売っても、部数的には千冊。コスト・パフォーマンス的に全く引き合わないんだよね。でも主人公なら行けるかも知れないなぁ。今度ヤフオクでやってみようかしら。とりあえず、小金は持っていますという、小太り眼鏡、萌えが趣味のヲタが応募して来たらどうしよう。

※ 東京消防庁

 火曜日でしたか、れいの後藤都議の全面協力で、テロ朝朝のワイドショーで、東京消防庁の幹部職員待機宿舎の問題をレポートしていました。
 簡単に言えば、都の幹部が、全くのタダで一等地の一戸建てに住んでいるってのは庶民感情に照らしてどうなのか? といういかにも後藤都議好みのテーマでした。
 後藤さんは、この問題で住民監査請求を起こしたけれど却下されたようです。

 番組で紹介された数字を上げると、たとえば、元麻布の総監の住宅は、宅地だけで8億円の価値があり、これを運用すると、最低でも4.000万円の利益が見込める。部長以上は全員無料で入れて、140人が、土地評価額にして総額160億円の土地に住んでいる(つまり、皆、土地だけで億の評価がある場所にタダで住んでいる)。これにマンションでも建てて運用したら、それだけで8億円の運用益が得られる。ということを記者会見でテロ朝の記者が果敢に都知事に質問するんだけど、都知事は、別に好きこのんで住んでいるわけじゃないとか鷹揚にお答えするわけです。

 一方で、一般の消防隊員は、かなり酷いボロ屋で寮生活を送っていて、それも二人部屋なわけですよ。その理由は、任務上、二人が同時に部屋を使うことはあり得ないからという理由らしい。
 幹部住宅自体は、これは明治からの既得権益なわけですね。ただ、彼らはそんなに楽しい思いをしてそこで暮らしているかと言うと、どうも半数が単身赴任らしい。やっぱり半分は仕方なく入っているという状況らしい。
 この問題は国の高級官僚の公務員宿舎と似たような問題があって、やっぱり必要な部分はあるわけですよ。ただ明らかに「無料」というのは異常だし、そもそも近くに住まなければならないというのもこの時勢でどうかと思うんだな。それをやるんだったら、本庁近くに待機用のホテルでも作って、ちゃんと幹部にも週何日かは当直させるとかに持って行くとか、あるいは、せめて民間の何割の賃料を取るとかで、時代に即した方法に改めるべきだと思いますね。

 日本の土地問題とか、住居問題の根底には、公務員の住宅関係の手当があまりに整いすぎていて、民間の状況に極めて鈍感なことが、ベースにあると思っています。
 で私は以前から言っているように、公営住宅も止めるべきですよ。そんな金があったら、家賃補助に回すべき。その中に、公務員も組み込めば良いんです。民間と全く分け隔て無く、公務員も収入に応じて、住宅手当を公が出すようにすれば良い。それで何の不都合も無いですよ。

※ メルマガおまけ 人間大砲

|

« 週刊ダイヤモンドを読む | トップページ | 恒星間飛行の現実 »

コメント

以前(5月)ココログの字体は小さいので~と、書いていらっしゃいました。TeacupのAutopageというブログは字体の大きさの変更が簡単にできます。ご参考までに。。。

投稿: 愛読者 | 2004.09.09 15:14

あと、「公共の宿」というのも曲者ですね。会社保有の保養所ともども、地元の旅館やホテルを圧迫する存在かもしれません。しかも税制面で優遇されてたりするので、ますますタチが悪いという…

投稿: 井上 | 2004.09.10 00:41

>>TeacupのAutopageというブログは字体の大きさの変更が

 年内にNIFTYが動かなければ、ここはさっさと捨てて、日記をどこかまともなブログに一本化する予定です。

投稿: 大石 | 2004.09.10 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/1395130

この記事へのトラックバック一覧です: 幹部職員待機用官舎:

« 週刊ダイヤモンドを読む | トップページ | 恒星間飛行の現実 »