« フランス 世界の癌 | トップページ | 実はあれは保険金詐欺だった »

2004.10.19

日垣隆反撃開始!

※ 私に関する信濃毎日新聞のトンでも捏造記事について
http://homepage2.nifty.com/higakitakashi/netsuzou.html

 日垣先生のサイトにこういう派手な頁が加わったんだが、肝心のそのトンデモ捏造記事が何なのか? に関しては、一切の記述は無いんだよね。ま、れいのグリーン車記事の件でしょうが。相変わらずやらしい人。年末に出る雑誌の新連載で書くそうなので、ちょっとワクワク。また「取材力皆無の作家」として今度は私の固有名詞も出して貰えるかしらん。そしたら、今度は堂々と編集長をお尋ねして同じ頁数で反論記事書かせてねとお願いできるんだが。
 すでに頁は保存したので、今後、微妙な加筆訂正が無いかどうかを見守りましょう。しかしまあ、この人も、危機管理が出来ないお人ですね。最初にグリーン車問題が暴露された時に、きちんと否定しておけば県議会でネタにされることも無かったものを。俺の相手を相手をするのはそんなにプライドが許さないか?
 それに、これは第一報から、県議会、信毎記事に至るまで、事実関係に関して大きな修正は一切無いんですよね。これは、この手のニュースではむしろ珍しいことで、追撃さんの取材による「途中から日当が出ていない」「グリーン車料金は日垣サイドからの要望だった」という事実関係に修正は一切無い。この核心部分はずっと一貫している。
 それが何処かで揺らいだというのなら、突っ込みようもあるけれど。日垣サイドとして出来ることは、そのグリーン料金の提供は県側の申し出だったということにするくらいでしょう。それならぎりぎり役人との責任の擦り合いで水掛け論争に持ち込めるから。それすら無かったというのであれば、県が一貫して嘘を付いていたということだから、文句言うべき相手は、信毎ではなく県庁の方。訴えれば良い。
 だいたい記事自体が、県議会でこういうやりとりがありましたという事実関係をコピーしただけで、記事として何の工夫も独自取材も無い代物で、この人は記者の固有名詞を連呼して怒っているけど、それってただの言い掛かりじゃないのか? そもそも追撃さんの取材を「おいくつでちゅか?」と逃げた男が偉そうなこと言うなって。
 つか、地方紙のサラリーマン記者に牙向いてどうするよ? うんなのは餓鬼のやることだぞ。あんたの敵はここにいるでしょうが。
 いずれにしても、この人はネット時代を生きられませんわな。だってさ、この人が書くペーパーの記事を目にする人と、信毎の記事を読んだ人は、たぶん桁が違う。おまけに私らのサイトを目にした人、これから目にする能動的な人間の数と影響力はそれを上回るわけでね、誰か教えてやった方が良いと思いますよ。ネット時代の危機管理はどうあるべきか。

※ ジャンボ迷走

 昨日の記事訂正。さっき、CXでチャートが出ていたけれど、単純なコースアウトですね。しかも昼の事件だと思っていたら、夜だったらしい。距離感を喪失したということなのだろうか。
 とすると、深夜だから、飛んでいる飛行機もまずいない中で、管制は何をやっていたんだろう? 寝ていたのかということになり、これはこれで、いざとなれば、夜中に飛行機でもって官邸にも皇居にも突っ込めるということになりかねない。
 たぶん、この連中は、その瞬間、レーダー見ていないですよね。あとで「見ていたけれど……」と取り繕ったのでは無かろうか。

※ 世界最大エンジンお披露目 全日空の最新機B777

 共同通信の配信で写真付きなんだが、肝心のことが書いてない。何処のメーカーの何というエンジンかが書いて無いんだよね。たぶんものはGE90だと思うんだが。でもRRのトレントも良いよん。

※ 西武鉄道問題:国交省が常務から事情聴取 告発含め検討

 たぶんインサイダー取引が禁止されるようになってから、こんなネームバリューのある会社で起きた最も大規模なインサイダー取引ですよね。堤は、政財界に顔が利くから、検察も、こんな大物を掴まえる気は全然無くて、すでに会長は知らんかったという予防線も張られつつあるけれど、これは立件は避けられないでしょう。これがインサイダー取引でなかったとしたら、たいがいの不法行為は許されることになる。やっぱり個人商店は上場しちゃいかんということなんですよね。

※ イラク派遣自衛官が制服姿で飲酒
  タイ・バンコク国際空港のロビーで
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20041017/mng_____sya_____012.shtml

 指揮官の飲酒許可があった上でとのことなので、その人物を本国に召還して首にしなさい。ロビーだろうが、機内だろうが、国内だろうが、ガードマンだろうが、制服を汚す行為であっていかなる弁解も通用しない。民間だってそんなみっともないことはしないぞ。
 普通、そんなこと考えるか? パーティ会場ならともかく、日の丸しょって国威発揚に出掛けようという武人が、民間人が見ている前で酒なんか飲むか。しかも、かつて荒らし回ったアジアの地で。

※ 米大統領 北朝鮮人権法案署名

 意外とすんまり署名されましたね。ただこれ、効果は無いですよ。効果が無いというのは、北朝鮮がこの法案に関して、ほとんど反応していないことからも窺える。普段の北朝鮮なら、こんな法案に署名するんなら、六カ国協議はチャラだとかごねるのに、それは無いでしょう。いつもの口先だけ抗議に留まっている。
 それはなぜかと言うと、理由は単純で、これが実質効力を持たない。人道援助は継続されるという安心感があるからですね。
 今後の問題は、この法案にある、脱北者支援を、いかに実効性あるものにするかに懸かっている。北は、更に国境を閉めようとするでしょう。その間隙を衝いて、どれだけ多くの脱北者を支援して、体制崩壊のスピードを加速させられるかですね。

※ メルマガおまけ 魚とニコチンと自殺&人口減

|

« フランス 世界の癌 | トップページ | 実はあれは保険金詐欺だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日垣隆反撃開始!:

» [時事][読書]日垣隆vs[[大石英司]]続報 [見えない道場本舗-Josh応援団]
http://eiji.txt-nifty.com/diary/ とりあえず、大石氏がブログをはじめたので、はてなアンテナに日記帳を登録している人は変更を。 なまじ昔からはじめていたから、形状が旧式 ... [続きを読む]

受信: 2004.10.23 18:22

« フランス 世界の癌 | トップページ | 実はあれは保険金詐欺だった »