« WiLL | トップページ | サンモリッツ集会 »

2004.11.27

スーパーあずさ

※ ジェンキンス氏釈放

 私は一環して、この問題は全く些末な問題で、日米間でどうにでもなると書いて来た。あたかもこれが大問題であるかのように騒いでいた連中には責任とって欲しいね。それだけ家族や周囲を不安にさせたんだから。
 軍法会議がいかに政治的思惑で骨抜きにできるかの知識が無い連中が騒いだだけだった。

※ 松本へ

 金曜13時出発。まず書店にて雑誌「WiLL」を入手。南武線に乗って早速開く。会社のサイトでは、執筆者として谷沢永一氏の名前があったので楽しみにしていたのだが、記事は無し。この執筆陣に呆れて降りたのか。よくもこんなロートルな人々を集めたものだ。これが10年前の新創刊雑誌だったとしても、この面子は無いだろうという時代錯誤感が漂う。「正論」及び「諸君」の酷い劣化コピーにしか見えない。
 おまけに、田中@ウーまで書いてるんだもん。鳩は飛ばないがデムパが飛ぶ田中ウーが、俺は最初からイラクに大量破壊兵器があるという報告を疑ってたとたらたら自慢。どうするんだよ。今頃それ自慢して。

 日垣隆担当頁。7頁もをまるでゴミみたいな下らん日記で埋めている。いや、あの内容をメルマガで書くのはありだと思う。読者は日垣隆のファンと彼の言動に興味がある者ばかりなのだから。でも、彼のファン以外も読む雑誌に、よくもこんな駄文を載せる度胸があるもんだなと思う。お客を舐めきっているとしか思えない。「客や被取材者を舐めんなよ」か。読者を舐めんなよだな。

 問題の最後の行

「私に関する記事を書いた信濃毎日新聞報道部の辻本邦宏記者に、取材に応じたのだから掲載紙を送ってほしいと二度も〝お願い〟したのに、ついに送ってこない。取り寄せて読んでみると、これが完全なでっちあげ記事だった。これでは掲載紙を送ることなど、とてもできなかったのだろう。なら記者辞めろ。
 同記者に取材を受けたことのある人たちに事情を聞いてみる。取材前に思い込んだストーリーから離れることがまったくできないタイプの記者だということが、よくわかった。
 この男と信濃毎日新聞報道部の捏造体質については、次回へ。私は、この男を許さない」
(同記者…‥タイプの記者、まではボールドで表記)

 私は別にこの辻本記者の名誉を守らねばならない立場には全然無いのだが、本件に関しては、若干の、さらに日垣先生の主張とはまるっきり違う情報も入りつつあるので、来月末の同コーナーを待ちましょう。
 しかしなぁ、「取材前に思い込んだストーリーから離れることがまったくできないタイプの記者」だなんて、この四年間、田中康夫をヨイショして、そのカルトから抜け出せずに、「取材前に思い込んだストーリーから離れることがまったく出来ずに4年間も、田中を信仰して、それを批判する人間を中傷だの守旧派だの中傷する似非ジャーナリスト」から言われたぁ無いよな。
 こんな思い上がった人間が、ジャーナリストの肩書きで、堂々とこんな駄文を商業誌で公開できるなんて、この国のメディアの病理は深い。

 他頁、勝っあんの「築地をどり」も読んだけど、全体的にそのまま屑籠へ直行させて構わない内容ばかり。すかすかの雑誌。この面子で行くなら、何か儲けを出すとか、世論を喚起するとかじゃなく、単に花田編集長恩顧ライターへの出版社の慈善事業みたいなもんだと思うぞ。

 立川乗換、八王子駅のホームで、昼飯。月見うどんにワカメのトッピングで350円。スーパーあずさに乗って松本へ。

 喫煙自由席との間に一両自由席を置いて、さらに後方に座ったのだが、ドアが開閉するたびに、タバコのきつい臭いが入ってくるんだよね。車中、週アスとNWJを片づける。ライス国務長官をキッシンジャーに並ぶかもとヨイショ。をいをい。ふと視線を上げると、甲府手前で見事な紅葉。西陽に綺麗だ。しばし見とれるも、カーブ続きでだんだん気分が悪くなる。ああ、新幹線欲しい。
 高校出たてという感じの髪の毛ぼさぼさの兄ちゃんがカートを押して行き来する。むさい感じがするも、なかなか微笑ましい。ご近所のコンビニでも、深夜は若い兄ちゃんがカウンターにいるわけだが、皆近所の系列店を掛け持ちするベテラン揃いで特にどう思うことも無いんだが、こういう場で若年労働者と出会うと、その動作はともかくとして、ガンバレよと励ましたくなる。
 しかしカーブだらけだな、この路線。しかもしょっちゅう止まるし。だからビジネスマンは、大事を取って現地泊を入れるしかない。私も今回は、日帰りで動けるんだが、万一往路の電車が止まると他に移動する術が無かったので前泊を入れた。松本駅前のビジネスホテルは、鉄道自殺でもっているよな部分がある。これで一時間短縮だとかになったら、ホテル街は壊滅だろうな。しかしあれは思うんだが、鉄路の要所要所に、深夜も目立つよう、轢断死体のカラー写真を貼りだしたらどうだろう。すんでに思いとどまると思うんだが。
 16時半着。やけに暖かい。いつものホテルにチェックイン。フロントにて、「ここ無線LANしか出来ないんでしょうか?」と聞いたら、有線LANも残してあるとのこと。ほっとする。
 日垣氏頁のコピーを取り、斉藤さんちに顔を出す。19時、すかいらーくで飯。ステーキを食べたかったのにメニューに無い。がっかり。やむなくハンバーグを食べる。何ですかいらーくで無いんだろう。女子高生がこんなところで飯食えるのは、地方ならではか。東京の価格じゃカーサが限界だもんなぁ。その一方で、ホテル入り口のエレベータ奥に3時間以上座り込んでたべっている集団がいる。
 ホテルでネット。長野県政関連をチェック。斉藤さんちでも夕方のローカル・ニュースを見たが、越県合併等、康夫ちゃん絡みのニュース多し。しかし、愛用のVAIO PCG-C1Rって名機なんだけどなぁ。どうしてバイオも東芝もこのタイプから手を引いたんだろう。
 夜、横殴りの雨が時々降る中を飲みに出る。土曜、窓から見上げる空は快晴。やっぱり空の色が違うね。原色の青だもん。ほっとする。

※ メルマガおまけ 旅先のネット環境

|

« WiLL | トップページ | サンモリッツ集会 »

コメント

 まことに、セコイんですけど、届いたメルマガのおまけがないんです。
 うちの受信状態が悪いんでしょうか。

投稿: keidi | 2004.11.27 16:09

うちに来たメルマガにも
おまけはタイトルのみで本文がありませんでした。
再配信よろしく願います。

投稿: SPAS | 2004.11.27 16:59

集会お疲れ様でした。600/1000というとひな壇からはそこそこ入って見えるので演者も力が入ったのではないでしょうか。
いずれここ変サイトででも詳細をお伝えくださると幸いです。
まずはご成功おめでとうございます。

投稿: zu | 2004.11.27 20:33

豊科の集会、予想以上に人が来ていて驚きました。

地元局のニュ-スでも、集会の影像が流れてましたよ

投稿: 名無し二等空士 | 2004.11.27 20:37

To 大石さま
 私もPCG-C1Sユーザーです。C1シリーズは名機だと思うのですが、残念ながら再発売の見込みはなさそうです。というのも、5年前にはC1シリーズでしか出来なかった事が、今では携帯電話で殆ど出来るようになってしまったからです。撮った写真をその場でメールするなど、最近の携帯電話なら朝飯前ですし、PCの軽量化にしても、既にC1シリーズよりも軽いB5サブノートが出てきています。
 例えば、C1シリーズで最後に発売されたPCG-C1MZX(2002年10月発売)は、内蔵カメラが35万画素、質量が998gですが、最近の携帯電話に内蔵されているカメラは標準で100万画素オーバー、質量にしてもtype 505 EXTREMEはB5ながら780gとC1以下です。カメラ機能やその周辺機能は当然携帯電話の方が上ですし、PCとして使うならEXTREMEの方が実力は当然上です。
 となると、カメラ機能や軽量性といったC1シリーズの存在意義が代替されてしまった今、敢えてソニーとしても後継機種を出す気にはなれないんでしょうね。とは言え、あの横長なビデオテープサイズPCの需要は、ニッチとしてはかなり大きいと思うのですが。投影面積が小さいので、システム手帳などと並べて鞄に入れられるのが、C1シリーズの隠れた高ポイントです。

 新幹線ですか……。どうせ新宿口に新幹線を引き込むスペースもありませんし、曲線区間の直線化の方が費用対効果が高いでしょうね。飛び込み対策には、自殺者遺族に対する懲罰的損害賠償を認めるのがそれなりに効果あるかと。

投稿: 五月原清隆 | 2004.11.28 00:32

>>システム手帳などと並べて鞄に入れられるのが、C1シリーズの隠れた高ポイントです

 個人的には、こいつの魅力はこれに尽きると思っています。旅行用ビジネスバッグの外ポケットに入る。薄型ノートは、潰れるリスクがありますからねぇ。私は今、ビクターのインターリンクに靡いているんですが。

投稿: 大石 | 2004.11.28 10:12

ロードウォーリアなんていう言葉があったころからノートPCを使っている方々に言うのもナンですが(汗

個人的にはLibletto Lシリーズの後継が出て欲しいですね。
ビジネスバックに電源ケーブルその他もろもろを詰め込んでもそれほど負担にならない重量とサイズ、それと横長液晶(エクセルを使う機会が多いので非常にありがたい)はかなり活用価値が大きいと思うのですが。
恐らく発売したとしてもそれほど数が出ないと考えているんでしょうね>特に東芝

中央線平行新幹線は橋本暫定開業で作るとか、JR東海がリニアで作るとかいろんな与太は聞きますがさてどうなるんでしょうね。

投稿: スコップダンディ | 2004.11.28 16:32

↑橋本って相模原市の橋本でしょうか?
あそこは再開発が終わったばかりで新幹線の駅や線路を作るスペースはないですよ。
可能性があるとすれば、地下駅か、相模原補給廠の返還を睨んでか、小田急多摩線が相模線の上溝駅に接続すると言う計画があるらしいので上溝に新幹線の駅を作る(あっちからだったら線路は余裕で引き出せると思う…)のではないかと。

投稿: Artane. | 2004.11.28 16:50

To Artane.さま
 正しくその相模原市在住です(笑)。中央新幹線なんてのは今のところ妄想レベルの話でしかないのですが、我らが相模原市長はかなり興味津々のようです。この市長、現在では市町村合併にすっかりご執心で、神奈川県で唯一合併協議会を立ち上げているなど、市民として恥ずかしい限りです。
 さて、小田急多摩線の延伸ですが、小田急は全然興味を持っていません。というか、はっきり言って延伸の意思はゼロです。相模原市北部には鉄道延伸の旨味がありませんし、抑も複々線化事業でプロ市民相手に疲弊していますから、多摩線延伸なんて余裕はありません。京王としても、本心では南大沢で延伸を止めたかった事でしょう。

投稿: 五月原清隆 | 2004.11.28 20:18

>橋本
いや、だから「与太」と書いたまでで(笑)
よほどのこと、それこそ東京-長野県・山梨県エリアの旅客需要が急激に増加するような施設が出来ない限りやらないでしょう。

京王に関しては南大沢で止めるよりは橋本で相模線・横浜線とつなぐ方が旅客需要的にもまだマシと考えたんでしょうね。統計を見て書いているわけじゃないので適当ですが(をい)

投稿: スコップダンディ | 2004.11.30 14:09

To スコップダンディさま
 うちの市長は、与太を与太と理解できない(以下略)なんですね。というか、自分自身で市町村合併とか言う与太を本気でぶちまけているくらいですから、リニアなんていうエサにどう食らい付くかはご想像の通りです。

>京王に関しては南大沢で止めるよりは橋本で相模線・横浜線とつなぐ方が旅客需要的にもまだマシと考えたんでしょうね。
 橋本延長なんですが、ニュータウン地区の鉄道整備に関する法令(具体的な法典・条項は失念)で、ニュータウン地区を出て最初の駅までの建設費は、大部分が公的助成を受けられるとの事です。多摩ニュータウンの場合、西側は南大沢までがニュータウン地区ですから、南大沢の次の駅までの建設費が助成対象です。
 そこで、京王は南大沢の次の駅を橋本にしてしまいました。勿論、開業当初は京王で最も長い駅間距離(4.4km)でした。どうせ政治的圧力で橋本まで「造らされる」のであれば、助成金で一気に造ってしまった方がいいからです。その後、多摩ニュータウンの外に多摩境なる駅が出来たのは、ご存知の通りです。
 で、実際の利用状況ですが、京王のダイヤ設定を見るに、橋本からの利用はそれほど多くなさそうです。一時期、新宿~橋本の特急が設定されていましたが、多摩センターからの需要だけでは空気輸送になっていたのか、現在は南大沢などにも止まる急行に置き換えられています。まぁ、京王の不運は、この路線に「相模原線」などと命名してしまった事でしょうね。小田急と同様「多摩線」と命名しておけば、少なくとも相模原市まで建設しなければいけない義理はなくなりますから。

投稿: 五月原清隆 | 2004.11.30 15:55

>喫煙自由席との間に一両自由席を置いて、さらに後方に座ったのだが、ドアが開閉するたびに、タバコのきつい臭いが入ってくるんだよね。

喫煙車両に隣接する禁煙車の中も結構空気が汚いみたいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041201-00000786-jij-soci

投稿: 名無し三等兵 | 2004.12.02 00:42

>五月原清隆さま

ニュータウン新線関係の助成金については知りませんでした。なるほど、そういうカラクリがあったわけですか。

2003年ダイヤ改定で都営新宿線口の快速が急行格上げとなったことから考えると多摩センター付近の旅客数はそれなりに多いとは思うのですが、どうでしょうか。ただ、これも印象論ですから如何ともし難いんですけどね(どこかで旅客流動の資料を見た気がするので今度調べてみます)。

ところで南大沢や京王多摩センターですと横浜方面への通勤も考えられるんですが、そういった通勤経路の人ってあの辺りはどのくらい居るんでしょうか。

投稿: スコップダンディ | 2004.12.02 09:09

To スコップダンディさま
 旅客流動の資料は、川島令三の本に二次資料が載っていますので、そこから原典を当たる事は可能かと思われます。まぁ、南大沢や多摩センターからなら、殆どは東京方面ではないかなぁとは思いますが。
 相模原線スジの急行ですが、あれは都営直通快速の格上げというよりも橋本特急の格下げです。この時、調布で準特急・特急との接続を取るようにしたので、敢えて準特急のように停車駅を絞る必要もなく、急行・通勤快速の停車駅にしたまでです。で、どうせ停車駅が急行なら、都営新宿線にも急行がある事だし、この際繋げてしまえ、という事だったのでしょう。とは言え、整備鉄道10号線は本八幡~岩本町~新宿~調布~多摩センター~橋本というのが本来のルートなので、この直通急行はある意味都営新宿線のあらまほしき列車とも申せましょう。

投稿: 五月原清隆 | 2004.12.02 23:46

>五月原清隆さま

旅客流動の件については川島さんの本からレファレンスできる旨、承知いたしました。都営新宿線口の急行・快速が相模原線特急の格下げという件と併せて調べてみます。

投稿: スコップダンディ | 2004.12.05 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパーあずさ:

« WiLL | トップページ | サンモリッツ集会 »