« スーパーあずさ | トップページ | 信濃の国 »

2004.11.28

サンモリッツ集会

 土曜朝、ホテルの窓から空を見上げると快晴。こりゃイベントやるには、天気が良すぎるかなと思う。ホテルをチェックフウトして外に出ると暖かいし、紫外線がやたらと強い。駅前のロッカーに荷物を放り込み、途中セブンイレブンに寄って500円の手提げ袋を買い、PC他を入れる。斉藤さんの車で会場へ向かう。
 しかし天気が良いわ。ずっと川沿いに走るんだが、左手に川を見て、右手にはあれは篠ノ井線になるのかな線路。で左手の川というのが、コンクリ護岸が無くて、うまく自然を活かした護岸構造が続き、しかも山からの清流だから、ちょっと石灰分も溶け込んだりして白濁観がある。いやぁ、これで屋根瓦の一戸建てさえなければスイス・アルプスで通りそうな景色だ。
 11時半頃、会場のサンモリッツ安曇野に到着。どういう会場か全然認識が無かったんだが、構造としては、ステージ付きの体育館という感じで、両隣には、馬と遊べる放牧場みたいな所と、観光客向けの土産物センターがあって、観光バスが止まっている。
 会場の椅子はすでに並べられている。700椅子を並べたらしい。みんなで昼飯にラーメンを食べる。皆さんフォーマルな格好で斉藤さんまでネクタイ締めているので、やむなく土産物屋にてちぢみ織りとかのネクタイを2.100円で買う。私なんか最初はいつものカメラマンズベストで壇上に上がろうと表明していたのに追撃さんまでネクタイなんだもの。
 しかし天気が良い。(*ブログに当日の写真有り)。松本というのは、全国的にはアルプスの入り口として知られていますが、盆地というより、平野部ですよね、あの辺りは。北アの峰峰はすでにうっすらと雪化粧。
 場内でジャズを聴きながら、観客の到着を待つ。最初は動員を掛けると聞いていたのに、そんな人々が全然見あたらないんだよね。このイベントの話が持ち上がった時には、県議らから動員は任せてくれ! と激励されたとかいう話もあったんだが、当の県議の姿も無し。最終的には、椅子は9割埋まり、当然前列はどうしても空くので、後から来た皆さんが、入り口付近で立ち見という状況だったらしい。

* 最初に基調報告した青木さん、田中県政誕生直後、運良く定年になって、ま、定年になる直前に実は辞表を書いて県庁を去った方なんだが、その方の報告では、田中康夫が県庁入りする時の、れいのビデオを録る撮らないという話が過去に追撃さんのスクープで明らかになっていますよね。この件に関して当事者としての説明があったんですが、最初は、田中が一方的に、3クルーカメラを呼んで登庁風景を撮れと言ってきたらしい。で青木さんは、それをしてふざけんなと却下するんだが、いざ政権が発足した後の異動で、予算を決済する立場になったら、広報からまたその件を言ってきて、というより泣き付かれて、実は東京から2クルーが来て撮っていた。その経費を出してくれないか? ということで、それも突っぱねた。それで知事との仲が決定的になったらしい。

 さて、当然話はみんな延び気味に展開し、追撃氏と私の対談も20分の予定が30分に。ま、そこそこ無難にこなせたと思う。日垣隆先生の名前もしっかり県民に売り込んで差し上げる。
 最後に、会場の聴衆からの意見表明。前回の出直し知事選に立候補された中川暢三氏もご発言。閉会後名刺交換する。
* 軽井沢で、田中支援をし、その前は、オリンピック帳簿追求や新幹線反対運動をしていた方がご発言なさったんだが、軽井沢では有名な方らしい。その人がオリンピックの帳簿疑惑に関して、委員会が立ち上がった時に、松葉弁護士が訪ねて来て、資料があるなら説明してくれないか? ということで、オリンピック疑惑に関する膨大な資料を渡し、レクチャーした。所が、その後は一切何の説明もなく、松葉弁護士は委員会を降りるは県の役職に就くで、そのまま沙汰闇になり、未だに資料の返却もなければ、それがどう活かされたのかの説明も無いという。
* 東京から来たという青年が発言して会場がちょっと沸く-、司会的には緊迫するシーンがある。彼は、車座集会にも何度か顔を出しているそうなんだが、「田中さんだって話せば解るでしょう」と口を滑らせたものだから、結構アホバカに野次られる。
 いや、彼の言いたいことも解るけど(でも田中が話して解らない相手だからこういう集会を開く羽目になったのだという認識が無いのは駄目だ)、地元としては、普段東京メディアで田中の虚像に晒されている人々が、善意の理解者として田中を支持し続けているという姿に直面すると、たぶん頭に来るよね。

 せめて追撃さんとの対談シーンだけでも後日公開しようと思ってテープを回していたんだが、何やらうっかりラジオのボタンを押してしまい何も入っていなかった。無念。終わったのは5時過ぎ。すでに外は暗く、斉藤さんの車で駅まで送ってもらう。800円のちらし駅弁を買い、今度はきちんと戦略を立てて自由席車両を選ぶ。喫煙車両から一両置き、しかも前方よりの車両を選んだので、タバコの臭いとは無縁の帰路となる。
 月曜日に放送された自民党の小林興起衆議院安全保障委員会を招いての郵政改革談義のTBSラジオ・アクセスのテープを消化する。小林さんももう60歳なんだそうだが、駄目だろう、田中康夫をして、改革しているとか、勉強家だとか持ち上げていたら。
 番組冒頭、康夫ちゃんがたらたらブラジル訪問自慢話をするせいで、長峰が進行しようと苛々する様子が窺える。
 長野県内で流れていない11時半からの部分でも小林議員が残って、散々田中を「改革者」「勉強家」と持ち上げるわけだ。そんでもって、小泉総理に関して、「彼は改革のために破壊はやった。でも改革は、それだけじゃ終わらない。破壊の後にどう創造するかだ!」と力説するのに、田中が横でうんうん頷くわけだ。アホか小林興起、お前の目の前に破壊しか出来ん馬鹿男がいるだろうが?
 民主党でのメッキが剥げつつあるせいか、この頃の田中康夫は自民党にもすり寄って、亀井派で講演とかしているわけだ。だから亀井派は低落状況から抜け出せないんだよ。
 甲府に着く頃、やっと番組を聴き終える。しかしスーパーあずさって、立川にも止まって欲しいんだけどなぁ。八王子で特快に乗り換え。でもこの時間帯のせいか、それとも上りは全部そうなのか、立川まで各停なんだよね。すでに9時だというのに、塾帰りと思しき小三くらいの子供が携帯で親に電話している。あ~あ、どうしてこうすぐ子供は成長するんだろうな……と寂しくなる。
 立川駅乗り換え、22時前やっと帰宅。電車酔いで軽い偏頭痛あり。あっという間の一日を終え、風呂入って寝る。

※ チープな旅行

 2ちゃんねるで、自由席で行ってビジネスホテルに泊まり、すかいらーくで飯なんてなんて惨めなとか煽っている奴がいるんだが、いや、私にしてみれば、本来、コンビニ弁当で済ますべき所をすかいらーくなんぞでたかが晩飯に2千円も使ってしまったこと自体、大奮発したつもりなんだが。
 それはさておき、選挙の応援で松本に通うようになって以来、私にとって松本は、ただの御近所圏内であって、そりゃ俺は出世した大物ジャーナリストだから帰省するにもグリーン車でなきゃならんという人とは違うわけです。あれ行って(6千円)泊まって(5千円)帰って来るだけでⅠ万7千円の出費になりますからねぇ。田中康夫みたいに、とても会議会場としては使えない不便極まりないパークハイアットで「政治」活動したことにして、政治資金から「性事」活動資金として宿泊費を出させるような絡繰りも持ってませんし。

 たとえばホテルにしても、松本のブランド、ブエナビスタは、冠婚葬祭で使うには良いけれど、あそこはビジネス・ユースで使える場所じゃないですよ。まず駅から遠い。かと言ってタクシー乗れる距離じゃない。しかも部屋にLANは無いし、おまけにピッチは旗が立たない。個人的には、家族連れででもなければ泊まりたいと思うホテルじゃない。
 あと、グリーンと指定席に関しては、私は強くJRに言いたいことがあるんですけれど、全車両分に占めるグリーンや指定席車両て、当然自由席禁煙車両より少ないわけですね。となると、自分にたまたま割り当てられたシートが、自由席より喫煙車両の近くである可能性は必然的に高くなる。自由席だと、こちらの自由意志と戦略でもって、一番空気が綺麗そうな場所を選べるでしょう。それが出来ない。指定席だって、座った後で椅子を探して移動させて貰うという手もあるだけれど、それはそれで車掌さんの了解を得てのことですからね。
 JRの今の思想がどうなっているのか知らないけれど、車両は、グレードでは無く、喫煙、非喫煙で編成すべきだと思う。昨日乗ったスーパーあずさは、その辺りの配慮が若干窺えたような気もしたんですが。
 それに、俺は著名なジャーナリストだからグリーン車でパソコン仕事したいという見栄っ張りな人も世の中にはいるかも知れないけれど、あずさでは無理よ……。昨夜も、何度かパソコン出そうかと思ったけれど、あの右へ左への揺れの中では酔うだけ。下手すると、HDクラッシュの原因を作りかねない。
そこいら辺の合理性を考えると、経済合理性という以前のレベルで結論が出ちゃうんですよね。

※ メルマガおまけ 血液型番組&昨日のお詫び

|

« スーパーあずさ | トップページ | 信濃の国 »

コメント

>小林興起

ヨイショ発言にゲンナリなのはよくわかりますが、政治家の言葉ほどいい加減なモノはありませんからね。腹の底じゃまったく違うこと思っているんじゃないですか。この議員は、かつて杉本彩とのランデブー写真を撮られたり、外国法人からの献金があったりで話題に事欠かない人ですね。そういったところは、康夫と似たり寄ったり。だからこそ、番組によばれたんだと思います。

投稿: ゾウゲブネメガミ | 2004.11.28 18:03

http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2004/11/post_37.html#more

木村剛ブログを読んで脱力してしまいました。
きのう見えていた山口村の人たちが読んだら、どう思うでしょう。
木村剛さんは、中央官庁やマスコミ各社の動向を注視していませんね。

投稿: 斉藤久典 | 2004.11.28 20:05

結局、この集会に関して速記録、
音声、映像データなどは全く
残っておらず、アクセスは不可能
なのですか?

投稿: gryphon | 2004.11.28 20:48

木村剛センセに置かれましては…
マスコミの悪口が言えれば、それでオッケーなんじゃないですかね。
こう言う話もありましたし↓
http://kotonoha.main.jp/2004/11/03anti-media.html

投稿: Y-MAT | 2004.11.28 21:48

>>残っておらず、アクセスは不可能

 すみません。私と追撃氏のパートに関しては私のミスで音声が無いという状況に陥ってしまいまして。
 全体のビデオも、そこまでの体力は無かったみたいで。最初の時点でその辺りのことを詰めておけば良かったなと、ちょっと後悔しています。自分の分は自分で録ればいいやという程度に思っていたので。

投稿: 大石 | 2004.11.29 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンモリッツ集会:

» 「マスコミ批判」の次の段階。 [Espresso Diary]
脱・田中康夫の時代へ。昨日の安曇野での集会「これでいいのか?田中県政」は、おかげさまで無事に終了しました。私は宣言文を書いて読む役目だったのですが、不慣れなスー... [続きを読む]

受信: 2004.11.28 22:29

« スーパーあずさ | トップページ | 信濃の国 »