« 勝谷誠彦、貴方のプライドは守られたのか? | トップページ | 卑怯者の最後の隠れ家は愛国心 »

2004.11.07

七五三

 土曜、煙草の臭いが染みこんだブレザーを着て朝一で南武線。女房実家にて長男の晴れ姿とご対面する。馬子にも衣装って奴だ。
 うちの田舎では七五三なんてやらない。この頃は、ホテルで食事会とかやるらしいんだが、とにかく、私自身もやった記憶が無いので、別段興味は無かったが、こっちで紋付き袴を用意するからと、全部あちら任せにする。
 横須賀線に乗り、鎌倉へ。実姉と合流。しかし暑い。鶴岡八幡宮は、とんでもない混雑。まるでTDL並み。宮司はウォーキートーキーを持って走り回っているし、若い神主さんは、やたら馴れ馴れしく喋り掛けてくる。それってあんたらキャストでしょうが。
 行列に並び、50人単位で、かしこみかしこみ~。計算してみたら、このベルトコンベアー方式だと、週末一日の稼ぎは、3千万円を優に越えるのでは無かろうか。
 駅の近くで会食。帰宅は4時。滅茶苦茶だった今週のスケジュールの全てがやっと片づく。

* その長男の晴れ(後)姿と、冒険作家クラブの看板の写真をブログにアップしました。ブログ頁右側の「マイフォト」をクリックして下さい。

 そう言えば、歌舞伎座付近の風景って、頑なに昔のままの光景が残っていますね。当時ですらあの辺りには似つかわしくなかった、仲間と通い詰めたチープな居酒屋があのまんま残っていたのにはびっくりした。

 日曜、お昼頃から酷い倦怠感に襲われる。冷蔵庫を開けたら、週初めに自らマルエツで買った289円、豪州産肉切り落とし、更に2割引が入っている。すでに賞味期限を3日過ぎている。まあなんとかなるかと開けてみたら、ぷーんと異臭が。牛肉だぞ、牛肉……。 _| ̄|○ 。他にも、食べるつもりで忘れた食材が何点か入っている。まともに食事も摂れない一週間だった。

※ 米軍、ファルージャで最も激しい空爆実施

 これ大統領選挙前から大々的に宣伝されていて、もう中にいるテロリストは逃げ出した後なんですよね。ベトナム戦争の末期も、米軍はこの手の無意味な村落の破壊に手を染めて、死体の数だけ加算して戦果があったと自慢していた。
 結果を導くための作戦じゃなく、何かやっていることをアピールするためだけの作戦。ちょっと末期的な臭いが漂う。

※ まだらの紐

 昨夜から、スカパーミステリーchで、「シャーロックホームズの冒険」が始まりました。初回は「まだらの紐」で、この事件では、横暴な家主が、敷地内にジプシーを出入りさせているという描写が出てくるんですが、なんと「ジプシー」という所だけ、吹き替えが代わっているんですよ(~_~;)。そこだけ全く別の人の吹き替えで「ロマ」と言い換えている。そこまで気を遣うよなことじゃないと思うけどなぁ。

※ 明日こそは、敢闘言ネタを

※ メルマガおまけ 某クラブ某事件2

|

« 勝谷誠彦、貴方のプライドは守られたのか? | トップページ | 卑怯者の最後の隠れ家は愛国心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七五三:

« 勝谷誠彦、貴方のプライドは守られたのか? | トップページ | 卑怯者の最後の隠れ家は愛国心 »