« 卑怯者の最後の隠れ家は愛国心 | トップページ | 基本高水と百年確率の合理性 »

2004.11.09

コラテラル・ダメージ

 月曜夕方、昼寝してた長男が半べそで起きてくる。なんでもバルタン星人から痛い目に遭わされたとか。
 翌朝、こっちが悪夢に見舞われる。6畳くらいの事務所で仕事していて、そろそろ田中批判のイベントに行かなきゃなと腰を上げようとしたら、突如として20名前後の男女が半開きのドアを開けて押し入ってくるんだ。その中には実は康夫ちゃんもいて、でも康夫ちゃんもなんだか嫌々拉致されて来た感じなんだな。で、部屋に居座って、田中への批判を金輪際止めろと言う。俺たちは、萌え系エロソフトの制作クリエーターだと言う。それがどうして康夫ちゃんと関係があるのか良く解らないんだが、彼らは、自分たちがいかに世間から迫害されているかを切々と訴え始める。
 で私も、穏便に引き取って貰いたいから、「いやぁ、別にエロソフト屋が家の前に出来たらちょっと困るけど(実は歓迎だ(~_~;))、クリエーターまで批判される謂われはないでしょうな」と応じて相手の気分を解した上で、制作の苦労話や、こんだけ売れたら次の開発費が出るけどそんなことは滅多に無くて、いつも苦労しているんですよ、とかいう話に、うーん、苦労はどこの業界でも一緒ですなぁ。と意気投合したり、でも一方じゃ向こうは、とにかく康夫批判は金輪際駄目だ! と脅迫する。とうとう、康夫批判が駄目だということの説明は無く目が覚めた。
 どうやら、前夜ビデオで見てた日曜の市町村合併を巡るN特で、市民が行政を吊し上げるシーンが脳裏にあったらしい。で、康夫批判が駄目だという根拠が説明されないのは、この所、支離滅裂状態に陥って、いかなる意味に於いても田中擁護の論陣を張れずに荒らし回るしかなくなった2ちゃんねるに於けるマンセー集団の隠喩だろうと思う。じゃあエロゲーは何のメタファー? それはユング先生に任せよう。

※ 出口戦略?

 今、自衛隊がサマワに出している兵力は、500名ちょっとですね。これは、私が考える所、籠城してエリアを守るには十分な数です。ただ物資が持つかどうかがちょっと微妙で、この半分ならロジが崩壊してもかなり持ち堪えられる。ただ500名を維持するめたに必要な物資を日量20トンと計算すると、たぶん毎日、クウェートから2便、ハーキュリーズで補給物資を基地内に落とさなければならない。これはちょっとリスキーな作業で、いざサワマの安全が崩壊し、オランダ軍が撤退云々、あるいは潰走状態(ほとんどあり得ない)になったら基地内に籠城するしか無いわけで、救援の手はずを整えるまでの一週間前後を耐えなければならない。
 いざ治安崩壊ということになれば、オランダ軍も当然籠城という戦術に出るでしょうから、その点敵の目標は分散されるでしょう。もちろん、現地部隊も、1、2週間籠城する程度の物資は貯め込んでいるはずです。ただ、敵がロングレンジで迫撃砲攻撃に出てくることを思えば、それに対抗するための迫撃砲中隊を派遣しておくべきだろうとは思うのですが。
 ただ、軍隊を派遣した以上、犠牲は覚悟の上でなきゃならない。500名の派遣だと、10パーセント前後の犠牲は覚悟するしかない。少なくとも、移動途中を狙われて、4、5人の犠牲を出す事態はそろそろ覚悟しなきゃならないでしょうし、夜間の迫撃砲攻撃によるまぐれ当たりもそろそろでしょう。

 で、ファルージャの攻防は、とにかく戦果は期待できない掃討作戦で、米軍の目的は、街を破壊し尽くすことですから、民間へのコラテラル・ダメージ(附随被害)がどのくらいの規模になり、それがイラク国民にどういう形で伝わり、対米感情に作用するかで成否を評価するしかない。
 不幸にして、もうファルージャの中には、欧米系のジャーナリストはいませんから、ここがベトナムと違うところで、街の中でどんなに悲惨な出来事があろうが、米国内での世論喚起には繋がらない。

※ メルマガおまけ タカエビ&オカヤドカリ

|

« 卑怯者の最後の隠れ家は愛国心 | トップページ | 基本高水と百年確率の合理性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コラテラル・ダメージ:

« 卑怯者の最後の隠れ家は愛国心 | トップページ | 基本高水と百年確率の合理性 »