« 歌田氏よりコメントあり | トップページ | イラクに於けるアサルト兵器 »

2005.03.13

羊の群れ

※ 法改正の精神を活かす

 昨日のスカパー朝日のパックインで、経済評論家の紺谷典子さんがライブドア問題に関して面白いことを仰ってました。それは、今回の「仮処分の決定は間違っている」という立場からの発言で、当然元帥らからは袋叩きに遭ったわけですが(元帥! 他の人にも喋らせてくれ)、それは、立法府、国会から金融庁まで、今回のライブドアの時間外取引に関して、法のグレーゾーン、盲点を突かれたと認識して、早急に改正する方向ですでに走り出している。そういう立法府の状況下で、懸かる司法判断が下されるのは、明らかに世間の流れに「逆行」しているでは無いか? というものでした。
 これは、ちょっと眼から鱗な話でして、たとえば刑事事件や交通裁判に於いてもそういう事例が過去に多々ありました。新潟での10年に及ぶ少女監禁事件、酒酔い運転による死傷事故に於いてもそうです。社会に衝撃を与え、現行の刑罰ではどうか? という議論が巻き起きると、司法は世間の加罰感情に配慮して重い刑罰を科す傾向がある。
 この問題と若干違うのは、あちらは量刑の問題であって、こっちは商法の問題です。0か1の極端な判断しかできない。もちろんこの問題は、一概には、だから差し止め不可にすべきだという話にはならないでしょうが、こんなに速やかに法改正の動きが表面化した段階での裁定であったことを思えば、後々法曹界で議論の種になるでしょう。(この部分は、番組開始45分以降、今日の再放映では、14時45分頃からです)

* それで、ここ数年、日本のマーケットを支えてきたのは、良くも悪しくも外資です。市場も金融庁も竹中も、外資の機嫌を取ろうと躍起になった。その中でM&A解禁という流れも当然のごとく出てきた。
 所が政府は、欧米の市場において、M&Aを巡って過去に生じた敵対的買収の経験を一切酌まずに、ただひたすら市場の活性化推進のために、「矛」だけをマーケットに与え続けた。ゴールデン・パラシュート、ポイズンピル、ホワイトナイト、クラウン・ジュエルと言った防衛策は、企業防衛の手段として、欧米では広く認められ、そもそも約款にその手だてが入っていたりする。
 結局、日本のマーケットは、ガイジンさんの甘言に乗せられたわけです。黒船に乗って来た連中が押しつけたルールを、これが世界標準だと錯覚した。でも連中は自己に都合の悪いルールは一切教えないから、東洋の未開人は、危うく不平等条約を受け入れてしまう所だった。その意味では、ホリエモンの功績は大きいと言えるでしょう。

* それにしても、最近のCXはつまらんですね。もうこの頃のフジテレビのニュースは全くつまらん! 何をくだらんプライドで客観報道に徹しているんだろう。恐らくCXは、報道からワイドショーに至るまで今相当に視聴率を落としているはずです。
 買収なんて体の良いことを言いながら、ホリエモンがやっていることは、強姦、乗っ取り、闇討ちの類ですよ。それを誰もやらんから市場が許していたというだけのこと。経営者やキャスターは堂々と、カメラの前で訴えれば良い。あれは不当な闇討ちで悪意に満ちた乗っ取りだ! と。ゴールデンタイムを潰して、反ホリエモンのキャンペーンを張れば良いじゃないですか。産経の取材力を今こそ総動員すべき時。
 時々、花火は打ち上げて見せるんだけど、徹底抗戦するという強固な意志が伝わってこないし、世論を味方に付けるというパブリシティの部分では、ホリエモンとどっこいどっこいに下手くそ。

※ 県警出向

 長野県では、県警の人手不足に対応するために、県庁から人を募って出すという案件を今議会に掛けている。それも、各部署に、何人ずつ出せと命じているんだが、話題の経戦局には一人の割り当ても無い。経戦局にこそ、一番使えない人材が集まっていることは、今や県民衆知のことだから、いっそここの人員を全部県警本部に差し出せば良い。
 この件は、もともと県警側が人員増を求めた時に、康夫ちゃんが蹴ったという経緯があり、彼としては、今更県警OBの再雇用案は飲めないわけです。一方で、県警のご機嫌を取らなきゃ拙い時期だから、県庁内で自分に楯突く部局を重点的に狙い打ちして人を出せと命じたというわけです。
 OBの再雇用なんて何処の県警でもやっていることで、結局はこれが一番安上がりに付くんですけどね。あるいは、土木部辺りから派遣させて、事務だけでなく警職法適用の部署にも配置させて、いざという時、かつて自分が左遷した人間から輪っかを掛けられるというサプライズも良いかもしれないけれど。

※ 長野市裁判取り下げ

 れいの住民票問題の訴訟が、長野市の全面的な勝訴という形で、長野市が訴訟を取り下げて終わりました。所が田中は、「県の主張を長野市がお認め下さったことを感謝申し上げます」という、全く、県民や長野市を愚弄したコメントを出したわけです。県の主張をいったい誰が何処で認めたというんだ?
 これじゃまるで田中の我が儘が通って、長野市が訴訟を取り下げたみたいになってしまう。詫びの一言も無い所か、「勝ったのは俺だ!」とアピールしている。やっぱりこれは、きちんと県民が訴訟を起こして、裁判費用を弁済させなきゃ駄目ですよ。
 なんでこういう時に、長野県民は黙って見過ごすんですか? 旅費の寸借詐欺にしても同様で、どうして訴えないんですか? バイトの旅費を税金にたかるという、本来なら刑事事件になっているべき案件だけど、県民が訴訟を起こすだけでも雰囲気は変わる。なのにどうしてこういう時に、長野県民は行動を起こさないんですか?

※ 求む! 付箋紙
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se297185.html

 昨日のデータ消失の件で多くのアドバイスを頂戴しました。有り難うございます。いろいろ試してみましたが、最終的に、かなり良い線を行ったのが ANTIDOTE for PC Media Rescuer ↑というシェアウェアでして、お金を払わなくても、少なくともどの程度データが復旧できるか確認できるので、試してみました。99パーセントのデータは復旧できるようで、しかも復旧に失敗したデータでも、たとえば画像データなどは、復旧できたところまでが表示できるので、そこだけ確認して後で補えば良いわけですね。レジストして使ってみようかと思います。

 さて、そこで新たな捜索願です。実は付箋紙ソフトを探しています。ボタン一発パッと起動して、メモを貼り付け、「閉じる」ボタンで、保存終了してくれる奴ですね。
 これまではずっとWZエディタのメモ帳機能を使っていたわけです。所がこれに、長野県政関係のクリッピングを片っ端から放り込んだせいで、これが17メガにも膨れあがった(~_~;)。もう一太郎並みに重くなってしまい、いざという時に使い物にならない。ちなみに17メガというのはどのくらいの容量かというと、400字詰め原稿用紙400枚の小説があったとして、それがだいたい上を見て300kぐらいになりますから、ノベルズの小説に換算すると、50冊超になります。4年間の愚行の証拠がそれだけ溜まったわけです。
 いろいろ探して、「覚え書」というツールをインストールしてみたのですが、高機能すぎてどうも使い勝手があまり良くない。リソースも相当喰っている感じがする。私が求める付箋紙の機能は以下です。

1.フリーウェア
2.高機能は求めない。LAN操作可能なんてどうでも良い。
3.起動、張り付け、保存終了、それだけ出来れば良い。
4.リソースを喰わない、軽い。
5.エディタとしての機能も不要なれど、老眼向けにフォントサイズは弄れるものが良い。

 窓の杜やYahoo-JAPANのカテゴリーとかで探して見たけれど、この頃の付箋紙って高機能過ぎますよ。ほとんどの製品が、付箋紙所かアレも出来る、これも出来るの高機能エディタと化している。

※ A gunman apparently shot....CNN

 アメリカの裁判所で現れた被告が保安官補の銃を奪って判事らを射殺して逃亡という事件がありました。日本の場合、制服警官の持っている銃は口径が小さいから、よほどのことが無ければ、一発当たった程度のことでは死にません。たまに警官が発砲して、死人が出るのは、主に応急治療の経験不足に拠るものです。警官は治療できないし、救急隊だって、銃創の手当を現場で十分にできるわけじゃない。だからうっかり動脈を傷付けたりすると、出血多量で死ぬ。
 アメリカの場合、警官が銃を抜く時には、警官自身が撃たれる危険がある時ですから、警官は、一発で仕留められるよう、より強力な銃を持ちたがる。だからそれを奪われた時の影響は致命的なわけですね。

※ 戦車と車両衝突、男性死亡 滋賀の陸自演習場で訓練中

 たとえ四駆でも、戦車の前では豆腐並みだったことを不幸にも実証したわけです。殉職した方の年齢を考えると、たぶんバブル期に入隊した部内選抜士官でいらっしゃいましょうか。もし子供でもいたら、一番金が掛かる時期ですね。合掌。

※ メルマガおまけ 元ライブドア取締役、宇宙旅行へ、代金20億

|

« 歌田氏よりコメントあり | トップページ | イラクに於けるアサルト兵器 »

コメント

> 経済評論家の紺谷典子さんが・・・

大変興味深い話ですね。
英米法だと、司法は法秩序を能動的に変えてゆこうとするようです(司法創造)。
日本では大陸法の影響が強くて、司法の役割はもっぱら法秩序の「維持」だと考えられているようです。
今回の仮処分決定は、日本の特徴を強く反映したものだと思います。

ただ、日本に英米法流の「司法創造」が合うかどうかは問題ですね。裁判官の個人的な正義観で法秩序が変わるという事態が受け入れられるかどうか。
元東京地裁の某F裁判長のように、奇妙な判決を連発する裁判官が増えるかもしれません。
また、立法権の侵害の可能性もあります。現状では日本の裁判官は選挙で選ばれるわけではありませんから。

以上、法の門外漢の戯言でした。

投稿: 元県民現都民 | 2005.03.13 08:42

付箋紙95じゃだめなんすかね?
http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se037902.html

投稿: 森 | 2005.03.13 10:13

三権分立が機能していない(事実上行政が立法と司法の首根っこを掴んでいる)現状で、
司法と立法の関係が大陸的な物から英米的になるのはいいのか悪いのか微妙な所だと思います。
英米的になった時に三権を健全化っするには、三権分立がきちんと機能している事と、大衆が冷静に三権を監視して影響力を及ぼすことが条件になる訳で、
日本の現状を考えると悪くなることはあっても良くなることはないのではないかと思います。
それと
ライブドアのやり方もドライというのを通り越してえげつないですが、対するフジサンケイコンツェルンの防御策もインサイダー取り引き同然だった訳で、どう見ても擁護できるものではないと思いますね(;´Д`)

投稿: Artane. | 2005.03.13 10:14

* それにしても、最近のCXはつまらんですね
マードックの乗っ取り騒ぎの時のテレ朝みたいにフジも堀江本人を番組に呼んで批判すればいいのに完全に組織防衛に走ってますね。
もっともフジはまだ可愛い方で傘下の夕刊フジの見出しは酷いを通り越して笑うしかないほどお粗末な堀江批判の羅列。
昨日なんか占い師の記事を持ってきてたし。。

こうした一連の報道はフジサンケイグループのイメージダウンになることは避けられないでしょうね。

投稿: 悪党の最後の逃げ場 | 2005.03.13 10:19

>3.起動、張り付け、保存終了、それだけ出来れば良い。

「紙」はご存じですか。
http://www.ki.rim.or.jp/~kami/

投稿: ケン | 2005.03.13 10:33

Macでの有名どころで検索したらWin版みたいなのがありました。

Stickies 5.0a
英国製、フリーの模様。
日本語も問題無いようです。

投稿: マグプレ読者です | 2005.03.13 11:30

長野の将軍様、既に旅費の件では、
県民から訴訟をくらってます。

で、住民票の件ですが、
住民票の移転を行ったのは田中康夫個人ですが、
その決定を行ったのは知事としての田中康夫。
訴えても賠償責任を負うのが県になってしまい、
県民が負担するのでは意味がない。

現行法は、知事という公職にあるものが、そんな非常識なことを行うことなど想定してない。
考えようによっては、ライブドアの時間外取引なんかよりよりさらにひどい法の盲点な訳です。

怒りを忘れるのはもってのほかですが、
怒りに我を忘れて対応を誤れば、
前回県知事選の二の舞で、相手を利するだけ。
「にっこり笑って、さっくり刺す。」

住民票の件では、「改革派知事」の仮面を剥ぎ取った素顔を全国の皆さんにさらけ出し、長野以後、のタレント生活も絶望的なものにしてやるのが肝要かと思います。

投稿: ya-mana | 2005.03.13 11:45

Macではデスクトップにそれこそ付箋を貼り付ける
アプリ「スティッキーズ」というのがあります。
非常に便利で、Win版を作った方がおられます。

http://www.2nd5.com/
SOFTWARE>Steckiez

http://www.citizenet.or.jp/~asuka/images/stekiez.gif

投稿: 地方読者 | 2005.03.13 12:19

>たまに警官が発砲して、死人が出るのは、主に応急治療の経験不足に拠るものです

 米国は自動拳銃の普及で、救急医療での銃創処置技術が飛躍的に高くなったそうですね。

投稿: 名無し二等空士 | 2005.03.13 15:22

先日、民主党の長野県連の方にお話をうかがったんですが、まだまだ都市部の若手国会議員には田中知事を「改革派」と持ち上げる人が多いとのことでした。長野県民としての立場からすると、こうした都市部の知識層や政治家、それにマスコミの勘違いが大きな影響を長野県に与え続けています。地元では訴訟や集会など、皆さんお仕事を抱えながら取り組んでいますから、大石さんのような都市部のメディア関係の人には、また、そちらへの働きかけなどを期待されている県民の方が多いことをお伝えしておきたいと思います。

投稿: 斉藤久典 | 2005.03.13 17:31

時間外取引そのものが悪いというような捉え方をされている方も見られますが・・・

衝撃の事実!フジテレビも立会外取引していた!(ってか)
 http://www.tez.com/blog/archives/000386.html

投稿: Za | 2005.03.13 17:35

>日本の場合、制服警官の持っている銃は口径が小さいから、よほどのことが無ければ、一発当たった程度のことでは死にません。

口径が小さいというより弾自体が貫通力の高いものだからだと思います。一応口径だけならニューナンブの.38splもパイソンなんかの.357magも同じだった気がします。(うろ覚えですが)

投稿: FOX4 | 2005.03.13 19:01

ニューナンブは攻撃用にしないということで照門が無いそうですけど、今でもそうなんですかね?あと銃身の溝数もわざと少なくしてるとか。昔のように撃たないことが前提ならそれでもいいんでしょうが、警察官の発砲基準が変わったんだから銃の方も少しは変えないと、かえって危ないような・・・

投稿: | 2005.03.13 19:33

上でも推薦がありましたが、付箋紙の話を読んだ瞬間、私も「紙」を推薦しようと思ったのですが先を越されちゃいました。
付箋紙ソフトというより、メモソフトですが、軽いですし、IEの右クリックメニューでWebサイトをそのままのイメージで貼り付けられたり、選択範囲だけ紙に取り込んだり出来ます。
作られたメモは一行目の文字又は作成時間のタイトルのテキストファイルになるだけなので、何万ファイル作ろうと多分大丈夫。箱と称するフォルダ管理、全文検索もOKです。

投稿: 携帯 | 2005.03.13 19:39

照門が無い、ライフリング数が少ない、貫通力高。
恐ろしい銃ですね。

一般的な9㎜オートマチックにする予定って無いんでしょうか。弾は先孔弾じゃないと貫通した弾が通行人に当る危険性がありますし。(そのために威嚇射撃して周辺の市民に危険を知らせるのかも知れませんが)
そういやドイツ警察が採用したアクション4って9㎜×19でしたっけ?

投稿: | 2005.03.13 20:23

>一応口径だけならニューナンブの.38splもパイソンなんかの.357magも同じだった気がします

38口径の.38は通称で、実際には38splも.357口径です。
両社の違いは火薬量の違いによる弾頭エネルギーの差だと思われます。
また、マグナム弾の方がカートリッジは長いため、357マグナムには38splが使えますが、逆は出来ません。

投稿: | 2005.03.13 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羊の群れ:

« 歌田氏よりコメントあり | トップページ | イラクに於けるアサルト兵器 »