« 日本のラジオはなぜ衰退したか | トップページ | 2ch、ブログの先に来るもの »

2005.03.26

つぐみちゃんよ、いずこに!

 金曜、喉の渇きで目が覚める。貰った胃薬の副作用として、喉が渇くとあったが、本当にそうらしい。

※ 日本-イラン戦

 後半一点取った直後から見ていたけれど、素人目で見ても全く負けていた。何一つ良い所は無かった。対北朝鮮戦の闘い振りをみれば、こんなもんだろう。これが日本の実力。月の裏側のことほどもサッカーに興味の無い人間から言わせて貰えば、さして実力も無いのにサポーターやメディアがちやほやするから、甘やかされてもうひとつどこか突きつけないんだよね。
 言っちゃなんだけど、この人たち、ワールドカップなんて10年早い。

※ 韓国大統領、支持率急上昇!

 何でも、30パーセント台だった支持率が、10ポイントも急上昇したのだとか。
 韓国人よ、あんたらアホだ。いやアホが失礼なら、あんたら、パブロフの犬並みに底抜けのバカだ。まるで日本批判が政治失策のモルヒネとして機能している。それでそのモルヒネが切れた後はどうするのだ? 半世紀もシャブ漬けで、なお効果を持ち続ける民度の低さを少しは自覚して欲しいもんだぞ。

*「韓米は決別を準備すべき」という米国 」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/25/20050325000070.html

 あんたたち、もいっぺん、どこかに占領されて再教育を受けた方が良くはないか?

※ ウッチャン、テレビ朝日の徳永有美アナと結婚へ

 いいのかウッチャン。ドンファン生活の方が楽しいぞ~。しかし、昨日のテロ朝報ステは酷かった。つい昨日までホリエモンべったりだったのに、古館ときたら掌を返してホリエモン叩き。この人たちには節操というものが無いのか。

※ 宴の後始末

 ライブドア対フジは、実質もう宴の後状態です。あとはホリエモンにもちっとばかり華を持たせて、ホリエモンには何の使い道も無いニッポン放送をどう丸くフジテレビに返すかで、そこで、首の太い脂ぎったおじさんがまた裏で暗躍なさるんでしょう。私は、当分テレビでホリエモンの顔なんて見たくないので、足腰立たんよう叩きのめして欲しいと思ったりするんだが、そこは大人の解決ということになるんでしょう。
 まだまだホリエモンに打てる手があるみたいな解説もありますが、私は無いと思います。それは、ライブドアが突然買収に名乗りを上げた時のニッポン放送状態でしょう。時間稼ぎしつつ出口戦略を練らねばならない状態。
 木曜日のテロ朝報ステの後半の特集で、AOLによるワーナーの買収劇がどうして失敗したかを現地レポートしていた。
 その理由は、ITと映像の融合は早すぎたとかいう綺麗な話じゃない。単純に、タイムワーナーの社員がサボタージュしたからで、それこそ両者の間では会議の時間すら決められなかったらしい。
 ホリエモンがニッポン放送に君臨したとて、朝5時のニュースを読むアナウンサーの人事ひとつ決められないでしょう。もちろん、一方で、先日、深夜放送時代に花形だったタモリや中島みゆきが、ホリエモンの拒否声明を出したことは滑稽に見られても仕方ない。今頃、彼らの番組を聴く世代は、もうラジオの前にはいないんだから。これはかつてお世話になった局への恩返し程度に読めばいいことです。

 会社は誰のものか? ということばかり目が行きますが、その実、それより大事なことは、会社の利益を生み出すのは誰か? です。ホリエモンにはその辺りの目算は全くない。そもそもニッポン放送が持っている金融資産だけが目的なんだから。今頃になって「従業員様」を連発したって誰が真に受けますか。今回の騒動を眺めていて思うのは、餓鬼に大金持たすとろくなことは無いな、という下世話な感想一つですよ。品格のないお金の使い方というのは、結局は社会が拒絶するということです。
 田中康夫が言うように、ホリエモンには価値紊乱者としてのセンスと覚悟はあるかも知れないが、如何せんそれだけでは人は付いてこない。仮に金があっても。それは長野県庁も一緒。真の金持ちは、懐のお金にも自然と品格が身に付くものです。

※ 感動密着! 金曜CX夕方ニュース
【 ▽父と子の過酷な運命愛と涙…2人だけの絆17歳長男首から下まひ父が介護と家事と仕事妻とは離婚…感動記録 】

 場所は広島。長男17歳、小1時に交通事故に遭い、首から下が全く動かず。気管切開しているため、声もはっきりとは出ない。自然呼吸が出来ないので、睡眠時は呼吸器を付ける。一日24時間、3時間置きの痰取りが必要になる。保険会社勤務の父親は、2年前介護疲れの妻と離婚。今は、介護サービス会社を興すも、仕事中も日に数回、息子の世話に自宅へ帰る。
 次男15歳、筋ジストロフィーで小5から車椅子生活。今は入院施設を持つ養護学校で暮らす。この下にもう一人男の子がいて、月一回、別れた奥さんも一緒になって食事するんだそうですが、寝たきりの長男と、車椅子の次男がマンションの一室で顔を会わすシーンがあるんだけど、画面を見ていてる側は呆然とするしかない。
 人の親として、この子がいつか突然交通事故に遭って全身麻痺になり、さらに下の子が筋ジスに掛かる可能性があるかも知れないということを想像すると、それって、「感動密着!」とか番組は言っていたが、感動なんかしていられるのか! この運命の残酷さに、どう立ち向かえば良いんだ。

※ JFK横須賀配備?

 というニュースを共同が飛ばしたりしているわけですが、軍事的な合理性から考えれば、全くナンセンスな話です。JFKは、練習艦隊用としては使い道もあれど、紛争地帯でのプレゼンスに耐えうるような能力、あるいは威信はもう無いでしょう。プレゼンスと言った場合、「威信」というのは大事なわけです。今のキティですらその辺りが怪しいのに。搭載機数がどうのこうのという話じゃないんですよね。改修費用も高く付くし。確かにエンタープライズよりは新しいんだが。じゃあなぜ、こんな亡霊が蘇るとか言えば、単純に、アメリカにとっての経済合理性ですよね。日本政府が今後の改修もろもろで良い条件を提示したということでしょう。あとは、JFKはフロリダが母港で、退役のニュースが流れたら、早速抗議運動が起こって、そこはブッシュ弟の知事さんも動いたからですよね。JFKの母港がサンディエゴだったら、すんなり退役していたことでしょう。
 ただ、これは北朝鮮に過ったシグナルを送る可能性がある。実際に配備という時期までに、北朝鮮問題の最終解決が成るという自信がアメリカにあれば別だけど。

※ 戦車と潜水艦の面白い話
http://kiyotani.at.webry.info/

 清谷氏のブログに潜水艦と戦車の面白い話が載っています。中川八洋氏に関する項目でですが、ミリヲタは必読です。
 所で、そのブログにある新宿駅の都市伝説「私の詩集を買って下さい」ですが、いざ買おうとすると、「なぜ貴方は私の詩集が欲しいのですか?」の禅問答をする羽目になると以前聞いたことがある。真偽のほどは不明です。誰か試してみます?

※ ブログのこんな使い道
http://blog.livedoor.jp/haneda2/【つぐみ、どこにいるの?】
↑今、ブログ界の話題をさらっているサイトです。果たして事件性があるのかどうか、早く無事に見つかると良いですが、こういう使い方もあるんでしょう。というか、今後は、ブログそのものがニュース性を帯びて、「今日のブログから」なんてコーナーがテレビ・ニュースの中に出現するんでしょうね。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0324/ubiq107.htm
【笠原一輝のユビキタス情報局■ライブドアショックは放送とITの融合を進める起爆剤となるか?】
↑こちらは私のブログで教えて貰いました。私は、ホリエモンはとっとと退場して欲しいと願っているけれど、方向性としては、こういう方向へ行くのが理想なのでしょう。

※ メルマガおまけ 「貸したブルマー返して下さい」

|

« 日本のラジオはなぜ衰退したか | トップページ | 2ch、ブログの先に来るもの »

コメント

メルマガでもそうでしたが、朝鮮日報のurlをクリックするとエロCMが出るんですが、そういうものですか?
って、よく見るとime.stってのが余計みたいだなぁ

投稿: a.sue | 2005.03.26 08:52

>タモリのラジオ

実は(野球)オフシーズンに今もやってます。てゆうか愛聴者です(苦笑)

ちなみに中島みゆきは去年までミニコーナやっていて、こっちも熱心に聞いてました。

(蛇足:ちなみに、私満二十三歳です)

投稿: 七師三等兵 | 2005.03.26 09:35

>そういうものですか?

2chに在ったリンクをそのままにコピペしちゃったからでしょうね。

投稿: | 2005.03.26 09:53

>戦車と潜水艦の面白い話
20年以上前の無線機すら更新できないのに・・・
特科でFDCをやってる従兄弟が演習中に射撃緒元を携帯でやり取りするらしいです。無線機はだめでも携帯電話は通話可能らしいですよ演習場。

投稿: 一葉 | 2005.03.26 10:27

>昨日のサッカー

なかなか手厳しい意見ですね。
フランスW杯のとき現地まで応援にいった身としては
耳が痛いです(^^;)
でも、昨日の試合結果は大石先生のいうように、北朝鮮戦からみればあんなものかと思います。

投稿: nov | 2005.03.26 10:52

>>朝鮮日報のurlをクリックするとエロCMが出るんですが

 すみません。修正シマスタ。他意はありません(-_-;)。2ちゃんから飛ぶとURLにあのウザイエロ頁が入ったままになることを知りませんでした。以降気をつけます。

>>私満二十三歳です

 若い人って、ラジオはFM以外聴かないものだと思っていた。この頃の乗用車のラジオってAMがオプションになっているのがあるそうですね。FMこそオプションだろうと思うけれど、都会じゃ何処でもFMは入るからFMだけで間に合うんでしょうね。

>>無線機はだめでも

 ま、あの米軍が戦場で個人購入のウォーキートーキーを使っているくらいですからねぇ。軍事革命だ何だと言っても、通信に関する概念が、大戦時から進化してないんでしょうね。

>>北朝鮮戦からみればあんなものかと思います。

 思ったんですけど、スポーツには「勝っていたけど(運が無くて)負けた」「負けていたけど(運が良くて)勝てた」試合てのがありますよね。昨日の場合、素人が見ても、負けるべくして負けた感じだから、ちょっと頭に来るんですよね。

投稿: 大石 | 2005.03.26 11:12

>JFK横須賀配備?
 JFK、予定よりも前倒しで退役って話ありましたよねぇ。本当に横須賀に来るんでしょうか?
 ロートルの通常動力空母の新たな配備と、原子力空母配備とじゃ、周辺国に与える“政治的”メッセージが全然違いますからね。

 海繋がりで
東シナ海 資源探査、中国が妨害 音波発信、異常接近も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050326-00000000-san-pol
東シナ海で新たに資源探査 中国、「春暁」付近で[03/26]
共同通信 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=SMT&PG=STORY&NGID=econ&NWID=2005032601000426

>「貸したブルマー返して下さい」
先生の所にも来ましたかw

投稿: 名無し二等空士 | 2005.03.26 11:56

笠原氏の発言を読んで、改めて思ったのですが、フジサンケイグループの収益は、彼らがコンテンツの再配布と呼ぶビデオやCDの販売を独占し、ユーザーがバカ高い価格を許容してきたことで維持できていたのではないですか?もちろん、月9の視聴率にスポンサーが支払う広告費もあるでしょうけど。だとすれば株主の方には悪いけど、やっぱり私はホリエモンを支持するし、そういうシステムをぶち壊し新たなビジネスモデルが展開できるなら長い目で見れば会社の収益も上げられるのではないか?まあ結局おいしいとこは孫ソフトバンク家康が持って行き、堀江ライブドア信長は道半ばで斃れるのかもしれないけど。
少なくとも、ホリエモンのやっていることには生態系をかく乱し、更新を促す効果はありますよね。田中康夫の現在の政策にそれは全くないけど。あったとしてもせいぜい1期目だけ、おかげで議会はだいぶマシになったから・・・。

投稿: ya-mana | 2005.03.26 13:48

初めまして、大石先生。

>戦車と潜水艦の面白い話
拝見しましたが、根拠のない国産ダメダメ論の延長でしかないですね。
TK-Xは新戦車というよりも90式の完成形と言うべきものでしょう。現在の90式は暫定的な代物に過ぎません。本来90式に求められた40トンクラスで第3世代戦車の性能を持つためには、より質量効率の高い装甲やアクティブ・サスペンション等の開発された今日まで待たなければならなかった。
74式や90式に何ら改良が為されなかったというのも偏見に過ぎません。74式については国産HEAT-MPやAPFSDSの搭載、FCSの改良、内張り式ライナー等の外観から分からなくても効果的な改良が為されています。またどんなに金を掛けても第2世代の戦車が第3世代の戦車と肩を並べることはできません。であるならば現在の改良レベルは対費用効果的に言って的を得たものです。

>F-4後継機
消去法で行くとF/A-22はラ国できない(日本の機体製造能力からいって)、F/A-18Eは能力不足、F-35は間に合わない、F-15Eはラ国する意味がない(新味がない)、欧州製は問題外となるとF-2邀撃型という線ですね。2006年の予算要求で開発予算がつくかどうかが見極めになります。

投稿: keenedge | 2005.03.26 22:13

>F-4後継・F-2邀撃型
ロッキード・マーチン社が「F-2スーパー改」なんていう全アメリカ制のプランを提案してきた所を見ると、水面下でMHIをはじめとする日本企業とアメリカ企業の売り込み合戦が火花を散らしてるかも知れませんね。
ただし、ダークホースとしてF-18Eのラ国やラファールの購入がありえるかも。
この二機種は十分な邀撃性能と対艦攻撃性能とある程度の航続力の三つを併せ持っているので、ありえなくはない。
本当はアグレッサーを兼ねてSu-30MかSu-35の一個飛行隊でも幕の筋は欲しいでしょうけど、流石にそれはアメリカが許さないでしょう(笑)
# ロジスティックスを考えるとラファールもフランカーも難しいですが。
## 以上、大暴言につきお許しを m(__)m

投稿: Artane. | 2005.03.27 00:40

>>現在の90式は暫定的な代物に過ぎません

 それ言っちゃ話にならんでしょう。74式戦車の近代化は、少なくとも欧州と比較すると、近代化改修と呼べるレベルには無いでしょう。

 F-2の穴は、空自は今更15Eは勘弁してくれ、35なんて夢物語、22は、当分売っちゃくれんだろうし、金額考えろ! で、落とし所は18E/Fです。
 で結論としては、財政上の理由で、F-2代替は無し、今の戦力で我慢しろでしょう。

投稿: 大石 | 2005.03.27 01:07

>本当はアグレッサーを兼ねてSu-30MかSu-35の一個飛行隊でも幕の筋は欲しいでしょうけど、流石にそれはアメリカが許さないでしょう(笑)

浪漫ですねぇ。私もそのプラン応援したいです。
でもロシア機はエンジン寿命がネックだから厳しいかも知れませんね。

投稿: | 2005.03.27 02:08

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1007870299/

詩集の女性、冬子さんというそうです。このスレに書いてあることが本当なら自分も一度買ってみたいんですが、四国在住なので買いにいけません・・・orz

投稿: | 2005.03.27 02:26

>74式戦車の近代化
朝起きたら戦車が目の前に戦車がいるかもしれない陸続きの国と一緒にしちゃいけません。SAMとかSSMにはしっかり金を掛けているのですから。イージス買わなかったら、もっと金を掛けれたかもしれませんが。(本当に)

>F/A-18E
お台場商社の担当部長さんも存じ上げてますし(F-4及びF-15在来機の後継として早くから動いていた)、官側でも評価する声があることは確かですけど。。。F-2の方がよっぽど良い機動しますよ。GAOからも性能未達で物言い付けられてますし。海軍機であることもネック(E-2Cで懲りている)。

>ラファール
官民限らずあそことだけは商売したくないという連中がゴマンといますよ。

>F/A-22
幕の連中の憧れは陸のAH-64への想い以上ですよ。特にスーパークルーズ能力への評価が高い。でも某商社試算で完成機輸入200億、ラ国400億。ラ国してもF/A-22モドキしか作れない。

投稿: keenedge | 2005.03.27 13:25

>浪漫ですねぇ。私もそのプラン応援したいです。
もロシア機はエンジン寿命がネックだから厳しいかも知れませんね。

エンジンと電子装備は国産しましょうよ。ドンガラだけならきっと安いでしょうから。

投稿: 灯台守 | 2005.03.27 23:33

国産エンジンのフランカー((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
国産の航空機エンジンは信用できません。
寿命は短くても、燃費最悪でも、使い捨てでもロシア製エンジンの方が信頼度は格段に上でしょう。
64式とAK並に信頼度の差がありそうな気が・・・
電子装備はどのみち国産でないと無理。ロシアも最新のミサイルやレーダー技術は絶対海外には売らないでしょうから、モンキーモデルになるのは確実。
まあ、こうなったらいいなというレベルの話なんですけど。

投稿: | 2005.03.28 00:43

「パブロフの犬並にバカ」
パブロフの犬にあやまれ(AA略)。
てか、条件反射は「バカ」だから起きることではありません。
どんな賢い人も梅干しを見て出る唾液を止められない。
これは全ての高等動物の背負ったサガなのです。
せめて「パブロフの犬並にわかりやすい」とか。

「そのモルヒネが切れた後はどうするのだ? 半世紀もシャブ漬けで」
モルヒネとシャブは全く違います。
モルヒネは麻薬しかも抑制剤、シャブは覚醒剤で興奮剤。

投稿: nervenarzt | 2005.03.29 10:30

「詩集」は「志集」ではないでしょうか?

投稿: | 2005.03.29 11:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つぐみちゃんよ、いずこに!:

» 盧武鉉大統領がお気の毒でならない [玄倉川の岸辺]
宣戦布告に近いような日本批判をした盧武鉉大統領。 韓流ブームに水を差された日本のメディア各社は戦々恐々、てんやわんやの大騒ぎ… なんてことは全く起こらなかった。... [続きを読む]

受信: 2005.03.26 11:29

» 放送局が時代に追い抜かされている。 [Espresso Diary@信州松本]
ポニー・キャニオンという会社は、フジテレビの番組をコピーして稼いできた会社なんですね。「踊る大走査線」とか、月9のドラマとか。大石英司さんのブログにya-m... [続きを読む]

受信: 2005.03.30 22:38

« 日本のラジオはなぜ衰退したか | トップページ | 2ch、ブログの先に来るもの »