« 非環境な地球博 | トップページ | メディアの腐敗2例 »

2005.03.30

退職公務員という妖怪

 つぐみちゃん発見。まずは無事で良かった。次は芸能界だ!
 水曜5時、グアムへ旅立つ女房息子を駅まで送る。生活リズム修正フェーズのまっただ中なので助かった。静かに眠れる、と言いたい所が、鼻づまりでなかなか熟睡できない。

※ 乳頭山の43人「全員無事」

 日本を、退職公務員という妖怪が徘徊している……。この遭難ツアーは、退職公務員の一行だそうですね。日本という国は、どこへ行っても、唯一羽振りが良いのは退職公務員です。退職公務員だけが、優雅な老後を過ごしていると言っても過言では無い。日本は世界で最も成功した社会主義国だと皮肉られるけれど、なんて歪な階層社会を作ってしまったのだろうと思いますね。
 あの世にお金は持っていけないし、そうやってお金を遣ってくれることが、民の景気刺激にも役立っているという事実はあれど、果たしてこの状況はこのままで良いんだろうか? と思うんだが。

※ テレビには規制が必要だ

 昨夜、テロ朝の政治討論番組(というほどご立派なものではなかったが)をチラと見ていました。そしたら、CM毎にサラ金のCMが入るわけです。ほんとうにしつこく入る。時間帯を考えると、ちょっと異常では無いでしょうか。
 で、同じテロ朝の、報ステが終わった11時台に、初めて「振り込め詐欺」の公共CMを見た。公共CMって、時々ゴールデンにも入ることがありますが、そういう時はだいたい、不祥事を起こして自粛しているスポンサーの穴埋めです。

 テレビ局が儲かっていないというのであれば、話は別です。でも実際には、唯一、バブル破綻をほとんど傷無く乗り越えた寡占企業体です。デジタルで投資が嵩むとは言いつつ、その金額はどうなんだろう?……と思うような高額のサラリーを、政財界子弟の情実入社で固めた社員一同に支払っている。一方で、下請け孫請けへの搾取体質は、一向に改まらない。
 寡占事業である以上は、しかも認可事業である以上は、サラ金のCMは深夜帯に限る、そして公共CMをゴールデンに何分以上流さねばならないという法律を作るべきではないでしょうか? 簡単な法律ですよ。議論の余地もない。
 欧米の地上波はもの凄く制約が大きいんですね。いち早くタバコのCMも流せなくなった。それらを嫌って、いろんなスポンサーがケーブルへと流れたけれど、結果的にそれはまた、ケーブルTVという市場を広げるというプラスの効果ももたらした。
 日本もそろそろ、地上波を法律で縛るべきでは無かろうか。誰も損しませんよ。

※ 初出場の神村学園、星稜破る 第1試合

 なんとあの名門星陵を破ったんですが、この高校、どういう所なのかさっぱり解らないんですよ。串木野の学校らしいんですけれど、校名変更とかではなく、新設校なんでしょうか。とにかく創部1、2年目なんですよね。何の実績があって選抜に出場できたのかさっぱり解らない。

※ 卒業式「君が代」不起立で50人余り処分へ 東京都教委
http://www.asahi.com/national/update/0329/TKY200503290125.html

 粛々と処分して下さい。この一連の流れで特徴的なのは、実は、管理職に反旗を翻している教師のほとんどが、君が代日の丸問題に関して、深く考えているわけじゃないんですよね。内心の問題とかいう上等な話じゃなく、単に職員室の力学に反抗しているだけ。ただ単純に、職場の雰囲気がそうだから、拳を掲げなければならないという状況で君が代日の丸に反対している教師が実は多い。
 メディアは、そういう事情もきちんとレポートしなきゃいかんでしょう。>国谷さん。

※ 2女性強殺容疑の静岡大生“完黙”…31日に拘置満期
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050329i415.htm

 さあこれはどうなるんでしょうね。警察検察の面子もあるから、このまま起訴に持ち込むんでしょう。状況証拠はかなり怪しいんですけれど、物証はあまりにもダメダメ。実は警察が明らかにしていない事実があります。
 この男性は、事件が発覚した翌日には警察に目を付けられているんですね。凶器はナイフですから、たぶんそこそこの量の返り血を浴びているはずです。容疑者は、その時の服はどうしたのか? たぶん靴や自転車のグリップにだって、血は付いたはずです。でもそんな情報は無い。検察側が隠し玉として持っている可能性が全くないわけでは無いけれど、これは二人も殺しておいて、事実上、翌日から監視下に置かれた容疑者の周囲に、血痕という、最も確実な物証が一切存在しない珍しい犯行と言うことになる。
 もし裁判になったら、弁護側は、その物証を警察が一切入手できなかった点を衝いてくるでしょう。その点で、これは冤罪の可能性が高いかもしれない。

※ 三島の女子短大生焼殺、1審破棄し死刑判決…東京高裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050329-00000304-yom-soci

 通りすがりに声を掛けた短大生を襲って生きたまま火を点けて殺したという残虐な事件で、一人殺して死刑はいかがなものか? といういつもの論理、量刑の相場で、一審では無期で収まった。この後、最高裁でひっくり返る可能性もあるわけですが、今後、被害者が一人であっても「死刑」という判決が増えるんでしょう。
 ただこの事件の場合は、伝えられる範囲に於いては、どうも更生の可能性を論じられる状況に無いことも確かなんですよね。根っからの悪党らしいから。

※ メルマガおまけ 堀江賛美とWinny

|

« 非環境な地球博 | トップページ | メディアの腐敗2例 »

コメント

>退職公務員という妖怪

地方出身の人なら、身内に公務員がいない人を探すほうが、難しいのではないかと思います。
公務員の羽振りのよさを責めるよりも、なぜ、民間セクターの状況が振るわないのかも含めて、マクロ経済的な視点から考えるべきではないかと。

投稿: Y-MAT | 2005.03.30 10:36

単純に問題は逆だと思いますよ。
特に地方は、民間の状況から考えて、なぜ公務員だけ、すこぶる羽振りが良いのか?です。

答えも簡単で地域経済に公務員の給与体系が合っていないからです。
後進国に赴任しているのに、先進国並みの給与を後進国から搾取しているのと同じですから、
後進国の経済はより疲弊します。

投稿: | 2005.03.30 11:49

神村学園

神村学園の前身は、串木野女子高で、1990年に男女共学となりましたが、9割が女子生徒。
元々、女子のソフトボール部が有名で、
最近は、女子の硬式野球でも全国的に名を成し、
サッカー、駅伝なども全国トップクラス。
男子の硬式野球は下記の通り。
http://373news.com/sports/77koushien_senbatu/haru/050204.htm
http://373news.com/2000picup_bak/2005/02/picup_20050201_6.htm

投稿: motomasa | 2005.03.30 15:40

万博への弁当持ち込み緩和検討 小泉首相指示で経産省
http://www.sankei.co.jp/news/050330/sha084.htm

投稿: | 2005.03.30 17:39

http://kokkoippan.cocolog-nifty.com/gappuri/2005/02/post_14.html

中央官庁の官僚が、サービス残業やってる状況で、日本を社会主義って言ったら、それこそバチあたるのじゃないかと。
ヤミ手当てとかにしたって、法律とか制度自体が、実際の労働状況とずれちゃってるのを無視はできません。
自分たちが苦しい状況で、誰かが楽をしてると、嫉み妬みで引きずり下ろすようなルサンチマンの発露は、何かいやだなあと思います。みんなでハッピーになろうよ。

投稿: Y-MAT | 2005.03.30 19:56

長野県では、八十二銀行と長野銀行のローンのCMが増えています。その金利はテレビには出ませんが、サラ金と大差ありません。きっと全国の地銀が同じことをしているでしょう。欧州の株式市場には「消費者金融」という区分けそのものがありません。規制があるのではなく、金融についての教育がある。私がオカシイと感じるのは、地銀のローンの宣伝には金利の表示や「計画的な利用」を呼びかける義務がないのに、消費者金融にはその義務があることです。

投稿: 斉藤久典 | 2005.03.30 20:08

サービス残業なんて、民間はもっと酷いでしょう。
官僚なんて、週末の夜になって仕事を出して、「月曜日にもってこい」なんて平気で言うぐらい、民間業者なんて人間と思ってない。
全ての官僚がそうとは言わないけれど。

花形企業でもちょっとしたことで簡単に業績が暗転するのに、少なくとも悪事を行わなければ雇用が安定している公務員が、嫉み妬まれるのは当然でしょう。
公共サービスなんて、何の生産性にも寄与しないのだから。必要悪であることを理解して、厳しく律して欲しいものです。

投稿: | 2005.03.30 20:26

>サラ金のCM
 朝日新聞社が武富士から5千万貰ってたようですね
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=FLASH

 あと飛行機ネタで、オスプレイが最終テストに入ったようです
http://cnn.co.jp/usa/CNN200503290012.html
遂にというか、やっとというか・・・

投稿: 名無し二等空士 | 2005.03.30 20:39

地元秋田の退職公務員が集団で登山したところで、何で「妖怪」呼ばわりされてまで叩かれなくてはいけないのか?
理解に苦しみます。

投稿: | 2005.03.30 22:20

>何で「妖怪」呼ばわりされてまで叩かれなくてはいけないのか?
>理解に苦しみます。
私もこれには同意しますね。
確かに、彼らの退職金は今時の民間から考えればむちゃくちゃ高かったかも知れないが、彼らの年齢を考えれば現役のときは逆に同期の民間給与を指をくわえてうらやむ立場だったでしょうから。(ま、途中から立場が逆転したかも知れないが。)
そんな彼らがこの程度のレジャーを楽しむくらいは別に良いんでないかな?

それでも私は別の意味で叩きますけどね。
この爺共は余りに山を嘗めている。
地元秋田の人間なら今の時期でも山では吹雪くことがあるぐらいは考えるのが常識でしょう。
それが「あればカンジキ、無ければトレッキングシューズ」ってのは何ですか。
遭難するべくして遭難したと言っても過言ではない。
とにかく最近山に登ろうって爺婆は山を嘗めすぎです。
ま、遭難することで人や物が動いて僅かながらも経済活性に寄与する、というちょいとひねくれた論法も成り立たないではないですが。

投稿: | 2005.03.31 00:40

なぜか、事件で話題になる退職公務員はグループなんですよね。
松下の退職者が台風でバスに取り残される、とか新日鉄の退職社員
グループが山で遭難とかって聞かないですよね。
なぜ、退職した後も徒党を組むのか。
なぜ、退職した後再就職せずに遊びにいけるのか。
なぜ、全滅しそうなのに生き残れるのか?>妖怪?

在職中も暇で暇で「なんか妖怪?」 なんちゃって。

投稿: おめだ | 2005.03.31 01:21

退職した公務員を、訳もなくもちあげてくれる
気持ちのいい相手は、自分の同僚以外みつから
ないから…と言っては酷すぎるかな

投稿: | 2005.03.31 01:30

自分の親ぐらい自分の街で処分しろと家族がさとされて下山させた、、、と言うのと同じぐらい酷すぎますね。

投稿: おめだ | 2005.03.31 01:39

はい、ども、話題の公務員です。
我々の世代から見ると、退職したOB、あるいは退職間際の世代に世間知らずな方々が多いのは事実だと思います。もちろん、尊敬できる上司・先輩も少なからずいますし、同世代や若いのにも世間をなめてる輩もいますがね。
ただ、今回の件は、「公務員」に着目するよりは、むしろ「退職」のほうでしょう。山に登ってみればわかるのですが、百名山ブームとやらもあって、登山客のほとんどは中高年です。別に公務員に限らず。で、明らかにツアーとおぼしき初心者軍団が、ぞろぞろと1本のザイルに繋がって岩に取り付いてたりする。1人足を滑らせたら、軽く5・6人いっしょに谷底ですよ。いちおう、1人か2人ベテランがついてたとしても、10人もザイルに繋がって芋づる式に滑落が始まってしまえばとても止まるわけが無い。只、ザイルを使って皆で一緒に登った、という満足感がほしいがためにそんなことをやってる。あと、携帯を持ってる安心感で、無謀な行動・無理な行程に歯止めがかからなくなっている、という面もありますね。
公務員が目立つのは、マスコミが記事にするとき、公務員だと殊更にそれを取り上げるのも影響してると思います。民間なら会社員、としか出ないのに、公務員だと○○町職員、って記事になっちゃうんですよ。交通事故とかでもいっしょです。

投稿: ya-mana | 2005.03.31 02:16

秋田にいた事あるからいいますけどね、この時期に乳頭にいくなんて無謀ですよ。
時期が時期だけに雪解けが始まるか始まらないかの微妙な時期なのに…秋田市と乳頭では地域が全然違うとはいえ、少し落ち着いて考えれば雪崩か吹雪のどっちかか両方に巻き込まれるリスクが低くない事くらいわかりますよ。
秋田市は太平山とかいくつも山があるし、太平山の裾野などに山菜採りに行って遭難する人が夏でもいる位だからなおさらわからないでこの時期に行ったというのが理解できないです…

投稿: Artane. | 2005.03.31 02:48

> 卒業式「君が代」不起立で50人余り処分へ

卒業式で政治的パフォーマンスをする教員たちは処分されて当然だと思います。

国旗国歌に敬意を払うのは、昨夜のサッカーWCを観るまでもなく国際常識です。「国旗国歌に敬意を払わない自由がある」と主張するなら、国際常識を変えることから始めるのが筋ではないでしょうか。

また、マナーの実践を教育すべき式の場で、自らの勝手な信念を認めさせようとするのは時も所も得ていないと思います。マナーと内心の自由は、本来対立しないのではないでしょうか。
例えば、キリスト教をどう評価するかは内心の自由の問題ですが、礼拝の最中に教会の中で、キリスト教を冒涜するような振る舞いをするのは、明らかにマナー違反です。
何かに敬意を払うことと己の信念をもつことは両立できるのだということを教えるのも、教育の大切な要素だと思うのですが、いかがでしょうか。

投稿: 元県民現都民 | 2005.03.31 03:15

公務員という話はおいといて、

今朝のニュースみてびっくり。
食事中に吹雪かれて、目印などを失ったまではいい(事故だとおもおう)が、
下山コースを孫六(南側)へとったはずが、
北側の谷筋へ降りてしまったそうだ・・・って
こいつら山に43人も登るのに「地図とコンパス」1つもたなかったですかっ!

投稿: 花粉症患者 | 2005.03.31 08:57

http://www.asahi.com/national/update/0330/TKY200503300309.html

ここに、「雪を食った」と書いてありますが、遭難して雪を食うのは最悪ですね。体温を奪われて死にますよ。この程度の知識も無しに雪山に登ろうなんて信じられません。

投稿: | 2005.03.31 11:20

まあ元公務員かどうかってより、あまりに山を舐めきった馬鹿どもってことだと思いますね。

ところで全日本年金者組合って共産党系の団体だし、登山リーダーの方は共産推薦で秋田知事選にも出たことがある方です。

投稿: | 2005.03.31 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/3493539

この記事へのトラックバック一覧です: 退職公務員という妖怪:

» 「君が代」不起立で50人余り処分へ 東京都教委 [チェ・ゲリラのメッタギリ時事評論]
★「君が代」不起立で50人余り処分へ 東京都教委  (朝日新聞 2005年03月29日)  東京都教育委員会は29日、今春の公立高校の卒業式で「君が代」斉唱時... [続きを読む]

受信: 2005.03.30 13:43

» 日本の銀行には変化が足りない。 [Espresso Diary@信州松本]
いま長野県では、地銀のCMが増えています。長野銀行と八十二銀行がローンの宣伝をしている。不思議なことが2つあって、ひとつは「ご利用は計画的に・・・」という言葉が... [続きを読む]

受信: 2005.03.31 23:59

« 非環境な地球博 | トップページ | メディアの腐敗2例 »