« 犯罪者の更生は誰のため? | トップページ | 問題の論点と現実 »

2005.03.06

テレビ電話開通

※ 拉致の伊女性記者解放…米軍銃撃、同行の情報局員死亡

状況からすると、走っていた側は、相手を米軍だと認識していなかったということですよね。米軍だって、必ずしも米兵が検問の最前線にいるわけじゃない。現地人の徴募兵が一番危険な正面に出たりしますから(いざ問題が起こると、現場は、「いや兵隊が出ていて自ら止めた」と言い張る)、これまでも、警察を装ったゲリラの検問に止められてそのまま拉致というケーが一杯あって、ちょっと疑わしい部分があったら、アクセルを踏めというのが、現地にいる西欧人の鉄則になってしまった。
 ほんまもんの米軍による検問であることを、通行人に明示できない米軍の責任でしょう。

※ 銀行は何処へ行く?

 昨日のスカパー朝日のパックインのもう終わりの方で、元帥が郵政民営化問題に触れて発言してらしたけれど、350兆円もの資金が民間に雪崩れ込んでくるわけですね。ところが市場はどうかというと、貸し倒れを恐れて、銀行は金を貸せない状況になっている。彼らも集めた金で買うのは国債。郵貯が民営化されたって、与信能力の無い彼らもまた国債を買うしか無いだろうから、何の利益も無いと仰っていた。これに対して、川村氏が、でも外資が入ってこれるから……、とフォローしていたんだが、どうなんでしょうね。

 先日書いたスキミングの問題にしても、じゃあ今の銀行の存在理由は何なのだろう? と思いますよね。与信能力は全く無いし、客から預かった金をただ安全に保管するという基本的なことすら満足に出来ない。責任を取ろうとしない。公共料金等の振込なら、何も銀行を使わなくてもコンビニで済む。何なら消費者専用の決済専用銀行が立ち上がっても良い。
 で一方、彼らは与信能力が無いことを自覚しているから、サラ金に大枚貸し込み、自分たちは手を汚すことなく何とか儲けを出そうと足掻いている。
 日本国内で金は有り余っているのに、銀行が与信能力無く、一方で国も不良債権を目の仇にして、銀行の自立を阻んで来た。あげくにまた不況へと逆戻りしようとしている。
 与信能力を持たない銀行が成り立っているというのは、日本独特でして、たぶん中国の銀行の方が、遙かに増しに、資本主義的に立派な銀行へと育っていることでしょう。いっそ、中国の銀行に、日本での営業を許可すれば良いんですよ。
 今後ますますフリーターや契約社員が増えて来ると、銀行は更に金の貸し付け先が無くなるわけです。何しろ自営業になんか担保がなきゃ金貸せないんだから。一方で、終身雇用前提のサラリーマンや公務員は、銀行に頼らなくたって、マイホームの融資を都合つけられる時代になって来た。
 となると、ますます銀行は、安全確実な貸付先に困り、国債を買うか、あるいはアメリカへ出て行っても、やっぱりアメリカの国債を買うかしかなくなる。資本主義国でありながら、国内ではちっとも資金が回らずに、じり貧のスパイラルに陥っていくわけですね。
 国は、あんなに頭の良い連中を財務省に雇っておきながら、どうして対策を打てないんだろう。

※ 韓国でBKヘリの続報

 事情通から報告あり。この件は、航空機部門から手を引く、現代重工の任務をグループ内で引き継ぐという話で、すでに韓国には多数のBKが入っているとのことです。ただ、現代重工が航空機から手を引く理由に関しては、単なるグループ内再編なのか、現代自動車に何かの思惑があってのことかは不明です。

※ IT人柱実験隊 最終目的決行

 週半ばから、田舎の婆さんの具合が悪く、鼻血が止まらないらしい。数年前にも同様の症状が起きて、木曜から通院、木曜はガーゼ5枚を突っ込み、金曜は3枚、レーザーで焼いて貰ったりしたそうだが、土曜日も朝一で病院に行ったらしい。
 76歳の誕生日に届くよう着日指定でFOMAを送ったわけだが、その時間帯は病院に行くと前日聞いて、ヤマト運輸に電話して午後に配達を変更して貰ったにも拘わらず、朝の9時に持ってきたらしい。
 土曜の11時前、通電セレモニーを行うため、実姉宅に出発しようとしてたら、親戚の電気屋さんがいらしていると言う。せっかくだから繋いで貰ったので掛けろと言うので、急遽開通セレモニー。幸い、さしたるトラブルもなく繋がる。
 東急経由で蒲田の実姉宅。再度てんやわんわしながら、テレビ電話。こちらも無事に繋がる。本来なら、Bフレッツとフレッツフォンでやりたかったのだが、どうもこちら側のUSENがフレッツフォンに対応していないので仕方ない。
 昼間の明るい時間帯は、婆さんがテレビが見えないとブツブツ言うので、夜また掛け直すと告げる。何でも、今のWEGAは駄目だから、今度は明るい液晶テレビに買い換えるという。 WEGAより明るい液晶って何だよそれ。_| ̄|○ 。なんでこの夫婦は、高価な電化製品を買う前に息子に相談しないんだろう。
 5時過ぎ帰宅。7時過ぎ、電話しなきゃと思っていたら、あっちから懸かってくる。また出血が酷くなり、車を運転して病院に連れて行ったとか。寝とけ! そういう状態になったら、安静しか手はないだろうが……。
 しかし、今は起きていて気分が良いので、テレビ電話をしろと言う。所が、今度は繋がらない。何度説明しても繋がらない。老眼鏡を掛けてもとても見えないような小さな字で、「カメラ」と書かれたボタンがあるんだが、それが見えないらしい。それを見越して、デジカメで操作ボタンを撮影してプリントしたものを、手製のマニュアルに添付しておいたのに、それは読んで無いという。最初にプロに操作して貰ったせいで、そんなものを読む必要を感じなかったらしい。あのマニュアルを作成するのに、どれだけ手間暇掛けたか……。
「まずマニュアルを読め!」と命じてから5分後かけ直し、事なきを得る。まあ、64Kにしては、綺麗な映像と言って良いんだろうな。

※ テレビ電話のハードル

 もし、相手側、つまり田舎に暮らすジジババに、パソコンを起動して、更にソフトを起動するとか、ウイルス・チェックのソフトを走らせるくらいのスキルがあれば、これはもうブロードバンド回線を引き、自前でシステムを構築すべきです。それが一番綺麗で、最終的には安上がりになるでしょう。極端な話、一日24時間通電しっ放しでも、定額で、せいぜい上を見て5千円ですから。
 地方はま、だいたいBフレッツくらいですよね、光となると。

 一番簡単なのは、パソコンが要らないフレッツフォンなのですが、これをBフレッツ以外で利用するには、(こちらの)プロバイダ側が、IPテレビ電話サービスを提供している必要があるらしい。でもうちのUSENは、徹底してNTTを排除しているせいか、IP電話は提供しているけれども、IPテレビ電話はサポートしていない様子なんですね。ちょっと、サポートに質問してみなければと思っているんですが。

 料金的にはどうか? と言えば、FOMAのランニング・コストを考えると、これはこれで安い方なんですよ。ただ64Kだから、必ずしも綺麗じゃないし、週末の割引時でも30秒、20円30円掛かるから、じっくり世間話するというわけにはいかない。
 携帯同士の画面サイズで間に合う分については、動きはスムーズです。ただテレビに出力するとなると、その処理を携帯側でやらねばならないので、だいぶカクカクしますね。

 夜、猛烈に疲れて寝るが、そのまま朝まで眠られる睡眠リズムでは無いので、2時間で起きる。

※ メルマガおまけ スタトレよ何処へ行く?

|

« 犯罪者の更生は誰のため? | トップページ | 問題の論点と現実 »

コメント

銀行が「資金需要がない」と言いながら消去法的に横並びで国債を買い続けているのは事実なんですが、この動きのピークは2003年の6月12日で、このとき長期金利は0.435%をつけています。いまは長期金利も1.5%くらいで株価も上昇してきてますから、市場が景気回復を織り込みつつある場面ではないか?と思います。また、消費者金融との関係ですが、いまは銀行が直接自分でこの分野に乗り出している状態だと思います。

投稿: 斉藤久典 | 2005.03.06 15:35

朝から恵庭市で「昨日、島松演習場で砲弾1発が敷地外に飛び立った可能性があります。自衛隊が捜索していますが、発見した場合は爆発する可能性がありますので近づかないよう気をつけてください。見つけた場合は、北恵庭駐屯地まで電話で連絡ください」という放送が何回もあります。
この珍事ニュースになりませんかねえ。10年以上暮らしていますがこんなのは初めてですね。

投稿: 島松人 | 2005.03.06 16:12

> 中国の銀行
数年前に、中国の政府系ノンバンクが経営に失敗して借金を踏み倒したとき、中国の司法当局がこれにお墨付きを与えてましたね。
http://www6.airnet.ne.jp/waka/DMFD/eco025.txt
中国の銀行に営業を許可する際には、適切なルールを定める必要があるでしょう。保険加入を義務付けるとか(笑)
冗談はさておき、最近は規制緩和が大義名分になって、適切な規制を設けることすら難しくなっている気がします。
銀行の問題についても、「規制緩和」を絶対視する立場からすれば、利用者にどんな不利な契約を押し付けても構わないということになります。顧客を軽視する銀行は「市場に淘汰」されるからというわけです。

そういえば、ライブドアの時間外買い付けの適法性に疑義を抱かせる文書が出てきたみたいですね:
(毎日)http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20050306k0000m020101000c.html
(讀賣)http://www.yomiuri.co.jp/business/news/20050306i201.htm
(産経)http://www.sankei.co.jp/news/morning/06iti002.htm
「情報戦」の一環と言えるのでしょうかね。

投稿: | 2005.03.06 16:51

歴史にたらればはないとはいうものの,旧DDIポケットのビジュアルホンがAir-Edgeの128kで使えたら,
また話は違ってきてたでしょうね。
ドコモPHSにもFOMAとテレビ電話できるのがありましたし。
http://www.watch.impress.co.jp/mobile/column/stapa/1999/11/15/

投稿: にょろろ | 2005.03.10 00:09

そういや、昨日アキバをうろついてたら裏通りの方で怪しげな連中が露天でTV電話売ってた。
プロバイダ依存しないで、毎月のサービス料金で相互に通話可能だとか。てことは業者が持ってるどっかの鯖で中継してるんだろうけど、規格化されてない以上業者が潰れたらそれっきりというのが問題だな。
信頼感さえあれば、ウチも漏れ実家と嫁実家その他含めて5台分くらい買ってもいいんだけど。

投稿: 緑川だむ | 2005.03.13 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/3189290

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ電話開通:

» 債券市場の動向。 [Espresso Diary]
マクロの弱さが目立った週末です。昨日は、7月の機械受注が−11.3%と出て、きょうは4〜6月のGDPの改定値が下方修正。株は下げ、債券が買われて、為替は円安に振... [続きを読む]

受信: 2005.03.06 15:25

« 犯罪者の更生は誰のため? | トップページ | 問題の論点と現実 »