« 問題の論点と現実 | トップページ | 嗚呼! 旭日旗が竹島に舞う »

2005.03.08

西武・ソニー・長野県庁

※ ソニー出井体制終わる

 はっきり言って、3年前に辞任しておくべき人だったし、昨日の記者会見は、言語道断な噴飯ものの自画自賛の会見だった。株主へのお詫びもなく、顧客へのお詫びも無い。何の権利と業績があって(過去には若干あった)出井はあそこまで顧客や株主を無視して偉そうなスピーチが出来たんだろう。
 PSPのA級戦犯、消費者無視で突っ走る久多良木健副社長は、やっと取締役から外れたと思ったら、いけしゃあしゃあ「ゲーム事業に専念する」とか言っている。ちょうちんメディアを手名付けていればソニーのブランドでゲームが売れた時代は終わったんだよ、久多良木さん。この会社の末期症状はまだまだ続いている。

※ 「知事与党になれば、村救う」 県経営戦略局長が発言? 読売
※ 知事「平野議員に『脅迫』を受けた」 総務部長、県議会欠席で 読売
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/
http://blog.goo.ne.jp/tuigeki/

 これ2本とも読売の記事で、下の方のネタは追撃さんのコラムの方が詳しいけれど、読売の記事では、ちょっと肝心な部分が抜けている。つまり、「コメントを出した」とは言うが、どういう形でのコメントなのか解らない。このニュースでは、ここは重要なポイントなんです。たとえば、ただのぶら下がりでうっかり口を滑らせたことなのか、それとも県の広報として出された正式なプレスリリースなのか? このポイントを抜かしちゃ駄目ですよ、>読売さん。

 それで、追撃さんのブログによると、これは経営戦略局が正式なコメントとしてメディアに流したものらしい。驚くのは、知事からこういう非常識で且つ事実でもない嘘のテキストを受け取ってそれをいざ流そうという時に、「知事、申し訳ありませんが、長野県庁の名に於いて、こんな事実でもない非常識なコメントは流せません」と抗弁する職員がただの一人もいない。それってもう西武王国状態でしょう。遵法意識から無縁なわれらが王国の中の家訓で回っているような腐った組織ですよ。

 その上の記事の、「知事与党になれば……」、というのは、れいによって松林戦略局長なわけです。凄いですよね。「戦略局長」という好戦的な肩書きが付いていながら、この人の存在は、もう映画ピンクパンサーに於けるクルーゾー警部、はたまた裸のガンを持つ男のレスリー・ニールセンの役所で、まるで笑いを取るための人材配置、ボケ役と化している。
 ベトナム戦争の末期みたいな……、と一瞬思ったけれど、やっぱりこれは北朝鮮ですよね。被害妄想に陥った指導者や、それに連なる権力者が、単に個人としてのカタルシスを得るためだけに、論拠無く世界を敵に回して喚き散らす。あれと同じメンタリティですよね。それを長野県庁の場合は、経営戦略局という、県庁きってのエリートを集めた部署でやっている。
 それが、はたで見ていれば単に滑稽な喜劇を、県民にとって深刻な悲劇にしている。

※ 米・国連大使にボルトン氏

 あの対北朝鮮強硬派の筆頭格の人だもんなぁ。北朝鮮ピーンチ?

※ 80~96年英仏渡航者、1日滞在で献血制限 ヤコブ病巡り

 ちょっと大げさじゃないの? そもそも、該当者が、本当に英仏で感染したのか? 国内感染の可能性を潰した上でのことなのかどうかも、今となっては信用できないし。

※ 高麗大名誉教授、日本支配を評価の論文…韓国で猛反発
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050307id26.htm

 ここしばらく、このニュースに注目していたんですが、まあ大人げない連中ですね。逆恨みというか被害妄想というか、もうちょっと冷静な反応は出来ないものだろうか。

※ 兄弟虐待:傷害致死で逮捕の母親「そんな子おったんか」
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050308k0000m040151000c.html

 脱力するような事件の展開で、これつい昨日の事件かと思いきや、97年の事件です。それで、ここ数年間に、児童虐待への対策が画期的に進んだかというと、そんな事実もない。

※ レク一件

 月曜夕方、とある外交案件のレクで某編集部へ。その前に渋谷で降りてQBハウスへ。これが結構混んでいる。それでも、10分くらいで自分の番になるかと思いきや、理容師さんが、次々と上がりで、消えてゆく。最初5人はいた理容師が、客が外まで溢れているのに、どんどんいなくなって、30分後自分の番になった時にはたった二人に。これがマニュアル至上のチェーン店の現実ですね。
 次からは武蔵小杉でカットするようにしよう。

※ メルマガおまけ ブラックマネー流入?

|

« 問題の論点と現実 | トップページ | 嗚呼! 旭日旗が竹島に舞う »

コメント

フジテレビのTOBが36.47%だそうで、拒否権行使できるようになりましたね
…先週の密談で手打ちでもあったんでしょうかね。

投稿: Artane. | 2005.03.08 08:50

印刷するよりはROM焼く方が楽とは、大石先生も仰っているのでは?

投稿: sionoiri | 2005.03.08 09:40

フジ36.47%(議決権ベース39.62%)、ライブドア45%超。
この2社で75%(当面は80%だそうですが)を越えたので、
東証の上場廃止基準に触れ上場廃止ですね。
1年の猶予期間が設けられるとは思いますが、
ライブドアは今後さらにMSCBで株価が奈落の底へ着実に転落していく中、落とし所を見つけないとキツイでしょうね。

当初から大義名分の目くらましに惑わず、事実を拾えば、容易に予測できる事態になっています。

投稿: さーもんさんど | 2005.03.08 14:25

 いつも楽しく拝見しております。毎度のことですが、田中県政ネタは痛烈ですね。長野県を郷里とする者としては、胸中穏かではありません。
 以前の記事に、「長野県民はなぜもっと怒らないのか」「長野県民が議論好きなど笑止である」という趣旨のことが書かれていました。「信濃の国」に歌われているごとく、明治維新以来、進取の気風を誇っていたはずが、いつの間にか去勢された田舎者に堕したのも気が付かなかったようです。
 今の県政は醜悪な長野県の現状そのものです。一般に長野県民はプライドが高く、自分たちが劣っていることを認めたがらないものです。でも、その嫌な現状を認識することからしか改革はできないでしょう。さもなくば、いつまでもぬるま湯の中で理想ゴッコを繰り返すだけです。
 長野県政を容赦なく執拗に追及する大石氏の姿勢に啓蒙される県民も多いのではないでしょうか。このような懐の深いブログ・掲示板・ブックマークを管理・運営される大石氏には、畏敬の念すら抱いております。

投稿: 元県民現都民 | 2005.03.08 14:55

脱ダム宣言の内容を土木行政を総括する土木部長が知ったのが会見の30分前だったという話がありましたが、県職員のほとんどは、メディアに流れてから事実を知るわけです。事後に抗議したって無視されるだけ。
田中県政誕生直後から、とても職員8000人を擁する組織とは思えないような、トップの独断専行が行われてきて、漸くその内幕が報道されるようになってきたに過ぎない。エリートを集めたといっても、諫言するものは次々と飛ばし、イエスマンしか側近には残ってないのですから・・・。

投稿: ya-mana | 2005.03.09 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武・ソニー・長野県庁:

» ソニーのトップは女王陛下の騎士 [メトロポリスの片隅で@WebryBlog]
ソニー 出井、安藤氏退任へ CEOにストリンガー副会長 [続きを読む]

受信: 2005.03.08 17:52

» 終息宣言 [Good Day to Die]
 浦議にあった、当事者の方の書き込みを持って、今回の「REDS&PEACE」問題 [続きを読む]

受信: 2005.03.09 19:09

« 問題の論点と現実 | トップページ | 嗚呼! 旭日旗が竹島に舞う »