« 北も南も変わった | トップページ | お客を叱ることの是非 »

2005.06.17

中国の空母には何が載る?

※ 日本人園児ら一時人質、カナダの男児犠牲 カンボジア
http://www.asahi.com/international/update/0616/007.html

 なんでこんな幼くして死ななきゃならないかなぁ。犯人は、生きているのであれば、ぜひ公開処刑にすべきだ。
 ただ、このニュースで注目すべきことは、どうやらカンボジアでは貧富の差が開きつつあり、中には、強盗だろうが何だろうが、楽して儲けられると考える極めて資本主義的な人々が出てきたということですよね。

※ 性転換手術で死亡、大阪の形成外科院長を書類送検へ
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050617i401.htm

 こういう時のお悔やみの言葉は、ぜひ小田嶋先生に書いて欲しい。何か笑えそうで笑えず、でもある種の滑稽さからはどうしても逃れられることもできない典型的な事件では無かろうか。

※ 中国、空母保有「真剣に検討」…建造着手は否定
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050616id25.htm

 ものになるまであと20年。さて中国はその空母に何を載せるつもりなのか? 問題はそこです。フランカー? ロシアも失敗したし、20年後ではちと古い。
ラファール海軍型? フランスは熱心に売るだろうけれど、それでもこれもちと古い。となると、F-35という線も捨てきれないわけだが…‥。

※ 電車衝突マンション購入価買い取り、住民7割不満
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20050614p102.htm

【 2700万円~1700万円で、住民らは「買い取ってもらっても、その額では今と同じ家は手に入らない 】

 このデフレ下で、この台詞にしてからが全く嘘っぽいわけですが。あの髪がもっさりした、住民代表の男性、お世辞にも良いイメージじゃない。誰かの誕生日の食費を押しつけたとか書かれたけれど、それは嘘だとご本人が反論なさった。でも、JRの工事開始を、ちょっと??な理由で止めてみたり、被害者なら何言っても良いのか(ここでは、命に別状があったわけでもないのに…‥という偏見も含まれる)、という発言が何度かあったように記憶する。
 今回、異例な事故だったことを思えば、JRが適正価格の中古物件を世話して終わりにするのが良いような気がします。
 どうも現状では、あそこの住民は、ある種の焼け太りと批判されても仕方ないと思う。

※ メルマガおまけ バルーン

|

« 北も南も変わった | トップページ | お客を叱ることの是非 »

コメント

 住人は何にも関係もないし、非もないんですよ。
あれだけ生活に影響を受けて、不安を抱えて、今もそれは継続しているわけで、1日でも早く元通りにして欲しいってのは、常識的な要求では?
 ねぐらの下で100人死んでて、無意味に失われた時間の補償もどうなるか分からないなんてのは、マンション購入の勧誘電話が毎日かかって来た時の貴方のいらだちの日々とは比較にならないでしょうね、想像も出来ない。
 JRは一方的加害者なんだから、これ以上被害者に負担をかけるべきじゃない、一刻も早く被害者の生活を取り戻すことに、最善を尽くすべきです。

投稿: 名無し | 2005.06.17 10:38

あそこは尼崎ですから(^^)

投稿: 関西圏出身者 | 2005.06.17 10:59

疑問なんだけど、
JRが時価での補償から初めて
住民側希望に最大限譲歩して購入価格まで上乗せしましょうという通常の補償交渉を
行っていたらそんな無茶な要求が出てきただろうか?
客観的、法務的には見れば法定賠償責任よりかなり高額の賠償を当初より提示しているJRの誠意は証明されちゃってるのだけどね。

投稿: | 2005.06.17 11:11

記者クラブが悪い!受けを狙う警察発表が悪い!
手術の種類に関わらず、焦点を当てるべきは、「1)麻酔事故→2)蘇生の対応の不勉強」であって、被害者の素性ではない。

投稿: sionoiri | 2005.06.17 11:23

>JRは一方的加害者なんだから
これも思い込みで違んだよね。
今回の場合、一義的な加害者は運転手個人。
それの管理監督責任はJRにあるわけだけど、
JRが開き直れば、その範囲がどこまで及ぶかは司法判断になる。
日勤教育の問題もあるし微妙だけど、会社及び鉄道法等で定められた運行規定を常習的でなく事故の直前に突発的に著しく離脱した行為を行っていて運行管理者にはそれが予見不可能だったという主張をすればかなり難しい司法判断になるだろうね。
逆にJRが運転手を相手に損害賠償を求めることだってできる。
(もっとも賠償能力が期待できないからそんなことはしない訳だけど)

投稿: | 2005.06.17 11:33

交通事故なんかの場合、過失割合が10:0でも通常は時価での補償になります。取得価格での買い取りって、かなりの好条件ですよね。それに、マンションそのものも住めなくなった訳じゃありませんから、本来なら壊れた箇所の補修費と評価額の目減り分、迷惑料として少々、ってのが適正額なんじゃないかと思うんですが。これ、法廷に持ち込んだらどういう判断がなされるんでしょうね。

あと、事故原因ですが、常用ブレーキが効かなかったという話と、直線部分で異常な振動があったという話も聞きます。現時点で運転士個人の操作ミスだけが原因と断定するのは早計なのではないでしょうか。いずれ事故調から発表があるでしょうが…

投稿: 00 | 2005.06.17 11:49

ま、普通は時価評価額が妥当。
JRは相当な好条件を出してきたわけですね。
裁判になったらもっと減るでしょう。慰謝料がどうとか言ってるけど、原資は大体決まってるわけだから、亡くなった方の遺族とか、障碍が残ってしまって人へきちんと回せってのが当たり前の感覚でしょう。尼崎と言う土地柄と、そもそも格安のマンションのようですから、まぁ推して知るべし。だからネットでは反感を買ってるわけだよね>過当要求の住民。

投稿: | 2005.06.17 12:45

まあ、日本にはゴネ得という習慣?がありますからねえ。場所柄は関係ないでしょう。

また、住人代表も他の住人から文句を言われたくないから、最大公約数的な要求をしないといけないと言う事情もあるだろうし。


立場が強くなると調子にのってしまうというのは、あまり紳士的とは言えないので、気を付けないといけないと思う今日この頃。
(事故当初、駅員さんに罵声浴びせたり暴力ふるったりしてた人いてましたけど、それってただのイジメだろ?と思った私)

投稿: Za | 2005.06.17 13:55

> 過失割合が10:0でも通常は時価での補償になります。

ダウト。普通は「被った損害額」を算定するはず。その一資料として時価を算定するのはアリですが。
特に不動産の場合は時価だけで損害額認定することは非常に難しいとされます。取得に際して掛かった経費等ももちろん損害額に算入されますから、「時価のみ」というのは実はあまり誠実ではありません。


>>JRは一方的加害者なんだから
>これも思い込みで違んだよね。
>今回の場合、一義的な加害者は運転手個人。

いいえ。事故当事者はJR西日本です。事が鉄道営業法や刑法に及び、「直接的な犯人は誰だ」という話なら別ですが、民事上の責任を第一義に負うべきは運行責任者であるJR西日本になります。
それこそ0:10の割合で運転士自身に過失があった場合、JR側が運転士に改めて賠償を求めるべきであり、運行責任者であるJRに賠償を負う義務があります。道路における交通事故なんかでも、よくて共同不法行為によるカドで『双方が責任を負え』ってことになりますから。


つーかこの話、信楽事故で散々問題になったんだが…煽ってる奴ぁ判例くらい読めよ…

投稿: gtk | 2005.06.17 14:07

gtk 殿
>>JRは一方的加害者なんだから
>判例くらい読めよ
オレはJRが一方的加害者でないと言ってるだけで、事故当事者で無いとか、民事賠償義務が無いとなどは何所にも書いてない。
だから運転手に損害賠償できると言ってる訳だよ。
で>共同不法行為
も微妙でしょと言ってんだよ。
人に判例うんぬん言う前に文章をちゃんと読めよ。

投稿: | 2005.06.17 14:29

独立した成人で死者の運転手に請求?
どうやって?

投稿: | 2005.06.17 14:48

>独立した成人で
これはどういう意味か解らないにで是非ご教授ください。
>死者の運転手に請求?どうやって?
生死に係わらず賠償請求されるし、相続人は相続する限りには、当然負の遺産も相続することになる。
ところが賠償能力が期待できない及び運転手遺族への配慮などから請求権放棄も考えられれるわけで、それは鉄道飛込み自殺者に対する損害賠償と同じ扱いになると思うよ。

投稿: | 2005.06.17 15:46

>2700万円~1700万円で、住民らは「買い取ってもらっても、その額では今と同じ家は手に入らない

地価は今だ下落傾向ではなかったかなあと。
それとも地域によって違うのか。

以下、その件のニュースを読んで職場での私と上司の会話

私「まあ、購入価格+慰謝料300万てところじゃないですか。私ならこれで喜んで和解しますよ」
上司「そんなもんやろ」

投稿: nov | 2005.06.17 16:27

to gtk様
>> 過失割合が10:0でも通常は時価での補償になります。
>ダウト。「時価のみ」というのは実はあまり誠実ではありません。

これ文章的にダウトのダウトだね。
時価での補償になるということと、
時価のみというのは誠実でないということは
相関の関係ではあるけど否定関係になっていないからダウトと言えない。
こういった文章を書いちゃだめしょ。

投稿: | 2005.06.17 16:32

>>独立した成人で
>これはどういう意味か解らないにで是非ご教授ください。

だからもう未成年で親に義務が生じる状態ならともかく既に成人でほとんど資産ももっておらず今回の件で負債ばかりの人間の相続を親がすると思うの?
結婚もしていないし
相続人がいないだろうからいくら請求権があろうと無意味な話では?

投稿: | 2005.06.17 19:27

↑ 聞いたオレがバカだった。

投稿: | 2005.06.17 19:32

>ものになるまであと20年。さて中国はその空母に何を載せるつもりなのか?

20年あれば、自主開発とかは考えられないんでしょうか?

投稿: K_URA | 2005.06.17 20:38

まあ、仮に時価が購入時価格より低下してなかったとして、理屈が立つのは「購入時価格+不動産取得税その他諸費用」くらいでしょうな。

投稿: 緑川だむ | 2005.06.17 20:49

>中国、空母保有「真剣に検討」
 
 95年頃、スペインのバサン造船所(現イサル)が、SAC200という全長221・8m、満載?2万3千トン、価格3億5千万ドル~4億ドルの空母を中国に提案した事があります。
 この空母、カタパルトやアレスティング・ワイヤー等、必要な装備品は一通り装備されており、艦載機は中古機市場で入手が難しいハリアー及びハリアー派生型ではなく、入手容易なA-4スカイホークが想定されてた様です。
 この話は、中国側の諸事情(主に費用)で御破算になったそうです。
 
 本題の中国の艦載機ですが、本命フランカー発展型・対抗ラファール発展型・大穴で中国国産じゃないですかねぇ。なんにしても、2010年代~2020年代前半は中韓露印等々、空母の就役ラッシュになりそうで・・・

投稿: 名無し二等空士 | 2005.06.17 20:51

クソスレ(失礼;苦笑)が湧いてましたので報告いたします

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1118008219/

投稿: 七師三等兵 | 2005.06.17 21:38

>焼け太り
ほっときゃいいじゃないですか。どうせ金は取れないんだから。
テレビのコメンテーターと同じで当事者じゃないから好き勝手
言えるんですよ。まあどこ見てもこの件については聖人君子
だらけでウンザリしますね。焼け太りなんて批判している連中、
果たして自分が当事者になっても言ってるように大人しく和解
できますかね?ここのを読んでも、とてもそんな従順な手合いとは思えんでしょう(笑

投稿: | 2005.06.18 01:41

七師三等兵 さんへ
ありがとさんです。
いやー検索かけてもヒットしないから、
もうクソは沸いて(w)こないのかと思ってたら
裏口からコソって感じだったんですね。

自分的にはあそこはクソというより、ミソクソ一緒って思ってますわ。(段々ミソが減ってるけど)

投稿: | 2005.06.18 08:44

あのマンションが安かったのは、福知山線の上り線路があった跡地で、まわりは工場ばっかりという条件だからでしょう。
線路カーブ外側という条件も入れたら、価格が安いのも当然ではないかと。

安いのはそういうリスクも加味した上の話だと思うんですけどね。

投稿: ななし | 2005.06.18 13:41

 入間の西武鉄道に隣接したマンションの場合、中古価格が700万とかそんなものです。
 入居時、今より高い地価と価格の金額で清算できるってのは、そう悪い話ではないと思いますけどね。
 ただ、たとえば購入時の価格が2800万で、ローンをすでに1500万払っていて、残り1300万で、そこに2800万が入ったら……差し引き1500万。
 2800万であのエリアでどういうマンションが買えるか。やはり中古狙いで、買ったときよりいい状態の物件を見つけるのが鍵でしょうね。

 瞬間湯沸かし器的に反応せず、当事者の人たちも感情的になりすぎず、前向きに考える姿勢が必要でしょう。起きたことは覆らないし、あなたたちは生きている。一番気の毒なのは、電車に乗っていて亡くなった人たちで、自分たちは被害者ではあるが「次点だ」くらいの気持ちを持って、前向きに生きて欲しいものです。

投稿: アル | 2005.06.18 19:57

 経営陣の保身のために、相場以上の高額賠償をすると、次は経営陣が株主代表訴訟で巨額の賠償をさせられますよ。
 金を出すのは会社であって経営者ではなく、会社の持ち主は株主なんだという基本的なことを忘れている人が多い。

投稿: Inoue | 2005.06.18 23:43

貴重な観点だと思う「株主の存在」

一方会社だって「法人」なんだから、とかコンプライアンス(つまり社会の成員としての会社)のありかた、ということをきちんと考えていかにゃならん、と言うことも出来ると思う。

いずれにせよここでは「納得のいく”相場”とはなんぞや」、ということが様々な面から検討されているんだと思う。

投稿: toumeinahito | 2005.06.19 08:47

中国空母搭載機にF-35は無いんじゃないかな。
カタパルトがつくれなきゃスキージャンプしかなくて、スキージャンプ対応の艦載機はハリアー以外だと今のところSu-33とMiG-29艦載型しかない。ハリアーはもう古いし。
アメリカが仮想敵国の中国にF-35売るというのも考えにくい。JFS計画参加国が黙ってないだろうし。

あ、フランスが空母の技術込みでラファール海軍型売りつける可能性はあるな。
中国国産艦載機の可能性も捨てきれないな。
J-10や超7の艦載機バージョンなら無理してでも作りそうだ中国。

投稿: | 2005.06.19 09:23

20年後中国がどう言うポジションになっているかですよねぇ。 民主化されて自由経済圏に入ればアメリカとしても無碍には出来ないでしょう。
アメリカの仮想敵国であり続けるには
1・共産党存続、強化
2・イスラム化(笑)
3・白人文化圏とアジア人文化圏の対立(笑)
位しか思いつきません。
2と3は性質の悪い火葬戦記のノリなので論外として、1の共産党がどこまで頑張れるかが鍵でしょう。

投稿: | 2005.06.19 18:39

中国の20年後のポジションですか?
上海を始めとする経済的にそれなりに発展した沿岸部、
北京を中心とした共産党政権勢力圏、
内陸の漢民族圏と、対立するイスラム圏の4つ巴の紛争地帯だったり・・・・・・だめだ、火葬戦記にしかならない(笑

経済的にそれなりの規模で、ある程度民主化された政治体制になっていれば欧米は兵器を売るでしょうね。

投稿: toumeinahito(笑) | 2005.06.19 19:46

名前: | 2005年6月19日 午前 09時23分
と、
名前: toumeinahito(笑) | 2005年6月19日 午後 07時46分
を書き込んだ者ですが、

すいません、名前のところ勘違いしてました。本物の toumeinahito様、どうも申し訳ありません。

投稿: | 2005.06.19 19:50

結局経済の発展如何ですよね。
人間腹が膨れりゃ宗教やイデオロギーなんて必要ない訳でして。

日本としては中国に民主化されて経済発展されるより共産党政権に逆戻りしてもらった方が対米関係上ではメリットが大きいと思いますが。

投稿: | 2005.06.20 19:34

フランス空母の蒸気カタパルトも米国製。
蒸気カタパルトの製造技術はアメリカしか持ちません。

投稿: | 2005.06.23 22:13

>※ テレビ朝日:古舘発言で、自民党の謝罪要求には応じず

実はこの種の発言、他ならぬ安倍晋三幹事長代理も言っていた。経済制裁すれば、という趣旨ではなかったが。

投稿: 佐藤秀 | 2005.06.23 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の空母には何が載る?:

« 北も南も変わった | トップページ | お客を叱ることの是非 »