« 百条委員会を巡る戦略と戦術 | トップページ | パリエア報告 »

2005.06.26

長野・高校再編案を巡る泥縄

※ 「リストラのよう」「踏み込み過ぎ…」 県立高再編案に反響
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news002.htm

 不思議でならないのですが、どうして今頃こんなことをやっているんでしょう。日本全国の自治体で、高校の再編なんてとうに終わっているでしょう。うちの田舎も、去年辺りで、二度目の再編が終わって、高校の統廃合はほぼ完了したと聞きます。この4年間、長野の県教委は優雅に昼寝していたということですよね。

 それはともかく、私は高校の廃校には反対です。これはJRの赤字路線の廃止みたいなもので、失って初めてその価値が解るという類のものです。地域の拠り所でありプライドであり、教育の要です。そんなに易々と廃校を認めちゃいけません。一度、廃校となったら、JRと一緒で、二度と復活は見込めないのですから。もちろん地方の過疎化にも拍車を掛ける。私の故郷では、ここ5年間ほどで行われた廃校の続出で、随分と地域のプライドが傷付けられた。

 だいたいこれ、田中康夫の普段の主義主張に反するでしょう? 小さくてもきらりと光る自治体には積極応援して、合併せずとも自立できる道を模索すべきだという田中康夫のポリシーに全く反している。
 でも実際は、彼は興味は無いわけだ。自治体の合併反対ならニュースになるが、今時高校の統廃合なんて何処も終わった後で、今更反対しても全国ニュースにはならないから、放置した。
 やりようはいくらでもあるんですよ。統廃合の目的は、所詮企業論理です。赤字部門切り離しという。だったら、何も文科省の指導通りにあれこれ人員配置する必要も無い。退職した教師を安く再雇用するなり、もろもろの修繕費等、地元負担をお願いするなり、存続の方法を探ればいい。
 全く興味が無いし、日曜の政治ワイドショーにも呼んで貰える良い筋のネタじゃないから放置して、あとはじゃあ高校生も参加して~なんて大衆迎合の骨頂のような馬鹿なことまで言い出す。こうやって田中が放置した諸問題のツケを払わされるのは、結局は県民自身だということを認識して下さい。

※ 穀物配給1人1日200gの恐れ、北朝鮮で食糧危機
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050625-00000012-yom-int

 変なニュースだ。飢餓に瀕した国民が650万人にも膨れあがっている。一番酷かった時期でも、そこまでは行っていないはず。
 で、アメリカの5万トンの支援ですが、言ってみれば手切れ金みたいなものですよ。今年はもうこれで終わり。これ以上欲しければ、さっさと六カ国協議のテーブルに戻れと。

※ 「キミは何も分かっとらん」=トム・クルーズがTVホストと感情的な論争
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050625-00000068-jij-ent&kz=ent

 アメリカ人って、すぐ抗鬱剤に手を出す傾向があるから、意外とトムのこういう態度は大衆に受けるかも知れない。ただ、抗鬱剤の使用を否定するのであれば、何も論文がどうのこうのと言わなくても、抗鬱剤の使用量がアメリカと比較して劇的に少ない他の先進国の例を挙げれば済むことだと思う。たとえば日本とか。そもそも認可されている抗鬱剤の種類自体が劇的に少ない。その内、医薬品業界の総攻撃が開始されるんだろうけれど。まだまだ波乱ありそう。

※ さらに警官2人も女性盗撮 神奈川県警、公表せず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050625-00000071-kyodo-soci

 うーん、全然解らない。どうしていっぺんに二人も三人もが盗撮に及ぶのだろう。本当にそういう事実があったのだろうか。何かの不祥事が起こる度に、処理部隊が盗撮行為を仕掛けて辞表を書かせるなんてことをやっているんじゃなかろうか。

※ ボケ老人、突如吠える

 先々週のサンプロで、番組冒頭、財部氏の外資レポートの触りを紹介する段で、司会のボケ老人が突然怒り出して、もう時間が無いから止めろ! と怒鳴り始めて財部が呆れるシーンがあったけれど、これ何? なんでこんな感情の起伏の激しいボケ老人が、いつもまでも政界フィクサーを気取ってテレビになんか出ているんだろう。

※ 週アスの現在発売号

 の後の方に、電脳なおさんの漫画で浮浪者を差別したことのお詫び広告が結構大きく載っている。別に謝罪しなきゃならんようなことだろうか? 政治家が政治的発言の過程でそれを行ったというのならともかく、浮浪者差別が目的のわけでもない表現活動の中で、キャラクターの非常識さを現す描き方として十分許容範囲だと思うんだが。正直、そこまでのモラルを押しつけては、あの漫画は全然面白く無いでしょう。

※ 帰国便にて

 昔、ルフトハンザばかりに乗って欧州を行き来していた頃は、いつかは憧れのエール・フランス便でと思っていたものでした。でも、エール・フランスのサービスは、今、欧州を結んでいるエアラインの中で、最低です。もう問答無用にそう言える。だって、ルフトハンザなんか機内LANを始めようという時代なのに、バッテリーの貸し出しすらしないんですから。
 シートは、機種によってはたぶんこの5年くらい更新が無いですね。非常に古いし、ビデオシステムも昔のまま。
 復路の映画に、ミリオン・ダラーベイビーとコンスタンチンがあったので楽しみにしていたのですが、テレビ・モニターを点けて、コンスタンチンのチャンネルを入れたら、何やら古いソープオペラが流れている。しかも音声はまた別チャンネル。デスを呼んで「駄目だからリセット掛けてくれ」と言って、リセット掛けさたけれど、全然駄目なんですよ。その内、これは地上でないとメンテナンスできないから、申し訳ありませんがビデオは諦めて下さい、とかアナウンスする。そんなの無線でセッティング方法聞けよ! もう、全くいつものトラブルです、という感じで、その申し訳なさが全く伝わってこない。
 いや、私は田中康夫では無いから、別に提供されるサーヴィスの全てが順調に運ぶべきだと主張する気はない。しかしあんまりだ。楽しみにしていたのに。それでやむなく、パソコンに入れていたK-19を片づけた。ちなみに往路もつまらんプログラムだったので、パソコンに入れておいたキング・アーサーを片づけた。
 食事も、正直、昔のエアフラとは全然違いますね。エアフラらしさが無くなって、あれ、ルフトハンザの食事だと言って出されても気付かないでしょう。うん? ボキちゃんが乗るファースト・クラスは違うぞ by康夫。今時、エアフラのファーストクラスに乗るなんて、よほどの物好きでしょう。シートも昨今のフルフラットと比較すると、やたら貧しいし。帰国便は、ビジネスは満席だったのに、ファースト・クラスは人影が全然見えないんですよ。電気もずっと消えたまま。降りる段になって、やっと一人、初老の日本人が乗っていることに気付いた。

 じゃあなぜそんなにサービスが悪いエールフランス便をこぞって利用するのか? 今回いろいろ取材して解ったことがある。まず切符が安い(実感は全くないが)。今一人勝ち状況なので、安い切符を代理店に卸せる。そして、これが意外に大きいということを知ったのですが、CDGの税関が、どうもザルらしい。ドイツとか結構厳しいんですよ。デジカメ程度でいちいち申告させる。欧州在住の日本人に言わせると、ひとまずCDGに入って、そこからシェンゲン協定の域内に飛ぶと、税関がフリーパスなので面倒な思いをせずに済む。だから在留邦人も、遠回りになっても、エアフラを使うということらしい。

 私は、エアラインに過度なサーヴィスを求めて日本の航空界の自由化を阻害し、コストダウンの足を引っ張り続けた田中康夫とは違いますから、サーヴィスなんぞいらん、たとえ12時間のロング・フライトでも、ジュースとパンのバスケットをギャレーに置いておけば良しという主義だけれど、それでも、あそこまでサーヴィスを切られると、当然整備その他でも切りまくっているでしょうから、このエアライン、そろそろ大事故を起こすんじゃなかろうかと思えてならない。

※ 土曜、軽度の時差ボケで寝たり起きたり。普段だと、激しい疲労感を伴うが、帰国してからもビタミン剤を飲み続けているせいかそれは無し。ただし、人差し指の状態が一向に改善せず、キーボード打ちが辛い。

※ 今回の旅行の後半部分を記録した写真を、メルマガ読者限定で公開します。

※ メルマガおまけ 購読者限定サイト公開

|

« 百条委員会を巡る戦略と戦術 | トップページ | パリエア報告 »

コメント

>だいたいこれ、田中康夫の普段の主義主張に反するでしょう? 小さくてもきらりと光る自治体には積極応援して、合併せずとも自立できる道を模索すべきだという田中康夫のポリシーに全く反している。

 だいたい、やすおにポリシーはありません。全てはTVに出るための方便です。だから矛盾が生じる。
 それに、やすおにとって「高校」とは松本深しのことで、それ以外は「高校」という認識すらありません。
 そもそも田舎はきらいなんです。ほんとに好きなら泰阜村に土地買って家建てるでしょ。いまだって散髪は青山のsoilなんだから。
 田舎から東京に出て行くといいことがあるぞって田舎者のココロを惑わして生きてきた人物ですから過疎地の高校なんかどうでもいいのです。
 でも、それが票に結びつくと考えれば何でも言うのです。

投稿: 奈々氏 | 2005.06.26 11:00

購読者限定サイトを見させてもらいました。ナカナカいいですね、ノルマンディ!ツワモノ共が夢の跡。

こんなサイトもありますから比較すると面白いかもしれません。なんて少しは宣伝すると、申込者、増えないものでしょうか?

http://www.trimaran.com/d-day/

投稿: ハマの住人 | 2005.06.26 12:43

只今「カッチャントークショー」より帰還いたしました。
一応「動員」はありませんでした。
あるいは「動員」をかけても集まらなかったのか、店員さんが必死に呼び込みをして何とか人数が揃ったといったところです。
案の定、のっけから「私と平野さんは田中さんを担いで知事にした責任があり(言葉は正確ではありません。)・・・。」で始まり、自著の宣伝のはずが何かにつけて「田中さんは・・・」といった調子のお話が30分続きました。
詳しい話は後ほど写真と共にブログで。

投稿: ヒグマ | 2005.06.26 17:01

>AFのサービス
 どんなに水準が低くても、JALよりは上じゃないかなぁと思うのですが、如何なものでしょうか? Yのシートピッチは激狭だわCのミールはワンプレートで持ってくるわ、よくこんな程度であんな料金設定が出来たものだと感心しますが、それでも「JALだから」という理由だけで乗っていた人は多数います。今後はどうなるか不明ですが、恐らく一定の固定客は持ち続けるんでしょうね。高齢者層には、未だにJAL信仰から抜け出せない人が多数いますし。

>CDGの税関がザル
 これは確かに言えてますね。T-2F(JALが到着するターミナル)の税関なんて、無関係者が外からバゲージクレームに逆流出来ますからね。成田や関空では絶対に考えられない事です。これでは、税関検査などやっていないも同然でしょう。

投稿: 五月原清隆 | 2005.06.26 17:07

 高校の再編ですが、宮城県でも現在進行中です。宮城県は公立校の男子校・女子校がありまして、アサノ知事は男女共学化を進めています。
 今年、知事選がありましてアサノ知事は4選を目指すでしょうが、アサノ知事が卒業した男子校である仙台二高関係者の応援は少なくなるでしょうねぇ。

投稿: Bill | 2005.06.26 20:22

男子校って、そんなに良いんですかねえ。
オタク臭いだけのような気がするんですけど

投稿: y-mat | 2005.06.26 20:50

先ほどアップしました。
お暇なときにご覧下さい。

投稿: ヒグマ | 2005.06.26 21:33

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050627AT1D2600126062005.html
「わがままな非常勤知事」
”と”知事だった、ざぁ~んねぇ~ん

#選挙男、なんでも~おとこを創ればよいかと言うわけでもないけど、あらたなモブが発生、しかしイマイチ盛り上がらない様子
http://plaza.rakuten.co.jp/hattary

投稿: sionoiri | 2005.06.27 08:23

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050626k0000m010078000c.html
知事はこっちだった。

日経のあれ↑は”ときじ”だった。

投稿: sionoiri | 2005.06.27 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野・高校再編案を巡る泥縄:

» Deep Impact!! [ikeday1な日々]
NASAが太陽系にある彗星に銅の固まりを打ち込んで、彗星の組成を調査する実験をやっているようだ。その作戦名はDeep Impact。何とも粋な名前をつけたものだ。どうしても彗星が地球にぶつかる恐怖を描いた映画を思い出してしまう。同じようなコンセプトの映画で、アルマゲドンなんてのもあった。この二つの映画は共に1998年の映画で、NASAのプロジェクトが1999年から始まったと言うから、もしかしたらNASAがまねたか??まぁ、計画自体は10年くらいのスパンで検討されるから、多分映画の方が実際のプロジェク... [続きを読む]

受信: 2005.06.26 10:37

» 北朝鮮経済入門 今村弘子 『北朝鮮「虚構の経済」』 集英社新... [書評日記  パペッティア通信]
参りました!思いもよらない、北朝鮮の驚愕の事実。その建国当初から、一貫した「計画なき計画経済」「援助漬け大国」中・ソの援助なしでは、計画経済すら達成できない「三元化経済」の北朝鮮(計画経済、第二経済委員会【軍事産業】、闇経済の3つ)今の北朝鮮はなぜ生ま...... [続きを読む]

受信: 2005.06.27 14:02

« 百条委員会を巡る戦略と戦術 | トップページ | パリエア報告 »