« 日教組は常識知らず | トップページ | 疑惑解明というフカシ »

2005.07.20

グリーンスパンの言う謎

※ 長期金利が上がらない

 憂国阿呆談(もう全く論評する価値無し)が載っていたので週刊ダイヤモンドを買う。巻頭のコラムは、グリーンスパン発言が指摘した謎です。
 彼は、「短期金利を9回も利上げしたのに、長期金利が低下したままなのは解せない」と言ったらしい。ところが、世界的にも長期金利は低いままなんですね。その有力原因説は、世界的な貯蓄過剰で、しかし同時に貯蓄過剰は経常収支の黒字となって現れるわけですね。それが無いのは、世界中の資金を集めている米国と中国だけ。所が、企業の投資行動は、金が集まっているにしては、米国は冷静だし、中国も軟着陸態勢に入りつつある。
 かように、景気変動の国際的連動性が高まっている。筆者はここで、「各国固有の要因分析や独自の政策に限界があるとしたら、日本未曾有の量的緩和政策にしても、実はたいした効果は無いのかもしれない」と問うている。
 この辺りのことをどう考えれば良いのか? 私の経済知識では無理なので、斉藤さんに任せます(~_~;)。6月30日付けの斉藤さんのブログで、実はこのグリースパン発言はいち早く取り上げられている。

 ちなみに、週刊エコノミストの敢闘言は、軽井沢プリンスのコーヒーは不味かったけれど、イラクで少年から買って飲んだコーラは美味かったという最高にオナ~ラブルなお話です。
 作家の理想は、白紙の原稿用紙に値段を付けて売り歩くことですが、この毒にも薬にもならん、筆者のマイ人生自慢のコラムは、ある意味で、その理想を具現したコーナーと言える。どこまで下らん暇ネタが許されるかを毎週毎週チャレンジしている。編集部の無責任はともかく、なかなかあっぱれなチャレンジ・スピリッツです。田中康夫と日垣隆は、駄文で稼ぎを得る両巨頭ですな。ぜひ爪の垢が欲しい。

※ 無人偵察機2機の試作計画 米国製より劣り議論必至
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050719-00000129-kyodo-soci

 これは、開発はやるしか無いんですよ。有人機計画が高く付いてなかなか手が出せない現状では、これからの航空機技術の全てが無人機へと集約されるから。問題は、それを比較する時に、米国製を出しちゃ駄目です。無人機の世界も広がりつつあるわけで、経験で言っても、イスラエルの方が遙かにコスト・パフォーマンスに優れたものを作っているし、各国なり、メーカーなりの特徴がある。
 空自は何が何でも米空軍と同じものを持ちたがる贅沢病に犯されているから、そういう意見が出るのは仕方ないけれど、もっと世界を見なきゃ。

※ 自爆テロ:失敗した女性、哀しい結末 パレスチナ
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050719k0000e040057000c.html

 良い記事だけど悲しい話だなぁ。イギリスでは、テロの原因はイラクに派兵したせいだと国民は考えているそうだけど、そうじゃないだろう。アラブテロの原因は結局はパレスチナ問題に行き着く。中東が長らく反米に染まっているのもパレスチナ問題が原因で、それも大元を正せば、イスラエル建国以降、アメリカにゲタを投げて中東問題から手を引いた大英帝国が種を蒔いた話。今、その長年の付けを払っているということを自覚して欲しいぞ。

 記事を書いたのは樋口直樹特派員。名前をインプットしておきましょう。

※ スーパーサイズミー
http://www.tbs.co.jp/radio/st/sound/st.asx

 これは2ちゃんの勝つぁんスレで拾ったTBSのネットラジオです。何か勝つぁん関係は最後に出てくるだけだということなので、最後だけ聴けばいいやと思ったら、これが町山@映画評論氏が、あちらから電話で喋るという内容だったので、結局全部聴いた。
 私が今いちばん好きな映画評論家です。で、お喋りの内容は、スーパーサイズミーという、マックだけ喰い続けると人間どうなるか?(今逆に、熱心なマックファンが、マックだけ食べてダイエットするという荒技に挑戦している)、という記録映画を撮ったモーガン・スパーロック監督が、新しいテレビ番組を始めたという話題で、それがキリスト教原理主義者をイスラム居住区に放り込むとか、バリバリのストレートをゲイタウンに放り込んで、一ヶ月後、偏見が消えた彼らの姿を映し出すという、オモロイ企画で当たっているらしい。
 勝つぁんの行はどうでもよくて、日本でマイノリティへの偏見をばらまいている勝谷をこの手の企画で放り込んぢゃれ! という主張で、確かに彼のメンタリティには合わんキャラでしょうな。
 今日の夕方、その勝つぁんの番組でファイルが更新されるまでは聴けるそうです。20分なので、ながら聴き出来る方はぜひどうぞ。凄い面白かった(~_~;)。

※ ウエストモーランド氏91歳=元米陸軍参謀総長
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/fu/news/20050720k0000m060001000c.html

 確か、70年代後期に息子さんか孫が癌で亡くなって、その原因は自らが命令したエージェント・オレンジで、ダイオキシンを兵隊だった息子が浴びたせいだと言われたんですよね。ベトナムで民衆を殺戮しまくった付けを自らの家族の犠牲で贖ったと言われた。晩年は、敗戦の責任を問われて気の毒な人生だった。

※ <死亡事故>ワゴン車に鉄パイプ“貫通” 大阪・西名阪道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050719-00000079-mai-soci

 今、高速の監視カメラ・システムってどうなっているんでしょうね。前方からはナンバーを読み取るシステムが普及しているけれど、たとえば積み荷が解るような角度で撮影出来るカメラの配備等はあるんだろうか。

※ マラッカ海峡で旧海軍潜水艦「伊166」慰霊祭
http://373news.com/2000picup/2005/07/picup_20050719_1.htm

 南日本新聞によると、鹿児島県出身者が11人か乗り組んでいて、遺族が鹿児島から参加したらしい。最年少の乗組員は16歳。合掌――。

※ ソニー、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラに参入
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2005/07/19/1947.html

 これは期待して良いんだろうか。基本的に、一眼デジカメのシェアは、一眼レフ・カメラのシェアをそのまま引きずっているんですよ。ニコン+キヤノンの二大巨頭がいて、残りを三位以下で食い合っている。うまくすれば、その勢力地図を塗り替えられるかも知れない。

※ 英国の冒険小説作家・クィネル氏が死去 日経
 A・J・クィネル氏(英国の冒険小説作家)マルタ観光局日本地区代表事務所に19日までに入った連絡によると……、

 この野郎、死ぬ最期まで「マルタ」とかいかしたフレーズを訃報に埋め込みやがって……。合掌。

※ 菊間アナら減俸処分、国家公安委員長も苦言

 言っていることは正しいにせよ、国家公安委員長にそれ言わせるのは、内務官僚の下心みえみえだからなぁ、えげつない。

※ 番犬用フード常備し窃盗、逮捕の男100件自供
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050719i307.htm

 へぇ~な話。飼い犬は飼い主がくれる餌しか食べないと思っていたけれど、番犬も食い物に釣られるのかぁ。日本中で泥棒が真似し始めそうな。

※ 中高生にも読んでほしい…「さぶ」カバー劇画調に
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050719i506.htm

 ちょっと誤解を招くタイトルだと思う。

※ メルマガおまけ エンジェル終わる&公園の人

|

« 日教組は常識知らず | トップページ | 疑惑解明というフカシ »

コメント

>日本でマイノリティへの偏見をばらまいている勝谷をこの手の企画で放り込んぢゃれ!

以前日テレでやってた「なすびの懸賞生活」の勝谷バージョンみたいな感じですね。
高視聴率が期待できそうだ(w

投稿: | 2005.07.20 12:19

 連盟で常任理事国に加えられた所までは、まあ、順風満帆と言うところなのでしょうか。
 その前後に、自らを唯我独尊の覇権国家たらんと定義付けて、自ら縛りを加えてしまったところに、転落の根が有ったのではと思います。
(WWIの際の巡洋戦艦部隊の欧州派遣を、米国との太平洋覇権を想定して見送ったと言う辺りから・・・)
 現実に、国際的認知度と、持てるリソースを考えたときに、もう半歩、もう1時代引いて待つべきだったのかも知れません?
 家康と勝家の違いと言うと俗でしょうか?
 一握りの、類希な幸運を持った者にしか与えられない覇権国家の争奪戦に加わろうとするなら、もっと慎重であるしか無かったのかも知れない。
もしかして、幕末に日本がアヘン戦争などから学んだように、中共がこの歴史を深く分析していたりして・・・。
 現状、日本は自主性を失った形なわけですが、その間に蓄積した資本をいかに失わずに、自主性を回復できるか、と考えると、現状の覇者との同盟を継続しつつ、同時にその相手を深く観察し続けることが、妥当なのかも知れないですね。
 イラクの人なんか、実は、今の日本の立ち回り方を、あれが現代的外交戦術というモノだ等と、後々までうらやましがったりはしないんでしょうか。

投稿: nanasi | 2005.07.20 12:31

>番犬用フード

プシュケーがケルベロスをだまくらかした時の話みたい。

という話はともかく、見出しだけ見て、番犬にフードをかぶせて目隠しする泥棒かと思ってしまった… orz

投稿: 井上@kojii.net | 2005.07.20 13:10

>>国産無人機をめぐる確執

 自主的な基礎研究や自立開発、品管の大事さを防衛庁のお偉いさんも偵察衛星の失敗とその後のひまわり六号の成功でわかったと思ってたけど、
 度しようのない愚かなお偉いさんは幕にも相変わらずいる訳ですね。

>>ソニーデジカメ
 品質はどうなんでしょうね。
 最初丸投げして、技術を取ってブランド力で売るという今までの商売はもう難しいと思いますけどねー。
 ソニーの品管は社内制度的にもうだめぽ。だとおもっていますので。

投稿: Artane. | 2005.07.20 17:22

>たとえば積み荷が解るような角度で撮影出来るカメラの配備等はあるんだろうか
こんなもの日本が核武装するの同じ位、論拠に乏しいですね。仮に費用をかけて配備して何の役にたちます?
乗用車は言う及ばず昨今のトラックは殆どが天蓋付きですよ。露天にしたって幌を掛けるのが当たり前だからX線透視式のカメラを配備しますか?それにしたって側面のアオリは透視できないからアオリ下の積荷はわかりませんね。落ちる前と後の積荷の状況を捉えないといけないから、その役にたたないカメラを出入り口のインター全てに配備しないといけないですね。おっと、横からだと複数車線で車が重なっていると奥の車は見えないからインター1つでスペースシャトルの発射台の様に何十台と言うカメラが必要ですね。

それとも先生は横からちょっと見れば積荷が危険な状態とわかると思っているのですか?
仮にもプロのドライバーが荷締めした積荷は傍目からは荷崩れするかなんて全然わかりませんよ。それでも振動、風圧などで結束がゆるんだり、台付けワイヤー切断したりして道路に落下させることがある。

ドライバーを責めるのは当然ですが前の車から部品脱落したり、あるいはスピンしたりと高速道路上で緊急回避しなければならない事例は多々考えられるのに、事が起きた時に実際には回避できずに後続車が突っ込んでしまうことが多いのが実状です。
行政もまったく実用的でない長大な車間距離をバカの一つ覚えの様にアナウンスして
交通安全のポーズを取るのではなく、高速運転中の緊急回避を体験させる教育プログラムを盛り込むことこそが重要だと思いますね。

それをやっても夜間の障害物の認知は遅れますが、これについては暗視装置の普及を待つのがベターだと思います。

投稿: | 2005.07.20 17:30

 息子を枯れ葉剤のせいで無くしたのは、E・ザムウォルト海軍作戦総長ではなかったでしょうか?それともウェストモーランド陸軍参謀総長の息子にも同じことが起きていた?

投稿: K野木 | 2005.07.20 17:37

 長野の将軍様が腰をさすりに行ったり、腰の付近にある機関になにかをしたりする光景が浮かんでしまいました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050720-00000010-ykf-ent

MEGUMI交通事故…追突され腰に打撲、入院

 タレント、MEGUMI(23)が18日未明、長野県内での交通事故で打撲を負い、都内の病院に入院していることが20日までに分かった。

投稿: カトー | 2005.07.20 17:37

>>E・ザムウォルト海軍作戦総長ではなかったでしょうか

 これは野木さん、どうも。SAPIO買いました(^O^)。
 私はずっとウェストモーランドと記憶していたのですが、正直全く自信は無いです。向こうの訃報とかで触れられていないのなら、たぶん私の勘違いだと思います。

投稿: 大石 | 2005.07.20 18:10

量的緩和には、それなりの効果があると思います。たとえば、マンション。あれだけの数が建っているのは、やはり「これから金利は、上がるだけ。今が借りどきだろうな」という意識が働いているからです。ただ、金融緩和の効果が20世紀の頃より、かなり低くなっている現実はあります。昔は金利が低ければ、中小企業のオヤジも「じゃあ土地でも買って、工場でも建てようか?」という話になりやすかった。でも、いまは中国やベトナムに工場が行ってしまう。辻広さんは「各国固有の要因分析や独自の政策に限界があるとすれば、」と書いてますが、もう世界の中央銀行は緊密に連絡を取り合っていますから(G8とか頻繁にやってる)、市場で勝負している側から見るとちょっと認識が遅いのではないか?と感じます。

投稿: 斉藤久典 | 2005.07.20 18:43

>それがキリスト教原理主義者をイスラム居住区に放り込むとか

流石に勝谷を海外に放り込むのは難しいでしょうが、築地にある朝日本社に放り込んで半年働かせるという手もありますね。
彼は朝日の社内報まで熱心に読んでるそうですからすぐに順応するでしょう(w

投稿: 悪党の最後の逃げ場 | 2005.07.20 19:00

>無人偵察機2機の試作計画
 開発、実証機レベルならやってもいいと思いますが、それを本採用して運用となると・・・

投稿: 名無し二等空士 | 2005.07.20 21:31

>高高度無人機
あれって、談合事件の影響でMが降りてFが応札したから少しマトモナ方向へ行くと思いますです。立川の3研からはかなり人を割かれるようなので、やりくりに苦労しそう。ただでさえプロジェクト重なっているのに。

>開発、実証機レベルならやってもいいと思いますが、それを本採用して運用となると・・・
YS-11並みの大きさですからね。それに日本でのUAV運用は予算や組織よりも航空法が最大の障害になるとのお話も。。。。

投稿: keenedge | 2005.07.21 02:27

>交通安全のポーズを取るのではなく、高速運転中の緊急回避を体験させる教育プログラムを盛り込むことこそが重要だと思いますね。

高速走行時の緊急回避って・・・本気?
この手のアクティブセーフティってのは、「体験させるだけでも勉強になる」って訳にはいかないんですよ。
「落下物で車が壊れた」で済む事故を「周囲の車に次々と衝突。死傷者X名」にしたいと?

それはそうと、大石氏が言いたいのは「落ちる前に検知する」ではなく「落とした人間にきっちり責任取らせる」ではないですか?

投稿: ぐま | 2005.07.21 15:09

>高速走行時の緊急回避って・・・本気?
↑違う。
高速運転中からの急制動で、どの位の停止距離が必要かを体験しとくことが肝要と考えてるだけ。
行政のいう車間距離も長すぎと思うが実際取られてる車間距離は短すぎるとも思う。だから、いざって時その車間で止まれるか体験しとくことが重要と思う。余裕があれば回避テクニックまでやりたい人はやれば良いと思ってそういう書き方をした。

>「落とした人間にきっちり責任取らせる」
それを本文の「積み荷が解るような角度で撮影出来るカメラ」でやろうとすれば、ちょっと考えただけでもコメントしたような問題が出てくるでしょと言う意味で書きました。
実際問題、落下物の鑑定から当該車両を特定していく現在の捜査方法の方がベターだと思いますよ。

ついでに言えば思いつきで書くのも良いけど、先生ならちょっと考えりゃ解るようなデンパを飛ばさないでね。という行間の意味もあります。

投稿: | 2005.07.21 16:24

>行政の言う車間距離

まあ高速道路も「頼むから免許返納してくれ!」って年寄りまで運転する可能性があるんだから、行政が「車間距離は長めに」言うのは当然でしょうね。
で、長大な車間距離との事ですが、時速100キロの車はおよそ秒速27mで動いてるわけで、「先行車から3秒の余裕で約100mの車間を取っておけ」ってのは当然だと思われますが。いや実際車間が短いと神経の消耗激しいんで。

投稿: | 2005.07.21 18:02

>ついでに言えば思いつきで書くのも良いけど、先生ならちょっと考えりゃ解るようなデンパを飛ばさないでね。という行間の意味もあります。
 
 そもそも大石先生は「積み荷が解るような角度で撮影出来るカメラの配備」が実用的にどうだとか,そんなことぜんぜん聞いてないと思うんだが.先生の言いたいのは

>今、高速の監視カメラ・システムってどうなっているんでしょうね。

これだけのことでしょ.この事故に関するニュースを見てふと高速の監視カメラってどうなってるんかなって思ったから書いてみたと.それで,

>たとえば積み荷が解るような角度で撮影出来るカメラの配備等はあるんだろうか。

あくまで,「たとえば」なんだよね.別に真剣に議論してない.だから本文の量も少ないんだし,これくらいのこと思いつきで書いてもなにも悪くないでしょう.思いつきのデンパとばしてるのはあなただ.

あと,
>前の車から部品脱落したり、あるいはスピンしたりと高速道路上で緊急回避しなければならない事例は多々考えられるのに、事が起きた時に実際には回避できずに後続車が突っ込んでしまうことが多いのが実状です。

こうならないように長大な車間距離をとってるんでしょ.

投稿: 真面目な軟派師 | 2005.07.21 21:18

私はバイク乗りなのでこの問題は切実です。

落ちているものに当たらないように教育するより、まずは、落とさせない、が本来の姿ではないかと。
それに、全ドライバーへの教育のコストってのもかなりのものでしょう。費用をドライバー負担になんてしようものなら嵐のような反対は必至だし、税金を使われるのもたまらんです。原因は一部の心無いドライバーなのですから。

カメラの能力は別として、稼動していないオービスのように、捕まるかもしれないという脅迫観念が積載物の安全確認や、逃げずに通報する姿勢に繋がる気がします。
有蓋車はそもそも物を落としにくいですから、落としやすい無蓋車やカメラに写ってしまうくらいヌルイ積載をしている車に絞るだけでも効果が望めるように思います。

>実際問題、落下物の鑑定から当該車両を特定していく現在の捜査方法の方がベターだと思いますよ。
落としてそのまま走り去って、犯人も不明というケースが多いという報道が時々流れているように思います。現状、逃げ得と思っているドライバーもそ結構いるんじゃないでしょうか?

投稿: ぐま | 2005.07.21 21:43

話は高速から外れますが、例のガードレールの金属片、実車をぶつける試験もやったみたいですね。全部、という訳ではないかもしれないけど、やっぱり車の外装がめくれて残ったという説が有力になるような。で、本来なら車をぶつけた人がガードレールの復旧の費用も負担しなければいけないはずだけど、大抵はトンズラしちゃう。捜査経費がかかるから、警察も物損事故ではロクに捜査しない。逃げ得がまかり通らないようにするには、捜査陣を増強し、捜査費用はそっくり捕まった犯人に負担させるようにしないとダメってこと?

投稿: ya-mana | 2005.07.21 23:42

真面目な軟派師さんへ
そこまで、ヨイショしなくても良いのでは。

某ラジオでリスナーからの「ヨイショ便り」ばかりになったら、もうその番組は終わりってなことを聞いたことがあるので、コメントは健全な批判勢力たりましょう。

投稿: | 2005.07.22 14:36

>>「ヨイショ便り」ばかりになったら、もうその番組は終わりってなことを

 田中康夫のアクセスはもう5年間も続いています!

 いや、私の念頭にあるのは、後ろからもナンバーを撮れるような位置にカメラを設置すれば、車種だけでなく、積み荷もある程度は解るでしょう。ということです。
 ブルーシートを掛けていたら見えない、というのは確かに。でもそこまでの完璧さを求める必要はないでしょう。
 もっとも、ロンドンの状況を見ると、日本もその内監視カメラだらけになるんでしょうが。

投稿: 大石 | 2005.07.22 19:15

>そこまで、ヨイショしなくても良いのでは。

 ヨイショしてるつもりはないですよ.まったく.えらそうな顔して先生の意図を説明しようとした辺りがそう見えたのかもしれませんが.だからその辺はでしゃばり過ぎたかもしれないと思ってます.

>コメントは健全な批判勢力たりましょう

私もそう思います.そして,こうあるためにはまず健全な読解力を持つ必要がありますね.

投稿: 真面目な軟派師 | 2005.07.22 23:03

例えば、同じ100km/hからの急制動でも、
上りと下りでは制動距離は全然違うし、
同じ下りでも勾配が違えば
制動距離はかなり違ってくる。
仮に自分の車が50mで止まれるとしても、
後ろから来るトラックが荷物を満載していたら、
追突をくらう可能性が高い。

むしろ、高速道路上での急制動や、
急な車線変更は危険、ということを実体験して、
積荷の固定が十分でない車両や、
携帯で話してたり、いかにも居眠り運転、
という感じでふらついてる車など、
起こりうる危険を事前に察知し、
車間を長めに取るとか、とっとと追い越す、など、
「君子危うきに近寄らず」と知らしなら有効かも、
ってのが高速道での玉突き事故を実体験した者の感想です。

投稿: ya-mana | 2005.07.23 02:42

訂正
知らしなら→知らしむなら

投稿: ya-mana | 2005.07.23 02:45

信州・小布施、2ちゃんねるの騒ぎぶり

【人づくり】 小布施町役場 7 【大失敗】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1227531900/

投稿: 小布施人 | 2009.02.03 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリーンスパンの言う謎:

» 巨星墜つ [Let's Blow!  毒吐き@てっく]
悲しい 英国の冒険小説作家・クィネル氏が死去 クイネルさんは、なんと言ってもこれ... [続きを読む]

受信: 2005.07.20 12:12

» ★ ケインズ派大御所の経済分析 山家(やんべ)悠紀夫 『景気... [書評日記  パペッティア通信]
わたしは、どうも岩波新書が嫌いです。性に合わない。なにより、功なり身をとげた学者・ジャーナリストなどが、「自分の業績をまとめてみました」感がぷんぷん漂ってくる、あのスタイルが嫌です。かといって岩波新書は、中堅どころの学者・ジャーナリストに、強烈な問題意...... [続きを読む]

受信: 2005.07.20 15:16

« 日教組は常識知らず | トップページ | 疑惑解明というフカシ »