« 日本航空の現状 | トップページ | 命は鴻毛の如く軽し »

2005.08.14

礼節無き隣国

 昨日コミケにご来場下さった皆様、有り難うございました。幸いお昼頃には、商品のほとんどが捌けたそうです。
 パリのビデオに関して。右上に小さなゴミがあります。それに二日間気付かなかった。毎年のことですけれど、滑走路際でビデオを出してテレコンを装着するわけですね。エンジンのブラストを浴びてますから、しばしばそこいら中埃が舞っている最中での作業になる。それで何度も痛い眼に遭いました。で、撮影途中に何度も覗き込んで、ゴミが入っていないかどうかをチェックするんですが、それでも、微細すぎるゴミは、帰ってきてテレビに映さないと解らない。
 今回、せっかく天気に恵まれたのに、もの凄く後悔しています。それにしても、あんなでかいゴミは、普通は気付くけどなぁ……。

※ 「独島は韓国領」陸自隊員と記念撮影、防衛庁が抗議
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050813i211.htm

 軍隊に於ける礼節もへったくれもない奴らですね。ブログで書くチャンスを逸したけれど、先日の日韓首脳会談で、極めて不愉快なシーンがあったらしい。両首脳が並んで会見に挑んだシーンで、韓国側の記者が、領土か戦後問題に関して、あちら側大統領に何か質問したら、盧武鉉大統領が、隣に立つ小泉総理に対して、もの凄く無礼な返事をしたらしい。それを外務省の通訳は訳さずに、結果的に小泉総理は、どういうやりとりをしているのか、ニュアンスを感じ取ることなく会見を終えるという無様な出来事があった。
 あの連中のメンタリティは、やっぱり北朝鮮と一緒ですよね。ただ単純に、隣国に対して公然と無礼を働くことが国威発揚に繋がると勘違いしている。本当に五歳児。どこかの県知事と一緒。

 何度も書くけれど、私の初めての海外旅行は韓国でした。外で日本語で喋っていると、ぶん殴られると聞いていたので、身構えて行った。までも儒教の国だから、用心すればそれなりに礼儀正しい民族だろうと思っていた。したら、ホテルにチェックインしたその瞬間から、ドアボーイ、エレベータ・ボーイ、部屋に入れば速攻電話が掛かってきて、「女買え買え」、繁華街を歩けば女いらんかね、ですよ。あんたら日帝への恨み辛みは何処へ消えたんだ? と唖然とした。いやまぁ、日本人男性はそういう旅行しかしてこなかったかも知れないが、朝日が伝える、北との戦争に怯えながらも年長者を労る韓国像とは全然違うと思った。
 あの国に道徳を教えるには、もう百年は掛かりそうな気がしますね。

※ <JAL系機事故>ブレード損傷確認 内視鏡でエンジン調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050813-00000088-mai-soci

 ちょっと不思議なのは、破断が一気に進んでいるんですよね。普通はその前に温度がじりじり上がるから、あそこまで進む前にエンジンをシャットダウンできる。その辺りで、破断が先なのか、何か一気に熱を上げるような事態がステージ内で起こっていたのか。
 エンジン出力を上げるというのは、単純に燃焼温度を上げれば良いわけですね。所がそれを追求すると、部品が熱で持たない。あっと言う間に解けてしまう。航空機のエンジンの中では、いかに燃焼温度を上げて高出力を出すか? という命題と、いかにエンジン部品を冷やして耐久させるか? という、全く相反する命題が競い合っている。
 世界中のエンジン・メーカーで、GEとRRという所が、頭二つくらいライバル社を抜きんでてしまった。プラットやスネクマ、石川島播磨なんて所は、3番手4番手不在の5番手以降として大きく離されてしまった。
 世界中のメーカーがやっていることですけれど、タービン・ブレードを冷やすために、ブレードの一枚一枚に、小さな孔を無数に開けて、取り込んだ冷たい外気を、ブレードの空洞内を循環させた上で、なお表面の曲線に沿うように流して冷やしたりしている。そうやって、ここで何度、こういう仕掛けで何度冷やせる。トータルとしての冷却技術でエンジンが持っている。そのどこか一箇所がアウトになると、部品の溶融が始まるわけです。
 その製造技術にしても、開発技術は、世界のトップ2が抜きん出ているけれど、その孔を開ける機械、ブレードの型を取るプレス機械とかは、実は日本製だったりするんですよ。その表面をコーティングする技術は、メーカー関係では有名だけれど、一般人は全く知らないアメリカの町工場が独占していたりするんだけど。
 ただ普通は、ブレードが破断に至るまで、若干の時間余裕があるから、エンジンのシャットダウンが間に合うんですよね。今回はなぜ駄目だったのか。

※ 土井氏が比例単独出馬検討 辻元氏の比例擁立条件に
http://www.sankei.co.jp/news/050813/sei063.htm

 老醜だろう、老醜。この婆さんは76にもなって引き際も解らんほど惚けたのか。

※ メルマガおまけ がんばっていきまっしょ

|

« 日本航空の現状 | トップページ | 命は鴻毛の如く軽し »

コメント

【05夏コミケご報告】

『大石殿提供アイテムの結果』のみ、コメント致します

◇パリ土産の景品
 「識別帽購入の方・限定」と、させて頂きました。

 ちなみに、捌けた順番
 1)A380の掌サイズ1/1000モデル
 2)パリ・ショーのTシャツ
 3)MIGキャップ ロシア製
 4)EADSの白紙メモ帳
 5)エアバスのネックストラップ
 6)ブルーインパルスのネックストラップ
 7)BIのピンセット 
 8)エアフラCクラスの未開封化粧セット
 9)エアフラCクラスの未開封化粧セット 

 ※4)EADSの白紙メモ帳 選択者曰く
  「(残った中では)一番実用的でしょ?」
  ・・・そりゃ、まぁ、そ~なんですが(^_^;)

◇パリショーDVD
 『サークル「サイレント・コア」』のアイテム
 (識別帽、同人誌)をお買い上げ頂いた
 【57名、全ての方におまけ配布】致しました。

 ※「100円プリンター本」の、“おまけがDVD”
  ・・・コピー本の方が「おまけ」ですね(苦笑)  

投稿: サイレントコア事務局 | 2005.08.14 11:11

>砂漠の日韓問題

まあ士官と違って、兵隊なんて、そんなモノかも知れませんが。
心の中はともかく、お互いそれなりの任務を帯びて、異国に派遣されて来たモノ同士のマナーというのはあると思うし。大体は現場同士信頼関係を築こうとするものナンですけど(軍隊同士の信頼醸造ですか)、どうやら、それが常識だと思って、海外派遣や訓練を続けてきた、自衛隊の常識が、こと対半島の国には通用しなかったのですね。

これで自衛隊が海外に派遣する時の注意事項が増えてしまいましたね。
(韓国軍と記念撮影するときは、ハングルもしくは、判読出来ない文字を書いた、モノを携行していないか注意せよと)

投稿: 陸の海自隊員 | 2005.08.14 11:44

不思議なんですけど
現地の自衛官は何て書いているか聞かなかったんですかね?
あるいはハングルがわかる人に翻訳してもらうとか
現地の自衛官が迂闊だとしか思えないんですが

投稿: | 2005.08.14 13:00

確か昭和44年頃は、ちょうちん型と伸縮型が混在していました。
この辺が分岐点ではないかと思われます。

投稿: 安芸の住人 | 2005.08.14 13:12

社民党に定年なかったですか?

投稿: | 2005.08.14 13:34

>おたかさん
辻元の擁立をするために無理を通そうとしているような。
結局、お年寄りの知名度とか党内の権力状況とか考えると立候補するしかないし、
辻元を後継者としてみていた(し、今も見ている)ようだから、辻元擁立に難色を示している党幹部をねじ伏せるために自分が出ると言ったように想像するのですが。
おたかさんは多分、辻元に例のネコババを教唆した責任も感じているだろうし。
どっちにしても辻元が例の逮捕劇を乗り越えれて政治家として独り立ち出来れば引退すべきだとは思いますが、今回は仕方ないような気がする。

投稿: Artane. | 2005.08.14 13:49

犯罪者が政界に復帰する必要などありません。速やかに立ち去るべし。

投稿: | 2005.08.14 14:10

>現地の自衛官は何て書いているか聞かなかったんですかね?

察するに、あのプラカードが、オールハングルで書かれていたならば、さしもの自衛隊員も、全く何と書いてあるか分からないシロモノなので、警戒するでしょうが、「独島は大韓民国領です」という文面では、差し障ることのない「大韓民国」という言葉だけを、漢字に差し替えて、隊員の警戒を解こうとしたのでしょう。基本的に、現在の南鮮人は、漢字の読み書きのできないこと考えれば、かなり用意周到だったのではないかと思われます。

投稿: truely_false | 2005.08.14 14:23

>>犯罪者が政界に復帰する必要などありません。速やかに立ち去るべし。

もっとえげつないこと(贈収賄とかレイプとか盗聴指示とか)をやってるのを隠している政権党の政治家(誰とは言わないけど)はみんな政界から立ち去れと言うことでFAですね?

辻元の逮捕は国策逮捕の側面が大きいでしょ。
鈴木宗男もそうだけど、国会議員が捕まる捕まらないなんてお偉いさんのさじ加減一つで決まるでしょ。

投稿: Artane. | 2005.08.14 15:22

そうです。何か問題でも?

投稿: | 2005.08.14 17:45

もちろん、立件されて有罪が確定したらね。あなたが誰の事をおっしゃっているのかはよく判りませんが。

投稿: | 2005.08.14 17:54

国策逮捕って言葉、どういうあれなんですかね?
国策であろうとなかろうと、逮捕されてしかるべきことをしたんだから仕方ないでしょ。それをもって辻元や鈴木宗男擁護にはならん。あいつだってやっている、という主張はスピード違反の取締りにケチつけるときの決まり文句で、言い訳にはならんし、実際辻元はそれを言ってしまい大阪の人たちを怒らせた。

投稿: | 2005.08.14 20:40

どうも、
2)パリ・ショーのTシャツ
を頂いた者です。どうもありがとうございました。 自分の記憶だと、自分が選んだ時にはMIGキャップがもう無かった気が…、まぁどちらも欲しいと思ったものですので満足してます。

投稿: | 2005.08.14 21:09

私も生まれて初めての海外旅行は近い韓国でしたが、ホテルに入ったとたん、「女、買わんか?」攻撃が始まりました。
断ったら「ホモか?」と言われ、何だ、こいつら?、と心底呆れました。
今と何も変わってませんね。

投稿: BONZ | 2005.08.14 23:29

普段はちょっとでも汚職臭い事があろうものなら鬼の首でも獲ったように騒ぐくせに、都合の悪い犯罪に対しては国策逮捕w 本人も犯罪を認めて刑が確定してもこの脳内変換ですか。

投稿: | 2005.08.15 00:30

一昨日のコミケ2日目で一般用サイレントコア識別帽を買ってBIのピンバッチを頂きました。3日目の入場待機のときの日よけにあの帽子がとても役に立ちました。
余談ですがどうやら昨年のときに本人と気付かずに化粧セットを貰っていたという話をしましたら、生暖かい笑いが広がりました。

投稿: スコップダンディ | 2005.08.15 00:38

>普通はその前に温度がじりじり上がるから、あそこまで進む前にエンジンをシャットダウンできる

何をもって普通と言われるのかわかりませんが、ブレードの破断なんて世界中でしょっちゅう起きてます。当たり前ですがそのほとんどの場合がなんの予兆もなく。市街地に破片が落ちたからニュースになるだけの話です。

投稿: | 2005.08.15 00:50

つーか、韓流韓流っていっても、あんたらの使ってる
文字については興味のない日本人が多いってことの
証左にしかならんのに、あんな写真撮って何を得意
になってるんですかねえ。

投稿: うに | 2005.08.15 06:14

たくさんの政治家を右往左往させた年金未納問題。
今度の落下傘候補者を守旧派が刺すとしたらこれくらいか?
でも、刺す方も刺され返されるから、口チャックだろう。
真紀子を刺しにやってくる魚沼の人なんて納めているのかな。
米国留学は納めなくて済む理由だけど。竹中さんもそうだけど。

投稿: sionoiri | 2005.08.15 06:52

前歴など問わずに、犯罪者であっても有能であれば、活用すべきでしょう。
(ここで、辻元氏が有能かどうは、判断する気はありませんが)
清潔で勤勉なバカほど、ウザいものは、ないと思いますけれど。

投稿: y-mat | 2005.08.15 08:09

>y-matさん
不潔で怠惰なバカはウザイどころじゃありませんよ。

投稿: 中村 | 2005.08.15 09:06

確か軍隊では、怠惰なバカより勤勉なバカの方が有害だ、てな話が
あったような・・・。

投稿: | 2005.08.15 09:47

↑フォン・ゼークトですな
怠惰で頭のいい奴を司令官に
勤勉で頭のいい奴を参謀に
怠惰でバカな奴を兵隊に
勤勉でバカな奴はさっさと軍からおいだせ
って奴ですね

投稿: ぐま | 2005.08.15 12:28

だいたい辻本は大甘な処分だったんだけどね。同じ罪に問われた国会議員はみんな実刑食らって塀の中に入ったわけで。辻本の場合、それこそ小泉の言う、涙は女のナントヤラのおかげで執行猶予。ま、その執行猶予中にまさか国政に立候補するとは裁判官でも予想できなかったろうけど。

投稿: | 2005.08.15 18:57

なぜ裁判で有罪になった方は公民権停止に
ならないのか?

投稿: | 2005.08.15 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 礼節無き隣国:

» ★ 韓国ネチズンのおこした政治革命レポート<1> 玄武岩『韓... [書評日記  パペッティア通信]
韓国で今、何がおきているのか。日本の保守系メディアに取り囲まれた環境では、全体像がみえてこない、韓国でおきている「民主化」運動のすべてがわかります。盧武鉉政権下の韓国で秘かにすすむ、政治の地殻変動を描く、迫真のレポートといえるでしょう。ぜひ買うべし!!...... [続きを読む]

受信: 2005.08.15 00:21

« 日本航空の現状 | トップページ | 命は鴻毛の如く軽し »