« 自己憐憫ショー | トップページ | 解散総選挙 »

2005.08.08

民族浄化のお先棒を稼ぐ朝日新聞

※ ブッダの仏画、ご開帳 中国・チベット自治区
http://www.asahi.com/international/update/0807/001.html

 これ、凄い記事ですよ。あんぐりしました。本文所か、写真のキャプションにまでしつこく「中国」の文字が躍っている。お前らそこまで北京に尻尾振ってどんな恩恵があるんだ? これは朝日新聞社の読者うんたら室とかに訴え出たら、連中はどう返事するんだろう。
 APの原文がどうなっているのか調べたんだけど、ちょっと探し出せなかった。
 朝日にとってはチベットのことなんてどうでも良いんだろうけれど、なんで? これは何処から見てもただの侵略行為ですよ。ソヴィエトが傀儡政権を立てたアフガンより、表向き政府が立ち上がって憲法制定しようという今のイラクより酷い侵略行為の舞台となつている。極めて一方的な問答無用の侵略と、虐殺行為が繰り広げられているのに、朝日は「中国のチベット」なんぞと書き散らかす。
 この連中には、本当に侵略戦争の反省があるのか?

※ 未明の東名で5人死傷 4台絡む追突事故
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050807-00000030-kyodo-soci

 先日、多摩川に掛かる246の橋の上でも、工事渋滞に突っ込み、タクシーが炎上、幸い客は乗っていなかったけれども、あっと言う間に燃え上がって運転手が焼け死ぬという事故がありました。
 この246上の事故に関しては、私は工事管理責任が問われるのではと思います。というのも、ここは、普段でももの凄くスピードが出る場所なんですよ。環八合流に伴うダラダラした渋滞をやっと抜けて、川の上ですから、視界も開けてドライバーがアクセルを踏み込む所で、こんな所で工事渋滞が発生したら何が起こるかは予見できそうなもの。

 高速上の追突事故とか、テクノロジーでどうにかならないものでしょうか? 全ての車両にドップラー・レーダーとトランスポンダを搭載させて、あらゆる渋滞をコンピュータで判断し、事故多発地帯や、車が流れていた時間と、渋滞の発生頻度、そして車間距離を計算した上で、自動的に警告を発したり、ブレーキを踏み込むような装置を作れば良い。言ってみれば、鉄道の制御システムに近いのかな。作れないことは無いと思うんですが。

※ 郵政国会

 さすがにこの時点では、もうひっくり返ることは無いんでしょうね。何か造反有理というか、ただ反対することが政治家として筋を通すこと……、みたいな雰囲気になっているのは残念ですが。
 私は以前書いたように、決議までこんなに日数があれば、説得するのは簡単だと思っていたんですよ。衆議院なら可能だったと思う。現にあっちは説得できた。やはり選挙が遠い参議院だからこそ説得できなかったということなのでしょうね。そういう部分では、参議院が良識の府としての筋を通せたということなのでしょう。まだ野党を口説くという裏コマンドが生きている可能性が全く無い訳ではないけれど、どうだろうなぁ……。
 ただ、郵便局さん、ちゃんと配ってくれ。 _| ̄|○ 先日も、土曜の午後に、近所の特定郵便局で、職員さんが郵便局の前にテーブル出して、記念切手とか売っているんですよ。私、正直、土曜の午後にわざわざそんなことやるような暇があったら、まず平日にきちんと郵便物を配ってくれないか? と言いたかったんだけど、特定郵便局の局員を相手にそれ言うのも気の毒だなと思って素通りしたんですけど。
 今のサービスの方向性って、明らかに間違ってますよ。まず基本業務をきちんと完遂できる体制を作って欲しい。

※ メルマガおまけ 友遠方より来たる

|

« 自己憐憫ショー | トップページ | 解散総選挙 »

コメント

>民族浄化のお先棒を稼ぐ朝日新聞
結局、中国や中国国民のことなど全く考えていないのでしょう。
ニュースになれば、ニュースが取れればよいだけ。
本当に中国のことを考えていれば、批判すべきは批判するでしょう。
そうでなければ、同じ失敗を繰り返す間抜け。

投稿: | 2005.08.08 10:26

>高速上の追突事故とか、テクノロジーでどうにかならないものでしょうか? 

そんなに大上段に構えなくてもホンダのミリ波レーダーを発展させれば何とかできますよ。
後は、ソフトと法規の問題。

↓現状のインスパイアでもこの程度はやれます。
「ミリ波レーダーで前方およそ100mにわたって車両を検知し,車間距離,相対度,予測した自車の進路などから追突の危険性を判断,警報音や体感警報により,ドライバーに認知や回避操作を促す。さらに,ドライバーの踏力不足を補うブレーキアシストと乗員拘束力を高めるシートベルト制御や,衝突前のブレーキ制御による速度低減などにより,衝突した場合の被害を軽減する。」

投稿: | 2005.08.08 10:45

紹介のあった、東名・二子玉川の橋の両方とも良くしっていますし、危険なので有名なところです。

二子多摩川の橋の事故は、報道だと上り線ということで、大石さんの「環八の抜けて」は下り線ですからちょっと事情は違います。
(下り線でも事故は多発してます)

上り線の事故は、危険運転致死傷罪制定に向かった、東名の用賀終点での二児焼死追突事故に交通状況的には極めて良く似ています。

渋滞の原因の多くは速度低下が次々と速度低下を呼んで、ついには止まってしまうというが渋滞であって、速度が落ちる場所は決まっているのです。

そして、用賀終点は首都高のゲートだし、二子玉川の246は環八との分流・合流とその先(都内)の交差点(用賀一丁目)の右折待ちが理由です。
東名の愛鷹パーキング先の左ベンドもしばしば速度が落ちる有名なところです。

これらを知っていると少しでも危険を避けようとするから、速度は落とすし車間距離も広げるといった運転をしますが、それは慣れているというかはっきり言えば平日の運転手で、連休などに家族連れが出てくると危険度が急上昇するのは仕方ないです。
わたしは休日や連休には車を運転しません。これも自己防衛ですわ。

テクノロジーとしては、カーナビに渋滞情報を送って警告する仕組みは実験しています。すでに渋滞情報の荒っぽいデータ(道路交通センターがラジオで放送してるデータ)はカーナビのコース決定に利用していますが、もっと細かいその場のデータを直前に送って警報するもので、首都高の代々木でやっていました。

それでも、自動減速として自動ブレーキはまだ無理かな?

投稿: 酔うぞ | 2005.08.08 12:13

>高速上の追突事故とか、テクノロジーで~
 高級国産車(セルシオ・シーマ・レジェンド等)や外国高級車には、ミリ波レーダーで車間距離を維持したり、減速・安全装置が働く等の機能が備わってます。
 まぁ、低価格の車にも追々おりてくる技術でしょうが、未だ先の話でしょうね・・・

投稿: 名無し二等空士 | 2005.08.08 13:35

この間のロシアの潜水艇、大石さん以上に興味を抱いてニュースを追っかけていましたが、無事全員救出されたようでなにより。時間との勝負だったので、気が気ではではありませんでした。

最初に現場に到着したのは米国のようでしたが結局切断に成功したのは英国のようでした。ビデオで見ると、最後に自力で浮上した瞬間が見えました。現在は紙面がシャトル一色です。

しかしスーパー・スコーピオというのはビデオで見るとでかいので吃驚しました。取り付けてあるカッターというのも半端なものじゃないですね。

どの程度の作業能力があるのかはっきりしませんが、日本もこれくらいのものは準備しないとマヅイんじゃないですか?魚網なんて至る所に落っこっているでしょ?それと要請を受けたのが遅いとは云え、船で現場に向かっても、ど~にもならなかったのではないかという気がしたのですが。

なにはともあれ、挙手の礼で帰還を報告した乗員の写真にホッと致しました。

投稿: ハマの住人 | 2005.08.08 14:01

同じ写真を使ったAP伝表記のある記事では、チャイナは何世紀もチベットを支配しているといっているが、チベットの人はずっと独立しているといっている云々という文も見えます。香港の新聞。

>>
China says it has ruled Tibet for centuries, but Tibetans say they were independent for much of that time. The leader of Tibetan Buddhism, the Dalai Lama, fled to India in 1959 during a failed uprising against Chinese rule.
<<
Tens of thousands flock to Lhasa 'Yogurt' Festiva
http://www.thestandard.com.hk/stdn/std/China/GH05Ad07.html

投稿: Soreda | 2005.08.08 14:05

>※ 郵政国会
やっぱりと言うか、否決されたそうです。

↓参考までに
<郵政法案>衆院本会議採決で造反した自民党議員一覧 (毎日新聞)
郵政民営化関連法案の衆院本会議採決で党議拘束に造反した自民党議員は次の通り。
※50音順、敬称略。( )数字は当選回数。カッコ内は選挙区または比例ブロック)

■法案に反対
 《旧橋本派16人》
今村雅弘(3)(佐賀2区)
小泉龍司(2)(埼玉11区)
小西理(2)(近畿)
滝実(3)(近畿)
津島恭一(2)(東北)
野呂田芳成(7)(秋田2区)
藤井孝男(4)(岐阜4区)
古川禎久(1)(宮崎3区)
保坂武(2)(山梨3区)
保利耕輔(9)(佐賀3区)
松下忠洋(4)(九州)
村井仁(6)(北陸信越)
森岡正宏(2)(近畿)
森山裕(1)(鹿児島5区)
八代英太(3)(東京)
綿貫民輔(12)(富山3区)
 
《森派1人》
城内実(1)(静岡7区)
 
《堀内派3人》
左藤章(2)(大阪2区)
田中英夫(1)(京都4区)
堀内光雄(9)(山梨2区)
 
《亀井派12人》
青山丘(9)(東海)
衛藤晟一(4)(九州)
江藤拓(1)(宮崎2区)
亀井静香(9)(広島6区)
川上義博(1)(鳥取2区)
小林興起(4)(東京10区)
武田良太(1)(福岡11区)
能勢和子(2)(中国)
平沼赳夫(8)(岡山3区)
古屋圭司(5)(岐阜5区)
松宮勲(2)(福井1区)
山下貴史(1)(北海道)
 《山崎派1人
自見庄三郎(7)(福岡10区)
 
《河野グループ1人》
亀井久興(4)(中国)
 
《無派閥3人》
熊代昭彦(4)(岡山2区)
野田聖子(4)(岐阜1区)
山口俊一(5)(徳島2区)

■欠席・棄権
《旧橋本派3人》
小渕優子(2)(群馬5区)
佐藤信二(8)(中国)
斉藤斗志二(6)(東海)
 
《森派1人》
中村正三郎(9)(南関東)

《堀内派5人》
北村直人(6)(北海道7区)
古賀誠(8)(福岡7区)
近藤基彦(2)(新潟2区)
福井照(2)(高知1区)
望月義夫(3)(静岡4区)
 
《亀井派1人》
柳本卓治(4)(近畿)

《山崎派2人》
野田毅(11)(九州)
渡辺具能(3)(福岡4区)
 
《高村派1人》
高村正彦(8)(山口1区)
 
《無派閥1人》
梶山弘志(2)(茨城4区)

投稿: | 2005.08.08 15:19

>東名事故 
 今回の場合、前方の事故渋滞だったようです。
バイクと自動車だったとか。
 場所がいつもと違うので、虚を突かれたのかも知れないですね。
まあ、時期的に、予測してしかるべしとは思いますが・・・。
 以前、大石先生も指摘されていた、長距離トラックドライバーを取り上げたNHK特集の、暗澹たる内容を思うと、一般車に比較して、遙かに過酷な状況にあるトラックドライバーにはやはり、サポートシステムが必要だと思います。
 ブレーキなどだと、法規上いろいろありそうなので、手っ取り早く警報装置の義務化は、技術的には可能なんじゃないでしょうか。
 場合によっては、作動回数による罰則も必要かもしれない。

 それにしても、流通関係の仕事はどこも過酷なようです。
 バイトでよく話すトラックドライバーの方など、10日に1回しか休みがない。親会社の経費削減の中、社会保障関係の経費から、会社は人を増やせない。悪条件で人がどんどんやめる、どんどん酷くなる。(行き場を探す気力のない人だけが残る。)
 

投稿: nanasi | 2005.08.08 17:46

 朝日出身の朝日最大の敵、稲垣武氏によると、最近の落ち目ぶりに朝日社内でもとみに守旧化が進んでいるようです。
 世間がどんどんアカピーの正体に気づき、裸の王様になっているといることは、築地でも分っていないわけじゃないけど、今更路線修正しようとしても既にまともな読者層は産経・読売の読者だし、貴重な固定読者であるプロ市民を喪失するだけ。かといって、従来の路線を継続すれば、ブサヨク以外の読者層を開拓しようとして見事に失敗、元からの読者にも見捨てられて廃刊となったアサヒジャーナルと同様の運命が待っている。
 こういう状況では、得てして選択されるのは自己変革ではなく、殻に閉じこもるカタツムリになることです。今後も、アカピーの路線はより狂信化することはあっても、まともになる可能性は極めて低いでしょう。総統官邸で、死守命令を連発するヒトラーのそっくりさんになるだけです。私には、その方が面白いですけどね。

投稿: 土門見人 | 2005.08.08 20:06

 うーん、他の連中はともかく、比例代表で当選した連中が党の公約を踏みにじるのは納得いきません。康夫ちゃんのほうが直接選挙の洗礼を浴びてるだけまだしもマシです。

投稿: 大阪民国人 | 2005.08.08 21:39

長野の将軍様は、己の公約を踏みにじってますけどね。二人置く、とか言ってた副知事は、前職が辞めた後一人もいないままだし。
郵政改革は確かに自民党の(小泉の?)公約かもしれないけど、肝心なのは中身ですよね。民営化すればそれでOK、公約を果たした、ってことになる訳ではないハズ。
反対派の主張が正論、ていう訳じゃないけど、今回のドタバタ、純ちゃんもついにヤスオの域まで落ちてきたか・・・と思ったのは私だけでしょうか。

投稿: ya-mana | 2005.08.08 22:37

はじめまして、作品・メルマガとも愛読しており、S・SAGの続編を期待している者です。
件の記事、ちょっと気になったので、朝日新聞社の広報部に問合わせてみました。
なぜ『中国。チベット自治区』との表記なのかには、当初は「実効支配しているのは中国だから尊重したのでは?」と答え、御社は武力による侵攻を正当と認めるのか?と聞いたところ、「朝日新聞社の立場はどちらに組せず、過去にも両者の言い分を報道してきた」との答えで、途中から最初の問いには「当該部局に指摘された点を伝える」とのことでした。ちなみにアメリカ・イラクの関係と報道スタンスがあまりにも違うが…との指摘にも「当該部局に伝えます」だけでした。
また、「AP配信なので加工できない。APに聞いてはいかがか?」との答えももらいましたが、配信記事でも掲載した以上、責任は全面的にあるのでは?と聞いたところ、(やや渋り気味で)認めてました。
ちなみに、やや官僚的ではあるものの、全体的に応対は丁寧で、『この季節に、武力侵攻を認めるかのような報道はいかがなものか』と聞いたら「そう来ましたか」と苦笑いをしてました。
上の方にあるAP電についてのコメントも読まずに思いつくままに電話したため、あまり上手に問合わせることができませんでしたが、「面倒でも、やはり疑問などは指摘した方がイイのでは」というのが率直な感想です。“話せば判る”とまでは思いませんが、何がしかの変化に繋がるのではないでしょうか……

投稿: わんすけ | 2005.08.08 22:40

あまりこういうことを書きたくないんだけどさ…

通信社配信記事は、校閲の手が及ばないので、何回たっても「同じことが繰りかえされる、ということくらい分かるべきなんですけどね。
土門さんのいう朝日の宿敵【笑】稲垣武は、整理部長か校閲部長やってたくせに、ぜったい肝心なことを書かないからなあ。

こういう純粋に、「動物」的かつ、「機械的」(官僚的ともいえる)に処理される「事象」の裏側に、なにか「人間的」なもの、「本質的」なものを見出す心性というものは、たいてい

「トンでも」

になるので注意された方がいいとおもいますよ。

投稿: 春秋子 | 2005.08.08 23:06

 ya-manaさん、康夫ちゃんに投票したのは有権者が康夫ちゃん個人をまず信用したからで、その一点で言えば康夫がなにしてもそれは選んだ長野県民の落ち度でしょう。そりゃ比例区だって同じ論理で反駁できなくは無いが、比例区投票は政党への信任投票に近いのだから、比例選出議員が党公約をないがしろにするのは無茶でしょ。
 民営化すればそれでOKではないというのは判りますが、それをして民営化反対を自民所属の議員が言うのは論拠が弱すぎますわな(w

投稿: 大阪民国人 | 2005.08.08 23:47

そんな事より中国でエボラですよ。すでにアウトブレークって話しもでてます。

米国前情報官:中共軍部による生物化学兵器実験と四川ブタ連鎖球菌伝染病
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/08/html/d11338.html

投稿: ぽ | 2005.08.08 23:56

大阪民国人 さま

比例区といえども候補者の個人名も記入できるようになっていますし、集票マシンとしてタレントを担ぎ出して名簿上位に据えている現状で果たして有権者が「政党を信任して投票」しているといえるのか、甚だ疑問ではあります。
それに、私が異を唱えたのは、既得権益を守るために民営化丸ごと反対、っていう議員は確かに批判を浴びても仕方ないかもしれないけれど、今回の民営化法案はおかしい、もっと中身をよく検討すべきだ、と言っている議員まで党議拘束をかけるのは議会制民主主義の理念に照らしてもおかしいのでは?という観点からなのですよ。
だから、反対派議員の方に正義がある、なんて思っちゃいないのですが、小泉さんの方に理があるとも思えない。片や党の公約を否定する議員に、片や議会制民主主義の制度の根幹を否定するような発言をする首相(&知事)。
どっちもレベルが低いな、って話で。

投稿: ya-mana | 2005.08.09 00:34

チベットの記事、↑↑の件が広まらないためのフカシ記事……というのは穿ちすぎか(w
WHOがアウトブレーク宣言しているのに、国内メディアがほとんど報じていないのが不気味です。 
奇しくも参院解散で、中国疫病関連のニュースはうずもれ、次に話題になるのは国内で感染者が出てから……(~_~ )

投稿: | 2005.08.09 01:35

ya-manaさん

議会制民主主義の理念を言うなら、本場イギリスでは党議拘束によって鉄の規律を維持してますよね。政党政治の原則から言えば今までが緩すぎただけでは?小泉首相は本来想定されていた議会政治のあり方に則った手法を採っているだけに思えます。

投稿: | 2005.08.09 01:49

>朝日の宿敵【笑】稲垣武は、整理部長か校閲部長やってたくせに、ぜったい肝心なことを書かないからなあ。

 稲垣氏は、整理部員を経て、週刊朝日の副編集長で退社のはずです。ところで、稲垣氏が隠している「肝心なこと」というのは何を指すのでしょうか。私は幾度か稲垣氏の講演を聴きましたが、彼ほど社内事情と内部情報に裏書された辛らつな朝日批判を展開している人物はいないと思いますが。

投稿: 土門見人 | 2005.08.09 22:50

>ところで、稲垣氏が隠している「肝心なこと」というのは何を指すのでしょうか。

この場合、新聞記事の基本的なでき方の流れを土門さんたちに教えることなく、確認不能な「内部情報」をかくことで、朝日新聞どころか新聞メディアそのものを誤解させてしまうことですが…

校閲が手を出せない「AP(共同でもおなじ)配信記事」から、朝日の内部事情(これも検証不能なソース)から「戦略」までうんぬんするのは、ひとことでいえば

トンでも

に類するものでは?前提のAP記事論自体がおかしいのですから。

だから、稲垣は肝心なことを書かないともうしあげたのです。

投稿: 春秋子 | 2005.08.10 00:04

大阪民国人 さま

言葉が足りませんでした。

~それに(8日 午後 10時37分のコメントで)私が異を唱えたのは~
~片や(参院で否決されたことを理由に衆院を解散するなど)議会制民主主義の制度の根幹を否定するような発言(及び行動)をする首相~

9日 午前 12時34分 のコメントに、( )部分を追加させて下さい。小泉さんに突っ込みたいところはままあるのですが、制度を否定してるダロ、と突っ込みたいのは衆院では通過したのに参院での不通過を理由に衆院を解散したところ。党の公約に反対する比例代表議員と五十歩百歩だと思いませんか?

投稿: ya-mana | 2005.08.10 00:50

ya-mana さん

 えと名無しさんに対してのレスの誤爆でしょうか。
 さて、参院の解散ができず、知事選のように首相公選が行える訳でも無い現憲法下で、どうやったら国民に信を問えるのか教えてください。このあたりの事情が我々国民にも透けて見えるから解散前から衆院解散について国民世論は肯定的であったと思うのですけど。
 逆に言うと解散の危機に晒されない参院の影響力が大きすぎるのが問題ですね。この辺りなんとかしないと仮に政権交代が実現しても厄介なことになりそうです。
 たとえば日経がいうように参院否決後も衆院で再度過半数を得れば法案成立と改善されていたならば、今回のケースの様な衆院解散は暴挙扱いされたかもしれません。

投稿: 大阪民国人 | 2005.08.10 05:08

「憲法改革の政治学」「日本の選挙」(加藤秀治郎)に、党議拘束の是非、参議院改革の問題は掲載されています。かいつまんで述べると、
・議院内閣制では党議拘束は必要不可欠。また、議会の存在意義は安定政権の創出であって、法案修正や作成は二義的なものに過ぎない。選挙民の意思を法案に変換することを議会の役割と考えるのは、大統領制と議院内閣制を混同した誤解である
・参議院は必要以上に権力が強すぎる。議員構成が衆院のカーボンコピーなら同じ議決しかしないから不要だが、コピーでなくなると法案が通らず国政が停滞する。参院を「再考を促す」院としたいなら、英国上院のように権力を弱めるべきである。それであってこそ、衆院とはまったく異なる議員構成が可能となる。

投稿: Inoue | 2005.08.10 06:37

 今月の中央公論に政治学者の竹中治堅氏が政党規律の厳格化や強すぎる参議院の問題に関連した論文を寄せているようです。
http://www.chuko.co.jp/koron/

 立ち読みした内容の中で関係のありそうな部分を掻い摘んで記すと、日本政治は省庁再編と小選挙区制導入を経て「2001年体制」とでも言うべき新しい段階を迎えている。この体制下では首相・党執行部のリーダーシップのもと政党の凝集性が高まり派閥の影響力は衰えた。また89年参院選以来、法案成立・政権安定化のために参議院の重要性が明確に高まり、郵政民営化法案の採決結果によっては参議院の権限に関する問題がクローズアップされるであろう、という感じです。

投稿: 上でレスした名無しです | 2005.08.11 00:36

大阪民国人 さん、 誤爆でしたね、大変失礼しました。

直接選挙で選ばれ、ある意味大統領に近い権限を持つ知事の暴走を議会が抑える、そういう局面を見続けたために、国政もそういう見方をしてしまうきらいが私にはあるかもしれません。
只、逆に言えば我々は小泉さんを直接選挙で首相に選んだ訳ではないし、郵政民営化は小泉さんの公約の一つではあったかもしれないけれど、それが自民党が選挙で支持された理由の全てではないし、民営化の中身が始めから明らかにされていた訳でもない。
「既得権益をぶっ潰す」(自民党をぶっ壊す)ところまでは公約通りだったとしても、その後に来るものが公平で国民のためになるものなのか、単に、既存の権益に別のものがとって替わるだけなのか?
消費税が導入されたとき、国民の多くは中曽根大勲位に騙された、とお怒りでしたが、正直、私はあのときと今と状況が重なって見えて仕方ないんですね・・・。

投稿: ya-mana | 2005.08.11 00:36

↑消費税が導入されない方が良いとでも???

投稿: | 2005.08.11 08:26

消費税にも一長一短がある訳で、別に全面否定はしませんよ。只、中曽根大勲位は大型間接税の必要性を国民に説明し、理解を得ることを放棄し、「国民や与党の多くが反対するような大型間接税はやらない」と仰って、負担増には何でも反対、の愚かな国民は、どのような税制がベストなのか深く考えもせず、あっさりとその言葉に騙されたんですね。
郵貯・簡保の現行制度は非常に大きな問題を抱えており、郵便事業も現行どおり続けるならそのコストは国民が負担しなければならない。だから、郵政改革は必要、という議論は否定しません。しかし、今回否決された法案が唯一無二の選択肢で、それに反対するものは全て既得権益にすがる抵抗勢力だ、というそれこそ田中康夫お得意の勧善懲悪単純化、二項対立的なものの見方はしたくない、それだけのことです。

投稿: ya-mana | 2005.08.12 01:00

ya-manaさん。なにやら不信感を抱いておられる根拠が二転三転しておられますが、とにかく小泉が不愉快で理屈は後からついてきているということでしょうか。感情論であれば仕方ないので矛をおさめますけど。
ちなみに貴方が今回書いた内容に沿うように政治を進めると誰の反対も受けない当たり障りの無いことしか出来ず、深刻な問題はすべて先送りになってしまいます。そんなつもりは無いと仰るかもしれませんが、ご意見は典型的な総論賛成各論反対ですよ。それでは何も進みません。それに「真に郵政民営化に対して国民が支持したわけではない」という趣旨の反論は「だから今回解散して白黒はっきりつけよう」っていう私のような小泉信者(wの反撃にどう答えるつもりなんでしょう。
 今回の選択肢が唯一の選択肢云々に至っては、かつての社会党の主張と大して変わりありません。もっと良い現実的な対案があるのなら民主党にしろ造反勢力にしろさっさと提案するべきでしょう。

投稿: 大阪民国人 | 2005.08.12 17:27

えと、大阪民国人さま、
私が小泉さんに不信感を持ってるのは事実ですし、民主や造反勢力が対案を出すべき、というご意見もごもっともです。
只、国政の課題は郵政だけではないし、選挙をやるにも金がかかって、その負担は結局国民が負うのだから、安易に解散すればいいというものでもないと思います。また、郵政改革が必要ならなおのこと、その中身の審議には充分時間をつくすべきであろう、といいたいだけですので、そんな悠長な時間はないよ、と言われてしまえば、返す言葉はございません。
あと、↑で消費税の導入云々についてコメントを下さった方、当時レコードマニアであった私の家計には、消費税の導入、蔵出し税の廃止はむしろ有難かったので、「レコードにもカセットテープにも税がかかる」なんて、反消費税キャンペーンを張ろうとした連中に対する不信感が、>11日 午前 12時36分・12日 午前 01時00分 のコメントにつながったとご理解ください。
暑さのせいか、いささか推敲が足りず、思い付きを口にしすぎたとの自覚はございますので、頭を冷やして出直します。

投稿: ya-mana | 2005.08.13 03:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民族浄化のお先棒を稼ぐ朝日新聞:

» 郵政は一休み。。 [ikeday1な日々]
脱力した。。郵政民営化を反対して衆議院を解散させた自民党反対派と称する国賊どもに。。脱力した。。小泉総理にとってみれば、あとちょっとのところだったのにと残念で仕方ないだろう。小泉総理はずいぶん前から、総理になるぞっと前から郵政民営化をやるために頑張ってきた。総裁選もそれで勝ったし、衆議院選挙もこれを掲げて勝ってきた。こんなリーダーがいただろうか?ある仕事を目標に、何十年も頑張る。すばらしいリーダーシップだ。それに比べればこれまでの首相たちはいったい何をやってきたのか?日本独立を勝ち取った吉田総理、対... [続きを読む]

受信: 2005.08.08 20:16

« 自己憐憫ショー | トップページ | 解散総選挙 »