« 綿貫を落とせ! | トップページ | 礼節無き隣国 »

2005.08.13

日本航空の現状

 昨日は、TBS、CX、NHKと20年前の日航機墜落事故の特集を放映していて、ひとまずビデオには撮ったけれど、ちょっと辛かったですよね。TBSの竹中直人、演技が硬すぎ。あのビデオをいずれ消化しなければならないと思うと辛いです。

 事故原因は、結局解らなかったわけですね。日本の事故調というのは、予算は全く不十分だし、体制も決して大きくないですから、表現は悪いけれど、戦時中の軍部と一緒ですよ。失敗した作戦の原因解明や責任じゃなく、落とし所を付けるための事実解明だったりする。
 過去のジェット導入期前後に頻発した事故解明に関しても、納得できない部分は多々あった。けれど、この事故ほど、関係者が首を傾げたままクローズされた事故も珍しい。
 墜落という最終段階に至るまで、インシデントの出発点というのは、数万あるわけです。圧力隔壁の破壊は、中でも有力な出発点だけれど、それを原因として納得するには、疑問点があまりにも多すぎる。
 エンジニアは、その起点となる原因をひょっとしたら数十万件想定出来るかも知れない。そこからフローチャートを引いて、あるいはあみだくじのように、一つ一つポイントを削って結論を導く作業に挑んだけれど、残念ながら、当事者関係者がまま納得を得られる結論を導くことが出来た人間は一人もいない。
 良いところまで迫った専門家は何人もいるけれど、どうしても埋まらないピースがあって、それはとてつもなく大きいわけです。もう埋めようが無い。
 これが同じく巨大技術の原発なら、ことは物理学の話であって、材料工学の話であるけれど、飛行機の場合は、自然も絡んでくる。そこはまだまだ未知の世界です。

 私は、いずれ日航機がまた墜ちる、という警句には与しません。なぜなら、余所も似たりよったりだから。それに幸いにして、今の旅客機のフェイルセーフ機能は格段に向上しました。それでも墜ちる時は墜ちるけれど。
 しばしば、旅客機による死亡確率は自動車のそれと比較されます。旅客機は安全になりました。それでも私は、海上を飛ぶのは怖いです。私が滅多に北米に行かないのは、洋上飛行が嫌いだからです。グアムですら冷や汗ものです。

 日航の今の状況に関して私が危惧していることは、責任の不在です。それは何かというと、例えば機体自体が、もうほとんどが日航の所有では無いわけです。リースだから、古くなれば契約解除すれば良い。昔みたいに、海外に売る時に、日本のエアラインの旅客機はメンテが良いから、余所より高いよ、なんて話は全く聞かなくなった。それだけ愛着も湧かないですよ。
 しかも、分業化が進み、子会社がやたら増えた(ジャルウェイズって何だよ、それ?)。そうすると、責任を負うのは、個人では無いんです。どこそこセクションの何某課長が責任を負うんじゃない。たとえば何かの整備を地方空港で請け負っている子会社が、法人として、日航に責任を負うわけです。そういう歪な関係に、個人の責任感やプライドを期待するのは無理ですよ。
 軍隊は、何だかんだ言ってもファミリーです。パイロットを除けば、給料も似たようものだし、同じ職場で同じ制服を着て同じ釜の飯を喰う。
 今の日航は、とてもファミリー企業なんて呼べない。ワン・ファミリーなんてとても言えないでしょう。それぞれの子会社が、どれだけコスト削減に貢献するか血道を上げている。そこの幹部は、あわよくば親会社へ帰ろうと、そればかり考えている。自分たちは命を運んでいる、というとてつもない責任感を再度思い出して欲しい。
 新生児が母親のシャツのボタンを掌の中にぎゅっと握りしめて死んでいた。回収されたフィルムからは、父子でお風呂に入るシーンが辛うじて現像出来たけれど、一人息子と生まれたばかりの孫を一挙に失った老婆は、孤独な20年を過ごしてなお一人で老いていくしかない。20年前、あの山肌で亡くなった乗客の一人一人が、家族にとって、掛け替えのない存在だったということを、今一度経営陣に自覚して欲しいです。

※ 引き返しのジャルウェイズ機から部品落下? 福岡
http://www.asahi.com/national/update/0812/SEB200508120007.html

 離陸直後ということを考えるとFODの可能性が高いですが、今朝のNHKニュースでは、日航は「内部からの破壊」だろうと、公表しているんですよね。昨日、NHKが撮ったという生映像を見損ねたものですから、今朝6時のニュースを予約録画して見たのですが、爆発の直後とかじゃなく、爆発の前から追っているんですよね。無茶苦茶貴重な映像です。いやあれは乗っている側としては阿鼻叫喚ですよね。

※ 田中知事から「元幹部を悪く言う人もいるが、そんなに悪い人ではない。下水道のことは彼に相談するといい」毎日

 笑っちゃうよねぇ(~_~;)。今じゃ知事本人が、ボロクソに当人を罵っているんだから。
 昨日の証言では、「究極のボランティア」と称して公社運営に首を突っ込んでいた業者が、自分の思うように入札制度を変えて、その途端に入札して落札したという話も飛び出たりしたのですが、この業者自身は、えげつない話ではあれど、業者自身を何かの罪に問えるかというと、対公社では難しいんですよ。少なくとも公社の側に、業者からの「働きかけ」を聞かなければならない義務は無かったわけですから。業者が公社の役人を買収したわけでも、たぶん無い。となると、これを本筋で行くには、業者と知事の関係を解き明かさなければならない。
 ここでひとつ注目すべきは、昨日の証言では、この業者が公社を訪ねてきたのは、最初の知事選の翌月とある。となると、この業者は、出直し知事選でも一生懸命、知事に無報酬で奉公したわけです。ちょっと無理筋ではあれど、こういう行為を、例えば秘書の派遣や車や事務所の提供と同じく類することは出来る。それで、この業者が知事方に物品の供与を持って貢献した事例がどこかにあるかも知れない。たとえば選挙の時に、事務所を貸してあげたとか。
 これはエビデンスになるわけですね。そこで金銭関係が生じるわけですから。どこかに証拠が残っている。単に私設秘書(こういう人は施設秘書だよね(~_~;))の名刺を持っていましたとかじゃなく。
 これを本筋、あるいは抑えとするなら、今後は、そういう情報を集める必要があるでしょう。

※ 多摩川の園児水死 保育士2人書類送検へ 「危険の認識はあった」
http://www.sankei.co.jp/news/morning/12na1002.htm

 昨日のテレビで、園児が実際に水に墜ちた場所が映っていました。田園都市線の電車の中から良く見えるし、長男が生まれた頃は、あの公園で結構遊びました。ただ、あの場所は子供が近づいてはいけない場所です。足場は不安定だし、公園が川の中程にせり出しているせいで、あそこだけ流れが急になる。あそこでなくても、水遊びできる場所は、公園の安全なエリアにきちんとあるんですよ。なぜそこで遊ばせずに、あんな危ない所に園児の集団を連れて行ったのか理解に苦しむ。
 先日の、棚でかくれんぼして脱水症状で死んだ事故もそうだけど、園内にああいう死角があっちゃいかんですよ。ああいう所で働く人は、一週間ぐらい消防署で合宿させて、リスク・マネージメントの研修をきっちり受けさせるべきではなかろうか。

※ 「まんが日本昔ばなし」ゴールデン復活
http://www.asahi.com/culture/nikkan/NIK200508120013.html

 うちは7時のNHKニュースの視聴習慣を付けようと頑張っているんだが、教育テレビが結構良いのを放映するんですよね。いずれにしても、これは嬉しいニュースです。本来ならNHKがやるべきことだけどなぁ。

※ 杉田かおるさん離婚「信頼関係築けなかった」

 やっぱりセレブ~はこうでなきゃねぇ。セレブ~界の鑑だ。

 金曜深夜、凄まじい雷鳴。40ん年生きていて、あんなに凄まじい雷を初めて体験した。雨はたいしたこと無かったんですよね。あまりに凄まじいものだから、パソコンの電源を落とした。電話が無事だと良いけれど。東急のCATVは、一部地域でダウンしたらしい。

※ メルマガおまけ LOST

|

« 綿貫を落とせ! | トップページ | 礼節無き隣国 »

コメント

>※ 多摩川の園児水死

報道によれば、ちゃんと下見をしていて安全な場所で遊ばせることを決めていたんですな。
ところが、いざ現場に到着すると園児があの場所で遊びはじめてしまった。ここで妥協し原則放棄、事故発生。

>NHK
>>福岡―ホノルル便は、赤字のため10月から運休する予定で、この話題をたまたま福岡空港で取材していたカメラマンが撮影したという。<

奥尻島の地震、津波の時といい、どこにでもいるみなさまのNHK。

投稿: | 2005.08.13 11:25

>この業者が知事方に物品の供与を持って貢献した事例がどこかにあるかも知れない。たとえば選挙の時に、事務所を貸してあげたとか。

初登庁の時、クルマを運転していたのがこの事務局長であると、将軍様自ら知事会見で認めていますね。

>これを本筋、あるいは抑えとするなら、

本筋は*****罪でしょう。そこに至るためには、業者の働きかけを記録した文書が「私的なメモ」ではなく「公文書」であること(あたりまえじゃ!)をがっちり論証する必要があります。いまは裾野をかためているのです。

投稿: | 2005.08.13 11:48

僕は研修で都合一ヶ月保育園で現場に立ったんだけど、保育園の日課で外出というのは大変重要な活動であると同時に、もっとも事故の起こりやすい時間帯でもあるのはよく判りました。30名近い園児を二人の保育士の引率で出掛けるのが日常化し、園児との関係も構築されていると、得てして園児の限界を知っているという油断が、思いもしない園児の行動に驚かされる気がする。今回の事故の責任が保育士にあるのは当然で、教職というのはそういう責任感を背負っている仕事で端から見るほどお気楽でも綺麗でもないのだけど、馴れないという関係は口で言うほど簡単じゃない。それは年端もいかない園児でも同じ。小さくても自分の判断で行動する相手をまとめるのが難しいのはお父さんやお母さんをしている方なら頷かれるのでは。プロでも難しいモノは難しい。子を持つ皆さん、常に危険予知を怠らないようにお願いします。口うるさいのを嫌がられるのは恐れずに。

投稿: 孔子 | 2005.08.13 11:52

こないだの、↓の『NAVER』での、“独島は我が領土”プラカード・スナップ写真ですが、

http://bbs.enjoykorea.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_17&nid=29200&work=list&st=&sw=&cp=1

防衛庁が抗議したそうです(↓

「独島は韓国領」と記念撮影=韓国兵が陸自隊員と-サイトに掲載、防衛庁抗議
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050813-00000036-jij-pol

投稿: truely_false | 2005.08.13 13:21

>TBSの竹中直人、演技が硬すぎ。あのビデオをいずれ消化しなければならないと思うと辛いです。

わたしも途中まで見ていたのだけど、竹中直人の演技があまりに「うるさい」感じなのでチャンネル変えました。気合入れてすごめばいいってもんじゃないのにねえ。

投稿: | 2005.08.13 14:08

 どうやら、FODではなさそうですね。

JAL系機の部品落下、エンジンに問題か
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050813it05.htm

投稿: 五月原清隆 | 2005.08.13 14:09

JAL機のエンジン部品落下事故は以前にもあり、
DC-10では2001年6月の名古屋。
B747では2000年9月のジャカルタ。
があります。

投稿: | 2005.08.13 14:37

 セレブがどうのこうのというよか、
男:(一応女優という)ネームバリュー
女:金持ち(という浅ましい期待)
 というお互いの打算が、もろくも短期間で崩れ去ったということでせう。庶民にも成田離婚が珍しくない時代、両方に人を見る目がなさ杉田(笑える誤変換)ところだけに原因があるような……

 他人の不幸は蜜の味。

投稿: 土門見人 | 2005.08.13 17:06

>奇ッ怪ニッポン8月4日号
>・・・一時審議が中断した際も、当の本人は脂(やに)下がった表情で愉快犯としての自分を愉しんでいます。 早い話が、XXは香具師(やし)なのです。念の為に解説を加えれば、縁日の際に露店を出して興行したり物販したり、更には露天商の場所割りをも仕切る“的屋(てきや)”が香具師。XXには、“如何(いかが)わしき三百代言”こそ相応(ふさわ)しい肩書なのではありますまいか。
http://gendai.net/contents.asp?c=025&id=20830

いやあ、自分をヤッシーと称している御仁が書く文章として最高すね。
あ、原文ではXXは「田中」ではなく「小泉」です。

投稿: | 2005.08.13 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本航空の現状:

» よりによって「その日」に [薄唇短舌]
JALの子会社JALWAYSの福岡発ホノルル行きのDC10型機が、離陸直後にエン [続きを読む]

受信: 2005.08.13 14:44

« 綿貫を落とせ! | トップページ | 礼節無き隣国 »