« 村上ファンドのあり方 | トップページ | ベースボール »

2005.09.29

郵便局、やれば出来る

※ 知事、松本歯科大客員教授に
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news006.htm

 凄いぞ! 康夫。ここまで来たからにはギネスを目指せ! 史上最高にバイトに時間を割いて且つ稼ぎを上げた地方自治体首長のワールドレコードを打ち立てろ。大丈夫だ。長野県民は寛容で我慢強いから、どんなに羽目外しても許してくれる。いや、無視してくれる。それと、文科省は松本歯科大への助成金を全部切って良いよ。大学の名に値しないから。

 所で、長野県民所得に関するデータですが、何件か教えて貰っているのですが、どうも最近の数字が無いみたいですね。そういのはまだ出ないんだろうか。

※ 知事「来年度から減税」答弁 税目など幅広く検討
http://www.shinmai.co.jp/news/20050929/KT050928ATI090022000022.htm

 地方自治法に照らしてどうこうという問題はあるにせよ、やろうと思えば出来るわけですよ。高校の学区編成で郡部の高校を廃校にして23億円、教育予算を浮かし、必要な事業を先送りすれば減税なんていつでも出来る。現にアメリカではそういう極端なことをやるわけですね。それでくるくる行政が変わる。ただそれが日本で受けるのか? ということと、田中康夫がそれをやって県民が支持するのか? ということ。
 田中が支持率を回復させるための手段として減税を言いだし、その目的を果たすために郡部の高校を潰すという選択がなされた時に、どうせ減税額なんてしれているだろうから、さて県民は、減税の実感は湧かない(そもそも国税は上がる一方だから、たちまちその中に埋もれることになる)、学校は消えて無くなる。道路はひび割れたままで、そのひび割れた道路に高価で場違いな木製ガードレールが出来る。しかも当然田中の支持率なんて上がりはしない。彼が東京のマスゴミで、田中康夫は借金返済ばかりか、減税までやってのけた! と宣伝する材料に使われるだけ。田中以外の一体誰が幸福になる計画なんでしょう。あ、勝つぁんのヨイショネタがもう一つ増えるか

※ 凄いぞ! 郵便局

 以前、郵便物の配達がガタガタになったことを報告しましたが、最近凄いんですよ。今週なんか、ずっと11時前にはもう郵便物が届いている。こんなことはここ半年無かったことですね。やれば出来るじゃん! 高津郵便局。
 あとは郵便ポストの集配を改善して欲しい。たとえば、高津管内。日曜は、最後の集配が朝10時台です。午後は無い。いわゆる本局でも速達以外はそうですね。
 平日も、郵便ポストは16時、一番遅いところで17時、もちろん特定郵便局の窓口は18時で閉まる。本局で20時辺りかな。でも、東京23区内だと、23時頃、集配するポストとかあるとかで、これ本当の話だろうかと疑問なのですが。
 で、これが横浜郊外の女房の実家辺りになると、川崎より更に集配時間がタイトになる。
 ユニバーサル・サービスを謳うからには、もう少し改善して欲しいですね。だって人口密度等を考えると、23区の一戸建て中心の住宅地より、マンション林立のうちの近所の方が人口密度も高ければ、取扱量も多いだろうと思える部分は現にあるわけですから。

 郵政民営化の話の中で、三事業の内、郵便事業は国営のままで良いじゃないか? という議論があって、私もそう思うんですけれど、これやろうとすると、そもそもが赤字の郵便事業の職員、何万人になるか解らないけれど、その人件費を国費で賄うことになるんですよね。もしそれを残すとしたら、何処かで、今後とも郵政2事業の儲けを郵便事業に環流させるという仕組みを残すしか無いけれど、それじゃ民営化にはならない。

 いずれにしても、郵便局だってやれば出来るんだから。結局、国民が郵政民営化を飲んでしまった理由は、郵便事業に於けるサービス改善の実感を、ここ数年間国民が実感できなかったからですよね。宅配と同じなら、民営化すべきだろう、と都会人は判断した。

※ 2被告に死刑判決、6件で殺人罪認定 北九州監禁殺害
http://www.asahi.com/national/update/0928/SEB200509280002.html

 昨夕から民放テレビは、さかんにこの事件を振り返る特集を流していたけれど、ことごく早送りでスキップした。あまりにも凄惨過ぎる。オウムのリンチも相当に凄惨だったけれど、この二人の凄惨さには及ばないのではなかろうか。

※ 米給油部隊いよいよ鹿屋へ

 昨夜のNEWS23で放映していました。まだ本決まりでは無く、米側は鹿屋展開に固執しているということらしい。日本政府は岩国を提案したらしいが、沖縄から遠すぎるということで却下。本音は朝鮮半島に近すぎるからでしょう。
 とにかく鹿屋基地というのは、面積拡大の一途を辿っていまして、これひょっとして戦時中の基地面積を越えたんじゃなかろうか、と思わせるほど広がっている。
 一応、名目上は、騒音対策の買い上げということになっているんですけれど。米ソ冷戦の最中でも、部隊の新設や誘致合戦はあっても、既存の基地面積がこんなに拡大を続けるなんてことはあまり無かったように思うのですが。
 結局、戦後どこでも基地の周辺のフェンスに沿って民家が広がったせいで、広げようにも広げられない現実というのがあって、それにいくら過疎化が進んでいると言っても、鹿屋の場合は、周辺からの流入があって人口は横ばい傾向。ただ農業人口は減りますから、鹿屋基地の場合、基地の北側は斜面、東側はずっと畑だらけなので、買い上げし易い環境にはあったんですよね。ただ、どう考えても、騒音対策で買い上げました、というには無理がある面積拡大を続けている。いったいこれは誰が主導しているんだろう。

 何度も書きますが、日本には国家戦略が厳然として存在して、そのグランドデザインに沿って、防衛計画は練られている。それは10年20年四半世紀を睨んで練られているわけですが、まず国民が知ることは無いし、マスゴミも気付くことはまずない。だから、日本には国家戦略が無いなんて馬鹿な話が一人歩きすることになる。その道の専門家が、時間を掛けてリサーチして、なるほどこういう絵が組み上がるのか、とようやく理解出来る程度に、深く静かに進行する。別に宣伝して歩くようなことじゃないですから、それはそれで良い。
 鹿屋基地の強化というのは、その戦略プログラムの一貫なのでしょう。

※ ビデオデッキ壊れる

 居間のビクターのデッキの映像が掠れて来たので、まず乾式クリーナーを使ってヘッドを削った。その後に湿式で綺麗にしようとしたら、これが良くなかった。ドラムに巻き付いたままテープが出てこなくなった。もともとローディング部分のパワーがだいぶ弱くなっていたことも原因なんだが、分解して取り外そうとしたら失敗。クリーナー・テープは切断、分解したデッキは元に戻せなくなってしまった。 _| ̄|○ 。
 やむなく、それより古いモスボール中のビクターのデッキを戻すことにする。壊してしまった製品は、我が家のビデオデッキでも、比較的新しい方なんだけど、ビクターが廉価路線に走ってしまった頃の製品なので、とにかく作りがちゃっちくて、使用頻度は我が家で最低なのに、これまでも何度か壊れたような気がする。

※ 六ヶ所村に核融合研究センター建設へ、ITER関連で
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20050928ik21.htm

 エヴァみたいに地球にどでかい大穴開けたら、誰が責任取るんだ!

※ メルマガおまけ 恒例! 今月のお勧めAV

|

« 村上ファンドのあり方 | トップページ | ベースボール »

コメント

 高津郵便局は24時間郵便物が出せますし受け取れますよ。
http://www.post.japanpost.jp/office_search/jikan/kanagawa.htm

 ただ問題は、集配局は川崎なら各区に1ヶ所しかないということですかね。近所の人あるいはクルマが使える人はまだいいのですが。

投稿: KWAT | 2005.09.29 10:40

>エヴァみたいに地球にどでかい大穴開けたら
国鉄みたいには財政にドデカイ大穴は開かないでしょう。
>核融合をシミュレーションする核融合計算センターで構成する
横浜にある地球シミュレーターの後継機を作ると思えばの正味は実は知れていて核融合以外にも恩恵は幅広く行き渡る。
大して財政負担にならないかもしれない。
予算は同じxxx億円だけど、見た目3倍美味しい。
米中ロには「核融合への協力です」と国際貢献だし、内向きには(NECだろうけど)内需振興だし、JAMSTECには悪いけど地球シミュレーターの予算を削れる。


投稿: sionoiri | 2005.09.29 12:22

>集配
配達は郵便局員ですが、集荷はNITTEI(ニッテイ)日本郵便逓送という株式会社ですよね。
民間企業といっても幹部は郵政の天下り。

郵便局の設計、内装なども郵政ファミリーで競争原理はほとんどなし。
あのなんとも言えない昭和前期のレトロな雰囲気は以外に貴重だったりして。(^^;)
簡易保険保養センター、簡易保険レクセンター、総合検診センター(人間ドックが
メインのはずなんだが、ゴルフレンジ、トレーニングジム、エアロビクスも利用できます)
郵貯は複合型リゾートのメルパルク←超豪華、全国に23カ所。
これらはほとんど赤字で民間だったらとっくに消えている。

田中角栄が倒れて搬送された東京逓信病院。郵政公社に属するこの逓信病院は各地にありますが、
かつては職域病院として関係者にとっては随分と旨味があったのでしょう。

340兆円の大きな話しも大事ですが、郵政は事業官庁として謙虚であるべきでしたね。

ついでに、フランスの国営フェリーの民営化を巡って職員がフェリーを占拠。
フランス当局はヘリ4機を出動させて特殊部隊を上空から投入。あっという間に奪い返した。
労働者も政府も半端じゃないわ。

投稿: | 2005.09.29 13:56

はじめまして。いつも楽しく読ませてもらっています。
少々気になることがありましたので、コメントいたします。

>文科省は松本歯科大への助成金を全部切って良いよ。大学の名に値しないから。

実は松本歯科大は歯科医師の国家試験の合格率が5割切ったかとかの諸々の理由で、
とっくの昔に助成金を切られているはずです。

ちなみに、この大学は北朝鮮とも仲良しです。数年前にあそこで学会があってお邪
魔したとき、北朝鮮と仲良しで留学生を受け入れているとかの学内新聞が貼ってあ
って、ひいたのを覚えています。

まぁ、ある意味貰うべきところから称号をもらったといってもいいかもしれません。

投稿: | 2005.09.29 14:05

鹿屋市東原町、黒坂からの直線道路をしげしげとMapionでみる。
いいんじゃない?ここで.

投稿: sionoiri | 2005.09.29 14:51

>いずれにしても、郵便局だってやれば出来るんだから。結局、国民が郵政民営化を飲んでしまった理由は、郵便事業に於けるサービス改善の実感を、ここ数年間国民が実感できなかったからですよね。

逆だと思うなぁ。ここ数年、民営化が取りざたされてからの郵便局のサービスの改善は驚くものがありますよ。使い続けてる人にはわかりづらいかも知れないですけど、しばらく行ってないで急に用事で使い出したら受付の応対一つでもやっぱ全然違いますね。
サービスの改善を実感できなかったわけでなく、むしろ実感できたからこそ、やればできるじゃん、だったら民営化したらさらにサービス良くなるかも、逆にここで民営化が頓挫したらまた元のお役所仕事に戻っちゃうかも、と思ったんだろうと。

投稿: | 2005.09.29 17:24

※ 2被告に死刑判決、6件で殺人罪認定 北九州監禁殺害

 まさに鬼畜の所行。死刑など生ヌルい。拷問致死刑がないものか。
 

投稿: | 2005.09.29 18:54

※ 2被告に死刑判決、6件で殺人罪認定 北九州監禁殺害

 まさに鬼畜の所行。死刑など生ヌルい。拷問致死刑がないものか。
 

投稿: | 2005.09.29 18:54

>2被告に死刑判決、6件で殺人罪認定 北九州監禁殺害

すみ始めて十年近い近所の住民ですが、地元は意外と静かです。よほど福岡の人のほうがビックリしているんじゃないでしょうか。
死亡者が大量に出ているため、またその犯行にいたるまでの経緯に注目されていますが、男性被告のようにある意味頭の周りのよい人間は市内ではめずらしくもなんともないです。
捉え方は人それぞれですが、あまりの悲劇の割には事件性への憎悪や嫌悪が薄く感じてしまう環境なような気がします。

投稿: | 2005.09.29 19:00

>そのグランドデザインに沿って、防衛計画は練られている
 海自に、ダイレクトに反映されてきてますね。近年の艦艇整備等、今までとは異質になってきました。155㎜AGSの導入も検討されている様で・・・
 2002年の段階で、海自幹部学校研究部が世界の艦船に寄稿した記事に、次期DDには対地支援用の大口径砲の装備が必要と書かれてましたが、まさかAGSとは・・・

投稿: 名無し二等空士 | 2005.09.29 21:47

> 何度も書きますが、日本には国家戦略が
>厳然として存在して、そのグランドデザイン
>に沿って、防衛計画は練られている。それ
>は10年20年四半世紀を睨んで練られてい
>るわけですが、まず国民が知ることは無い
>し、マスゴミも気付くことはまずない。だか
>ら、日本には国家戦略が無いなんて馬鹿な
>話が一人歩きすることになる。

 ないとは言いませんよ。但し、国家戦略にも出来に良し悪しがある。不良品の国家戦略が、立案でも実行の過程でも修正されず、国家を崩壊させることは、珍しくないわけで、世界政策やらシュリーフェンプランやら、近代史はそんな例ばっかり。(アングロ・サクソンの国家戦略だって、結果的には大失敗ということが少なくない。FDR、トルーマン、マッカーサーに長期的な国家戦略があれば、日本陸海軍の完全解体なんかしなかっただろう。)

投稿: 土門見人 | 2005.09.29 22:26

国家戦略、ほんとにあればどんなに頼もしいことか・・・
先生、本当にあるんでしょうか?

投稿: はすみ | 2005.09.29 22:28

>国家戦略
船田元から堺屋太一まで経済企画庁長官は大本営発表を繰り返してきたわけで、そこになんの国家戦略があるのかと。大蔵省にしたって各金融機関が膨大な不良債権を抱えているのを放置してきた。国家と国民に仕える官僚が省益とメンツのために失った経済的損失はあまりにも大きいと思いますね。

投稿: | 2005.09.30 12:09

康夫は堺屋太一のことを今回の選挙で褒めていたが、経済企画庁長官の時は、批判しておりましたな。

投稿: | 2005.09.30 18:39

国家戦略じゃなくて防衛戦略かも。日本の戦略は脅威対応型で受身が基本。国家戦略がないと言われるのは能動的な戦略が欲しいということじゃないでしょうか。

投稿: | 2005.10.01 00:33

こんばんは、いつも興味深く読ませていただいております。
ところで
→長野県民は寛容で我慢強いから、どんなに羽目外しても許してくれる。いや、無視してくれる。

これは一種の県民性かもしれません。田中康夫にとっては都合いいですよね。だから誰かが凄い風を起さないと皆その重たい腰を上げてくれないんではないかなと少々危惧しております。
みんな、出鱈目知事に対してもっと行動すべきですよ。

投稿: 雑酒 | 2005.10.02 20:45

鹿屋基地は確かに拡大され、現在395ヘクタールとなっていますが基地編入地を入れて400Hは優に超え、防衛施設庁の保安林等の土地を入れたら700H位です。基地が一周役10Km、買上げ地を入れたら13Km程です。
 しかし、戦前は線路を挟んで霧島ヶ丘の麓~下堀にかけて第2飛行場があり、第1・2の総面積は760H。周辺の病院・住宅・高射砲等施設を入れると1000Hを超え、2万人の将兵で溢れかえる国内最大基地でした。
 戦後、米実戦部隊が初めて鹿屋に進駐したのも地理・規模の上に兵は精強だったことから当然のこと。昭和29年に米は基地を拡張して拠点化しようとしたが住民の反対、朝鮮戦争により北のシフトへと移行していたため中止。しかし、北から中国の脅威が増大し南が重要になれば鹿屋を使う密約は続けられたのでは?鹿屋基地は韓国・岩国ー沖縄の中間にあるため海兵隊のヘリが定期的に給油。ベトナム戦争の時も使用していたとの噂あり。市民はそのようなことほとんど無関心。いつものヘリの訓練感覚。
 10年前にエアメモリアルインかのやの航空ショーが始まりました。これも当時の司令に民間共用化を申し入れしたら拒否され、そのお詫びと基地40周年記念行事として行ったら
大盛況で継続中です。当時の司令はこの前まで倒幕議長をする程の大物。
 その直後、米軍・空自が鹿屋基地使用を申し入れたが市は拒否。ジェット機はエアメモ時のみ。輸送機、訓練機はOK。米軍機はこれまで通り。5年ほど前には滑走路反対側にヘリ着陸場(400m×30m)が完成。着工前に海兵隊のシャツを着た外人2人が分厚い航空機の資料を見ながら防衛レンズで進入コース等色々な角度から撮影している現場に遭遇。挨拶しても無愛想なのと不気味なため即退散。20年程前から米軍の移転は予感していましたがやっぱりという感じ。基地周辺の道路造りも変なのが多く基地のために造っているとしか感じられず。
 再編は単に岩国からの玉突きでなく元々の計画の気がしてなりません。甑島の新型レーダー、阿久根の情報衛生局、種子島、内之浦の両基地の統合。内之浦基地周辺の道路・護岸のものすごい工事。志布志港の巨大新港。空母数隻入れる大きさ。谷山港も整備すれば可能。
 鹿児島県に空自のミサイル基地、陸自のヘリ部隊ができそうな雰囲気ですね。ミサイル基地については阿久根の情報局ができた時に米軍事情報詩が鹿児島にミサイル基地ができると報道していました。

投稿: 地元マニア | 2005.12.24 14:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵便局、やれば出来る:

« 村上ファンドのあり方 | トップページ | ベースボール »