« 愛知万博負け組 | トップページ | 村上ファンドのあり方 »

2005.09.27

独仏語教育って必要?

告知! 本日、13時から15時までココログのメンテが予定されています。通常の閲覧やコメントには支障ないはずですが、何処に不具合が出るか解らないので、ご留意下さいませ。

※ 田中康夫百条委員会出席
http://sinshuuhiguma.fruitblog.net/
信州ヒグマさんのブログに詳細があります。
http://www.shinmai.co.jp/news/20050927/mm050927sha0022.htm

 知事さん、あんなにも暇を持て余しているのに、1時間しか出られないと開き直って、それが受け入れられたようで、そんなことが通るんでしょうか。だったらその夜、つまり昨夜はTBSでバイトですよ。香港旅行の自慢して、「議員さんはどうせお前の宣伝に行くんだろうとか言っているが、だったらお前仕事取って来いよ」(23:34時)とか怪気炎上げていましたが、バイトの時間を潰せば良いだけの話でしょう。この辺り、百条委員会の弱腰な所は駄目ですね。

 キモは、冒頭の宣誓で、マイクを使わなかったことですよね。田中はこの辺りの演出には、タレントとしてのセンスを働かせる男ですから、たまたまとか上がってて、とかじゃなく十分計算ずくの行動でしょう。テレビで絵が流れる時に、その音は使わせないぞと工作したわけです。自分が否定した部分だけが流れるよう演出した。

 肝心の「破棄を支持したか?」に関しては、明確に否定しましたから、この辺りのことは、議会への挑戦でしょう。俺を刑事告発できるもんならやってみろ、という。百条委員会としては、今後他の案件を片づけつつ、関係証人がどれほど硬いかを見て、再度証人を呼んだりして、突き合わせをやり、田中を刑事告発という形に持っていくことになる。
 田中の側は、八十二銀行から入手したオリンピック関係の帳簿情報やらを使って、議会議員を一人一人切り崩しするんでしょう。もし吉村県政時代からのベテラン議員を口説き落とせれば、これは大きい。

 証言者が言っていることが食い違っている以上は、これは白黒を付けるしかないわけで、百条委員会でそれが出来なかったということになれば、知事の支持率がじり貧の中で、議会も県民の信頼を失うことになる。これは刑事告発して、取調室で白黒つけて貰うしかない。
 罪状としては、百条委員会での「偽証罪」が重いわけですが、これは形式犯としての公文書破棄とセットですから、その過程で、誰がそれを命じたのか? もはっきりさせれば良い。そうすれば罪は二重に重くなる。

 もう一点、「ダイジョウビかのぅ」発言に関して、案の定、「そんなことをしても大丈夫か?」という意味だった、という証言で、このシーンは、夕方以降のニュースで流れたわけですが、これは仮にそれが本音だったとしても重大な証言でして、つまり本人に、それが公文書だという認識があったということで、しかもその破棄を容認したということでしょう。田中の頭に情報公開なんてこれっぽっちも無かったことを証明している。

 それから知事秘書の名刺を持って県庁を闊歩していた業者に関して「多くの県民の1人として元幹部は県庁舎を訪れていた」なんて言っているが、多くの県民は「私設秘書」の名刺なんぞ持ち歩かないでしょうが?
 いずれにしても、普段の田中ワールド全快という感じでしたね。法廷でそれが通じれば良いけどねぇ。

※ 昨日、ブログのコメント欄で教えて貰った面白いブログあれこれです。

1.http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20050922
こちらは、大学を減らすべきだという現場のご意見
2.http://bewaad.com/20050204.html#p02
こちらは財政再建に関する、官僚さんのご意見。
3.http://www.nagaitosiya.com/a/doctor.html
末は博士かホームレスか
4.http://www.economist.com/surveys/displaystory.cfm?story_id=4339960
The brains business
こちらは英文ですが、各国の高等教育事情です。

1.に関して。
 これは余談ということになるんでしょうが、大学教育に於ける独仏語というのは、現代では全く教育の意味を為していないような気がしてならないのですが。まず、第二外国語としての独仏語は、今や語学教室で学べるでしょう。それも遙かに使える語学が身に付く。仏語なんてのは、アフリカ行く人と、フランス文学を原書で読みたいという人以外、社会的国家的な要請は全く無いですよね。石原都知事じゃないが何の役にも立たない。ドイツ語にしても、医師がカルテ執筆に使う程度だけれど、これも今となっては、医学研究の先端がアメリカであることを考えると、不必要な知識を学生に詰め込んでいるに過ぎない。理系ではドイツ語が必修だった時代が長らく続いたけれど、今やその必然性は全く無いと言って良い。
 このリソースを大幅に削除して、中国語や使える英語に注ぎ込むことの方が必要ではなかろうか。むしろ中国語を第一外国語として、英語を第二外国語として必修、くらいにしても良い。もし国家が大学教育をリードして管理すべきであるとしたら、この辺りをもっと臨機応変に改善しなきゃ駄目でしょう。大臣とかが、大っぴらに、大学での独仏語教育は、今の三分の一で良い! 露文程度の扱いで十分だろうとか放言すべきです。その意味では、石原都知事の仏語役立たず発言に、仏文関係者が恐怖した理由は解る。あの発言は、将来振り返ったら、大学教育の現場から独仏語を一掃する契機になったかも知れない。

2.日本では金の使い道が無く、国家が国債を発行してそれを民間に買わせ、国がお金を使うという話は一見筋が通っているみたいだけれど、それって社会主義の発想ですよね。それに、実際に今の国債の発行というのは、実際の税収を大幅に上回る国家予算を賄うための窮余の国債発行であり、借金返済のための発行だったりする。これをして、正常な経済運営だとはとても思えないのですが。

3.オーバードクター問題。非常に面白いテキストですが、これも、国家が、登用を約束してのオーバードクター現象じゃ無いんですよね。現実にオーバードクターが加速されていて、しかも今後大学は減り続けることは解りきっている中で、大学院へと進むわけですから、これはもう自己責任の最たる分野でしょう。

* ここ数日、ブログのコメント欄が賑わっています。それは良いんですが、もう少し言葉遣いに気を付けましょう。ここは2ちゃんねるじゃありません。他人と議論するために最低限のエチケットを発揮できない人は、ご遠慮頂きます。昨日も一件IPを拒否設定しました。

※ NHK番組の応募者情報を集金に利用 受信料不払いなら
http://www.asahi.com/national/update/0927/TKY200509260351.html

 不思議なんだけど、個人情報保護法というのは、使途を公開すれば、何やっても良いということなのか。これはプロ市民が訴訟を起こせば良い判例が出そうな気がする。

※ 別の慶大生も大麻所持容疑で逮捕 東京・世田谷
http://www.asahi.com/national/update/0927/TKY200509260353.html

 もう良い! 慶應と電博は、治外法権ってことにしなさい(~_~;)。でもって大麻や薬やりたきゃ、頑張って勉強して慶應入って、電博に就職しろと。その代わり、外出する時には、「われら薬チュウです」というゼッケンの着用を義務づけると。きっと電博辺りの社員は今頃、「大麻か……、まだまだこいつらもアマちゃんだなぁ」と覚醒剤吸いながら笑ってますよ。
 所で、慶大医学部といえば、暴行事件で放校された学生が、しれっと他の国立大の医学部に入り直していたという過去がありました。今度も当然放校処分になるのでしょうが、やっぱり千葉大医学部辺りに入り直すんでしょうね。

※ 万博で来日した8か国30人が失跡
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050926i513.htm

 それ行け! 勝つぁん。国士の出番だ!

※ メルマガおまけ 千客万来の不安

|

« 愛知万博負け組 | トップページ | 村上ファンドのあり方 »

コメント

>慶應の…
院生ですから、放校は兎も角。入りなおす必然性は無い。刑事処分とそれにもし医者なら(大学院なら医者である必然性は無い、でも慶應だから医者だろう)、引き続く医道審議会で免停なんぼ。

>独仏語
要らない。と、いうのは「はいそうです」
でも、選択するチャンスは必要です。
中国語とアラビア語とスペイン語とポルトガル語と同列に必要。

投稿: sionoiri | 2005.09.27 10:28

>※ メルマガおまけ 千客万来の不気味
先生、私が影響で減らしているのは、娯楽じゃない。
仕事です。
世の中にはそういう人かなりいるじゃないでしょうか?
まじヤバイかも。

投稿: | 2005.09.27 10:35

当方渦中の博士課程の学生なんですが、
多分「オーバードクター」は、仕事が決まらないドクターを示す言葉ではなく、
3年課程にいても博士号を取れない博士課程の学生を示す言葉ではないかと。
つまり、四年生や五年生の博士課程の学生。
最近、仕事が決まらないドクターの学生は、「のらどく」と呼ばれるらしいです。
野良のドクターの意味で。

教職を得ることが厳しくなっていることは、学生にはつらいですけれども、
一方では世の中にはいいことです。多分、10年ぐらい前の博士課程の学生に
くらべ、ほとんどの学生が比べものにならないぐらい、業績を稼いでいます。
競争だから。後は、大学という世界に、真にこの競争を反映する
懐の深さを期待するばかりです。その一方で、まだ深窓の研究者を気取る
博士課程の学生もいて、全然業績を稼がず、モラトリアムを楽しむ人もいます。
これ自体は批判はできないです、その後に万年非常勤とかつらい現実が
あるわけですからね。みんな自己責任です。

投稿: | 2005.09.27 10:59

>もう良い!
よいの? よかったの?
じゃなくて「もういい!」って言いたかったんじゃないの?
「いい」って打つと「良い」って変換しちゃうんじゃないの?
漢字変換をあんましPC任せにしない方がいいんじゃないかな。
なんとなく気持ち悪い。
老婆心ながら。

英語を勉強したら日本語がすごく気になるようになった。
独語を勉強したら英語の構造が見えるようになった。
ラテン語を囓ったらなんでローマ人が世界を制覇できたのか判った気がした。
語学って実利の他の効用ってのもあるんですよね。

投稿: | 2005.09.27 11:00

サイバラ「できるかなリターンズ」ロボット相撲編
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9977898138
30歳無職のプー博士(素粒子物理学理学博士)を思い出してしまった。

投稿: えの | 2005.09.27 11:27

中国語と一口に言っても、北京語、広東語を
筆頭に、かなりの言語が入り乱れている様ですね。うちの会社には中国人が何人か働いているのですが、みんな北京語しか話せない為
深センの工場のスタッフとコミュニケーションが取れない、という話がありました。
やり取りは向こうに日本語の話せるスタッフが1人いるのと、英語が話せるスタッフが複数いるので、もっぱら日本語と英語がコミュニケーション用言語となっています。
今うちの会社内での一番のリスクは、
「向こうの工場で日本語、英語が使えるスタッフがゴッソリ抜けたらどうしよう(汗」
だったりします(w

投稿: 北極28号 | 2005.09.27 13:12

創作童話 博士(はくし)が100にんいるむら
http://www.geocities.jp/dondokodon41412002/index.html

投稿: えの | 2005.09.27 13:40

今時の医師はドイツ語でカルテは書かないですよ。英語日本語混在と言うのがふつうです。ドイツ語を使っていた最後の世代はもう還暦過ぎてます。もちろんドイツ語語源の言葉は少し残っていますが(胃=マーゲンとか)、もう外国語というより外来語といった方がいいですね、誰もドイツ語の綴り知りませんもの。

投稿: たなか | 2005.09.27 13:44

ヲイヲイMagenくらいみんな知ってるって。

投稿: | 2005.09.27 15:01

いや失礼、説明不足でした。たしかにマーゲンくらいはわかります。でもヒュースケンは意味がわかっても綴りがわからないし、クランケもかなり怪しい。開業医の老先生からの紹介状に書いてある単語がどういう意味かわからないということもあります。

投稿: たなか | 2005.09.27 16:54

立花隆、自民党敗北の予想があまりにひどく裏切られたせいか、壊れてしまいましたね。
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050927_koizumi/

投稿: | 2005.09.27 18:29

>ttp://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050927_koizumi/

戦前も民主主義や公正な選挙が機能していたと言いたいのですかね?

投稿: | 2005.09.27 19:27

昨日The Economistの特集を紹介したので、ついでに中教審の高等教育関連の答申も。

「我が国の高等教育の将来像」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/05013101.htm
・ポイント
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/05013101/011.htm
・要旨
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/05013101/012.htm
・諸外国の高等教育改革の動向
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/05013101/009.htm

「新時代の大学院教育 -国際的に魅力ある大学院教育の構築に向けて-」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/05090501.htm
・(中間報告案)要旨
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/05061401/shiryo/000.htm

最初の答申について解説している大学教員のブログ:
http://hnami.jugem.cc/?eid=104
http://hnami.jugem.cc/?eid=105

投稿: | 2005.09.27 19:56

>戦前も民主主義や公正な選挙が機能していたと言いたいのですかね?

 戦時中の翼賛選挙だというのに、「聖戦批判」で議席を剥奪されたはずの斉藤隆夫が、トップ当選を果たす程度にはね……ほんま、我が国は中途半端で、ファシズムにも軍国主義にも国家総力戦体制にも、完全にはなりきれなかったのでしゅ。

投稿: 土門見人 | 2005.09.27 20:24

まあ、パルパティーン議長も元老院解散までに20年を要したからねえ。

投稿: 緑川 だむ | 2005.09.27 23:20

>3.オーバードクター問題。(中略)これはもう自己責任の最たる分野でしょう。

 国家が大量に予算を大学院に投入して、そこで養成される人材の使い道がないのですから、自己責任と切って捨てることはできません。政府予算の無駄遣いです。
 学部卒(オーバーバチェラー?)についても同じことで、国立大学は予算の6割が政府補助、私立でも2割は政府が補助している現状では、有用な人材の使い道を考える必要があります。

投稿: Inoue | 2005.09.28 07:20

 一つの解決策として、職に就きながら学習ができる、放送大学のような安価な通信教育システムを、国家補助を行って拡充すべきだと思います。
 実験科学やゼミナールは、実際に集まらねばできませんが、理論的な部分は独学が可能です。

投稿: Inoue | 2005.09.28 07:28

>カルテ
日英記述、ってか電子カルテ化がじわじわ浸透していってマウス。
診断しながら、薬の説明までディスプレイ見せられながらされマスタ。

投稿: なぎさっち | 2005.09.28 09:14

> OD(オーバードクター)
博士の学位を取得しても、常勤の(研究)職を希望しながら就職できない人のこと、でしょう。
「オーバードクター go.jp」とでも検索すれば明らかです。

> 語学
大学の語学は、言語自体の研究を別とすれば、主として文献読解能力を養うためだと思われます。
数学と語学は学問の基礎体力であり、技能継承には口伝に頼らざるを得ない部分もあります。
研究リソースの再配分は必要だと思いますが、何でもかんでも切り捨てという姿勢は、学問の継承発展とって有害無益でしょう。

そうはいうものの説明責任を過激なまでに問われる時代のこと。
自らの学問の意義を分かり易く説明した分野だけが生き残れる時代なのでしょう。
多くの学問伝統が途絶した古代末期に似た時代なのかもしれません。

投稿: 元県民現都民 | 2005.09.28 09:26

>自らの学問の意義を分かり易く説明した分野だけが生き残れる時代なのでしょう。

 高橋哲也などの哲学者が社会的発言をはじめているのはその一環かもね。大学の教室の中でカントだヘーゲルだニーチェだと言っていれば済む時代ではない。

投稿: Inoue | 2005.09.28 09:46

>高橋哲哉

メーワクなことこの上ない。デリダ屋なら、ハイデガーのアンガージュマンのために、デリダが、どれだけハイデガー解釈に苦労したか分かろうモンだが…。

投稿: truely_false | 2005.09.28 11:06

EU:母語以外に話す言葉 英語が増え、仏語は劣勢に
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20050929k0000m030010000c.html

投稿: | 2005.09.28 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独仏語教育って必要?:

» 債券市場は、なぜ強い。 [Espresso Diary@信州松本]
債券市場の強さが目立ちます。私は、日経平均13,000円を、長期金利(新発10年債利回り)1.385%という水準で迎えるとは思ってもみませんでした。基本的に株と債券とは、裏表の関係になると言われています。景気が良くなって株が上がれば、債券が売られて金利が上がる。逆に不...... [続きを読む]

受信: 2005.09.27 17:45

» [economy]プチ特集:財政問題に関していただいた意見について (1)大石英司さんへのリジョインダー [bewaad institute@kasumigaseki]
2月に書いたエントリにつきまして、大石さんより次のようなご指摘をいただきました。 2.日本では金の使い道が無く、国家が国債を発行してそれを民間に買わせ、国がお金を使うという話は一見筋が通っているみたいだけれど、それって社会主義の発想ですよね。それに、実際に今の国債の発行というのは、実際の税収を大幅に上回る国家予算を賄うための窮余の国債発行であり、借金返済のための発行だったりする。これをして、正常な経済運営だとはとても思�... [続きを読む]

受信: 2005.10.09 11:58

« 愛知万博負け組 | トップページ | 村上ファンドのあり方 »