« 署名原稿 | トップページ | 米国不動産バブルの行方 »

2005.10.30

左翼&ipod

※ 70年安保の想い出

 先日のNEWS23に関して、小田嶋氏が、たいへん興味深いエントリーをお書きになられて、それにいくつかコメントやトラックバックが付きました。
 改めて言いますが、NEWS23の特集がなぜ駄目だったかというと、まったくパタナイズされた、右翼はこうあって欲しいという、彼ら作り手の願望の枠内で演出された陳腐で手垢の付いた愛国心とやらを描いたからです。そこに、新たな視点や解釈は全く無かった。だからあれは異様につまらなくなったんです。

 それで、この問題に興味の者ある方は、以下の三箇所を回って下さい。ちなみに、BUNTEN 氏とは何者か? というと、NIFTYにその人ありと恐れられた論客です。あの猫が好き♪の唯一の天敵と言えば、どういう人か察して貰えると思う(~_~;)。

偉愚庵亭憮録
http://takoashi.air-nifty.com/diary/
BUNTENのヘタレ日記
http://bunten.cocolog-nifty.com/bunten/
ニート・ひきこもり・失業 ポータルネット
http://neetnet.seesaa.net/article/8717283.html

 所で、70安保と言えば思い出すことがあります。私が丁度9歳だから、種子島に引っ越した頃ですね。漠とした不安があったけれど、その一方で、祭りの期待感がありましたね(~_~;)。これはもう祭りだ! 国中で祭りが起こって日本がひっくり返ると期待した。けど、何も無かったですよ。呆れるほど静かに70年安保が終わってがっかりしたことを記憶している。であげくに連合赤軍事件ですからねぇ。
 確かに、貧困と左翼運動というのは関係があるんでしょう。ただそれを言うと、保守化というのも、ある程度は貧困と関係がある。という両天秤なことを言い始めると、そもそも満ち足りて喰う物に困ってない奴は、政治になんか興味を持たねぇだろう……、というオチに辿り着くわけですが。

※ Pod TVが拓く未来
http://blog.livedoor.jp/takahashikamekichi/archives/50193751.html

 週アスを読んでいて、へぇ~、そんなものが始まるんだと知ったわけですが、サービスのスタート時点で、一定のマーケットがあるというのは強いですよね。出版業界という所も、なんとかネットで元取ろうと足掻いているんですが、どうにもうまくいかない。これまではザウルス・ユーザーをターゲットに考えていたわけです。一定のマーケットがあるから。ところが、ザウルスユーザーの全てが、ネットにアクセスするわけじゃないから、実際の所のマーケット規模は限られる。
 思ったのは、もしこういう試みが、安くコンテンツを作って流せるという方向性に行くのであれば、ここを舞台にして、いろんな才能が出てきてくれるんだろうなと期待したい。ぶっちゃけ、今の日本の文化というのは、80年代バブルの遺産を食い潰している部分が多い。今なら、とてもそんなキワモノは扱えないような、怪しい連中にまでギャラを出せる環境が、あの時代はあったわけです。それは芸能界にしても、文壇にしても。私なんかたぶん、あのバブルが無かったらデビューなんてしてませんよ。
 その後、ネットが、いろんな才能を吸収したけれど、残念ながら、ここを舞台にして、儲けが出るまでビッグになるというのは、途方も無くハードルが高い作業です。

 もしこういう、ギミック、ですよね? テレビのギミック……。それを通じてでも、そこで新しいコンテンツを生み出し、新しい才能を世に送り出せるのであれば、私はぜひ応援したいです。こういう動きというのは、結局は、鈍重なテレビ局も巻き込み、いずれは、なんで俺たちネットをこんなに敬遠していたんだろうね、と言わしめるまでになって欲しい。

※ 土曜午後書店。WiLLを立ち読み

 勝つぁんの「築地をどり」。最新号は、れいの民団抗議を巡って朝日新聞に自ら電突した顛末の報告なんだが、最初から最後に至るまで、「俺の日記はブログじゃない、トラックバックを貰うのは真っ平だから、俺はブログはやらない」で、朝日側の人間と、あれはブログでは無い、というサイトの形式を巡って延々話をしているわけ。それって本質か? 勝つぁん。それは全く枝葉のどうでも良いこったろう。
 貴方がやるべきことは、民団からこういう抗議を受けたけれど、自分はかくかくしかじかの理由で、今のスタンスを改める意志は無い、とか読者に説明することでしょう? 所が貴方がやっていることは、枝葉末梢な部分で第三者の朝日を嘲り、挙げ句に論調はこっそりとトーンダウンさせて民団のご機嫌を取ると……。それって、民団に対する屈服であるばかりか、読者に対しても背信行為だと思うんですが。

 日垣先生の引越話。いや、港区にご立派な部屋を見つけて札束積んでお引っ越し遊ばれて、その時の不動産屋や引越業者との頭に来たやりとりをご披露なさっていて、これ自体は面白いんだけど、貴方、人の仕事にケチつけるようなご立派な仕事はしとらんでしょうが? きっとあれを読んだメルマガの読者は、せめてそれだけの神経を自分の仕事に傾注しろよとか思うことでしょう。
 でも大丈夫だよ、日垣先生。まだまだこの業界は甘いから、貴方のような虚仮威しと嘘と、自分自慢ばかりの人でも有り難がる編集者や、公演に呼んでくれる田舎の役人は掃いて捨てるほどいる。儲けて下さいね。きっと後に続く者の励みになるでしょう。この程度でもジャーナリストの名刺を作れるんだと。

※ 東京新聞「筆洗」2005年10月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/00/hissen/20051029/col_____hissen__000.shtml

  この記事は酷い! たぶんこれを書いた人間の頭の中では、非核三原則と言ったら、あらゆる放射能物質まで含まれるんだろうな。

※ 東北大学祭のミスコン復活かなわず 女子学生ら猛反発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051029-00000013-khk-toh

 起こったこと自体、たいした興味は無いけれど、今時、大学の学園祭って、何か意味があるんだろうか? どこぞのセクトが儲けるという以外に。

※ 小泉内閣改造 「サプライズ」大胆予想
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051028-00000019-maip-pol

 これ不思議なことは、小泉さんて、人事の話を派閥にすることは全く無いんですよね。いつも一本釣り。なのに、人事情報が漏れてくる。それは誰かがリークして政界や世間の反応を探っているということですよね。それが誰なのか? 飯島さんなんでしょうね。

※ アキバ ヨドバシ出店で、TDLや阪神観客数も超えた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051029-00000014-maip-soci

 これは凄まじい人数ですよ(~_~;)。TDLの立錐の余地のない、カウントダウンの時の1.35倍くらいのお客が毎日押しかけているということですから、それって商品見る余裕があるの? とか、バックヤードのロジはどうなってんだ!? と激しく興味が沸きますよ。

※ 女性暴行:被害者が別府発達医療センターと元職員を提訴
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051030k0000m040069000c.html

 これは、怒って当然。いくら何でも、身内に向かって、あんたたち近親相姦したんだろう? なんて言われたら、普通は即訴訟でしょう。

 土曜、鼻の状態はますます悪化する。前日まで透明だったものが、黄色っぱなになる。どうも風邪薬は全く効果が無かったみたい。

※ メルマガおまけ エヴァ10周年

|

« 署名原稿 | トップページ | 米国不動産バブルの行方 »

コメント

70年安保?不発もいいところでしたね。
70年は万博にはじまり万博に終わったような。

投稿: arara | 2005.10.30 10:55

>東京新聞「筆洗」2005年10月29日
 エキセントリックな文章ですねぇ。「核を推進力に、核の威力をもって敵を威迫し・・・」去年、検問突破した中国原潜を先に思い浮かべましたよ。

 米国、口には出しませんが「あんたの所の原発より、ウチの空母の原子炉の方がよっぽど安全だぜ」と思ってるんでしょうね。

投稿: 名無し二等空士 | 2005.10.30 11:31

電気通信大学調布祭のミスコンなら文句あるまい。
http://www.kaminoitazura.com/chofusai2002.htm

投稿: えの | 2005.10.30 12:45

※ メルマガおまけ エヴァ10周年

10年経ってもエヴァかよ、もう過去の遺物だろうにと思うのは私だけでしょうか?

投稿: 悪党の最後の逃げ場 | 2005.10.30 13:13

内容が面白いので、ほぼ毎日拝読してましたが、初めてメールします。
70年の頃は、全共闘運動がもっとも盛んな大学に在籍してました。
若い人が誤解するのは仕方が無いとして、当時、学生だった人、すでにジャーナリスト等の報道関係者だった方たちも、故意か偶然か、忘れてしまったか、忘れたフリをしている事実を指摘します。
当時、全共闘等の学生(左翼)運動をしていた者は圧倒的に少数であった。私のクラスですら、60名中、ヘルメットをかぶりデモに参加していた学生はたった2名だったのです。
ただし、彼らは焦点の大学には全国動員をかけるので、その期間は数千人のヘルメットで学園があふれていました。
最近の米軍の世界戦略と同じですね。
また、当時は日本が貧しかったので、学生が左翼化したとの意見がありますが、とんでもない誤解で、日本はすでに、世界有数の先進国で豊かな国だったのですよ。だからこそ、万博を開催し大成功できたのです。
現在に比べて、確かに世間の雰囲気は左翼的でしたが、それは、出版・新聞・テレビに左翼シンパがかなりいて、反体制がカッコイイといったプロパカ゜ンダを盛んにしていたからです。

投稿: リベラリスト | 2005.10.30 14:44

小田嶋さんのエントリーの中で、
>学校や職場をはじめとするあらゆる公的な場所で徹底的に忌避排除抑圧された。
これって、今でいうとヲタクのことじゃないかと思うのですが・・・。
ただし方向性が暴走ではなく"萌え"なので、行動は平和ですが。

マスゴミは概して反ヲタなので、カッコイイという風潮には絶対なりません(^_^;)

投稿: Za | 2005.10.30 15:29

>10年経ってもエヴァかよ

逆に私は、え、もう10年なの?という気分です。
マンガ連載はまだ続いているし、商品価値としてはまだまだ衰えていないのではと思います。

投稿: nov | 2005.10.30 17:17

>「あんたの所の原発より、ウチの空母の原子炉の方がよっぽど安全だぜ」

大金かけたので安全性アピールは万全です。
経済産業省資源エネルギー庁は原発PR用のホームページ「原子力情報なび」「原子力のページ」運営のために、2003年度は約3億4000万円、2004年度は約3億5000万円、2005年度は約2億9000万円の計約10億円を投入しますた。

投稿: えの | 2005.10.30 17:17

戦後の日本で左派的な雰囲気が強かったのは、①農地解放によって自営農が増えたこと、②国や自治体の組織が大きくなって官公労の影響が強まったこと、③増大した工場労働者たちが組合に組織化された影響が大きいと思いますね。だから「むかし陸軍、いま総評」という言葉が生まれた。日本の社会は、いまでも四大卒は少数派です。まして70年代なら大学進学者など2割程度だったのでは?ないか。全共闘は大学の話でしたが、左翼勢力そのものは、もっと裾野が広いものでした。地方の中高卒という圧倒的な多数派に文化や娯楽を提供する役割を組合が担っていた点も見落としてはならないですね。

投稿: 斉藤久典 | 2005.10.30 17:30

・江戸時代、戦後昭和(冷戦)時代は「鎖国」の時代であり、庶民が国際情勢に無頓着を決めこんでいられた幸福の時代だった。

・明治維新は植民地支配を目論む欧米列強からの圧力を廃し、自治独立を維持せん為に「富国強兵」を推し進めた改革であった。

・現在。アジアの覇権、日本の弱体化、孤立化を狙う中・韓・朝からの圧力を廃し、自治独立を維持せんが為「富国強兵」を推し進めようとする流れを、反独立維持派が「右傾化」と称して揶揄している段階。

景気やら何やらが理由ではなく「外圧」にこそその原因がある。今よりも数段経済が落ちこんだとしても日本人なんて何も動きやしないw
今、動き出している世論は「自治独立」という日本人がその歴史上、唯一譲れない一点にのみ集約する行動原理だと思う。それを「右傾化」とマスコミが称するは勝手ではあるが、一向に議論が噛み合うはずもないわけで。。。。。

投稿: | 2005.10.30 19:06

大石様 トラバありがとうございます。

70年当時学生運動をしていた人は少数派だったとのコメントのご指摘があります。それはそうだったと思いますよ。だって当時の学生運動というのは左翼政党から見ても過激だったようですから。ただ、当時の若者の政党支持率などのデータがないと、政治意識全般については何とも言えないのでは。あと、左翼的言動がかっこいいとされファッション化していたという状況は、今の「改革」ブームと通じるところがあるようにも思えます。ホンネの根っこの部分では信じていないところも。

投稿: すなふきん | 2005.10.30 20:31

 60年安保も、十分「少数派」でした。当時、安倍晋ちゃんのおじいさんとその弟は、「(国会前より)銀座や後楽園球場の人手の方がずっと多い」と嘯いていました。結局、反安保派は警察力で排除できる程度の勢力にしかならなかったし、安保改定後も自民党政権に揺らぎが出たわけでもない(但し、岸内閣は退陣に追い込まれたが)。
 政治家にとって怖いのは、反対派のデモではなくて落選。いかに国会が無数のデモ隊に取り囲まれても、それは落選を意味しない。そして、例え国会がデモ隊に取り囲まれても、各政治家の地元の後援会さえしっかりしていれば、再選される。反安保派は与党にとって地盤でも何でもないので、直接怖い存在ではない。かくして、60年安保闘争における反安保派も、結局は多数派でも国民の声の代弁者でもなかったのでした。

投稿: 土門見人 | 2005.10.30 21:09

オーケーわかった。
じゃあそっから推測される嫌韓ブームとヲタブームの今後について。

投稿: | 2005.10.30 21:40

あんぽって、がっこのせんせーが、がくしょくで、ちまみれになってるヤツのとなりで、メシくってたーっ、て話と、やすみがおおかったーっ、て話で。
多く休めていいなあという感じだった。

投稿: | 2005.10.30 22:20

>※ 70年安保の想い出

あの時代はやはり万博の印象が大きい。安保条約といってもピンときません。60年代のテレビといったらザ・ガードマンであれは警備保障のはなしでした。笑。怪獣映画を見に行くと併映で加山雄三の若大将シリーズや「でっかい青春」、「これが青春だ」などもやっていました。ブルジョア大学生やスポ根もので学生運動の臭いは微塵もなかったようなきがします。こういった若者礼賛映画の原型は裕次郎の「青春とはなんだ」ですよね。いまから思うにあれは怪獣映画と同じで思い切り嘘臭い。ヨットはもちろん、車乗り回している学生だって珍しかったんでしょう。ほとんどの学生は貧乏で女にもてない。そこで女にもてる方法の一つが全共闘だったてことではないでしょうか。だってスーフリ事件をみてもわかるように二十歳前後なんてヤルことしか考えてないものな。

投稿: | 2005.10.31 01:24

今回のエントリと直接は無関係で申し訳ありませんが、最近出た「同和利権の真相4」
で一連の追及の中心人物である寺園敦史が「こと同和行政に関しては、田中知事は極めてまっとうな改革を行っている」と評価していましたね。

http://almarid.blogzine.jp/footnotes/2005/10/post_9060.html
「わたしも5本、記事を書いています。・・・田中知事になって大きく流れが変わった長野県の同和行政について1本・・」
このへんはしがらみの無さが有効に働いたのでしょうか。

投稿: gryphon | 2005.10.31 08:15

エヴァが放映されもう10年ですか
大石さんの言う通り来週も見たいと思う
アニメは出てきてませんね。
誰か教えて下さい。

投稿: 安芸の住人 | 2005.10.31 10:44

ヤマト→ガンダム→エバと波を被った凡庸な
アニメファンでしたが、スカパーで最近見返して
見るに耐えなかったのはヤマトですね。
あんな酷かったでしたっけ?
自分の我儘で姉を殺しそれを機械のせいにし
機械を憎み、その憎しみから機械のエキスパートの科学者になった
真田とか、隊長なのに我儘放題の古代とか
登場人物のセリフ、思考ともにDOQの塊ですよ。
我ながら、あんなものに夢中になったのが信じられない。

後、それと同じ位のインパクトがあったのは
アニメでは銀英伝ですね。
小説も中々ですがイゼルローンの装甲なんかからしてアニメの方が良い。
設定、描写ともに原作より映像化された作品の方が良い稀有な例ですね。

投稿: | 2005.10.31 13:24

傾向と対策をばっちり練ったエウレカセブンはそれなりに面白いですよ。

投稿: | 2005.10.31 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左翼&ipod:

» ★ <統一戦線>の美麗字句 左派で湧きおこる「社共共闘」に笑う [書評日記  パペッティア通信]
統一戦線、人民戦線…左翼を結集して、小泉政権にも民主党にもかわる、第三勢力を。最近、こうした声が目立ちます。もともと、社・共両党の主張は、「護憲」「平和」「再分配」と極めて似ている。となると、誰ともなしに、統一戦線だの、人民戦線だの、いいはじめるようで...... [続きを読む]

受信: 2005.10.31 15:41

« 署名原稿 | トップページ | 米国不動産バブルの行方 »