« 兵士の帰還 | トップページ | 無力なり、御近所の底力 »

2005.11.15

地方の雇用問題

※ 「住居侵入で罰すべき」 通報住民が証言 政党ビラ配布
http://www.asahi.com/national/update/1114/TKY200511140259.html

 久しぶりに朝日らしい嫌らしい記事でして、まず、ポスティングで逮捕された事件は何件か起こっているのに、日にちと場所の特定が記事中に無い。それから記事の最後に、住民の氏名職業が明かされなかったことをぶつぶつ書いているけれど、そんなこと裁判を左右するよなことなのか? 自衛隊官舎だと書けよ。それを書かなければ何が起こったのか解らないでしょうが。
 タイトルもおかしくて、これは単純な住居侵入じゃないですか。ポスティングする人間は、それが政党ビラだろうがピンクちらしだろうが、住居侵入の認識があってやっているわけで、最高裁まで行って、政党ビラの配布は住居侵入に当たらず、という判例でも勝ち取ればいい話ですよ。

※ 相良村長選 矢上雅義氏再選 異例の勝利/熊本
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051114-00000202-mailo-l43

 熊本でこんな事件があったになんて全然知らなかったけれど、昨日のTBSの夕方ニュースで報じられていました。選挙は母親が闘い当選。私は事件が、冤罪かとばっちりかを判断する情報を持っていないけれど、この村長さんは、9ヵ月以上の拘置が続いているそうで、なんでこんな人権無視がまかり通るんだろう。警察と検察は、拘置所を出たいなら、とっとと自白しろと迫ったわけだ。所詮、田舎もんだから直ぐ落ちると目論んだけれど、相手は意外に粘って、とうとう9ヵ月を過ぎた。
 しかも、まさか再選は無いだろうと思ったのに、逆に長期の拘置が村民の同情を集める結果になって、再選となった。
 本来なら、日弁連が乗り出して、被疑者被告人の人権確保のモデルケースとして日本の法曹界上げて闘わなければならないケースでしょう。
 なんでこんな第三世界並みの人権無視が、この文明国で許されるんだ。熊本県民怒りなさい。田舎もんは、臭い飯喰わせて締め上げればなんでもほいほい自白する、とバカにされているんだから。田中康夫みたいな悪党だって、判決前なら、せいぜいぶち込んで3ヵ月でしょう。

※ 「所得」の黒字が貿易黒字を逆転 上半期の国際収支
http://www.asahi.com/business/update/1114/052.html

 これはもの凄く喜んで良いニュースなんだろうけれど、昨日、NHKのクローズアップ現代で、正社員の雇用が減り続ける地方の厳しい現状というのをレポートしていました。若者の就職率がどんどん下がっていき、県や市が、就職支援に乗り出すんだけれど、埒が明かないから、次には、行政が起業のアイディアを出して四苦八苦している姿がレポートされていた。

 これはいろんな問題があると思うんですが、昨日のレポートで一切触れられなかったことで、私が思ったのは、地元の金融機関の存在です。地銀であり、農協系であり、その他の行政系列の金融機関の存在はどこにあるのか?
 地銀にしても、農協系にしても、この半世紀、金融機関として何の努力もしなかったわけです。農協は、農民にはフリーハンドを与えて、返済能力も無いのに、高価な農機具を買わせて焦げ付かせ、今は、ファンドに乗っかって、中央で資金を転がすしかない。
 長野の八十二銀行は、バブルに踊らなかった銀行として評価を上げたけれど、ぶっちゃけ、与信能力が無かったことの裏返しでもある。

 何をするにしても、事業を興すにしても、お金が必要なわけです。それを回して、いろんな人々を繋ぐ、接着剤の役割が必要になる。それは果たして役人の仕事なのか? そこにビジネス・チャンスがあれば、まず地元の金融機関が競争して入り込むべき話なのに、その姿は何処にも無い。
 こんな状況で移民を受け入れてどうするんだ? という意見も当然あるでしょうが、高校生の就職先が無いと嘆く隣町では、ブラジル移民の子弟が一生懸命働いている雇用のミスマッチがあったりする。

 お役所が仕事を作り出すというのも良いけれど、私はちょっと筋違いだなと思うのは、それって、本来金融機関の仕事じゃ無いんですか? お役所がそこに人的リソースを注ぎ込むのであれば、金融機関を指導して、与信能力を研鑽させ、若者を雇用したら税の減免や金利の肩代わりとか、そういう方向へ行くべきでしょう。
 でないと、地元の金融機関の存在価値が無いでしょう。預金者が単に金利を見込んで資産を預けるのであれば、都銀や証券に頼ればいいんだから。

※ 韓国、靖国参拝で懸念…日韓外相会談
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20051114i116.htm

 産経は、昨日の段階では、また韓国が「謝罪と反省」を要求したと速報を流したのですが、麻生さん、失言でもするかと思いきや、意外とそつない応対だったようで。

※ エイズが治った!?英国25歳男性が“人類の救世主”となるか
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200511/sha2005111501.html

  以前から、エイズ・ウイルスを持ちつつも発症しないケースというのは知られていたんですよね。どんなに強力なウイルスも、100パーセント、人類を殺すなんてことはあり得なくて、そこは生物は、いつかは生存の道を探して進化する。要は、そこにたどり着くまでに、種として絶滅する個体数まで落ち込むか、そこを辛うじて凌ぐかの違いに過ぎない。

※ メルマガおまけ 豪華な歩道橋

|

« 兵士の帰還 | トップページ | 無力なり、御近所の底力 »

コメント

無免許、普通科の就職口は「無い」
免許持ち(看護師etc)などばかり。

所得の収支が黒字と云う事はいままで馴れ合いで放置されて来た「事務職」「中間管理職」が不要になったと云う事。生産性の低いホワイトカラーは要らない。教養と文科は要らない。増大する事務職の需要に応える為に文系が伸びて来た。でも、金融ならday traderに見られる様にもう営業職は要らない。システムクラッシュで見られた様に理系・技術系の職場になり、もしかしたら金融庁にも「技監」が生まれる必要が垣間みられる。

大学の倒産は避けられないし、高校も一緒。

で、街金と同じレベルのday angelはどうして出てこないのだろう?それこそ、地場の与信機能かもしれない。

投稿: sionoiri | 2005.11.15 11:20

えーと、つっこみなんですが、ここで言う「所得収支」ってのは、日本の企業や投資家が海外から受け取った債券利子や株式配当額などから、海外に支払った額を差し引いたもの、つまり海外投資などの収益の事でして(だから元の記事でも、これが貿易黒字を上まわったことを「日本が「貿易立国」から「投資大国」へと変わりつつある」としている)、日本国内の地方の就職とかとは全然関係のない話だと思われ。

投稿: | 2005.11.15 20:49

もの作らんでもよくなったよ〜 = 雇用は減るよ〜 = 売りに行かなくても利息だけでやってけるよ〜 = 支店経済も生産子会社も要らんよ〜

で、佐賀も「最高情報統括監」募集中
じゃぁ、これで地方の雇用は…無理そ
http://blogs.itmedia.co.jp/musasabi/2005/11/cio_254a.html

投稿: sionoiri | 2005.11.15 21:05

いや、別に所得収支が貿易黒字を上まわったからってモノ作らなくて良いわけじゃないですし。そもそも貿易黒字が数字上落ち込んだのは原油価格高騰が原因ですし、貿易収支そのものは輸出入とも過去最高なわけで。

投稿: | 2005.11.15 21:29

日系ブラジル人は出稼ぎが多く、永住の在留資格取得や日本への帰化は少数では。

投稿: えの | 2005.11.15 22:50

親の世代で上京しているので、地方の実態というのは実感がわかないのですが、
地方で起業は難しい気がしています。
かつて渋谷Bitバレー構想の時に感じたのですが、
情報網がこれだけ発達して、人と会う機会が少なくて
済むインターネット企業でさえ、中央に集まる傾向がある
(今なら渋谷ではなく六本木ですかね)

人が集まりにくい地方で企業をしても地元で集めることが出来る
パイに限りがあり(しかもパイの大半は昔からの方々が囲っている)、
出来ることに限りがあるのではないか。

若者が出来ることは限りがあるんですよね。
情熱で何とかならないものも多い

投稿: ファンふぁん | 2005.11.15 22:51

 地方での起業は今回の税制改正でさらに難しくなりました。相続税がさらに安くなったからです。個人事業者向けの相続税控除枠が拡大し、都心の一等地でもない限り、ほとんど無税で親の事業を相続できます。
 というと、良いことのようですが、裏返すと新規参入の余地が少なくなるということです。

 都心の一等地ですら、200平米以下の宅地だと評価額が2割になって、さらに相続人1人あたり1000万円の控除をすると、課税相続額はたったの1000万円。税率は10%ですので、結局、1億円の親の商店兼住居を相続するのに100万円で済みます。

 こういう税制が、商店街をマンネリ化させて、長い眼で見れば商業地の活力を削いでいるんじゃないかと思うんですけど、郵政民営化と不良債権償却しか引き出しがない宰相どのには理解できないんでしょうな。

投稿: Inoue | 2005.11.15 23:36

でも相続税の引き下げはまさにその理由から、つまり比較的都市部の商店で儲けもちゃんと出してるのに相続税のために廃業しなくちゃならない商店の話がマスコミでクローズアップされて世論の支持を得て実現したって事もあるし。それにそもそも地方では商店街なんて相続税関係なくバンバン潰れてますよ。少なくとも起業のしやすさとは関係ないと思われ。

投稿: | 2005.11.15 23:49

 つぶれる前に相続対策で廃業していれば、経営者が替わって、起業の余地もあったわけよ。郊外のショッピングセンターに客を奪われて商店街全体が安楽死することもなかったろう。
 だいたい、儲けを出してるったって、資産の金利にもならないような額で、土地という希少資源の有効利用になってない。さっさと廃業して出て行ってもらいたいくらいだ。

投稿: Inoue | 2005.11.16 00:48

>つぶれる前に相続対策で廃業していれば

相続対策で廃業なんて(土地の安い地方では)普通しないよ。普通は相続対策に失敗して廃業するわけで。そもそも地方の商店街が廃れる一番大きな理由は若者が街に居着かないから跡取りがいない事であって(だからみんな老夫婦とかがやってて老後暮らせるだけのメドが立ったら廃業する。そもそも今時地方の商店街の商店なんてよほど勝算でもないかぎり子供たちは継がない)、相続税と地方の起業のしやすさとはほとんど関係ないと思うけど。

投稿: | 2005.11.16 01:09

ちなみに「商店街 跡取り」でググれば、この辺の話はいろいろ出てくるよ。

投稿: | 2005.11.16 01:18

 商売は継がないが店の土地と建物だけは相続して勤めに出るというのが普通のパターン。シャッター商店街というが、商売をしていないだけで人は住んでいる。相続税を取っておけば、商売する気のある人間が入っていけただろうに。

投稿: Inoue | 2005.11.16 01:25

いや、本当の地方のシャッター商店街はどんどん空き地化していってるよ。相続するしないにかかわらず、そもそもだれも買い手がいないんだよ。

投稿: | 2005.11.16 01:41

そもそも地方に、商店を辞めて(しかもそんな中途半端な年齢から、)そこに住み続けながら勤めに出れるほどの就職口があるんなら誰も苦労しないわけで。

投稿: | 2005.11.16 01:48

ブログ主が地方の就職率、それに付随して地方の金融機関、地方経済を話題にしているのに東京都心の商店や相続税の話しをするからゴッチャになる。

さらにゴッチャにすれば、東京の東側なんて旧借地法の適用者が当たり前にいるんです。一般住宅で坪千円未満、店舗兼住宅で坪五千円とかもありますね。借地人の既得権は土地の流動性や自治体の税収をを阻害している。相続税を元に戻して解決する問題ではない。

投稿: 東京ocnソープランド | 2005.11.16 02:09

ブログ主が海外投資収益の所得収支と地方の就職率をいっしょくたにしてる最初からゴチャになってたり。

今、読み直して気付いたけど、商店主の息子が店を継がずにシャッター商店からリーマンとして勤めに出るってケースを想定してるわけね。
うーん、統計とか知らないから断言はできないけど、どっちかっていうと少数派じゃない?シャッター商店街ってホント精神衛生上よくないよ(特に地方のは酷い)。自分自身がちゃんと勤めに出てて収入があって、まして子供とかいたりしたら、あそこにわざわざ住もうとは思わないわなぁ。
そんなトコを相続したらそれこそ開発業者に丸投げでしょう。その影響か、さすがに首都圏は最近景気よくなってきたから、かつての個人住居兼商店街がどんどんビル化してるみたいだけど。

投稿: | 2005.11.16 02:31

三大都市の都心から離れた所は何処いっても、「借り手募集」の空き店舗と店舗が潰されて更地や駐車場になってる所が目立つのですが。

結局、相続税の問題もあるだろうけど、地方だと商売やっても、大抵の物は街道沿いのショッピングセンターにみんな買いにいっちゃうので、喰っていけるだけの商売に出来ないと言う現実がある訳ですよ。

結局、アパート建てて家賃収入で暮らすか一家共々東京とかの大都市に移住してリーマンになって暮らすという感じになる訳で(;´Д`)

ほんま、景気が上向いたなんて言ってるけど、何処にそのお金が行ってるのやら(-_-;

沢山儲けた人からは税金たんまり取り立てた上に労働条件込で雇用義務を課して政治の側が強制的にリストラ止めるなどして富の再配分をやりなおすのが最善の解決策のような気がしますが。

投稿: Artane. | 2005.11.16 03:40

>借地人の既得権は土地の流動性や自治体の税収をを阻害している
借地を返せないから無理なリフォームを重ねる。長田にせよ法善寺横町の火事にせよ。崩れるべき物件が壊れただけである。地上げして区画整理して奇麗な町を建てるのを邪魔する借地借家法があるから無理なリフォームが発生し命が失われる。法善寺横町は地域再開発に成功したらしいが?また、都市の再生が遅れ無理な郊外の開発をする結果「地下マンション」「里山の破壊」「盛り土の地崩れ」が派生する。

さらには合理的な土地収用が出来ないで組織暴力の介入を招く。

それが街の雰囲気というならそうとは云え。長崎を例にすれば、思案橋とかのごちゃごちゃを考えると、斜面都市である必然性は薄い。茂里町みたいにマンション建ててみなさい。観光資源?じゃぁ全部、木造にして町家にしてみて下さい。中の茶屋や花月、青柳、松亭みたいな料亭だけ、グラバー園のように並べてみましょう。

投稿: sionoiri | 2005.11.16 05:32

空き店舗に入るのはサラ金だけで、いつの間にかサラ金街。

投稿: | 2005.11.16 06:26

商店街もだけど、古い町屋で隣同士の家がくっついてるところは、新たに家を建てるのも難しく、空き家が多い。土地を買ってくれる可能性も隣の家ぐらい。
ビラ配りのバイトをするとわかるけど、郵便受けはチラシの山で人の気配のない家ばかり。

投稿: | 2005.11.16 06:46

>グラバー園のように並べてみましょう
そういや、出島がそうなってなorz

投稿: sionoiri | 2005.11.16 07:54

>海外投資などの収益

中国などに独資または合弁で作った工場(持ち株子会社)の収益も含まれます。タックスヘイブン対策の法人税法で連結決算しないといけないはず。
これからはブラジルなど南米への投資(工場建設)も増えるでしょう。
http://www.ne.jp/asahi/asia/halohalo/bra.html

投稿: えの | 2005.11.16 20:34

>東京の東側なんて旧借地法の適用者が当たり前にい
>る

わが母校も、今はずいぶんとキレイになったそうだが、『山の上ホテル』の裏手(あるいは錦華公園のとなり)にある校舎は、敷地内にある印刷屋の社屋が、やはり「旧借地法の適用」を受けてるとかで、そこだけ再開発が滞ってしまっているのだと、我が師もボヤいておりますたが、どーなったんでせうか?社青同は追い出せても、印刷屋は追い出せんということか。

投稿: truly_false | 2005.11.16 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方の雇用問題:

» 「改革」が招く階級格差 [月よお前が悪いから]
ウヨ厨御用達。と言う感じで敬遠しがちなSAPIOですが、11/23号の表紙が興味深かったので、ちょっと買って見ました。 まぁ、主要な記事は階級格差の問題と食糧問題と軍事問題だったのですが((あ、小林よしりんの連載には興味ないですから…彼は右翼思想家としては突出した物を感じますがね、リア厨な行動取ってるからね、10年前に。))、情報は私のアンテナに引っかかっていた物が大半とは云え、良く整理されていて400円出す価値はありそう。 で、小泉が圧勝する前・正確には橋本内閣時代から連綿と続く「改革」路線... [続きを読む]

受信: 2005.11.16 03:43

« 兵士の帰還 | トップページ | 無力なり、御近所の底力 »