« 年末の新刊予告 | トップページ | 森伊蔵 »

2005.11.26

SF設定部分

 三日間でまた元の時間軸に戻って死んでしまうという、SF設定です。この理由を、物理学者でもなければ、別にSFファンでも無い夜10時台の、主に主婦層に、解りやすく説明しなければならないわけです。ちょっと内輪で知恵を求めていたのですが、やはり高度すぎる(~_~;)。アニメなら、それで全然オッケーよという話なんだけど、一般ピーポー相手に、量子力学の専門用語では辛いなぁ……、という状況なんですよ。
 何か良い設定は無いでしょうか? 量子力学や物理学用語を極力排して。

|

« 年末の新刊予告 | トップページ | 森伊蔵 »

コメント

>量子力学や物理学用語を極力排して。

魔法のスリップでトリップ
http://www.hapima.com/sh/apis/list/default.asp?shop=01000031&dept_id=01000031100200
ではなくてタイムスリップならオカルト、超能力というネタはよくある。ラベンダーの香りで「時を駆ける少女」。

投稿: えの | 2005.11.26 10:55

落雷のアナロジーで説明するのはどうでしょう?

- 雷雲は、水の粒子が帯電したものである。つまり、水の分子が光子を吸収して、
 電磁場の中で位置エネルギーが大きくなっている状態。電圧を等高線で表せば、
 持ち上げられている状態。

- タイムトラベラーも、これと同じ、高エネルギー状態になった。
 ただし、吸収したのは重力子なので、帯電するのではなく、時間軸上を持ち上げ
られ、未来方向に移動した。

- 雷雲は、一瞬の落雷で放電し、電荷を失う。同様に、タイムトラベラーも、
 いずれ重力子を放出して、もとの時間に戻るだろう。

投稿: | 2005.11.26 11:35

>解りやすく説明しなければならないわけです
 逆に難しい用語の羅列で、そういうモノなんだと、納得させる手法もありますね(例、スタトレシリーズ・EVA等々)

 シンプルな理由でいくなら、マイクロブラックホール・ワームホール・宇宙の縮小・他次元の生命体の悪戯等々、色々ありますね。

投稿: 名無し二等空士 | 2005.11.26 11:37

マイクロブラックホールで全然良いんじゃないでしょうか。
関連は皆無ですけど、フラクタクルなCGを天文写真とくっつけていけば。絵的に誤摩化せそう。
ワームはしらなくても、45歳までの女性でも「ワープ」は知ってるでしょう”ヤマト”で。

投稿: sionoiri | 2005.11.26 12:13

 いかにも学界の異端児然とした爺さん学者が鬼気迫る表情で滔々と説いてる最中、目を白黒してる若いもんにフト気付いて「ま、空にも龍宮への出入口が有って、運悪くあの機体はそこに入ってしまった、という事じゃ。」と好々爺に表情一変。…という演出で水10枠の主婦には充分な気もする。

投稿: ニャッキ! | 2005.11.26 12:25

視聴者置いてけぼりで、そんなものだと押し通すのも手かと。
どうせ記者会見シーンが入るはずだから、そこでワンフレーズ(タイムスリップとか何とか)言わせれば。

視聴者向けには、冒頭のYSに視覚効果(特撮)でそれっぽい表現を入れておけばOKでしょう。

投稿: Za | 2005.11.26 12:46

 ラヴェンダーの香りでタイムトラベルという筒井康隆の着想は見事でしたなあ。
 いちおう、
「タイムトラベルに必要な薬品を作る原材料としてラヴェンダが必要」
とケンソゴルに説明させてはいますが、そんな理屈が科学と整合性があるかどうかは問題じゃない。

投稿: Inoue | 2005.11.26 14:36

主婦というか、スタッフでさえ解らなかったんですね、きっと……(タメイキ)。
冗談はともかくとして、ほかの人が提案していた「揺れ戻し」でいいんじゃないでしょうか。
マイクロブラックホールのおかげで、タイムスリップするけど、宇宙は、いつまでもそういったとっぴな状態をそのままにしておかないというわけです。

相対性理論に反しないようにして、ワームホールとか超光速飛行を維持するには、エキゾチック物質を仮定する必要があるそうですが、このエキゾチック物質を利用すると「時空の借金取り効果」というのがあるそうで、利子つきでペナルティを支払う必要が出るのだそうです。
(詳しい話は忘れましたが、前に日経サイエンスに記事があったはず)

ということで、揺れ戻しがあってもおかしかないと思いますが。

投稿: いーの | 2005.11.26 15:01

失礼ながら、ネタとしては最近のもので言えば「黄泉がえり」等と似ているのですが、そういった先行作品で理屈の説明ってあったんでしょうか?

「黄泉がえり」は、本職の「SF」作家である梶尾真治が書いていますが。

投稿: いーの | 2005.11.26 15:05

 私も「ゆれ戻し」や「時空はパラドクスを許容しない」的な台詞を出しておけば十分だと思いますね。新手のタイムトラベル理論を主題にしたハードSFじゃないんですから。

投稿: Inoue | 2005.11.26 16:21

>一般ピーポー相手に量子力学や物理学用語を極力排して。
とのこと。
とりあえず隣の物理系理学博士に上の条件で説明してもらいました
「隣同士の現実が極端に違うと、お互いに少しずつ調整しあう」
以上

それ以上の説明は難しいようです。

投稿: C | 2005.11.26 16:41

数日で記憶がリセットする"仕事人"ならマンガで見たような.

投稿: nodzo | 2005.11.26 17:04

分からければ分からないほどよい。博士マニアや物理マニアが喜ぶでしょう。そのとき、切れ者にもポカーンとさせておけばわたしら一般の視聴者は、分からないことなんだな、という安心感を得て、まぁ理解不能な超常現象の一種なんだろう、ということで腑に落ちるでしょう。
それに簡単に納得できると、その後の「なんとなく大丈夫かも」っていう、あの曰く言いがたい楽観的雰囲気が嘘くさくなるかも。

投稿: dsaitoh | 2005.11.26 18:07

これは、理屈で見せるべきでは無く、視覚効果中心にして後は加藤博士の説明に任せる格好にするしかないでしょう。

放映までに余裕が有ればそれっぽいCGをバックに加藤博士に説明を数分間させるとか、ゲーム的な感じで。

「とにかく、3日後には皆消える」と言うポイントを強調させるような演出でカバーするしかないと思います。

投稿: Artane. | 2005.11.26 20:05

バラつきありで消えて
遺品が見つかるとかそんなんじゃダメなんですかね。
読まずにネタ出ししてるのバレバレですね。(笑)

投稿: と | 2005.11.26 20:08

↑あ、今思い付いたけど、
ドラマの冒頭に10年前の謎の消失→加藤博士が自説を周囲の学者連中に説明して冷笑されたシーン、その直後に10年後の羽田空港のシーン→US-1が飛行機を発見。
と言うシーケンスで演出すれば説得力持たせられるかも。

投稿: Artane. | 2005.11.26 20:11

主婦相手なら みのもんたに「奥さん、三日後に戻ってしまうですよ」と言わせればOK

投稿: | 2005.11.27 00:02

主婦相手なら みのもんたに「奥さん、三日後に戻ってしまうですよ」と言わせればOK

投稿: | 2005.11.27 00:03

演出論は他の人にまかせるとして、キュートでキャッチーな設定を考えるって
難しいですね。

- YS-11が遭遇した重力異常は二つ組だった。
 一方は正質量のブラックホールで、もう一方は負質量のホワイトホール。
- YS-11は最初にブラックホールに近接する軌道に入ったので、ウラシマ効果で
 時間が短縮し、その結果未来に現れた。
- YS-11は次にホワイトホールに近接する軌道に10年前に入った‥‥入ることに
 なっている‥‥ので、時間が伸張し(ローレンツ短縮のcの項が負になる)、
 過去に戻される。

(ブラックホールのペンローズ図の、ξが正の領域と負の領域がもし行き来が
できたら、という話)

投稿: | 2005.11.27 11:40

ローレンツ短縮の式でcがマイナスになっても結果変わりませんね。
知ったかぶりしてすいません。

次の案は、テレビ電波のゴーストのアナロジーです。

- 量子力学では、人体も含め、あらゆる物質が波の性質を持つと考える。
 ラジオや、テレビの電波のような波。
 物質の波は、放送電波がテレビに像を結ぶように、今この一瞬一瞬に実体化
 している。
- タイムトラベラーは、ニアミスしたワームホールに、物質の波の進行を阻害
 され、他の人より時間が遅れて実体化している。高層ビルに放送電波が阻害
 されるのと同じ。
- だがワームホールは不安定で、いずれ消失する。そうしたら、トラベラー
 たちは再び遅延なしで実体化するようになる。つまり、過去に戻る。

投稿: | 2005.11.28 22:53

もしマイクロブラックホールというものがあったとして、それに吸い込まれた場合、、、
極端な潮汐力によって、その物体はバラバラになるのでは?という気がするんですが、気のせいでしょうか??

投稿: | 2005.11.29 22:31

高速回転するブラックホールには、潮汐力の影響を受けずに接近できる領域が発生するそうです。
また、その領域と重なっているのかは私は知りませんが、時間旅行を可能とするような領域も発生するそうです。

もっとも、マイクロブラックホールだと小さくて、YS-11が通れるとは思いませんが。

そういう理屈を突き詰め始めると、フィクションが構築できなくなるので、どこかでオッカムのかみそりをふるう必要があります。潮汐力云々はその類でしょう。

投稿: いーの | 2005.12.01 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SF設定部分:

« 年末の新刊予告 | トップページ | 森伊蔵 »