« | トップページ | 判官贔屓 »

2005.11.20

祈る! イトカワ成功

 とか書いたらそばから失敗シマスタ、とか、ニュースが流れそうな気がするけれど。今、どうなっているんだろう。
*はやぶさ:地球との交信回復 イトカワから上昇の可能性
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051120k0000e040027000c.html

※ 「日本の教科書は残虐行為を罪とせず」…露外務省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051119-00000211-yom-int&kz=int

 こういう時に、大人を装ってスルーするから、日本の外務省は国民の信頼を失うんですよ。仮に日本軍がどんな残虐行為を繰り広げたにしても、選りに選ってロシア人から言われる筋合いは無い。外務大臣は直ちに駐日大使を呼んで、お前ん所の教科書には、シベリア抑留で何をしでかしたかがきちんと書かれているんだろうな? と詰問した上で、発言者の首を要求するくらいのことをしなきゃ駄目ですよ。

※ FDA諮問委、「タミフル」と死因との関係特定できず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051119-00000002-yom-int

 これが、今ひとつはっきりしないのは、インフルエンザ脳症の引き金にタミフルがなったのか? 単に、インフルエンザ脳症に陥った患者が服用していたのがたまたまタミフルだったのかの因果関係がよく分かっていない。その辺りの疫学調査はどうなっているんだろう。

* 大使館、在外邦人にタミフル配布へ 新型インフルエンザ
http://www.asahi.com/life/update/1119/007.html

 金曜日の報ステだったでしょうか、ヤクルトの古田新監督がスタジオ出演して、このニュースに絡んで、選手はこのシーズン、みんなタミフルを貰って用心している、という発言をしたんですよ。私はそれを聞いていて、それ拙いんじゃないの? と思ったわけです。
 用心として、処方箋薬を貰うということは、世間ではみんなやっていることだけど、それって、あまり大っぴらに言っちゃ行けないことですよね。薬事法違反とか、医師法違反に問われないんでしょうか? つまり、ひょっとしたら、その病気に掛かるかも知れないけれど、別に今それを罹患しているわけではないし、あくまでも可能性のレベルに止まっている段階で、薬を処方するということは、不要不急のコストを医療制度に掛けているということですよね。

 あんたは欲しくないのか? と言われると、激しく欲しいです。もしこの冬、家族でどこか海外へ行こうとしたら、私はたぶんヤフオクでタミフルを漁ると思いますね。そりゃもう絶対欲しいですよ。場所がハワイやグアムなら、いつでも医師を呼べるからそう心配要らないけれど。ヨーロッパの地方やアメリカ大陸とか行くんだったら、是が非でもタミフルは欲しい。
 ただ一方で、日本はタミフルの消費率が異様に高いとされるけれど、じゃあタミフルの使用率が低い国との疫学的な調査結果等は無いんですよね。タミフルを積極使用しないことで、どれほど死亡リスクに変化があるか等の詳細な数字は無い。

※ 指導要領に「部活」復活? 中学現場「明確にして」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051119-00000022-kyodo-soci

 休日に出勤して、その手当が千円二千円というのも、今時酷い話だとは思うけれど、一方で、せちがない世の中になったなと思いますね。教員に限らず、公務員の使命感を支えているものは、公僕としてのプライドですよね。そこには無償の犠牲という、公務員社会では当たり前の行為が多々含まれるわけで。役人にしても自衛官にしても。だからこそ待遇も良いわけで、公務員の公僕意識を高めるという意味合いからも、どこかで、そういう無償の奉仕という部分は残すべきだと思うのですが

※ バス不正運行:途中で引き返すなど137人 静岡の会社
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051118k0000m040088000c.html

 気持ちは解るなぁ。田舎のバスなんて、一人しか乗って無くて、運転手さんと世間話でもしなければ間が持たないという所は一杯あるから。
 ただ思うのは、バス路線て、もう少し柔軟に運用できないものでしょうか。たとえば、今の運行の差別化と言えば、せいぜい土日の運行がちょっと変わる程度でしょう?
 そうじゃなくて、たとえば過疎地なんて、別に毎日運行する必要はない。一日置きで良いことにすれば、それで二路線を運行できるでしょう。
 あるいは、よほどの僻地で客が滅多に乗ってこない所は、事前に運転手に携帯メールで乗車予定を知らせるとか?(往々にして、そういう交通弱者はデジタルデバイドを抱えていたりもするわけだが…‥)、もう少し運用を弾力化させるべきだと思いますね。

※ <原子力空母>横須賀基地の配備はジョージ・ワシントン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051119-00000025-mai-int

 日本と無縁な人物の名前ということで言えば、他にも選択肢があっただろうことを思うと、この選択は、あとあとの改修工事のことを考えてのことでしょう。大規模改修を終えたばかりらしいけれど、こういう艦はやたらと維持に金がかかりますから、米海軍としては、横須賀に置いておけば、後々の改修費用も日本政府に出して貰えるという腹づもりがあってのことでしょう。

※ ワコールの顧客情報4757人分流出 不正アクセスで
http://www.asahi.com/national/update/1119/OSK200511190040.html

 このなんてことは無い、昨今いかにもありがちなニュースで、よからぬ妄想を抱いたのは中年@オヂだけだろうか(^_^;) こうなんていうか、パソコンのモニターの周囲にピンク色のバラが咲き乱れているような~。

※ 土曜、朝から終日外。23時頃になってやっと落ち着く。日曜、疲れが出て二度寝する。

※ メルマガおまけ ダイナモ付きパソコン

|

« | トップページ | 判官贔屓 »

コメント

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei04/hyo7.html
直接死因としては平成15年1,171名に対して平成16年694名。もっとも、過剰死亡という概念で統計を取るので人口動態統計はあてにならない。IASRの11月号が待たれる。
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kanja/weeklygraph/01flu.html
03/04シーズンはこっち。
http://idsc.nih.go.jp/iasr/25/297/dj2972.html
昨年度は3月に流行のピークがあったので、過小評価されていると思われる。
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kanja/weeklygraph/01flu.html

取りあえず、過剰死亡についてはタミフル/リレンザ以前の99年と02年にそう大差ないので「死亡数を減らす」という御利益は無いのじゃ無いかと思っている。
過剰死亡数は
日本は1999/2000シーズンは13,846人、 2000/01シーズン913人、 2001/02シーズン1,078人、 2002/03シーズン11,215人、2003/04シーズン2,400人

イングランド+ウェールズでは1999/2000シーズンは20,842人、 2000/01シーズン232人、 2001/02シーズン5794人、 2002/03シーズン4,616人

人口が半分以下、スコットランドと北アイルランドを抜いたイングランド+ウェールズよりコンスタントに日本の方が死亡数が少ないが、タミフル/リレンザ以前から見られる傾向なので、世界の90%を消費していると言う程の日本で圧倒的な抑制が見られていない以上「死者は減らさん」と言い切りたくなる。
http://www.hpa.org.uk/cdr/archives/2004/flu2003_4.pdf

タミフルやリレンザは発熱期間の短縮。ルルと同等の薬と思っていた方が良い。
高病原性鳥インフルエンザで半分以上死んでいるんだから。実際、効き目は無いような物。

投稿: sionoiri | 2005.11.20 13:49

先生

> 一方で、せちがない世の中になったなと思いますね。

「世知辛セチガラい」のタイポです。

投稿: | 2005.11.20 14:07

>ジョージ・ワシントン
太西洋艦隊から曳いてくるとは思わなかった。
原子力空母のRCOH(Refueling and Complex Overhaul)ができるのはNGNN(Northrop Grumman Newport News)だけです。改修ならNorfolk NSY(Naval Shipyard)でも可能ですが。横須賀で改修は技術的、機密保持の問題でやるはずがない。
米国の軍事予算の増大は双子の赤字に拍車をかける。日本は米国の赤字国債をしこたま抱えているし、今後も買わされる。それにより日本の外国為替特別会計が膨張し日本の赤字国債となる。

投稿: えの | 2005.11.20 14:10

>タミフルやリレンザは発熱期間の短縮。ルルと同等の
>薬と思っていた方が良い。

すると、副作用で飛び出したリア工くんは、PPAでラリったのと同じようなもの?

投稿: truly_false | 2005.11.20 16:54

>すると、副作用で飛び出したリア工くんは、PPAでラリったのと同じようなもの?

インフルエンザ脳症の可能性は?高校生では稀ですね。

タミフルの副作用?が日本で多く報告されたのはもしかして単に使用する人が多いからかもしれません。

使用するなら利点と欠点を正確に評価して秤にかけるべきでしょう。ふくらむエアバッグに殴られてけがをする人もいれば、命を救われる人がいるように、単純によい悪いで判断はできかねます。

投稿: | 2005.11.20 18:25

>PPAでラリったのと同じようなもの
機序じゃなくて、「症状の緩和」と「安心感の付与」という、薬に対する「人間側の一方的な思い入れについて同等」と言うだけ。

投稿: sionoiri | 2005.11.20 19:07

>PPAでラリったのと同じようなもの
機序じゃなくて、「症状の緩和」と「安心感の付与」という、薬に対する「人間側の一方的な思い入れについて同等」と言うだけ。

投稿: sionoiri | 2005.11.20 19:08

>ジョージ・ワシントン
 「ニミッツ」か、比較的新しい「ロナルド・レーガン」のどちらかを、サンディエゴから持ってくると思っていたら、「ジョージ・ワシントン」とは意外でした。(内心、最後のご奉公でENTに来て貰いたかった・・・)
 艦名で、日本側に配慮云々って言ってますが、同名のSSBNが漁船を当て逃げしたのは、米海軍にとっちゃ忘却の彼方なんでしょうかねぇ・・・

投稿: 名無し二等空士 | 2005.11.20 20:23

>>はやぶさvsイトカワ(ぉ

松浦晋也氏のblogにリアルタイムに近い形でJAXA相模原局の取材状況が載っていますよ。

http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/

まー、状況は予想外の事が起きまくって途中でコマンドを受け付けなくなったものの、
10m以下まで接近した可能性が高く、(接地の可能性はあるけど)サンプル摂取をしないままイトカワから100km位離れた所に位置しているようです。

今、ダメージと燃料の残りなどの情報から何とか二度目のサンプル採取への挑戦が出来るかどうか・地球に帰れるかどうか検討中のようです。

「ロボティクス的には合格点」と言う言葉と「(これをもって)着地したとはいいたくない」と言う川口マネージャの言葉が印象的でしたね。

投稿: Artane. | 2005.11.20 20:34

ダイナモ付パソコン、以下の図解が詳しかったのでご紹介します。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/USNEWS/20050929/221874/

投稿: にろ | 2005.11.20 20:42

 抗ウイルス薬なんてものが出てきたのはごく最近で、いまだにウイルス病はワクチンによる予防が基本です。老人や特定疾患患者以外にはワクチンに補助出さないから摂取率が上がらないんです。インフルエンザワクチンは初期予防はあまり効果がないが重症化阻止はできます。
 今までだって、抗ウイルス薬なしでもなんとか乗り切ってきたじゃないですか。インフルエンザか普通の感冒かを診察室で鑑別診断することすらできなかったけれど、これといって問題は出なかった。騒ぎすぎです。

投稿: Inoue | 2005.11.20 21:44

> タミフル

この手の薬に注目が集まったのは、インフルエンザ脳症で大騒ぎになって以降だったように記憶します。
「解熱剤じゃダメだ。タミフルだ!」という雰囲気だったような・・・

> ジョージ・ワシントン

wikiでニミッツ級の艦名を見ると、
ニミッツ、アイゼンハワー、セオドア・ルーズベルト、リンカーン、ワシントン、ステニス、トルーマン、レーガン、ブッシュ。
この中で日本にとって無難な名前を選ぼうとしたら、リンカーンかワシントンということになるのでは?
名前だけなら左の皆さんにも受け入れられそうですから。

投稿: 元県民現都民 | 2005.11.21 08:58

新型インフルエンザには効かないからタミフルがクローズアップされ騒いでいるのではないですか?鶏インフルエンザは当初人には感染しないと言っていたのに違っていました。アジア5カ国ですでに130人感染し60人が死亡していると言われていますが実際の数字はわかったもんじゃない。

投稿: | 2005.11.21 10:25

 従来型ワクチンでも、新型との重複感染阻止にはなる。本丸を攻められないなら、まず外堀から埋める。兵法の基本。

投稿: Inoue | 2005.11.21 12:45

http://idsc.nih.go.jp/iasr/26/309/tpc309-j.html
11/22 に 昨シーズンのインフルエンザによる超過死亡数の「大本営」発表があった。
「超過死亡は、2005年2〜4月に15,100人」
匹敵する流行 超過死亡数
94/95 22,445
97/98 32,758
このときよりは大幅減であるが、健発第1058号(2001年)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bcg/tp1107-1h.html
インフルエンザワクチン接種の再開後と比べないと仕方ないので
「タミフル後半減」とは言い切れない。

投稿: sionoiri | 2005.11.22 14:08

> 祈る! イトカワ成功

着陸と小惑星サンプルの採取に成功したようですね。
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/science/20051126/20051126i304-yol.html

松浦氏のサイトを見ると、まだまだ安心はできないようですが・・・
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/

何はともあれ、今は祝杯を!

投稿: 元県民現都民 | 2005.11.26 13:47

こんなのもあったですが、どう思われますか?

「超高速旅客船の転用浮上 
    米海兵隊輸送など想定」
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2005/11/post_9109.html

投稿: およよ | 2005.11.29 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈る! イトカワ成功:

» 米軍再編:相模原補給厰に陸自部隊? [月よお前が悪いから]
キャンプ座間に米軍第一軍団が来るという報道は盛んにされていますが、その裏で色々と陸自も動いているようで。 今回設立される防衛庁長官直轄の陸自の中央即応集団に関して、キャンプ座間に司令部を、相模原補給厰に1,300人規模の普通科連隊((特殊部隊の中核になる特殊作戦群は習志野の見通しのようなので、司令部付き隊の方か?))とヘリポートを置こうという動きがあるようです。 このディティールは10月末に一部メディアで報道がありましたが、今月発売の「軍事研究」2005年12月号を詳読して状況が掴めました。 こ... [続きを読む]

受信: 2005.11.20 20:38

» 露西亜も特亞参入か!? [理性と狂気の境界]
「日本の教科書は残虐行為を罪とせず」 引用開始―― 【モスクワ=五十嵐弘一】ロシア外務省のミハイル・カムイニン報道官は18日、露マスコミとのインタビューで、 「現在に至るまで、日本の歴史教科書では、朝鮮の占領や、中国での日本軍国主義者の残虐行為は罪とはされていない」と語った。  さらに「中韓など日本の近隣諸国は、日本指導部が謝罪することが、関係発展の前提条件とみなしている」と述べた。  プーチン大統領の訪日を前に、露マスコミとのインタビューに答えた。 (2005年11月19日19時9... [続きを読む]

受信: 2005.11.21 12:22

« | トップページ | 判官贔屓 »