« 今ここにあるプロ市民利権 | トップページ | 公民館の方から来ました »

2005.11.23

一戸建ての設計理念

 告知。明日木曜日は、午前9時から15時までココログはメンテです。その間、コメントもトラックバックも出来ないので、ご了解下さい。従って、明日の日記の更新は、私が覚えている限りは、午前9時前ということになります。それを忘れていたら、15時以降ということで。

※ やっぱり一戸建てよ

 帰省してました。もう疲労がどっと……。れいによって風邪をひき、鼻づまりが酷くて今朝は予定よりだいぶ早く目覚めてしまい、二度寝する羽目になって日記の更新が12時を回ってしまいました。子供連れての帰省がどんだけ親の体力を消耗するか。戦争ですね。イラクで海兵隊員がパトロールに出るようなもの。一瞬たりとて気が抜けない。

 マンション問題、テレビのニュースを見ててつい思ってしまうのは、やっぱり一戸建てですよ(~_~;)。だって土地が付いていさえすれば、家が駄目でもプレハブやテント張ってでも暮らせるんだから。マンションて便利ですけどね、いざという時に潰しが利かない。もっとも居住環境としての一戸建ては最悪だと思いますが。いつも帰る度に思う。こんな家、どうやって管理修繕するんだと。しかも冬はやたら寒いし。

 私は、サッシが登場して以降の日本の一戸建て住宅の構造って、根本的に間違っていると思っているんですが。だって、サッシなんて暖房効果ゼロですよ。埃は容赦なく隙間から入ってくるし。なんで日本人はあんなにサッシが好きなんでしょう? 単に光が多く取れるから、という理由だけじゃなさそうですが。
 結局、障子があって、雨戸があるという旧家屋の方式を引きずり、雨戸がサッシ窓になって、こりゃ便利だわい、と今日に至ったわけですよね? もっと早い段階でどこかで設計思想の根本的な変換があるべきだったのではと思うのですが。
 私が一戸建てを造るとしたら、窓は最小限に留めます。もう刑務所以下の採光に留めて、壁だらけの家にしますね。

※ 佐久警察署の巡査部長が後輩の体毛焼く 暴行での立件視野に調査
http://sbc21.co.jp/my-cgi/sbc_news.cgi?page=seventop&date=20051122

  要するに、新人隊員を並べてパンツを降ろさせ、チン毛を焼いたわけだぁ。どこの田舎の県警にもこういう連中はいるけれど(中にはロシアンルーレット紛いの行為を強いる奴もいる)、全く、こういう形でしか先輩としての権威を誇示出来ない馬鹿は、銃殺刑にしてくれ。誰も文句は言わない。
 ただ喜ばしいのは、もうこういう行為は、同性同士だからとか、相手は男だから……、とかの情状酌量が通用しなくなりつつある。同性同士であっても、セクハラや破廉恥罪として立件できる時代になりつつあることは歓迎すべきです。

※ 鉄製側溝ふた 事故誘発/鹿児島市・皇徳寺台
http://373news.com/2000picup/2005/11/picup_20051122_12.htm

 これはナンセンスですよ。そもそも、濡れた側溝の蓋の上を自転車で走ろうなんていう人間が間違っている。ただ、問題は、実はこの蓋、普通の靴でも濡れていると滑るんですよね。蓋の上面に小さな刻みを入れる等の工夫で、だいぶ改善できると思うのですが。

※ 不明の陸自ヘリ不時着、乗員2人を救助
http://www.asahi.com/national/update/1121/NGY200511210005.html

 まいいですよ。パイロットは無事だったし、OH―6の値段なんて知れてるから。

※ 児童ポルノネットに掲示 海上自衛官と国交省技術官逮捕
http://www.asahi.com/national/update/1121/NGY200511210019.html

 まったく、このキャリアになって何やってんだか……。

※ アイ・オー、耐衝撃HDDにウイルスが混入
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/1122/iodata.htm

 解らない。なんでこんなことがこういう製品で起こりうるんだろう。

※ 帰省往路編

 土曜お昼前出発。2時50分発の日航機。なんか羽田の日航専用と言って良い出発ゲートを、沖止めか? と思わせるほど、半日も端まで歩かされる。日が暮れるかと思った所に、やっと怒田舎便の閑散としたゲートがあった。
 なんと、JALにはムシキング・ジェットなんていうのがあるらしく、それに当たり、長男大はしゃぎ。はあ~。だったらスッチーもムシキング・コスプレして欲しいぞ。
 所が、この機体がなかなか離陸しない。 _| ̄|○ 。なんでも、荷物を預けたまま乗ってこない馬鹿がいるとかで、結局、そいつは現れずに、そいつの荷物を降ろすことになったらしい。「その作業に5、6分掛かりますので~」とアナウンスがあるものの、嘘こけ! 五分で降ろせるか。案の定、15分以上、下でがさごそやっている。その乗らなかった客は、見せしめに滑走路上で……。以下自粛。
 定刻より30分も遅れて離陸。別にムシキング・ジェットだからと言って、キャビンがその仕様になっているわけじゃない。それにあの胴体の塗装、問題に感じるのは、側面にイラストが描いてあるだけで、ボーディング・デッキからじゃ、たいして見えないんですよね。せめてノーズアートくらいやってよ。記念写真も撮れないじゃん。でも長男は、弟の分まで2枚、JAL限定ムシキング・カードを貰ってご満悦だった。

 この日の搭乗率は、上を見て7割5分。これはやばいぞJAL。割引期間中の土曜午後の便が埋まっていないなんて最悪。大丈夫か?
 フライト中、赤子を抱いた母親にスッチーが「母乳ですか? ミルクですかぁ?」と無邪気に訊いているシーンに遭遇してメガテンになる。いや、あんたに悪気が無かったことは解る。単に、赤ちゃんやその母親とコミュニケーションを取ろうとしたに過ぎない。でもJALよ、今時、母親に訊いて良いことと、いかんことの区別ぐらい教育しろよ。母乳かミルクかなんてのは、中でも最大のタブーだぞ。
 5時10分頃鹿児島空港の下のデッキに出る。ここから鹿児島経由で帰るとなると、垂水着が最短で7時半。さすがの九州も、もう外は暗い。暗くなって墓参りすると、余計なものが肩の上に付いて来そうなので、これは断念。鹿屋行きのバスが運良くというか、運悪くというか、20分に出るというのでそれに飛び乗る。
 運転手、酷くサービスの悪い人だった。荷物を両手に抱えて子供も抱いているのに知らん顔。鹿児島交通って、タクシーからバスに至るまで運転手がやたら無愛想でサービスが悪いんだが、どうしてだろう。
 バスは国分市内の夕方渋滞を抜けて真っ暗闇の山の中へ。カーブが多いせいで、その度に減速と加速を繰り返す。頭の片隅で、バスにこそガスタービンだ! 戦車なんぞに積んでいる場合じゃない、バスにこそガスタービン・エンジンの瞬発力が必要だ! と強く確信する。
 つか、もう少し何とかならないの? ハイブリッド・エンジンを搭載して、加速時にサポートさせるとか。
 国分市内の夕方渋滞のせいで、たっぷり2時間掛けて鹿屋バスセンター着。タクシーに乗り換えて7時半前、帰着。BSでハリポタをやっていたので、それを見ながら晩飯。婆さんが何も考えずにホットプレートで鯛を焼くんだと張り切っていたので、ひとまず、婉曲に、それは幼子には危ないんだということをアピールして止めさせる。台所の電磁調理器で焼く。初めて、この装置にはタイマー機能があることを知る。いやぁ、こら便利だわ。これに、例えば最初の2分は強火、その後3分中火で、5分弱火、なんていうプログラム機能が付けば最強なのだが。
 通称「だっきしょ豆腐(ピーナッツが原料)」がテーブルに出ている。美味なり。都会でも売れると思うけどなぁ。しかし、南九州、全然暖かく無いぞ(~_~;)。グアム並みの陽気を期待していたのに。
 ER地上波を見た後、エアコンをガンガン掛けて寝る。

*日曜。朝から雨。異様に寒い。家が広すぎるせいでエアコンがピンポイントでしか効かないし、そもそもブレーカーが飛ぶから、エアコン一台しか点けられない。
 霧島ヶ丘公園に行く予定だったが変更。いつものレストランに出撃した後、ダイワに向かって買い物。三階にゲームセンターがあったのでムシキングがあるかと覗いたら、長蛇の列。 _| ̄|○ 。こんな田舎で、いくら天気が悪いとはいえ、他にやることがあるだろう、子供たちよ! 仕方なく、長男を30分並ばせ、婆さんをタクシー乗り場まで送って行く。タクシー乗り場で、天皇ご一家のカレンダーを売っているおばさんがしつこく付きまとう。このカレンダーを買うと無病息災、不思議と病気が治るんだとか。ああそりゃ良かったね。
 帰りのタクシーにちょっと遠回りして貰って、北田交差点の再開発の工事現場を撮影する。ああ、見事な更地だ。イオンが出てきて、マックスバリューとか入るらしいんだが、果たして上手く行くか。周辺のシャッター通りの景観は、もう見事という他は無い。だって、これが平日ならともかく、日曜の夕方にシャッターがずらりと降りているんだもん。こんな所に、ボコッと大規模小売店舗を誘致して巧く行くんだろうか。

 日曜夜のBSテレビ。WOWOWに至るまで見事に、何も無い。不思議でならないんだが、BSの視聴者って、あんな見窄らしいプログラムで、金払って元を取っている自覚があるんだろうか。
* 月曜~火曜帰京編に続く。

※ 鬼門?鬼籍?

 昨日の日記の冒頭、「鬼門」ではなく「鬼籍」です。ちゃねら~がコメント欄で無邪気にはしゃいでいたけれど、実は私が「鬼籍」と書くべき所を「鬼門」と書くのはこれが初めてじゃありません。たぶん三度目か四度目です。一度脳内に刻まれた情報を修正するのって、この歳になると、なかなか難しいですね。またいつかやると思う(~_~;)

※ メルマガおまけ 最終兵器彼女&あのビッグゲーム

|

« 今ここにあるプロ市民利権 | トップページ | 公民館の方から来ました »

コメント

大石先生、ガスタービンバス走ってますよ。
http://response.jp/issue/2003/0820/article53181_1.html

といっても、ガスタービン直接駆動ではなく、ガスタービンで発電→モーターで駆動です。

投稿: | 2005.11.23 13:54

>私が一戸建てを造るとしたら、窓は最小限に留めます。もう刑務所以下の採光に留めて、壁だらけの家にしますね。

 それが正しいです。窓が少ないと、以下のようにいいことがあります。

1.壁が構造強度を高めるので耐震性が高くなる。太い柱や鉄骨なしでも大丈夫
2.壁の中に断熱材料(ガラスウールの入った袋です)を詰め込めば、エアコンの消費電力が少なくなる
3.直射日光が入らないから、本や家具やDVDが劣化しない。
4.防犯になる。わざわざ梯子かけて、2階の窓から入る泥棒なんてあまりいない。ピッキングやサムターン回しなんて空き巣の3%で、6割が1回窓のガラス破りです。(警視庁調べ)

 換気なんて、小さな換気用窓を上部にあけておいて、紐でひっぱると空くようにしておけばよい。換気扇を装備してもいいし。

投稿: Inoue | 2005.11.23 14:08

アイオーのHDの件は、おそらくWindows用にフォーマット済みの製品なんでしょう。つなげてすぐ使えるように気を利かせてある。Linuxで使うならフォーマットしなおし。

投稿: Inoue | 2005.11.23 14:11

オンドルだけはいいなーと思いますね。オンドルだけですけどね。
イギリスだとお湯を使ったセントラルヒーティングがどの部屋にもありました。あちらのセミデタッチトや労働者住宅というのは外観は異様ですよ。とにかく同じ形の家が延々と並んでいるのですから。その分内装で個性を出していますが。でも空間の有効利用という点では合理的です。日本の住宅街を歩くと、空いた空間を集めればもっと沢山住めるのになと考えてしまいます。
木造建築の文化を引きずっているのは分かりますが、結局効率の悪い暖房で高いコストを支払わされるのは住人だけという事なのに何も変わらない。もったいないという言葉が世界で有名になるのはいいのですが、では日本の実態はというと・・・

投稿: | 2005.11.23 14:12

鹿児島空港から両親の実家に帰省するときは大抵一人なんで荷物も殆ど無いこともあってか
乗車→空いてたら二席利用→爆睡→気付いたら到着
なもんで殆ど気にならないです。

むしろ羽田発のバスの方が辛い気が(大抵満席で身動きがとれないorz)。

>窓の少ない家
小学校のときの家庭科の「住みたい家」って項目(不動産屋の間取り図のチラシに書き込みをして提出する)でそういうコンセプトの家具配置や窓を潰して云々ってやって出したら、窓が無いのが云々とか言われたのを思い出した。

投稿: スコップダンディ | 2005.11.23 14:43

戸建て住宅についての知識が20年くらい前で完全に止まっておられる
方ばかりですな。
はーーー。
ちょっとその辺の住宅雑誌でもめくれば、指摘事項なんて簡単に解決
できるわけですが。
ま、多少よけいに出費はありますがね。
それが標準装備なのを売りにしているところもありますが。
#引きこもりには窓がない方がいいかもね。

投稿: | 2005.11.23 14:56

個人的には自然光が入るのは気持ちいいと思いますけどね。もちろん家そのものに光が当たっていればですが。
火事、災害の時の避難口としての役目もあるでしょう。
防犯、断熱、強度に関しては技術的になんとでもなりそうだし、たぶんそういう製品もすでにあるんでしょうね。(スコップダンディさんがかかれているとおり。)僕の知っているのは二重ガラスくらいですが。

投稿: tt | 2005.11.23 15:19

基本的に近代日本の窓の概念は、掃きだし(全面)だと思うのですが。(一階ね)
障子と雨戸の場合も、多分江戸時代よりずっと掃きだしだったはず。
その方が衛生的であり、通風・換気に優れている。通風がなければ、畳はダニが猛繁殖しますし、床面の湿気の逃げ場が無いため、構造材・床材の腐食が早まります。換気扇や上方の窓では、足りない。
ちなみに基準法では、住宅の場合、床面積の1/7以上の有効窓面積を有する事が義務ずけられています。

投稿: nao_c/w | 2005.11.23 15:30

えと、ガスタービンはハイブリッドにするならともかく、カーブの多い山道には向いていない気がします。
少なくとも、ガスタービンのレーシングカーは、スロットルレスポンスに悩んでいたようですし。
加速が良いというのは、船のレベルの話ではないでしょうか。
戦車は、負荷が高止まりなのでなんとかなっていると思います。

投稿: いーの | 2005.11.23 15:32

蓋といえば、グレーチングと呼ばれる網状のものと縞鋼板とに大きく分かれるが、前者は天候に関係なく時々自転車が輪をひっかけるという事故を起こす。もちろん普通に走っている限りではそんなことは起きない。
車両ですべることがあるのは下水道などのマンホール蓋。面白いことに車輪が通るところにあることが多い。

投稿: | 2005.11.23 15:41

朝日(新聞やテレビではなく朝の日)を窓から入れることの効果は馬鹿にできん。
2週間ほど前に目覚めと朝日の因果関係について発見があったらしいが、生物として本来の生活サイクルをしていない人にはあまり関係のない話か・・・。

投稿: | 2005.11.23 15:45

むかし、農家の新築家屋の、仕上げ掃除のバイトにいって、居間のタタミ1畳半は超えようかという一枚ガラスの二重窓を吹き上げますたが、重いこと重いこと(レールすべりは滑らかなのに)それが一家に計6枚も...。家主のジサマバサマは、農作業で鍛え抜かれたマッチョだったんだろうな多分。

投稿: truly_false | 2005.11.23 17:12

藤森照信に依頼すると!文士らしく(笑)
googleイメージで「タンポポハウス」「ニラハウス」をご検索有れ。
諏訪も鹿児島も縄文っぽいから案外合うかもしれない。
窓が小さければ、鹿屋の航空機騒音も対応しやすいし(by 施設庁)

http://images-jp.amazon.com/images/P/4022613475.09.LZZZZZZZ.jpg
http://images-jp.amazon.com/images/P/464397088X.09.LZZZZZZZ.jpg

ハイブリットディーゼルがトレンドですから、きっとそうなるんでしょう。
日野セレガR ハイブリッド
《1.発売車両の特長》
(1)山岳部でも力強い走行性能を発揮する高出力大型バス。
http://www.hino.co.jp/j/corporate/newsrelease/pressrelease/detail.php?id=40
で、鹿児島交通のバス運転手の採用情報を知りたし(時給幾ら?)不機嫌な理由を探すのに。

投稿: sionoiri | 2005.11.23 17:35

極端に窓が小さい小和田邸(雅子妃の実家)はその基準法の義務をみたしているようには思えませんね、3つぐらい上の人。サッシに批判的な意見が多いですが、雨水の侵入を防ぎ、強風でもガタガタ音がしないし昔ながらの日本家屋よりいいと思いますよ。我が家は陽がよく当たるので布団をいちいち干さなくてもいつもホッカホッカです。

投稿: 東京ocnソープランド | 2005.11.23 17:39

>極端に窓が小さい小和田邸
町屋みたいに壷庭に開口させれば宜しいんでは?

投稿: sionoiri | 2005.11.23 17:55

>ちゃねら〜がコメント欄で無邪気にはしゃいでいたけれど、
はしゃぐって言うより嘲笑されてたんですよ、大石さん。
>実は私が「鬼籍」と書くべき所を「鬼門」と書くのはこれが初めてじゃありません。エヘン。
ヲイヲイいばってどうするってエヘンとは言ってないか。
生覚えのイディオムを使うのでなく、「鬼籍」「鬼門」という言葉の意味をそれぞれきちんと憶えていれば間違えませんよ。
そもそもあまり難しい言い回しを使わない方がいいのかもしれませんね。
「もうすぐくたばりそうな」くらいが大石さんらしくていいんじゃないでしょうか。
さも教養ありそうに難しい言葉を、誤って使う連中を、以前呉智英夫子が「すべからく族(「須ク」を「全テ」の雅語と思っている輩)」と呼んで馬鹿にしておりました。信州の将軍様とかバ勝谷さんとかがそうですね。そういう輩と一緒にされるのは大石さんも本意じゃないでしょう。
>またいつかやると思う(~_~;)
ヲイヲイこれだけ恥かいてまたやったらほんと愚鈍以下ですよ。恥と思ってない?

投稿: | 2005.11.23 18:44

そこまで要求する人は金払って有料文も見てる方ですか?

大石センセも沢山の人に期待されているんですね。

投稿: | 2005.11.23 19:29

まぁ、気に入らない奴の誤字脱字を指摘して、人格まで否定する勢いで煽り倒すのは基本ですから。
モヒカン族?なんだそりゃ?

投稿: | 2005.11.23 20:19

↑↑あのー、本を編集するときに「校正」と言う作業が入るのは何故だかわかってます?
著者や編集の前工程でミスが入るのは当り前だから、校正を何回か入れてミスを潰すのですよ。
最近はコストカットの槍玉にあがってるような地道な作業だけど…校正に金と時間かけなくなったおかげで、最近の本はとんでもないミスが散見されますけどね。

投稿: Artane. | 2005.11.23 22:17

ライトノベルズなんかじゃ、海上自衛隊の尉官を海尉と呼んだり、チリ沖に第6艦隊がいたりとか、1920年代以前にジープがあったりとか、ハリアーの複座型が特別な改造型だったりしますが……ここまで書いて気が付いたけど、これは校正というよりは校閲の方ですね。

投稿: いーの | 2005.11.23 23:54

コメントでもいろいろ言われていますし、大石先生のサッシについてなどの言及はやっぱ古いかなって思いますけど、住まいについては感覚や心情で言っても良いのではないかなと思います。

>>私が一戸建てを造るとしたら、窓は最小限に留めます。もう刑務所以下の採光に留めて、壁だらけの家にしますね。

既に耐震性強化等にに大きくふられた法整備のおかげで、敷地の限られた都市部の建売住宅等に顕著ですが、開口部が本当に少なくなってますよ。来るか来ないか分からない地震のために、自分の土地に建てる家を刑務所のような構造にしろと国にが強制しているようなものかも。ただ、日本人も日当たりの良い家に住みたいという気持ちやあこがれが依然としてあるにせよ、なんか一回転しちゃったかなあという感じもしますね。

投稿: | 2005.11.24 00:47

サッシ窓の隙間というのが
わかりません・・・。
何か勘違いされているのでは?

投稿: 元川崎市民 | 2005.11.24 01:47

サッシと建物の隙間じゃないかと思えば可笑しくはないけど

投稿: sionoiri | 2005.11.24 05:02

「神はサイコロを振らない」、連ドラになるんですね。びっくり!
おめでとうございます(ってことでいいんですよね?(笑))
すんません、今日のエントリーと関係ないことで。

投稿: | 2005.11.24 07:30

神サイと連ドラ?! あの間抜け婦警だけ飛ばせ!

投稿: sionoiri | 2005.11.24 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一戸建ての設計理念:

« 今ここにあるプロ市民利権 | トップページ | 公民館の方から来ました »