« 脳脊髄液減少症 | トップページ | 性犯罪、再犯をいかに防ぐのか »

2005.11.06

サイボーグ人間誕生?

※ NHKスペシャル「サイボーグ技術が人類を変える」

 いや面白かったですね。人工内耳があんなに進んでいるなんて知らなかった。たとえばパーキソン病の治療方法として、脳の中に電極を埋め込んで脳の異常波を抑える治療法があって、それは日本でも行われているんですが、この方法を応用して、鬱病を抑制する治療も始められている。なんでも脳には、悲しみの中枢と呼ばれるエリアがあって、悲しくなると、そこが活性化する。でそこを電気刺激して鬱病を治すんだとか。
 あるいは、両腕が切断された人間が、神経を胸に繋いで、そこで信号を拾って義手を動かすとか。それに驚いたのは、脳の側が、自分が今動かしているコンピュータの神経パターンに自然と最適化されていくんですよ。
 DARPAが脳コンピュータ・インターフェイスの研究に積極的に資金援助していて、ロボラットなんてのも成功している。人間が命じたように動く。さらには記憶を司る海馬(ネズミ)を薄くスライスして、それを必要な枚数分チップに焼き付けて、それを重ね合わせて、記憶のコンピュータ化を目指しているとか。
 攻殻機動隊はまだまだ先の話だなと思っていたけれど、たとえば、視神経というは、もの凄く複雑で、眼球を真似できても、視神経にどうやってそれを伝えるんだ? というハードルが残っている。それを視神経を経由せずに直接脳に伝えることができれば、視神経をどうするか? という問題をクリアできるんですよね。

※ 日露戦争:東郷平八郎と露艦隊司令長官のひ孫同士が対面
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20051106k0000m040090000c.html

 え? この袖章は(~_~;)、ひょっとして元帥閣下のご子孫はCSに……、以下略。シビアだなぁ、海自。

※ 5歳と3歳の兄妹行方不明 札幌で4日夜から
http://www.sankei.co.jp/news/051105/sha080.htm

 なんか可哀相だな。たぶん母親が夜の仕事に出て行った後、目が覚めてしまい、ママを探して外に出てしまったんだろうけれど。今朝、あちらのテレビ局のサイトとか回ってみたのですが、続報が無い。見つかったんだろうか。

※ つまようじの橋、重さ250キロに耐えた 北海道で大会
http://www.asahi.com/national/update/1105/TKY200511050236.html

 もっと大きな写真を激しく見たい。

※ NHK記者逮捕:局長「仕事上の悩みもあった」
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051106k0000m040080000c.html

 まあこういう人もいますよ。あんなに職員がいれば。

※ 今日を書こうと思って見送ったネタ。

 スカパー朝日のパックイン、何とかしてくれ! デムパとは言わないけどさ、ろくな理論武装もしてない小娘一人袋叩きにして悦に入ってる爺さん連中、みっともないよ。

※ メルマガおまけ スイングガールズ CX

|

« 脳脊髄液減少症 | トップページ | 性犯罪、再犯をいかに防ぐのか »

コメント

>NHKスペシャル
 思考制御で動く戦闘機(ロシア語で・・・やYF-21)実現可能かもしれませんね。

 攻殻といえば、今日CSアニマックスで劇場版攻殻第二弾「イノセンス」がやりますね。

投稿: 名無し二等空士 | 2005.11.06 12:08

SFにおられる東郷元帥の曾孫さん。三佐で46歳、防大出の平凡な幹部の普通の姿ですね。元帥の子息は海軍に入ってないですし、お孫さんは事務官として海自に奉職されていたと聞いたことがあります。海将補で海幕調査部にいる東郷さんが「元帥のお孫さんとかよく聞かれますが全然違いますよ」と云われてました。そりゃ聞くよね。もしも陸自の幕僚長が東条英機の孫だったりしたら中国は交友を拒否するとか云うのでしょうか。いゃ、総理大臣になってもらって「父為のお参りです」とかいうのもいいなぁ。東条はそういえば元帥にはなっていませんが、彼も子息は陸軍に進んでいません。一人は三菱の航空部門で設計をされていたんではなかったですか。

投稿: 孔子 | 2005.11.06 15:59

>一人は三菱の航空部門で設計をされていたんではなかったですか

例のプロジェクトXで取り上げられてましたよ。
戦後、国産航空機の設計に貢献した人。YS11かな。
父親の東条英機が技術者になるよう勧めたとか。

投稿: 好男子 | 2005.11.06 16:40

>三佐で46歳、防大出の平凡な幹部

ちと遅くないですか。最近は防大と一般大の方との差も無くなって来つつあるようですが。ちなみに自分がお付き合いさせて頂いた制服の方(技術幹部)では一般大出身でも出世が早い方が何人かおられました。

>一人は三菱の航空部門で設計をされていたんではなかったですか。

次男の東条輝雄氏ですね。先日の二号零戦を扱ったNHKの番組(ゼロ戦ニ欠陥アリ)にも出演されていました。戦後は日本航空機製造でYSやC-1の製造に従事し、昭和56年には三菱自動車の社長になっています。

投稿: keenedge | 2005.11.06 16:56

>つまようじの橋、重さ250キロに耐えた 北海道で大会

つまようじブリッジコンテストについては、
http://homepage2.nifty.com/SUBAL/BCindex.htm
このようなサイトがございます。ご参考までに。

投稿: S.K. | 2005.11.06 17:52

>NHK記者逮捕:
隣国の人達も日本で悪いことをすると、同じ様に国全体が悪く思われるってことを
解って欲しいな。

投稿: おめだ | 2005.11.06 18:06

>帥閣下のご子孫

危急存亡の時に大抜擢の予定ですから。

投稿: XYZ | 2005.11.06 18:27

構成うまいねえ>Nスペ

オートメイルw→人工視覚→人工内耳→パーキンソン病→鬱病→運動神経抽出→運動信号注入→人工記憶と、技術が次第に脳内の深い部分に入り込んで怪しげな領域に近づいていくという。

投稿: 緑川 だむ | 2005.11.06 18:29

大石先生、上記「5歳と3歳の兄妹行方不明 札幌で4日夜から」の記事ですが、先ほど見つかったというニュースをローカル局で見ました。
父親が母親に何も告げずに連れ出していたとのことです。以上、報告までに。

投稿: ななし@北海道 | 2005.11.06 18:50

 パーキンソン病とか人工内耳までは、完全に実用化されている技術だから、怪しげなところは全く無い。うつ病への応用はまだ研究中。
 うつ病やパーキンソン病治療に、外科的切除ではなく電極針から微弱電流を流す理由は、脳の機能分布には個人差があるから。ある人間ではなんともない部分でも、他の人だと重大な脳障害がおきて取り返しがつかない場合がある。電気刺激方式なら、問題がおきたら電気止めるか、針を引っこ抜くだけでいい。
 ブレイクスルーがあるとしたら、それは中枢神経の再生に成功した場合でしょう。

投稿: Inoue | 2005.11.06 20:34

 名門の子孫というだけで栄達できるなら、外務省のようになってまいますがな。官僚組織に人事のイレギュラーはつき物ですが、大山巌や児玉源太郎の子孫というだけで方面総監になれるような組織なら、今頃はスパイだらけでしょうね。

投稿: 土門見人 | 2005.11.06 20:47

大石さんもNHK特集見られたんですね。
もう、驚くような技術ばかりで、一番驚いた
のが人工視覚でした。

ところで、大石氏の口から「攻殻機動隊」が
出てきたのもある意味驚きです。

投稿: 黒龍眼スサノオ | 2005.11.06 22:09

>三佐で46歳、防大出の平凡な幹部の普通の姿

これって滅茶苦茶遅いですよ。防大出の場合は30ちょいで3佐になるはず。
その後5年で2佐になり始めるから、防大出の46で3佐だとすると、
何か問題を起こしたとか、成績がめっさ悪かったとかがあるかも。

投稿: | 2005.11.06 22:40

>危急存亡の時に大抜擢の予定ですから。

 東郷平八郎のGF長官は、大抜擢でも何でもなく、順当な人事だったという主張があります。(そもそも、鎮守府司令長官・海軍中将という地位自体、愚物には到底勤まらないものですが)
 というのも、既に1回GF長官を務めていた東郷のほかに、当時の長官候補としては前常備艦隊司令長官角田秀松と同日高壮之丞しかおらず、まず角田は会津藩出身で、藩閥意識濃厚な当時、到底無理。日高は格下の艦隊司令長官より期別が下だから、GF長官に不適。引き算では東郷しか残らなかった、というものです。

投稿: 土門見人 | 2005.11.06 23:26

ネズミを操る技術が地雷犬風に流用されるんじゃないかと思いますが。

コンピューターウイルスが人間に感染する時代が来るのでしょうか?

投稿: | 2005.11.06 23:36

攻殻の話は、前に何度か出てたはずですが。

さてアニメ関連ということで、
2006年1月からこんなのがあるみたいです。
F.Y.I.

よみがえる空 RESCUE WINGS
http://www.rescue-w.jp/
救難飛行隊の話。
小松まで取材に行ったようですね。

タクティカルロア
http://www.tactical-roar.com/
護衛艦で戦う女の子って嫌いですか?

投稿: | 2005.11.07 10:38

>大抜擢でも何でもなく、順当な人事だったという主張

つーと、明治帝に、“東郷は運のいいヤシでございます”と奏上した(山縣だったけか?)ってのは、ネタ?

投稿: truly_false | 2005.11.07 12:32

>これって滅茶苦茶遅いですよ。防大出の場合は30ちょ
>いで3佐になるはず。その後5年で2佐になり始めるから

まず、陸と違って海はUもBも差別はありません。あえて防大の卒業期じゃなく幹部候補生の卒業期でというこだわりがある人もいるくらい。(この人防大出)

出世システムは大石さんや皆さんの云われるとおりですが、職域によっては上がないところもあります。あるいは奥さんが外国人で厚生班長とかばっかしか配置が無い場合なども昇任する機会がないという可能性もあります。いずれにしても退職時に二佐まではいけるのでは。

それと曾孫さんが一般幹部出でなく部内幹部出という可能性もあるかもしれません。部内だと三佐でほとんど終わりですから。

投稿: 孔子 | 2005.11.07 12:39

海自には東郷元帥の子孫以外にも海軍の提督の子息や孫が結構おられるのですが、有名なところでは加藤寛治大将のお孫さんが10年ほど前の呉地方総監で海将でした。TFの司令官時代にお目にかかったことがあります。精悍な感じのかたでしたが、阪神大震災に際しては初動が早く、小松島から朝の6時台にはヘリを偵察に出し、護衛艦を一隻神戸に送り出しています。その後、総監部やそのたの呉方面機関から非常食を集めて護衛艦や輸送艦に搭載して急派もさせています。その後の阪神基地を中心にした海自の活躍の下地を作った手腕は、阪神基地隊司令と共に大いに評価されたそうですが。

投稿: 孔子 | 2005.11.07 12:54

↓オレもこれは思った。
57 :名無し三等兵 :2005/11/07(月)13:37:29 ID:???
英司たんに、『大石氏の口から「攻殻機動隊」が出てきたのもある意味驚きです。』なんて思ってる人が居るんだなマダ。

投稿: | 2005.11.07 16:06

>明治帝に、“東郷は運のいいヤシでございます”と奏上した(山縣だったけか?)ってのは、ネタ?

 山本海相だったと思うが、所詮『坂の上の雲』は娯楽小説だから。歴史書じゃありません。

投稿: 土門見人 | 2005.11.07 20:03

フランス本土で半世紀ぶりに非常事態宣言が出たそうですがそれでもいつものことなのでしょうか?

投稿: かめきち | 2005.11.08 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/6923093

この記事へのトラックバック一覧です: サイボーグ人間誕生?:

« 脳脊髄液減少症 | トップページ | 性犯罪、再犯をいかに防ぐのか »