« 号外 空耳インタビュー | トップページ | SF設定部分 »

2005.11.25

年末の新刊予告

 新刊予告。ブログの左欄に12月20日発売予定のハードカバー新刊「ぼくらはみんな、ここにいる」(中公)の表紙を貼りました。デザインはまだ最終稿というわけではありません。ちなみに神サイの文庫も同時刊行の予定ですが、まだ単行本も流通に残っていますから、読んでいない人は早めに注文して下さい。ハードカバーは後々貴重になりますよん。
 え? 新刊は時代劇じゃなかったのかって?(-_-)。時代劇ですよ。どこから見ても時代劇です。島原の乱を目前にした揺れ動く長崎を舞台に、人情味溢れる奉行所の与力の活躍を描く時代劇です。表紙に描いてある楽器のイラストは何だ? いや、別に深い意味は無いでつ(~_~;)。それって、昔あったNHKの少年ドラマ・シリーズのノリじゃないのか? うーん、ちょっと雰囲気は似ているかもん。あんた、欲出して二匹目のどぜうを狙っているね? って、拒むものではありませんから……。映像化オファー、カモンカモンです。ヤフオクに映像化権を出したら、それだけで話題になってベストセラーにならないだろうか。
 いや正直、去年の年末に「Q」という小説を予告しましたが、急遽差し替えました。理由はですね、「Q」は、割と一本道のミステリーという設定なので、2時間ドラマにはなっても、連ドラとしては難しい。そこで連ドラ向きの小説を用意したという次第です。なんか私が言うのもなんだけど、今の民放さん、本当にドラマのネタに困っていらっしゃるみたいだから。
 読了後に、もう一度プロローグを読み返して、ああ! そうだったのね、と思わず抱きしめたくなるような可憐な小説です。

※ 松本のホテル営業休止 姉歯事務所関与で「疑問点」
http://www.shinmai.co.jp/news/20051124/KT051124ASI000001000022.htm

 エースイン松本ですよね。私も場所は知っています。いつもこの近くに泊まっていますから。ただここに泊まったことは一度もないです。ちょっと松本のホテル競争の中では、線路に少し近すぎて煩いかな……、と思ったものですから。
 この補償とかどうすれば良いんでしょう。どう考えても、建設や販売に関与した会社は、このまま倒れるでしょう。事業継続自体が無理でしょうから。
 そんな中で、じゃあ国が無利子や低利で融資した所で、もう事業継続できない限りは、そのこと自体に意味が無くなる。では、被害を被った個人に対して、もし出直すなら、その金額は公的な保証を与えるけれど、いずれにしても自分で新たに借り入れるという形にして下さい、ということにするしか無いでしょう。ただこれも今のローンをどうするか? の問題をクリアにしなきゃならない。
 結局、行政に出来ることとしては、どこか公的住居への優先入居であるとか、その程度のことしか無いですよね。
 いったいローンの問題はどう解決するんだろう。

※ 西村議員、週明け強制捜査 大阪地検・府警
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051124-00000023-san-soci&kz=soci

 こんな事件で潰されるのは残念ですよね。ただ、政治活動に関しての事件では無いので、逮捕による身柄拘束があっても、民主党を離脱するだけで、議員バッジを返す必要はないでしょう。ちょっと脇が甘かったんだろうな。返す返すも残念なことです。

※ 皇太子の次は愛子さま 次期国会に典範改正案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051124-00000206-kyodo-pol

 まだ皇太子ですら、いつ天皇になるのか解らないのに、こんなにことを急ぐ理由は何なんだろう。20年後でも全然構わないと思うんだが。

※ 中学生が集団決闘 1人けが 鹿屋市にて
http://www.mbc.co.jp/newsfile/news-v/00068481_20051124.shtml

 これ笑っちゃうのは、一応決闘のルールはあったらしいんだな(~_~;)。いやま、あそこは私らの時代から決闘の場所として有名でしたから。でもこれは決闘罪でも適用されるんだろうか。

* 同じMBCのニュースに、【踏み字訴訟で警察官に尋問】というのもあった。
http://www.mbc.co.jp/newsfile/news-v/00068439_20051124.shtml
 考えたな、警察も。まさすがにこの事件は、どんなに田舎の裁判所が扱っても、警察に勝ち目は無いですよ。

※ 蔵書廃棄訴訟、著者1人あたり3千円賠償命令 東京高裁
http://www.asahi.com/national/update/1125/TKY200511240454.html

 この事件のもの凄く不思議な所は、新聞を筆頭にマスゴミは、誰がどういう意図をもって焚書に及んだのか一切取材しようとしない。きっと奥深い闇が潜んでいるんだろうな。

※ 米で代理出産での出生届、最高裁「不受理」を支持
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051124it16.htm?from=top

 極めて真っ当な判断でしょう。

※ バンダイ、ガンダムPC第2弾
「アナハイム・エレクトロニクスモデル」

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/1124/bandai.htm

 きっと、念じるだけでキーボードが叩けたりするんだろうなぁ。

※ 木曜。凍えるような寒さと鼻づまりで全く眠られず。最終的に起きたのは13時。ブログをチェックしたら、閲覧出来ないはずのページが表示されているし、神サイに関するコメントも付いている。あ? ドラマ発表になったのね。全然知らんかった、という感じ。いつプレス解禁になるかも出演者に関しても一切何も聞いていませんでした。興味が無いと言えば嘘になるけれど、いったんフリーハンドで原作を渡したからには、私は一視聴者という存在を越えるものではありませんから。
 私がプロデューサさんにお願いしたのは、話はどう弄って貰っても一切構わない。いかなる変更に関しても、著者の了解を取る全く必要はない。けれども、悲しい話なので、あまり重くならずに、前向きな話にして下さい、と。それだけお願いしました。
 自衛隊の出演シーンはあるのか? という興味が当然あろうかと思うのですが、これも知りません。US-1Aのシーンは、入れたいようなことをプロデューサ氏は仰っていましたが、その後どうなったか等含めて、始まってからのお楽しみということでしょう。イーグルはさすがに無理だろうな(~_~;)。たぶんあの祝迫一尉自体、キャラとして出るとは思えない。
 ちなみに、この話はいつ頃始まったかというと、日テレさんからの接触は年明けからでしたね。メルマガでは時々コソーリと臭わす程度には報告していました。ただ本決まりになったのはごく最近のことです。ドラマ化云々の裏話は、ぼちぼちとメルマガの方でしましょう。

*神サイ・ドラマ公式ホームページ
http://www.ntv.co.jp/saikoro/

※ メルマガおまけ SW epIII

|

« 号外 空耳インタビュー | トップページ | SF設定部分 »

コメント

>神サイ・ドラマ公式ホームページ
うお!ドラマ化おめでとうございます!!(とお祝いしていい出来事なんですよね??)

でも大石作品がドラマ化されるとは、いい時代になったモノです。立て続けにいまさらながら、原潜海峡を封鎖せよ!の映画化希望!w

投稿: 元薩摩在住 | 2005.11.25 10:56

大杉連に岸部一徳とは渋いところを抑えたな。天童 荒太の「永遠の仔」のときは文庫本がドラマ決定の帯をつけて平場に山積みされとりました。そうなるといいでんな。
>※ 西村議員・・・返す返すも残念なことです。
小泉人気で靖国神社がフィーバーしたときに西村さんの後援会が大勢人をだして入会を勧めてました。お年寄りを中心にけっこう手続きしていましたが、8月15日にここで政治活動やるかーって嫌な感じでしたよ。
>まだ皇太子ですら、いつ天皇になるのか解らないのに、こんなにことを急ぐ理由は何なんだろう
不謹慎ながらテロで皇太子から桂宮まで全滅の可能性だってあるから。

投稿: 東京ocnソープランド | 2005.11.25 11:12

>出産した女性を母とすることに合理性がある
代理母裁判。もしかして、オカマ夫婦の事まで先読みして判例を出したのか?

投稿: sionoiri | 2005.11.25 11:38

日本TV、4chかあ。なぜか4chだけ電波状態悪いんだよな。
砂だらけで・・・・・・。やはり新社屋になって、間に幕張の高層ビル群がもろに入ったせいだろうか。

投稿: s_doi | 2005.11.25 11:53

投稿: TAZ | 2005.11.25 12:04

主題歌は さだまさし だろうか

♪きみを忘れない 生命のある限り
哀しみも 喜びも 永遠の
タイムカプセルに詰めて

投稿: 島田ささ | 2005.11.25 12:46

主題歌は さだまさし だろうか

♪きみを忘れない 生命のある限り
哀しみも 喜びも 永遠の
タイムカプセルに詰めて

投稿: 島田ささ | 2005.11.25 12:47

>不謹慎ながらテロで皇太子から桂宮まで全滅の可能
>性だってあるから。

むろん、先に、その「テロ」を実行する可能性のある連中をツブしておけばよい。社m(ryとか共s(ryとか朝h(ryとか朝鮮s(ryとか...。

投稿: truly_false | 2005.11.25 12:52

いきなり過ぎて吃驚しましたよw
単行本買ってて良かった~

とにかくおめでとうございます。

自衛隊の協力がなにげに必要な場面が多そうなので、
ちょっぴり不安ですが。

投稿: SEED | 2005.11.25 13:27

おめでとうさんです。
大石フリークとしては、
今日から東横線、山手線の通勤電車でブックカバーを外してこれ見よがしに「神サイの単行本」を読んで幾らかでも番宣に協力しますよ。
(でもカバー付けないと本が傷むんだよね。)

投稿: | 2005.11.25 16:23

>ブックカバーを外してこれ見よがしに
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1420147
で,[教えてgoo!]にでると?

投稿: sionoiri | 2005.11.25 16:31

で、3話目位のエンディングではお決まりの「大石英司原作の神はサイコロを振らないを抽選で10名様プレゼント」とかやるのだろうか?妄想してしまうー。でも現実だ(笑)

投稿: | 2005.11.25 16:33

sionoiriさんね。
おいらは常々思ってたんですけど。
トム・クランシーのカエルはフォーブスの常連なのにかたや大石英司はフラツカーズですよ。あんまりだ!オレに言わせればトム・クランシーなんて大石英司の劣化ウランもとい劣化コピーですよ。それが生まれた国が違うだけでふざけるなー。で、最終的な狙いはハリウッド。アメ公が飛びつくエピソードは、もちろん「飛行空母アナハイムを墜とせ」で決まり。待ってろ松井、5年後には年俸逆転だ。
(と一人鼻息荒い読者でした。)

投稿: | 2005.11.25 17:03

>こんなにことを急ぐ理由は何なんだろう。
左翼による女権拡大策の1つだからです。

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-category-21.html

投稿: N | 2005.11.25 19:31

毎年何冊も本を出さないとやっていけないというのは、日本の出版はどうなってるのかと不思議ですね。一方で、何年も作家の名に値する作品を出さない「作家」が大きな顔をしているのも・・・(作家という呼び方もどうかと思います。小説作家とかノンフィクション作家なら分かりますが。)
欧米だと2、3年に一冊で十分喰えると聞きますし、私が好きなG. L.氏(この前死んだ)もそんなペース。欧米でも読者層がそんなに厚いとも思えないのに、この差は何でしょうね。
あとハードカバーはなんとかして欲しいです。ペイパーバックで十分ですよ。
ああ、結局は読者が全てのしわ寄せを・・・

投稿: | 2005.11.25 19:40

トムクランシーは糞。
海外ものならS・ハンターとデイル・ブラウン。
これ最強。

投稿: | 2005.11.25 19:41

神サイを図書館で借りて読んだおいらは逝ってよし、でしょうか?

それはともかく、「大人の夏休み」で航空機の監修を坪田氏が務めたのは、ひょっとして同じ同じ日テレ水10枠の神サイへの伏線?

投稿: 漏れも田中 | 2005.11.25 20:04

もしかしたら勘違いしてるのかもしれませんが、
「神サイ」のドラマ化というのは連ドラですか?
私は2時間ぐらいのスペシャルドラマと思って
いるのですが。 どちらなのでしょうか。
間違っていたら恥ずかしい。

投稿: 祐希 | 2005.11.25 20:48

連ドラですよ

原作どおり登場人物はすべて出てくるんかいな・・・

投稿: | 2005.11.25 21:31

どうも、連ドラみたいですよ。
主題歌は私としては「翼をください」が合うんじゃないかと思うんですが、どうでしょう。

投稿: 横浜市民 | 2005.11.25 21:34

 原作者の特権で、「キャストに、水野美紀たんを入れんかい。入れんならドラマ化認めんぞ!ゴルァ!!」と、パイプの一つも巻けば良かったのに……

投稿: 土門見人 | 2005.11.25 21:53

お笑いコンビは出てきそう。
でも10年後の世界で一人だけオサーンになってる役はどうするんだろう・・・

あとホームレスの人も欠かせないよなぁ。

投稿: | 2005.11.25 23:30

>横浜市民さま
「ブログ今日分の新刊予告のくだり+カバー絵+神サイ公式HPでのメンツ」ですっかり私の脳内では、RYTHEMのリメイク版での三枝成章作曲「巣立つ日まで」が流れてます(^^)

投稿: ニャッキ! | 2005.11.25 23:46

報道を見る限りでは、かなりエピソードを絞り込んでいるように感じます。
SF的な部分やミリタリー的な部分は思い切って割愛しているのではと推測。
ねーちゃんメインのドラマかな?過剰に期待せず、冷静に拝見することにします。

投稿: ヘリ屋 | 2005.11.25 23:59

『神サイ』は来月、中公文庫さんで出るんですな。
 『クラッシュブレイズ』買って知りました・・・orz

ぶっちゃけ、ハードカバーらしさが良かったと思っているのですが。
最近の文庫は文字が大きくなってしまい、どうも
読みづらくあります。

投稿: 土牙村正@南武線沿線 | 2005.11.26 01:18

>かなりエピソードを絞り込んでいる
episode 1で、いいでしょ。湾岸署みたいにシリーズになれば

投稿: sionoiri | 2005.11.26 04:55

「神サイ」ドラマ化おめでとうございます(*゚▽゚)オメデトウ

個人的には初期作品の「カナリアが囁く街」をドラマ化してほしいのですが・・・・・もう初版から18年も経っていると時代背景がリンクしないので難しいか(^_^;)

投稿: REDBOOK | 2005.11.26 09:34

はやぶさ、イトカワ着陸…岩石採取装置も作動
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20051126it02.htm?from=top
成功したようですね

投稿: | 2005.11.26 09:47

> 最近の文庫は文字が大きくなってしまい

何年か経て、老眼鏡をご使用になる年頃になられましたら、
文庫本の文字の大きいことに感謝するようになります、多分。
ブックストアでは必ず中身を点検しています。旧版の場合は
やむを得ず新刊を買うようになります。

大石さん、ドラマ化おめでとうございます。
LOSTも始まったようなので、ダチ公にDVD化を依頼しておきました。
我が家にはプレーヤーしかないもんで  orz

投稿: ハマの住人 | 2005.11.26 12:22

欧米のほとんどの国はペーパーバックでも日本のハードカバーよりも高い。
欧米で本を読むのは高所得の上流階級だけだから。

投稿: | 2005.11.28 10:45

西村は比例区救済組ですから、離島=議員バッジ返上なんじゃないでしょうか?

投稿: | 2005.11.28 17:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末の新刊予告:

» 姉歯事件と三丁目の夕日。 [Espresso Diary@信州松本]
写真は、いつも私が通っている近所の銭湯『塩井の湯』。体重計には「キロ」の他に、「貫」の目盛りが付いています。ここは地下から水を汲み上げている鉱泉なので、近所の中高年が水をポリタンクに入れて持ち帰る場所でもある。入浴料は360円。この銭湯に不動産屋から電話がか...... [続きを読む]

受信: 2005.11.25 17:16

» 「皇室典範に関する有識者会議」の報告書を読み解く [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
小泉首相は、25日の閣僚懇談会で、長子優先の女系天皇を容認した「有識者会議」の報告書について「妥当な結論だと思っている。(皇室典範改正案を)次期通常国会に出し、幅広い意見 [続きを読む]

受信: 2005.11.26 19:00

« 号外 空耳インタビュー | トップページ | SF設定部分 »