« 開発進む秘境という幻想 | トップページ | サイボーグ人間誕生? »

2005.11.05

脳脊髄液減少症

※ <むち打ち>被害女性、苦難の3年余「失った時間返して」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051105-00000019-mai-soci

 起こったこと自体は、気の毒な話だけど、これはちょっと加害者にして見れば納得できない話では無かろうか。というのは、何の利害関係も無い第三者の医師が診断して、脳脊髄液減少症と長らく診断できなかったわけで、それは加害者の責任じゃない。
 現実問題としても、ちょっとぶつけただけで、一見むちうち症、実は脳脊髄液減少症でしたとなった時に、科料を重くすることが果たして正しいと言えるのか? これは保険の問題であって、検察があれこれ動くようなことじゃないでしょう。

※ デジカメ事業を大幅縮小 コニカミノルタ
http://www.sankei.co.jp/news/051104/kei077.htm

 なんだか完全撤退してしまいそうな感じがするんだが、勿体ないなぁ。α-7デジタルとか良い出来なのに。ついでにタムロンの不調。あれ、キヤノンのレンズとリング系が逆なのが良くないと思う。

※ 携帯プレーヤー課金、2年間見送り 文化審小委が方針
http://www.asahi.com/culture/update/1105/001.html

 へぇ~。今回は見送りとはいえ、まだやる気満々らしい。

※ 給食無理強いでPTSD 再発で学校側過失認め賠償命令
http://www.asahi.com/national/update/1104/OSK200511040067.html

 私らが育った頃は、こういうケースは、単に聞き分けが無い子として冷たくあしらわれていたんでしょうね。校長の過失は過失として認めるべきだと思うけれど、このケースでは、保護者の方にも、校長に話してよしとして、肝心の担任に伝えていない。その点の過失は保護者も自覚すべきだと思う。

※ いじめ教諭:校長が認め、横浜市教委も陳謝 早急に処分へ
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20051105k0000m040072000c.html

 難儀な事件で、確かに誉められたことではないし、この教師はたびたび指導をうけていたという話だから、それなりに問題はあったんだろうけれど、市教委の幹部が首揃えてカメラの前で謝罪するよなことかなと思う。

※ ムシキングのセガ、タイトー提訴 カードゲーム特許巡り
http://www.asahi.com/national/update/1104/TKY200511040294.html

 日本全国のパパさんの一人としては行方が心配な問題なんだが、どっちにしてもムシキングほど流行りそうな要素は無いと思う。

※ 「市民社会の米国、戦争で中国に勝てぬ」石原知事講演
http://www.asahi.com/politics/update/1104/002.html

 この人、チベットのことは滅多に口にしないんですよね。

※ <覚せい剤>京大2年生を所持で逮捕 京都府警
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051105-00000003-mai-soci

 まったく! 京大生たるもの、自らの思索と情念だけでトリップできなきゃあかんだろう。

※ 女子制服で中学に侵入 47歳男、かつらに口紅
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051104-00000275-kyodo-soci

 その気持ち解る! そりぁ私だって真夏の女子高のプールに飛び込めたら全てを失っても良い、とすら思う。でも、その歳で女子高の制服は無理があるだろう。

※ 本日見送ったネタ

 今朝のウルトラマン・マックスが異様にオヤジ受けした件に関して。

※ 金曜、朝一で耳鼻科。「そりゃ貴方、だから鼻の粘膜は微妙なんだから、3日やそこらで治るわけないでしょう!」。だったら最初からそう言うか余計に投薬しろよ……、と思いつつへいこら頭下げて帰ってくる。以前と全く同じクラリスが出る。効いているとは全く思えないんだが……。次男、また発熱を繰り返す。長男は喉と鼻が悪化しつつあり。

※ メルマガおまけ 仕事師

|

« 開発進む秘境という幻想 | トップページ | サイボーグ人間誕生? »

コメント

揚げ足を取るつもりはありませんが、チベット 石原慎太郎とググったら一杯出てきました。
ただ、ダライ・ラマとの会談は中止に追い込まれたことがあるようで、それ以来ヘタレになっている感じですね。
いざとなったら逃げ出す慎太郎のヘタレぶりは有名です。一時期、中山正輝さんが随分とコケにしていました。青嵐会時代に中国大使館に抗議に行くぞとみんなで気勢をあげたところもまではよかったが、「用事があるので・・・」とひとり逃亡したり、西村伸吾と尖閣諸島までいって慎太郎だけ上陸を遠慮してしまったりと情けない。こんなことだから、康夫にカワードと蔑まさられる。

投稿: | 2005.11.05 11:38

>>ウルトラマンマックス

あのくらいのシーンでオヤジ受けするのが不思議っす(;´Д`)
上原脚本の時の方が余程よかったですぅ…

ツンデレはりつけは男の浪漫♪なのかなぁ(;´Д`)
同じオヤジだけどわからん(;´Д`)

投稿: Artane. | 2005.11.05 11:46

 脳脊髄液減少症は、「オレンジロード」のまつもと泉が患っていて、人気はあったのにマンガ描けませんでした。治療法ができたので、復帰するかもしれません。
「絵柄が古臭い?」
 巧いアシスタント見つけてきて、まつもと泉は丸チョンを描くだけで、あとは任せればいい。

投稿: Inoue | 2005.11.05 15:45

いやあ、鮎川のヒップラインはまつもとしか
描けないと思う。
あるいは萩原か。

投稿: | 2005.11.06 00:24

>その歳で女子高の制服は無理があるだろう。

私の場合、歳以前に腹のサイズに合うスカートが…。orz

投稿: BUNTEN | 2005.11.06 07:16

こういうところにも保険会社に甘いマスコミの体質がでてますな

投稿: 漏れも田中 | 2005.11.06 10:17

>デジカメ事業を大幅縮小 コニカミノルタ
というのは産経のタイトルのつけ方が間違っているような気がします。

コニカミノルタ、写真事業を大幅縮小
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/04/news060.html
DPEの部門をリストラしてデジカメ(含デジ一眼)に注力するってことだと思うのです。

長期的にはキヤノン、ニコン以外は厳しそうですけど。

投稿: 腹這 | 2005.11.06 12:44

給食をちゃんと食べるのは、昔は家庭での栄養が足りないために、どうしても給食で補うという意図が強かったので、必ず食べて貰う式でした。最近はアレルギーもあるので、事前に聞けばそういう食材は考慮されるんでしょうが、好き嫌いをせずに残さず食べるのも「食育」という教育ですから、単に嫌いで食べたくないは駄目ですよ。小学校で、こういう問題が多発する裏には、食育を巡る家庭との連携不足、指導不足があるように思います。でも現場から云わせれば、多分「そんなの忙しくて手がまわらん」というのでしょうが。

投稿: 孔子 | 2005.11.06 16:06

オレンジロードは前にも話題になってるから、これをトップの題材に持ってきた時点でまつもと泉をある程度は意識してるんだろう。
今日日の漫画家なんてストーリー展開と最初の絵コンテだけしっかり描ければ何とかなる。アシを雇う金さえあれば、あとは絵が上手な学生なんざ吐いて捨てるほどいるからアシで雇えばいいだけのこと。
ただ、20年前のまつもと泉が戻ってきたところでわたせせいぞう的な存在感以上のものが出せるのか、それはそれで疑問つうか懸念。

投稿: | 2005.11.06 16:23

>2005年11月 5日 午前 11時38分

中山以外のソースは?(その手の話で中山は平然と嘘をつくから。)
カワードといえば田中康夫、田中康夫のほうがカワードのネタに事欠かないわけなんだが・・・。いちばん有名なのは白装束騒動での対応。当時の康夫のカワードぶりは2ちゃんで思いきりコケにされてた。

投稿: | 2005.11.06 16:29

孔子さん
リンク先の記事を読めば判りますが、今回の男児は発達障害があったようです。
だから、一概に好き嫌いは駄目とか家庭の対応が、と言ってしまうのはどうかと思います。
むしろ、障害児教育の在り様の問題かと思います。

投稿: 土建屋ともゆき | 2005.11.06 17:30

 田中ヤシオの、他人に対する弱虫呼ばわりに、さしたる根拠があるとは思えず、単に知っている単語だから口にしただけだと思われ。

投稿: 土門見人 | 2005.11.06 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳脊髄液減少症:

» 「携帯プレーヤー課金」2年間見送り [Blog!NOBON]
asahi.com によると、携帯プレーヤー課金が2年間見送られる見通しになったと伝えています。 携帯プレーヤー1台につき、数百円程度の課金が予想されていたこの制度。 一律に課金するので、著作物の複製をしない人からも徴収することになるなど、問題点が指摘されていた。 同補償金制度そのものを2007年度までに見直す方針とのことだがいったいどうなるのやら・・・ iTMS の登場などで複製自体合法なワケですからね....NOBON ... [続きを読む]

受信: 2005.11.05 18:58

« 開発進む秘境という幻想 | トップページ | サイボーグ人間誕生? »