« 電車の割れ窓補修 | トップページ | 恋愛至上主義を撲滅せよ! »

2005.12.21

雑誌三題

 今日のネタは週アス「歌田明弘・仮想報道」・週刊ダイヤモンド・週刊エコノミストの雑誌3本立て&田中康夫・今夕のイベント案内です。

 さ、もう新刊はお手元に届きましたか!(^o^)/
 去年、やたらと冷たい仕打ちを受けたマルエツ2階の文教堂にやっと赴く。「ぼくここ」3冊確認(←ひょっとして2冊くらい掃けたということかな?)その隣に「神サイ」ハードカバー、新帯で8冊確認。重版が掛かった訳でもないのに、今頃こんな冊数が出てくるのがちょっと悲スイ。急いでいて、文庫を確認する暇無く。

※ 週刊アスキー新年号「歌田明弘・仮想報道」

 普段IT関係のネタを扱っているこのコラムが、なぜか構造設計偽装問題、しかもITは一切関係なし。何と、筆者ご自身がヒューザー物件を買う一歩手前まで行っていたという面白い話です。
 川崎大師の方の住民がなかなか過激で、仮処分申請とかやるのかな。国が責任取れ、という部分では一番声がでかい。一方で、世間の風当たりが強くて、精神的に参っているという話も聞くけれど、マンションなんて買う予定も無いわてら庶民に言わせると、あんな物件にまんまと引っ掛かって、それが使い物にならないと解った途端、国で面倒見ろなんて、なんて虫の良い連中だ、と思うわけです。気の毒だと思う一方で、都合の悪いことは全部国の責任するよな身勝手な奴らは、この寒空、何処かでのたれ死んでも構やしねぇよ、とかまで思う。
 普通あの広さ、駅近の利便性で、あの値段に飛び付く馬鹿はいないだろうと思うわけです。それあんたたち営業マンの台詞に乗せられ過ぎだよ、悪いのは詐欺師だけど、引っ掛かった長野県民にも責任はあるよ、と。

 所が、この歌田さんが、このヒューザーの物件を見つけて、実際に現場に赴き、営業マンとやりとりを繰り返して行く過程がここにレポートされているんですけれど、安さに、理由があるわけです。たとえばモデルハウスに行っても、営業マンは常駐していない。部屋が広いと言うことは、それだけ戸数が少ない。つまり金食い虫の水回り工事が少なくて済む等々……。営業マン自身も、それでコストダウンが出来ているんだと信じ切っている。
 歌田氏ご自身は、窓が少ないことが気になって購入を諦めたらしいのですが、それだって壁が多いということは耐震強度が増しているということですからね。

 私は、この事件の黒幕説というのを全く信じちゃいません。要所要所にワルがいて、たまたまシステムが偽装はしないという前提の元に動いていたからこうなっただけだと思っている。
 たとえばヒューザーの社長は態度もふてぶてしく、中ボスのキャラとしておあつらえ向きですよね。内河社長は、好々爺然として、さしずめスターウォーズのボスキャラですよね。普段は紳士面している。
 内河社長はさておき、もちろんヒューザーには、事態が明らかになりつつある中で、物件を売ったという詐欺容疑もあるわけで、こちらは固いと思うけれど、実は、ごく少数の確信犯を除いて、現場では、皆信じていたのではないか? それはヒューザーの社長を含めて、安く上げるための最善の努力が払われた結果、合成の誤謬が起こってしまった点は否めないなと、記事を読んで思えるようになったわけです。

※ 週刊ダイヤモンド巻頭コラム「物価のまやかし」辻広雅文

 筆者の辻広雅文という方は、正直、安保問題では外してばかりです。でも経済の話は面白い。今週発売号ですが、量的緩和の問題です。

.量的緩和に動く日銀を、政府はしきりに牽制している。
.小泉総理自ら、「CPI(消費者物価指数)がまだゼロ以下だ」、と強調している。
.CPIが安定的にゼロを越えることが最大の解除要件だと日銀も言ってきた。
.物価下落こそが不況の原因で、下げ留め無ければデフレ・スパライラルに陥る。
.それが未曾有の量的緩和の根拠だった。
.そして今、景気回復は明白である。
.ただし、ジャブジャブにした割りには、マネーサプライは増えない。
.CPIも僅かに上昇したが、原油急騰部分を除けば、たいして変わりはない。
.つまり、量的緩和論者が目論んだ図式になっていない。
.にも係わらず、景気は回復した。
.なぜか? ITビジネスの勃興、技術革新、資本と労働のストック調整、不良債権処理で需給ギャップが縮小したからである。
.よって物価=デフレ不況犯人説は疑問である。
.そもそも物価は、積算対象物のウェート付けによって変化するものである。
.それが前年度比でゼロを超えるか否かは誤差の範囲である。
.それをマクロ政策の最大指標と固執する不可解と愚。
.政府は金利上昇による国債の利払いが増大するのを避けたい一心なのだ。
.政府には、異例の緊急措置である量的緩和を常態化したい欲求があるはずだ。
.それをモラルハザードと言う。

  借りる側で言えば、なんで量的緩和いけないの? ということも言えるんですけれど、じゃあ銀行のカードローンや、消費者金融の利子が極端に下がって消費者が量的緩和の恩恵を受けているか? と言えば、それは皆無だと私は断言しちゃいますよ。もっぱら資金を調達する資本の側がその利幅で儲けを出しているだけで、ローンの金利が低いわけではない。一部の住宅資金等のローンが低金利なことを除けば。じゃあそっちは住宅建設を後押ししたのか? と言えば、景気回復が国民の懐までまだ波及してこないことを思えば、それも現時点では絵に描いた餅だなと思える。そこにポイントを見いだすなら、国民が景気回復を実感するまでは、量的緩和を続ける意義はあるかも知れない。いずれにせよ、これを継続することのデメリットというのは何なのでしょうね? それが今ひとつ理解できない。

※ 週刊エコノミスト敢闘言・日垣隆
 「大人の働き過ぎは、頭の悪い証拠だ」

 珍しく3つのパートがそれなりに纏まっている文章で、最初は子供の安全に関する道草論。
道草の大切さが解らず子供を守れ! と絶叫するのは、子供と遊んだことが無いんだろう、と。
 私は違いますけどね。この手の道草論て、子育てに無縁な人間と、もう子育てを終えた世代のノスタルジーですよ。道草が子供の人格形成にいかに重要かを論証しなければ無意味だと思う。
 続いて構造設計偽装問題。
新築マンションが、買った途端に値段が急落するのは日本だけである。
 物件のロケーションによるでしょう。溝の口は全然下がらないですよ。
欧米のように、ヴィンテージ物件を正しく評価すべきだ
 これは私も多いに賛成する部分があるんですが。とりわけコンクリ物件に関しては。ただ、日本の場合、木造家屋が主体で、そもそも世紀を超えて、同じ家で暮らすという発想事態が無い。地震や自然災害が多くて、そもそもそんなに家屋が持たない、という事情がある。
 アメリカのように、家を転売目的で買って、高く売りつけようと、しゃかりになってリフォームに精力を注ぐ生活もどうかと思うけれど、そういう方向で日本社会もいくのかどうか? 新築信仰という以前に、やっぱり日本の家屋は、そんなに持たないですよ。家屋が持たないし、それ以前に、コミュニティがもう持たない。言ってみれば、首都圏では、団地が出来ると、その世代分のせいぜい30年、40年しかコミュニティが維持できない。そこに100年住み続けるということがもう無理になりつつある。
 従って、日本の場合、いかに家やマンションを長く利用し続けるか? ということは、コミュニティをいかに長く維持できるかにも拠ると思う。

* 最後に「大人の働き過ぎは頭の悪い証拠だ

 ふむ。やっつけ仕事と誇大広告で世間を欺いて来たお人の面目躍如ですな。日本人(勤労者)の働き過ぎには、二つの側面があって、一つは、組織内部の人材流動の無さ、つまり組織固有の問題が一つと(企業社会全般の転職へんの偏見もある)、社員個人の生産性で世界と競わざるを得ない状況に陥っている社会状況ですよね。そういう部分では、社会的な病理だとも言える。ただ個人の資質の問題じゃないですよ。いわんや、セルフコントロールが可能が自営業の人間が世間に対して挑発して良いことじゃない。自営業が忙しく働くのは、全くの個人の自由ですから。
 しかし、この人も忙しい人ですな。ある時は、俺様はこんなにも仕事が一杯で遊ぶ暇も無い、と嘆いてみせれば、掌返して、忙しい大人は馬鹿だと……。

※ ターボマラードG-73T

 昨日野木さんからもコメントを頂戴しましたが、いや私は知りませんよ(~_~;)。こんな古い機体。ベトナム以前は守備範囲外なんですから。私はゼロ戦の型式の違いも説明できない人間ですから。ただ飛行艇てあんな環境下で酷使するのに、そんなに古いものを使っていたんでしょうか。最終正産はいつ頃でしょうね。ググッて見ると、結構現役で飛んでいるみたいですが。
 てっきり双発で(まともな)飛行艇を作っているのは、カナディアンだけだと思っていた。新明和も、アメリカに会社を興して、双発機とかチャレンジすれば良いのに。
* 急に思い出しましたけど、今年も、某有名カメラマン氏より、クリスマスカードがメールで届きました。いいよなぁ……。一度で良いから、あんなロケーションで撮ってみたいけれど、たぶんあの状態だと、撮影する側は3Gくらい掛かっているんだろうか。あれでシャッターを押せるというのも凄い。この人、8Gくらいでも平然とシャッターを押すんですよね。

* あと、大村市役所がドラマ出演のボランティアを募集しているらしいのですが、すでにサイト上には無いので、人は確保できたのかな。まだなら、どうぞ周辺の皆様、お誘い合わせの上でご参加下さい。

※ 次男誕生日

 火曜夕方、次男2歳の誕生日で横浜女房実家。毎日こんなにも長い時間を過ごしていて、正直、1歳の誕生日の記憶がもう全くない。「神サイ」の発売日でうきうきしていたことしか覚えていない。やっぱり二番目は長男に比べて成長が遅いですね。最近やっと言葉も出るようになったけど、明確な単語は、アイチュ! ブッブー、グー!(電車)、ワンワン&ニャンニャンがメイン。昨日は、2度派手に転けて、二度目は口の中を切る。
 二度目は、レストランの店内で転けた所に柱があって痛い目に遭ったんだが、一度目は結構焦った。
 鹿島田で降りて、新川崎駅まで500メートルちょっと歩く間に、歩道の工事現場に出くわしたんですよ。あそこの歩道は、人通りが多い割りには、自転車一台が通るのがやっとの細い歩道でして、所が、交通整理の人間がいないんですよ。もっぱら車道側に配置されていたのか。
 もう暗い中で、ガスバーナーの炎でゴー! とアスファルトを焼いているんですよ。長男はそのシーンに凄ぇ! とか言っているんだが、こちとら急いでいるのに、どこを歩けるのか解らない。うろうろしていると、工事している人間が振り返って「こっちへ」と言うわけ。で車道に降りて2メートルくらいだったかな、厚さ1.5センチくらいの工事用の板が無造作に路上に置いてあったんですよ。気付いた時には、次男がバンザイ状態で、その板の上にひっくり返っていた。
 足下は暗いわ、すぐ右手じゃガスバーナーが凄まじい轟音を立てているで、ベビーカーを押していた女房は気が散って全然気付かなかったらしい。2歳くらいになると、ベルトとかしないんですよね。幸い、その時には怪我しなかったけれど、これアメリカじゃ即裁判だなと思った。
 しかも、新川崎の横須賀線、15分間下り電車が来ない! 5時44分の次が59分頃だったんですよ。最近、便数増えたと思ったけれど、なんで夕方のラッシュ時間に15分も来ないんだろう。
 帰りに駅前の有隣堂を覗く。結構大きな店舗だったけれど、ぼくここが5冊くらい積んであったかな。文庫も確認。けれど場所が良くないなぁ。ノベルズと違って中公文庫ってポジションが弱いのね、と再認識。

※ 田中康夫 蟹瀬誠一氏対談

 改めて告知です。今日です。私はもうこの時間帯寝ているので行けません。県議会も終わったことだし、後はバイト三昧と、ミラノお買い物旅行だけだね、知事さん。

平成17年12月21日(水)18時30分~
明治大学アカデミーコモン3階アカデミーホール

事前予約制 先着1000名 全席自由
開場1730 開演1830 1時間半~2時間予定

一般 当日入場料500円又は「構想日本1~3」(水曜社刊)
をお求めの場合無料 三省堂神田本店1階4階店頭
またはお電話03-3233-3312までお申込ください。

※ メルマガおまけ 何故島原か?&塩胡椒ポップコーン

|

« 電車の割れ窓補修 | トップページ | 恋愛至上主義を撲滅せよ! »

コメント

>>新刊

全国規模の大手書店チェーン以外には殆ど廻っていない悪寒が…
某チェーンに予約依頼したのですが、タイミングが悪かったのか入荷がまだで年内一杯様子を見る羽目になっています。

>>姉歯

結局、なんとか研究所とかイーホームズとかの筋の人が偉いお役人や政治家にワイロばらまいて、この手の「コストダウン」を大目に見てもらっていたのが今回の件でばれそうになるのを必死で防いでいるような感じがします。
まぁ、この手の手抜き工事自体はずっと前からありましたからね(´Д`)y-~~
責任の所在を姉歯とその直上で抑えようとしている所を見ると、業界ぐるみで何処も同じような事やってるんでしょうね、ばれないだけで(´Д`)y-~~

投稿: Artane. | 2005.12.21 10:40

言わせてもらっていいですか?
毎年欧州に行く庶民などいない!

投稿: | 2005.12.21 11:10

>毎年欧州に行く庶民などいない!
まあ一応取材と言うことですから。
海外出張のサラリーマンなら珍しくも無いし。

投稿: 森のくま | 2005.12.21 11:27

> 国が責任取れ

一部マスゴミは未だに政権中枢との癒着=疑獄という構図を描きたいようですが・・・
何でもかんでも政権攻撃の材料にしようという党派根性が拡がらないのは良い徴候だと思います。

阪神大震災の時には、甚大な害が出たにも関わらず土建業界はお咎めなし。
被災地では大手ゼネコンが倒壊した建物の基礎を潰しまくる光景が展開されていたと聞きます。
もちろん、強度不足の証拠隠滅のためです。

今回の出来事は、旧田中派の凋落によって初めて暴露されたのかもしれません。
幸い?関係者が責任を押し付けあってぺらぺら喋りまくっているので捜査もしやすいのではないでしょうか。

自由化や民営化による副作用もあるのでしょうが、制度の欠陥が明らかになった以上、政府は制度の健全性を高めるようにして欲しいものです。

投稿: | 2005.12.21 11:39

> 国が責任取れ

アメリカもカトリーナやイラクの混乱が一段落して、大統領の支持率が回復してきたようです。
ここでも、何でもかんでも政権批判に結び付けようという党派根性は拡がっていません。

先日の大統領演説は、大変率直かつ力強く感じました。
大量破壊兵器に関する情報の誤りをはっきりと認め、来るべき犠牲への覚悟も促しつつ、勝利への道筋を示しています。
"We will see more sacrifice -- from our military, their families, and the Iraqi people...We will see the Iraqi military gaining strength and confidence, and the democratic process moving forward...I will make decisions on troop levels based on the progress we see on the ground and the advice of our military leaders -- not based on artificial timetables set by politicians in Washington. Our forces in Iraq are on the road to victory -- and that is the road that will take them home..."
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2005/12/20051218-2.html

イラク国民の多くが将来に希望を持っているという世論調査結果も、この演説に説得力を与えています。
http://news.bbc.co.uk/2/shared/bsp/hi/pdfs/12_12_05_iraq_data.pdf

そういえば、イラクの「泥沼化」「第2のベトナム化」というフレーズはいつの間にか消えています。
ブッシュ大統領が偉大なのか、ブレインが優秀なのか、アメリカの国民性なのか・・・
不思議な時代に生まれたものです。

投稿: (連投失礼いたします) | 2005.12.21 12:13

党派根性がいかんとはまるで共産主義者みたいな言い草だ。

投稿: | 2005.12.21 12:57

> 新川崎の横須賀線、15分間下り電車が来ない!

スカ線の下りの場合8時台の14本を除くと、17,18,19時台
はいずれも8本しか運行されていません。

鹿島田まで行ったのですから、次は矢向・川崎ですよね。
京浜東北線の方が便数、多くないですか?
確かにスカ線なら、次が横浜ですけど。

川崎駅でのベビーカー移動がネックなんでしょうか?

投稿: ハマの住人 | 2005.12.21 13:11

http://www.nib.jp/menu.html
なんだ、長崎でひこうきだけ撮るのじゃなくて、お話も進めるんですか?

それでは、来春も島原で…??

投稿: sionoiri | 2005.12.21 15:07

>>川崎駅でのベビーカー移動がネックなんでしょうか?

 そうじゃなくて、単純にこっちのショートカットの方が近いんですよ。

>>それでは、来春も島原で…??

 ぜひ!

>>毎年欧州に行く庶民などいない!

 お仕事でんがな(~_~;)。

投稿: 大石 | 2005.12.21 16:38

> 単純にこっちのショートカットの方が近いんですよ

川崎~横浜 10.6km 川崎~鹿島田 4.1km 合計 14.7km

新川崎~横浜 12.2km 2.5kmだけ確かにスカ線の方が距離が短い。

南武線は尻手駅から回り込んで川崎駅に入りますから、その分
だけ距離が長いようです。

それとスカ線は途中に駅がありませんが、京浜東北線は途中に
駅がありますから、結果的にスカ線の方が近いようですね。

昔の南武線は国鉄の廃車寸前?の電車を走らせていましたから
床板(当時の床は板張り)に穴があいていて、下が見えるような
電車(チョコ電とバカにしていた)もタマに走っていました。
空いているから、問題にならなかったのかな。 昭和30年代ですね。

なんせ、元々は多摩川砂利鉄道なんですから。南武線も出世しました。

投稿: ハマの住人 | 2005.12.21 18:28

>コミュニティ
他者を監視と強制によって規律に服させる方式から、事前に他者を排除して秩序を守るゲーテッドコミュニティに流れつつありますが。人間て自然に任せると幕藩体制か都市国家になっちゃうんですかね。

投稿: | 2005.12.21 19:57

>「ぼくここ」

小倉のクエストに7~8冊ほどありました。

投稿: BUNTEN | 2005.12.21 21:11

>事前に他者を排除して秩序を守るゲーテッドコミュニティに流れつつありますが

つーか、豊かになったから他人と協力する必要が薄れただけ。福祉の充実が、隣近所の協力を崩壊させたように。

ターボマラード…エロい名前です。

投稿: | 2005.12.21 22:41

溝ノ口から横浜にいくのなら、小杉まで南武線で行って、東横線に乗り換えるのが一番楽で速いと思うんですけど…

小杉駅も改修されてバリアフリー充実しているし、東横線の本数は圧倒的に多いですから。

東横線の場合、横浜駅から先は別の路線に連絡していてぼられるのが難点ではありますが…

投稿: Artane. | 2005.12.22 01:17

鹿屋の書店「ぼくここ」一冊も見当たらず。
垂水の書店「ぼくここ」一冊も入る予定なし。

投稿: MURA | 2005.12.22 09:11

19日「ぼくここ」二子玉川駅中書店にはなし。
20日「ぼくここ」用賀駅ビル書店にて入手。
※「神サイ」文庫は両店ともになし。
21日「神サイ」文庫、品川駅中書店にて入手。
てな感じでした・・・。

投稿: | 2005.12.22 10:08

>>鹿屋の書店「ぼくここ」一冊も見当たらず。
>>垂水の書店「ぼくここ」一冊も入る予定なし。

 ご迷惑をお掛けします。「ぼくここ」は、鹿児島県に届く冊数自体が、全部で10冊無いと思いますので、ここはネット書店で入手して頂くしか無いと思います。

投稿: 大石 | 2005.12.22 10:27

>鹿児島県に届く冊数自体が、全部で10冊無いと思います

ほら、やっぱり地方ナメてる(笑)

投稿: きり | 2005.12.22 12:27

それで、長崎空港はクリスマス一色だそうです。
お盆に帰ってくる雰囲気じゃ、無いそうです。
撮影関係者日誌で引っかかったもの
http://pink.ap.teacup.com/ponkichicyama/8.html
女優さん
http://blog.livedoor.jp/minamina0604/archives/50321260.html
エキストラさん

投稿: sionoiri | 2005.12.26 13:41


 中年@オヂ、行きま~す!(~_~;)

 おじさんがパトロンになってあげるのにぃ~。て芸能界と付き合い無いけど。

投稿: 大石 | 2005.12.26 13:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌三題:

» [economy]2005年を振り返る(1)‐どうして景気回復したのか [bewaad institute@kasumigaseki]
大石英司さんが週刊ダイヤモンド今週号の辻広雅文「物価のまやかし」をご紹介ですが、反リフレ派の典型的な議論ではないかと思います。その議論に入る前に直接ダイヤモンド誌を引かずに大石さんのエントリを介した形とさせていただいた理由を述べますと、もちろんそれを見て知ったからという経緯はあるのですが、次の大石さんのご見解を紹介したかったからです。こうした見方が多数派になっていただければと願って止みません。 借りる側で言�... [続きを読む]

受信: 2005.12.24 01:57

« 電車の割れ窓補修 | トップページ | 恋愛至上主義を撲滅せよ! »