« 将軍様が嗤っている | トップページ | 愛国心を考える »

2006.03.19

政治家の出処進退

※ 知事選候補で連合会長方針「GW明けまでに擁立」
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news003.htm

 これ連合が主催したせいで、珍しく共産社民まで参加しているんですよね。まあ共産は、いざとなりゃ田中に乗るんです。それは既定路線。で田中の側は、「政党相乗りの翼賛候補に虐められている」と出てくる相手を叩くと……。

※ 判定疑惑デビッドソン審判、日韓戦二塁塁審に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060318-00000015-yom-spo&kz=spo

 いよいよですね。まこうやって盛り上がったのは怪我の功名ですよね。ただ今の韓国って、どこにも負ける気がしない。投手戦になるだろうから、日本側投手陣がどれだけ抑えてくれるかですよね。
 でもこのビッグ・イベント、次はあるんだろうか。アメリカのスポーツファンはこの時期バスケに夢中で、アメリカが敗退したとなると、テレビ放映も限られ、当然放映権料も見込んだほどはいかないということになるだろうから、アメリカにしてみれば労多くして得るものなしという結果になりかねない。

※ 改革派新聞の記者、6年ぶり釈放 イラン
http://www.asahi.com/international/update/0318/017.html

 イランもこうやって小さなシグナルを発し続けてはいるんですよね。アホな指導者がついつい風呂敷を広げすぎて引っ込みが付かなくなったけれど、連中も経済封鎖は嫌だろうし。海峡封鎖でアメリカと事を構えるまでの準備もまだない(その可能性はあり得るけど)。
 そのシグナルを読み取って、融和への道筋を示すことが出来れば、イランを巡る危機も回避できる。
 ただ問題は、イランに限らず、核武装はあのエリアの民族の悲願ですから、所詮、時間稼ぎにしかならないんですよね。どんなに西側に都合の良い政権でも、こっそりと核兵器開発は続くでしょう。

※ 次期戦闘機、6機種調査=日米の相互運用性条件-米英仏当局に質問書・防衛庁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060318-00000047-jij-pol

 こんなん税金と時間の無駄遣い。F-22かスパホかの選択肢しか無いんだから。だいたい今頃それやって、アメリカへの牽制にはならないでしょう。いくら余所に色気があるふりしたって、あっちには、涎垂らしているこっちの顔が見えているんだから。

※ BSE対応「過剰では」米国務長官が麻生外相に
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060318i212.htm

 あんたの国は無神経過ぎるんだって。

※ 救急医療:重症患者9000人が転送 実態10万人以上か
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060319k0000m040108000c.html

 受け入れ体制云々もあるんだろうけれど、医療費抑制という国家的要請を考えると、どこかで選別せざるを得ないわけで、ただ目的は救命率を上げることですから、この記事の中にあるような交通事故のケースは、救急側にガイドラインをきちんと用意しておけば、最初から必要な経過観察が得られたような気がする。

※ 愛子タソ、パークに夢中?

 旅立つ親父を見送る時に、TDRのチケットを握りしめていたという話を聞き、中年@オヂ号泣す。。・゚・(ノД`)・゚・。 だから天皇制なんぞ止めりゃあ良いんだよ。オリエンタルランドはシンデレラ城を潰して東宮御所をあそこに作ってやれ。で暇な時はテラスから修学旅行生に親子して手を振って貰えばいい。

※ 愛国無罪

  昨日、西村議員に関して、「悪党の最後の逃げ場所は愛国心」と刺激的なことを書いたら、いたく心情を刺激された人々がいらしたようで、ネットの中にはホントにしょうもない連中がいる。
 いい人ですよ、西村議員は。私が知る限りもちろん悪党なんかじゃない。あんなに腰の低い政治家に今後会うことは二度と無いと思う
 ただ、法に対して最も真摯であるべき立場で、こういう事件に至ったことは残念という他はない。弁護士なら誰でもやっている? 私はそうは思わない。推定無罪? だったら辻元だって、刑が確定するまでは、何ら批判すべきでなかったということになる。国会議員に、より高いモラルを求めるのが罪だとは思わないし、政治家のけじめの付け方、死に体の民主党のためにも、彼は潔くバッジを外すべきだと思う。
 それをよりによって、拉致問題なんか出して欲しくない。彼の今の立場で、いったいどんな貢献が出来るというんですか? 関係者も困惑するだけでしょう。それだけは言って欲しくなかった、というのが私の思いですよ。

 で、私のブログのコメント欄に出てくる連中。はっきり言う。俺は反吐が出る。お前らみたいなエセ愛国者を見ると、もう無性に反吐が出る。だいたいそれ筋が通ってないだろう。愛国を旗印に道理を引っ込めるようなこと言うなよ、みっともない。
 彼がどれほど拉致問題に貢献したとしても、今は政治家として、出処進退を明らかにすべき時だ。政治家は大なり小なり、この人がいなければこの問題は進展しなかった、という貢献を国政に行っている。拉致問題だけが尊いわけではなく、もちろんそれで何もかもが免罪になるわけではない。
 あんたは愛国者じゃ無いんだろう? と問われれば、私は胸を張って、ええそうです、俺はお前らみたいな連中の前では誇りある売国奴だと答えるよ。だいたい、あんたは愛国者じゃなさそうだ……と、堂々と書けるその厚顔無恥ぶりに驚くよ。お前らみたいな薄っぺらな連中から愛国者だと見られるほど迷惑な話は無いから。一緒にして欲しくない。

※ メルマガおまけ DSライト&ディメンション・ゼロ

|

« 将軍様が嗤っている | トップページ | 愛国心を考える »

コメント

>※ 愛国無罪
たった2行のことで、過剰反応する人々って一体・・・・・
熱烈な支持者なんでしょうか?

投稿: | 2006.03.19 10:55

 ときたま、政治家が汚職その他の罪で起訴されて公判が行われると、本人あるいは弁護側が、
「たとえ有罪としても、被告はこれだけ国に貢献した。だからそれを有利な情状として酌量してくれ」
とか言うことがあります。
 それはそれ、これはこれだろうと思う。功労と犯罪が一体不可分の行為なら兎も角、犯罪と全く無関係な功労を酌量理由に述べるのはおかしい。
ex.)田中弁護団は、日中国交正常化とロッキード収賄を結びつけて情状酌量を主張した

投稿: Inoue | 2006.03.19 11:30

>※ BSE対応「過剰では」米国務長官が麻生外相に

こんな事言ったら余計この国の人間は反発するでしょうな。まあ、ああいうデタラメな国なんですよ、あの国は(実際いろんな意味でデタラメなんです。ポンコツ車でも有名だし)。

ダメだ、ありゃ……。

投稿: | 2006.03.19 11:43

>涎垂らしているこっちの顔が~
 身も蓋もない言い様ですが、その通りなんでしょうねぇ・・・
 しかし、記事には6機種とありますが、ライノ、ラプター、S・イーグル、ラファール、タイフーン、あと一機種何なんでしょう?F-16ですかねぇ

投稿: 名無し二等空士 | 2006.03.19 11:51

 USA高官の言うことは結論はもっともだ。100億円単位で金をかけるなら、効果の疑わしい防疫ではなく、vCJD研究に金を出すべきだ。
 しかし、特定危険部位を除去することを約束しておきながら、それが全く実行されていない(担当検査官にすら日本向けは特別だと知らされていない)のでは、何を言っても、日本は聞く耳持たないでしょう。

投稿: Inoue | 2006.03.19 11:57

>受け入れ体制云々もあるんだろうけれど、

もっぱら受け入れ体制の問題だと思いますよ。記事にも書いてあるように、初期から3次救急まで対応できる施設を作って、そこに全部運び込めばいい。搬送時間よりも、トリアージしている時間の方が致命的だ。トリアージ自体が間違っていることもあるだろうし。
 医者が足らない?少数大規模病院に集約すれば済むことでしょう。日本は医者は少ないくせして病院が多すぎる。入院施設があるのに、一人医長だとか二人診療科なんてものが存在しているから、「明け」のない当直なんて非人道的な勤務体制をとらざるをえないわけです。
 そのかわり、ちょっと大きな手術となったら県庁所在地まで移動しないといけないとかいうことになるでしょうが、米国にくらべたら大したことない。国土が狭いんですから、それに応じた医師の配置を行ってもいいはずです。

投稿: Inoue | 2006.03.19 12:06

「※ 次期戦闘機、6機種調査=日米の相互運用性条件-米英仏当局に質問書・防衛庁」

 これはきっと、こんな理由かな?
1.国内の規則。
 幾ら以上の金額の場合は、何社から見積もりを取れ、何社以上入札させろ、という規則。
 主計当局も会計監査当局も、マスコミの注目を集めそうな案件については、特命随契にすると突っ込みを入れてくる。
 2.外国へのリップサービス
 アメリカ以外にも声を掛けたという気配り。きっと現場の武官や文官クラスでは、こういう配慮も相手の担当者に必要なのかも知れない。

 「必要悪的無駄な出費、必要悪的な面倒な手続き」でしょうか。

 それにしても、どっちがより愛国的かなんて言っていると、連合赤軍か関東軍になりそうな気がするが。

投稿: 早隠居 | 2006.03.19 12:13

>>「愛国者」

まぁ、本人たちは「愛国心」という名前の熱病にはまってうなされているだけなんだろうけど、
その「愛国心」を煽っている「オピニオンリーダー」の連中を追っかけると、「チャンネル桜」や自民党人脈のような商業右翼連中がいたり、統一協会やらキリストの幕屋やらのようなカルト宗教人脈が絡んでいたりで結構生臭い意図が蠕いているようです。

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/ とか複数のblogやサイトで人脈を追っかけていますが、生臭すぎてヤバい話がポロボロ出てくる。

>>次期戦闘機

一応ヨーロッパに色気示しておいて本命のアメリカ機の価格交渉を有利にしようと言う意図もあるんでしょうが、
多分「FI専用機としては」本命にしたいF-22の火器管制システムに日本製ミサイルの誘導システムをインテグレーションしたり、日本の業者に整備させる事を許してもらわないと買えないですよ。と言うアメリカ議会への圧力の意図もあるでしょうね。

只、F-22がうまくいかなかった場合は未だMRF型が就役していないEF-2000ではなく、既に就役しているラファールも調達対象に検討しますよ。と言う方針転換があったのかも
…F-22を買う交渉は予想以上に難航しているのかも。
 F-18E/FはFI機として使うのに重要になるポストストール機動に問題があるとか言うことはないですよね?どっちとも訊かないのですが。

投稿: Artane. | 2006.03.19 13:13

愛国とは何かを論じると主観同士の不毛なぶつかり合いになるんだが、法で飯を食い法の専門家である国会議員が自国の法を守れんことへの弁護に愛国を持ち出すことのおかしさに気づけと言いたい。
これは主義主張や政治思想、右翼だの左翼だの以前の問題で、愛国という言葉から右翼左翼言う人も正直ウザく感じる。

投稿: 時をかける名無しさん | 2006.03.19 13:51

CVFとPA2に左手を突っ込んで、右手をラファールMに入れる。
24機も買えば十分でしょ。あとの予算で船1杯
象徴なんだから、AMRAAMも積めるし

#BSE
酒と>「ウシで見られたはじめての孤発性プリオン病ではないか」
アザラシ>と言い出す人が出てくることに5000万ペリカ。
http://d.hatena.ne.jp/mittyu/20060318
こまるがのvCJDではない、遺伝性の海綿状脳症もあり得る
と、なれば米国の規模で3頭くらいは自然発生するであろう
なれば、国務長官の云う事も半分の理はある
トレーサビリティーがもんだいなのかBSEが問題なのか
もう一回つめないとしょうがないけど

投稿: sionoiri | 2006.03.19 13:52

でこのブログではネタ数が多い割に引きの少ない田中康夫関連。
新人候補に猪瀬直樹の名前を出す輩がいるが、なぜか猪瀬の名前を出すのは松本や安曇野など中信の人が目に付く。大石センセの畏友のコーヒー屋の人もしかり、4年前の知事選の時にはいち早く大所帯の県政会から割って出た政信会(覚えてるかな?)の望月雄内も猪瀬の出馬を探っていた。
http://72.14.203.104/search?q=cache:f_xCPuIfR2EJ:www.sponichi.co.jp/society/kiji/2002/07/16/02.html+%E6%94%BF%E4%BF%A1%E4%BC%9A+%E6%9C%9B%E6%9C%88+%E7%9C%8C&hl=ja&ct=clnk&cd=16&lr=lang_ja
でも猪瀬の地元である北信では猪瀬をという声があまり出ていない。鷲沢が市長選に初めて出馬した時には長野高校OBに通知が来たが(来なかった人もいるらしい)、そうした動きも今のところは出ていない。
長野県在住の県民としては、新人候補は連合長野主導の候補に一本化する必要は全く無く、むしろ自民系、民主・社民・連合系、湯本清グループの草の根系というように3人くらいの有力新人候補がぶつかり合い、正面きっての政策論争を展開してほしいもの。そうすりゃ県民のほとんどは田中康夫(with共産党)を選択肢から外してよりまともな人物を選ぶ。

投稿: 時をかける名無しさん | 2006.03.19 14:14

くくくくく
圧勝ではないか、我が軍は?

王様も意外とお甘いようで……

投稿: | 2006.03.19 14:49

>>受け入れ体制云々もあるんだろうけれど、
>もっぱら受け入れ体制の問題~

この問題でいつも思うのですが、搬送する救急車に医者、あるいはそれに準ずる緊急救命専門の治療マンを乗せる、という案はないのでしょうか? これをやると

1)救急車が病院へ着くまでの時間、容体を直に見ながら可能な限り処置をしておく事が出来る。

2)ERと「医者同士」で連絡をしあい、病院との連携をスムースにしてやると、救命率がぐっと上がる(という期待)。

などと一素人である私は思うのですが、実際どうなのでしょう? いいように思うのですが。

投稿: | 2006.03.19 14:59

Artane. 氏はリテラシーについてもっと真剣に考えた方がいいと思う。

投稿: | 2006.03.19 15:10

>日本勝ってしまいました
 とにかく、連敗の後の1勝なんだから、予想される負け惜しみの罵詈雑言はつつしんで受けましょう。こんなときは選手にも低姿勢、大人の対応をこころがげてほしいものです・・・
相手は勝ち負けにとてもこだわる人たちですから・・・・

投稿: 5-3計算 | 2006.03.19 15:45

>ラファールも調達対象に検討しますよ。
誰が好き好んであの国の戦闘機なんか買いまっかいな。
官民併せてあそことだけは商売したくないって人間はごまんといますし、前回のF-Xでは調査要求したら「どうせ、うちのものなんか買うつもりないだろ。」ってんで非協力的だったて話ですから。何しろラファールは担当商社すら決まっていない。

現在、某社制限区域で人知れず製作中の真っ黒な試験機ですが(小牧ではなく、大江というから実機ではないと思いますが)、120mm戦車砲やイージスの時と同様に、別にお宅から無理して買わなくても良いんだよ。うちは同じ様なものは自力で作れるからと交渉する際の手駒なんでしょうね。

投稿: keenedge | 2006.03.19 16:07

>旅立つ親父を見送る時に、TDRのチケット
>を握りしめていたという話を聞き、中年@オ
>ヂ号泣す。だから天皇制なんぞ止めりゃあ
>良いんだよ。

 特別な家柄が、その家に生まれた人間に他とは違う負担をもたらすという理屈で天皇制廃止を主張するのは、以前からアカピー文化人にも見られました。だったら、プロ野球や総理大臣の地位も廃止しましょうという理屈になる。かわいそうなのは、愛子たまだけじゃありません。何故なら、その他般ピー著名人の子供も、多かれ少なかれ、愛子たまと似たような負担を強いられるからです。
 一例を挙げると、長嶋一茂が事あるごとに「ミスターの息子」と、偉大過ぎた父親に比べられて押し潰されそうになり、パニック症候群に罹って球界を去らざるを得なかったことは有名です。一茂は愛子たまと同じ、普通でない家に生まれた故に、普通でない負担を強いられ、人生を捻じ曲げられたのです。一茂と愛子たまの被った負担は、結局量の違いしかない。だから、一茂を救うためにプロ野球、少なくとも巨人軍を潰せ、ということになる。
 現在、似たようなプレッシャーに怯えているのは、父親が総理を辞めたら、芸能界から転げ落ちると噂される小泉孝太郎でせう。だから、孝太郎を救うためには、天皇制を廃止するように、総理の地位を廃止しなければならなくなるでしょう。仮に小泉氏が総理にならなくても、他の誰かが必ずその地位に就くわけだから、誰かしらその子女が犠牲にならざるを得ない。(安倍ちゃんのように子供がいない人物なら話は別になるが、それなら総理やその他の閣僚は、一人残らず子無しでなければならなくなる)

 だから私は、皇族の人権を理由にした天皇制廃止論には、違和感を感じざるを得ないのです。

投稿: 土門見人 | 2006.03.19 16:34

>WBC
とりあえず日本が勝ってばんじゃーい、と書いておくw

やっぱり2戦目までは油断から分析が足らなかったのでしょうね。
アメリカは油断しまくったために決勝に上がる事すら出来ませんでしたが、次はどっちの国と戦うのだろう・・・ちょっとドキドキです。

投稿: | 2006.03.19 16:43

愛子様がお可愛そうと言うのは、おいておいて。(まぁ、有名人で無くても、同じ状況になる場合場あるしね)

>だから私は、皇族の人権を理由にした天皇制廃止論には、違和感を感じざるを得ないのです。

一般ピープルも、「生まれ」の影響を受けるけれども、その後自らの意思で針路を選ぶ事ができる。が、皇族は、選択の自由は無い。

「だから廃止しろ」ど言う意見に組するつもりは無いけれど、その状況を「当たり前」とは思いたくないな。

土門さんを批判するつもりではありませんが、そうした状況が本当に必要で、且つ適正かを常々考える必要があるのでは?

投稿: HISASHI | 2006.03.19 16:45

救急医療:重症患者9000人が転送 実態10万人以上か
>受け入れ体制云々もあるんだろうけれど
の、inoue氏の意見に同意である。
狭い地域で,1次、2次、3次と施設を分ける必要はない。救命救急センターに1次から3次救急をすべてそろえれば問題は起こらない。
ただし、救急の受け入れを実施する病院は、すべての救急を受け入れる事が出来る病院のみ表示可能とする。十分な医師の確保が必要であるとの条件付で。共産主義国家でないので、強制は出来ないから、保険点数・税金面で優遇すればよい。
小児科医が足りないとの議論もあるが、現在の病院勤務小児科標榜医師数は、年齢構成等を無視すれば、日本小児科学会の提案の小児センターの必要医師数より多い。一人医長の病院小児科が多いということである。これでは、十分な小児救急は実施できない。

投稿: 龍 | 2006.03.19 16:55

>一般ピープルも、「生まれ」の影響を受ける
>けれども、その後自らの意思で針路を選ぶ
>事ができる。

 進路を選ぶことができたところで、負い目は消えないでしょうね、一生(一茂の場合、幸いにもタレントに転身できたけれども、これだって「親の七光りで」的な見方をされないわけじゃない。また、「結局、自分は親に及ばなかった」という劣等感は、生きている限り付き纏うでしょう。)。
 例えば、弁護士の子に生まれながら、司法試験に合格できなかったようなケースですよ。そういう人物も、普通の会社員なり、公務員になることができるし、普通の暮らしができる。だからって、彼なり彼女が「不肖の子」「鷹が鳶を生んだ」的な負い目を逃れられるかといえば、決してそうではない。「××先生の息子は出来が悪かったから、親の事務所を継げなかった……」という他人からの評価を、多かれ少なかれ、生きている限りは気にせざるを得ないのです(中には、意図して別の道を歩む子供もいるでしょうから、あくまで一般論です)。

 蛇足ですが、日弁連の一部に法科大学院の設置を強力に主張した勢力があったそうですが、それは実子の出来が悪くて、現行司法試験に合格できず、事務所を継がせることができそうにないセンセイたちだと噂されています。親のエゴで国家の制度が変わり、そのお陰で法科大学院から新司法試験に合格できたとしても、そういう二代目・三代目たちは、一生バツの悪い思いをして生きていかなければならないでしょうね。

投稿: 土門見人 | 2006.03.19 16:57

>天皇制なんぞ止めりゃあ良いんだよ。
 まだまだ議論するすることに不安を抱かざるをえない問題ですよね。
皇室のあり方も国民の世代交代とともにどんどん変化していくと思います。戦後生まれの世代、そのさらに後の世代と離れていくというか存在意義がうすれていくように思うのです。実は私自身もそう感じ始めています。靖国の問題も同様でしょう。戦争世代がいなくなれば一気に風化してしまうように思います。なにせ、学校教育で天皇制や靖国について反対の教え方はしてもその意義などについて教えることなどないでしょうから・・・
 でも2000年近く、権力がどこにいこうとしぶとく存続してきたこの制度、形がどう変われど残っていくようにも思います。

投稿: 5-3計算 | 2006.03.19 17:37

> WBC

まずは日本の決勝進出を喜びたい。
日本はもっと勝ちにこだわる必要があると思う。

話題は違いますが、小泉首相が防衛大の卒業式で興味深い訓示をしたようだ。

> ・・・発言は「透明性を欠く軍備拡大を進めている国」の意図と大量破壊兵器などの技術拡散を結びつけた形となっていますが、小泉総理は過去の国会答弁で「中国の軍事分野の透明性向上について働きかけていく」と述べていて、中国や北朝鮮を念頭に懸念を示したものとみられます。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20060319/20060319-00000013-jnn-pol.html

麻生外相がウォールストリートジャーナルに寄稿したエッセイも非常に興味深いと聞く。
率直な意見が発せられるようになったことは非常に好ましい。
願わくば、戦略性も兼ね備えて欲しいものだ。

投稿: | 2006.03.19 17:40

>だから私は、皇族の人権を理由にした天皇制廃止論には、違和感を感じざるを得ないのです。

これ私も同意見です.人権なんていう我々下々の人間の尺度で天皇制を議論すること自体がそもそも間違っていると思います.

投稿: 真面目な軟派師 | 2006.03.19 18:16

「天皇制」の言葉の是非は別にして、天皇という存在がいなくなる時は日本という国家が無くなる時。全ての国は拠って立つものがあり、日本にとってはそれが天皇家。過去に王室を廃止した国家が王政・帝政から共和政へと移行したとき、政権や政治機構の正当性つうか正統性を保障するものがあり、時には革命思想であり時には外圧であったが、今の日本にはそれが無い。
ジョンレノンがイマジンで国境が無くなったらと想像してごらんと歌ってから35年、それがただの夢でしかないことが分かってきている中で、日本の国や国土や住む人達のことを真剣に考えるのが愛国の基本であって、イデオロギーはその手段でしかなく、イデオロギーが先走るのは本末転倒。

投稿: 時をかける名無しさん | 2006.03.19 18:20

>「天皇という存在がいなくなる時は日本という国家が無くなる時」

これね、正直誰も体験していないから、判らんのよ。本当に駄目になるか、ダメにならないか。

>過去に王室を廃止した国家が王政・帝政から共和政へと移行したとき、政権や政治機構の正当性つうか正統性を保障するものがあり、時には革命思想であり時には外圧であったが、今の日本にはそれが無い。

うん。それ用意しといた方が良いと思うよ。多分必要になる時が来るから。もっとも、私の寿命が尽きた後だろうけど。

秋篠宮様のところに皇子様が誕生すれば、次の次の代は問題が無いけれど、皇女様誕生となれば、典範改正議論が再燃するとおもう。

再燃しても、小泉首相のような強烈な変人宰相じゃないから、女帝・女系は無理だろうしね。

かといって、男系保守は今回の典範改正でしくじっているし、次ぎもしくじる事になれば、その次の議論は存続か廃止になる。

正直、そのとき国民がどちらに転ぶか予測は不可能。

投稿: HISASHI | 2006.03.19 18:38

> だから私は、皇族の人権を理由にした天皇制廃止論には、違和感を感じざるを得ないのです。

まぁこの手の論法を使う人からは、「生まれで優遇されている連中は殲滅すべし」という「紅衛兵的根性」が透けて見えますから。

大石さんは全くのネタとして書いてるようにしか思いませんが・・・

投稿: | 2006.03.19 18:38

>DSライト
前のやつが外に持って行こうという気にさせないデザインだったので買い換えたいんですが、普通に買えるようになるまで待ちです。
動画再生も可能だし、ワンセグカードやブラウザも出るらしいし、ビジネス用途が要らない私にはポケットPCより使えるおもちゃになりそう。

>セットアップ
セットアップなんかしたかな?電源入れて即使えたような・・・
それにしても、なにも意識せずに無線LANが使えてるというのも凄いものがあるなあ。

投稿: Za | 2006.03.19 19:41

プロ野球や総理大臣は世襲でも家業でもねーよ と思ったり。

一茂に並みのプロ野球選手の実力がなかったから悩んだんでしょ。
悩まんでも現実を受け入れて別の職につけば病気にもならなかったのに。

小泉孝太郎は?
芸能人として彼は無二の存在でもない。
芸能界から転げ落ちても 「他の誰かが芸能人の座」に着きますよ。
(ただし元首相の息子として 政界へのパイプ、いや義理として仕事は貰えるんじゃないかとおもいます)

それは兎も角。
外国の王家、貴族社会が存続する限り、
天皇家には第2の外交チャンネルとして活躍してもらったらどうだろう。
内心連中が黄色人種なんかに敬意を払ってなくても王家に似たものとして丁重に扱わんと、自分たちの権威に疑問をもたれるから無視はせんでしょ。
天皇の政治参加だ と また文句が出るから、政府の外交文書の配達員にしかなれんかもしれんけど。

投稿: 森のクマ | 2006.03.19 19:43

>一般ピープルも、「生まれ」の影響を受ける
遺伝的に「頭脳と腕」は100%相続できないんだから・・・
弁護士・税理士等の国家試験に合格しないと出来ない職業
大工・左官等のように腕と技能の職業
子供に資質がなければ参入できない分野はまだ良いけど、
同族会社なんか資質関係なしに後継社長の椅子が用意されてる。

投稿: | 2006.03.19 19:45

自分は今までかなりの保守派だと思っていましたが、昨今の皇室典範問題の議論を見るにつけ、
「俺ってリベラルだったの?」とか思うようになりました。

>「天皇という存在がいなくなる時は日本という国家が無くなる時」
とかいうキモイ意見を言うのが愛国者なら、私も売国奴を名乗るのにやぶさかではありません。
天皇制の是非と国を愛する気持ちになんら相関関係はないはずなのに。

投稿: | 2006.03.19 19:53

>同族会社なんか資質関係なしに後継社長の椅子が用意されてる。

そんなに甘くないよ

投稿: | 2006.03.19 20:02

>プロ野球や総理大臣は世襲でも家業でもねーよ と思ったり。

 ところが、世の中は、蛙の子は蛙を期待するんだよね。名選手の子は名選手になって当然と考える。その筋でスポーツ新聞の記者は記事を書くが、そういう目で二世を見るのは般ピーも同じ。アーティストの子も然り。藤圭子の娘であることが、宇多田の今日に何かしらの影響をもたらしたことは、疑いない。売れなかったら、拒食症か過食症になったかも知れん。(お手前は宇多田が嫌いだから、そうなっても構わないけど)
 私が孝太郎を例に挙げたのは、政界の名門の跡取りに生まれた故の圧力を例示するため。芸人に他に代わりがいようがいるまいが、そんなことは彼にかかるプレッシャーに関係ない。芸能界から脱落して政界に転じたとしても、彼個人の技量がおっつかなければ、同等以上のプレッシャーが後援会や党からかけられるでしょうなぁ。小泉の家に生まれたばっかりに……天皇家に生まれた者にプレッシャーがかかるように、小泉家に生まれた故のプレッシャーから、孝太郎は一生涯逃れられない。

 ところで、貴殿はブサヨの生き残りの熊谷信一郎?

投稿: 土門見人 | 2006.03.19 20:19

>誰が好き好んであの国の戦闘機なんか買いまっかいな
日台(泰印を加えても良い)買うから「EU、中に売らんといて」というのが通じれば、それはそれで政治かと、それが通じないのが国際政治

投稿: sionoiri | 2006.03.19 20:40

>天皇という存在がいなくなる時は日本という国家が無くなる時
 うーん!
 そういう気持ち、心を持つ国民、いいかえると世代が年とともにどんどん少数派になっていく時代なんじゃないだろうか・・・
今の学校や社会、まして核家族化した家庭では天皇の存在意義に関する教育なんかなされているとは思えない。また現代の天皇にはカリスマ性とかは求められていないし、むしろ消そうとしているのだから、存在意義のような本質部分に関心が集まらず、瑣末な行動やゴシップに国民の目がいってしまう。遠い将来、憲法の条文にあるだけの存在になってしまう時代が来るかもしれない。さらにいえば民主主義の国家である以上国民の支持がなければやはり存続はできない。
ところで江戸時代、武士以外の国民のどれだけの人が天皇の存在を知っていただろうか・・・

投稿: 5-3計算 | 2006.03.19 20:55

釣られてみようかなっと。

>>「天皇という存在がいなくなる時は日本という国家が無くなる時」
>とかいうキモイ意見

どこがキモイのかを述べてちょ。

投稿: 時をかける名無しさん | 2006.03.19 20:58

>熊谷信一郎
,,,だれ?
市会議員?ハウスクリーニングの社長?

じゃなくって(^^;
天皇家に外交チャンネルを期待してるし(存続が前提)、自分じゃ右よりだと思っていたけど。

>現在、似たようなプレッシャーに怯えているのは、父親が総理を辞めたら、芸能界から転げ落ちると噂される小泉孝太郎でせう。

そもそも今芸能界で孝太郎氏にかかっているプレッシャーて何?
孝太郎氏には常に政界二世としてのプレッシャーがかかっている。
(芸能界から転げ落ちる、、、は、単なる孝太郎氏の形容詞)
だったら私の解釈違いですね。

芸能人の芸能界に居続けるプレッシャ-と、政界二世のプレッシャーはぜんぜん別物だと思ったわけです。

好意的に考えれば、
小泉孝太郎はまさにそのプレッシャー(後援会などの期待)から逃れるために、芸能界という個人の力量で生きていける世界に入ったのではないか。

悪意に考えれば、
後の政界入りへの布石として、名前売りのためにメディア露出しているのではないか。

政治家(総理職ではなく)は小泉家の家業に成りつつあるようですが、孝太郎はそこから脱しつつあると思います。(好意的解釈)

投稿: 森のクマ | 2006.03.19 21:04

今、パソコンを開けたらすごい事になっているね。
確かに「あんたは愛国心じゃなさそうだ」と言ったのは軽率だっと思う。
でも昨日コメントにも書いたように「悪党の最後の砦は愛国心」というのを見たとき瞬間的に反吐がでそうになったのも事実だ。
私は西村真悟を支持しているし、自分の色んな底辺の経験から、彼の本質がいかに礼儀正しく優しい人物かが分かる。
適当に政界を泳いでいる政治家とちがって心骨惜しまぬ活動を続けてきたのも事実だ。


いくら言っても水掛け論だけど、今回の氏の罪はスピード違反程度のもの。
でも罪と言われれば罪だと認めざるを得ないのが辛いところだと思う。
(業界では当たり前すぎる事で、罪というほどの意識はなかったのでは、とも思うが)

彼の生活を知る人は皆、口を揃えて非常な質素な暮らしぶりだという。
(背広はヨレヨレ、家も車もボロボロだとか)
天下国家の活動をあうる氏には地元誘導しないから献金もない。
苦しい台所事情であったらしい。

管理人の言うように拉致問題だけが尊いわけでは勿論ない。
でも国をあげて取り組まなければいけない重要案件であることも事実。
あまりの進展のなさに西村氏はイスラエルの拉致奪還を真似て、アメリカの議会に訴える強行手段の為、渡米する寸前の逮捕だったという情報もある。
(実際、そのくらいのことをしなければいけないと言っていたのも聞いた)
そう思うと、氏や拉致被害家族の無念はいかばかりか、という気持ちになってくる。

真摯な批判であればいいと思う。
でも溺れた犬を棒で叩くような輩があまりに多すぎる。
拉致被害のことを盾にとって見苦しいという意見はたくさん見た。
氏の努力や被害者遺族の数十年の生殺しのような年月を少しでも想像する理性があれば、いえないだろうと言葉の数々。
いともたやすく、西村議員を裁き、「家族会もこのような人間がいては迷惑だろう」などと代弁する。

別世界から軽々と只中にある人を裁いて責任追求し、家族の気持ちを代弁するその浅ましさ。
見苦しい限りだと思う。

今回の件については西村議員を心から応援するものとして、本当に辛いものがある。
正直に言えば、潔く辞めてほしいとも思う。
氏も一度は決意したというから、周囲が辞めさせない、というのもあるだろうし、氏も激しい葛藤の只中ではないかと思う。
人情として、今回くらいの事は目を瞑ってやりたい。

「罪は罪、西村氏だから言い」、というのは小学生の理屈、と誰かがコメントしていたけど、ハッキリ言ってそういうのは幼稚園児の屁理屈だ。
本質はそういうことを言ってるんではない。
(水掛け論なので、バカらしいのでここでははぶく)

私にしても普段「愛国者」の自覚はない。
先に書いたように、、「悪党の最後の逃げ場所は愛国心」という管理人のいともカル~ク、おちょくりからかう言葉にこちらも過剰に反応しただけの事だ。

(オリエンタルランドはシンデレラ城を潰して東宮御所をあそこに作ってやれ。
で暇な時はテラスから修学旅行生に親子して手を振って貰えばいい。・・などという言い方も天皇崇拝とかそういうのではなく、人を喰ったような言い方が、ただただ単純に不愉快。
しつこいが、実生活の態度が透けて見えるように感じるのだ)

結局私が究極に思うのは意識の問題。
書いている内容からその人の本質をを推察する。
「惻隠の情」を示せる人間であるか、「逆境にある時、それをいい事にそれを侮る感性ではないか」
「溺れた犬を棒で叩く真似をする人間でないか」 などの本質を推察する。

そういう意味において、正直、管理人の言葉を見て吐き気を覚えたというだけの事。
これはもう個々の感性の問題だからどうしようもない。
(勿論私は上記のような高尚な人間では全くない。だが西村真悟には、そういう意味で非常に人間に尊いものを感じるから、庇いたいというだけのこと。今の時代、非常に稀な人柄だと純粋に思う)

まあ、一言で括れば、氏を庇いたい。
先の武道館、一万人集会で、氏には一際大きな拍手があったという。
「惻隠の情」というのは、やはり持つべき人は持っているもの。
批判にして真摯な姿勢にあまりに欠けるものが多いと感じる。


ここは管理人のブログだし管理人の考えもあるだろうから、それはそれでいいのだけど、こちらはこちらの思いをコメントさせていただいた。
以上。

投稿: 内蔵助 | 2006.03.19 21:24

>TDRのチケットを握りしめていたという話を聞き、中年@オヂ号泣す。。・゚・(ノД`)・゚・。 だから天皇制なんぞ止めりゃあ良いんだよ

わたしゃ、昭和天皇が本場のディズニーランドに行った映像をみて呆れ果てましたね。「天皇陛下万歳、靖国神社で会いましょう」と南海に散った特攻隊員。まさか陛下が靖国ではなく鬼畜米国ネズミーランドにいようとはトホホでしょう。今度戦争やるときは「TDLであいましょう」と散っていくか。で、特攻的純粋な愛国もいいんだが、「敵は本能寺にあり」と一隊率いて反転し、大本営や宮城に自爆攻撃かけるものも愛国ではないのかと。
ようは寺山修司の「身捨つるほどの祖国はありや」ということではないのかな。

投稿: 東京ocnソープランド | 2006.03.19 21:29

>「天皇という存在がいなくなる時は日本という国家が無くなる時」
>とかいうキモイ意見

>どこがキモイのかを述べてちょ。

「天皇=日本」と言うな~んの根拠も
ない事を得意げに書くところ。

投稿: | 2006.03.19 21:40

関係無いけど

>「天皇=日本」

上記の書き込みで、竹島将の「破滅の日」のワンフレーズを思いだした。。。。。。。

投稿: HISASHI | 2006.03.19 21:51

>いくら言っても水掛け論だけど、今回の氏の罪はスピード違反程度のもの。
>でも罪と言われれば罪だと認めざるを得ないのが辛いところだと思う。
>(業界では当たり前すぎる事で、罪というほどの意識はなかったのでは、とも思うが

こういう発想が駄目なのに気づいていないところが痛い。
「罪と言われれば罪だと認めざるを得ない」って何?弁護士という立場の人間に対する発想ではないでしょう。

>でも溺れた犬を棒で叩くような輩
西村氏は溺れた犬という立場ではないと思うが。こうやって正当化しようとするから

>ネットの中にはホントにしょうもない連中がいる。
って思われるんですよ。他でどんなことをやっていようが関係ない。
警官が普段真面目に働いている人間だったが万引き(という罪はないので窃盗だが)
をして首になる事もある。法を守るべき人間が法を犯しているのだからそれは守られる
べきではない。こんなの微罪だとか罪に問うべきじゃないなんて法治国家で許される
話ではない。

投稿: | 2006.03.19 21:51

>内蔵助氏

要するに、西村氏は好きだから擁護し、大石氏は嫌いだから批判する、っつーことですか?

投稿: | 2006.03.19 21:57

>「天皇=日本」と言うな~んの根拠も
ない事

 これは個人の価値観によるものだと思うのだけれど,「天皇=日本」だということを認めるのに根拠がいるというのがビックリだ.日本人のメンタリティの中に「天皇=日本」は組み込まれているものではないだろうか.天皇家がずっと続いているというのが日本の国家の定義というか...天皇は日本という国に当たり前のように存在しているというか...
 価値観の問題だから押し付けられるものではないのだけれども.
 『「天皇=日本」と言うな~んの根拠も
ない事』という意見が多くなってきたら,天皇制の存続も難しくなるのだろうなと思う.

投稿: 真面目な軟派師 | 2006.03.19 22:10

 かつては、私も
「救急車に医師を乗車させれば、気管内挿管だとか、静脈ライン確保して輸液とか、強心薬注射とか、その場でできて助かるじゃん」
と思ってたものですが、ER専門の人に聞いたら、そんな簡単なものじゃないそうです。
 病院で医師が普通にやっていることも、現地では非常に困難だったりします。熟練看護師の助けもないし。
 現地で乏しい機材と人員でぐずぐずしているよりは、さっさと病院に運ぶこと。これしかないのです。

投稿: Inoue | 2006.03.19 22:23

<こういう発想が駄目なのに気づいていないところが痛い。
「罪と言われれば罪だと認めざるを得ない」って何?弁護士という立場の人間に対する発想ではないでしょう。


・・・だからどこまで言っても水掛け論。
悪いけれど私の中では痛いという感覚はないのだよ。実際、弁護士がスピード違反して、クビになるの?痛いと思えば思えばいいさ。
こういう事に潔癖を求める人間って、私から言わせると自覚のない罪人が多い。
こういうと反論があるのはわかってるけど、しつこいようだけど、善悪なんていうものは紙一重。
私の重視はあくまで、人間の本質。本質とは何か。それは礼節。枝葉末節に捉われず、それを強く有してる貴重な人を個人的には応援したいということ。

投稿: 内蔵助 | 2006.03.19 22:40

戦犯間際だった薩摩人・福留孝介の値千金ホームランおめでとうございます。

投稿: | 2006.03.19 22:55

>私の重視はあくまで、人間の本質。本質とは何か。それは礼節。枝葉末節に捉われず、それを強く有してる貴重な人を個人的には応援したいということ。

要するに、長島さんは偉大な選手だから4ストライクでアウトにしようということか。

拉致被害者のことを考えるなら、つまらない犯罪に手を染めるべきではなかったね。

投稿: | 2006.03.19 22:59

内蔵助さんよ、もう止めなって。

あんた、自家撞着に陥ってるって。

投稿: HISASHI | 2006.03.19 23:20

>内臓助さんへ

>氏の今までの実績。そして国益第一の姿勢を振り返れば情状酌量の余地は有り余るほどあるはず。

という姿勢が問題だということを認識すべき。

投稿: スサノオ | 2006.03.19 23:44

<要するに、長島さんは偉大な選手だから4ストライクでアウトにしようということか。

・・バカだね。本当に。
だからスピード違反的な同情の余地のある事だと言ってるでしょ。
罪は罪だけどね。
罪にも色々あって、私の中ではそんなに重くないの!
ぶっちゃけ言うと、賄賂もらうにしても、それを活かす事に使うのなら、見逃しても言いと思ってるわけ!
こういうところが決定的に水掛け論なの!
またこう言うと、屁理屈こねる人がでてくるんだろうけどね。
いったい今の国会議員にどれだけ潔癖な人がいるというのかね。平沼さんとか、人間臭い実直な議員が窓際に追いやられてる現実じゃない。最後に残るのは事なかれ主義の処世術に長けたものばかり。

<内蔵助さんよ、もう止めなって。


無知なもの自家撞着という意味わかりませんm(__)m

まあ、もとよりここのブログに集まる人に理解されるとは思ってないけどね~。


投稿: | 2006.03.19 23:44

>氏の今までの実績。そして国益第一の姿勢を振り返れば情状酌量の余地は有り余るほどあるはず。

という姿勢が問題だということを認識すべき。


・・・まあ、それはあるかもしれませんね。
ただ、今の人はおちょくりからかう批判をする人があまりに多いと感じるからね。
情状酌量で、もう少し人間として、まとまに真摯な批判ができんのかと思うわけ。

投稿: 内蔵助 | 2006.03.19 23:48

>名前: | 2006年3月19日 午後 09時40分
の人、5-3さんほか

ものの見事に投稿の字面だけで反射してるでしょ。HISASHIさんは最初の投稿の趣旨を理解してるみたいだけど。

>内蔵助さん

西村は立法府に所属する国会議員であり、同時に法を生業にする弁護士。その西村が法を蔑ろにするような行為をしたことについてまずけじめをつけろと。つか、何で民主党が永田の偽メール事件で散々に叩かれたか理解しとらんのでは?

投稿: 時をかける名無しさん | 2006.03.19 23:52

>「天皇=日本」と言うな~んの根拠も
>ない事

たぶんこういうことが言えるヒトってのは、体制の座から追われると“罪九等に及”び、墓を暴かれたり、そうならないために、全世界に“支那事変死者数五千万”なんて既知外ゴトを喧伝してまわったりなんて、野蛮かつ前近代的な所業に手を染めないで済ませられるという、近代国家として不可欠な前提が「根拠」たり得ない国のご出身なんでせう(かその「喧伝」のお先棒担ぎの熊谷伸一郎(←土門さま正しくはこちら))

投稿: truly_false | 2006.03.19 23:54

>天皇家がずっと続いているというのが日本の国家の定義というか...

>天皇は日本という国に当たり前のように存在しているというか...
は同じように聞こえるけどぜんぜん違うことでしょう。

「天皇は日本という国に当たり前のように存在しているというか...」おそらくここまでは認めることができても、
「天皇家がずっと続いているというのが日本の国家の定義というか...」ここまでくると違和感を禁じえない。

占領憲法だなんだかんだと言われながらも、少なくとも主権在民についてはほとんどの国民は納得し、当たり前と考えているでしょう。そこで「天皇=日本」なんて考えが戦後日本の民主国家日本の国論とずれているのは明白です。日本と言う国は天皇がいるから日本でなく、日本人がいるから日本なのです。
憲法で天皇が国民統合の象徴となった理由は戦前の天皇制価値観が強すぎたため、戦後国民の価値観喪失に対処するための苦肉の策だった面も否定できなかったのです。戦後65年がたち、自由民主主義という価値観が戦後世代には定着してきました。このことが天皇の存在価値を薄める結果になってきているのです。
私は天皇制の存続を否定するものでもなければ、日の丸、君が代を否定するものでもありません。しかし、少なくとも私たち戦後世代にとっては「天皇=日本」のような価値観にはついていけないのです。これは当然私たちの子供の世代にもそんな教育は行っていないことにつながります。こうして世代が代わっていけばいくほどその価値は薄まっていくと思います。この問題を取り上げるのは非常にしんどいのです。おそらく世代間でこれほど価値観が異なる問題は少ないだろうし、これをつめるのは容易なことではないからです。

投稿: 5-3計算 | 2006.03.19 23:59

まぁ、ご当人が水掛け論宣言してる以上、周りが何を言っても耳を貸す気はない、ってことでしょう。相手にするだけ無駄。

投稿: | 2006.03.20 00:03

時をかける名無しさん

>内蔵助さん

西村は立法府に所属する国会議員であり、同時に法を生業にする弁護士。その西村が法を蔑ろにするような行為をしたことについてまずけじめをつけろと。つか、何で民主党が永田の偽メール事件で散々に叩かれたか理解しとらんのでは?


・・・・何回言ってもわからんねぇ~~。
ケジメをつけられれば私もいいと思う。
西村議員だってその方が楽に決まっている。
ただ、罪としては限りなく白にちかいグレーである微罪だということ。
そういうことを全然理解せんような輩が、別世界から軽々裁くなと言いたい。

<何で民主党が永田の偽メール事件で散々に叩かれたか理解しとらんのでは?

・・理解してませんね。
まあ、あなたの理解があってるとも思わないけど。
私は西村議員を辞職させれば、永田も居づらくなって、民主党の失墜を印象付けられるという魂胆かと思いましたがね。
とにかく、拉致問題に食いつく西村議員は一番目の上のたんこぶだったんでしょ

投稿: 内蔵助 | 2006.03.20 00:10

>熊谷伸一郎
あーそういう人がいるのか、ググッて見てもわからんはずだ。

いえあたしゃただの工場労働者です。

投稿: 森のクマ | 2006.03.20 00:17

>ぶっちゃけ言うと、賄賂もらうにしても、それを活かす事に使うのなら、見逃しても言いと思ってるわけ!

2・26事件の被告たちもそう考えてたな。暗殺を行った右翼たちもな。

まぁ、「信じる者は救われる」か。

お前さん等の主張は、保守系の活動をする人々にとって、マイナスなのよ。お前さん等個人は、擁護する事で満足を得られるかも知れんけどな。

>まあ、もとよりここのブログに集まる人に理解されるとは思ってないけどね~。

あのなぁ、例えば拉致の解決にしても、国民の後押しが無いと実現しないのよ。なぜなら、「拉致の解決に尽力を尽くさないと選挙で落とされる」と議員に思わせないと物事は動かないからなんだな。

9・17直後は、感情的な国民の姿に恐れをなした政治家が、猫も杓子も拉致解決に賛同しただろうが。今は、その熱気が冷めた状態で、地道な支持を集めなくっちゃならないんだぞ。

そうした時に、国民からそっぽを向かれるような事をしてどうするんだ。

多くの国民はな、西村議員の詳しい事なんて知らないんだよ。知っているのは、メディアで報道されることだ。総ての国民がネットで能動的に情報を収集しているわけではない。

そうした報道に接する国民は、「西村議員も外の政治家と変わらんね。」って思うわけよ。そして「ああまでして議員の席にしがみ付くのは、拉致問題ってよっぽど美味しいんだね」とな。

そうなったら、敵さんの思う壺だと思わんのか?

投稿: HISASHI | 2006.03.20 00:19

>近代国家として不可欠な前提が「根拠」たり得ない国のご出身なんでせう

こんな決め付け方のできる人のご出身はどこなんでせう?

投稿: | 2006.03.20 00:37

まあ、あなたのいう事も正論かもしれないね。
でも何も暗殺とか右翼に話しを飛躍しないでもらいたい。
(それも事と場合には必要だと思うけどね。将軍様なんかは充分暗殺に値する)


<敵さんの思う壺だと思わんのか?

じゃあいつになったら解決するんだろうね。

もう拉致被害の家族は高齢になって時間がないとは盛んに言われている。
国民の後押しが今後、増えるとは正直全然思えない。

西村議員が逮捕された時だって、さんざんけなした口で、特集があると神妙な事をいう人間はたくさんいた。
実際国民の意識ってその程度のものだろう。
大衆とは無知なもの。
今から高まるとはとても思えない。
お約束の可哀想な話題に成り果てている。

確かにあなたのいう事は正論かもしれないよ。
ただやっぱりその意識には賛同できない。
尤もらしいことを言ったって、情としてそのような意識では、結局ことなかれ主義に走ってしまう。

迷惑と言われればそうかもしれない。
そのへんは私も正直よくわからない。
でも迷惑だというのなら、一体あなたは、保守として拉致問題はどうすればいいとお考えか。
保守というけど、保守としての志があるなら、管理人の「悪徳の~」という言葉には嫌悪を持ってもらいたいものだと思う。
西村議員のことも擁護もしないかわりに、批判もすべきではない。
せめて無視するくらいの寛大さを持っても罰はあたらないだろう。
こういう意識というのは、大きいものだと私は思っている。

西村議員への世間の態度は今後、二極化が進むと思う。
普通の議員だったら「拉致問題はよっぽどおいしいのね」で終わりだろう。
でもいまだに熱心な支援者が多いことは今の西村議員にとっては、微妙な影を落としているかもしれない。

ただ私は繰り返し、言ってるけど保守だろうが右だろうが左だろうが、礼節と情けがあれば言えないようなむごい批判が多すぎるという事。
西村議員に限らずだけどね。

拉致問題のことなんか気にもしていないような人間が、「拉致問題を盾にとって・・」という自覚のない礼節のなさ、というものが吐き気がするだけ。

投稿: 内蔵助 | 2006.03.20 01:26

>こんな決め付け方のできる人のご出身はどこなんでせう?

豊葦原瑞穂の国です(ちなみにミズポたんとも同窓)

投稿: truly_false | 2006.03.20 01:31

> 現地で乏しい機材と人員でぐずぐずしているよりは、さっさと病院に運ぶこと。これしかないのです。

 重症患者であればあるほど、現場医療の必要性と重要性には議論の余地がないのですが…。問題はむしろ、「乏しい機材と人員」の辺りですね。

 運ぶ先の病院の話、搬送システムについては、また今度。

投稿: rijin | 2006.03.20 01:37

>「天皇=日本」だということを認めるのに根拠がいるというのがビックリ
絶対王政は王権神授説、キリスト教の神で正当化してましたね。明治憲法には「第3条:天皇ハ至尊ニシテ侵スヘカラズ」とありますが、何故偉いかは説明されていません。偉いのが自明だったわけです。人間宣言で明治憲法は息の根を止められたと。
公理の設定から全然違う体系が生じるので、究極的には宗教で信仰の問題。

>天皇家がずっと続いているというのが日本の国家の定義
現在の皇室がなくなっても皇族がいなくなるわけではないし、代わりの誰かが出てくるだけではないでしょうか。北朝南朝という話で混乱するのでは。ガンダムSEEDのオーブのようなものが現実になるかも。

http://marianas.exblog.jp/

投稿: | 2006.03.20 01:51

>明治憲法には「第3条:天皇ハ至尊ニシテ侵スヘカラズ」とありますが

「神聖ニシテ」だと思ひますが(それは戦後の“改正試案”のものかと)、これは、たんに「主権者を裁くことはできない」という“当然の法理”を述べただけのものです(:日本国憲法15条4項後段 選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。)

投稿: truly_false | 2006.03.20 02:06

自我作古)「愛国主義は悪党の最後の隠れ家」-ことばの新事典(筑紫哲也)

週金的筑紫語なのであんまり気にしない方がよろしいかと。今からテロ朝で愛国がテーマの「凶気の桜」をやりますからお暇な方はどうぞ。まあ右翼の大物が実は在日朝鮮人でその差別からウツになっているというオチがあるんですが面白い映画です。

投稿: 東京ocnソープランド | 2006.03.20 02:17

>かつては、私も~病院で医師が普通にやっていることも、現地では非常に困難だったりします。熟練看護師の助けもないし。

なるほど、そういった背景があるのですか。この事は医療関係の方に直に聞いてみたかった(その代わり実に素朴な疑問ですが)のですが、今回のレスで納得しました。

今後、exciteブログからトラバする事があるかも知れませんが、その時はよろしく。Inoueさんに聞きたい事が山ほどありますので。

投稿: | 2006.03.20 02:57

保守派の定義がわかりませんけど、明治憲法だけではなく「天皇=日本」は現憲法においても同じですよね。
「天皇=日本」は天皇は日本の象徴だから。
だから天皇がいなくなると、立憲君主制度の国家体制である日本がなくなってしまうと考えている人の根拠じゃないでしょうか?
まあ「大統領制の日本」や「ML主義体制の日本」というのは想像しづらいですねぇ。

ついでに皇室典範問題では「天皇=日本」より「DNAのX染色体、Y染色体により女系は反対である」と主張していた人間がいたことにキモイを超えてゾッとしましたけど。

投稿: | 2006.03.20 06:03

内蔵助さんさ、あなた逆の立場だったらどうする? つまり、「拉致被害なんてのはもう全部解決したに決まってる」って立場の人間だったら。

ちょっと想像してみようよ。西村議員が議員職にしがみついているのは恰好の攻撃材料になると思わないか?

西村議員は拉致被害の問題解決に確かに功績はあったでしょう。が、その功績があるからこそスキャンダル(くらいは言っていいよね)とからめるとおかしな政治的言説ができちゃうわけなんですよ。私がたとえば岡崎トミ子みたいな売国奴だったらこの点をしつこく突いて拉致被害者家族会のイメージ失墜まで持っていっちゃうよ。

>まあ、もとよりここのブログに集まる人に理解されるとは思ってないけどね~。

あのねー。私だって西村議員の功績は認めてるし、今回の件はとても残念に思ってるし、その心情は痛いほど理解はできるのよ。内心ではあなたと同じ「なんでこんな微罪で」とも思っているんだよ。「なんとかなかったことにできないか」とも思ってはいるんですよ。

でもね、それを言っちゃおしまいなんだ。むしろ「こんな下らないことで足を掬われてるんじゃないよ」って憤りの方が大きいかもしれない。とにかく拉致被害の問題はまだまだデリケートな問題なんだよ。政府の腰の重さを見ればわかるでしょ。政府の腰の重さに焦るのもわかる。だけどやっぱり今は西村議員がかかわるべきではないと思うんだ。

なんていうかさとっとと「禊を済ませて」ほしいもんですよ。なんか嫌な言葉だけど、確かに微罪ではあるわけなんだから、ことを荒立ててイメージを大罪を犯した大悪人にまで持っていく法はないと思うんですよ。ていうか失礼ながら西村議員て悪人顔なんだから、その意味でただでさえ立場弱いでしょw

投稿: qaz | 2006.03.20 06:10

出勤前なので手短に。

西村議員と支持者が如何すべきかは、辻元清美議員の辞職後からの行動に学びなさいな。

投稿: HISASHI | 2006.03.20 07:55

↑その通り。
言わずもがなですが、もちろん反面教師として。

投稿: | 2006.03.20 08:51

>ついでに皇室典範問題では「天皇=日本」より「DNAのX染色体、Y染色体により女系は反対である」と主張していた人間がいたことにキモイを超えてゾッとしましたけど。

これは天皇という王族(じゃないけど他国で言えばそれ)の血統の問題に関してそれを保持する事が重要ではないか?という事でしょう。
科学的な言葉を使った女性差別だと受け止めたのだとしたら、少し浅はかだと思います。
皇族・王族は血によって認定されるところが多いのだから、それを軽視するのであれば大石氏の言うようにそもそも制度自体を廃してしまった方がいいのでは?

投稿: | 2006.03.20 09:26

先生!
大漁ですね!!!21!

投稿: 酢昆布 | 2006.03.20 10:30

>情状酌量で、もう少し人間として、まとまに真摯な批判ができんのかと思うわけ。

はい、スリーストライク!バッターアウト!

いくら良いプレイをしていてもルールはルール。
さっさとバッターボックスから出て出て。

投稿: | 2006.03.20 10:48

一度退いてもその人に正義と誠実さと能力があれば再び選ばれると思うのは理想主義に過ぎるのだろうか?

投稿: | 2006.03.20 11:01

>一度退いてもその人に正義と誠実さと能力があれば再び選
すべてがそううまくはいかないと思うが十分可能性はあるでしょうね。
というか「正義と誠実さと能力」がなくても返り咲いてしまう人もいるのですが。
罪を犯した人を「こんなの罪のうちに入らない」
「みんなやっている」(その事実は
示されていないが)「やめるほどの罪ではない」とかばわなきゃいけないほど
人材がいないのか、と思ってしまう。

かの国がもっと大きな罪でさえ権力の座にあればいくらでも握りつぶせる
国家なわけですが。

投稿: | 2006.03.20 11:10

>女性差別

そもそもミトコンドリアDNAは母系遺伝なんだけど。

投稿: | 2006.03.20 12:05

>なんていうかさとっとと「禊を済ませて」ほしい
>もんですよ。なんか嫌な言葉だけど、確かに
>微罪ではあるわけなんだから

微罪か?

投稿: | 2006.03.20 13:37

内蔵助氏の論調は多分にして情緒的。
情緒なんてものは人の数だけあるもので、個々がそれに基づいて行動していては混沌としてしまうから、感情とは別のところに法というものが出来た。
この法を皆が(多少の不満はあれ)守らないと近代的な社会は崩壊してしまう。

拉致家族の心情とか西村議員の胸のうちとかは言っちゃ何だが本人達にしか判らない。内蔵助氏の言うところはあくまで氏の想像の産物に過ぎず、本人達が声を発して表明するなどの裏づけが無い限りファンタジーでしかない。
というか法治国家の基本である法遵守を捻じ曲げてもよいと言う位拉致問題が大切なら立候補するなり、街頭演説するなりしたらどうですか。ネットの片隅でじくじくしていたって状況は何も変わりませんよ?

投稿: | 2006.03.20 16:20

>法治国家の基本である法遵守を捻じ曲げてもよいと言う位拉致問題が大切

・・・私の今までのコメントの意図を全く理解していない。

<立候補するなり、街頭演説するなりしたらどうですか。ネットの片隅でじくじくしていたって状況は何も変わりませんよ?

・・・この短い文面の表現から、あなたがいかに、情緒的で、幼稚な考え方をする人かというのが手にとるように分かる。
バカすぎて説明する気にもならん。


<情緒なんてものは人の数だけあるもので、個々がそれに基づいて行動していては混沌としてしまうから、感情とは別のところに法というものが出来た。
この法を皆が(多少の不満はあれ)守らないと近代的な社会は崩壊してしまう。

赤ちゃんが一生懸命、大人びた表現使ってみましたって感じ。よく書けましたね。

それから感情に基づいてしか、人間は行動できないもの。
あなたの思考は情緒そのもの。


投稿: 内蔵助 | 2006.03.20 18:20

自分が行ったことへの償いをし、その上で再起するのが責任のある政治家の、それ以前に責任のある大人の取る態度では無いかと思うのですが…

投稿: | 2006.03.20 19:06

前のコメントの方ですか?
申訳ありませんが、今までのコメントをはじめから数回、繰り返し独唱なさってください。

それらの答えは既にあるかと思いますので。

投稿: 内蔵助 | 2006.03.20 19:17

5-3計算さん

>占領憲法だなんだかんだと言われながらも、少なくとも主権在民についてはほとんどの国民は納得し、当たり前と考えているでしょう。そこで「天皇=日本」なんて考えが戦後日本の民主国家日本の国論とずれているのは明白です。日本と言う国は天皇がいるから日本でなく、日本人がいるから日本なのです。

 や,「天皇=日本」であるから天皇が主権を持っているというのではなくて,主権が国民にあろうがどこにあろうがそんなものを超越した存在として「天皇=日本」なのだと思ってるわけです.
 主権国民となったのは所詮戦後の話で,戦前はそうではなかった.江戸時代までさかのぼれば徳川幕府があって,その前は群雄割拠の戦国時代で,その前が...ってな感じで歴史をさかのぼっていっても,どの時代にも天皇はいるわけですよね.神話の世界になってしまうけれど,神武天皇からずっと続いている(南朝北朝とかはよくわからんけど).だから主権が国民にあるとか,徳川幕府が支配していたとか,戦国戦国してたとかなんていう下々の人間の動向にかかわらず,それを超越してずっと続いてきたという意味で「天皇=日本」だとおもってるわけです.

だから

>自由民主主義という価値観が戦後世代には定着してきました。このことが天皇の存在価値を薄める結果になってきているのです。

 我々は戦後60年は自由民主主義のシステムでやってきたわけですが,そんな我々下々のことはどうでもいい話なのです.

ちなみに
>少なくとも私たち戦後世代にとっては「天皇=日本」のような価値観にはついていけないのです。
 
 私も戦後世代です.親も戦後世代です.

 

投稿: 真面目な軟派師 | 2006.03.20 19:48

上のコメントの人は別人。憶測で脊髄反射レッテル張りお疲れさまです。
04時20分の人は私です。

言いたいことは判ってますよ。
「西村氏は真の国士(に違いない)から、たかが知れた誰でもやっている(に違いない)罪で断罪してしまっては、西村氏を最後の頼みの綱としている(に違いない)拉致被害者家族にも申し訳ない(に違いない)。」
ですよね。
大石氏に対するコメントでも「実生活が見えるようで」とか憶測で物を言ってます。貴方の発言は殆ど貴方の憶測で構築されているんですよ。
いい加減それに気付けと。

投稿: | 2006.03.20 19:57

西村は東の方角を睨みながら腹切って死んじゃう方がいいんじゃないかなぁ。
そっちのほうがよっぽど日本の為になるって。
辻本を道連れにしてくれたら尚良し。

投稿: おめだ | 2006.03.20 20:20

>上のコメントの人は別人。憶測で脊髄反射レッテル張りお疲れさまです。
04時20分の人は私です。


私の主観による憶測によると、あんたはここのコメント欄で見たダントツの○○。

私は人が憶測でものを言うのは当然だとおもうけど、あなたのように妄想でものを言うのはよくないと思う。

投稿: 内蔵助 | 2006.03.20 21:29

内蔵助さん

・拉致問題
 正直なところ打つ手なし。現在は、沈滞期だとおもうな。ただし、私は金体制崩壊のみが、拉致解決に繋がると思っているし主張するから、家族の辛い気持ちは判るけれど、それには関われない。邪魔になるから。

それとね、政府は金体制が崩壊した時に支援しなければならないことを恐れているのよ。十数兆と言われているからね。

・辻元議員に学べ
 「反面教師」として学ぶわけでは無い。彼女が辞職した後、静だっただろ?逮捕されたときも裁判の時も静かだっただろ?

あそこで騒いでいたら、まちがいなく落選していた。何故なら、悪いイメージが浸透し、且つ記録と記憶に残るから。彼女たちは、それを知っていたのよ。運動については、彼女たちに一日の長がある。保守系が出来て無い点がそれなんだ。

それと同じなんだ。議員辞職して、メディアから遠ざかるときだと思う。支援者として確かに叩かれる事は辛いだろう。だけどな、今はどんな批判が出ても、絶える時なんだ。それをしなければ、確実に次の選挙で落選する。なぜなら、けじめを付けない状態では、コアな支持者以外は西村議員の話なぞ真面目に聞かないからだ。

支持者として、それを望んでいるのかい?

判決が出るまで静にすべきなんだ。執行猶予付きの判決が出れば、こっちのもんだろ?後は、選挙に当選するだけだ。危ないと思ったら、鈴木議員がやったようにすれば良い。禊を済ませるのとしがみ付くのでは大違いだよ。

裁判が終わって当選するのと、今議員の席にしがみ付いて、次の選挙で政治生命が立たれるのとどっちを選ぶ?

貴方はさ、西村議員を擁護すると主張するけれど、こういうことを考えた?

私は、これで最後にするけれど、情に溺れちゃダメだと思うよ。

・保守への迷惑
 まぁ、騒ぐ連中は、叩くだけだ(ここでは、これで最後にするけど)。これは、あんまり気にしなくて良い。

投稿: HISASHI | 2006.03.20 22:35

>私の主観による憶測によると、あんたはここのコメント欄で見たダントツの○○。

それはよかった。あんたと同レベルじゃないわけですな。一安心。
で、○○の私はどこがあなたの言う妄想なのかチンプンカンプンです。
貴方の発言をまとめただけなんですがね。自分で書いたこともお忘れとは。いやはや。
不毛なのでこれで撤収。
後はお好きなようになさってください。

投稿: | 2006.03.20 23:16

「俺は正しい! お前はバカだ! その理由は説明しない!」

学校における“先輩”とか、会社における“上司”とかに、こういう人って よく居ますね。
その手の“先輩”やら“上司”やらに、ヒドイ目にあわされすぎて、同じ種族になってしまったのでしょうか…。


 そういえば、大石氏に問いただされた日垣氏が、「ボクは、おいくちゅなのかな?」とか何とかいうメールを返信してきたように記憶していますが…。

投稿: ヨモスエ | 2006.03.20 23:53

>辻元≠反面教師

確かに復活当選したが、ダーティなイメージは拭えなかったと思う。沈黙によって、過剰な反発も抑えられたかもしれないが、説明責任を果たさなかった、という汚点は今後一生ついて回る。これは社民のような弱小野党にとっては、致命的でしょう。

投稿: | 2006.03.21 06:42

所詮
「憶測でものを言う」
事と
「憶測で理論を構築する」
事の差すら理解できてない奴ですからw

投稿: | 2006.03.21 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の出処進退:

« 将軍様が嗤っている | トップページ | 愛国心を考える »