« 人生、過ぎてみれば | トップページ | 医療に於ける需給バランス »

2006.03.10

がんばれ! 実現男

 いやぁ、長いシステムトラブルでご迷惑をお掛けしましたm(__)mペコリ。まさか起きた時点で解決していないなんて思わなかった。私がNIFTYのサポセンに電話してぶつぶつ言って、「見通しはどうなんでしょう?」「まったく分かりません!」というやりとりをしていた時には、ひとまず復旧していたらしい。この状態がいつまでもつか分からないので、今のうちにひとまずアップします。たぶんこの後もまたおかしくなるはずです。システムってのはそういうものですよ。

※ ココログ、ボロボロ

 昨日は、メンテが大幅に伸び、というより、とうとう木曜日中に復旧することなく金曜日に突入してしまいまして、事実上、読む以外は全く何もできない状況に陥りました。これを皆さんが読んでいらっしゃる時点でも、果たしてコメント等が問題無く行えているか疑わしい状況です。少なくとも、私がこれをメルマガで送信設定している金曜朝8時の時点で全く復旧していないので。

 ま、NIFTYのメンテというのは、昔から時間通りに終わることの方が珍しかったことを思えば、数時間スケジュールが押すなどということは、われわれにとっては全く珍しくない状況なのですが、さすがに日付を跨いで、24時間以上、トラブルから脱出出来ないというのは、サービスの主体がフォーラムからインターネットに移行し始めてからでは全く記憶にないですね。

 昨日は、夕方5時頃起きまして、XPのツールバーのトラブルに関して、皆様から頂いた改善方法を試した所、巧く解決できたものですから、そのお礼をコメントとしてアップしようとしたら、駄目でして、やっぱりね……、という気持ちで時間が過ぎるのを待ったのですが、一向に状況が改善しないので、19時前にサポートに電話して(幸い今回はすぐ繋がった)、「ですからね、契約者だけではなく、訪れた読者に対しても、メンテ中であるということを外部に明示できるシステムを導入してください、と2年前からずっとお願いしているんですけれどねぇ……」という話をして、21時には終わるということで、それを待ったわけです。21時前、自分のコメントのアップはひとまずできました。やたら重かったけれど。所が、コメント欄には反映されても、右側のコメント欄一覧には表示がされないんですよ。ああこりゃ、メンテ失敗だなと思った。けれど、そう実害は無いだろうと思っていたら、どんどん酷くなる。22時前だったかな。もう全く管理画面にログインできなくなった。
 @niftyには、何の告知も無い。けれどサポートの受付時間も終わっているから文句の言いようも無い。ひょっとして開発部隊は放置して引き揚げたんだろうかと思った。やっとトラブルの報告が上がったのは、01時前後でしたね。

 ふざけているのは、その台詞。

「(木)22:00頃よりログインしずらい状況が発生しています。」

 し辛いという生やさしいレベルじゃないわけ。誰もログインなんか出来やしない。こういう時に、顧客の神経を逆撫でするようなことを平然と書ける連中の傲慢な神経が信じられない。ミンス永田と一緒。バカですよ、こんなことを書く奴は。「しづらい」なんて書けば、顧客は、ひょっとしたら自分がやったら繋がるかも知れない、などと勘違いして、何度もログインを繰り返すことになるでしょう。それがまた不安定なサーバーに負荷を掛けまくるだけだという状況が理解できない。こういう時には、きっぱりと、「アクセスできません」と書くべきです。自分の責任回避しか頭にないから、こういう顧客の神経を逆撫でするような台詞が平然と出てくる。

 前々から書いていますけれど、このココログのシステムを回しているソフト会社、どういう会社か知らないけれど、明らかに、こんな大きなシステムを回すようなスキルは持ち合わせちゃいないんですよ。いったいどういう腐れ縁があって、このスキルの無い連中を切れないのか不思議でならない。経費のキックバックとか、ホリエモンみたいにやばいことでもやらせているんだろうか? と疑いたくなる。
 いずれにしても、きちんとお詫びは欲しいし、なぜこんな大規模なトラブルに至ったかの原因の報告も欲しいし、もちろん、事実上二日間ブログが止まったわけですから、これは利用料金を、止まった分返してください。当然のことです。
 ビジネスとして当然の説明責任とお詫びを求めます。古河社長。私は、怒っているんですよ。システムにトラブルは付き物。メンテだって延びるに決まっている。だからこそ、外から来るお客に、それが今正常に機能していないことを常時明示するシステムを組み込んでください、ということを従前から再三再四お願いしているにも拘わらず、一向にそれが為されず、ただ一人契約者だけに不利益を押しつけている。これが顧客満足度ナンバー1とかのプロバイダのやることですか?
(↑社長ブログにトラバ予定なので、後ほど、大幅に書き直した上で、この項目だけ独立させる予定です)

※ 実現男ブログ
http://jitsugen.sakura.ne.jp/

 昨夕のTBSニュースで特集していました。電車男の次は「実現男」だ! とかで。経産省の元キャリア官僚らしい。やっていることはあまりに下らない(~_~;)、けれど、真剣さが見ていて清々しい。

 コーナーの最後で、司会のラサール石井が「これで選挙とか出ないで欲しい」とか言っていたけれど、それ良くないよ。ご本人がどう言っているのかは知らないけれど、そりゃ「実現男」にとっての究極のネタが「政界に転じて、世直しを実現!」というのは、画面からひしひしと伝わってくるわけで、ここはぜひそれを実現して欲しい! ちょっとあざとくはあるけれど、地盤看板の無い人間は、まずは顔を売る方法を考えなきゃならないんだから致し方ない。頑張れ実現男! この世で唯一出来そうでなかなか出来ないのが政治による世直しなんだから。究極の実現を目指して精進だ。

※ 尾鷲総合病院:やっと確保の産婦人科医、報酬5520万円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060308-00000034-mailo-l24

 公立病院での医師の相場が1300万円とかで、この金額は、民間医療機関の平均に照らしてもだいぶ高いそうなんですが、医療リスクが高くなり、産婦人科医自体が減っている中で、自分の産院を畳んでまで来て貰うには、これだけ必要だったと……。
 今後、こういうケースが増えるでしょうね。やっぱり、医者も弁護士も県単位での免許制にするしか無いですよ。そしたら、医学部の養成段階において、将来需給を見据えて、何々科に何人、何々科に何人と計画性を持って割り振れる。

※ ビル侵入で逮捕、男子生徒の一部が土のう投下認める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060309-00000314-yom-soci

 ニュースでは校名は一切出ていないのですが(今朝のスポーツ紙は出している)、藤沢にある某有名大学の付属校らしいですね。KFCとか……。そらケンタッキーか(~_~;)。

 これは学校は悩ましいですよね。一つ間違えば、人が死んでいた。むしろ地上の誰も怪我せずに済んだことが奇跡とも言える。行為は退学処分ものだけど、結果はせいぜい停学処分止まり。どうなるんだろう。ま、こういう連中は、普通に大検受けてでも進学できるだろうから、退学処分にしたから、そこで彼らの輝かしい将来が潰えさるということも無いんだろうけれど。
 でも、もしこれがそこらのヤンキーの仕業だったら、4、5年刑務所にぶちこんじゃれ! と書きそうな自分がいるから複雑な気持ちになる。

※ 中国外相発言、抗議の呼び出しを駐日大使が拒否
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060309-00000014-yom-pol

  うみゅ。爪の垢を煎じて、うちのチャイナ・スクールどもに飲ませてやりたいね。総理が靖国行くたびに、靴磨いて殊勝にお呼び出しを待っているよな情けない北京大使館の宦官よりはましだ。

* 麻生外相、台湾を「国」とまた発言 参院予算委答弁
http://www.asahi.com/politics/update/0309/009.html

 グッジョブ! きっとわざとだね。

※ ひき逃げ、17歳少年死亡/ 鹿屋署、女教諭の逮捕状請求
http://373news.com/2000picup/jj/picup_20060309_11.htm
http://www.mbc.co.jp/newsfile/news-v/00074932_20060309.shtml

 一応、地元MBCテレビのリンクも貼りますが、このリンクは早々と消える可能性が高い。
 なんてバカなことをしでかしたんだろう。夕方まで「先生」と崇められていた人物が、夜明けには人殺し(ひょっとしてノーヘル?)の飲酒轢き逃げ犯として逮捕ですよ。これは遺族の無念を思えば、交通刑務所も避けられない。彼女も人生の全てを無くした。だいたい、教師が酒飲んだり外出したりして良い時間じゃないだろうに。

※ ボクシング中継 亀田興毅KO勝ち、異例の高視聴率
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060309-00000025-maip-soci

 TBSは、ウッウッハ状態なんですけれど、小田嶋さんのブログでは、相当批判されていますが、そんなに酷い試合だったんでしょうか? 私、全然この世界のことは分からないんですが。スポーツ紙はなんて書いたんでしょう。やっぱり翼賛状態?

※ サプリメントのいい加減さ。

 夕方の日テレ・ニュースで面白い特集をしていました。今、コエンザイムQ10を核とする、御三家のサプリメントというのがあるんですね。
 Q10に、L-カルニチン、αリポ酸を加えたものです。以前書きましたが、これをセットで飲まないと効果は期待できない。

 で番組は、この三つが混合されていることを謳う18のサプリメントを検査機関に持ち込んで、きちんとその成分が表示通りの量で含有されているかをチェックした。3つが表示を満たしていた商品は皆無。一つだけ、うち二つが、表示ラインを越えているものがあったけれど、残念ながら商品名の紹介は無かった。他は全滅。ただの一つですら表示の含有量を満たしていない。
 その三つが表示を満たすどころか、そもそも全く含有されていない製品というのがあって、これは番組中で、その商品名が出ていました。

フォーミュラスリム αリポ酸
フォーミュラスリム トリプル100

 この二つです。ググってみると、フリップフラップという所が売っている。すでに会社経由での販売はありません。一応、商品回収があったらしい。

 で、この製品は千葉の工場で作られているんだけど、もう製薬メーカーのイメージとはほど遠いレベルの町工場で、工場自体が、製品のバラツキをあっさりと認めるんですよ。正確な作り方が分からない状態でイケイケドンドンで作ってしまったと。なんでも、コエンザイムやαリポ酸も、アルコールに弱い、で熱(錠剤として乾燥工程がある)にも弱いらしい。
 終いには、原料を入れ間違えたかも知れないとか言い出して、廊下に剥き出しで原料の袋が並べてある。過去には保健所の指導も入っている。

 なんかあんな町工場で、われわれが口にするものが作られているということにびっくらしましたけど。いずれにしても、これ詐欺ですよね。こういうのは、医薬品じゃないから行政は関知しないということじゃなく、しかるべき検査機関で、こまめに成分分析結果を公表して欲しいですよね。たいして金が掛かるわけじゃないんだから。とりあえず、貴方が飲んでいる、そのQ10系の混合サプリは、全部贋物と思った方が良いでしょう。

※ メルマガおまけ 自転車が無い!

|

« 人生、過ぎてみれば | トップページ | 医療に於ける需給バランス »

コメント

>ボクシング中継 亀田興毅KO勝ち
報知新聞のサイトはマンセー記事を掲載しつつも対戦側の講義の内容も載せていました。

自分は試合を見てないので小田嶋氏の所と報知のサイトでしか情報を見ていませんが、ローブロー(金的)もしくはそれに近い攻撃がフィニッシュブローだったのなら、それは流石にホームジャッジのしすぎでしょう。
普通ローブローが疑われる場合は一旦試合を止めるのが立ち技系打撃格闘技の基本的なルールですから。
そうしないと「反則すれすれでうまくローブローを当てた方の勝ち」という事になってしまい、そうなったらそれは格闘技でもスポーツでもなくなってしまいますから。

今からでも試合見れれば確認出来るのですけど、どこかで見れないかなぁ。

投稿: | 2006.03.10 17:19


>報酬5520万円
たって税込みでしょ。これで開業してた自分ち畳んできたってのは、相当流行ってない産院だったんですかね。

>医者も弁護士も県単位での免許制にするしか無いですよ。そしたら、医学部の養成段階において、将来需給を見据えて、何々科に何人、何々科に何人と計画性を持って割り振れる。

何県の何科が何人まで、という定数を決めるわけですかね。
東京都、今年の外科は定員200人です、って。で学生のうちに志望を出して、定員オーバーだったら試験か成績順ですかね。
第1志望・東京・外科、第2志望・神奈川・整形外科、って感じですかね。
第300志望・和歌山・産科って書いてあったら、和歌山の産科の免許しかもらえないんすかね。なんかダメ医者しか来ないような感じもする。
今、とりあえず患者が苦しんでいたら、どんな病気でも取りあえず診られる医者を作ろうって教育になっているんですけど、それに思いっきり逆行している感じもありますね。

投稿: | 2006.03.10 17:42

読売の記事の何かいいたそうな感じがたまりません。

http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060308i514.htm

例によって某所の専門板では祭りになっていて静止画だろうが動画だろうが(略

私も、今後は胸を張って「ノアだけはガチ」と言えます。有難う亀田長兄と亀田次兄。

投稿: 紅 | 2006.03.10 17:42

>今、とりあえず患者が苦しんでいたら、どんな病気でも取りあえず診られる医者を作ろうって教育になって

 ないって。その辺の研修医の集まる掲示板見てごらんよ。スーパーローテートへの不満であふれている。
 改善されたのは2年間の生活費の補償のみ。

 島の診療所で臨床がやれるセンセイを作るには、そいつが島の診療所に赴任する意志がないとダメなわけです。美容外科で一発儲けようとか、精神病に興味があって、ココロ系の人たちの相手をしようとかいう人に、内視鏡の使い方を教えたって、その場の研修を乗り切ることしか考えてないから身に付かない。

 例の年収5520万円の産科医は、たぶん、あと数年しか保たない。開業していたことからすると、最低でも40歳は越えてる。その年で、たった一人で産科を回す(俗に言う一人医長。部下のない課長のようなもの)ような仕事なんて、数年で燃え尽きます。よほど病院側が有能な看護師や助産師や、他科の応援をつけてやらない限りは、本人が死ぬのが早いか、医療事故で患者殺すのが早いか。
 税保険料その他雑費惹かれて、手取りは3600万円くらいです。休日も夜間も関係ない分娩医療を一人でやって、何年体が保つでしょうか。

投稿: Inoue | 2006.03.10 18:06

T監督、某知事と対談。まさか!?
http://ura-tomino.at.webry.info/200603/article_1.html

投稿: | 2006.03.10 18:33

http://going.sub.jp/archives/2005/02/post_369.html
>>
私自身は、目立って裕福な家庭の育ちでもありませんが、私と妹、2人ともSFCに中学から通っています。
正直言って、過程状況的に厳しくなりながらSFCに通うことはオススメできません。
金銭感覚的にも、一般的とされるものからはだいぶずれていると思いますし、そのまま大学へ進むことを考えたら、お友達を作る意味でも、自分の家庭状況にあった学校に行くべきではないかと思います。
日本一学費が高い学校として有名ですが、私ガ卒業生として思う事は、家庭状況がこの学校の特徴の一つである、お金がかかるということに適していないのであれば大学受験で入学しても同じだという事です。
例えば、私達は、授業に間に合わない時に、タクシーで通学していました。帰りはお茶をして帰ったりするのが当然でした。
<<

センセ、富士演習場に連れ出してミニミでミンチに……とか思いません?

投稿: | 2006.03.10 18:35

 マンデヴィルの著作「蜂の寓話」でも読んではいかがか?
 金持ちがせっせと金を使う。すばらしいことじゃありませんか。そうでなくちゃ、貧乏人がいつまでたっても浮かびあがれない。

投稿: Inoue | 2006.03.10 18:44

金持ちがやる最大の悪徳は お金を使わないこと です。

 

投稿: | 2006.03.10 19:00

>そんなに酷い試合だったんでしょうか?

試合を見ていないですが、ローブロー、つまり反則が見逃されたということが言いたいんじゃなかろうか。
おまけに相手が自分よりちょっと格下の選手にローブローをやったと。

投稿: | 2006.03.10 19:09

TBSラジオで荒川強啓がレフリーが止めていればしっくりした勝ち方だったと批判していました。脚の付け根の下腹部というのはヤバク効くんだそうです。それにしても亀田というのは思いっきり西成なキャラですね。フライ級には大場政夫という名チャンプがいましたが彼は子供の頃貧乏で銭湯に行く金がなく父親に連れられて荒川河川敷の用水路で体を洗っていたそうです。それでも大場は下品でもなく卑しくもなかった。

投稿: 東京ocnカークランド | 2006.03.10 19:39

亀田長男自身は、実はそんなにとんがったキャラじゃんくて、あれはオヤジに強いられているって説もありますね。
同じ日本人ながら、世界戦で亀田長男がリングに沈むところを見たい自分がいる。

投稿: | 2006.03.10 20:12

>金持ちがせっせと金を使う。すばらしいこと
>じゃありませんか。

問題なのは、“人生において然るべき経験を積んでから”ってことじゃないですかね。件の慶大生が小癪に触るのは、麻生外相やゲル長官みたく、スグには巨富(地盤)にありつけず、下界で修行を積んでからにしたりするということなしに、プチ“ヒルトン姉妹”みたいなマネをさせてることでしょう。一方で、亀田一家のように(あるいは豚えもんも)、カネのためであれば、親子揃ってどんな姑息なマネも厭わないってことがまかり通ってれば、それは勤労意欲も失せようってモンです。そういや、“金は愚者でも貯められるが、賢者でなければ使えない”って格言もありましたっけね。

投稿: truly_false | 2006.03.10 20:30

>中国外相発言、抗議の呼び出しを駐日大使が拒否

大使が存在する意味無い。
抗議されて、ガス抜きするのも重要な役目だと思うのだが。

投稿: | 2006.03.10 21:01

「親からの贈与や相続で巨額の金をもらうのは不労所得だからけしからん」
ということでしたら、全くその通りですが、もらった金を使わないでいるのはもっとけしからんですよ。
 「子孫に美田は残さず」で、親が自分で金を使ってくれればいいんですがね。相続や生前贈与なんかせずに。

投稿: Inoue | 2006.03.10 21:34

今回の亀田戦のローブロー連発の上の歪んだホームジャッジが真実であるとすれば、それは金銭だけの問題ではなく、過去現在未来におけるボクサーの努力とその成果への冒涜でしょう。

プロとして恥ずかしくない試合をして勝つのがプロの条件だというのに、これではそれ以前の問題です。

投稿: | 2006.03.10 21:37

>中国外相発言、抗議の呼び出しを駐日大使が拒否
 麻生外相の「台湾は国」発言で、外務省の谷内次官が、GJな事言ったらしいですね。

 中国つながりで、いよいよ当局者が認めたそうです。
中国 国産空母建造へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060310-00000165-kyodo-int

投稿: 名無し二等空士 | 2006.03.10 21:56

>スーパーローテートへの不満であふれている。
研修医を受け入れる側でも不満であふれてます(^^;
研修医に教えながら診療をしたり、当直をするのは自分だけでやるより非常に時間がかかるし疲れます。自分だけでやった方が圧倒的に楽。
でも、ここで頑張って教えれば入局3-4ヶ月後経ってある程度は自分で動きはじめてくれるのでツボを抑えて最終確認してくかたちになります。
そうすれば一人で見るよりは少しましくらいには減るからと耐えていた。
しかし今のシステムだと覚え出したあたりでいなくなってしまうので賽の河原積みのよう。(ましてや手技とかが大切な外科系なんかどうなんだろう?)
以前のその科の研修医という形ではその科をやろうと思っている同志と思えばこそ耐えていた部分もあります。
あと、これまで先輩に教わってきたお礼返しも。
なので自分はこの科にはいかないからとあからさまにやる気の無いやつとかがいると教える気なんてなくなりますよ。
他の科志望でも今しかできないから頑張るって人にはそれはそれでうれしいので教えますけどね。

あとジェネラリストと言えば聞こえはいいですが数年間使わなかった知識なんぞあっというまに記憶の彼方にとんでいってしまいますので現行のシステムでは最終的にはあまり現状と変わらない医者が余計に時間がかかってでき上がるだけかと。
自分の科の他分野ですら日進月歩でついていけなさそうで困っているというのにましてや他科分野なんか・・・m(_ _)m

投稿: Tacky | 2006.03.10 22:05

> 大使が存在する意味無い。

いやいや、
大使閣下は、(お飾りではない)真の外務大臣を勤めておられますから。

投稿: | 2006.03.10 22:09

 空母が単体だけ存在しても海軍力になりまへん。艦載機(戦闘機に限らない)、水上護衛艦艇、潜水艦が、パッケージとなって一定以上のシステムとしての性能を持っていないと、空母を持っていない敵にあぼんされて終わりでつ。(但し、この場合の敵も、一定以上のシステムとしての戦力を持っている必要がありますが。そこを忘れて(あるいは意図的に無視して)、「中国は脅威ではない!」と叫ぶ上等兵は、素人でしかおまへん)油断せずに、備えを維持・向上させませう。

 弁護士資格=法曹資格だということをお忘れではないでせうか。弁護士資格を県別にすると、判検の供給源が問題になります。米国の司法は、州別(もちろん、連邦裁判所もあるが)になっているからある程度合理性もあるが、全国単位で法曹一元を制度化している我が国では難しいでしょう。裁判所を県別にするわけにも行かない。(なお、米国の法曹資格も、相互主義で他州での資格を認めている場合があります)
 もう一つ、大正までの我が国は、判検と弁護士で登用試験が別々であり、弁護士は判検より一段下に見られており、これが弁護士にとっては長年の不満の種。弁護士出身の国会議員が動いて、大正時代の弁護士法改正により、登用が高等文官試験司法科に一本化されました(それでも地位の低さは、完全には解消されなかったが)。県別の弁護士制度は、大正時代以前への逆戻りになるのではないでせうか。

投稿: 土門見人 | 2006.03.10 22:56

> 前々から書いていますけれど、このココログのシステムを回しているソフト会社、
>どういう会社か知らないけれど、明らかに、こんな大きなシステムを回すようなスキルは持ち合わせちゃいないんですよ。

私の過去の職場遍歴振り返って考えると、どこかの大手のSI屋に丸投げして、そのSI屋が中抜きして下請け・孫請け・曾孫請けの請負業者に廻して、その請負業者は派遣屋とかを使って「兵隊」を集めているか、インド・中国あたりに丸投げしているか。って所でしょうね。

まぁ、多くのシステムというのはそうやって作られてそうやって廻っているのが、哀しいかな日本のIT業界の現状ですから…(;´Д`)

はっきり言っていつまでたってもスキルのある技術者よりも声が大きくてハッタリの巧い営業と無能でも安く長時間こき使うのに耐える「技術者」の方がモテるという業界ですから(;´Д`)

「電子立国」「IT大国」と言うのも実状は哀しい物ですよ…

投稿: Artane. | 2006.03.10 23:03

>医者も弁護士も県単位での免許制にするしか無いですよ。

 ばかばかしい、あなたが小説のネタにしている自衛隊の医官は人事異動で他の県に移動するたびに免許を書き換えるのですか?
 演習で県境をまたいだら「免許がないんで私は診療できません。」っていう話ですよ?
 各医大は色々なところに関連病院を持っていて、県をまたいでいるというのはいくらでもありますから県単位の免許制は現実的ではない。

 その一方で開業前の勤務医を地方に回すという案は医者が嫌がるだけでなく、患者も短期で医者が変わるから嫌がっている。
 私の住んでいる僻地の病院では医者が足りないと言いながら,自治医大の医者はすぐにいなくなる(転勤で他の病院に移る)からといって評判が悪いという現実がある。
 定着してもらうには地元の子供に奨学金でも出して,若いうちは都会で勤務医をしていても良いけど、40歳ぐらいになったら帰ってきてね。というぐらい気長に構えるしか対策は特にないと思いますが…。

 尾鷲の病院に医師派遣を断った三重大学医学部附属病院の研修医は確か1学年で10名強、そのうち歯医者が5名ぐらいだったかな。ちなみに小児科、麻酔科も人員不足で一部の病院からは医師の引き上げを進めていたはずです。

>スーパーローテートへの不満であふれている。

 スーパーローテートで不満を持っている研修医は、どうせ医局制でも「自分のしたいことが出来ない。」とか不満を持つことでしょう。
 ただ医局制では専門領域には強くてもそれ以外の領域は全く知らないという医者が生まれやすい可能性が高いから、そういう意味では最低限の知識を身につけるという意味ではスーパーローテートも有効でしょう。
 またその期間に実技を通して自分のしたい(もしくは得意な)分野を見つけて、専門領域を勉強すればその人にとっても、患者さんにとってもいいことでしょう。

 講義しか聴かないで、先輩後輩の関係で、権力のある医局だからなどなどの理由で医局に入ったはいいが、「自分に向かないから医局を変わります。」ということが、徒弟制度に端を発している、日本の医局制度では基本的に認められないことが大きな問題だと思いますよ。(そういう人間は大体移籍元では二度と相手にされず、移籍先では窓際族というパターン。)
 まあ教える方は医学界では奴隷階級である研修医がいなくなれば自分が忙しくなるので辛いですはなぁ。
 

投稿: | 2006.03.10 23:41

>もらった金を使わないでいるのはもっとけしからんですよ。

パオロ・マッツァリーノ氏が反社会学講座 第5回の『 公平な社会を作るバカ息子(娘も)』の「社会を公平にするカギは、バカ息子にあり 」の項目で同じような主張をされてますね。

投稿: | 2006.03.10 23:43

で、医者不足の地方はどうしたらいいですか?

呼んでも医者が来ない地方はしかたがないから野垂れ死ねしかないと思うね。

投稿: おめだ | 2006.03.11 00:23

先日、サプリメントの原料を扱う会社にいる友人に会って話したところ、ちゃんと表示どおりの成分が入っている物はほとんどないそうです。それは、成分分析が容易でないものが多いため、ごまかしがきいてしまう、という事や、成分自体が不安定だったり、また管理が悪かったりすると、どうしても成分表通りにはならない、というのもあるそうで。
いずれにせよ、あほみたいに安い原料で作ったものをバカ高い値段で売れる、詐欺みたいなもんだ、と。
確かに、アメリカと日本の価格差を見ただけでも、結構違いますからね。
あ、イチョウ葉のサプリは、朝鮮人参サプリと一緒に摂ると効きやすいそうですよ。

投稿: くど | 2006.03.11 00:39

>そんなに酷い試合だったんでしょうか?

少なくともフィニッシュはかなり低いところを打っていましたよ。見た感じでは胴体と足の間を、しかもアッパー気味で打っていたけど「金」打かどうかはビデオ判定(?)しないと分からない。ただ、かなりきわどい場所だった、とは言い切れますね。

映像の人は違う角度からは撮っていなかったのかな。撮っていれば案外特大スクープ(…)になるかもしれないです。

投稿: | 2006.03.11 00:52

>> 定着してもらうには(中略)40歳ぐらいになったら帰ってきてね。というぐらい気長に構えるしか対策は特にないと思いますが…。

今年新卒者にそれをやっても最低で16年後、その頃にはあちこち既に崩壊しているでしょうね。

自分も研修医を教える側ですが、研修医の待遇改善の分、自分達が忙しくなり、中堅層の消耗が急速に進んでいます。(大学の場合、研修医より給料安けりゃ、そりゃやってられませんやね) 研修医より遅くまで、評価や教材の準備等の用件もこなしていますから。

たとえ新人が入ってきても、教える側が居なくなっては技術の継承は不可能ですよね。(現実にはメジャー系の入局者は激減してますが)

南太平洋で歴戦のパイロットをすりつぶし枯渇させ、戦訓・技術の継承も出来ず未熟な搭乗員に特攻させるしか無かったWW2末期を連想させます。 将官(教授)と学徒兵(研修医)ばかりになって作戦の継続が可能でしょうか?

まだ身体を張って研修医と一緒に戦える中堅層の待遇改善(労働基準法遵守も含め)による逃散の防止こそ、最重要且つ短期間に一定の効果を上げる方策ではないでしょうか。

投稿: AGGRESSOR | 2006.03.11 01:13

>はっきり言っていつまでたってもスキルのある技術者よりも声が大きくてハッタリの巧い営業と無能でも安く長時間こき使うのに耐える「技術者」の方がモテるという業界ですから(;´Д`)

まさしくそういう業種の人間ですが、スキルの高い人間は単価が高くなるので、請負金額の安いWeb開発系では特に疎んじられる傾向にあります。
また営業も顧客も悪い意味で見た目しか気にしませんから、そこだけを取り繕った劣悪な成果物が出回りやすいというのもあります。

しかしこれとは別に日本のプログラマ系の人間は「スキルのある者がスキルのないものに技術を伝達・教育したがらない」という悪しき慣習があります。
これは勉強してきちんとしたスキルを付けて欲しいという部分もありますが、それと同時に「何で俺が苦労して得た知識をくれてやらんといかんのだ」という部分もあります。
そうやって低スキル者に「すぐに聞くな」「勉強しろ」とだけ言い続けた結果、劣悪なスクリプトやシステムが蔓延し、それを修正するスキルのある技術者はそれが原因となって更に低スキル技術者を憎悪し、ますます技術の伝達はなされなくなります。
海外では「最終的に自分の所につけが回ってくる」事が分かっている為か、知識の共有は日本よりもずっと盛んらしいです。
日本の場合「和訳」しなければいけない分だけ技術情報が広まるのが遅いのに加え、上記のような不毛ないがみ合いがありますから・・・低スキル者の質問に答えるのはかなり労力を要するので敬遠されるのは分かりますけど、結局みんなで不幸の連鎖を作っているだけという気がします。

投稿: | 2006.03.11 01:34

 みなさんおかしいと思わないんですか?医療費がいつまでたっても30兆円より増えないなんて。高齢化のためだけで医療費は毎年1兆円ずつ増えていくはずです。
 診療報酬の値下げすら決まってます。つまり、実質的に医療費は切り下げられている。しかし、一方で、医事訴訟では、「できて当然」とされる水準は高くなっている。
 要求水準だけ高くなって、単価が切り下げられれば、当然、供給は激減する。ミクロ経済学を学んでいない人にだってわかる理屈です。

 とれる対策は、
・要求水準を下げて、低水準低単価
・単価を上げて、高水準高単価
このどちらかしかないんです。

投稿: Inoue | 2006.03.11 02:54

ヤンキーとかだったら、どうせ学校出ようが出まいが、地べたの生活するから別にいいじゃないですか。

こういう奴が良い学校出て社会に出られる方が、この先良い迷惑かぶる人がいっぱい出ますよ。

投稿: ゴメ河田 | 2006.03.11 03:43

1)安いけどヤブが増えるのを容認する
2)金持ちしかまともな医療にありつけない

医療というものの性質上、(1)はありえないのでは?

そのうち金がなくて病院に行けん人が増えるんかのう・・・金持ちのピカピカで全てが揃ってる地域と貧乏人ばっかりのスラムとか。
荒廃したSF世界みたいだorz

投稿: | 2006.03.11 03:53

> ばかばかしい、あなたが小説のネタにしている自衛隊の医官は人事異動で

 軍医といういささか特殊なポジションにいるドクターを上げて、いきなり議論をご破算にしようというのは、ちと乱暴ではと……。

投稿: 大石 | 2006.03.11 04:39

> プチ・ヒルトン姉妹 関連

 Inoue様のご意見は、「オレ、金持ちだしぃ~♪」ということが透けて見えるような…。 これでは、癪にさわりまくりであります。

 名言・格言シリーズになってるみたいなので、シェークスピアから。
「そうだ! 俺は、貧乏な内は、金持ちこそ悪徳だと叫ぶだろうし、金持ちになれば、貧乏人こそ悪徳だと言うだろう!」

投稿: ヨモスエ(貧乏人) | 2006.03.11 06:33

>亀田興毅KO勝ち、異例の高視聴率
 TBSは、ウッウッハ状態なんですけれど、小田嶋さんのブログでは、相当批判されていますが、そんなに酷い試合だったんでしょうか?

格闘技系のブログでは批判されているようですね。
http://maboroshi.de-blog.jp/x/2006/03/post_c9f5.html

投稿: | 2006.03.11 06:57

>ヨモスエ(貧乏人) さん
inoue氏は数値とデータから導き出される結論だけで話をすることが多いのですから・・・
まぁだからこそ引用のシェークスピアの言葉通りなのでしょうけど。

ろくでもない手段であぶく銭ばっかり見につけることが横行したら就労意欲も倫理もそりゃあなくなるだろうというものですが、そういう事を言うのを貧乏人だけなのかもしれません。

投稿: | 2006.03.11 09:22

>1)安いけどヤブが増えるのを容認する
>2)金持ちしかまともな医療にありつけない
>医療というものの性質上、(1)はありえないのでは?

(2)のように貧乏人が医療資源にアクセスできないようにして底上げすると言う選択肢を、国民皆保険を諦めることで達成することも議論にはなる。
あるいは高齢者への現物給付を包括方式で間接的に抑制する。安くすることでヤブに追い込む。質を下げて延命できないようにする。高齢者の社会的入院が寿命抑制の点から制御し、老人を漫然とみても採算が取れない様にして、若者や子どもの急性期医療に、人的資源を引きはがすと作戦もありかもしれない。
国民皆保険でないという一点でアメリカは(1)と(2)を成立させている。

投稿: sionoiri | 2006.03.11 09:42

>亀田長男自身は、実はそんなにとんがったキャラじゃんくて、あれはオヤジに強いられているって説もありますね。

某所で70MBほどの動画を落として見ましたが、試合直後のオヤジの凄味かたは暴力団なみ。あれは放送禁止モノだ。なるほど亀田興毅本人はサービス精神旺盛な芸人って感じで高視聴率をたたき出せるボクサーだ。あの左右に大きく振る打ち方はジョージ・フォアマンを彷彿させるがローブローはワザとやったかどうかだな。

投稿: 東京ocnソープランド | 2006.03.11 11:27

>>プチ・ヒルトン姉妹 関連

ただ、ヒルトン姉妹とか例の慶大生も、結局のところ、そんな生活をさせている“親”の問題なんじゃないかと。“唐様で 売家と書く 三代目”みたく、世のためになるような蕩尽でもしてくれりゃイイんですが、下劣か凡庸な蕩尽しかしないんなら、税金としていただきたいモンです。

投稿: truly_false | 2006.03.11 11:48

>国民皆保険でないという一点でアメリカは(1)と(2)を成立させている。

 ロールズの倫理基準では、「最底辺の人の厚生が向上する場合にのみ、格差拡大を容認する」となっていますが、皆保険を撤廃すると、底辺階層の医療における厚生水準は確実に悪化しますが、それでいいのでしょうか?

投稿: Inoue | 2006.03.11 12:03

民主国家では成り立ちませんでしょうね〜もちろん

投稿: sionoiri | 2006.03.11 13:48

>・要求水準を下げて、低水準低単価
>・単価を上げて、高水準高単価

価格に関わらず要求水準の下がらないものや、低価格に応じた要求しかされないものなど色々入り交じっているのに、それを二つだけに分けるというのは無茶苦茶。

医療だって、単なる贅沢品にすぎないんだから、市場にまかせたほうがよくね?

投稿: | 2006.03.11 14:51

>プチ・ヒルトン姉妹
カナダの資産10億円以上の富豪の多くが、自分の子供達、孫達が勤労意欲のある大人になるか非常に不安を持っているという記事が先日流れていた。もちろん彼らは社会への寄付も盛んに行っているとのこと。
日本でも麻生大臣のような前からの富裕階級はともかく、オカラやホリエモンのような「成り上がり」富裕階級は同じ心配をしていかないといけないのかも。

投稿: | 2006.03.12 09:22

さっき亀田の試合をダイジェストで見ましたがあれは確かに酷いわ
5ラウンド目からのボディーはローブローすれすれなのばっかりだし、フィニッシュブローのラッシュなんて完全にローブローじゃんあれ。
あれは反則取らないとダメでしょう。

投稿: | 2006.03.12 10:20

>しかしこれとは別に日本のプログラマ系の人間は「スキルのある者がスキルのないものに技術を伝達・教育したがらない」という悪しき慣習があります。

報酬はアメリカの3分の1、労働時間が倍なら、スキルの低い人間を相手にしている金銭・時間的余裕はありません。

また、低スキルに技術伝達できるというのは、教育を過信している受験万能論者だけ。

高度な技術スキルは、高度技術者同士でしか伝達できません。


投稿: | 2006.03.12 23:20

>報酬はアメリカの3分の1、労働時間が倍なら、スキルの低い人間を相手にしている金銭・時間的余裕はありません。
>また、低スキルに技術伝達できるというのは、教育を過信している受験万能論者だけ。
>高度な技術スキルは、高度技術者同士でしか伝達できません。

その発言の思考そのものが、私の発言を裏付けてませんか?
本当に高度な技術ならば
>高度な技術スキルは、高度技術者同士でしか伝達できません。
と言えますが、低→中程度の技術情報ならばある程度は共有・認知させることは可能でしょう。
それさえもせずにスキルの低い人間を放置した結果が、レベルの低い成果物の氾濫とそれらを多大な苦痛をもって修正させられている現状を生んでいると思うのですが?
中程度の技術者が増えれば、そういった仕事をさせられていた高度技術者はそれらの仕事から開放される可能性がかなり高くなります。
全体の底上げがなされれば今よりも明確に技術の棲み分けが起こり、結果として高度技術者はそのスキルをもっと有意義に活用できるはずです
(有意義=不条理に使われないというわけではないけれど)

技術的分野の棲み分けと同様に案件の技術的レベルによる棲み分けが完全に行えると言い切るのは理想論に過ぎますが、それを端から否定して何もせず、価値観すらも変革しないのであれば現状の
「案件のレベルに対して必要スキルが低すぎる人間が作った物を、必要以上に高いスキルを持った人間が修正している」
状態を批判するのは傲慢でしょう。
だからといって低スキル者は自己学習意欲が低くて良いという訳では当然ありませんが。

投稿: | 2006.03.13 11:20

「在宅サポセン物語」
まぁ、有るだろうね。
http://supporter.cocolog-nifty.com/heart/cat368797/index.html
上司だせ、っていっても通らないISPもあるんでしょうけど、この方がニフなのかは不明。

投稿: sionoiri | 2006.03.16 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ! 実現男:

» ボクシング、亀田興毅。宣言どおりKO勝ちを収めました。 [楽天のためいき]
▲収めました 世界ボクシング協会(WBA)フライ級4位、“浪速の闘拳”亀田興毅(協栄ジム)が8日、東京、両国国技館でWBC同級13位のカルロス・ボウチャン(メキシコ)とノンタイトル10回戦を行い、6回2分20秒でKO勝利を収めました。 序盤、亀田は... [続きを読む]

受信: 2006.03.10 22:22

» ラサール石井 [AWKEL]
ラサール石井に関するblog:9・10日が凄かったのです がんばれ! 実現男 ニュース番組の歴史を振り返る(おおげさ) [続きを読む]

受信: 2006.03.13 07:03

» ラサール石井 [流行りモノ案内]
ラサール石井に関するblog:9・10日が凄かったのです がんばれ! 実現男 ニュース番組の歴史を振り返る(おおげさ) [続きを読む]

受信: 2006.03.13 23:09

» ★ 民進党/進歩的自由主義下の台湾 『台湾 したたかな隣人』 ... [書評日記  パペッティア通信]
海峡をはさんでにらみ合う、台湾と中国。現代台湾ハンドブックとしては、たいへん面白い書物が刊行されています。本日、ご紹介するのは、台湾在住の民進党シンパのフリージャーナリストによる、「下」からの民主化、市民の現場からの、民進党政権下の台湾の変貌の報告書で...... [続きを読む]

受信: 2006.03.15 02:17

« 人生、過ぎてみれば | トップページ | 医療に於ける需給バランス »