« 愛国心を考える | トップページ | 優勝キター! »

2006.03.21

十代の将来像

 今日は祝日で、年度代わりも近いので、いつかは新成人になる人々、そしてもう二度と新成人になれないけれど、人生やり直せたら、といつも思っている同胞に(^_^;)。

 十代の時分に、自分の人生の将来像をイメージできる人々というのはごく僅かでしょう。ほとんど不可能だと思いますね。
 私の場合、なりたくない職業というのはありました。学校の先生。組合運動に巻き込まれ苦労するわ、家で当たり散らす親父を見ていて、職員室の人間関係の複雑さに自分が耐えられるとは思えなかった。

 誤解の無いように書きますが、私は父の仕事を尊敬していたし、教師をまま尊敬していました。恐らくは、私は良い教師に恵まれたのだと思います。唯一、少年の心に傷を残したのは、小四の時の担任で、彼は嘘か本当か自衛隊出身という噂があったのですが、とにかく何かあると連帯責任を問う。
 そらもう誰かが遅刻したという程度のことで、児童を全員並ばせて、定規で頬を打つ。あれ強烈ですよ。手加減無し。それが週二、三回ある。今だったら、父兄が怒鳴り込んで来て処分ですよね。長閑な時代でした。もの凄く緊張した教室でしたが。あれで私はいっぺんに軍隊というものが嫌いになった。ただまあ、おおむね担任には恵まれていたような気がします。それでも、今になって思い返すと、凄くくだらないことで担任を恨んだことはありますね。俺はこの屈辱を一生忘れん! と思ったことは一度や二度じゃない。子供はそうやって、世間には理不尽な出来事もある、というい現実を学んでいく。
 世間は理不尽なんだということを教えるのも、教師の役割です。

 その教師以上に、私が自分には無理だと思っていたのは、役場関係です。それも県庁とかの大きな組織じゃなく、市町村単位の役場。だってね、学校の場合、転勤から逃げて居座ることもできるけれど、人間関係が駄目だと思ったら、転勤を願い出てリセットすることも可能なわけです。ところが、役場ってそんなことできないでしょう。もう一生、嫌な同僚と同じ屋根の下で付き合っていくしかない。こんな仕事は自分には無理だと思いました。
 一方で、全くイメージできない仕事というのもありました。民間企業のサラリーマン。田舎には、現代人のイメージする企業社会が無いですから、サラリーマンと言ってもピンと来ないんですよ。せいぜい集団就職でこき使われるんだろうな……、という程度のイメージしか抱けなかった。

 人生、どう転ぶか解らないものです。若い皆さんには、どんな状況にも対応できる、あるいは応用できる幅広い知識を身につけて欲しいです。中年のご同輩には、きっと何度自分の人生をやり直しても、結局は同じ道を歩んだに違いないだろう……、という共感を捧げたいと思う。

※ 障害者専用マンション建設へ 鹿児島の福祉法人
http://373news.com/2000picup/2006/03/picup_20060320_1.htm

 ええ話やないか! 私が物書きとしてスタートした頃、売れたらぜひやりたいことがあって、それがアパート経営でした。木賃アパートを二棟建てて、一棟には作家の卵をタダ同然で入居させ、もう一棟は、半分を郷土出身の学生に、もう半分をアジアからの留学生に開放して、真ん中をラウンジで繋いで、管理人として余生を過ごすというのがあの頃の夢だった。

※ 危険性ない新ウィニー 元東大助手の金子被告開発
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060320it15.htm?from=top

 そんなこと言われてもなぁ。そもそも、それってもはやPPソフトと呼べるんだろうか。

※ 韓国国防省、プロのゲーマー採用検討
http://www.asahi.com/international/update/0320/007.html

 これが日本なら、高橋名人辺りが陸自特技少佐とかに任命されてブイブイ言わせるんだろうか。

※ 渡哲也さん:「ミリオネア」賞金を寄付 小児がん征圧に
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/news/20060321k0000m040035000c.html

 まあそれが当然の行動ですわな。普通なら。

※ 首相、官邸に出勤せず 平日では異例
http://www.asahi.com/politics/update/0321/001.html

 ガタガタ言うな。都庁と長野県庁ではそれが日常なんだから。

※ 日航機ニアミス事故、管制官2人に無罪判決 東京地裁
http://www.asahi.com/national/update/0320/TKY200603200214.html

 どうなんだろう。あまり司法判断には馴染まない事件だと思うけれど。

※ 世界の情報衛星丸裸、米科学者らがネットに軌道や高度
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060320i107.htm

>現在2基の情報収集衛星を増やすなどの対策が求められる

 いや、そういう話じゃないと思う。

※ 盗撮の疑いで事務官を停職処分 陸自第4師団
http://www.asahi.com/national/update/0320/SEB200603200009.html

 全く! 陸兵の身分で偵察活動も満足にできんのか!? と思ったら事務官だった。

※ 備蓄タミフル、5年で無駄? 新型インフルに使途限定
http://www.asahi.com/life/update/0320/006.html

 ビジネスとして考えると、その取り決め自体はそう非難できるものでも無いと思う。それよか、5年も経てば、もっと良い薬が出てくるんじゃないでしょうか。

※ ビートル全区間減速運航を開始 事故多発受け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060320-00000084-nnp-kyu

 以前、造船関係者にこういう事故は何とかならないんですか? と聞いたら、いやこれだけは何ともならんのですよ、ということだった。

※ 「幸せなスキー人生だった」ジャンプの原田、引退会見
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060320i515.htm

 国民をわかせてくれたこの人の功績に国は報いるべきだと思う。

※ イラン:ホロコースト検証 ネオナチ協力で国際会議を準備
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20060321k0000m030019000c.html

 なんかちょっとやれやれな感じがするなぁ。

※ 八ケ岳下山中に遭難の3人、収容先で死亡確認
http://www.asahi.com/national/update/0320/TKY200603200183.html

 春山は危ないから……、と書こうかと思ったが、天候の見込みが外れると完全装備の冬山だろうが、夏の軽装登山だろうが、危ないものは危ないんですよね。一歩文明が及ばない場所へ足を踏み入れたら、人間は丸裸なのだと思い知らないと。合掌。

 では本日、王ジャパン軍の優勝を祈りつつ。しかしイチローは見上げたもんですよね。パブリシティの何たるかを理解している。民主党はチーム世耕に対抗する広報顧問として雇ったらどうだろう。

※ メルマガおまけ LUMIX FX01レポ

|

« 愛国心を考える | トップページ | 優勝キター! »

コメント

>八ケ岳下山中に遭難の3人、収容先で死亡確認
確か週末はものすごい嵐になるという予報だったと思います。そういう状況で登山
を行ったのは自分としては見識を疑います。都心で観測史上最大風速を記録した
かと思いますが、まったく突然ではなくこれくらいあれるのが予想されていましたから。

投稿: | 2006.03.21 10:22

>現在2基の情報収集衛星を増やすなどの対策

安全保障で知識もないのに、言及している文化人や政治家が日本には多いですね。
政治家はタカ派、ハト派に限らず・・・・

投稿: | 2006.03.21 10:34

>世界の情報衛星丸裸、米科学者らがネットに軌道や高度
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2006/03/post_26e9.html
↑プロによる記事の批判がこちらに。

情報収集衛星だろうが何だろうが、軌道要素が分かれば、誰でも計算できるんですがね。私もしましたし。

投稿: 774 | 2006.03.21 10:47

>そもそも、それってもはやPSPソフトと呼べるんだろうか。
先生、それP2P!

投稿: | 2006.03.21 11:10

2とSは鏡文字なんで、意図的なギャグかと思ってました。卍と鍵十字みたいな。

 トリビアルな知識をひとつ。劇場公開中のアニメーション映画「機動戦士Zガンダム」のZとは、2のモジリだそうです。どうせ2と言われるんなら、先回りしてやれということらしい。

投稿: Inoue | 2006.03.21 11:19

だから「鍵十字」ではなく、「鈎十字」なんだと。

恋人同士が鍵を交換するのが鍵十字。
愛のクロスやねん。

投稿: | 2006.03.21 11:26

>情報収集衛星だろうが何だろうが、軌道要素が分かれば、誰でも計算できるんですがね。私もしましたし。

そこで「はやぶさ」で実用化したイオンエンジンですよ。
最終速度が10km/sあるんだから、極端な話軌道傾斜角を90度変えることすら出来る。

投稿: 緑川 だむ | 2006.03.21 11:35

>備蓄タミフル、5年で無駄?
こういうことを言う輩に限っていざことが起きると「なんで備蓄しておかなかったんだ」と叫ぶんですよね...

フラッシュ禁とかはボタン一つが当然とおもってたんですが、メニューに入らんといかんのですかパナは。
昔のオリのC2100なんざ、フラッシュを出せばひかる、出さねばひからんという単純明快な仕様でした(出しててもボタン一つで禁にできます)
最近のは勝手にフラッシュがでてきやがります(SONYのH1 ボタン一つで禁にはできますが)。

投稿: Nori | 2006.03.21 12:42

>韓国軍ゲーマー

スターファイター(映画)とかエンダーのゲームとかセンチュリオン強襲とか思い浮かぶけど現在の技術段階で使えるのかなぁ?

投稿: | 2006.03.21 12:52

>>偵察衛星
まぁ、誰でも基礎知識と機材があれば割り出せるでしょうね。
今日本がターゲットにしている国で政府機構が存在しているところはソヴィエト仕込みの偵察衛星判別技術があるでしょうからなおさら厳密に割り出されているでしょうね。
…官房も相手には偵察衛星のわからないと思って計画出しておいて今さら「問題は無い」とごまかすあたりが官僚答弁というか…

>>イオンエンジン

ダッシュ力には欠けるようなので緊急の軌道避けには向かないですが、燃費がいいので軌道計算を撹乱するには使いやすそうですね。

投稿: Artane. | 2006.03.21 13:08

 元記事には「スペースデブリに偽装した米偵察衛星のデータも公開されている」とあります。偽装そのものは難しくないにせよ、いつそんなものを打ち上げたんだか。シャトルやロケットの打ち上げそのものは隠蔽できないから、他のミッションに紛れ込ませて、情報を隠蔽したのかもしれない。

投稿: Inoue | 2006.03.21 13:51

>ネオナチ協力で国際会議
 山科けいすけ・業田良家が、4コママンガでやりそうなネタを、リアルでやられてもねぇ・・・

投稿: 名無し二等空士 | 2006.03.21 14:14

>先生、それP2P!

 あ!(^_^;)

 いやぁ。もう私駄目です。実況スレ覗く勇気も無くなりつつある。ほんの一時間の甘い夢だった……、なんてことで終わらなければ良いけど。何エラーだと!?

投稿: 大石 | 2006.03.21 14:16

 ガノタが、必ず飛びつくネタです。
2010年にはロボットが宇宙空間で格闘戦~第9回ROBO-ONE開催
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060320/232875/

投稿: 名無し二等空士 | 2006.03.21 14:27

>あ!(^_^;)
間違いだったのか!俺も意図的なギャグかと思ってた。

>これが日本なら、高橋名人辺りが陸自特技少佐とかに任命されてブイブイ言わせるんだろうか。
5年くらい前辺りからリアルタイムストラテジ系のゲームが流行ったりしてるし、(フライトに限らず)シュミュレータ系も対戦が出来るくらいになってるし、(最近はしらんが)そんな感じのが巧い人を拾おうとしてるんじゃないですかね?
日本なら陸自カップゲーム大会とか何回も開いて、そこから「ゲーマーやりながら業務もこなす(業務の時間が短めの条件で雇う?)」人材を拾い上げる感じでしょうか。(どういう人材が欠けているかって話もありますが)当然それようのゲームを開発して。
基本的には「ゲーム屋のゲームが巧い兄ちゃん」でしかない高橋名人がブイブイ言わすようなことは無いと思います。
高橋名人は最近はPSPならぬ任天堂DSのソフトの開発に携わっているようですね。

投稿: 遊び人 | 2006.03.21 17:04

「中年のご同輩には、きっと何度自分の人生をやり直しても、結局は同じ道を歩んだに違いないだろう……、という共感を捧げたいと思う。」

 全く同感ですね。中年どころかもう初老になっていますが、何回シュミレートしてみても、今以上のろくな人生はなかったという思いがします。
 やっぱり生まれてくる家庭を入れ替えないかぎり、何度やっても似たようなモノでしょう。新潮社では、「リプレイ」という文庫小説があったのですが、あれは私より遙かに別の人生を各種シュミレートしていながら、結局元に戻っているようです。

 今は今を楽しむしかないようです。

投稿: 早隠居 | 2006.03.21 17:53

 阿弥陀岳の山頂近く、行ったことあるが結構急な勾配なんだよね。零下19度だったっつーが、下手すればこのクラスの山は5月でも吹雪になります。なめてはあかんが、ビバーク技術もなしに、冬山入ったんだろうか?携帯が普及したおかげで山中からもSOSできるようになったが、このために中高年が安全対策をないがしろにして入山する例が多くなるという弊害も指摘されて久しいんだが。

投稿: 土門見人 | 2006.03.21 22:06

冬山登山はやりませんが、渓流釣りのため結構深い沢まで
入りますが、場所によってはケータイが繋がらない場所が
あります。滅多に電話なんかしないような場所まで
通話領域を広げる必要なんか無いからでしょう。
携帯通話可能領域マップなんつうのは無いのでしょうか?
これからの時代は必要なようにも思うのですが。

投稿: ハマの住人 | 2006.03.21 23:04

>土門さん
個人的には山奥で携帯電話が使えることが意外でなりません。……とか言うのは時代遅れなんでしょうか。アマチュア無線機だって場所によっては厳しい場合があるのに。

親戚に山男がおりまして、おっとろしい話をさんざ聞かされた身からすれば、とてもじゃないですがテケトーな装備で山登りなんぞする気にはなれませぬ。

投稿: スコップダンディ | 2006.03.21 23:16

沢に入ると厳しい場合は結構ありますが、
稜線に出ると電波状態は良くなるので、
大抵の山では携帯が使えるようですね。
八ヶ岳は冬山としては結構手ごろのようで、
それだけに入山者も多く事故も多いようですが。

投稿: ya-mana | 2006.03.21 23:19

航空関係には詳しい大石センセのことだから、日航ニアミスの件はもっと触れてほしかったでつ。

投稿: 漏れも田中 | 2006.03.22 00:32

>ya-mana さん
確かに稜線に出ればさえぎるものが無いから条件は良くなりますけど、そんなに携帯電話の電波って飛ぶもんなんですね。最寄基地局まで相当離れているはずなのに。びっくり。

投稿: スコップダンディ | 2006.03.22 10:45

シャトル時代以降も軍事ミッションは結構ありますよ。

http://www.scienceweb.co.jp/archive/sts/index.htm

発射の日程は事前に公開されますが、ミッション内容は非公開としてアナウンスされるそうです。

投稿: 森のクマ | 2006.03.22 12:46

>携帯通話可能領域マップ

詳細なのが凄くホスィ。今携帯のキャリアを乗り換えようと画策中なんですが、大まかなマップしか無いので車で移動してる最中に不意に不通エリアに踏み込まないかと心配で…結局ショップから借りた物を持ち歩いて同乗者に確認してもらったりしておりまする。

投稿: 押入れ満杯の夢 | 2006.03.22 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十代の将来像:

« 愛国心を考える | トップページ | 優勝キター! »