« 煙草天国ニッポン | トップページ | 古河社長にブログ閉鎖を提案す »

2006.03.27

不公平感と効果

※ 乳幼児医療費:自治体助成、44%は所得制限なし
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20060327k0000m040108000c.html
*乳幼児医療費:自治体助成、地域事情で千差万別
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20060327k0000m040131000c.html

 凄く疑問なのは、川崎市民は俗に、払った税金の1/10の公共福祉しか受けていないと言われています。残りの9/10は、国に吸い上げられて地方へと向かう。じゃあそうやって地方の暮らしを住みやすくしたからと言って、人口を地方に繋ぎ止めることに貢献したか? と言えば疑問はある。医療費がタダでも肝心の医者いなかったりするし。
 そんなこと(医療費助成)で都市と地方の格差を作るより、そのリソースを医師の確保に集中した方が良いような気がするんですが。
 ま、川崎市という所は、これ以上人口が増えても困るから、幼稚園は放置、学校も滅多に作らないし、医療費補助も横浜に全然負けているし、この20年、徹底してニューファミリー虐めを行政が旗振って来た所ですから、何言っても仕方ないけれど。

 でも、あれやりますこれますで、どれだけ住民を繋ぎ止める努力を地方の行政が払っても、肝心の仕事が無い、という現実の前には、空しい努力だったりするんですよね。

※ 鳩山幹事長、永田議員の辞職望ましいとの認識示す
http://www.asahi.com/politics/update/0326/007.html

 そもそもの原因は、議員が国会で発言する内容を精査せずにフリーパスで物言わせた執行部の責任だし、釈明会見の席上でも、内容を詰めずにどっち着かずな発言を許した執行部にある。それ言うんだったら、執行部も全員辞めるべきでしょう。

※ 頭は2倍、動き少なく…これがオタマジャクシ式防御法
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060327i501.htm?from=main5

 ぜひ映像として見たい。

※ 政府専用機が「空飛ぶ官邸」に大変身!
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200603/sha2006032701.html

 きっとあれだ。ミサイル攻撃受けたら、フレアで防御じゃなく、ブラックボックスを手錠で結びつけた総理のシートがカパッとカプセルに覆われて下向きに射出されるんだ。
「総理、御武運を――」
「うむ、貴官らもな」

 とか敬礼し合ったりして~。で高級将校らを乗せた政府専用機の二階屋根からは、パカッとレーザー兵器が出てきて総理の脱出を援護すると……。

※ “萌え”防衛白書 売り上げ倍増
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2006/03/27/03.html

 いいか、防衛庁。国防には譲っちゃならん威厳てもんがあるんだぞ。それ中共に対してはわけの解らんデカルチャーだろう。

※ 4代目南極観測船の模型完成 東京・上野で展示へ
http://www.asahi.com/national/update/0324/TKY200603240360.html

 うーん、この絵だと良く解らないんですねぇ。ヘリ甲板の専有面積が小さいことからして、大きな船であるという程度のことしか。もう少しサイバーな砕氷船とか出来ないものでしょうか。なんか艦船ファンとして、ただ大型化するだけじゃ詰まらん。双胴船形式の砕氷船とかあったら面白いだろうに。

※ カネボウ粉飾決算:帆足元社長らに有罪判決 東京地裁
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060327k0000e040046000c.html

 初犯だろうことを考慮すると、量刑相場的にはこんなものなんでしょうけれどね、事実上会社を潰し、株主に大損害を与えておきながら「執行猶予」で、そんな甘甘な判決でも「厳しく指弾された」とか書いている新聞もあるでしょう。
 こんなことだから、日本じゃ粉飾決算が後を絶たないんですよね。執行猶予は付かない、くらいにしないと駄目でしょう。

※ 前へ 車椅子の元ラガーマン3年遅れ卒業式
http://www.sankei.co.jp/news/060327/sha034.htm

 ええ話やないか!? それ行けCXアンビリ!

※ オーランド初日

 月曜朝四時、長男が突然8度5分の熱を出す。医者呼ぼうかと女房が言うので、いくら何でもこんな時間には無理だろうと、いったん様子を見ることに。幸い、風邪薬も仰山持参しているし、この時点では、単なる機内乾燥が原因だろうとか、エアコン風邪だろうという程度にしか認識していなかった。
 この時点で、朝の8時からびっしりと組まれていた女房のスケジュールはあえなく崩壊。今日は朝一でサファリツアーに参加して、キャラブレして夜はMGMのショーを見る予定だったが、全部ボツ。
 ただし、午後、熱が下がって、持参のラーメン類を食べて本人も元気なので、ひとまずアニマルキングダムへと入り、サファリツアーに参加する。このツアー、マニアの間では、とにかく動物は気温が上がると物陰に隠れて見えないから、朝一で参加しろ、という鉄則があって、前回訪問時はそうしたんだけど、それでも、姿を見せない動物が結構いた。
 今回、もう15時頃だったような気がするけれど、前回より動物との遭遇ケースは高かったような気がする。前回は7月下旬だったことを思うと、気温がそこそこなら日中でもオッケーなんだろう、と考えた。けど、やっぱり駄目な動物って駄目ですね。ライオンなんて前回もそうだったけれど、やたら遠い稜線上でじっとしてうたた寝しているだけ。カバは水の中で背中が見える程度。ちょっと感動したのは、サイの親子とすれ違ったこと。
20060327  HC3の、動画撮影中でも静止画を撮れるという機能で撮影したカットです。

 WDWで一番新しいエベレストうんたらというジェットコースターがスニーク・プレビュー中。外から見た限りでは、スペースマウンテン、サンダーマウンテン、うんたらマウンテンの良いところ取りで、オリジナリティに欠けるように思えた。
 前回訪問時、長男がお気に入りだったエリアがあり、最後はそこへ。本人「覚えている」と言うんだが、本当かそれ。
 夕方、昨日ブリ混みだったバイキング・レストランを予約して引き揚げ、ちょっと昼寝。いざレストランに降りていくと、まるで凍えるような寒さ。飯しゃ不味いし、寒いし、長男ブーイングでほとんど何も食べず。
 食い物が不味いのは仕方ない。アングロサクソンは、味覚というものを遺伝的に持ち得ない特殊な人種であるからして。ただ、お前らその逝かれた皮膚の温度センサーなんとかしろよ! 外国人観光客をその鈍感な皮膚センサーに付き合わせないでくれ。

※ 病院梯子

 月曜朝八時、すでに発症していて諸々予防の意味の無いパパが子供二人を総合病院に連れて行く。今朝も8度5分の次男、インフルエンザ検査をするが反応は無し。診断書を書いて貰い、保険で必要だからと、まともな領収書を貰い、薬局へ。子供の投薬は調合にやたらと時間を喰う。順番待ちは無かったのに、20分以上掛かる。ここでも保険で提出するからと、レシートでは無く領収書を出して貰う。
 いったん帰宅してから一人で耳鼻科。症状のピークは帰りの機中だったので、診て貰う必要は無いと自覚はしたんだが、保険会社に電話したら、帰国後72時間以内に診察を受ければ、保険でカバーできるというので、念のため診て貰う。風邪だということだが、珍しく4種類も抗生物質が出る。
 診断書だけでトータル1万円、もし保険が認められるのであれば、診断書代もカバーするということだが、果たしてペイするのかどうか。向こうでの治療費を考えると、家族加入の2万円はすでに元は取ったんだが。
 成田第2ターミナルの診療所ドクターは、日医大からの派遣らしいんだが、2歳児に向かって深呼吸しろだの舌見せろだの相当に酷かったらしい。インフルエンザの検査もしてくれなかったんだよねぇ。

※ メルマガおまけ 一週間ぶりの書店巡り

|

« 煙草天国ニッポン | トップページ | 古河社長にブログ閉鎖を提案す »

コメント

>>双胴船形式の砕氷船

ふたつの船体の間に挟まった氷が邪魔して
前に進まなくなりそうな気がします。

投稿: せんせい | 2006.03.27 14:16

>HC3
やっぱりiBookの後継はワイドだな。これをみるとデジカメ写真すべからくワイド。最後には携帯のテレビ電話も横長ワイド

>受診
深呼吸とか口を開けるとか、「芸」ですから。
日頃から遊びで仕込めば良いです。
「お医者さんごっこ」って、本当の聴診や視診ですよ、保育園ではみんなやってましたから、2歳というのは別に問題じゃない。
同じ話しは動物園の採血。象も、イルカも、「受診スキル」を芸として仕込んでいて、日常業務の効率化に資している。
#さて、サイが仕込まれているか?

投稿: sionoiri | 2006.03.27 14:20

>>双胴船形式の砕氷船

流氷砕氷船ガリンコ号はこれに近い感じですかね。
双胴船じゃーないっぽいですが。

投稿: | 2006.03.27 15:25

>南極観測船

16AGBと言われているヤツですね。ユニバーサル造船、舞鶴事業所で建造が決まったとか。
当初、2万トン型が考慮されたようですが、財政事情に鑑み、12500トンに落ち着いたようです。
センセイのおっしゃるように、あまり面白みのない形ですが、“ふじ”以来伝統だった上部操舵所が廃止されています。また、輸送力を上げるため、煙突とヘリコプター格納庫間にコンテナを搭載できるデッキスペースが設けられるもようです。最大の特徴は煙突が二本になることでしょうか。何でも暴露甲板での荷物輸送を廃止するため、荷物輸送用通路を設けるためだそうです。
後、航空機関係では、CH-101が2機、搭載されますよね。

投稿: ウィーン人 | 2006.03.27 15:27

砕氷船は、閉じ込められ周りから氷が押し寄せてくる…ってな事態もあるので、普通の双胴船だと、どこかで折れそうな気がする。
現在の単胴船の場合でも、ビジキールとかはつけないようにしてましたよね。周囲からの圧力を受け流し、引っかからずに氷の上に持ち上げられるように。(フィン・スタビライザーは引っ込むから付けてもOK)

やるなら、超細長3胴船体(次世代の軍艦でイロイロテスト中)で、左右の船体は必要に応じて上下できるようにしておくとか、かな。氷を割るのにも使えるだろうし。
なんなら無限軌道の駆動装置つけて、氷上をそりで滑るように…

投稿: | 2006.03.27 15:37

>ガリンコ号
舳先のドリル(アルキメデイアン・スクリュー)にだまされてはいけない、後ろは単胴で、クワガタな体つきを思い浮かべると良い感じか
http://www.asahi-net.or.jp/~RM3H-SOD/ryuhyo3.html

投稿: sionoiri | 2006.03.27 15:43

それにしても南極観測隊員(でいいのかな?)って、今、飛行機でフリーマントルまで行ってるんでしょ・・・。
だから、人用のスペースは今後あんまり考慮しなくていいってことですやね。

投稿: | 2006.03.27 16:14

海外旅行でご子息が病気とは大変でしたね。
お早い回復をお祈りいたします。

私も家族旅行で娘が病気、自分が中耳炎になったりと、海外での診療経験があります。
 米国では、低所得者は保険未加入で、
診療報酬が取れないので、外国人の
初診は支払い能力の証明が必要です。
クレジットレコードや年金番号が無い場合には
保険証書やクレジットカード、そして
”日本人”の駐在員、出張者、旅行者である場合には問題無く診療が受けられます。

 そんな時は保険に入っていて良かったと
思いますし、日本人であるメリットを味わえる
数少ない機会だと思います。(笑)

投稿: 外資社員 | 2006.03.27 16:44

双胴船だと、船体左右からの氷の圧力がかかると、上の構造物が真ん中からへし折れます。
砕氷船は船首部分を氷に乗り上げて(船体内部に重量移動のための前後2基の水槽がある)船首の鋼板の強さと船体の重さで開水路をおこないます。(ようするにマサカリで氷を割るようなもんです。)船体が2つあると重量が分散するので、破氷能力がさがってしまいますね。

ガリンコ号みたいに破砕ようのドリルを付けるというのは「男のロマン」かもしれません。

投稿: あんぶっしゅ | 2006.03.27 16:54

>※ “萌え”防衛白書 売り上げ倍増
あれ、萌えでもなんでもないですよ
普通の漫画絵です
マスコミが漫画絵の女の子=萌えだとして騒いでるだけです。

あと中国は今かなり漫画文化の進化が進んでいるので都市部に限定すれば完全にデカルチャーでもないかと。
漫画の規制で描きたい物が描けないという話もたまに聞かれますし。

投稿: | 2006.03.27 17:06

お子さまの病気や先生ご自身の体調不良で、テレビ番組どころでは、なかったかもしれませんが、昨日のNTV系「JFLは誰が殺したのか」のご感想はいかがでしょうか。

投稿: ウィーン人 | 2006.03.27 18:32

>ユニバーサル造船、舞鶴事業所
財務大臣・谷垣氏のお膝元ですな。
一時は削られそうになった建造予算が復活したとか、しないとか。
まあ、そうやって地元に利益誘導するのが自民党の政治家のお仕事ですから。

投稿: | 2006.03.27 19:57

新南極観測艦は「しらせ」に比べて排水量で一割ぐらい大きくなるので、寸法的にはほとんど同じですね。
全幅は28メートルで全く同じ。
貨物積載量が1000トンから1100トンに増えます。

新南極観測艦の名前は何になるのでしょうかね?
個人的には「にしぼり」で良いかと思ってしまいますが・・・。

投稿: 酔うぞ | 2006.03.27 20:58

 800億円もの粉飾帳簿を書かせた帆足隆元カネボウ社長が懲役2年、執行猶予3年なら、上をみても80億円の粉飾でしかない堀江貴文元ライブドア社長は、懲役どころか罰金刑でしかないのでは?
 さっさと罪を認めて保釈を受けて、社長業に復帰しないと、ライブドアは本当につぶれてしまう。どうやらライブドアには「人」がいないらしいから。

投稿: Inoue | 2006.03.27 21:19

>都市経営効率
都市経営の観点からみると、人口増=教育・福祉・道路上下水道等のインフラ整備コストの増大。
このコスト増加に見合う市民税・固定資産税の増収につながる一定以上の所得層の人口増なら歓迎されるけど。
原発立地等で財政力豊かな市町村の場合、市町村合併で足手まといを引き受けたくない、
市町村民税非課税世帯になるような住民の転入はお断りしたい・・・
地域エゴと言われようと、昔からの住民の最大利益になるんだから。

投稿: | 2006.03.27 21:34

>JFLは誰が殺したのか

 一応ビデオには録ったんですけどね。果たしていつ片付くことやら。先週はほら、NHKがネット絡みの特集やら、深夜にはアポロの特集なんかやっていたでしょう。溜まってもうて……。

投稿: 大石 | 2006.03.27 21:48

>“萌え”防衛白書
 書いてある事、至極まっとうですよ。
 まぁ、本丸が出しているモンじゃありませんから、コレはコレで良いのでは?(コレに味しめて、防衛白書の表紙が、ネコミミやら萌えっ子メイド等々になったら抗議しちゃる!)
>4代目南極観測船
 何処のマスコミも、「砕氷艦」とは呼んでくれないのね。自衛艦なのに・・・
 このフネ、名前は「やまと」がいいですねぇ。南極到着まで、あと○○日って感じでw
 フネの模型作ってる佐藤船舶工芸、世界の艦船に、よく広告出してる会社さんですね。
>そうやって地元に利益誘導するのが~
 07時57分の名無しさん、この手の事、米国の方があからさまですよ。シーウルフ2番艦に、「コネチカット」なんて名前付いてますから。

投稿: 名無し二等空士 | 2006.03.27 22:16

以前見た陸上自衛隊中部方面隊のサイトは凄かったですね。パステルカラーでハートマークの壁紙で丸文字で漫画絵で。
今はまともになっていました。残念。

ぴくるす王子の自衛隊日記がまともかというとアレですが。

後は空自のノーズアート

投稿: 紅 | 2006.03.27 22:31

川崎は医療機関一つとってみても、西へ東といくらでもあるし恵まれている。凹んでいる地域は選択の自由すらない。凹んでいるところに上がりのいい地域の金がまわるのは仕方のないことだ。凹んだままでいいのかって問題もあるでしょうが、社会的平等の実現を国是のようにしてきた国ですから割り切りましょうや。

>南極観測船
南極○号というダッチワイフを想像してしまうエロオヤジですが、ウイニーで流出したシリコンドールの購入者名簿の該当者は思いっきり恥ずかしいだろうね。そのうち「ぼすれん」も・・・。

投稿: 東京ocnソープランド | 2006.03.27 23:15

 大石先生、旅行中の子どもさんの病気と言うことで大変でしたね。お疲れさまです。とかく飛行機は気圧の上下(中耳炎の原因 になる)、ものすごく乾燥した空気、いろいろな地域から集まる人々と密閉環境で長時間過ごすという、風邪を引くには理想的な環境です。今更遅いですが、上昇や下降など気圧が変化するときにはアメや飲み物を与え、のどの加湿のためにマスクをさせておくことをおすすめします。

>子供の投薬は調合にやたらと時間を喰う。順番待ちは無かったのに、20分以上掛かる。
 10個ずつまとまっている錠剤を数えるのと、粉か液体の薬を計量して、何等分かして、分包してというのとではどちらが時間がかかるか明白でしょう。薬剤師さんにとっても成人と比べて割が合わない手間がかかっているんですよ。処方ミスがないかの確認作業を丁寧にするところだったらなおさら時間がかかります。お疲れだったんでしょうけど、20分くらい待ってあげてください。

>2歳児に向かって深呼吸しろだの舌見せろだの相当に酷かったらしい。
 舌くらいは機嫌によっては見せてくれることもありますが、深呼吸は2歳児には意味がわからないでしょうね。やはり、小児を見慣れてない医師だったのでしょう。ついいつもの癖で大人に言うせりふを言っただけだとおもいます。

>インフルエンザの検査もしてくれなかったんだよねぇ。
 発熱してからどれくらいたってから成田に着いたのでしょうか?もし2日以上時間がたっていればどうせタミフルは効かないですね。検査の結果にかかわらず治療は一緒なら検査の意味はありません。患者さんの利益にならないことはしないのが原則。インフルエンザ検査は結構痛いですしね。それにもしかして成田には小児用の粉のタミフルはおいてなかったのかもしれませんよ。

 医師の効率的な配置のことが以前話題になっていましたが、この場合がまさにそれですね。空港などの診療所や小規模な時間外の救急外来というのは死にそうだったり重症になりそうだったり、ともかく専門的な治療を必要とする患者さんをを選別、そうじゃない人はその場をしのぐだけの治療をする施設です。各課の専門の医師、専門の看護士、その他の医療スタッフが常時待機するわけにはいきません。病気を治すところではないんです。ちゃんとした病院にかかるのが遅れないように、たとえば薬も最低限の日数しか出さないのが普通だし、そうするべきです。

>珍しく4種類も抗生物質が出る。
これは信じられないです。抗生物質の他に咳止めとか鼻水止めとか解熱剤とか合わせて4種類と言うことではないんですか?

投稿: TTT | 2006.03.27 23:43

 大石先生、旅行中の子どもさんの病気と言うことで大変でしたね。お疲れさまです。とかく飛行機は気圧の上下(中耳炎の原因 になる)、ものすごく乾燥した空気、いろいろな地域から集まる人々と密閉環境で長時間過ごすという、風邪を引くには理想的な環境です。今更遅いですが、上昇や下降など気圧が変化するときにはアメや飲み物を与え、のどの加湿のためにマスクをさせておくことをおすすめします。

>子供の投薬は調合にやたらと時間を喰う。順番待ちは無かったのに、20分以上掛かる。
 10個ずつまとまっている錠剤を数えるのと、粉か液体の薬を計量して、何等分かして、分包してというのとではどちらが時間がかかるか明白でしょう。薬剤師さんにとっても成人と比べて割が合わない手間がかかっているんですよ。処方ミスがないかの確認作業を丁寧にするところだったらなおさら時間がかかります。お疲れだったんでしょうけど、20分くらい待ってあげてください。

>2歳児に向かって深呼吸しろだの舌見せろだの相当に酷かったらしい。
 舌くらいは機嫌によっては見せてくれることもありますが、深呼吸は2歳児には意味がわからないでしょうね。やはり、小児を見慣れてない医師だったのでしょう。ついいつもの癖で大人に言うせりふを言っただけだとおもいます。

>インフルエンザの検査もしてくれなかったんだよねぇ。
 発熱してからどれくらいたってから成田に着いたのでしょうか?もし2日以上時間がたっていればどうせタミフルは効かないですね。検査の結果にかかわらず治療は一緒なら検査の意味はありません。患者さんの利益にならないことはしないのが原則。インフルエンザ検査は結構痛いですしね。それにもしかして成田には小児用の粉のタミフルはおいてなかったのかもしれませんよ。

 医師の効率的な配置のことが以前話題になっていましたが、この場合がまさにそれですね。空港などの診療所や小規模な時間外の救急外来というのは死にそうだったり重症になりそうだったり、ともかく専門的な治療を必要とする患者さんをを選別、そうじゃない人はその場をしのぐだけの治療をする施設です。各課の専門の医師、専門の看護士、その他の医療スタッフが常時待機するわけにはいきません。病気を治すところではないんです。ちゃんとした病院にかかるのが遅れないように、たとえば薬も最低限の日数しか出さないのが普通だし、そうするべきです。

>珍しく4種類も抗生物質が出る。
これは信じられないです。抗生物質の他に咳止めとか鼻水止めとか解熱剤とか合わせて4種類と言うことではないんですか?

投稿: TTT | 2006.03.27 23:43

すいません2回送ってしまいました。

投稿: TTT | 2006.03.27 23:45

すいません2回送ってしまいました。

投稿: TTT | 2006.03.27 23:45

 素人談義への無粋なツッコミであることは承知で書くと、薬剤師が薬局でやってるのは「調剤」であって、「調合」じゃありません。「法律ではどうだか知らないが似たような意味だろう、いちいちつっこむなよ」とお思いかもしれませんが、業界人にとっては、「インターン」と「研修医」ぐらいの違いで、非常に気になります。
 端的な違いを言うと、処方箋に書いてあるとおりに患者を特定して薬を小分けするなら「調剤」、処方箋と無関係にあらかじめ小分けすると「調合」となり、後者は医薬品製造許可を得なくてはなりません。普通の薬局では、「薬の調合」は違法です。

投稿: Inoue | 2006.03.28 00:05

>萌え防衛白書

あの漫画家は辛辣な毒入り言葉を吐くかわいいキャラがディフォだからなぁ。萌えではないが、凡百無味無臭を狙った「広報漫画」の中で「普通の漫画」が上がってるから目立ってるってことで。

投稿: | 2006.03.28 06:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不公平感と効果:

» [ニュース] 不公平感と効果 [昨日の風はどんなのだっけ?]
大阪市も酷いもんだけど、それでもうちの地元の堺に比べたら全然マシなこと考えると、学校の先生にアカイ人の比率が高いとか、荒れてる学校が多いとかそういうことを加味すると、僕は妹夫婦が引っ越し先を、我が家の実家近くに考えているのは反対だったりします。政令指定都市になったときに公約した約束事がどれだけ実施されるのは分かったもんじゃないし、大体そこに予算を回すには堺市は排除しなければいけない既得権利者が多すぎる。 (大石英司の代替空港) ... [続きを読む]

受信: 2006.03.28 01:00

« 煙草天国ニッポン | トップページ | 古河社長にブログ閉鎖を提案す »