« メガテン@佐藤穴 | トップページ | 命の軽重 »

2006.09.26

鬱になる事件

※ 埼玉の2児死亡事故、3児なお重体 容疑者「脇見した
http://www.asahi.com/national/update/0925/TKY200609250434.html

 この世は99パーセントの無垢な人間と、1パーセントのドキュンな人間とで成り立ち、その1パーセントのドキュンな輩のために、99パーセントの人間が莫大なコストを負担し、しかもその人生が台無しにされる、というこの世の現実を見たような感じがする。地上にユートピアは無いんだよね。

  運転していたドライバーは、運送会社を経営する家のどら息子らしく、仕事らしい仕事はしていなかったとかで、親に金はあるだろうから慰謝料はそこそこ払えるんだろうけど、刑事的な責任は、単なる過失だから交通刑務所に4年5年ですよね。人の命に軽重は無いとは言うけれど、殺した相手の年齢は、罪の軽重に加算されるべきだと思う。
 こういう事故があると、同世代の子供を持つ親は、軽度のPTSDに陥るんですよ。

※ 「免職は死刑に等しい」飲酒運転で静岡県知事
http://www.sankei.co.jp/news/060926/sha000.htm

 確かに、飲酒運転で検挙されたというだけで首だというのはやりすぎかも知れないけれど、ちょっと私は、納税者の感覚と、公務員社会のこのズレに驚く。
 この発言の裏にあるものは何かと言えば、公務員で無くなるということは、死ねということと同義だという意識が、そう言わせるわけですよね。その裏側にある物は、やっぱり民間は今地獄で、こんなにも恵まれた生活を送る仲間を、たかがアルコールごときで首にしてそんなサバンナには追いやれない、という身内意識が言わせてしまうわけですよね。そこまで言う前に、どうしてあなた達は、民間の状況を変えようと努力しないのか? そんにも恵まれている状況は異常だと思わないのか?
 この言葉には、日本の公務員天国の現状の全てが込められているような気がして、非常に不愉快な発言に思えてならない。

※ 杉浦法相:死刑執行せず 在任11カ月、命令書の署名拒む
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060926k0000m040167000c.html

 朝日では、今朝のペーパー版に詳しく載っているんですが、主義として署名しないらしい。これは罷免すべきだし、そもそも死刑制度に反対なのであれば、法相に就任すべきじゃなかった。私が殺人事件の遺族で、犯人の死刑が確定していたら、法相を何かで訴えますよ。
 ただ、職務不履行で大臣個人を訴える権利は、国民には無いんですよね。国全体を訴えるしかない。

※ 駒苫・田中は楽天が交渉権 プロ野球高校生ドラフト
http://www.sankei.co.jp/news/060925/spo003.htm

 やっぱりドラフトって奴隷制度ですよね。楽天なんて経営者がいつ小菅にご招待されるか知れないというのに。あと沖縄で、ちょっと気の毒な選手がいて、両親が失踪して、監督が親代わりで、ソフトバンクと交渉が進んでいて、うちが今度は親代わりになるからと話が纏まりかけていたのに、ロッテに持って行かれた選手がいるらしいんですが。それ行けアンビリ@CX、奇跡の物語だ!

※ 「砂の器」「Gメン75」丹波哲郎さん死去
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060925-00000414-yom-ent&kz=ent

 波瀾万丈の人生でしたが、大往生でしたね。合掌。

※ NEWS23新体制スタート

 あの二人、膳場と山本モナの顔の暗さは一体何だ!? ライトの球が二つ三つ切れていたとしか思えないほど二人の表情が暗かった。それと膳場、ヘアスタイルを何とかしなさい! NHKじゃないんだから。

※ 忙殺モード、まだ抜けず。今日は組閣なわけですが、小泉政権のようにサプライズがあるかないか程度の興味しか無いですね。本来、そんな所で国民の注目を集めるのは良くないんだけど。

※ メルマガおまけ 時計問題再燃&「The Guardian」&「Hollywoodland」

|

« メガテン@佐藤穴 | トップページ | 命の軽重 »

コメント

死刑執行せず:
杉浦法相とは関係ありませんが、麻原しょうこうはさっさと執行してしまったほうがいいと思いますね。残されたアーレフ信者の更正のためにもそれがベストだと思います。

NEWS23:
膳場さんは上出来だと思いましたよ。あれ以上のものはこれからも出てこないと思いますけど。

投稿: とおりすがりん | 2006.09.26 10:28

>埼玉の2児死亡事故
私の所では、子供が生まれた頃は共働きで0歳児保育に入れておりました。 あのように公園へ移動の最中に後方から突っ込まれたら防ぎようがないですね。 0歳児保育に預ける親は、多少の罪悪感をかかえていますので、確かに心配になるし辞めようかという思いになると思います。

>静岡県知事の飲酒運転への発言
民間の場合でも簡単に解雇できないので、通常は解雇規定などで刑事事件を起こした場合など条件を決め、後は個別に適用するはずです。
 公務員も同じで、解雇や処罰規定にないと処罰自体が出来ないので、規定への盛り込みは不当とは思えません。 記事から読み取るのは微妙なのですが、”一律な運用は出来ない”という意見なら頷ける気もします。
いづれにせよ、規定を厳しくすることは不合理とは思えません。
但し処罰自体は、個人情報の壁に阻まれて良くわからなくなるのが危惧されます。

投稿: 外資社員 | 2006.09.26 10:36

>※ 「免職は死刑に等しい」飲酒運転で静岡県知事

・・・・ならいっそ死刑にしようw
とか思ったわけですが、
旭の某番組で白髪のじーさんがやりすぎだと
言ってましたがね、要は飲んだら運転しなきゃ
良い訳でそこには過失も何もない本人の選択が
有るだけですから個人的には抹殺ですらいいと
思っていたりします。


>※ 「砂の器」「Gメン75」丹波哲郎さん死去

痩せ過ぎの状態でちょっと気になっていたので
くるべき物が来たかという感じでしたが
マスコミが流す出演作品として「日本沈没」と
「二百三高地」が余り大きく出てこなかった
のが残念です
個人的にはGメンのボスで山本総理で
児玉総参謀長で地球の大統領(笑)だったので(´・ω・`)

投稿: M | 2006.09.26 10:43

>飲酒運転&役人天国

 私の勤め先では、平成4年に入社した当時から、
飲酒運転は懲戒免職と就労規定に明記され、実際に
何度か免職事例が発生しています。 

 この件に関しては公務員が率先して範を垂れず
して、どうするのでしょうかねぇ・・・ まさか、
これが静岡県知事が言う「地獄」の意味??

投稿: Escher | 2006.09.26 11:09

民間の場合、飲酒運転に限らず、就業規則の、懲罰規定に「会社の信用を傷つけた場合」という条項が入っているケースが多いと思います(昔の同僚が、これで解雇になりました)。

また、判決が確定する前でも「解雇は有効」という話を聞いたことがあります。

投稿: ウィーン人 | 2006.09.26 11:21

飲酒運転と酒気帯び運転が混同されているようで嫌ですね。
あと6~12時間程度では酒抜けず酒気帯びで引っかかる例もあるようですからマイカー運転者は晩酌も禁止な。
この先にあるのは禁酒法ですかね?

投稿: | 2006.09.26 11:30

>麻原しょうこうはさっさと執行してしまったほうがいいと思いますね。
>残されたアーレフ信者の更正のためにもそれがベストだと思います。

元信者の某氏の話だと上祐氏に付いていった人達には上祐氏自体に既に往年のキレがなくなっているので、
オウムやめるか麻原派に戻るしかないだろうとの事らしいですが、
烏山などに残った麻原原理主義者達にとって麻原の死刑執行とは麻原のカリスマ性を上げることはあっても更生には無意味だと思いますよ。
カルトな宗教集団では、いかなる理由であれ、逮捕→死刑というのは「弾圧」→「殉教」と言う構図として、非常に貴いものとされるのが一般ですから(初期のキリスト教ですらこの構図に沿って信心を集めている事を留意した方がいい)
…麻原の死刑執行は第二のシガチョフ事件(ロシアのオウム信者が爆弾を使って麻原奪還を企てた事件…実行直前に関係者が逮捕され未遂に終わった)を起こすトリガになりかねないですよ。

まぁ、麻原はあのようになってしまうと、「生かさず殺さず」…しかないでしょうね(;´Д`)

投稿: Artane. | 2006.09.26 11:34

>杉浦法相:死刑執行せず

行政が司法の決定を履行してない訳ですから
三権分立など存在しないと言うことですね。

>「免職は死刑に等しい」

公務員のキャリアなんて他の職場じゃあ殆ど役にたたないんだから言い過ぎでもないでしょう。
役場としても職歴20年ぐらいのベテランが微罪で免職になり続ければ業務は回らんと思うのですが。

飲酒運転と言うだけで免職ならばわき見運転による自損事故も免職した方がいいでしょう。
実際事故は起きているし、被害者感情からすればどちらも似たようなものです。
そして最後には誰もいなくなる、と。

投稿: 紅 | 2006.09.26 12:35

※ 「免職は死刑に等しい」飲酒運転で静岡県知事

“公務員はクビにならない”“公務員は好き放題できる”・・・特権意識丸出しですね。
こういう連中の意識は、“思想・良心の自由”を楯に、卒業式や入学式を妨害する連中と同じなんだろうと想像します。

> オウム

破防法を適用して解散すべきだったと思いますね。松本智津男の死刑など枝葉末節ですよ。
左巻きの知識人のせいなのか、公安調査庁の腐れ役人のせいなのか知りませんが・・・
特に子供たちをオウムから引き離して更生施設でキチンと育てるべきだった。
宗教団体の監視が不十分になってしまったのは、返す返すも残念です。


投稿: 信濃者 | 2006.09.26 12:39

※ 「免職は死刑に等しい」飲酒運転で静岡県知事

抜刀隊 VS 抜刀隊 
私が思い浮かべたのは、この映像でした。
(咀嚼して出直します。失礼しました。) 

投稿: 言い台湾!改め 伝染るんです | 2006.09.26 12:58

>「免職は死刑に等しい」飲酒運転で静岡県知事
こういう阿呆は殺人ジャーマンかなにかで頭を地面に叩きつけてやればいい
そうすればショックで脳味噌も少しは活性化して自分が如何に愚かな事を言っているかが分かるでしょう。
分からないなら分かるまでジャーマンかけてやればいい。
「事故も起こしてないのに」というのは「事故を起こさず、検挙されないのであれば飲酒運転してもそれは大したことではない」というのが根底にあるから出てくる。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2006.09.26 12:58

>この先にあるのは禁酒法ですかね?
タバコはゆっくりながらも排除の方向へ向かっていますよね。で、タバコによる被害と飲酒事故による被害を比較したらどっちが社会的損失が大きいんでしょう。分煙みたいに飲酒と他者への被害をある程度切り離せない分、本当はタバコより優先的に排除すべきなのかも。

>公務員のキャリアなんて他の職場じゃあ・・・
>役場としても職歴20年ぐらいのベテランが・・・
20年続けた職を棒に振る、民間じゃ自分のキャリアが役にたたない、なんていう当たり前の事が理解できないような無能なベテランなぞ雇っておくだけ税金の無駄ではないかと。

>飲酒運転と言うだけで免職ならばわき見運転による・・・
わき見事故も結果の重大性によっては当然免職になるべきだと思うけど、飲酒運転は過失ではなく確信犯という点で自己中心的、反社会的人格の持ち主と言われてもしかたない訳で。

投稿: くま | 2006.09.26 13:48

>> オウム
>破防法を適用して解散すべきだったと思いますね。

破防法が適用されても、彼らは地下に潜るだけで、カルトとしての閉鎖性はもっと拗れたと思いますよ。

破防法の団体解散が適用されなかったからこそ、オウムと言う集団を大衆の監視下に置けた訳だし、
それ故、新しい突出したカリスマ…それもカルト化した集団にありがちな自滅的な事を過激に唱えることで内部でのシンパシーを集める…(上祐はその器ではないようです)を輩出することはなかった訳ですから。

戦前の治安維持法の事、特に共産党が非合法にされた中で行われた色々な事件(内部でのリンチ殺人から特高警察や帝国軍憲兵隊の跳梁跋扈によりささいな所まで言論統制が行きわたった事まで)を鑑みて、現在においてオウムが暴発しないでいることも鑑みると、破防法の団体適用は避けて正解だったと思うのですが。

投稿: Artane. | 2006.09.26 13:53

静岡県知事のHPには、25日に記者会見をしたと書いてあるのですが、内容はまだ出ていませんね。(26日正午時点) 
世間の反応を見ながら、発表内容を見直しているのか?

http://www2.pref.shizuoka.jp/all/gaiyo.nsf/

投稿: 外資社員 | 2006.09.26 14:04

>破防法が適用されても、彼らは地下に潜るだけで、
>カルトとしての閉鎖性はもっと拗れたと思いますよ。

その方が良かったかもしれません。

上祐は公然と麻原たらんとしていて、奇跡が起きた、のごときことを言って信者獲得をしています。

つまり、拡大しているわけです。
それに比べたら、閉鎖的なところに追い込んだ方が関わる人が減るから被害者が出る可能性が下がる、という期待が出来たと思います。

現実は、破防法ですら適用出来なかったから、カルト宗教の活動は全体として拡大していて、このままではカルト宗教規制法が必要になるのかもしれません。

宗教を法律で規制するなんて事は避けたいところですが、オウムが規制できないでどうするのだ?といったところでしょう。

投稿: 酔うぞ | 2006.09.26 14:10

> 破防法の団体解散が適用されなかったからこそ、オウムと言う集団を大衆の監視下に置けた訳だし、(以下略)

Artane.様ともあろうお方が、すぐバレる嘘をつくのはどうかと思います。

解散命令を受けた団体の構成員は、団体の活動を禁止されます(破防法第八条・第九条)。
つまり、オウムを解散させた方が、その構成員の活動を徹底的に監視する法的根拠が生じるのです。

オウムのようなカルトへの対処法については、様々な立論が可能だと思います。
ただ、緊急避難的処置(解散、摘発など)と、長期的処置としての環境整備(元信者の更生や国民への啓蒙活動など)は、どちらも必要です。

宗教を野放しにすると碌なことにならないということは、日々証明されていると思いますよ。
思想・良心の自由を守るためにも、規制すべきことはあるのです。

投稿: 信濃者 | 2006.09.26 14:49

>運転していたドライバーは、運送会社を経営する家のどら息子
犯人の実況見分OFFの企画があったっらヘルメットにゲバ棒もって参加してやるぞ!

>同世代の子供を持つ親は、軽度のPTSDに陥るんですよ。
本当にそうなんです。独身の時は他人事で済んで、すぐ忘れてたことが何度も頭に蘇り、まして今回の様に被害者側にまったく落ち度が無いと自分自身を納得させることが、まるでできず仕事も手に付かない有様です。

それでも有効な手立てを考えるとハード的には限界がありますよね。道路を拡幅しましょう、歩道を作りましょう、ガードレールを設置しましょうと言っても、あの手の路地は日本全国至る所にあり、その全てに安全な歩道を設けるなんて不可能です。
ならば飲酒運転を繰り返すような人間あるいは「ドキュンな人間」対策ってのはできないのでしょうか?例えば交通刑務所しろ刑務所にしろ、そこには「ドキュンな人間」のサンプルがゴマンと居るわけでですから人間行動学的見地から運転者の適性を分析してそれこそ科学的見地から、ある種の人間には事前適性の審査によって初めから運転免許を取らせないというのは現代科学では不可能なんでしょうか?

それとですね近代刑法が犯罪者の権利、更生に主眼を置いてきたことは、このブログで何度も指摘されてるところですが民意が成熟し、自身の生活以外の出来事にも関心を持つことが出来るようになって来た現在、刑法にもさらなる進化が求められているのだと思います。

裁判員制度は民意が反映されるでしょうし究極の犯罪被害者の権利は報復権の法制化にあると思います。故意,過失の別なく刑罰を規定することは不可能ですが、結果の重大さを元に報復権つまり(かなり前にセンセが触れた)「仇討ちの権利」を法制化して認めれば、民心も納得しやすいし結果の重大さに比して軽い刑罰もありえない。また実名報道などの歪んだ社会正義への抑止力ともなりえると思います。

投稿: デコイ | 2006.09.26 15:13

子供がいるから
妻帯者がいるから
そんなことで量刑を決めるなんてどういう神経ですか?
そんな安い民意を汲んでどうするんですか?
子供がいる人間は価値が高いのですか?

恐ろしい世の中になりそうですね

投稿: | 2006.09.26 15:58

咀嚼って、沈思黙考する事じゃないんですか?
後出しジャンケンは不公平じゃないんですか?
反論の時こそソースが必要じゃないんですか?

投稿: 伝染るんです | 2006.09.26 16:23

>そんなことで量刑を決めるなんてどういう神経ですか?
>そんな安い民意を汲んでどうするんですか?
そんなことはどこも言っていない。

>子供がいる人間は価値が高いのですか?
これはあえて言ってやる。
その意志があるにも拘らず諸事情により子供を授けられない人を除けば、その意志で子孫を作らない、あるいは子供の養育に関わらない人間は、人間以前に犬畜生以下、種として最低だ。

投稿: デコイ | 2006.09.26 16:28

いやあ、日本社会が近代合理主義を捨て、退嬰に向かいつつあるのが良く分かります。
論理が死を遂げ、知的退行が行き着く果て、日本はどんな社会になるんでしょうね。

投稿: | 2006.09.26 17:14

デコイ氏は偉いですね
俺みたいな妻子もいない人間は犬畜生以下ですねぇ
お説ごもっとも

投稿: | 2006.09.26 17:21

>※ 埼玉の~
しかし、保育園あるいは幼稚園の慢性人不足が一向に解消される気配すらないのはこの記事にあるカートの写真で一目瞭然。これの一体どこが少子化対策なのか行政サイドの人間に是非ともご説明願いたい。
それに飲酒運転狩りに警官を総動員させた為、逆に盲点を作りまくってしまうはめになった、という事ではないのか。
>この世は99パーセントの無垢な人間と、1パーセントのドキュンな
この数字にはかなり無理があるような…(例:マスコミ)。
>在任11カ月、命令書の署名拒む
在職中の給料と退職金は全額返還あるのみ。
>オウム
あの人達をテロに導いた原因の一つにマスコミの過熱報道が挙げられる。
>その意志で子孫を作らない、あるいは子供の養育に関わらない人間は、人間以前に犬畜生以下、種として最低だ。
いや、今問題視されているのはその意思で作った子孫を虐待死させ、あるいは子孫の養育を放棄しまくる人間達の事だと思うんですけど……。
だいたい行政サイドが少子化対策だの何だのご託ばかり並べたところで、実際のところ何もしていないのが現状なんだから、そんな風に言い切ってしまうのはどうかな。どのみちあの連中は何だかんだもっともらしい理由をつけて、結局ガキどもに自分達が勝手に作った年金等の巨額損失を全て補填させる──というのが実情ではないのか。

投稿: | 2006.09.26 17:23

おーい。誰かぁ、タバコ持ってきてくれ~。
あ、デコイさん?ゲバ棒は私に預けて下さいョ。

投稿: 伝染るんです | 2006.09.26 17:27

ソースをいちいち求めるのは
2ch的な意識に毒されすぎでは

もうやめます 
個人のサイトですし

投稿: | 2006.09.26 17:33

>今問題視されているのはその意思で作った子孫を虐待死させ、あるいは子孫の養育を放棄しまくる人間達の事だと思うんですけど……。

その意思で作ったかどうかは疑問です。言葉は悪いですが、ヤッたら出来た感じもしますが。虐待死させるような人間の遺伝子を後に残さないという意味では合理的です。ネグレクトは社会が面倒見るしかないでしょう。

>俺みたいな妻子もいない人間は犬畜生以下ですねぇ

そんなことはありません。動物の世界ではヘルパーというのもいます。子供を作らなくとも、社会に貢献する事でヘルパーとしての役割を果たせばよいのです。社会的な動物とされるものは必ず役割分担がなされています。働きアリが数の多少で価値は低く見られますが、決して不要な存在ではないのですから。

投稿: SOL | 2006.09.26 17:44

SOL氏
いや犬畜生ですよ
そして犬畜生は崇高な妻子持ちを助けるため身を捨てて
働き蟻になって彼らを助ければいいんですよ

民意が反映される裁判制度でマスコミが煽りに煽って
冷静さを失っていけばいいんです

投稿: | 2006.09.26 17:54

>飲酒運転と酒気帯び運転が混同されているようで嫌ですね。

酒気を帯びている時点で
まだ体内にアルコールが残っている=酔っている
ということ
そもそも別々に判断することが間違いなんじゃないの

投稿: | 2006.09.26 18:36

出来るのに、自分たちの享楽(いわゆるDINKSを楽しんでいる人たちですよ)のために子供を作らないということは、国家を滅ぼすことに微力ながら貢献しているんですから、何らかのサンクションを与えるべき。

たとえば、年金額は3倍とか。

投稿: | 2006.09.26 19:11

>やっぱりドラフトって奴隷制度ですよね。
まあ完全自由競争なんかにしたらソンのおっさんがポケットマネーで優勝を買えるようになりますから。

投稿: ほうえい | 2006.09.26 20:28

>>たとえば、年金額は3倍とか。

1/3の間違いだろうけど。
しかし、よく分からんのだけど、人口が減るのって
そんなに問題かな。
狭い日本。昔はもっと人口少なかったんだし、
適正な数に落ち着くってことでは?

投稿: | 2006.09.26 20:42

世耕‥つまらん。しかし、小池は大臣から補佐官てこれは格下げじゃなかろうか。安全保障担当補佐官ていってもバックのスタッフゼロだろ。

時代はゆっくりとしか進みません。まさに喫煙がそうだったように。でも平成25年には何とかなるでしょう。

投稿: pongchang | 2006.09.26 20:43

私は制度としての死刑に賛成ですが、死刑が確定したのに執行しない「みなし終身刑」もありかなと思います。外国でも死刑制度はあるが執行を停止している国ありますよね。

死刑の代替品として終身刑導入を図っても、結局人権屋のみなさんが頑張って、仮釈ありの、現状の無期懲役と変わらない終身刑になっちゃう気がしていけません。

投稿: 名無し零戦三二型信者 | 2006.09.26 20:53

大田弘子 1972年鶴丸高卒 鹿児島市出身
ふーーーん、経財担当相にね。

投稿: pongchang | 2006.09.26 20:54

松岡農水大臣
最悪の人選でしょ
農水関係土木事業の利権を・・・・・

投稿: ごんた | 2006.09.26 21:01

>丹波哲郎さん死去
 お亡くなりになりましたか……合掌
 この人の登場作品で印象に残っているのは、テレビだとGメンシリーズですね。一桁のガキの頃、毎週見てましたよ。結構怖い話あったの覚えてます。
 映画では、「007」と岡本喜八の「激動の昭和史 沖縄決戦」ですね。「沖縄決戦」深夜枠でも良いから、丹波氏追悼で流さんかなぁ……

投稿: 名無し二等空士 | 2006.09.26 21:07

>飲酒
飲んで運転は100%しないと断言できますが深酒の翌日に引っかかるケースもあるようなのが…。
アルコール検知器買ってどのくらい残るかセルフチェックしてみようか。

投稿: P | 2006.09.26 21:10

>デコイさん
まぁまぁとりあえず落ち着いて。
というかオラだって最近色々頑張ってるだどもちょっぴりだけあった縁はぶっ千切れて残ったのは自己否定と虚無感だけで、20代ももうすぐ終わっちまうというのに娘っ子と1回も付き合った事も無いオラはこの先どうしたら良いかと・・・・げふんげふん!

で、よく言われることですが現在の教習の合格レベルがあまりにも甘すぎる事が先ず問題としてあります。
もう少し精神的・技術的・知識的に合格レベルを上げて合格を厳しくしても良い筈なのに現状では逆ですから。
取り締まりや罰則の強化といった事後対策ではなく、免許制度自体や教習所のあり方といった事前の問題の改善も同時に行っていくべきだと感じます。

>pさん
軽い二日酔いとかで頭が痛いとか倦怠感があるとか言う状態の時もアルコールって残っている状態でしたっけ?
よく「アルコール度数チェック機構を車に」という話が出たりしますが、逆にセルフチェックというか健康状態が運転に適しているか否かのチェックを行う仕組みをつけたり、事前に検知してドライバーに注意を促すシステムの方が良いのかもなぁと今ちょっと思いついたりしました。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2006.09.26 21:35

>丹波哲郎さん死去

「ジキルとハイド」のDVD化希望。
数年前にこのドラマをスカパーで見ましたが、撮影して数年間放映できなかったというのはよく分かりました。

投稿: Bill | 2006.09.26 21:35

とっとと酒税と飲酒運転の罰金を上げて、それを元手にインターロック等の対策をとれば良いんだ<新車はエアバック同様必須で。

まあ、お情けとして飲酒事故が半減したら見逃してあげよう<こんな状況でも飲酒運転するのが居るから絶対無理だろうけど。

投稿: 禁酒法がいやなら | 2006.09.26 22:17

「丹波哲郎は、いかにも態度の大きな横柄なところが認められて1950年代に新東宝で敵役をよく演じていた。1961年、今村昌平の『豚と軍艦』では、でかい面をしたギャングの兄貴分がじつは小心な男であるという喜劇的な役を演じ、篠田正浩の『暗殺(1964年)では、幕末の動乱期にハッタリで勤王運動の一方の旗頭になろうとした清川八郎を演じて代表作とした。・・・中略、それが彼の得難いキャラクターになっていた。以後もっぱら、態度のでかい役を演じることになる」(日本映画史第三巻岩波書店)

他に態度のでかい役を演じている仲間に石原慎太郎、田中康夫がいる。
最後に丹波哲郎出演の映画を見たのはオムニバスだが「11'09”01 セプテンバー11」の一編「おとなしい日本人」。映画といってもTBSが関東地区だけ放送した。蛇ような肉体で復員した日本兵。その日本兵の若妻の体を自由にする村の住職の役だったような気がする。爺様になっても、なお濡れ場が演じられた丹波哲郎は極楽往生でしたね。合掌。

投稿: TOソープランド | 2006.09.26 22:39

>偏頭痛持ち技術者さん
二日酔いはアルコール分解後のアセトアルデヒドが原因なのでアルコールが残ってないケースと二日酔い進行中でアルコールが残っているケースがあるかと思います。
熱なんかで身体がだるい場合は自己診断に加えて体温計で客観的な数値で体調を把握できるのですがアルコールはそんな習慣がないから判断する基準がない。体温計並に常備されるようになっても良いのではと思ったり。


運転手の疲労や眠気を感知して注意を促すシステムは研究中。乗るだけで健康状態をチェック・表示する車もそのうち出てきそうです。

投稿: P | 2006.09.26 22:56

>飲酒運転は過失ではなく確信犯という点で自己中心的、反社会的人格の持ち主と言われてもしかたない訳で。

ではスピード違反や違法駐車はどうでしょう?
両者とも故意犯であり、それを起因とする死者も多数出ていますよ。
違法駐車で去年100人も亡くなっているのは一寸以外でしたが。
駐車違反、スピード違反を犯すような反社会的人間は別に事故に繋がっていなくても懲戒解雇で宜しいでしょうか。
自分は公務員ではない?
お役所が率先してやっていることを民間が見習わん訳無いでしょう。リストラの丁度いい口実になるんだし。
そうなったら胸を張って
「自分は公務員なんかじゃないんだから倫理観なんて持たなくていいんだ」と主張されますか?
そんな主張を誰が支持してくれますか。

ま、私は無事故無違反無運転を貫いていますので免許証は金色ですが、皆さんは何色ですかね?
周りを見ると運転者の免許は真っ青ですが。

投稿: 紅 | 2006.09.26 23:17

>日本の公務員天国
飲酒運転に同情はいらないとは思いますし、役人がめったなことではクビにならないというのも否定はしません。が、それだけに役人をクビになった人間には再就職が殆ど望めず、やり直すチャンスは殆どない、という話は聞いたことがあります。めったにクビにならないだけに、クビになるような輩を採るわけにはイカン、というワケですね。
只、>どら息子らしく、仕事らしい仕事はしていなかった  こーいう輩にはそもそもクビにする、という制裁は全く意味をなさないワケで、何年かお勤めすりゃまた娑婆に出て親の金でのうのうと暮らせるのかと思うと、別の意味で不公平感は残りますね。

投稿: ya-mana | 2006.09.26 23:33

三等海佐が飲酒運転。
こーゆー人が次々と首になれば、周辺諸国としてはうれしいこと限りなしでしょうな。

投稿: WinMe | 2006.09.26 23:35

>埼玉の2児死亡事故

子供は充分可哀そうです。
その上で、園長さんの、ちょっとウソっぽい嗚咽記者会見と、
「なんで左側を歩かせたん」っていう、引率者責任に、どのマスコミも言及しないのが、気になります。

投稿: 非難しないでね | 2006.09.26 23:40

こないだの更新で交通局のおっちゃんに、
深夜の深酒はほぼ翌日の遅刻は避けられない感じのスライドを見せられました。
3時間で抜ける酒もあれば8時間以上必要な事もある。
ところが1時間くらいの休憩でまた運転してしまうわけですな。家に着かなくなるから。
さらに深酒するとその時は代行で帰っても翌朝まで残ったりする。

酒場で仲間と友好を深めるのも大事、家に帰って嫁さん安心させるのも大事、毎日遅刻せず勤め上げるのも大事といい、
目的に向かって邁進というのは多く美徳と取られますが、危険な事も多くありますな。

投稿: 遊び人 | 2006.09.26 23:51

すいません。クリステルがどうしても黒田勇樹にしか見えません。

http://dir.yahoo.co.jp/talent/8/m96-0551.html

投稿: | 2006.09.26 23:57

>免許証は金色
極例だが、免許を取得して以来、十年以上ペーパーだったにもかかわらず、金色な奴がいる。しかし、運転は異常なまでに下手くそなので周りからは完全に恐れられている。
特に助手席にいるとこわいぞ~。

投稿: | 2006.09.26 23:58

>丹波哲朗氏
何故か記憶に残っているのはテレビの深夜映画で見たかなり古いもの。
アメリカ映画かな?
粗筋すら覚えていないのですが、とにかく丹波氏は喋らない。
刀を差して(背負ってだったかな?)ガンマンと渡り合ったりしているのだけれども、とにかく全編だんまりで一言のセリフもない。
最後に高笑いをしながら去っていく。
何故か記憶に残っているんですよ。
何方かこの映画のタイトル分かりませんかね。
貸しビデオ屋でもそれらしきものを見つけたことがありません。
機会があったらもう一度見てみたいのですが。

投稿: ヒグマ | 2006.09.27 00:03

>「免職は死刑に等しい」飲酒運転で静岡県知事
これは、半分当たっています。民間でいう懲戒解雇は公務員では懲戒免職というんですか?
これは官民とも再就職は絶望的。職歴前科処分は一切問わずなんてところは不法滞在外国人でも雇う所か篤志家がオーナー社長の会社ぐらいでしょう。勤め人としては、死刑同等の処分でしょうね。後はお水の世界か自営に転じて商売するしかありません。諭旨解雇でも人事照会で退職自由がバレることがありますから要注意です。他、安倍ちゃんの再チャレンジ支援に期待するってのもありかも。

>飲酒運転、スピード違反、駐車違反

緊急避難での超過速度、停車、駐車はあたりまえ。パトカー、白バイ、消防車は業務で意図的にそれをやります。
緊急避難や業務で酒飲む公務員はいないでしょう。よって飲酒運転のみ厳罰は当然。

投稿: TOソープランド | 2006.09.27 00:44

>pさん
双方とも回答ありがとうございます。
車はやっぱりそういう方向に進化しつつあるのですね。

自分は乗り物からのインフォメーションを受け取りづらい状態に自分がなっているときは怖くて運転できませんが、車はそもそもそういうインフォメーションを極力操縦者に返さないようにする方向で進化してきてしまったので、体調の変化と運転が結びつきづらい欠点がありますね。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2006.09.27 01:03

>「なんで左側を歩かせたん」

小学校のときの遠足とかマラソン大会とか,集団で歩くときは左側を歩かされましたね.
「大勢で歩くときは左側通行」って教わった記憶があります.

投稿: 真面目な軟派師 | 2006.09.27 01:41

しかし、この国の科学技術政策も今や完全に方向を誤ってしまった感がある。あんなに必要性のかけらもないようなシステムや設備ばかり導入してどうすんだか。IT関連にしても要らないものばかり増やしすぎた。
それにデジタルといっても原理そのものはアナログでしかないんだけどな。

投稿: | 2006.09.27 02:16

>「激動の昭和史 沖縄決戦」
どうしても大スクリーンで観たくて、今は亡き浅草東宝まで行った事があります。
「敵の船で海の色が見えない!船が七分に海が三分」の名台詞が有名ですが、丹波氏演じる長修参謀長の 「私がお先に失礼して冥途の案内人をつとめましょうか?・・・ああ、そうか。閣下は極楽浄土に行かれるが私は地獄だ。お互い行き先が違いましたな」は訃報にピッタリと嵌り過ぎて、思い出すと慄然とします。
>車はそもそもそういうインフォメーションを極力操縦者に返さないようにする
飲酒運転常習者は、代行で帰っても又出掛ける、免許を取り上げても乗る状態では、教習所で体験できる、低ミューの路面をシミュレート出来る車両の様に、故意に運転操作のフィードバックを遅くした車両で正常に運転出来ない「怖さ」の体験を、免許取得時に義務付けるというのはどうでしょうか?
海外では、監督者の下で飲酒運転を体験させる方法で効果を挙げている所も有るようです。http://www5.big.or.jp/~hellcat/news/0609/14a.html

投稿: yossi | 2006.09.27 03:06

>>極例だが、免許を取得して以来、十年以上ペーパーだったにもかかわらず、金色な奴がいる。

紅氏は、「私は無事故無違反無運転を貫いています」って書いてるじゃん。運転をする時点で事故のリスクを抱えるわけだから、自分では運転せずに、リスクを回避するのもひとつの方法。こう結果責任を追求されるようになると、どうもね。危ないことはやらないに限る。田舎には行かないに限る。

>>「免職は死刑に等しい」
誰もリンク先は読まないのかな。
「(日本の雇用慣行からすると、)免職は(その人の職業生活上、)死刑(判決)に等しい」
切り貼りするにも程がある。要旨を捻じ曲げて見出しにするのは、日本の新聞の悪癖。マスコミの悪いところばかり見習うのはどんなもんかなあ。

投稿: chaff | 2006.09.27 04:20

>俺みたいな妻子もいない人間は犬畜生以下ですねぇ
そんなことは無いです。
昨年亡くなった私の従兄弟の嫁さんは、いわゆる被爆二世でしたから従兄弟夫婦は子供を作りませんでした、その選択を誰も非難はできないでしょう。
また出産年齢をとうにすぎた独身の叔母がおりますが、我が家の子育てに積極的に援助し我が家の子達が彼女自身の生き甲斐となってるところがあります。
様は人それぞれ事情がありますが、可能な範囲で子供の養育に関わりましょうよと言うことなんですよ。前にも書きましたが里親は全然足りません。擁護施設だって人手が足りずボランティアを募っています。孤児の育英資金だって満足とは言えないんですよ。

お恥ずかしい話、自分に子供ができるまではそんなものまったく気にしてませんでした。独身の時の最大の関心ごとは異性で恋愛至上主義の現在ですが、子供ができるとそんなものは、どうでもよくなります。この子等の将来への責任と不安、自分が居なくなった後のことまで考え、次世代への責任っては子供の養育に関わって初めて感じることのできることだと思います。だからこそ為政者には子供のいる弱みを抱えつつ政に携わってもらいたいし、逆に子供のいない為政者は信用できません。

>「なんで左側を歩かせたん」
引率者責任を問わないわけじゃありませんが、ぱっと見ただけで右側は大型車の出入口や車寄せが見え、とてもじゃないが引率して歩けそうにありませんよ。

投稿: デコイ | 2006.09.27 04:54

>幼稚園の慢性人不足が一向に解消される気配すらないのはこの記事にあるカートの写真で一目瞭然。
いや、これがですね2~4才児っては突然走り出したりするんですよ。ましてお友達と一緒だとこれが、更に助長されるんです。一人が走り出すとつられて皆走り出すみたいにね。で、これを押さえ込むには殆どマンツーマンでの引率が必要になります。でもそんなの現実的に無理ですから、だったら親の立場からすればカートに五、六人まとめて乗せて移動してもらった方が安全だと思うわけです。自転車位だったらカートの方が強いですしね。このカートってか檻ね割と各地で見ますよ。

>オウム
あの人達をテロに導いた原因の一つにマスコミの過熱報道が挙げられる。
いや、物事の本質が分かっていて当時を知っていればそんなことは言えませんよ。政教分離と信教の自由を楯に取られ警察も大手マスコミもオウムの実態を掴まず弱腰だったことがオウムを増長させ犯罪を繰り返させた主因なんですから。

>今問題視されているのはその意思で作った子孫を虐待死させ、あるいは子孫の養育を放棄しまくる人間達の事だと思うんですけど……。
優先順位で言えばおっしゃる通りです。
札幌のあの可哀想な幼い姉妹に必要だったのは児童手当ではなく、あの男を射殺してでも姉妹を強制保護する強襲班ですよ。前に書きましたが扶養の義務は一義的に親にありますがその親がドキュンだったらその子供の人権、いや生命を守ってやるのは地域社会であり法治制度による行政しかないじゃないですか、それに回す予算がないなら児童手当なんていりませんよ。ところがファンドに投資し現役世代の平均年収の倍近い報酬を得ている公人に一千万近い年金が支給されてる。これが僕らが夢見た21世紀の先進国の姿かと思うと憤懣やるかたない。

投稿: デコイ | 2006.09.27 05:58

>カート
急な動作をさせようとするとかなり辛いものがある。まして車がスピードを出してそこへ突っ込んでくればスペシャルマッチョでもない限り動かす事はまず出来ない。
幼児を何人も乗せているところにカートの重量を合わせるとそれなりに重量があるし、女性1~2人の力では……という事もあるので、今後の事も考えて改良した方がいい。あとは通る道を選ぶ事ぐらいかな。
この間見たやつはキャスターがボロボロ(サッチャー型吝嗇行政が金を一切出さないので)になりかけていたので、横断歩道を渡るのにかなり時間がかかっていた(その場に居合わせたせいか、何故か動かすのを手伝わされてしまったが)。
>憤懣やるかたない。
同感。DQNセレブに加えて子供や年寄りをまともに守れないようなバカ行政はこの国には要らない。

投稿: | 2006.09.27 07:01

行政に責任を押しつけるのはただの思考停止。

投稿: | 2006.09.27 07:46

埼玉の二児死亡事故

知人の子が行っている園でも、園庭が広くないためにお遊戯の練習などに近くの公園に行くそうですが、ほんのすぐそばにもかかわらず、必ず移動には園バスを使うそうです。
このような事態を想定してのことだと思います。そうしている園も多いのではないかと思います。
知人は、「保育されてる間に外の道路を歩いて移動させるようなところには、絶対子供は預けたくない」と言っておりました。親御さんの意識はもうそうなっているのかな、と思いました。

投稿: 金魚草 | 2006.09.27 08:11

>膳場アナ
昨日見たよ。
確かに、暗いというか堅かったな。緊張してるというわけでもなさそうでしたが、俺の見立てでは自意識過剰気味ではあるね...。

投稿: nao_c/w | 2006.09.27 08:12

要するに,子供がいるからおまえら単身犬畜生は
奉伺しろや 独身でいたいなんてネンネの論理だな
結婚できないやつは非国民 国家の為にならない
ワッペンつけてさせて迫害せよ

投稿: | 2006.09.27 09:56

どうも子作りマンセー派は、知性と品性を欠いたレスを繰り返しているようだけど、そんれじゃ説得力ゼロですよ。
役割分担をきちんと果たしていれば、別にそれぞれが自由に人生を選ぶ権利があると思います。
それと、少子化は現代日本では、本質的にたいした問題ではありません。税収が減ることで既得権益のパイが減るのを恐れた、指示かが騒いでいるだけの話です。現実には社会の効率化で雇用機会もこれからは減るし、むしろ歓迎すべきことです。適正人口から言えば、日本の人口は今の半分ぐらいがちょうどいい。それに向けて、雇用調整をしていけばいいことです。

世俗的な観点から言うと、今の日本で結婚出産なんて行為は、守旧的な価値観にとらわれて、正常な判断を欠いた連中がしていること。そんな価値観は時代とともに、常に変化していくってことが理解できないようでは、危ういですね。

投稿: | 2006.09.27 12:51

>金魚草さん
>必ず移動には園バスを使う
そうできれば、良いのでしょうが、財政的に厳しい保育園も多いのだと思いますよ。
 バスを置けば運転手も駐車場も必要でかなりの固定費がかかります。 幼稚園ですと多少高くても設備の良い所を選ぶ親も多いので費用転嫁が出来ますが、保育園、特に補助金もあまり貰えない地域では駐車場の確保も含めて難しいのだと思います。

先日 出張した時に見た所は、カートではなくリヤカーに園児を乗せて運んでおりました。
文革の記録映画のシーンのようで驚きましたが、財政的に厳しい保育園も多いのだなと思いました。


 

投稿: 外資社員 | 2006.09.27 14:37

 丹波さんは念願の「霊界レポーター」に転職したのだと思うので、霊界ラジオ(イタコなど)を通じての活躍が期待できると思います。
 たまには元気な姿を見せてくれると思います(心霊写真)。
>>埼玉の事故。
下の著書(ウェブ無料版)によると、事故を起こすように運転し、必然的に事故を起こして、人を殺してしまう「殺人ドライバー」なるものが存在しているらしいですね。
http://homepage2.nifty.com/YPO/
そういう人は、罪悪感もいだかないらしいそうで。

投稿: | 2006.09.27 15:05

>それと、少子化は現代日本では、本質的にたいした問題ではありません。税収が減ることで既得権益のパイが減るのを恐れた、指示かが騒いでいるだけの話です。

私に年金を貢いでくれる世代がいなくなると困るんですが・・・

投稿: | 2006.09.27 22:34

>>> オウム
>>破防法を適用して解散すべきだったと思いますね。

>破防法が適用されても、彼らは地下に潜るだけで、カルトとしての閉鎖性はもっと拗れたと思いますよ。

某九課の部長もいっていたなあ「信義より効果だ」と・・・・って、地下にもぐったら
もぐったで対処すればいいだけの話じゃないですか。処理もしやすいし。。。。
日本の公安にそれだけの力量がないだけか。事前に奴等の危険性も察知できんかったし。

投稿: スサノオ | 2006.09.27 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/12044454

この記事へのトラックバック一覧です: 鬱になる事件:

« メガテン@佐藤穴 | トップページ | 命の軽重 »