« 取材を忘れたメディア | トップページ | 今度こそ防大へ! »

2006.09.06

王様と乞食

 天皇家に待望の男子誕生だそうで、目出度いことですね。跡取り問題は、どうせ浩宮の次なんだから、あの人は私なんかより長生きするんだろうから、俺が死んだ後に決めてくれ、という感じですね。今決める必要が無くなったというだけでも結構なことですよ。

※ 機関砲誤発射:撃ち尽くしたと勘違いか 総監部が謝罪
http://www.mainichi-msn.co.jp/photo/news/20060906k0000m040178000c.html

 発砲事故があってから通報まで時間が掛かっているのは良くないですね。これは幹部の処分が必要なことです。

※ 田中県政時代の治安対策「不十分だった」
http://megalodon.jp/?url=http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news004.htm&date=20060906053619

 異例な発言ですけど、この人口辺り長野が一番治安経費が低い、という数字はちょっと誤解を招くと思う。というのは、都会では桁違いに犯罪が多いわけで、捜査本部を立ち上げるような凶悪事件なんて滅多に無い地方と、単純に人口比で比較するのは無意味でしょう。つか、そういうこと言うんだったら、県知事の犯罪という、巨悪にまず立ち向かってから言えよ、と思いますよね。

※ 後藤田政務官、抗議の辞意 貸金業法改正案に反対
http://www.asahi.com/business/update/0906/004.html

 威勢がいいのは良いんだけど、国民のほとんどがこの問題に無関心だというのが困りものですよね。マスゴミは、サラ金? 貧乏人の懐なんて知りゃしねえよ、それよか今夜サラ金のCM流せんのか? 俺たち、多重債務者が量産されないと、ボーナス増えないんだしぃ、という態度だし。

*消費者金融:生命保険での債権回収、1割は自殺
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060906k0000m040156000c.html

 考えて見ると凄いですよね。テレビ局社員のサラリーは、庶民の犠牲で血塗られているんですね。今年は私もそのお零れに預かったわけですが。

※ 市議が酒気帯び運転、乗用車横転し軽傷…栃木・小山
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060905i216.htm

 昨日、報ステで、福岡市で始まった夜間の飲酒運転取締を現場から生でレポートしていたんですけれど、あれ見ながら思ったんですけれど、一般企業、一部上場企業等の社員で、酒酔い運転で新聞沙汰になるケースって、そんなに多くないんですよね。それは上場企業のほとんどが、車が無くても酒を飲める都市部にある、地方には少ないということもあるんだろうけれど、やっぱりそれだけ飲酒教育が職場で徹底されていることだと思うんですよ。対して公務員関係がどうしてもルーズに見えてしまう。
 これはもう、地方自治体、国機関の内規として、全国一斉に、飲酒運転が発覚したら懲戒免職、ということにすべきだと思う。
 もう一点は、とは言っても地方は車社会だから、車を使うなというのも辛い。そこで、レストランや飲屋街の駐車場を、夕方以降はクローズするんですよ。あるいは、キーをレジで預かる法律を作って、アルコール検査した後で無ければ、キーは戻せないという法律を作れば良い。うっかり飲んでしまったら、代行ですからね、という姿勢を法律面でバックアップする。

※ 海外でひんしゅくを買う韓国人ビジネスマン
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2408375/detail?rd

 田舎もんはやっちゃうんだよね。うちの婆さんみたいなこと。でも海外へ出て行くようなインテリ階層がそんなことしちゃ駄目だと思う。

※ ネットに於ける非対称戦

 私が小田嶋先生のブログでコメントを付けるたびに、ちゃねら~と思しき連中が待ってましたとばかりに涌いてくるんだが、いい加減にしろよ。挙げ句に釣れた、なんて自分の行為の卑しさを、そんなみっともない誤魔化しで免罪すな。見るからに屑人間のやることだぞ。そんな屑な奴らが、私のブログを毎日読んでいるんだもん。本当に嫌になりますね。

 最近、私はブログへの情熱を喪失しつつありまして、理由は、田中失脚という形で、ここ6年間の作業の結果をひとつ出したということで、達成感を得られた。現状でも、日毎で読者が増えていき、コメント欄もそれなりに読まれているわけですが、当然客が増えれば、客のレベルを問えなくなる。
 昨日の、赤ちゃんの手術に関して言えば、そりゃまあ助かるにこしたことは無いわけですよ。それは大前提。でも自分がそういう立場になったら、私は迷うでしょう。将来成長して人並みなクオリティ・オブ・ライフを得られる保証が無いから。ただこういうケースでは、実際には親があれこれ判断する余裕無く、医療側の判断でとんとん拍子に話は進むんですよね。私は、これまでもずっとそういうアプローチで、人間の生命に関して書いてきたわけですね。尊厳死の話もそうだし。ただ、そういうエクスキューズを書かなければ、話が通じない人々がいて、あんたは自分の子供でも……、という突っかかりをしてくる人々が一定数必ずいる。
 読み手が増えるにつれ、エクスキューズをしなきゃならない、あるいはエクスキューズを与えてもなお、話が通じない人々というのは、一定数必ず残るんですね。万人を説得するのはナンセンスだし、そもそもが予定調和で書いているわけでなしで、普段ならしょうがねぇな……、で済むけど、忙しくなると、ちょっとうざったくなる。

 でも言論人は逃げちゃならんわけです。反論や批判を受けて立たなければならない。しかしその体力も無限じゃない。何より、ネットの現状というのが、明らかに私が夢見ていた状況と違ってきている。冷戦に勝利して、やっとみんなで平和を謳歌出来る時代が来ると思ったら、いつの間にか非対称戦が始まっていた。そこでは、ブログともSNSとも無縁な貧者が、2ちゃんねるという、まさしくアルカイダみたいな組織力を持つ無責任な空間でテロ行為に走って悦に入っている。2ちゃんねるとアルカイダって、極似していると思う。あるいはネット界に於ける貧者の核兵器とも言える。

 そういうネット状況が当たり前になった中で、われわれみたいなある種の公人が事実上の実名で活動し続けるというのは、もの凄くリスキーなわけです。それはもう芸能人が裸で商店街を歩いているようなものですから。サインを求めてくる人間ばかりじゃないわけです。それを望んでいるわけでもないけど。
 ブログとSNSが流行ったここ数年で言うと、2ちゃんねるというネットの最下層、最貧民集団と付き合わねばならないという難題が出てきた。彼らは常に正規軍の背後に回り、火を点けて炎上させようと狙っている。もちろん私はプロですから、迎撃するだけの話ですが。

 オーマイニュースがちゃねら~のオモチャになった原因の一つに、鳥越さんが煽ったからだという話がありますよね。
ごみ溜めと言われれば不愉快に思うでしょう。僕は、実はインタビューのとき、たしか『一部の』と言ったつもりなんだけどね、(記事では)2ちゃんねる全体が全部ごみ溜めみたいになって」鳥越弁

 この人は、2ちゃんねるをして、「ゴミ溜だ」と喝破する度胸すらない。「一部」のなんて情けないエクスキューズを付けなきゃ2ちゃんねる批判も出来ない連中が、こんな大げさなことをやっている、と情けなかったですよ。2ちゃんねるにも良スレは一杯あるだろうけどさ、それ2ちゃんねるでなくたって成立するでしょう。
 社会が成熟してくると、家族や親戚間で解決していた問題を「社会化」して抱え込まなければならない。厄介者だからという理由でガス室へは送れないわけです。
 インターネットが流行って、ネットの社会化が進んだ結果、ネット乞食としか言いようのない連中が、2ちゃんねるというゴミ溜に取り残された。新しもの好きだった初期の2ちゃんねら~は、まずブログを興し、今ではSNSへと殺到している。結果として、就職活動というか就労にすら無縁な乞食が行き場所を失った。公園を追い出され、駅を追い出され、でも2ちゃんねるがあったわけだ。2ちゃねるはいつも彼らネット乞食を暖かく抱擁してくれる。そして、彼らは、自分の乞食度を公園の外に出てきて、街中でアピールするわけです。
 自己に「俺は生きていて良いんだ」と認証を与えるため、あるいは儀式として。われわれ公人がターゲットにされ、あるいは炎上ブログとしてのターゲットにされる。反撃は可能だけれど、われわれはルールに則ろうとするから、場所を選ぶしかない。でもこの連中は、貧者のテロですから、場所を選ばない。イラクの米軍と一緒でコストばかり掛かって、結果を得られないわけですよ。

 学校に於いて問題生徒への対処に忙殺される教師、社会福祉に莫大なリソースを注ぎ込まなければならない行政。この両者は、それが義務だから致し方ない。ただ、個人である私に、ネット上の一部の、プライドも何も無い貧民相手に不愉快な思いをしてコストを割かねばならない義務は無いわけです。田中追放という目的は一つ果たした。憂国なスタンスは、自分の主張が霞むほど過激な連中がネット上に跋扈している。何か自分は、この後もこの連中の相手をしなきゃならん義理があるんだろうかと、疑問に思う瞬間がある。
 ブログひとつ開設する度胸のない言論人と称する人々をヘタレだとは思う一方で、ああいう快適なネット生活には憧れますよね。何しろバカの相手しなくて済むんですから。
 SNSには興味はないけれど、ブログは止めてメルマガへ完全移行しようかともちょっと考えている所なのですが。メルマガ読者が利用出来るBBSを別途用意する形で。

* 今、多忙モードでして、来週一杯日記の分量をセーブします(と言いつつ普段と変わらぬ分量を書いている(~_~;))。パソコンに一日15、6時間向かっていると、ついだらだらブログのネタを探して書いてしまうんですが、何かセーブする良い方法は無いですかね。日記の分量を抑制する方法。さるさる日記は、あれはあれで合理的ですよね。毎日欠かさず書ける分量を絶妙な分量で制限している。

※ メルマガおまけ ハンダ作業

|

« 取材を忘れたメディア | トップページ | 今度こそ防大へ! »

コメント

>消費者金融:生命保険での債権回収、1割は自殺

先生もご存じかと思いますが、住宅ローンを銀行で組むと、必ず「団体生命保険」に加入することになります。
別に「住宅ローンが支払えなくなったら自殺して、保険金で支払ってください」という意味ではなく、支払う側に万が一のことがあった場合、ご家族に負担をかけないという意味ですが…

しかし、ご主人名義でローンを組んでいる場合、ご主人が亡くなれば、住宅ローンの残金はチャラ。そして、ご家族には家と土地が残ります。実際、失業して、本気で自殺を考えた人もいるようです。

だから、住宅購入は、ある意味、「命がけだね」と言っている友人がおりました。ある意味、当たっているかもしれません。

投稿: 成田の近くの住人 | 2006.09.06 10:34

>ひどい時は自分のコメントを含めてディスカッションのチェーンをばっさり削除、「何もなかったこと」になってしまう。<

 小田嶋さんのブログで、こういうことを書いている奴がいるんだが、私は全く記憶に無い。
 そのチェーンをばっさり、という作業を、このブログ上で行わなければならないようなフレームが発生した記憶も無いんですけれど、どなたか、ご記憶の方はいらっしゃいます?

投稿: 大石 | 2006.09.06 12:00

>さるさる日記は、あれはあれで合理的ですよね。
お、さるさるデビューもいいんじゃないですか。
毎日5000カウントならデビュー即ベスト10入りが期待できますよ。
かっちゃん日記を凌ぐのは厳しいけど。

投稿: | 2006.09.06 12:04

>パソコンに一日15、6時間向かっていると、ついだらだらブログのネタを探して書いてしまう

毎日、8時間労働+8時間残業の計算になるから、これを全て執筆へまわしたとして。。。(う~ん)。。。では、マクドナルドでアルバイトしたと考えた場合。。。365日16時間労働してるってことになるぅ。良い仕事をするためにもストレス要因は可能な限り排除するのが望ましい。

今のブログは睡眠の妨げにならない程度にボリューム・ダウン&新しい時代に即した形態への変革が求められている訳ですね?

投稿: 言い台湾! | 2006.09.06 12:40

> ひどい時は自分のコメントを含めてディスカッションのチェーンをばっさり削除、「何もなかったこと」になってしまう。

私の記憶にはありません。
といっても、ここ数ヶ月程度しか存じませんが。
サーバ自体の不具合で表示できなかったり書き込めなかったりということは何度かあったように記憶します。

コメント欄の対応はどこも悩みの種だと思います。
罵倒や誹謗中傷があると、ブログの雰囲気を著しく損ねてしまいますから。
大石先生の文章が分かり易いことも関係しているのかも知れません。
難しい話題について分かり易く書けることは、それ自体素晴らしい才能だと思いますが。

投稿: 気勢ごっこ | 2006.09.06 13:13

ここが変だよ康夫ちゃんのころから拝読していますが、コメントをごっそり削除とかなかったと思いますが。
もちろん、私の記憶間違いもあるでしょうが(^^;)
メルマガ読者としては、すべてメルマガに移行するのは大賛成。

投稿: nov | 2006.09.06 13:47

> ひどい時は自分のコメントを含めてディスカッションのチェーンをばっさり削除、「何もなかったこと」になってしまう。

ココログのトラブルが頻繁だった頃に、一度だけ何件かあったコメントが0にリセットされてたのを見た気がするのですが・・・

※記憶違いでしたらすいません。

投稿: ラプ | 2006.09.06 13:48

>メルマガへ完全移行

それでも良いですけど、HTML版だとテキストメールとは異なってフォントや色違いで強調された部分が楽しくもあり、それが無くなるのはちとさびしい気もします。

投稿: MURA | 2006.09.06 14:10

>メルマガへ完全移行

もし賛成か反対かと問われればですねぇ・・・「各論反対の総論賛成」ですか。っはい。
ただ、既に公開版については「筋」(スジ)を通したと思います。だから「総括」するで良いのでは。

スターウォーズのジョージ・ルーカス曰く「正しく怒りなさい」と子供に教えているそうです。(←スジを通せと、私は解釈しています)

投稿: 言い台湾! | 2006.09.06 15:40

一部上場企業の場合「飲酒で何かあったら、この職を失う」っていう恐怖がまずあるような……。

投稿: いーの | 2006.09.06 19:02

>機関砲誤発射
 かなりの確率で総監が詰め腹切らされますね。以前、舞鶴でCIWSの誤射があった時、海幕長確実と言われていた当時の総監、詰め腹切らされてますから。で、その余波で海自の人事、かなり番狂わせになったそうです。

 全く関係ない話ですが、以前ココに書いた劇場版EVA4部作の話、確定しました。週末発売の雑誌に載ります。

投稿: 名無し二等空士 | 2006.09.06 19:58

自動車関係の会社ですが、昔を聞くと黙認に近かった時期もあったようです。このへんは厳罰化やコンプライアンスが問われるようになり、会社側も遠慮なくクビにしてくるようになったのが大きいと思います。
個人的には車でメシ食ってる人間として飲酒運転なんてみっともない、恥晒しな行為ができるかと思ってますが。

投稿: P | 2006.09.06 20:25

 さぁ、サヨクの皆さん、祭の季節です。反天皇制運動を継続する理由を与えて下さった紀子さまと親王殿下に感謝し、朝日新聞と週刊金曜日以外、誰も相手にしない自慰行為を繰り広げるがいい!アーレ・キュイジーン!!

投稿: 土門見人 | 2006.09.06 21:38

オーケー!分った おニイちゃん!!・・・ってアレ?

投稿: 言い台湾! | 2006.09.06 22:12

>後藤田政務官、抗議のマスターベーション
一見かっこよく見えるが、上限20%に規制するのは現実的でない。金融庁が主導する特例で50万以内、一年未満返済に限って28%という案も変。こんな返済ができうる人はサラ金の客じゃない。小泉内閣になってから保険業と消費者金融業への厳格なルールの適用が多くなった。サラ金は親や配偶者などへ第三者請求をやってきたし、本人確認のみで給与明細や納税納付証などチェックしない安易な貸し付けもおこなってきた。新たなルールをつくるより、行政がその気になれば営業停止など業者を締め付けられる。多重債務者は毎月利息だけ払ってエンドレスに業者を儲けさせている。弁護士に依頼すれば30万もかからないんじゃないか。破産せずとも気の遠くなるような長期払いにしてくれるから。

投稿: 銀斜里 | 2006.09.06 22:24

コメント禁止,トラックバックのみ許可に1票。
メルマガのみは著作の宣伝効果を考えるといい手ではないと思います。

投稿: | 2006.09.06 23:18

多くの人が感じる兄弟の確執についてマスゴミは書きませんな。私も書きませんが(-_-;)

非対称戦・・・
目的達成オメです。
でもブログが読めなくなるのは寂しいなぁ。
タダ読み組は1週間遅れでコメント不可ってのはどうでしょう(^_^;)
メルマガ組が大石さんからコメントへのレスを貰ったりして楽しく過ごした結果を1週間後にコメントも出来ずに読むわびしさ!
メルマガ読者が増える事間違いなし(^o^)丿
そんな事になったらまず私が購読するかも(^_^;)
おひおひ。

2ちゃんねる・・・
2ちゃんねらーは大石さんにこんな風にメチャクチャ書かれてもあまり怒らないと思うんですよ。
結局、同じネット住民だしケンカ仲間だし(^_^;)
でも鳥越とか筑紫の様な、マスゴミという既得権益にふんぞり返ったネットとは無縁の「権威」が言うと、ものすごく反感を抱く訳です。
そこに「情報は選ばれた者のみが発信すべき」という思想・信念が露骨に現れてるから。

関係ないけど日経エンタの小松左京と飯島愛の対談には驚いた。小説家だった頃の小松さんとAV女優だった頃の愛ちんのファンだった私には眩暈がする紙面でした。まさにSFだぁ~!時空が混乱してるんじゃないかと思いました。

投稿: 元川崎市民 | 2006.09.06 23:28

元川崎市民さんもメール購読者じゃなかったのか……
コメント全廃にするなら、メール購読者も含めてに一票。
常連固定ハンドルさんにも読みたくないような人はたくさん居ますから。

投稿: 最初からの購読者 | 2006.09.07 01:07

>冷戦に勝利して、やっとみんなで平和を謳歌出来る時代が来ると思ったら

インターネット自体が論戦のために作られたようなものですし、平和なんて来るのかな…。

2ちゃんねらは、生態系を支える細菌や微生物のようなもので、それを利用してブログやSNSという生物が生きているような気がする。

投稿: | 2006.09.07 01:58

>メルマガへの移行
確かに不特定多数との非対称戦で、かつ
敵の数はほぼ無制限、名無しで復活可能ですので
著名人がマトモに主張すればするほど、
中国参戦朝鮮戦争の米軍以上に厳しい状況だと
思います。

その時は、まぐまぐ 以外の選択肢も是非
ご検討を御願いします。
(ネットキャッシュや、Eddyなど) 
 まぐまぐは、相性が悪いのか、どうも登録が
上手く行かないもので。
NiftyのIDがあるので、こちらに課金と
いう方法があれば、それでも良いのですが。


投稿: 外資社員 | 2006.09.07 02:19

ブログもメルマガも閉じましょうよ。
課金も悩まず、普通に論壇誌に書いて、収入を得てください。文句は京橋なりに凸電で、それをおかずに大手町がご飯を食べる。

投稿: pongchang | 2006.09.07 06:24

>住宅ローンを銀行で組むと、必ず「団体生命保険」に加入することになります。

金融公庫で借りても入らされました。
世帯主の夫と専業主婦の妻、そして子供、という家庭が一般的だった頃に、
夫が急死して家族の収入が途絶えても、家だけは残りますよ、ローンも完済されますよ、ご主人、安心してください、というシステムだったと思います。
貸す方としても、リスクが回避できますし。
全く資産のない普通の人に、その労働だけを頼りに何千万というお金を貸すのですから、ある意味当然。貸す方も命がけだと思います。
もっとも、住宅ローンは回収率が抜群によく「堅い」商売だという話も聞いたことがありますが。

2ちゃんねるって、知ってる人は知ってるけど、いまだに知らない人は多いです。
2ちゃんねるの住人が思ってるほど、世間で認知度も影響力も高くないと思います。
マスコミ(特に朝日?)はかなり気にしてるみたいですが、
それはマスコミ自体が「マス」を見失っているからではないでしょうか。
政治が狭い「永田村」の中でばかり行われている、といわれるのと同じように、
マスコミも最近、自分達の声の届く範囲でばかり発信・受信を繰り返してる感じがします。

投稿: 金魚草 | 2006.09.07 08:37

2chの情報を活用して、プライベートや仕事に役立てている私からすると、いかに情報をフィルタリングできて、なおかつウラを取る努力、つまり情報収集力のスキルがあるかを問われる場なんだと思うなぁ。
スキルの低い人はカスしか拾えない。
ネットにアクセスできれば、情報強者などとは思わないほうがいいですね。

投稿: | 2006.09.07 12:47

℃-uteデビューに関して犯罪だろ犯罪という記述がありますが、何を持って犯罪だといわれるのですか?存在その物が犯罪だとおっしゃるのなら極めて遺憾に思います。
当方としては大事にするつもりはありませんが削除ないし、真意を表明していただかない場合、2ちゃんねる有志で抗議することとなりますのでご忠告申し上げます。

投稿: 名無し募集中。。。 | 2006.09.12 22:31

なお、以前元産経新聞社編集長のブログでモーニング娘。を安易に批判した発言を載せたところ抗議が殺到し、ブログ管理人が謝罪をした事案などもございます。
言論の自由を盾に何でもかんでも言えばいいという考えでは通用しません。

投稿: 名無し募集中。。。 | 2006.09.12 22:35

>当方としては大事にするつもりはありませんが削除ないし、真意を表明していただかない場合、

 君らの怖さは良く知っている。いやその元産経記者のブログを炎上させた実績ではなく、その彼女らのイベントのビデオをようつうべで見て、この連中(ファン)はただ者では無いと実感した。
 場所がブログだろうが何だろうが、そういう集団から付け狙われて無事で済むはずもない。あれは正直妖気だと思う。俺は彼女らに近くにいてほしく無い。全てを投げ捨てて何かしでかしそうだから。それを率直に表現したまでだ。
 ファンの気分を害したのであれば、文章を削除して率直に謝罪しよう。
 それはともかく、暗に炎上させてやるぞと脅すのは、ファンとして正しいあり方だとは思えないのだが。他人に良識を問うのであれば、君たちも良識を持ちたまえ。産経元記者のブログを炎上させたのは、あれはファンの勲章とは言えない。

投稿: 大石 | 2006.09.12 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/11781731

この記事へのトラックバック一覧です: 王様と乞食:

» お世継ぎのご生誕(今更?)。 [僕らの流儀]
乙武さんのblogが炎上していたそうです。 [続きを読む]

受信: 2006.09.10 01:08

« 取材を忘れたメディア | トップページ | 今度こそ防大へ! »