« 塀の上と向こう側 | トップページ | 素人選挙 »

2006.12.15

Odious Debt

※ 関税法の罰則強化を答申 北朝鮮制裁を視野 外為審
http://www.asahi.com/national/update/1214/TKY200612140344.html

 今週発売の週刊ダイ_ヤモンドが「自動_車依存シンドローム」という面白い特集を組んでいまして、私はまた車社会依存批判かと思って買ったら、自動_車産業にどっぷりと浸かる地方のレポートだった。これはこれでなかなか面白い特集なのですが、中に面白い記事があって、経産省研究所の小林慶一郎氏が、北の体制を揺さぶる方法として、「体制崩壊後の債_務免除」を国際社会で合意させるのはどうか? と書いている。
 これは、Odious Debt 「不当債_務」という米国の考え方を元にしていて、独裁者が人民の犠牲のもとに外国から勝手に借_金した場合、その後に出来る民主的政府は「不当債_務」として返済を拒否することが出来る、という考え方らしい。
 これがなぜ北朝鮮の制裁に効果を発揮するかと言えば、債_務不履行を恐れて、今こっそり北と取引している連中も、徐々に北との取引を縮小するだろう。貿易制裁より効果を期待出来るかも知れない、ということです。

※ そのまんま東氏が立候補表明 出直し宮崎知事選
http://www.asahi.com/politics/update/1214/008.html

  この人、案の定「宮崎のセールスマン」とか言い出した。田中康夫が散々それを言いましたよね。田中康夫の劣化コピーを目指すのでしょうか、彼は。
 政治的な経験の無さをあれこれ言う気はないけれど、田中康夫と共通する部分は、彼は組織を動かしたことは無いんですよね。厳密な意味での組織にそこそこの期間身を置いたこともない。そこも実は田中と同じです。
 ただ、田中と決定的に違う所がある。田中康夫は、曲がりなりにも、物書きとして、常に政治的発言を行ってきたし、彼なりのライフスタイルも提唱していた。その善し悪しは別として。田中はそこに至るまでに、自分の政治信条や人生哲学を説いてきた。選挙になれば、自分の本を配れば、その人となりは多少は判断できたわけです。所が、そのまんま東氏には無い。もちろん、過去に漫才氏他、興行界から政界に出た人はいる。所が、知事職という形で政界に出たのは誰か? それは横山ノックであり、青島幸男しかいないわけです。この二人が有権者に何をもたらしたかは、みんな知っての通り。

 保守がまた分裂選挙になるようなら、彼が独走するんでしょう。保守との一騎打ちになっても、有権者がタレントに弱いことは、日本全国、都会でも地方でも証明されていますから、当選するんでしょうね。宮崎県民には、お気の毒ですとしか言いようがないけれど。宮崎に限らず、今地方の首長に求められているのは、セールスマン的タレ_ント性ではなく、管財人としての覚悟ですよ。

※ ナイフ違法所持疑いの小学教諭を書類送検
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news005.htm

 ばかばかしい! 法の運用に合理性が無い。だいたいナイフマニアなら、何処がボーダーになるか知っているだろうけれど、こういう人々って、売っているからには合法なんだろう、と勘違いしてしまうんですよね。こんな下らんことで検挙率を稼ぐんなら、警察は大事件に備えて寝てて欲しい。

※ 「ベルギー北部が独立」 公共放送が架空ニュース
http://www.asahi.com/international/update/1214/020.html

 こらかの国では洒落にならんでしょう。これがただのジョークで済むなら、次は、じゃあ「南部はフランスに併合されましたから」という話も出てくる。ベルギー人が一番恐れているのは、自分たちが南北に割れて国家喪失することですからね。

※ 両陛下、イラク派遣の自衛隊員ねぎらう
http://www.asahi.com/national/update/1214/TKY200612140273.html

 いい話なんだが、こういう写真って滅多に表には出ないんですよね。宮内庁もこの辺りことは、口を酸っぱく防衛庁に念押しするから。

※ 男児ベンチ転落死、原告逆転敗訴…母親に危険回避義務
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061214i212.htm

 これは妥当な判決でしょう。親の注意義務は無限なのですから。

※ 太平洋のマグロ:50年間で6割以上減る
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/env/news/20061215k0000m040148000c.html

 捕鯨で痛い眼に遭いながら、学習効果が出なかったということですよね。

※ メル マガおまけ MI3

|

« 塀の上と向こう側 | トップページ | 素人選挙 »

コメント

>マグロ
「50年以降に漁業が実施されなかったと仮定した場合に比べると、」
という仮定で6割減、と言われてもどの程度深刻なのかよくわかりません。単純に当時の推定に対して現在は・・・・と報告すると深刻な数値にならないのかしら・・・などと勘ぐってしまいます。
できれば50年当時の漁獲量、とか、その後75年当時の漁獲量を維持した、とかの仮定での推定が知りたいですね。

投稿: あま@初投稿 | 2006.12.15 12:05

>マグロ
最近は中国でも消費量が増加しているし、もっと減ると思うな。業者の市場シフト程度じゃ補いきれないから。

一つ不思議に思うのは、保護しようとする方々は、マグロがどれだけの餌を口にしているか知っているのかという事。餌が増えなきゃ数は維持できないと思うのだが。

投稿: たま@青島 | 2006.12.15 16:35

>「ベルギー北部が独立」 公共放送が架空ニュース
Wikiのベルギーの項目を見ると、言語で見事南北分かれていますね。
政党すらフラマン系とワロン系で2つずつあるなんて。
ベルギーの人がEU統合に熱心なのは、EUの枠組みのなかでベルギー王国を解体してフランデレン地域とワロン地域が喧嘩別れせずに分離するためなんじゃないかと勘ぐりたくなる。

投稿: | 2006.12.15 16:44

> ところが、そのまんま東氏には無
> い。もちろん、過去に漫才師ほか、
> 興行界から政界に出た人はいる。
> ところが、知事職という形で政界
> に出たのは誰か? それは横山ノ
> ックであり、青島幸男しかいなわ
> けです。

アーノルド・シュワルツネッガーは俳優からカリフォルニア州知事に転身した。青島幸男、横山ノックは、一応参議院議員を経て知事になった。また、そのまんま東にも著書はあり、特に『ゆっくり歩け、空を見ろ』『芸人学生 僕が学びつづける理由』なんぞは名著だと思うが。

投稿: オルフ | 2006.12.15 18:51

>そのまんま
一回ぐらい市議をするとか、ステップ踏んでくださればと思います。参議院を経たように。もっとも、県知事選は前哨戦で、惜しくも破れ、参議院宮崎県選挙区というのが狙い目とは思います。

>自動車
自動車に限らず、タカリ体質には困ったものです。昔でいえば、ダイエーにプリンスホテル、今で言えばイオン?トヨタもその延長線上。
産交や宮交だって、地元独裁に胡坐をかいたといえ、絞め殺された。
税負担に全部切り替えて透明性を高め、口利きやタカリを無くすのが大切と思います。

>自衛隊員ねぎらう
よい話です。

投稿: pongchang | 2006.12.15 19:52

>マグロ

どうやら地球温暖化の影響で海流の流れ方が以前と比較してかなり変化しているようだから獲れる場所も変わっているのかも。

>北朝鮮

経済制裁自体あまり有効な手段とは思えないのは何故だろう。
あの国の人達は駆け引きが非常に巧いようで、小国主義外交(?)の底力を発揮させるだけなのでは。

>そのまんま

これだけは票を投じる人間次第だから他の県に住む人間にはなんとも言えんですよ。しかし、実務を何も知らん、というのはさすがに。

シュワ知事の場合はハリウッド映画があるから知名度や実力(?)からして自ずと差が。

投稿: Ouch! | 2006.12.15 20:57

>ベルギー北部が独立
 この架空ニュース見て、パニック起こして車で逃げ出した人もいた様ですね。それにしても、寝た子を起こすような事しちゃって。
 
 似た様な事、日本でやったらどうなるか? 「埼玉独立」ってテロップがテレビで流れたら…… 私は腹抱えて大笑いですね(笑

投稿: 名無し二等空士 | 2006.12.15 21:17

>ベルギー人が一番恐れているのは、自分たちが南北に割れて国家喪失することですからね。

 それはあんまり心配してないのでは?
 もとともオランダから独立する為にドイツ貴族(イギリスに帰化していたけれど)をひっぱってきて
「オランダ御中、毎々お世話になっております。こんどベルギー王国として独立することになりましたのでよろしく」
とという経緯で建国したぐらいですから、分離してもオーストリア=ハンガリー二重帝国みたいな感じになるだけだと思いますが。

投稿: | 2006.12.15 21:36

※ そのまんま東氏が立候補表明 出直し宮崎知事選

とりあえず、今回は安心していいかな・・・。
http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_12/g2006121502.html

投稿: 禿鷲 | 2006.12.15 21:39

>餌が増えなきゃ数は維持できないと思うのだが。

 餌が十分あるから、捕獲して漁業として成り立っていくだけの個体数が生存しているのが現状では?
 
 ニューファンドラント沖合に多数生息していたタラも19世紀に乱獲で激減してから回復していないし。
 タラはイギリス名物のフィッシュ&チップスの原料として大量消費されました。

投稿: | 2006.12.15 22:00

>これは妥当な判決でしょう。親の注意義務は無限なのですから。
あの椅子、背中がないから大人でもひっくりかえりそうなんですよね。
弁護士の戦略ミスじゃないかなあ。

投稿: | 2006.12.15 22:28

>原告逆転敗訴

こういうのって、地裁が原告側に期待させるような判決を出すのが、いかんと思う。
そもそも1才以下の乳幼児は、公園でこけて縁石の角で頭を打って死ぬこともあり得る。
非情に聞こえるかもしれないけど、そういう運命だと思う。

投稿: nao_c/w | 2006.12.15 23:14

>皇居宮殿

うちの親玉さんが、その場で陛下に謁見してました。
陛下とお話ししてきたそうです。

いっそ、観艦式にいらっしゃいませんか、陛下?(笑)

投稿: あねご | 2006.12.15 23:57

>そのまんま東
地元マスコミより、在京マスコミを優先するあたり、まさに田中康夫の劣化コピーですね。ま、今回は彼の出る幕はないでしょう。

投稿: ya-mana | 2006.12.15 23:58

シュワ氏は奥さんがケネディー家の人で、知事になるずっと以前から教育問題などに積極的に関わったり、力のある人たちを周りに集めたり、と野心も努力もそれなりにある人です。自分が生まれたときからのアメリカ国民でない事を、却って移民問題においての自分のアピールポイントにしてしまうしたたかさもありますし(やはり諸刃の剣になってますけど)。ノックさんや青島さん、その他のタレント議員の事は詳しくは知りませんが、オルフさんが挙げられる例としては不適切なような。

>まぐろ
日本には、地味とはいえ水産大学や水産学部がいくつもあるのですから、
海洋資源の保全は日本にリードして欲しいものだと常々思っています。まあ、保全生態学は欧米の方が盛んなのでしょうが、せめて重要な研究には国を問わず助成金を出す等の意識の高さを見せてくれたら。
アメリカでは近年、サプリメントとしての魚油や、健康的な食生活における魚の重要性が見直されて来ていますから、消費が益々増える事でしょう。資源の取り合いになったら、日本は叩かれまくるでしょうね。ロシアとの揉め事を省みると、日本の水産行政がどうなっているのだか不安です。

投稿: くど | 2006.12.16 01:51

先生の12.15のエントリに全く関係ない話題で恐縮ですが、本日(12.16)の日経朝刊の1面コラムに、青森で、郊外の住宅を取り壊して、シャッター街になった駅前市街地へ移住させ、街を活性化させることに成功した「コンパクトシティ政策」の記事が載っています。先生が主張される「コミュニティを畳む」ことの良い参考例になるのではないかと思います。

一方で、安倍内閣は「頑張る地域の応援は安倍内閣の目標」と唱えているようですが、少子高齢化、過疎化で後継者も確保できない地域におカネをバラ撒くのは、やめて欲しいと思います。

投稿: まーねこ | 2006.12.16 06:23

>ベンチ転落死
ベンチに背もたれが無いから動物園側に過失があるなどと争ったのが敗因ですね。
動物園側の過失は「植木の剪定に問題があって切り口が鋭利になっていた」ことでしょう。
高所からの転落事故で植木がクッションになって助かったという話はあっても、低所の転落で植木が刺さって死んだというケースはほとんど無い。
遺族側弁護士の怠慢ですね。

投稿: kon | 2006.12.17 03:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/13074778

この記事へのトラックバック一覧です: Odious Debt:

» そのまんま東 政界進出 [傷心してしまう社会の現状]
芸能人と政界とは、それほど近い位置にあるものでしょうか。人気があるから、当選するとかそんな感じ [続きを読む]

受信: 2006.12.15 10:55

» YouTube動画そのまんま東宮崎県知事選に出馬で000 [YouTube動画芸能界の000]
そのまんま東というと、過去に暴行事件や淫行、浮気といったダーティなイメージがあるんだけど、本人はどう思って出馬の決心をしたんだろう。 [続きを読む]

受信: 2006.12.15 17:45

» ミッション・インポッシブル・シリーズ第3弾 [映画の週末 芝居の週日]
ミッション・インポッシブル・シリーズ第3弾の感想 [続きを読む]

受信: 2006.12.16 21:36

« 塀の上と向こう側 | トップページ | 素人選挙 »