« P2Pの将来性 | トップページ | 生活保護の将来像 »

2006.12.20

人類初の冬眠に成功?

※ 六甲山生還:打越さん、焼き肉のたれ「食べられなかった」
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061220k0000m040086000c.html

 これはもう、世界中から研究者が殺到するような途方もない奇跡ですよ。文字通りの奇跡。

「足は動かないが手は動いた。初日に200メートルくらい這って助けを求めた」
「二日目に草原の中にいて気持ちいいと思った」

 こういう証言が記者会見でありましたが、「草原の中にいて気持ちいい」というのは、大事なポイントで、これは酸素不足を人間が自己認識できる最初で最後の段階の、いわゆる「多幸感」現象ですね。恐らくこの時点で、かなり体温が下がり、酸素不足も進行して認識力が低下していたと思える。
 私は、この手のサバイバル関係のニュースは外さない方なのですが、こんな事例は全く記憶にありません。歴史上、死んだ人間が蘇ったというケースのほとんどが、低体温症からの蘇生現象だったのでは、と今では考えられているわけですが、それにしても、この状態で20日間というのは、まず絶対にあり得ないと思っていた。せいぜい一日二日、外気温の変化で蘇る程度で。

 昨日、最初に「冬眠状態に……」と流れて来た時に、うんなもん医者が不用意にそんな言葉を使って良いものか、と思ったけれど、起こったことは、冬眠としか言いようがない。では人間の冬眠と熊のそれを分けるものは何か? と言うと、熊などの野生動物は、冬眠開けに自分で動き回れるだけの体力と生理機能を持っている。でも人間にそれは無いんですよね。だから他人が医療的ケアを施さないと、とても蘇生は出来ない。いったん冬眠に入ったら、あとは死を待つしかない。

 では彼を冬眠に陥らせたものは何か? まず当日は、酷い雨でその中でバーベキューを強行して遭難する。たぶんここで鍵になったのは、アルコールだろうと思います。急激に進行するだろう体温低下をアルコールが緩和して救った。ただ、体温低下を止めるだけのエネルギーは無かったのでそのまま進行し、二日目には早くも昏睡状態に陥る。ただ外気温が戻ったので、一時的に意識が回復した。
 恐らく、彼が昏睡状態に陥った場所も、ただの地べたではなく枯れ葉の上などの、体温保存に適した場所だったのでしょう。この季節の外気温、湿度等も、「冬眠」の演出に貢献した。人間はじっとしていても水分を喪失するわけですが、それを最低限に留めることが出来た。

 最近は、脳機能に纏わる外科手術で、低体温状態でのオペの技術が広まりつつあるし、真冬に、凍結した湖に子供が落ちて心肺停止、数十分後に蘇生という事例は、欧米では珍しくない。子供は、脳に酸素を溜める胎児時代の機能が僅かに残っているから大人より蘇生し易いことも最近解ってきた。

 今回起こったケースが、「昏睡」か「冬眠」かで、専門家の議論が始まるでしょう。恒星間旅行には冬眠の技術確立が不可欠と言われている。私は「冬眠」と言って差し支えないのでは、と思いますが、人類史上、初めての冬眠成功とそこからの生還として、研究に役立てて欲しいですね。「景_気回復まで、4、5年冬眠させて貰うから」、という時代が来るかも知れない。

 それはそれとして、どこから「焼き_肉のたれ」誤報が一人歩きしたのかも検証しないと。

※ 西_川_口の違法風_俗店ほぼ「壊滅」 地元経済は不安募る
http://www.asahi.com/national/update/1219/TKY200612190173.html

 お客さん、風_俗もねぇ、もうP2Pですよ。歌舞_伎町みたいな、ホスティング・コンピュータとか、クライアント・サーバーなんていう時代は終わったとです。これからはP2P。客がこっちの携帯宛に電話掛けてきて、こっちも携帯で女の子を呼び出してお客さんの家へ送迎。無店舗型営業、コストも掛かりません……。
 一時期、西_川_口は真っ当な通行人は歩けないと言われた時代もあって、浄化なんて出来るんだろうかと思っていたけれど。今後は、吉_原みたいな所が、ネットにも無縁な階層向け風_俗として最後まで残るのみでしょうね。世界遺産に登録だ!

※ 安倍首相、質問2問で会見打ち切り
http://www.asahi.com/politics/update/1220/001.html

 単純に記者クラブが舐められているってことじゃないですか。

※ 鉄砲伝来新説に待った! 島民活発に意見交換/種子島
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=1864

 困ったねぇ…‥。漂着船がポルトガル船ではなく中国船だった説は昔からあったように記憶しているんですが。鉄砲を種子島が独占的に入手できていたかと言えば、これもあり得ない話ですよね。そんなことが出来たら、島津はとうに戦国時代を制覇していただろうし、中国やポルトガルだって、「あんただけ!」と日本人を騙しながらあちこちで商売しまくっただろうことも想像に難くない。
 ただ日本での生産となると、かなり産地は限られただろうなとは思いますが。

※ <尼崎脱線報告書>「車内は洗_濯機の中のようだった」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061220-00000017-mai-soci

 この教訓を生かさないとね。電車の中で、つり革も持たずに器用に立っている人を見かけるけれど、これからは全ての乗客の安全のためにつり革を握って下さい、ということになるんでしょうね。

※ テロ対策で液体の持ち込み制限、来春から国際線に拡大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061219-00000011-yom-soci

 いやぁ、これは困った。私の場合、目薬にレンズクリーナーに、ヘア_ムースはどうなの? シャンプーに(そんなもん無い安ホテ_ルばかりだから)、医薬品を上げ始めたらきりがない。だいたいこれ、成田で出国時に香水とかアルコールとか買えなくなるじゃん? それはどうするの?

※ <サソリ>衣料品店のジーソズに混入 女性刺され入院 沖縄
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061219-00000038-mai-soci

  刺された場所がそこで良かったね、というレベルの話にも思えるけれど、どちらかと言えば、商品の確認もせずに陳列した店側の責任にも思えるし、それ本当に大陸で紛れ込んだものなのか? も疑うべきだと思う。

※ <年金一元化合意>共済廃止、10年度厚生年金へ一本化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061219-00000018-mai-pol

 これはもう、「国民年金も含む一元化」なくして、そもそも「一元化」という表現を使うこと自体が詐欺だと思う。

※ さまよい続ける英霊…自衛隊員が語る「硫黄島」
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_12/t2006121916.html

 硫黄島で目撃されているのって、幽霊だけじゃないんですよね。実はUF$#&%)($!$#$'%なんかも……。

※ TBS:放送したトイレ掃_除法 便_器破損の恐れと呼びかけ
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061220k0000m040025000c.html

 普通に考えて駄目だと思うんだが。

※ 「トムとジェリー」のアニメ作家、バーベラ氏死去
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061219i505.htm

 物心ついた頃のアニメと言えばこれだけだった。合掌

* 同_性_愛者登場で休止の子供番組 放送再開、米で論争
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/061219/usa061219002.htm

  いっぽうでこういうニュースもあったりして難儀な時代になりましたね。

※ メル マガおまけ 変な検察官&変わらない自由_が丘

|

« P2Pの将来性 | トップページ | 生活保護の将来像 »

コメント

あの、すごくくだらなくてすみません、「ジーンズ」が「ジーソズ」になってるのは、なぜなんでしょう...不思議...OCRなわけないし、かな入力でも「そ」と「ん」は離れているし、手書き原稿を日本語わからない人が代理入力するわけもないし、と妄想中(笑)

投稿: luxon | 2006.12.20 10:32

ジーソズ・サイトにアフィを張って小銭を得ようと企むサイトからのトラックバック避けまじないです。

投稿: 大石 | 2006.12.20 10:56

勝谷氏の日記が来年から有料になるそうです。
月額875円。
こちらに比べれば随分高いですね。

投稿: えいちゃん | 2006.12.20 11:00

>月額875円
 毎日更新で偶にスクープもあるし、妥当な金額じゃないでしょうか。読者の1/10は契約するだろうことを思うと、月収20万円くらいの稼ぎにはなるのかな。うらやますぃ!

投稿: 大石 | 2006.12.20 11:15

>サソリ混入
中国で検品の仕事をやっていると、工場から送られてくる製品から色々な“異物”が出てきます。

針(ミシン針、縫い針)、洗濯バサミ、セロテープ等の業務上必要であろうと思われるものから、使い捨てライター、食べる前のキャンディー、避妊具が出てきたことも。季節的には夏が多いのですが、“生き物”だって出てきます。

中国系の工場、特に下請けなんかは出荷時の検査なんて殆どやっていないですからね。あきれますよ。

投稿: たま@青島 | 2006.12.20 11:25

>つり革も持たずに・・・
まずは、人数分のつり革を用意して欲しいですよね。
つり革取り付けの一等地は広告に占領されて無理なのは承知で・・・

>サソリ混入
場所が沖縄なだけに、店の近くで繁殖しているなんて事でなければよいのですが。

投稿: Suematsu | 2006.12.20 15:11

>TBS:放送したトイレ掃_除法 便_器破損の恐れと呼びかけ
確かに冷えた便器に熱湯はダメなような気がしますが、
じゃあ陶器でできた食器に熱湯を入れてもなんで割れないんだ、
となってしまいそうですね。
便器は中が空洞になってるから?

投稿: ねんど | 2006.12.20 15:55

>乗客の安全のためにつり革を握って下さい
人間の力では、持ちこたえられないと思うが。

投稿: | 2006.12.20 16:14

勝谷さんの日記、ここと同じで「お気に入り」に入れて毎日読んでいるんですがやはり月875円でクレジットとなるとなかなか購読できないですね。手続きでさえ二の足を踏んでしまう方々が多いんじゃないでしょうか?
月20万本人に入ってもそれ以上のもの(露出度・発言力など)を失ってしまうのではないかと思います。
大石氏にもできればこのままの形で続けていただきたいものです。

投稿: ブログ読者 | 2006.12.20 16:23

アルコールは末梢の血管を拡張させるので、却って体温を低下させてしまうのではなかったかと。体温の下がり方と、下がった後の温度等の条件が、丁度うまいこといったのでしょうね。(お医者様フォローぷりーず。)

投稿: くど | 2006.12.20 16:30

2ちゃんでは、勝谷氏の日記有料化はデジボタカハシ氏が絡んでいるとのこと。
なんか、キナ臭いですねぇ。この話。

投稿: 世田谷区民 | 2006.12.20 17:08

>有料日記
趣味ではなく、もし、運営にかかる幾許かのコストを回収しようと思ったら、
スポンサーを見つけて広告収入を得るか、ユーザに負担してもらうしか方法はない。
要は民放型かNHK型かということだが、金払うんならNHK見ないって人は結構いるだろうね。
で、スポンサーが嫌い或いは付き難い内容(笑)だったら、ユーザ負担の道しかない。ってことだね。

>トイレ破損
食器類との違いは単に熱容量の問題だと思う。
本来焼いて作った陶磁器はシャトルにも使われるように熱自体には強い。
ただ、食器より圧倒的にでかい冷えた便器の1箇所を急激に熱すれば、熱膨張でどうなるかは自明。

投稿: | 2006.12.20 17:22

>奇跡
奇跡的ならわかるが、奇跡なんてない。
奇跡ってのは死人が蘇ったり、誰かが海を2つに割ったりすること。
自然法則、物理法則に反することで、要はオカルトの類。
心肺停止状態の人間が蘇生するのは可能性であって確率の問題。
最近の子供はこのあたりを教わってないらしく、死んだ人間が生き返ると何割かが本気で思っている。
10と20では大差ないが0と1ではルビコン川の対岸くらいの違いがある。
だから、支持率60が40になったってたいしたことはないよ。
もし、0%ならそれこそが奇跡だ。

投稿: | 2006.12.20 17:55

焼き肉のタレの話は、救出直後にお父さんがマスコミに話したことだったと、日テレの朝の番組「スッキリ!!」で言ってましたよ

投稿: nana | 2006.12.20 18:22

山岡俊介さんのところで年間9000円。月額換算で750円。それと比較すると罵倒中心の勝谷のは高い。なかみは罵倒だけだ。

>冬眠の公務員。
見つけた人はネ申だと思うのだが、注目されていませんよね。何かいわくありげな逃亡者とか仙人なんでしょうか。ちなみに活きヒラメ目の輸送なども低温仮死状態でやりますよね。

投稿: 風塵雷塵 | 2006.12.20 18:41

>トイレ掃_除法
最近のトイレは、陶磁器ではなく樹脂製のものもかなりあるのではないでしょうか?熱湯なぞ厳禁に決まってる。でもやっちゃう人はいるんだろうな。

投稿: ya-mana | 2006.12.21 01:15

大石先生の本を買いました。
ガンダムカードビルダーの塊という本なのですが、
それを読むことで、興味を持ちこちらに来ましたが、
ビルダー関連の書き込みが本発行後なくなってしまいました。
楽しみにしていただけに残念です。
ぜひまた書いてください。

投稿: ねこまる | 2006.12.21 04:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人類初の冬眠に成功?:

« P2Pの将来性 | トップページ | 生活保護の将来像 »