« 認知症治療の現在 | トップページ | 人類初の冬眠に成功? »

2006.12.19

P2Pの将来性

 週刊アエラだったかな、ny判決で、ソフト開発が遅れを取るみたいな記者の署名記事があって、ちょっと驚きを覚えつつ読んだのですが、たとえば、足跡を残さずにサイトにアクセスできるツールを開発したんだけども、公開を断念したとか、大学では、P2Pというフレーズに敏感になって、そこに触れるとすぐに大学側の監査が入るとかで、エンジニアが萎縮しているという話なんですよ。
 私が疑問なのは、そもそもネットでの匿名性を向上させるツールが、果たして社会に対して有益か? と言えば、たぶん百害あって一理も無しのような気がするし、P2Pは、使い道はいろいろとあるんだろうけれど、これほどOSが脆弱で、ウイルスやクラックとのいたちごっこが続いている現状で、果たしてP2Pに依拠する技術に未来があるんだろうか? と疑問でならない。
 私は、ビスタがいくら堅牢なOSだろうと、他人に自分のHDDにアクセスさせるようなリスキーなことをするつもりは全く無いし、自分が意図しないファイルをダウンロードして貯め込むのも全く御免です。
 ソフト開発の方向性を考えた時に、そちらもマーケットとして存在するんだろうけれど、将来性という意味では、かなり暗いのではなかろうか? むしろそんな技術にしがみつく方が、間違った方向性なのでは、と思えるのですが。

※ Nスペ「認知症(2)・介護編」”孤立”を防ぐために
▽悩みと情報を共有し家族も施設も楽になる▽なじみの場で笑顔が▽切り札の新サービス負担が激減

 ↓昨日の番組の冒頭で、こういう数字が出てきました。

認知症高齢者の推計
2005年 169万人
2030年 353万人

 こういう話になると、当然、老いは誰も逃れられないし、それが自然の摂理なのだという話は当然出てくるわけです。でも一方で、これもワーキングプアと似ている所があって、たとえば2030年に、353万人の認知症患者が溢れたとしましょう。お巡りさんは、日がな一日徘徊老人の捜索で仕事を終える羽目になる。
 353万人のボケ老人を監視してケアするために、家族がマンパワーを割くことになるわけです。とるなると、問題を単純化すると、ボケ老人一人に付き、一人の家族が介護目的で、生産現場からの離脱を余儀なくされるということですよ。 ボケ老人と、それを支える家族の700万人もが、生産現場から、あるいは消費経済からすら、離脱を余儀なくされるかも知れない。
 姥捨て山を作れない以上、お年寄りがいかに元気に暮らして、家族や社会を煩わせることなくポックリ逝ってくれるか否かというのは、国家存亡に係わる大問題です。
 むしろ日本のように先進国随一の高齢化社会を突っ走る国に於いてこそ、国家プロジェクトとして、「ボケ」の研究に予算を注ぎ込んでも良いくらいです。

※ 加藤紘一氏が「テロルの真犯人」を出版
http://www.asahi.com/national/update/1218/TKY200612180314.html

【靖国神社の「偏りのある歴史観」などが若者に影響を与えていると危惧している。】

 がっかりな発言ですね。いくらチャイナスクールの大ボスとはいえ、ベテラン政治家の発言とも思えない。じゃあ、貴方の歴史観は偏っていないのでしょうか? と問い返したくなる。歴史観なんてものは、百人百様で、それが気にくわない立場の人から見れば、「偏っている」に決まっている。私たちは、その互いに偏っている歴史観で折り合いを付けて隣人と付き合うしか無いわけで、政治家が率先して、誰かの歴史観を「偏っている」なんて言い始めたら、意見の対立を煽るようなことでしか無いと思う。

※ 【深層真相】中央リニアの現実性、事 業費捻出がカギ
http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/061218/sng061218000.htm

 東京-大阪を1時間で結ぶために10兆円が妥当か? といわれれば、疑問な部分はある。東京-福岡なら納得できるかも知れないけれど。ただ金額よりも、こういう超高速鉄道が実用化した暁に、もし大事故でも起こって、千人前後の死者が出たら、それはテロ等で当然起こりうる状況だと思うけれど、空の旅の方が遙かに安全だ、地べたを走る鉄道の今以上の高速化はリスキーだ、ということになるのではなかろうか。

※ パトカーに頭突き 少女を器物損壊容疑で逮捕 神戸
http://www.asahi.com/national/update/1218/OSK200612180014.html

 普通頭突きくらいでは割れないでしょう。たぶんヘアバンドでもしていて、それに突起物が付いていたということではと思っているのですが。

※ 被告を16日間不当拘置、検察官ら5人処分…長崎地検
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061218i205.htm?from=main2
田中素子・次席検事は「検察庁職員として守るべき注意義務を怠った。国民を不当に拘束して信頼を損ね、非常に申し訳ない

 国民を不当に拘束して自白を強いるのは、日本の検察のいつものお家芸だと思いますが?

※ 柔道合宿で熱中症死 中学の顧問らを書類送検 兵庫
http://www.asahi.com/national/update/1218/OSK200612180071.html

 時々、運動部関係の部活顧問で、熱中症に対する認識が皆無な連中がいるんだが、どうしてだろう。こういう部活顧問も国家資格を設けて、救命士の資格取得の義務づけ等もやるべきでは無かろうか。

※ 神戸空港発、新潟などANA2便廃止へ 開港1年待たず
http://www.asahi.com/business/update/1219/045.html

 いくら神戸に鹿児島県出身者が多いと言っても、毎日4便は大げさだと思う。でも、こういうのって、いっつもうちが狙い打ちされるんですよね。スカイマークもそうだったし。

※ 郵便物の「事故」87件 2年半で紛失や遅配が8割
http://www.shinmai.co.jp/news/20061218/KT061214FTI090020000022.htm

 こういう記事を書くときには、過去の数字と比較してどうか? がとても重要だと思うのですが。

※ 桑_田、パイレーツへ マイナー契_約の見通し
http://www.asahi.com/sports/update/1218/147.html

 こういうチャレンジはぜひ応援したいですね。松坂も、そんなに未来が明るいわけじゃないですよね。報酬があそこまでいくと、期待値も大きいから、結果を出せないとそれがプレッシャーになってしまう。彼は失敗してもまだやりなおせる年齢だけど。

※ 脳死移植:「まだ50例なのか」 待機、延べ1万2300人
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20061218ddm041100119000c.html

 溜息が出るような数字ですね。もう少し制度を改善して、死んだら原則として臓器提供。遺族が拒否した場合にのみ却下ということにすべきだと思う。

※ 監察医制度 都、拡充へ多摩など派遣検討
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/061218/jkn061218003.htm

 本来なら国がきちんと制度を作って、監察医を育成すべき問題だと思うんだけど。

※ H2A11号機、打ち上げ成功 通信技術試験衛星を分離
http://www.asahi.com/science/news/TKY200612180214.html

 まずはよしよし。でもアンテナ展開が無事に成功しないとね。

※ モーツァルト全楽譜をネットで=無_料で公開、印刷も-オーストリア財団
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061218-00000017-jij-int

 良く解らないのは、これは素の譜面じゃないですよね。何を原本として公開するかは結構大きな問題だと思うんだが。

※ 韓_国ドラマの輸出が15%減少、「反韓_流」が影響
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061218-00000022-yonh-kr

 むしろ15パーセント減に留まっていることの方が驚きなわけで。

※ “処_女キラー”森本_レオが交際認める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061219-00000020-spn-ent

 今度生まれ変わる時には「森本_レオ」一本の指名で行くとしよう。この人が壇_ふみと組んでラジオドラマやっている頃から知っている立場としては、虫も殺さないような善人に見えましたけどねぇ。

※ メル マガおまけ とうとうキター!

|

« 認知症治療の現在 | トップページ | 人類初の冬眠に成功? »

コメント

>パトカーに頭突き
私は「強制的な任意同行」が横行しているのではなかと危惧を覚えました。
法に基づかない身柄拘束(実質的逮捕)は拉致に等しいように思うのですが、
大石先生はどのようにお考えでしょうか。

投稿: oppo | 2006.12.19 10:12

P2Pの可能性はまだまだ十分あると思います。原子力と同じじゃないでしょうか。広島・長崎という例があったから,原子力というとネガティブなイメージがあるけど,原子力発電という側面から考えれば,これほど理想的なクリーンエネルギーはありません(廃棄物の問題がありますが)。
違法なファイル交換に利用されたため,原子力同様ネガティブなイメージがついてしまいましたが,今はやりのSkypeだって,P2Pを利用しているわけで,今後画期的なアプリケーションが出る可能性は否定できません。

投稿: suu | 2006.12.19 10:17

 モーツァルトの楽譜ですが、公開されている楽譜を見る限り、ベーレンライター版のようです。
 他ならぬオーストリアのモーツァルテウム財団が公開しているのですから、これが妥当な所でしょう。

投稿: Escher | 2006.12.19 10:18

すみません。また,同じ内容の記事が3つも登録されてしまいました。動も,確認してから,送信するとこのようになるようです。Firefoxを使っているのがいけないのかもしれませんが,これから,直接送信するようにします。お手数ですが,ダブっているものを削除願います。

投稿: suu | 2006.12.19 10:19

Winny判決がソフト開発を萎縮させるか?

ここでいう「ソフト開発」が、フリーソフトやオープンソースの類の事だとしたら、それでも構わないような気がします。ちゃんとしたプロの仕事にはそれなりの対価を払ってもらわないとあかんでしょう。

それに、いくら警察が恣意的といっても、他人の利益を損なわなければ別に文句は言ってこないと思うのですね。まずは他人の利益を損なったという事を反省して欲しいと思いますね。

投稿: とおりすがりん | 2006.12.19 10:23

偏りのある歴史観と他者が評価するのは勝手です。それを批判するのも勝手です。
奥羽列藩同盟な地域の人の靖国への複雑な感情は薩長な地域の人とは違いますね。

投稿: | 2006.12.19 11:00

>中央リニアの現実性、事 業費捻出がカギ
ジェット機は航空機燃料がないと動かない。
リニアは電気があれば動く。
石油の今後の供給懸念を見越して、国内の公共交通網の脱石油化を進める・・・・なんてことはないでしょうねえ(^_^;)

投稿: s_doi | 2006.12.19 11:49

誰に対して百害で何に対して一理もないのか?技術向上の動機なんて究極的には「楽したい得したい」でしょ。需要があるならそこに理を見つけることはさほど難しくないと思うけど。
OSが脆弱だからP2Pに未来がないって理論が変じゃない?直接にせよ間接にせよその脆弱なOS同士が繋がればクラック行為は可能なわけで。P2Pはクラックを行う道の1つにすぎない。道は他にいくらでもある。Winnyに関していえば、ダウンロードしたファイルにウイルスを潜ませてるだけ。方法としては古典。別にウイルスに頼らなくても外部から不正アクセスする方法はいろいろある。なんせOSが脆弱だからね。
ネットに繋ぐなら等しく危険は存在するわけで、その危険を許容した上でのP2Pってのは将来有望なんじゃないの?知らないけど。
今回の書き方だと、まるでP2Pを使わなければ安心みたいな、あらぬ誤解を与えるんじゃないかな?

投稿: ナベ | 2006.12.19 11:59

脆弱な土台の上に立つP2Pが土台自体の存続を脅かす。
しゅーるだなぁ。。。

投稿: たつや | 2006.12.19 12:19

http://kouhou.city.kobe.jp/information/2006/12/20061218wh01.pdf

 神戸市の広報ページより。
 以前、話題になっていた、六甲山での遭難事件の方が退院されるそうです。本人のインタビューもあるそうなので、なにか新事実が解るかもしれません。

投稿: らりぱ | 2006.12.19 12:24

要介護は予防できるし回復もできます

心身機能活性療法
http://www.gagoltherapy.com/
http://www.machi-gennki.net/dantai/m21.htm

問題は現行の介護ビジネスに比べ”儲からない”ことでしょうかw

投稿: 社会教育系 | 2006.12.19 12:24

日本でGoogleやYouTubeのようなベンチャービジネスは生まれない

著作権は財産権ではない
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/d/20061218
Winny事件の社会的コスト
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/d/20061213

投稿: | 2006.12.19 12:37

>柔道合宿で熱中症死
高校時代にラグビーをやっていて、公式戦の抽選会で協会の資料配布があったりしたけど、毎年、何人か亡くなっていました。スクラムが崩れて首の骨を折るというのも何例かあったけど、圧倒的に多かったのは熱中症。

運動部の顧問は、未だに“頭も筋肉”系の非科学的な人が幅を利かせているし、選手本人だって周りを気にして必要以上に頑張っちゃうのだから、
誰かが見ていてストップ掛けないとダメ。

当時の経験から言うと、事故防止の講習会なんていうのも開かれていましたから、ラグビー協会自体は非常に気を遣っていたようです。ただ、体育系大学出身の顧問が多い上、スポーツに力を入れている私立では成績しだいでクビですから、なかなか現場で活かされないのでしょう。

因みに私、ラグビーが好きだったので大学でもやりたかったのですが、「お前が大学でやったら死ぬからやめろ」と言われました。

投稿: たま@青島 | 2006.12.19 12:44

>「偏りのある歴史観」...がっかりな発言ですね

何を言ったのかではなく、誰が言ったのかで評価が違う。そのことの方ががっかりです。

投稿: 匿名 | 2006.12.19 12:53

Winnyによる著作権侵害行為を取り締まるのであればやっぱりWinny利用者を特定して判定するのが筋じゃないかと思うんですが…確かWinnyの匿名性って破られてますよね?だったら誰か悪質なのを検挙して、見せしめとしてキッチリ裁く方がまだ納得いくんですが。
せめてWinny公開前にその是非を問うならまだしも、野に放たれて随分になってコレでは手遅れでしかないのに…

あと404 Blog Not Found でも指摘されてた通り金子氏を有罪とする根拠が法に無い限りWinny開発者の彼に罪が有ると決めるのは無理が有るような飢餓縞酢。

脆弱性云々の話に関しても、OSよりは使用者の方の問題かも?たとえWindowsが駆逐され、全てLinuxに置き換わったとしても何の対策も無しに使っていれば同じでしょうし。

投稿: 押入れ満杯の夢 | 2006.12.19 13:18

Re:脳死移植:「まだ50例なのか」 待機、延べ1万2300人

コメントで原則移植ではどうかとありました。
実際にシンガポールの法律では原則移植です。
そして、異議の表明者、イスラム教徒、親の同意の必要な21歳以下その他の例外を認めています。
移植除外のモスレムも最近では与えずにもらうのが平等はおかしいとの議論が社会で広がり再考をしているとの新聞記事を読みました。
日本でも必要な議論だと思います。

投稿: Engineer | 2006.12.19 13:32

「(現状では)治らない」とテレビで言っていただくとこちらも説明が早いので助かります。何度説明しても「否認」状態に陥ってしまってそこで頭がはたらかなくなって理解できないご家族が多いです。日頃からメディアが少々残酷でも真実を報道し、過剰なな期待を抱かせないのは大事だと思います。期待と現実のギャップを埋める作業は非常に大変ですから…
その次は長期入院の月額の医療費と施設の医療費の是正かな。医療難民が増えるかもしれんけど…

投稿: とおりすがり | 2006.12.19 14:29

リニアモーターカーが果たして実現するのかどうか解りませんが、既存の新幹線でも営業速度300キロから350キロぐらい出せそうなのだから、リニアに拘らず、早々に中央新幹線は建設するべきだと思います。(山間部を走るので、線路の勾配の問題もあるでしょうが)

以前、ある鉄道趣味誌で、静岡付近のロングの写真で、東名高速、国道一号線、JR東海道在来線、そして東海道新幹線がせいぜい数キロの間に、集中して走っている光景を見ました。
大地震や、テロを考えれば、東海道の大動脈は意外と脆弱なもので、早々に代替路を建設するべきだと思います。

それに素人考えですが、リニアの場合、路線の構造が複雑で、しかも500キロ運転では、ポイントの切り替えにかなりの余裕時間が必要で、途中駅の建設可能な数が、かなり抑制されるような気がするのですが、どんなものでしょうか。

長文失礼致しました。

投稿: Nara O. | 2006.12.19 14:30

p2pは、そもそも匿名性を増すための技術ではないですよ。そういうのはいわゆる狭義のp2pです。

従来のサーバクライアント型のネットワークでは、クライアントの数が増えるにしたがってサーバの付加が大きくなります。p2pはおのおののPCがクライアントでもありサーバでもあるので、それを回避できる場合もあります(すべての問題に対して有効というわけではない)

ちなみに最近はあまり見かけませんがfjなどのネットニュースもp2p技術を使っているそうです(昔はお世話になったなあ)

だから、p2pだからダメと一言で言うのはちょっと早計に過ぎるとおもいます。

参考:
http://ja.wikipedia.org/wiki/Peer_to_Peer

投稿: ネコ七 | 2006.12.19 14:47

リンク先にある47氏の

著作権などの従来の概念が既に崩れ始めている…誰かが壁に穴をあけてしまって、後に戻れなくなるはず

ってえのはひどすぎるなあ。
この人たちの、法律とか民主主義への理解は、小学生レベルだよ。
技術者の人たちって、どうして自分たちの権利を守るために、地道に社会に働きかける、ということができないんだろう?
行政の対応に不満があるのは、およそ、どんな社会、どんな職業に生きる人間も共通だろうに。
それを、こんな方法で既成事実を作ることで認めさせようとするなら、古の左派勢力と同じで、社会から孤立するだけだよ。

投稿: | 2006.12.19 15:59

>臓器移植
死んだら原則として臓器提供。遺族が拒否した場合にのみ却下
の法案を自民がやってるっつう話を聞いたんだがどうなったんだろ

>韓流ドラマ
メインターゲットのおばはんがまず見ない深夜帯は勘弁して欲しい
マターリ深夜時間に韓流やるならその局の一押しドラマの今週分再放送のが案外数字取れるとおもふのだが

投稿: | 2006.12.19 18:23

遭難した人のインタビューチラッと見ましたが
低体温で冬眠状態だったとか。
そんなこともあるんですかね。

投稿: たこ | 2006.12.19 19:23

>パトカーに頭突き
後や横のガラスは、電気系統が故障した時などの
非常事態に備え、それなりの力で粉々に割れます。
一方それが車上荒らしや、盗難につながる部分でもありますが。

投稿: 千葉北西部の住人 | 2006.12.19 19:26

47氏の件ですが、
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/19/news023_3.html
ITmediaが小倉弁護士にインタビューしたこの記事は、ネット上で議論になっている個別の疑問にそれぞれ答えていて、なかなか解りやすいです。

>著作権などの従来の概念が既に崩れ始めている…誰かが壁に穴をあけてしまって、後に戻れなくなるはず
個人的には47氏がやったのは著作権ビジネスに対する経済的テロに近いものであり、いっそ内乱罪あたりで取り上げて、もちろん無理があるわけですが、そうすれば事の重大さを知らしめる事はできたのに思います。

投稿: 拓海 | 2006.12.19 19:52

 簡単なボケ老人対策を教えましょう。

 老人介護施設をいっぱい作ることです。

 在宅介護なんてやろうとするからコストがかかるんです。施設に認知症老人を集約して、まとめて世話すれば、一人あたりの限界費用は低下しますので、数が2倍になっても費用は2倍未満になります。

投稿: Inoue | 2006.12.19 19:54

>リニア
正直要らんよ。なんだか長野県南部を通ることになってるが、通るはずの諏訪や伊那や駒ヶ根では話題にもなってない。つか長野県の玄関口になりそうな諏訪なんかは構造線2本が交差していて、東海地震が来ればどうなることか。コンクリ構造物のダムですら危ないとほざいた連中がいるのに。

>ny判決
大石センセ、3日前にここでそれを扱った時、比較的たくさんコメントついてたけど、一通りでも読んだのかな?
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2006/12/post_fe1e.html

>加藤紘一
正直、言わせとけって感じ。自民党内でも河野談話見直しなんて話が出てるつうに。そもそも加藤の家を放火したのは60過ぎの爺さんで、まさに加藤と同世代だったはずだが、それについてはスルーか?
歴史観が偏ったなんて言葉は、まさにお前が言うなで、自嘲かと思いたくなる。

>韓国ドラマ減少
コメントするまでもないかもしれんが、今までの韓流ブームとその数字がNHKや電通などによる過剰宣伝の虚飾だっただけ、ということに尽きる。敢えて言うならブームだったのは韓国の数人のタレント・俳優だけ。ブームに冷水を浴びせたのは嫌韓流じゃなく、嫌韓流は結果であって、原因は韓国の大統領がヴァカなことと反日・在日の実態が日本で知られるようになったから。これも韓流ブームの副産物かもしれんが。

投稿: 時をかける名無しさん | 2006.12.19 20:10

テロや災害に備えてリニアと言っても、リニアに輸送力を期待するのは酷じゃないんでしょうか?

いつも思うんですが、新幹線に対するテロなんか、タンクローリーでも強奪して通過に合わせて陸橋の上から落とせば簡単に(ry

投稿: SEED | 2006.12.19 20:52

>誰かが壁に穴をあけてしまって、後に戻れなくなるはず
アルビン・トフラー「引き返せない楔」

投稿: so | 2006.12.19 22:14

>個人的には47氏がやったのは著作権ビジネスに対する経済的テロに近いものであり

もはやそれは「ビジネス」ではなくて「利権」に化しているというのが、ネットの大多数の認識ですね。

投稿: | 2006.12.19 22:42

>他人に自分のHDDにアクセスさせるようなリスキーなことをするつもりは全く無いし、自分が意図しないファイルをダウンロードして貯め込むのも全く御免

確かに私もそう思いますが、それでもP2Pがやりたければそれ専用の回線・PCを用意すればいいだけで、それに要するコストは以前よりだいぶ下がったように思います。仕事に使う、顧客リストその他が入ったPCでnyやってる連中の気がしれない。今現在、私のあずかり知らぬところで、なにがしかの私の個人情報を扱った履歴を持つPCがnyその他経由の情報流出の危機にさらされている、そのことを思えば、住基ネットなんざ遙かに安全な気がする。

投稿: ya-mana | 2006.12.19 23:00

仮想化技術でOSごと仮想化してしまえば実ハードウエアへのアクセスはOSレベルでクラックされても保護できます。

P2Pは携帯同士の通話や、先頃MSが発売したiPod対抗プレイヤーZuneもそうです。Skypeもそう。
中央に通信制御用の管理サーバを置かないのがP2Pなので、Winnyのようなファイル交換だけがP2Pだと思っていると判断を誤ります。

もともとインターネットはコンピュータ間の通信を特定のサーバを介さずに行うことを目指して開発されたので、むしろP2Pこそが本来のインターネットの姿と言えます。


投稿: | 2006.12.19 23:28

>もはやそれは「ビジネス」ではなくて「利権」に化しているというのが、ネットの大多数の認識ですね。

ネットの住人って、偉大ですね。

投稿: Sou | 2006.12.19 23:37

>技術者の人たちって、どうして自分たちの権利を守るために、地道に社会に働きかける、ということができないんだろう?

こうやって技術者をひとからげにしか評価できない馬鹿ばかりだから。

投稿: | 2006.12.19 23:56

失礼、途中で送ってしまいました。

しかし、著作権については、ネットに関わらない人間の権利というものも多く含まれるわけですから、その中でのコンセンサスが得られなくては、社会全体の結論とするわけにはいかないと思います。

それを万人に共有させるための努力というのが、先覚的な意識を持っている人間の責務ではないか、と思いますが。

投稿: Sou | 2006.12.19 23:57

>まるのであればやっぱりWinny利用者を特定して判定するのが筋じゃないかと思うんですが…

役所や警察署の中でwinnyを使っていた人が逮捕されないようでは難しいでしょう(w

投稿: | 2006.12.20 00:00

僕には、金子某が積極的に違法行為を煽っていたように思えたけどなあ。
winny関連スレや彼が姉に送ったメールの内容を読むと、もろ黒だと思うのだけど、判事は考慮に入れてないんだろうか。

投稿: スサノオ | 2006.12.20 00:02

>リニア
東京を出たら次は、大阪かな?
名古屋なんぞに止めてたら、大阪までの距離が短すぎて...。

東海道新幹線のバイパスは(当面)北陸新幹線でしょうか。

投稿: Honda.Tact | 2006.12.20 00:12

>>もはやそれは「ビジネス」ではなくて「利権」に化しているというのが、ネットの大多数の認識ですね。
>
>ネットの住人って、偉大ですね。

ネットだけじゃなくて、ごく普通の認識だと思うけど。
日本の著作権強化は、アメリカの政策をそのまま延長しているだけだけど、ご当地のアメリカはなぜ著作権の保護期間の延長とかをしたかというと、ディズニーのミッキーマウスの著作権が切れてしまうから、それを延長する為で、完全に利権でしかないですよ。アメリカでは俗にミッキーマウス法案とか呼ばれてました。
 CCCDなんかレコード会社の利権のためだけで、消費者のこともアーティストのことも全然考えていなかったので両方から総スカンくらったし、海外の安いCDの輸入を差し止めなんかもろ企業の利益の為だけのじゃないですか。
 ジャズ喫茶つぶすJASRACがどんなことしているか

投稿: | 2006.12.20 00:32

>役所や警察署の中でwinnyを使っていた人が逮捕されないようでは難しいでしょう(w

_| ̄|○
…いやぁ、確かにそうなんですよね。金子氏の罪を問うんならこういう人達が真っ先に血祭りに挙げられないとおかしいんですよ。先に内乱罪で…という発言もありましたが、そしたらWinny使って漏洩やらかした人は国家反逆罪っスか?
兎に角何の勉強もしないで新しい物に飛びつく人たちがいる限り第2第3のnyが現れるだけでしょうね。
あと、Winnyの問題点という意味では高木浩光@自宅の日記で述べられてた事の方が説得力を感じました。

投稿: 押入れ満杯の夢 | 2006.12.20 01:21

>suu 様

私は火狐v2を使っていますが、特に問題はないように思いますが。
(気付いていないだけだったりして^^;)

この投稿は確認してから送ってみます。

いまいちココログが信用できませんからね~(笑。

投稿: pfe | 2006.12.20 02:06

著作権に関しては今回の判決でも微妙に踏み込むのを避けていた感じはありますね。
お上としては著作権の問題以上に機密漏洩を止めたいからWinnyを何とかとしたいってのが本音で、そこに団体の利害が一致したって事でしょう。

投稿: | 2006.12.20 09:03

Winny裁判を考える なぜ「幇助」が認められたか (1/3)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/19/news023.html

裁判長の考え方は、要するに金子氏が著作権法違反を助長して、その結果違反行為が拡大したからという事らしいですね。ちょっと微妙。

うちは著作権者の利益を損なうような事には反対の立場なんで、今回は裁判長指示。

投稿: とおりすがりん | 2006.12.20 10:28

思うになんだな、nyが2ちゃん発ではなくて「アメリカの大学とか研究機関で作られた」ちゅう肩書きが付いてたら、摘発できなかっただろうな。

投稿: 緑川 だむ | 2006.12.20 21:11

>ネットの住人って偉大ですね

……えっ、これ↑、皮肉じゃなかったんですか! てっきり、ネットの住人って尊大ですね、とか何とかオチがつくものかと…。

 とりあえず ――――― 仮に、大石氏の著作がWinnyなどでタダ盗りされ、それに大石氏が怒ったならば、みなさんは氏に「この利権野郎!」と罵声をあびせる ――――― という解釈で合ってるでしょうか?


 ………まがりなりにも、作る側に居る身としては、
ウチの商品が盗られ放題になったりしたら(しかも盗った人々は「俺たちは正しい!お前は悪だ!」と胸を張る)、
…やだなぁ……。

投稿: ヨモスエ | 2006.12.20 23:28

>ウチの商品が盗られ放題になったりしたら

表現方法などは盗み放題ですから良いですね。

投稿: | 2006.12.21 00:03

>………まがりなりにも、作る側に居る身としては、ウチの商品が盗られ放題になったりしたら(しかも盗った人々は「俺たちは正しい!お前は悪だ!」と胸を張る)、

winnyの場合ゲームも音楽も映画もアニメも取り放題、しかもリターンの見込みは少ないと来てますからね。
例えばyoutubeとかなら、ガンダムを見て、ガンダムを知らなかった人が興味を持ってくれてガンプラを買うとか、ガンダムゲームを買うと言うリターンの可能性もあるが、winnyだとそのゲームすら落とせてしまう訳で。リターンの可能性は著しく低い。
作者にとっては百害あって・・・でしょうか。

投稿: | 2006.12.21 03:17

2006/12/21 0:03:46さん
>表現方法

 それ、意図的な話のすり替え~~。
「商品」の話ですよ~。

とは言え、もう どうにもならないんですけどね。

投稿: ヨモスエ | 2006.12.21 05:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: P2Pの将来性:

» モーツァルトの楽譜が無料でダウンロード [http://pianolady.seesaa.net/]
国際モーツァルテウム財団のホームページに、モーツァルトの全作品の楽譜が公開されました。 [続きを読む]

受信: 2006.12.20 23:38

« 認知症治療の現在 | トップページ | 人類初の冬眠に成功? »