« 教育現場のマッチポンプ | トップページ | 人生における運不運 »

2007.03.05

志布志冤罪事件主犯トリオ

 昨日、テロ朝のザ・スクープで、志布志選挙違反冤罪事件の担当者二名の名前が新たに明らかになりました。たたき割り捜査を主導したのは磯部一信警部、踏み字の主犯は濱田隆広警部補。(画面キャプチャあり)
 地元メディアは情けないですね。中央のメディアに頼らないと固有名詞も書けないんだもん。

 捜査会議での現地班長弁(磯辺警部?)「逮捕を繰り返せば、諦めて認める。事件は無いけれど、挙げた手は下ろせない
 何か、特高警察時代としか思えない。きりしま事件より遙かに悪質。川路大警視が草葉の陰で泣いてるって。あんたら警察手眼をもいっぺん暗唱しなさい。

20070304

踏み字事件での鹿児島県警処分
黒 健治 当時志布志警察署署長 本部長注意
磯部 一信 警部 捜査主任 所属長訓戒
濱田 隆広 警部補 3ヶ月間減給1/10

以下、検索用にワードを残しておきます。
志布志選挙違反冤罪事件鹿児島県警主犯トリオ たたき割り。叩き割り。たたきわり。
黒健治元志布志警察署長 黒健治元署長 黒署長 黒元署長 黒所長 黒元所長
志布志選挙違反冤罪事件主犯トリオ
磯部一信警部 磯部警部 磯辺一信警部 磯辺警部
志布志選挙違反冤罪事件主犯トリオ
濱田隆広警部補 濱田警部補 浜田隆広警部補 浜田警部補
志布志選挙違反冤罪事件主犯トリオ

 ちなみに、当時、「違法捜査は無い」と断言していた県警本部長は「稲葉一次」。今は、関東管区警察局総務部長です。
 総監や長官レースからは脱落しているけれど、十分に出世コースに乗っている。鹿児島県警本部長は、いわゆるラインじゃないことを思うと、彼は十分に出世している方でしょう。

 あと必要なのは、当時任官3年目だったという担当検事の氏名ですね。向こう10年どさ周りだとは思うけれど、今は何処にいるんでしょう。

20070305_01 20070305_02こちらは日テレのドキュメントより。担当警部。この人が磯部さんですかね。この人はここでなぜ記者を指さしているのかというと、お前はどこの記者だと脅している所です。

20070305_03 当時の県警本部長

20070305_05 20070305_04

 ついでにこれもも1回、逃げ出す黒元署長。判決が出た三日後、目出度く定年退職したそうです。

http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/
 建前上、番組のバックナンバーはネットで公開されることになっているんだけど、最近載らないのも多いんですよね。昨日の番組後半のロザール事件(千葉県松戸警察)も、これも冤罪っぽいんだけど、有罪が確定しちゃった。アメリカなら、手続き上の瑕疵で、起訴自体が無効ですよ。メディアが早い時点で動いていればこんなことにはならなかったと思うけれど。
「捜査手法は違法である」、と地裁でも高裁でも認めていながら、状況証拠だけで有罪が確定しているんだもん。
 アメリカの刑事ドラマを見ていると、捜査手法の違法性を問われて、犯罪者が無罪放免になるケースが結構ある。日本の場合、捜査手法が違法であっても、建前上、違法性排除の原則があるにも拘わらず、法廷は検察側の言い分をまんま飲むんですよね。こういう現状は、近代司法の体を為して無いでしょう。欧米みたいに、違法捜査によって得られた証拠は一切証拠価値を持たない、という原則を徹底しないと、捜査現場から前近代的な手口の違法捜査を無くすことはできない。

※ 「『はい』以外言うな」 富山の冤罪男性に取調官
http://www.asahi.com/national/update/0304/TKY200703040205.html

 明らかに国選弁護人が手を抜いたことが冤罪の原因の一つですよね。警察もたぶん国選弁護人の対応を予測しての行動でしょう。地方だと、どうしても田舎弁護士が田舎警察に値踏みされる傾向があるからこういうことが起こる。

※ 生活保護 サンプロ

 またしても北九州市のレポートでしたが、一例目の
 「一日500円の食費で暮らしている」と訴える奥さんが結構な体格なんですよね。毎日500円で何食べていればそんなに肥えるんだろうという感じで、あれは視聴者は違和感を持ったと思う。
  2例目目の、奥さんも病気、旦那も脚が静脈瘤でまともに歩けないのに、車を持っているというだけで生活保護を取り消すのはどうかと思う。
 予算は有限で、それは北九州市みたいな大きな街でも、生活保護予算というのは、たぶん単年度でいくら使える、と決まっているんでしょう。一方、国民は誰でも困窮したら生活保護を受ける権利を有している。それは憲法で保障されている。
 これって矛盾していますよね。どんな役所でも年間予算は決まっているのに、生活保護の申請者は、いつ何時役場の窓口を訪れるか解らない。それをこの不況時に全員認められるか? と言えば、それも無茶な話で、自治体レベルというより、国レベルでの対応が必要な問題だと思いますけどね。
 しばしば北九州の生活保護を語る時に出される餓死事件のケースも、納税者の感覚としては、働く云々の前に、息子がいるんなら、そっちを頼りなさい、というのは当たり前の話だと思うんですけれど、その原則を貫いた上で、いくらか補助しましょう、という形で支給すべきだったと思う。

※ 中国国防予算17.8%増 19年連続2けた伸び率
http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070304/chn070304001.htm

 航空ファンの最新号にJ10の最新写真が載っているんですけれどね、なかなか格好良いんですよ、これが。前から見ると、ユーロ・タイフーン。真上からみると、グリペン。全体的には、やっぱりラビだろう、それ(~_~;)。という代物なのですが、いくらあんな国やこんな国の技術が入っているとはいえ、ああいうのをものにしたというのは凄いですよ。
 問題はアビオですけどね。今の戦闘機はアビオの性能が7割ものを言うから。まともなエンジンを搭載したら、F-2より運動性能は良いかもしれませんね。
 いくら人件費が上がったと言ってもねぇ。それでも、この伸び率は脅威ですよね。このペースで10年頑張られたんじゃ叶わない。

※ 首相の従軍慰安婦発言、小沢代表「内外の不信感招く」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070304i312.htm

 言っていることは正しいと思うけど、国民の一定数がうんざりしている所に、こういうことを言うと、招くのは内外の不信じゃなく、小沢代表への不信だと思う。

※ 超能力や心霊現象のテレビ番組、行き過ぎ是正を要望
http://www.asahi.com/culture/update/0304/012.html

 馬耳東風ですよね。テロ朝なんて、さんざCXを叩きながら、江原の番組をゴールデンに進出させるんでしょう。テレビ界は今日も反省せずですよ。つか土スペ! 最近スマッシュヒットが無いんだが、どうした? 心霊番組とUFO&UMAは別物ですから! そこんとこよろしくね。

※ 詐欺:飛行士装い女性から161万円詐取 茨城
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070305k0000m040054000c.html

 やっぱり嘘はでかくなきゃいかんのだな(~_~;)。きっと、「私は宇宙飛行士なんだが……」というネタが近々出てくると思う。

見た目キモデブというのは、世を忍ぶ仮の姿で、実は僕はM78星雲から来た宇宙人なんだよ。そこでものは相談なんだが、何でもこの星では、貨幣とかいう古い概念が幅を利かせていて、ワーキングプアなんて人々もいるそうじゃないか。いや全く信じられないよ。何しろ全宇宙から貧困は根絶されたものと思っていたから。あいにく着の身着のままでこの惑星に到着してしまったものだからね。しかもたまたま着陸したのがほら、このアキバのヨドバシの屋上だったせいで、目立たないようこの街で一番平均的な容貌を真似たつもりだったんだが、ちょっと失敗したのかぁ~
 100人の腐女子に語りかけたら、一人くらいは真に受けてくれるんじゃなかろうか。

※ メルマガおまけ イベント終了&プリテンダー

|

« 教育現場のマッチポンプ | トップページ | 人生における運不運 »

コメント

この事件での最高検検事だった土本武司は「事件は実際にはあったのだろう。捜査方法が稚拙だった」と事件自体はあったと主張していましたね。

投稿: dada | 2007.03.05 10:32

石原ジュニアも同じことを言ってました。
架空の事件、でっち上げを認めることは今後もなさそうです。
冤罪どころか事件そのものなかったでは北朝鮮並みですからね。

投稿: | 2007.03.05 11:37

>超能力や心霊現象のテレビ番組、行き過ぎ是正を要望

アメリカだとテレビ局が訴えられるな。

投稿: | 2007.03.05 12:21

稚拙な文章でした。
この事件でコメントを求められた元最高検検事の土本武司教授は「事件は実際にはあったのだろう。捜査方法が稚拙だった」と事件自体はあったと主張していましたね。
に訂正します。最初の文書じゃまるで土本氏が現役検事だったような誤解を生む文章でした。

投稿: dada | 2007.03.05 14:05

>詐欺:飛行士
といえば、クヒオ大佐でしょう。
あの方、最近名前を聞かないけど、元気なんでしょうか?(服役中か・・・)

投稿: 禿鷲 | 2007.03.05 16:17

投稿: hiro4 | 2007.03.05 21:12

>J-10
 あそこまでおおっぴらげにしたって事は、それなりに自信があるって事ですよ。数年の内に、パリかファーンボロに出てくるんじゃないですかね。
>クヒオ大佐
 いましたねぇ(笑
 確か、カバーストーリーが凄まじく荒唐無稽だったような……

投稿: 名無し二等空士 | 2007.03.05 22:19

>もう少し自分の理念をはっきりと示したうえで、結論を言わないといけない」と指摘した。

 で、安倍ちゃんが「慰安婦は売春婦」という理念をはっきり示した上で、「河野談話は間違いだったので、否定する」と結論を言ったら、イチローは評価するんだろうか?

投稿: 土門見人 | 2007.03.05 22:34

 J10のデザインがカッコ良いのは当然な話で、決して貶したり茶化したりするつもりはないのですが・・・

・イルカショーでトレイナーのお姉さんがイルカの鼻先に立ち乗って水面を移動しているように見える。
・某国のオリジナル・スペースシャトル案の一つのように見える。
・台湾陸軍のM60A3戦車のように見える(≒親亀の上に小亀、更に孫亀)

こんなカンジっすね。

投稿: H | 2007.03.05 22:51

>事件は実際にはあったのだろう

そりゃ、外野だから何とでも言えますわね。
でも、集落の区長から推薦を受ければ当選できるような村議選じゃなくて、万単位で票を取らなければならない県議選で、あの小さな集落で何回も宴会やって、200万近く使うなんて、効率悪すぎでビル・ゲイツでも二の足を踏むわ。
そんなレベルでの創作捜査なんて「稚拙」どころじゃ、それこそ済まんでしょ。
安部さんから答弁を引き出したってことは、この事件で、そろそろ国レベルでのリアクションが出てくるのでしょうか。大石先生、如何でしょう?

投稿: | 2007.03.05 22:51

>超能力や心霊現象のテレビ番組、行き過ぎ是正を要望

エハラの善人ヅラを見る度に腹が立ちますな。ああいうのにのさばらせること自体、テレビが良心を失った証しかと。

上岡龍太郎が生きていたらな、とホント思いますよ。

投稿: | 2007.03.06 03:17

>上岡龍太郎が生きていたらな、とホント思いますよ。
 いや、死んではいないと思うが。

投稿: | 2007.03.06 04:50

>>J10

どこかのサイトだったかで見たあたりだと、
・エンジン:ロシア製のR-33だったかを独自改良してライセンス生産
・レーダ:ロシアのザスロン社ベース(確かMig-29に搭載されているものの改良型)。最終的にはロシアの技術協力を得たパッシブ型フェーズドアレイレーダを搭載する為にレーダ周りを共同開発中。
・FCS:トムソンおよびIAIと共同開発
・機体:80年代にイスラエルが独自開発するもアメリカの横槍で開発中止になった「ラビ」がベース

と言う事で、中国が中心になって開発した機体としては非常に高度な機体のようです。

実際、YouTubeを調べてみるとパキスタンに売り込んで商談成立しているニュースだかPVなんかもあるようですし、
J-11(特に無印Su-27相当タイプ)が、消耗部品の品質や供給体制の問題などから余り稼働状況が良くない様で、その件でロシアのメーカともめていることなんかもあって、J-10を国内向にもMRFとして使うつもりのようですね。

投稿: Artane. | 2007.03.06 05:15

>はい以外言うな
人権問題とか、正当な取調べという観点から
本当に大きな問題なのだと思います。
とは言え、マスコミもあなり取り上げないのは
結局は話題性とか世間の興味が一番大事なので
しょうね。 国選弁護人もピンキリで、
運不運もあるのでしょうが、最低限 保障される
べきラインはあって欲しいと思います。

米国映画で、警察が取り調べ前に被疑者の権利を
長々というシーンがありますが、お決まりとは
いえ、ああいうことも必要になってきたのかもと
思いつつあります。

投稿: 外資社員 | 2007.03.06 08:32

志布志は結局検察側控訴せずらしいですね。本当に良かった。

投稿: dada | 2007.03.06 08:41

》 ※ 生活保護 サンプロ

生憎、番組は見てなかったのですが、自分の経験から一日の食費が少ない時の方が太ったような。
安く腹をふくらまそうとして、炭水化物中心で脂分の多い食生活になりがちですから。

投稿: 酢昆布 | 2007.03.06 10:06

>J10

F-22を意識しているという開発中のJ-13はもっとかっこいいですよ。日本オワタ……
http://military.china.com/zh_cn/bbs2/11018521/20041108/11953788.html

投稿: | 2007.03.06 12:54

>>F-22を意識しているという

印象としてはF-22よりホーネットに近い感じ?
あれだけの画像じゃなんとも言えませんが。

投稿: Kurage | 2007.03.06 13:15

当時、志布志事件を担当した鹿児島地方検察庁の元3年目検事は、詰め腹を切らされて、検事を辞めました。今は辞め検、元検として、弁護士をしています。

投稿: 匿名 | 2007.03.10 13:18

黒 健治、磯部 一信、濱田 隆広、倉田 潤 等は
操作費用等の2億円異常を弁償しろ!

↓ザ・スクープスペシャル
ttp://www.tv-asahi.co.jp/scoop/update/asx/scoop_070304-01_0300.asx
ttp://www.tv-asahi.co.jp/scoop/update/asx/scoop_070304-02_0300.asx

投稿: 天祖 | 2007.07.02 08:04

この前駐車違反でステッカー貼られたんだけどさあ。以前は同じとこに止めてもどうもなかったのに・・・でもさあ。鹿児島の警察だけには罰金払いたくないんだよね。かなり悪いことして退職金キッチリもらうやつ。ちょっと悪いことして罰金キチンと罰金払うやつ。なんか変じゃね!!

投稿: ぐっち | 2007.09.15 16:34

>>当時、志布志事件を担当した鹿児島地方検察庁の元3年目検事は、詰め腹を切らされて、検事を辞めました。今は辞め検、元検として、弁護士をしています。

ほんとか~?ヤツの名前を日弁連サイトで検索したが、何も出てこなかったよ。
(江戸時代以後は)珍しい名字だから、検索でひっかかるはずなんだが・・それにヤツの性格からすると、養子縁組→改姓などは考えられないぞ。

投稿: | 2007.09.20 04:40

>>当時、志布志事件を担当した鹿児島地方検察庁の元3年目検事は、詰め腹を切らされて、検事を辞めました。今は辞め検、元検として、弁護士をしています。

>ほんとか~?ヤツの名前を日弁連サイトで検索したが、何も出てこなかったよ。
(江戸時代以後は)珍しい名字だから、検索でひっかかるはずなんだが・・それにヤツの性格からすると、養子縁組→改姓などは考えられないぞ。

読みでも漢字でも検索したが、出てこないし、
血筋を口にすることも多かったから、
改姓はありえんね。
弁護士になったという話は聞かないけど、
今も北の最果てにいるのだろうか。
九州でしか通用しない血筋なのに、
二度と九州の土は踏めないだろうな。

投稿: とおりすがり | 2008.03.01 23:57

濱田隆広 こいつの顔が先程テレビで出たが反省の色なし。
こいつの家系・一族郎党抹殺すべきじゃないか?
そうしないとこいつは反省どころか、今後は悠々自適で警察の充分な
保護の下余生を優雅に送るだろう。
 こいつらこんなこと平気で行う奴と知りつつ、その搾取した給与で
飯食ってのうのうと生きてきたのだから!
 まずこんな子をつくった親と血を引き継ぐ子。
こいつらにも徹底的に制裁しろ!そしたら少しは濱田隆広も顔色ぐらい変わるだろ?
まぁ鹿児島の屁たれ県民には無理かな?
せめて住所を晒せ!
黒 健治  当時志布志警察署署長 定年退職 退職金ガッポリ
磯部 一信 警部 捜査主任    ?
濱田 隆広 警部補        自主退職

投稿: 岩永幸一 | 2008.03.19 00:22

情け無いねえ。
責任を取ろうぜ。

投稿: 名乗る必要は無い | 2015.05.16 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/14139798

この記事へのトラックバック一覧です: 志布志冤罪事件主犯トリオ:

» 志布志事件続報 無罪ほぼ確定! 〜鹿児島県議選選挙違反事件〜 [ そらそうよ!!]
この日がくるのを待っていた。 鹿児島地検が、この案件を控訴することを断念した。 上級庁の福岡高検、最高検との協議の結果、控訴しても判決を覆すのは困難との判断からである。 明らかなアリバイがあり、さらに言えば彼らを選挙で買収する必要性も必然性もないのであるから、この選挙違反の事実などあるわけもなく「そらそうよ!!」といったところである。 しかし多くの一般人が違和感を感じたこの事件、捜査を担当した志布志警察に鹿児島地検、この両者もまかりなりにも犯罪捜査のプロなのだから何らかの違和感を感じ... [続きを読む]

受信: 2007.03.06 22:18

» そして善意を行う者はいなくなった [Fukuma's Daily Record]
 最近、医療訴訟が増えている。しかもHarvard Medical Practi [続きを読む]

受信: 2007.03.10 14:00

« 教育現場のマッチポンプ | トップページ | 人生における運不運 »