« 志布志冤罪事件オールスターズ | トップページ | 慰安婦問題―朝日の品格が問われる »

2007.03.10

中南米化する世界

 本日 日曜日のブログの更新は、最短で13時半頃になります。

※ 東京大空襲 被害者、遺族ら国提訴 12億円の賠償請求
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070310-00000004-maip-soci

 バカだねぇ。これアメリカでアメリカを訴えろよ、全く。

※ 公務員の上乗せ年金、10年度に創設 自民党方針
http://www.asahi.com/life/update/0310/004.html

 国民を置き去りにして、このお手盛りは一帯何?

※ 松岡農水相の光熱費問題、論戦沸騰
http://www.asahi.com/politics/update/0310/003.html

 これ税金じゃなくて、政治資金の使途の問題ですから、これで辞任を勝ち取るのは無理でしょう。こういう政治家は、人間国宝にでも指定して、一生自民党議員として担ぎ続けるべきです。そうすれば、旧態依然たる自民党の象徴として、彼の外では、自民の票が減り続けるでしょう。
 悪い人じゃないんですよ、この人はw。単に、田中角栄時代から発想が進歩していない、というだけで。そんな人を国会に送り続ける有権者の責任ですよ。

*<農水省>松岡発言「水道水飲む人いない」に苦情7件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070310-00000004-mai-pol

 政治家がこれ言っちゃいけませんわな。でも、これを報じる側のお貴族メディアの皆さんで、水道水を飲んでいる人間がたぶん一人もいないだろうこともまた事実。
 うちは、BRITAの浄水ポットを使って麦茶を作るんですが、そもそも水を飲むという習慣が日本人から無くなりつつあるんですよね。うちも、女房は日本茶煎れてくれないしで。

 なんでもこの松岡さん、一本5千円のミネラル・ウォーターを愛飲しているとかで、さすが農業の族議員は違いますな。水への拘りがぶっ飛んでいる(~_~;)。
てかそれ、事務所で目撃されたらしいけれど、支援者の差し入れか何かじゃないの?

※ 補助金詐欺:「NGOは半分詐欺」逮捕前に小坂容疑者語る
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070310k0000m040169000c.html

 もう少し大きく扱われても良いような気がするけれど、意外に新聞各社は小さい扱いなんですよね。テレビでも小坂容疑者の話はほとんど出てこないし。重宝したせいでしょうか。

※ 人気女優ら丸裸に…AV業界、Winnyで大放出!
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_03/t2007030922.html

【総制作費は515万円。うち女優の所属事務所に支払われたギャラは262万円だった。】

 どうやらこの会社というのはVIPらしいんだけど、こんな金掛けているようには見えないぞ(~_~;)。てかまあ、事務所に払った残りの250万円で、あれも出し、これも出しとなると、正直、ろくなものは撮れないと思う。
 まずスタッフの人件費が出ないでしょう。せめて私に撮らせてくれれば(ry。

※ 格差拡大、米で見直し論 企業トップの報酬に批判
http://www.asahi.com/international/update/0310/003.html

【平均的な勤労者の年収に対する米主要500社のCEO報酬の比率は、05年が約370倍。70年の約30倍から大きく開いたとの試算もある。
 米政府統計によると、実質年収が10万ドル以上の世帯の比率は、05年が17.2%と10年前より4%幅上昇。1万ドル未満の貧しい世帯は8.3%と0.3%幅減少したが、7.4%まで改善した00年以降は拡大傾向にある=グラフ。

 米世帯の年収の中央値は、05年が約4万6000ドルで、5年前と比べて2.6%低下。大統領選の有力候補のヒラリー・クリントン上院議員は、ほぼ同時期に「労働生産性は17.5%も上昇している」と利益重視の企業を批判……】

 記録として残しておきましょう。社会構成としては、もう全くブラジルとかの中南米レベルなんですよね。金持ちが好き勝手して、金持ちのための国造りに励んでいて、それを日本へもせっせと押しつけていて、われわれは小泉政権のもとで、せっせと、そのアメリカの物まねに励んでしまったわけです。

※ メルマガおまけ スポーツ倶楽部

|

« 志布志冤罪事件オールスターズ | トップページ | 慰安婦問題―朝日の品格が問われる »

コメント

>バカだねぇ。これアメリカでアメリカを訴えろよ、全く。

今更国を訴えることには確かに賛同は出来ませんがアメリカを訴えることは出来ませんよ。サンフランシスコ講和条約で解決済みですから、仮に訴えるとすれば自国政府たる日本政府になるのは当然の帰結かと思います。
これを請求権放棄の講和条約も基本条約も無視して相手国を直接訴えると某国の方々と同じ行為となります。そういった行為は無駄なような気がします。ただ、私は米国の法律には無知ですので意外と陪審員制度の米国のほうが時効や他の戦争被害者との比較で却下間違い無しの日本での訴訟よりは勝率が高いかもしれませんね。

投稿: dada | 2007.03.10 13:34

>東京大空襲訴訟
この件は、先生とは少し意見が違います。
こういうニュースこそ、中国や韓国で報道され、
”国民も被害を受任”という国の見解が
知られるべきなのだと思います。
 そうすれば、”支援団体”に引っ張り出される
元慰安婦も減るのだと思います。
国内向けでも。空襲被害を風化させるな
という点では意味があるのだと思います。

投稿: 外資社員 | 2007.03.10 14:03

>バカだねぇ。これアメリカでアメリカを訴えろよ、全く。
原爆被害者への手当て支給はしてるのに同じぐらい人が死んでるこっちはなしかい、という意趣も含んでるのでは?

投稿: D | 2007.03.10 16:37

>水道水飲む人いない
うちもBRITA使ってます。アメリカご旅行の再は、スーパーなど覗かれると、フィルターが一本あたり5ドル程のセールになっていたりしますよ。

アメリカでもプラスチックボトル入りの水の売り上げがうなぎのぼりだそうです。狭義のミネラルウォーター、湧き水、(水道水を)フィルターまたは蒸留されただけのもの、そこへさらにミネラルを添加した物など色々あるのに表示があいまいであったり、ゴミや、水を輸入する事による環境負荷の問題もありますし、そもそもブラインドテストをしても違いが分からない人も少なくないくらい水道水の質は良いのになぜ、等など、疑問視されてます。まあ、炭酸砂糖水をがぶ飲みして太るよりは良いのでしょうけど。

投稿: くど | 2007.03.10 18:05

今日のA新聞は、同社のカラー爆発でしたね。

まず、従軍慰安婦問題では、社説で「国家の品格」と題して、「証拠のあるなしは関係ない」と言い切っております。

また、読者の投稿欄では、元少年兵という方の「終戦時に資料はすべて焼却処分しているのだから、証拠が残っているはずがない。だから、元慰安婦の方の証言が絶対だ」という記事が載っております。

そして、東京大空襲では、日本が、重慶爆撃をしたのがきっかけになって、東京大空襲を引き起こした。日本が仕掛けた結果、国民が大被害を得たのだから、国に責任があるというお話を載せております。

もちろん、GHQ占領下の占領軍対象の慰安所については、全くふれておりません。

投稿: 成田の近くの住人 | 2007.03.10 18:17

被爆者はモルモットとして価値があると判断しているからデータ収集の為に援助があるのです。
実際、被爆者に対する援助は彼らを病院に集めさまざまな治療を公費で行うことで原爆症に対する高度医療の実験やデータ収集が主目的です。
ただ、あからさまにそういえないので重度から軽度まで一律に援助しているのです。
被爆者の中でも特に爆心地周辺での生存者は原爆症認定を行いさらに手厚く看護してデータを集めます。
それらのデータは広島の放射能影響研究所に集められ米エネルギー省に送られます。
冷たい言い方ですが焼夷弾被害者にはモルモットとしての価値は無いのです。
だいたいデータを集めて研究している放射能影響研究所は元々米国の研究所で、現在も予算の半額と理事の半数を米エネルギー省が占める施設です。占領下ではABCCで強圧的に集めてきたデータの収集が日本の独立や国連加盟、反核運動等で難しくなってきてから被爆者援護の名の下に被爆者の生態データを集めてきているのです。

投稿: dada | 2007.03.10 18:19

>今日のA新聞は、同社のカラー爆発でしたね

今日のS新聞も同社のカラー爆発でしたがね。強制制の否定ならまだしも、「明確な裏付けもなく慰安所の設置に「旧日本軍の関与」があったと認めたために」とやって慰安所の設置にも日本軍が関与していないと主張なさってますね。
S新聞の元社長さまは陸軍主計少尉として軍命で慰安所を設置したとS新聞で出した自著に書いておられるんですけどね。
ああ、大勲位元首相も海軍主計将校時代に慰安所の設置を軍命で行ったと自著で述べられていますね。
慰安婦の強制連行やら強制制の否定まではその反論も正しいし資料の裏づけもあるけどニュートラルでとまらずに反対方向に捏造してちゃ世話ないですね。

投稿: | 2007.03.10 18:25

>dadaさんへ

逆でしょう。
反日が無上の正義の国の方々のハートに火をつけるだけだと思いますよ。お金にもなるしw
安易な謝罪が何をもたらすかは、河野談話が証明している。
空襲の被害を訴えるなら、落とした者に言うべき。それが筋だと思います。
まあ日米どっちを訴えても勝てませんけどね。
どうせ勝てないなら、とりあえず日本ですか。

投稿: レレレ | 2007.03.10 18:33

アド街、ノクチじゃぁ~ん
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/

投稿: pongchang | 2007.03.10 18:58

dadaさん

ていうか、原爆症なんて未知の病気ばかりなのだからデータを集めるのは当然のこと。

モルモットなどと卑しめる必要はまったく無い。

投稿: | 2007.03.10 19:22

>そもそも水を飲むという習慣が日本人から無くなりつつあるんですよね。

かってに、日本人の習慣をかえるな! ウチは麦飯石をつかったミネラルウォーターを飲んでいる。冬に麦茶を飲んでいる習慣の方が可笑しいわい。水道水と同じ「東京水」も駅で売っているとから東京の水もすてたものじゃない。

投稿: TOソープランド | 2007.03.10 20:41

>水道水と同じ「東京水」も駅で売っているとから東京の水もすてたものじゃない。

マンションと一戸建ての違いで、水の味も違ってくるんじゃないんですか?

投稿: 岡倉天心 | 2007.03.10 21:01

TOソープランド 様
温かい麦茶も美味しいのですが・・・。一度お試し下さいませ。

投稿: MURA | 2007.03.10 21:24

http://www.asahi.com/paper/editorial20070310.html

確かに今朝の朝日新聞の社説には驚きましたね。
「細かな事実にこだわるな」ってマトモなマスコミの言うことですかね?
事実を検証してそれに基づいて真実を追究するのがマスコミの仕事でしょうが。
今までそれをやって来た新聞が風向きが危うくなってきた途端に
いきなりこんな事言い出したら良識のある読者は疑問に思うでしょうね。
まあ、朝日は「ジャーナリスト宣言」を放棄したらしいですから仕方ないのかも知れません(笑)

投稿: ナモナ | 2007.03.10 21:24

NGOは半分詐欺 NPOは半分やくざ

投稿: | 2007.03.10 21:56

 うちは真冬でも冷たい麦茶ですよ。

 うちの子供は、そもそも熱いお茶を飲むという習慣が日本人にあることをたぶん知らないと思いますね(~_~;)。

投稿: 大石 | 2007.03.10 23:40

熱い飲み物は食道がんのリスクファクターですから、飲まないに越したことないです。食道がんは予後悪いですから。

投稿: Inoue | 2007.03.11 05:13

いつも面白く読ませていただいております。
当方、非常に興味深い内容のHPを見つけました。

ttp://blog.mag2.com/m/log/0000063858/

投稿: オブジェクト | 2007.03.11 05:46

中国トンガンのホテルにはミネラルウォーターが常備してありました。バスタブにお湯をためると茶色ですし、シャワーのにおいがどぶ臭くて閉口しました。市民も水道水は飲んでいません。調理に使う水(洗浄含めて)までミネラルウォーターかどうか分からないので不安でした。日本人は飲み水でお風呂に入れる幸せを享受していますが、有事に破壊工作が行われた時のバックアップはできるのか逆に心配になります。

投稿: ろく | 2007.03.11 08:37

>読者の投稿欄では、元少年兵という方の「終戦時に資料はすべて焼却処分しているのだから

 嘘です。戦地売春婦問題とは関係ないが、実際に、内地の部隊で上官から焼却を命ぜられた資料を、焼却しないで隠匿し、今日まで保存していた兵から、実物見せてもらったことがある(実際、焼却するには余りにも貴重な資料だった)。「すべて」焼却されたかどうかは、かくのごとし。

投稿: 土門見人 | 2007.03.11 10:55

該当資料が焼却されていない話にもならなと思いますよ。市ヶ谷など軍施設に焚き火の煙が多数あがったのは事実なんだし。

投稿: dada | 2007.03.11 11:06

市ヶ谷の陸軍省、参謀本部での焼却の様子はニュース映像としても残っています。敗戦、占領されるを予想すれば当然の措置です。奉天他でも同様の焼却があったのは事実。敗戦の習わしとはいえ、貴重な資料の損失は客観的な立場で歴史を検証する機会をも失ってしまった。

投稿: 馬占山 | 2007.03.11 12:06

 だから、多数の資料が焼却されたとしても、その中で、慰安婦関係の資料が一つ残らず完全に焼却されたという保証はないわけで。
 戦地売春婦問題に限らず、やばい資料で焼却を免れた資料なんて山ほどあり(私だって、幾つか手に入れている)、資料集となって刊行までされているんですけどね。

投稿: 土門見人 | 2007.03.11 12:06

というか、官庁関係に勤務したことのある人間なら分かると思うけど。
官庁(軍隊も含めて)何でも書類として残る訳で、一つの事案の全ての関連書類を廃棄するのは不可能ですよ。

戦艦大和に関連する分かり易い最高軍事機密の書類ですら全廃棄できなかったに。

そんな当時の感覚では別に違法でもない一件の書類や資料は廃棄されてないですよ。

投稿: 陸の海自隊員 | 2007.03.11 13:11

>5千円の水
「私の飲んでいるこの水は火星の水で運送費を考えたら実は安いくらいなんですよ」
と、このくらい壮大なホラを言ってくれれば、少なくともオレは許す。

投稿: | 2007.03.11 13:24

>「ポーランドを第二の日本に」とワレサ元大統領が安倍首相に語る
http://www.asahi.com/politics/update/0310/002.html
ええっ!?いいんですか、そんなこと言っちゃって!
それって「アメリカの植民地」になるってことですよ!
それとも得意のポーランドジョークですかねぇ?
#なにしろキリストを国王にしようって国ですから。

投稿: | 2007.03.11 13:27

>そのアメリカの物まねに励んでしまったわけです。

中南米化・・・?
http://www.youtube.com/watch?v=ztmc1gttbng
悲しい時 (Some people at 2ch need to just give up)

投稿: H | 2007.03.11 13:41

>空襲被害訴訟
あらゆゆる意味で期待通りのコメントだったので笑えた。
これ米帝への抗議だろ。Remember March 10ってことで。
もしかしたら知らないだけで、イラク政府とかも訴えられてるのかね。
結局戦争責任を曖昧にしてきたからこうした訴訟が発生するわけで、せっかく米帝も支那も戦犯が悪かったんだと言ってくれたんだからそういうことにしとけばいいんだよ。
「彼らは責任をとって死刑になりました、だからこの件はもう終わってます」とかさ。

投稿: | 2007.03.11 14:05

>AV制作費
500万というのが安いのか高いのかいまいち分からんけど、少なくともソリマチの角川映画よりは安いわな。
まぁ、顔どころか海外行ってナニもかも晒してるんだから今更個人情報くらい晒されたって彼らにとってなんてことないってw

投稿: | 2007.03.11 14:26

リンク先によれば
>このほか「通販A社」「通販B社」といったタイトルの表計算データには全国の顧客の住所、氏名、電話番号や独身か既婚かといった個人情報が合計約40万人分も載っていた。<

とあるので、どうってことある人もいると思うぞ。

投稿: | 2007.03.11 16:45

個人情報を入手して、ストーカー行為に及ぶ輩が出て、官憲が動くことになれば、それすなわち税金がその分余計に使われる、ってことだし、あげくに塩尻の事件のようなとこまでいった日にゃあ・・・。あと、女優が知らないところで、プロダクションが上前はねていたのが、これでバレたりしてるかも。

投稿: ya-mana | 2007.03.11 19:12

あの731部隊の資料さえ残っていたんだから、それよりも緩い慰安婦の資料すべて抹殺出来るとはとても思えません。

投稿: hiro4 | 2007.03.11 21:12

hiro4 さん

慰安婦の資料なんか世界中どこにでもありますがな。

ていうか、慰安婦が日本だけの特殊事情とでも思った?


日本政府は、慰安婦を強制的に拉致したりはしていません。OK?

投稿: | 2007.03.11 21:41

悪徳業者を取り締まれという通達は、
悪徳業者を見習ってさっさと8千人集めなさいというメッセージです。
日本には魚心あれば水心ありという諺もありますし、以心伝心など文書、言葉で表現できないものまでテレパシーで伝わるんです。
そいった独特の文化はいまも談合として残っています。
慰安婦強制ぐらいで、うろたえるなニッポン人と言いたいですね。

投稿: | 2007.03.11 22:03

>悪徳業者を取り締まれという通達は、

日本は慰安婦強制など全くやっていないということですね。


朝鮮人は今でもやっているようですけどね(w

投稿: | 2007.03.12 01:35

>日本は慰安婦強制など全くやっていないということですね。

 あれ?終戦後に占領軍向けにやりませんでしたっけ?

投稿: | 2007.03.12 09:13

『Gパン主計ルソン戦記』(金井英一郎、光人社。青春小説としても読める傑作です!)に満州の慰安所について書かれています。

「彼女達は、女子挺身隊とか、女子愛国奉仕隊とかの美名で、朝鮮の村々から集められたらしい。十八歳から二十三歳までの独身女性で、仕事は軍衣の修繕、洗濯等の奉仕であると説明されての強制徴用であるようだ。連れてこられて、仕事の内容を知り動顛するが、もはやどうするという自由は無い」

「おそらく、今日も、四、五十人は相手にしたであろう。」

金井英一郎はその後送られたフィリピンから生還した陸軍主計将校。自分も慰安所を利用したということも書いています。
伝聞でしかありませんが、実質的に強制徴用だという認識はあったようです。こういう実態は、「性奴隷」呼ばわりされても仕方ありません。
しかし、軍の関与は利便供与に留まり、実態を知って気の毒に思った将校も何もできなかったわけで、実質的には管理売春のノウハウを持つヤクザ組織が募集・運営を代行したと考えるのが自然でしょう。
こういうのは法律用語で言うとなんていうんでしょうか。
教唆?

投稿: L-WING | 2007.03.12 13:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/14210990

この記事へのトラックバック一覧です: 中南米化する世界:

« 志布志冤罪事件オールスターズ | トップページ | 慰安婦問題―朝日の品格が問われる »