« フセイン政権崩壊4年に | トップページ | チベットを忘れない »

2007.04.12

あの自己陶酔に虫酸が走る

※ 代理出産の向井亜紀さん夫妻が会見 日本国籍取得を断念
http://www.asahi.com/national/update/0411/TKY200704110293.html

 自分勝手な親のわがままで、とにもかくにも生まれてきた子供を振り回して、あんたたち、そうやって好き勝手な行動と主張でテレビに取り上げられれば、それで満足なのか。
 この一件は、極めつけに私を不快にさせるんですが、あの、悲劇の夫婦を演じているかのような自己チューな論理で記者会見開く姿と言い、その度に猫撫で声で慰める芸能レポーターの存在とか。お前ら、そんなこっ恥ずかしい提灯レポートを電波で流すなよ。
 本当は、こういう人々は、他の不妊夫婦から、「そこは越えてはならない一線ですよ」という批判があるべきなんだろうけれど、心情的になかなかそうは行かないんですよね。
 世論調査では8割方の国民が向井夫婦カワウソな態度らしいけれど、私が向井亜紀を不快に思う気持ちというのは、ひょっとして度が過ぎているんだろうか?

※ <死後生殖>04年に出産していた 長野県の医療機関公表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000126-mai-soci

 この人もまたやっちゃった後に「問題提起のため」とか弁解して。生まれてくる子供の幸せということを考えると、やっちゃ行けないことでしょう。産科医が肝心の子供の幸せを考えていない、というのは最低の行為ですよ。遺族の幸せや願望が達せられればそれで良いのか?

※ <人質司法>裁判所側に対抗 日弁連が保釈請求運動へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000063-mai-soci

  昨日、ヒューザーの小嶋社長が11ヶ月振りに保釈されました。人質司法の現状に最大の責任を負っているのは、検察ではなく、もちろん弁護士でもなく、裁判所です。検察は締め上げるのが商売なんだから仕方ない。裁判所は、その検察の言い分を無判断に容認して来た。
 この国では、被疑者が罪を認めない限り、どんな些細な犯罪でも延々と拘置され続ける。それ所か、代用監獄として、警察の留置場に何週間も閉じ込められる。そこには接見の自由も無く、情報を遮断され、朝から晩まで自供を強制させられる。裁判所が検察と結託して被疑者を締め上げることに加担するなんて、民主国家じゃないでしょう。独裁国、共産圏の話です。
 自国の司法制度が、いかに前近代的なシステムかという認識を、まず国民全体が持たなければならない。この問題に関しては、日弁連の動きも確かに鈍いんだけど、それ以上に、警察批判は滅多に出来ないマスゴミの現状黙殺という罪が大きいですよ。

※ パスモ、売れすぎて販売制限 8月まで定期のみに
http://www.asahi.com/life/update/0411/TKY200704110153.html

 何それ? 私は実は、パスモがこれだけ売れたということに驚いてるんですよ。私はパスモなんて買えませんから。こんな事前課金の、乗っていないのに最初に金貰いますよ、というサービスに、気前良く金出せる日本人が数百万人もいたという現実に驚いているんですよ。何だかんだ言っても、首都圏の人間って勝ち組なんでしょうね。
 パスモ自体は、カード社会を根底から変える力を秘めているわけで、ぶっちゃけ財布の中には、パスモ一枚あれば良い、という時代が来るかも知れない。パスモにVISAやJCBが乗っかるのは時間の問題でしょう。
 ただ、カード一枚プリントするなんてそんなにコストが掛かるとは思えないんだけど、これも大日本印刷とかの印刷会社の仕事ですよね。一端閉じたラインを再開しなきゃならない、それにはスケジュール調整が必要だとか、そういうレベルのお話しでしょうか。

※ フェレット虐待容疑で逮捕 「小動物2、30匹殺した」
http://www.asahi.com/national/update/0411/TKY200704110271.html

 たかがモルモットを一回り大きくしたようなもんじゃん、大騒ぎするなよ……、とか思っていたら、民放は平然と動画を流していて、一応薄いボカシは入れているんだけど。首絞められてキャンキャン啼く様は可哀相ですよね。
 でも、ああいう映像をテレビで流すのは拙いでしょう。きっとあれ見て俺もやって見ようと思う連中が出てくるはず。欧米ではレーティングに引っ掛かると思いますね。たぶんケーブルTVでも流せないんじゃなかろうか。日本のテレビって、本当にレーティングに無縁ですよね。エロにもグロにも。
 捏造問題で騒ぐ暇があったら、レーティングを局任せにせずに、もう少しきっちり決めるべきだと思いますよ。

※ 筑紫キャスターのヘンな理屈 「自衛隊出動すると、防災対策おろそかに」?
http://www.j-cast.com/2007/04/11006812.html

【もし自衛隊の出動が人命を救うんだという風に考えている知事がいるとすれば、普段のそうではない、建物を燃えないようにする、壊れないようにするという方の対策には力点が入らなくなるという疑いが出てきます】

 これは私は筑紫さんの肩を持ちます。言い掛かりだろう? それ。文脈も何も、ここで読み取るべき事は唯一、自衛隊出すだけじゃ問題解決しないだろう、その前にやるべきことがあるだろうが? という話であって、それは至極当たり前のことじゃないですか。J-CASTって、時々、アホなちゃねら~の尻馬に乗って飛ばすんですよね。

※ 「組織的強制徴用なし」 慰安婦問題 米議会調査局が報告書
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070412/usa070412000.htm

 そんなに嬉しいニュースじゃないんですよね。議員個々人は、こんなの我関せずで物言うし、その認識は間違っている、と言われればそれまでだし。ただ以前にも増して、お前らがそれをいつまで経っても蒸し返すんなら、日本だって空襲や原爆による民間人虐殺への謝罪と賠償を求めるぞ、という姿勢を陰日向にアメリカに伝えなきゃ駄目だということですよね。

※ ソニー、次世代薄型テレビ量産・初の有機EL
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070412AT1D1102C11042007.html

 昨日、テレビで盛んに薄いディスプレイを映していたけれど、薄型テレビって、本当は、「壁掛けテレビ」とか呼ばれていたんですよね。それがいざ登場したら、ブラウン管とたいして重さ変わらないんだもん。今度は本当に壁掛けテレビとして登場して欲しいですが。

※ 志賀原発99年の制御棒脱落、出力急上昇の「即発臨界」か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000106-yom-soci

  最近こういうニュースに接してですね、臨界ってそんなに簡単に起こるものだったの? と激しく疑問なのですが。まるで思春期の少年並みじゃありませんか。

※ 「のぞみ」新型車両公開…PC用コンセントも大幅増(夕刊フジ)
http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__fuji_320070411018.htm

  やれスピードだコンセントだと言っても、あんな煙草臭い車両に2時間も3時間も乗客を閉じ込めることに関しては、この人たちは全く無頓着なんですよね。それをまず改めて下さい。

※ 車いすの女性、投票断念 投票所までエレベーターなし
http://www.asahi.com/politics/update/0411/SEB200704110001.html

>鹿児島市下福元町

 そんなに田舎とも思えないんだけど、どうして小学校の体育館とかじゃないんだろう。

※ 尾身財務相:「残業半減ではキリギリスに」諮問会議で発言
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070412k0000m020079000c.html

 や、さすが家族ぐるみで稼ぎまくっているお人が言うことは違いますなぁ。(棒読み)

※ ライブドア方針認識は買い占め直前=「会見はうそ」と村上被告-東京地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000138-jij-soci

 弁護団、バカとしか思えない。そんなのが法廷で通用しますかいな。

※ ラニーニャ発生の可能性…どうなる?“ニッポンの夏”
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_04/t2007041129.html

 暑くなるなんて嫌だなぁ。居間のエアコン壊れたままなんだよねぇ。

※ メルマガおまけ ゴールデン撤退続くアニメ番組

|

« フセイン政権崩壊4年に | トップページ | チベットを忘れない »

コメント

>パスモにVISAやJCBが乗っかるのは時間の問題でしょう。
 もうすでに東京メトロで発売中だったりします。<クレカ付きのパスモ定期

>臨界
 原子炉はもともと臨界を起こすための装置ですから、点検中でもミスで条件が揃えば臨界します。ただしJCOと違って臨界しても外部に被害は及びませんが・・・

>のぞみ
 のぞみN700系はデッキの客室は全席禁煙となるので、煙草臭いのはデッキの喫煙エリア周辺のみとなるそうです。

投稿: Escher | 2007.04.12 10:11

>筑紫キャスターのヘンな理屈 「自衛隊出動すると、防災対策おろそかに」?

ハードとソフトの対応、両方が必要です。しかし、筑紫キャスターの言う事ですから、素直にとれませんねえ。

投稿: | 2007.04.12 10:26

>向井亜紀を不快に思う気持ち

それは私が、イブがリンゴをかじったことや、西欧で産業革命が起こったこと、日本が開国をしたことに感じる寂しさに通じるものなのでしょうか。

投稿: たつや | 2007.04.12 10:28

>「即発臨界」
商業炉は大きいからいいけれど(中性子の被曝は困るけど)、実験炉だと1961年米国のArcoで手で抜き刺しする炉が暴走して、シャンペンのように制御棒が技師に突き刺さるという悲劇がありました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Idaho_National_Laboratory

>パスモ
みずほではキャッシュカードとSuicaのカードがあります。JALカードもSuica抱き合わせがあります。接触型のICカードで電子マネーをもくろんでいたVISAには困りものだし、なにより海外旅行には使い道がないけど、国内のクレジットカードに非接触ICカードが載るのは、関東関西の大手私鉄では必然では。スーパー、百貨店、ケーブルテレビのインターネットやセットボックスの本人認証、使い道は幾らでも。

投稿: pongchang | 2007.04.12 10:33

>ブラウン管とたいして重さ変わらないんだもん。

いくら何でも言いすぎですよ(笑。
ブラウン管に比べたらはるかに軽くなっています。

投稿: dada | 2007.04.12 10:45

>筑紫キャスターのヘンな理屈
いやいや、過去の彼の悪事と害悪思想の数々から見て、ちゃねらーのほうが正しいでしょう。彼が言外に匂わせた畜死オーラで「なぁ同士諸君、自衛隊なんざわが祖国のためにも潰すべきなんだよ。そうだろう?」とデンパに乗せてきたのを敏感に感じ取ったのでせう(注1)w

老害をイメージ戦略で、あることないこと書き立てて、滅亡に追い込まんとするやり方は、彼らがいつもやっていることですからね。いまさら同情する気も留める気も起きませんな(注2)。

※注1 イメージです。
※注2 励ましです。

投稿: | 2007.04.12 11:03

薄型TVって密度高いから、見た目より重いですよね。
ブラウン管TVは見た目より軽い。

投稿: L-WING | 2007.04.12 11:30

>こんな事前課金の、乗っていないのに最初に金貰いますよ、というサービス
プリペイドカードと一緒ですよ。
逆に何枚も死蔵しているテレカよりましです。

>ただ、カード一枚プリントするなんてそんなにコストが掛かるとは思えないんだけど
印刷するんじゃなくて、ICカードですから半導体が必要です。
だからただ刷るというわけにはいかないのです。
SONYが作っていますよ。

投稿: Zzz | 2007.04.12 11:50

>パスモ
風の噂に聞くところでは、「電車もバスも全部乗れるのはPASMOだけ」と思い込んでSuicaからわざわざ買い換えたり、
単なるパスネットのICカード版だと思ってSuicaとPASMOの両方を持っていたりと、本来なら必要が無かったのにPASMOを
買ってしまったという人が少なからずいるそうです。


>パスモにVISAやJCBが乗っかるのは時間の問題でしょう。
鉄道会社系以外にも、すでに「Pastownカード」というものがJCB・三井住友VISA・UFJニコスから出ています。

投稿: 長月@ReadMe.毒 | 2007.04.12 12:18

自衛隊がいれば、なんでも解決してくれるという風潮は危険だと思います。
もし自衛隊が何らかの失策を犯した時に、自衛隊を信じていた人たちが途端に叩きだす可能性もあるわけですから。

投稿: 岡倉天心 | 2007.04.12 12:19

>ただ、カード一枚プリントするなんてそんなにコストが掛かるとは思えないんだけど
>印刷するんじゃなくて、ICカードですから半導体が必要です。
コンピュータセンターの処理能力も忘れないでください。

投稿: Sa | 2007.04.12 12:22

>筑紫キャスターのヘンな理屈
「軍靴のひびき」
原作:半村良、作画:かわぐちかいじ 

 筑紫氏のような方々の頭の中の「自衛隊が国民から認められる。」ということへのイメージは、このコミックの内容から一歩もでてないのではないかと思えてきます。
 作品中で、「早く自衛隊に救援を要請しろ!」という住民の声と被害の大きさに負けて、革新系知事が『断腸』の思いで災害救援を依頼し自衛隊が活躍、その結果として日本の軍国主義化が決定的になる、というシーンがあります。
 筑紫氏にとって「災害救援で自衛隊が出動して、その結果住民から感謝されている」ということを認めてはいけない、認めたら日本はまた軍国主義への道に進む、と頭の片隅で思ってるんじゃないでしょうか。
 

投稿: | 2007.04.12 12:28

>PASMO
プリペイドカードはバスカードやテレカ(貰い物で充分カバーできる程度の使用頻度でしたが)等により、すでに馴染みがあるシステムだと思います。

なお西のほうではPiTaPaなるポストペイ式のシステムがあるそうです。後払いなのは向こうの人たちの気質に合わせたとかなんとか。本当なんでしょうか?
ポストペイゆえに与信確認があってすぐに発行できないなどのデメリットがあるとのことですが、詳細は実際使っている方々よろしくお願いします。

自分はしばらく前から定期券Suicaにあわせて、View&電気量販店の提携カードを持っていまして、これだと通勤定期券購入や出張・帰省時の決済でポイントが入って多少お得感があります。

PASMO&クレジットカードは、地元私鉄系列のスーパーをよく利用する人なんかは利便性が高いかも、という記事をどこかで見ました。

投稿: 肉 | 2007.04.12 12:34

>>普段のそうではない、建物を燃えないようにする、壊れないようにするという方の対策には力点が入らなくなるという疑い

 「それ考えすぎだろ」&「そんなことはどこでも当たり前にやってるんだから、その上で自衛隊の活用を考えることをなぜ非難するんだよ」という、二重の反発です罠。

>>自衛隊がいれば、なんでも解決してくれるという風潮

 んー、そんな風潮どこにあるのか教えていただきたいです。それともワタシが世の中の風潮に鈍感なだけなんでせうか。

投稿: KWAT | 2007.04.12 12:35

>パスモにVISAやJCBが乗っかる
現状は、PASMOのオートチャージ用に独自ブランドのVISAやJCBが発行されている状態です。クレジットカードそのものがIC乗車券としての役割を果たすVIEW Suicaとは異なり、PASMOの場合は2枚のカード(PASMO本体・クレジットカード)を管理しなければなりません。まぁ、クレジットカードをPASMOオートチャージ専用にするのなら、普段持ち歩くのはPASMOだけでいいのですが。
因みに、関西私鉄におけるPiTaPaは、やはりPASMOと同様2枚のカードが発行される形態です。但し、こちらは毎月のPiTaPa利用額がカード利用代金として後から請求されるポストペイですから、使い勝手はPASMOとかなり異なります。この辺は、借金を信用の証と考える関西ならではなのかも知れません。

投稿: 五月原清隆 | 2007.04.12 12:36

>肉さん
PiTaPaは必ず専用クレジットカードとのバインディングが必要になる為、利用に当たっては通常のクレジットカードと同様の入会審査が課せられます。KANKU CLUBカードを作ろうとした時に問い合わせた所、入会審査には大体1ヶ月前後掛かるとの事で、2週間後に大阪行きを控えていた私は入会を見合わせました。まぁ、今となってはKANKU CLUBカード会員のメリット自体が非常に薄れているので、作らなくて良かったとは思いますけどね。
どうせポストペイにするんなら、一般クレジットカードとバインディングできるようにしてくれればいいんですけどね(;´Д`)

投稿: 五月原清隆 | 2007.04.12 12:42

阪神淡路大震災。任務としてブリーフィングをする自衛官がテレビでお馴染みの顔になってしまった。
それを「湾岸戦争の米軍を真似している。すっかりその気になっている」と揶揄したのが筑紫です。
今回の多事争論。国民が過度に自衛隊に期待し依存するのを警戒して「建物を燃えないようにする、壊れないようにするという方の対策には力点が入らなくなるという疑いが出てきます」と言ってしまった。ところが、下北沢、京島の再開発から築地市場(老朽化でヤバイ)の移転まで批判的なのが筑紫哲也です。耐震対策、地震に強い街作りに力点が入らなくなる疑いは筑紫の内部にあるんですよ。
ついでに一言。
>J-CASTって、時々、アホなちゃねら~の尻馬に乗って飛ばすんですよね。
ちゃねらーの尻馬に乗って素人のエロ動画落としてんじゃねーよ2ちゃんねる大厨房作家。(実はオレも落としたけどな)

投稿: TOソープランド | 2007.04.12 12:58

>私が向井亜紀を不快に思う気持ちというのは、 ひょっとして度が過ぎているんだろうか?

確かに過敏かもしれませんねぇ。
でも実際に家族を持つと自分の立ち位置との比較
でそういう感覚をもてなくなるんですが・・・。
それが8割の結果なんでしょうかね?

家族を持てている幸せな我が身を振り返ると。
こういう人へ悪感情を持ちづらいなぁ・・・。
なんというか、ちょっと
不遜に思えてしまうんですよ。

あたかも身体障害者への悪感情を持ちづらい気持
とも似て・・・。

逆にセンセの立ち位置から悪感情を持つのは
珍しいと思いますが・・・

投稿: 家族持ちは勝ち組 | 2007.04.12 13:11

>自衛隊出すだけじゃ問題解決しないだろう、その前にやるべきことがあるだろうが?

実際に災害が起きた時を想定しての自衛隊云々ですから、
その前は無いと思いますよw


投稿: nao_c/w | 2007.04.12 13:16

>>代理母
柳沢発言を非難した人は代理母問題をどう思っているのでしょうね。

投稿: てんてけ | 2007.04.12 13:25

News23 多事争論 3月23日(木) 「まちをこわすな」
http://www.tbs.co.jp/news23/onair/taji/s060323.html
再開発と一緒にどんどんそれを壊していくという動きが強まるおそれがあります。
むやみに街を壊すのは私は本当に反対です。

投稿: | 2007.04.12 14:37

>代理母出産騒ぎを不快に思う気持ち
同じ立場で普通の親は、法や倫理の問題は
判っていますのので、子供の将来を考えれば
血のつながった養子であることで満足、
またはひっそりと親子である幸せをかみ締めるで
しょう。
 代理母の問題で、一番大きなのは、倫理的な
問題や、宗教的な問題、心情の問題だと思い
ます。 私が思うに、向井夫妻は、法的不備を
つくのは熱心ですが、倫理的な問題や宗教的な
問題には踏み込まないように感じられます。


投稿: 外資社員 | 2007.04.12 15:37

PASMO増産

PASMO等に使われているコアは IDタグと言うもので従来のICカードに非接触R/W機能を付加した画期的なものです 
これ、ただ今多方面での利用が相次ぎ増産につぐ増産
生産ラインを停止させているなどの事は無くフル稼働中です
早急な増産が困難なのは 生産ライン自体の増設を行わなければならないくらいの規模であると言う事なのです

投稿: 一点突破 | 2007.04.12 15:46

>>代理母
最近になって、医師への刑事訴追などにより、出産のリスクが、再び注目されていますが、あの夫妻は、代理母に万が一のことが発生した場合、どのような考えを持っているのでしょうか。

代理母は外国人で、かつ、自己責任で選択したから良いとでも思っているのでしょうか。

この点について、倫理的な議論を展開する必要があると思います。マスコミも、大臣の揚げ足取りをせず、こういった点を追究してもらいたいものです。

正直、民放はわからないでもないですが、NHKが同調しているのは、不満です。

投稿: 成田の近くの住人 | 2007.04.12 15:54

>PASMO
使えない地域に住んでいる私にとってはどうでもいい話です。そもそも首都圏でしか使えないようなものを全国ニュースのトップで扱う事自体が疑問。

投稿: | 2007.04.12 16:45

>代理出産の向井亜紀さん夫妻が会見

記者会見を見て、自己陶酔というより、女の目から見ると、いい年してぶりっこだなあ、とは思いました。「残念」とか「遺憾」ではなく「がっかり」という言葉選びなどにも。

投稿: 彼岸過迄 | 2007.04.12 16:47

>世論調査では8割方の国民が向井夫婦カワウソな態度らしい

私も「2割」の中に入ってますよ。
「成田の近くの住人」さんと同様、妊産婦死亡のリスクを無視できない、という点が最大の問題だと私は考えています。代理母の条件として、すでに子どもを産んでいることが挙げられるのが普通ですから、もし代理母が死亡してしまったときその残された子どもは、代理妊娠を依頼した夫婦が面倒みる契約になってるんでしょうか?

次いで、「裕福な人間が、そうでない人の子宮を利用している」という構図であること。これにも強烈な嫌悪感があります。

この記事
http://www.globe-walkers.com/ohno/school/column010.htm
が真実だとしたら、この代理母の夫は自己破産して負債を抱えていたようです。そして向井夫婦の成功例の前に別のカップルの代理妊娠をトライしている(そのときは妊娠できず)。
自己犠牲の精神が強い人なのか、はたまた・・・

投稿: SQ300 | 2007.04.12 18:12

なるほど、皆さんは臓器を売る、命を売るというニュアンスで捉まえて、神秘なる人体は一切を経済活動にあてはめてはならないということなんですね。なるほど美容整形程度に考えている私と違う。

投稿: たつや | 2007.04.12 18:51

親が子を思う気持ちというのは嘘ではないでしょう。
人間の思考などただの錯覚かもしれませんが。
(しかし、アカの唯物論には堕したくない。)

借り腹使ってまでも旦那の遺伝子を残したいという
優生学丸出しの傲慢を実行する妻。
そしてそんな反社会的行為を諭せず
やらせてしまう不甲斐ない夫。
先生の言う通り不快ですし、薄気味悪い。ゾッとします。
カルト宗教を見ているような感じでしょうか。

向井亜紀が子供を欲しいのはただ一つ。飯の種に
したいからです。それしかない。
美人タレントの幸せな結婚には愛する我が子がセットで
付いてくることになってるんです!!
しかし、このプロジェクトは向井夫妻だけでなく、
裏で手を貸している勢力がいる可能性も大です。
借腹で嫡出子が手に入るようになったらそれは社会破壊
に等しい行為です。少なくとも普通の神経があれば、
子供が欲しい気持ちよりも社会への影響を
考えて自制するはずです。それがオトナです。日本人です。

いずれにせよ、子供は生まれてしまった訳です。
その子が大きくなり、自分が母親だと信じて来た女性から
生まれたのではないと知った時、どんな気持ちになるでしょうか。
ウチはセレブだからいいでしょ、とでも言うのかな。
子供を馬鹿にしたハナシです。

投稿: | 2007.04.12 20:19

>神秘なる人体は一切を経済活動にあてはめてはならないということ

以前同じ話題で盛り上がった気がしないでも無いですが、この問題に関しては
「貧乏人の子宮を金で買う」
というビジネスが出来上がりつつある事に問題があると思いますよ。

我々は男ですから半年以上お腹の中で金の為に他人の子供を育てるという行為がどれだけ精神的に負担になるのか想像しか出来ませんが、自己責任の範囲内での商行為と言い切るにはやはり問題があるように自分には思えます。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.04.12 20:39

確かに向井夫妻の代理出産というやり方や
その後の展開に見え隠れする商売っ気には
嫌なものを感じますが・・・

だからといって【子供が欲しい】という
感情までは否定できないんですよ。

むしろ、その感情は分かる。
くだらない世間体や社会への影響よりも
【自分の後継者が欲しい】という気持ちは
冷ややかに斜めに見るのではなく
納得がいくし、同調したくなる。

そんな感じの限定的な8割です。

投稿: むー | 2007.04.12 20:43

> 五月原清隆 さん

PiTaPaにはあまり宣伝されていませんが、クレジットカード機能がないベーシック版があります。

これだとクレジットカードよりも審査が緩いみたいで、確か2週間ほどで発行されました。
クレジット機能が無くても少額のショッピング枠があるので、駅周辺でのちょっとした買い物に使えます。

投稿: わ | 2007.04.12 21:14

彼女の不満は、戸籍上、実子と認められないことにあるようだが、そのことで法の不備を声高に叫ぶのはお門違いのように思う。
代理出産を行った時点で明らかだったにもかかわらず、強行して子を産ませたのであり、今回の司法の判断は妥当であったろう。
結局、彼女は自分のエゴで子供をアメリカ人として育てるのであり、その因果はすべて子供に返ってくるだけである。

代理出産を望むのであれば、出産年齢など関係ないのであり、法改正を待って行動することも可能であったのではないだろうか?

所詮、ワイドショーの埋め草程度の問題でしかないと思う。

投稿: zenzai | 2007.04.12 21:16

>そんな感じの限定的な8割です。

あなた国民の8割に聞いて廻ったんですか?
よしんば聞いたとしても日本は建前社会ですよ。
世間体を考えれば同情するしかないじゃないですか。
まあ日本人のこの体質が世論操作に利用されてる訳ですが。

投稿: | 2007.04.12 21:19

>世論調査
よくマスコミで世論調査結果が発表されますが、質問設計が回答結果に大きく影響します。

従って、「8割が賛成」という結論を導き出す課程で、どのような選択肢を用意したのか、その前にどのような質問があるのかを、本来、公表しないと信憑性を判断することは困難です。

個人的な見解なのですが、最近のマスコミは「先に結論ありき」で、それを補強するように質問設計をしているフシがあります。

実際、どのような質問が、どのような順番で並んでいて、どのような選択肢があるのか、すら公表していないケースが大多数なので、どの程度、信憑性があるか疑問です。

投稿: 成田の近くの住人 | 2007.04.12 21:20

8割の根拠?

いや・・・このブログでセンセがそう書いてた

そうなのかと・・・。

は?!

もしや、私。

センセに釣られた?!

投稿: むー | 2007.04.12 21:33

>8割の根拠?

 確かNHKだったと記憶しているんですが。安倍政権の支持率調査絡みで、ついでに調べたような感じでしたね。
 女房と見ていて仰天したんですが。

投稿: 大石 | 2007.04.12 21:39

>カード一枚プリントするなんてそんなにコストが掛かるとは思えないんだけど、これも大日本印刷とかの印刷会社の仕事ですよね。

この手のカードは、基本仕様はSONYのフェリカなのよね。
でもって、SONYが供給するカードに印刷会社は表面の印刷のみ請け負うんだな。
だから、供給がオーバーフローしたのはSONYが供給できないということだと思われ。

投稿: NWERS | 2007.04.12 21:44

>こんな事前課金の、乗っていないのに最初に金貰いますよ、というサービスに、気前良く金出せる日本人が数百万人もいたという現実に驚いているんですよ。

何もかも否定から入りたがるあなたは、パスモの前にイオカードなりパスネット(及びその前身で使われていた各鉄道会社)なりを一回も使ったことがないんですね。

メリット。
・切符を買わずに改札を通れる(急いでいるときにありがたい)
・電車に乗っている途中に行き先が変わっても損をしないし(残額があれば)乗り越し精算も必要ない

この二つで十分ですよ。確かにパスモ普及のせいで大人になっても切符の買い方が分からない人が続出しそうではありますが、そういう心配はしてないようで。

それに、何もオートチャージを頻繁に宣伝してるのはTVだけで、オートチャージを選ばない人もいっぱいいます。

今はスイカ(定期)+パスネット(残額300円)なので、いよいよスイカだけになりそうで素直に嬉しいです。
バスはバスカードよりもうまみが少ないので使える限りバスカードを使いますが。

投稿: あなたの自己陶酔に虫酸が走る | 2007.04.12 22:24

>阪神淡路大震災。任務としてブリーフィングをする自衛官がテレビでお馴染みの顔になってしまった。
それを「湾岸戦争の米軍を真似している。すっかりその気になっている」と揶揄したのが筑紫です。

アメリカ流の民主的なスタイルで情報公開の場を設けようとすれば
すっかりその気になっていると揶揄する。
その逆に伝統的な日本の大本営スタイルで情報公開をあからさまに
制限すれば知る権利や情報公開を叫んでわめきたてる。
文書を配布するだけにすれば、文書だけか我々をないがしろに
する気なのか場を設けろとネチネチ文句をたれる。
昨日、東を向いていたら東を向いていると批判され、じゃあ今日は
と西を向けば西をむいていると揶揄される。
都会人が都会的に振る舞おうとする田舎者を揶揄していじめる
ときのスタイルとそっくりなんですよねwww
自衛隊や政府の重箱の隅を突っついて文句をたれる、それだけで
商売になっちゃうんですからうらやましいwww

投稿: っbw | 2007.04.12 23:21

出生届をださない理由は
>代理出産契約で、米国人女性には男児の親としての権利義務を一切負わせないよう取り決めている
かららしい。

こんな単なる商行為上のとりきめが、親として最初から日本国籍を子供に捨てさせる選択をする道義的正当性を担保できるとどうして思えるのか不思議。
日本の法律や倫理感より金がからんだ契約の方が大事ですかそうですか。

だいたい血の一滴、臓器のひとかけらたりとも金で買うことを許されないのが日本の法理だから、代理出産が医療として認められるようになってもこの夫婦の行為を公が承認することなどありえない。
1千万円で死刑囚の腎臓を中国まで買いに行く金持ち透析患者と同類は、身の程を知っておとなしくしてればいいのに、と思う。

投稿: 私も2割 | 2007.04.12 23:44

先生!こんなうまい話がありますた!

自らのわいせつ画像提供=夫婦逮捕、2億円超得る-福井県警(時事通信)
http://newsflash.nifty.com/search?func=2&article_id=ts__jiji_12X407KIJ&csvname=1518995993

投稿: | | 2007.04.13 00:50

親のエゴでライフサイエンス解禁ってのがやっぱ反対の理由になるんでは。

頭良くなるように遺伝子操作してくれとか、認めたらきりがなくなりそうです。

別に反対はしませんが。

投稿: | 2007.04.13 01:06

> SONYが供給するカードに
チップの仕様はソニーが決めていますが,実際にライセンスを受けてチップを作るのはソニーだけではなく,東芝やインフィニオンといったチップメーカです。
印刷会社はチップとアンテナをプラスチックカードの中にいれて調製しますが,工場のセキュリティ基準やら,いろいろな用件をクリアしなければならず,とりわけソニーがパテントを握っているFeliCaの場合,カードは1枚あたり500円〜1000円と言われています(今はもう少し下がっているかもしれません)。ISO14443に準拠した非接触ICカードならもう少し安いのですが…

IC交通乗車券とクレジットカードの一体型はJR東日本のビュースイカ以外にも,みなさんが書かれているPiTaPaにもあります。
http://hanaplus.jp/lineup/index.html

クレジット一体型はFeliCa単体よりさらに発行コストがかかるので,体力のない鉄道会社は二の足を踏んでるようです。東急はPASMO一体型クレジットカードの発行を検討しているようですが。

ちなみにPiTaPaの開発コンセプトは「携帯電話の料金」だそうで,後払いの性質を生かして利用頻度に応じた区間割引やら鉄道乗車にポイントが付帯したりと各社がいろいろな割引サービスを提供していますが,いかんせん割引幅が回数券より低かったりするので,微妙な感じです。

投稿: のれそれ | 2007.04.13 03:02

>親のエゴでライフサイエンス解禁ってのがやっぱ反対の理由になるんでは。

そういう詰まらない事は無しですよ。バンバンやりましょうよ。遺伝子改造。そのうち「スキズマトリックス」の工作者みたいになれるかもしれない。

投稿: enceladus | 2007.04.13 04:58

>自らのわいせつ画像提供=夫婦逮捕、2億円超得る-福井県警(時事通信)

 この記事を読んで、最初に思い出したのは、山本直樹がかつて書いた読みきり短編マンガ。
 働かないで暮らしたい女1人(無職)と、男2人(駆け出し漫画家と地方公務員)が組んで、AVを自作して通信販売する。バカ売れするんだけれど、欲の皮突っ張らせて競馬に突っ込んだらパーという落ち。
 全体を指揮したリーダー格の男は、罪をかぶって逃亡してしまって、残った二人は結婚して、主人公は主婦になったので、「働かないで暮らせるようになった」。

投稿: Inoue | 2007.04.13 09:29

>腎臓を中国まで買いに行く金持ち

まず日本の法律が正しいのか中国の法律が正しいのかアメリカの法律が正しいのか。日本国民が他国の法律を云々することに違和感を感じる。

また、美容整形の番組を嫌悪感を持ちながら見ているのですが、実際カネがあれば団子っ鼻も綺麗になるし、太りすぎの脂肪も吸引してすっきり。
美容整形だけかと思えば、健康診断もPETとかいうのに大枚叩いて足繁く通えば初期癌も見つかるらしい。
高度医療を望めばどこぞの地方のなんとかいう医師が日本屈指の人で、旅費、宿泊費をかければ受診できる。その医師にたどり着くまでには全国行脚する金もかかるし、当然入院と言うことになれば面倒を見てくれる家族の旅費や宿泊費がかかるし、保険適用外の手術費用もかかる。普通はそこまで出来ない。
ドナーの問題からアメリカに飛べば、日本に比べて多くのドナーがいるので移植してもらいやすいとかもある。
透析したら時間とお金がかかる。

生きて行くにはどうしたってお金がかかるので、お金を掛けたらダメだというのはやっかみにしか聞こえない。当然、金がない私は「普通」ぐらいが関の山だが、それで何ら不満もないし、個人の勝手だ好きにさせてくれ。
逆を言えば、代理母もボランティアならいいのだろうか。

投稿: たつや | 2007.04.13 09:40

>投稿 あなたの自己陶酔に虫酸が走る 2007.04.12 22:24

 この人も、ちょっとご自分の自己陶酔に気付いていないらしいことに関して、

投稿: 大石 | 2007.04.13 10:01

向井夫妻はアメリカに移住すればいいんじゃないですか。

投稿: L-WING | 2007.04.13 10:02

ボランティアにしろ金銭の授受があろうと命のリスクがある仕事なんで世にゴマンとあるわけで、そう目くじらを立てる理由がイマイチわからない。不快だというだけであれこれ倫理の問題を持ち出すなら、柳沢発言へのバッシングと同じ穴の狢だと思いますよ。

投稿: kove | 2007.04.13 11:11

たつやさんは今回の件を美容整形と絡めて話してますが、もし美容に絡めるなら

http://homepage2.nifty.com/weird~/jituzai.htm
> エルゼベエト・バートリ
>17世紀ハンガリーの伯爵夫人。年を重ねるごとに自らの美貌の衰えをおそれるようになり、近隣の若い娘を下男にさらわせ、惨殺し、美を保つために血の風呂に浸ったという。

を上げるべきでしょう。

今回の件、自分の欲望に対して、他人の、命懸けになるかもしれない行動を求める(それを金銭で解決)ということなので、
たつやさんがあげた例としては臓器移植の問題がそれに該当するでしょう。

投稿: | 2007.04.13 11:14

>たつやさん
>生きて行くにはどうしたってお金がかかる
その通りだと思います。
私が思うに、普通の親は、お金をかけても
事を表ざたにせずひっそりと暮らしている。
世間に代理母出産であることを知らせても、
子供がある程度判る年齢までは
良い結果を生まないでしょうから。

夫妻の目的が法律整備ならば、
もう一方の倫理問題を論じないのが
不思議だなと思います。

投稿: 外資社員 | 2007.04.13 12:00

>外資社員さま

泥棒が三分の理を説くように、ある意味猛々しさを感じることは確かです。ただし、客寄せピエロもいなければ移り気な聴衆はいつまでも無関心であります。

代理母でも生体腎移植でも、残念ながら現実は思いの外進んでいるようで、アンダーグランドで満足するのもそれはそれで潔さを感じます。ただ一方では、アングラは何時までもそうはいられず、いつかは誰かが表舞台に引きずり出すものであり、「たまたま」感が強いですね。
私もどちらかといえばアングラ派なので、向井さん、万波さん、根津さんともに彼らの行為に眉をひそめますが、ただ誰かが悪役を買ってネジを巻かねば進まないのも事実だと思っています。

法的不備をアプローチにした手法、目的について問題は感じますが、客寄せピエロやきっかけはどうであれ、一旦表舞台にのせたのなら、アンダーグラウンド排除の努力をせねばならないと思います。

投稿: たつや | 2007.04.13 12:35

>レンタル子宮
戸籍上の話は、特別養子縁組をすれば済む話なのに、倫理とかそういうことを全部ぶっ飛ばしているところに、大きく問題を感じます。どうせ、売名目的でしょう。子供の将来を考えれば、こんな売名行為に過ぎないことを、堂々とやっていることに関して、私は大きな反感を持ちますね。

特殊例のために、モラル破壊を助長するようなことを、法が後押しするようなことは絶対にすべきではありません。

投稿: | 2007.04.13 12:54

 クローン培養が実現するまでは、臓器移植は結局臓器売買に堕ちる事が確実ですし、人工子宮が実現するまでは代理母も金による強制が発生する事は防げません。

 こと自分や家族の生命がかかると、人間の倫理や理性なんて簡単に吹っ飛びます。性弱説に立つならば生命にかかわり、なおかつ 需要>>供給 となる事が判っている医療行為は、たとえ技術的に可能でも法律で禁止した方が良いと思います。

投稿: Escher | 2007.04.13 14:09

失礼ながら、
生命保険制度を法制化するにあたり、保険金目当ての殺人が起きるから、制度自体を作るべきでないとおっしゃっている様に聞こえます。

投稿: たつや | 2007.04.13 14:46

>たつやさん
前にも同じ話で盛り上がった時にも出てきてましたが、既に東南アジア等で安く女性を買い叩いて代理母にするというビジネスが出来上がりつつあるわけで、それすらも「問題ない」とするのであればもはや何もいえませんが、通常の倫理観や道徳観を持っていればそういった事例は明らかに道に外れたものだと判断すべきでしょう。
今回の高田夫妻の事例も人種が違うだけでやはり貧乏人からの子宮売買に近い事が行われていた事がわかっいるわけですし。
ですので現状に照らし合わせれば

>生命保険制度を法制化するにあたり、保険金目当ての殺人が起きるから、制度自体を作るべきでない

これは全く不適当ですよ。
その例で言うなら今は
「保険制度を法制化しようと思うのだけど、保険金殺人がかなり横行し、ビジネスにすらなりつつある」
という状況であると私は思いますよ。

あと今回はそういう話は出てきていませんが、大石氏の不快感は「それが常識になった世界では殆ど孤児が里親に出会う事が無い世界になる」事への不快感や不信感もあるのでは無いかなぁとこれまでの大石氏のテキストから思ったり。

自分はそういう価値観の世界は人が温度を少し失った世界であるように感じます。
血の繋がった子供欲しいってのは分からんではないけど、それに固執しすぎる世界というのは何かが間違ってる気がしてならないです。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.04.13 15:15

>んー、そんな風潮どこにあるのか教えていただきたいです。

遅くなってすいません。
そんな風潮とは私の想定です。現実としてそんな風潮があるのかないのかわかりません。

言葉足らずで申し訳ありません。

「自衛隊がいれば、なんでも解決してくれるという風潮になれば」ですね。

投稿: 岡倉天心 | 2007.04.13 16:49

偏頭痛持ち技術者さま
>これは全く不適当ですよ

生命保険で借金を返すために自殺する人がいます。
貸し腹で借金を返す人がいました。似てませんか?
冗談であなたにどっちか選べって迫ってみましょうか?

それと臓器売買の問題は、人間の尊厳を揺るがすということだと思いますが、生活ができないくらい生活保障がない国であればそうでしょう。また教育レベルが低い国でもそうでしょう。上海の街ではそんなまどろっこしいことせずに、孤児の腕を切り落として乞食という職業に就かせるんですから。
泥棒に問題があるのは事実ですが、防犯意識の問題もありませんか?

>それが常識になった世界

正直言って色んなことが考えられてまだまだそこまで考えが至りません。私には実子がおりますが、子供が好きなので養子を取ろうかとも冗談交じりに話したりします。「親子」という関係が持つ価値観は何なのかと良く悩みます。

投稿: たつや | 2007.04.13 19:33

東南アジアで安く買い叩かれることが問題なら、なおのこと日本国内での合法化を目指すべきでしょう。その上で貧乏人を追い詰めるような状況が生まれるならそれは社会福祉全体の問題として考えるべき。それこそ労働者の人権とグローバリズムに関わる話になる。
モラルを言い立てて日陰に追いやり、実態としては横行してる状況を放置するのはあまり建設的な議論とは思えない。個人の価値観だけの問題ならそれで済むのだろうが。

投稿: kove | 2007.04.13 21:47

>代理母

大きくなった子どもが、「金銭の授受で実の親子関係を破壊された!謝罪と賠償を!」と育ての親を訴えたり、代理母が「代理出産を強制された!日本人は謝罪と賠償を!」と数十年経ってから訴え出したりして。


代理出産に芸能人から盗み出した卵子や精子を使って、「あの有名芸能人の子どもです!」とか言って売り出したら、親子関係などの権利関係はどうなるんだろう?

大金持ちの卵子や精子を使って「あなたの子どもですから、遺産を相続する権利があります!」なんて言い出したらねえ…。


やっかいな犯罪や問題を生み出しそうな代理出産は非合法化しておくのが良いかと。
試験管で育てる技術に比べれば不完全きわまりなく、行き詰まりの見える技術だし。


人類種族の視点から見れば、不妊のつがいから無理矢理、子を作るというのも自然淘汰を歪めることになるかと。

投稿: ほるほる | 2007.04.13 22:30

>たつやさん
>生命保険で借金を返すために自殺する人がいます。
>貸し腹で借金を返す人がいました。似てませんか?

自分の責任だけで自分だけが損害を被る「自殺」と、それによって全く新たな人間が発生してその彼(もしくは彼女)に対して一生の責任が発生する代理出産では大きく違いますよ。

>泥棒に問題があるのは事実ですが、防犯意識の問題もありませんか?

そうであるなら尚更貧乏人の体と尊厳を利用して金を設けようとする組織に対して厳しく規制を行い、「何が倫理的にぎりぎりセーフなのか」を語りつくしてから、認可をしていくべきではないですか?

あと我々は男ですから、おなかで子供を育てるという感覚を知りません。
ですからそれが「とても大変だけどお金を貰えばOK」程度に割り切れる行為であり、おなかで子供を育てている時間はお金で売り買い出来る時間であるかどうかは分かりません。
それらは想像するしかありませんが、高田夫妻の代理母が「自分の子供と精神的な区別をつけるためにも帝王切開にした」というコメントを残している事実があり、また私は妊娠してお腹で子供を育てるという行為と時間を想像すると、やはりそれは
人として外れた行為であるように感じます。

あと人身売買はNGなのにこれはOKというのも、それはそれで何だか微妙に納得が行かない気がしないでもないと思ったり。

つかそれで大きくなって成人した人って精神的な影響とか大丈夫なのでしょうか?
心身ともに元気に育ってくれれば嬉しいけど、そこまでの事例はまだ無いから心配ですね。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.04.13 23:11

>向井亜紀を不快に思う気持ち

向井亜紀を不快に思うというより、この件での
マスコミの反応が不快です。

柳沢厚労相の「女性は産む機械」とのコメントに
あれほどの批判を加えたマスコミが、女性を文字通り
生む機械として扱った向井亜紀には同情的という
のが解せません。

投稿: すぷーく | 2007.04.14 00:49

>人類種族の視点から見れば、不妊のつがいから無理矢理、子を作る>というのも自然淘汰を歪めることになるかと。

ほお、そこまで言うか。
私と私の家族に対する明確な侮辱であると言わざるを得ません。
そういう境遇の方々がすでにどれくらいいらっしゃるのか、わかって
言っていらっしゃるんですよね。

いやはや。

投稿: vodka | 2007.04.14 07:49

ちなみに、
>人類種族の視点から見れば、不妊のつがいから無理矢理、子を作る
>というのも自然淘汰を歪めることになるかと。

この書き方であれば、男性不妊等もすべて含まれますので。
念のため。

投稿: | 2007.04.14 07:54

>私と私の家族に対する明確な侮辱であると言わざるを得ません。

あなたとあなたの家族の視点から見ればね。

人類種族の視点から見るというのは、個々人の意志や判断など問題にならないくらいのマクロな視点から見るということです。

それにしても、自分の不幸を盾にして、他人になんらかの譲歩を迫ろうというのは、ひどく間抜けな行為ですね、いやはや。

投稿: ほるほる | 2007.04.14 09:17

「マクロな視点」は無神経であることの口実にはならないと思います。

投稿: | 2007.04.14 09:20

偏頭痛持ち技術者 さま

生命保険の話は命をもてあそんで金をもうけると、通じる部分があるとするもので、全部が全部同じとはしてませんよ。
ただ、幸いにポイントが明確になったようです。

生まれた子の将来を案ずる方が多いようですが、それほど現行制度の夫婦制度に立脚した自然妊娠、正常分娩が「えらい」んですか?
そして正当な遺伝子、正当な妊娠、実母、実子関係というのが「えらい」のであって、他は認めるべきでない存在ですか?それこそ優生思想ではないでしょうか?

投稿: たつや | 2007.04.14 10:22

それではお尋ねしますが、

>自然淘汰を歪めることになるかと。

どう歪めることになるのでしょうか?
例えば、私の場合「両側精索欠損」なのですが。

#世の男性諸氏にとってみれば、ある意味うらやましいかもしれませんが
#天然パイプカットなので。「失敗」はありません。

投稿: vodka | 2007.04.14 10:23

 私のブログでは、不妊の原因が自分の側にあることを表明してらっしゃる常連さんが複数いらっしゃったと記憶するので、表現には注意して欲しいと思うところです。
 その意味では、ほるほるさんの↓これ

「それにしても、自分の不幸を盾にして、他人になんらかの譲歩を迫ろうというのは、ひどく間抜けな行為ですね、いやはや。」

 は、一線を越えているように思います。いつものことながら、主旨は解るし、同意もしますけれど、当事者を前にしては、もう少しオブラートに包むべきであろうかと。
 ただ、生物としての自然淘汰の問題ですね、これは難しいなと思うのは、生物としての自然淘汰を受け入れるべきだ、というのは実際に不妊に悩む人々や、その他の遺伝病に悩む人々には申し訳ないけれど、同意せざるを得ない部分はあるわけです。どんな綺麗事を並べても。
 ただ他方、経済的貧困や差別を代替わりして後の世代に引き継がせないために、文明国はあらゆる手だてを行っているわけです。同和行政のような副次的な問題は生じたにせよ、それは積極的にやるべし、やるのが文明国の務めだという社会合意にあって、そりゃ生殖医療だって、進歩して当然な部分はある。本来なら、自然淘汰に委ねるべきだった問題も、解決できるような時代になってきた。
 ただこれも同和行政と似たようなもので、どこかに線引きはあるべきで、いずれにせよ「自然淘汰」という概念を持ち出すことには、自制が必要だろうと思うわけです。

投稿: 大石 | 2007.04.14 11:00

>当事者を前にしては、もう少しオブラートに包むべきであろうかと

おっしゃる通りです。確かに、あの一文は余計でした。


投稿: ほるほる | 2007.04.14 11:30

>たつやさん
>それほど現行制度の夫婦制度に立脚した自然妊娠、正常分娩が「えらい」んですか?
そして正当な遺伝子、正当な妊娠、実母、実子関係というのが「えらい」のであって、他は認めるべきでない存在ですか?

論点がずれてますよ。
私が言っているのは出産と子供という2つのものは売買していい類のものかということですよ。
遺伝子云々を言うならそれこそ代理母は遺伝子が繋がっている「だけ」ですよね?
それでは卵子と精子が依頼主のものでは無い状態、つまり「私の産んだ実の赤ちゃんを依頼主に売買」と何が違うんですか?
それこそ、遺伝子が繋がっていればいいのですか?
でも世の人達は「血の繋がり」を求めて代理母に依頼するわけで、たつやさんの言を借りるならば代理母を推進・期待する人間こそ優性思想ということになりませんか?

たつやさんは余りにも「夫婦」側の視点に立ちすぎているように思えます。
どのような方法であれ、生まれてきた子供は祝福されるべきだと私は思いますが、同時にその後生い立ちを知って苦しむことになるかもしれないというのに、生まれたあとの子供の苦悩よりも自らの欲を優先させて押し切っても良いという姿勢は自分には疑問です。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.04.14 11:39

どういう出産の形にしろ、子供に血のつながりを求めるというのは生き物としての本能のようなもの。これを否定しては生態系そのものが成り立たない。無理がある。それを優性思想と指摘するのはありえないでしょう。それに子供の将来の苦悩を推し量って生まないなんてのも、結局親のエゴですよ。将来子供がどう思うかなんてわからない。自分で将来を切り開く可能性だってあるのに、ましてや赤の他人が生まないほうが良いなんて言う事こそ問題だと思うよ。それこそ優性思想に染まってる。あくまでその家族自身が判断する問題だろう。

投稿: kove | 2007.04.14 13:23

>koveさん
>どういう出産の形にしろ、子供に血のつながりを求めるというのは生き物としての本能のようなもの。これを否定しては生態系そのものが成り立たない。無理がある。それを優性思想と指摘するのはありえないでしょう

に関しては私は「血が繋がってさえ居れば後はどのような手段でそれが達成されても良いのか?」と言っているのであって、それに対してそのように反論されるのであれば、私にはやはりそれは優性思想であるように感じます。
それとも血の繋がらない家族は不自然であり無理がありますか?

それ以外にも出産で母子が不幸に見舞われたり、子供に障害があった場合はどうするんですか?
また金さえ払えばよいというのであればキャリアな女性が仕事から離れるのがイヤで利用したり、それこそ優性思想の元に優秀な精子(または卵子)をバンクから提供してもらい、それを複数人の代理母で着床させて一番優秀な子供だけを実子にすることだってあるでしょう。
途上国が代理母ビジネスを国として推進し、国営子宮提供工場のようになっても、それは倫理的に問題ないといえますか?
母子の死に関しては逆に依頼主が不慮の事故で居なくなる場合もありえますが、そうしたらどうしますか?

私のような知恵の足りない人間が少し考えただけでもコレだけ出てきます。
恐らく他にももっといろいろな問題があるでしょう。
生物倫理的、人道的、子供の人権など以外にもこういったいろいろな問題があるわけで、それを語らずして「子供が欲しい人には云々」だけを語るのは、それこそ高田夫婦に対しての大本営的報道と全く代わりません。

多くの問題を抱えているのだからきちんと議論をして、その後に体制を整えるのが私は筋だと思いますが、その時間すら惜しいですか?
大事な問題だからこそ時間をかけるべきだと私は思いますよ。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.04.14 16:36

人間というのは“それ”が可能であればなんでもやってみるという性質の生き物だ。
以前GATTACAという映画を見て、確実なる近未来を先取りした秀作だと思ったが、現状でさえ法整備さえ整えばすぐにでも可能なレヴェルになりつつある。
こうした未来が人間にとって明るいのかそうでないのかはその立ち位置によって異なることではあろうが、確実なのはそうした未来を決めるのは不完全な遺伝子を持つ我々だが、それによって影響を受けるのは我々自身ではないということだ。

なぜ、臓器移植はボランティアなのか。
それはカネ目的に臓器提供者が現れることではなく、それをビジネスにする輩が現れるからだ。これは時間やカネのかかる人工・人造臓器開発と違い、法が許せばすぐに出来るビジネスである。人間そっくりのロボットを作って奴隷にするより、人間を奴隷化したほうが手っ取り早いのと同じ理屈だ。

確かに医療技術や遺伝子技術で弱い人間を強くよりよくすべく使われることはあるだろう。だが、それが可能であるならば反対に強い人間をより強く、弱い人間をより弱くもできることになる。不完全な我々が神の手を持つとどうなるのか。自由経済主義を信奉している国々の行く末と恐らくそう大きな違いは無いと感じるのは杞憂か。

投稿: | 2007.04.14 17:32

>偏頭痛持ち技術者
「血が繋がってさえ居れば後はどのような手段でそれが達成されても良いのか?」

一般的に親が子に血のつながりを求める行為にはなにも問題もないでしょう?人として自然な行為といえるでしょう。そういう動機は通常の不妊治療でも代理出産でも同じ。治療の手段が違うだけで相手を優勢思想呼ばわりするのは過激だと思うよ。優性思想の持ち主だから行動を起こすわけではなく、それ以外に有効な解決手段がないというだけなんだから、思想を問うというのは筋違いな話。

「どんな手段でも」って立場に立ってるわけではないが、目的のためにできうる限りの努力を尽くすのは当事者としては当たり前のこと。公共の福祉に反しない限りは認められるべきでしょう。

>血の繋がらない家族は不自然
当事者がどう考えるかというだけの問題。
むしろ代理出産の場合、血の繋がりのあるにもかかわらず家族として認められない現状のほうが問題でしょう。

それから心配事が多いのか質問が多すぎるので
一々答えられませんが、
問題があればその都度修整していけば良いのです。
初めから完璧な制度などありえないのだし、
最終的にそのリスクは当事者たちが負うことになる。

時間もただ費やせば良い物ができるというわけでもないし、ただ議論をするだけでは最終的な解決策にはなりえないと思いますよ。

本当に困ってる場合に限って限定的にでも認めて実際に運用していくことでより議論も深まって行く事でしょう。

投稿: | 2007.04.14 19:26

この件に関しては、代理出産という行為そのものの是非の論議がひとつ。その是非はとりあえず脇におくとして、わざわざ事を大きくしないで、養子縁組した方が、生まれてきた子供にとっては良かったんじゃないのか?という話と、2つ論点があると思うのですが。
で、1つ目については私自身は、代理出産という行為をよしとするものではありませんが、まだ議論を重ねる必要はあると思います。
でも、2つ目については・・・。やっぱり、生まれてくる子供のためには、騒ぎを大きくしない方が良いのではないかと思うんですが。現行法の改正を訴えるなら、生まれた子が成人してから、本人の意思で行ってもいいわけだし。

投稿: ya-mana | 2007.04.14 21:00

何で「精索欠損」なのに絶滅しなかったのか。
そのへんは、確か過去のNatureかScienceで、あくまでも予測と
して、精索欠損の発現遺伝子、もしくは近い所に内臓の衰弱に強い
性質をもつ遺伝子があり、このおかげで種々の疫病による大量死亡
時の生残性が高かったため、絶滅を免れているのではというような話が
取り上げられていたと思います。
まあ、淘汰とはいえ、無くなっていないということはどういうことなのか、
考えればよくわかると思いますが。
単に「ある一定の確率で生成する」というのもあると思いますが、
しかし、それならそれで、淘汰云々の話をするのも、ね。
それ以前に、「何がまともで何がまともでないか」本当に分かって
いるのでしょうかね。我々は。

投稿: vodka | 2007.04.14 22:14

>公共の福祉に反しない限りは認められるべきでしょう。

>最終的にそのリスクは当事者たちが負うことになる。

何か矛盾しているような。当事者達がリスクを負うと宣言しても、当事者が背負えない・見抜けなかったリスクは公共で負うしかないんだよね。


代理出産は金銭で一定期間、誰かの肉体を拘束するという点では、売春と同じ。問題点も売春と同じ。それは、肉体を商品として売るしかない人間を、売春や代理出産の仲介者が徹底して搾取できるということ。
10個の受精卵を預かって、10人の代理母に育てさせて、「10人の子供ができました。引き取れないなら、1人XXドルで処分します」
10人のうち1人を引き渡して、料金を受け取ったあとにその1人を殺害して「実は手違いの奇跡で、あなたたちの子供がいました!あらためて追加料金を…」を繰り返す。

不法移民が売春をするように、日本でも不法入国者が代理出産ビジネスを始めると、日本で悲惨な暮らしをしている中国人や朝鮮人の売春婦が日本人の代理母に~なんて国際問題間違いなし。
代理母から日本人のDNAを持つ子供を得て、対日工作用のスパイとして育成すれば日本国籍を得られたりDNAチェックをすり抜けられたり色々と便利そうです。

>むしろ代理出産の場合、血の繋がりのあるにもかかわらず家族として認められない現状のほうが問題でしょう。

血の繋がりを偽造(というかコピー?)できる可能性がある。それが代理出産の欠点です。

代理出産を法的に有効な家族として認めれば、年頃になった娘さんには、「私、あなたを代理出産で産んだ母親なんだけど~」と適当な思い出話をでっちあげて金をせしめようとするオレオレ詐欺や誘拐が出てくるでしょうね。


投稿: ほるほる | 2007.04.14 22:25

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/04/freemartin_8352.html

>不妊治療でせっかく授かった男女の双子の女の子が、不妊治療が原因の先天的な問題で不妊症になるとしたら、親にとっても子どもにとっても、悲劇でしかない。

代理母でこんなことが起こったりしたら、余計に拗れそうな気がする。
(「別の人に妊娠してもらえば<こんなこと>にはならなかったかもしれないのに」という思考に多少なりともなってしまうのは
ある程度仕方ないんじゃないかという気がする)

投稿: | 2007.04.14 23:44

>たつやさん
>まず日本の法律が正しいのか中国の法律が正しいのかアメリカの法律が正しいのか。日本国民が他国の法律を云々することに違和感を感じる。

他の国の法律のことなど問題にしてません。
向井夫妻が訴えたのは他ならぬ日本です。
その日本の司法とて特別養子という制度で親子関係を築くことは容認しています。
最初からその道を選択していれば、代理母との契約条項に盛り込むことも十分可能だったはず。

現行法解釈を争う限りこの夫妻の言い分が通る可能性はなく、単にマスコミにネタを提供して話題作りをしただけでしょう。

私は海外で腎臓を金で買う人がいることを否定しませんが、「日本でも腎臓を金で買えるようにしろ」という人がいたら断固阻止したいですね。

投稿: 私も2割 | 2007.04.15 01:05

おそらく原爆を生み出した科学者は世界の終焉を信じたでしょう。全てを御しきれる科学技術なんかあるとみなさんお信じになっているのでしょうか?所詮すべての科学技術は猿が火を使う様になった時代から人智を越えていて、火傷してやっと使える様になってるだけ。それでいて未だにぼやなどの事故は起きる。

偏頭痛持ち技術者さま
>論点がずれていますよ。
別に人身売買だ、人権蹂躙だという指摘は理解していますよ?そう揶揄されない方法を模索しているだけです。
>少し考えただけでもコレだけ
では代理母はボランティアで、妊娠できないことが明かなご夫婦で、日本国内でその条件に合うだけのものをみとめ。引き取り手には三親等レベル内で3組みほどの夫婦に養育の連帯保証させ、代理母と希望する夫婦に全員に十分な生命保険、医療保険をかけた場合ならオッケーですね。では私の知っている代理母を希望する人はクリアでよろしいですね?

私も2割さま
向井夫妻「限定」の話は「2007.04.13 12:35」で触れています。余はもっぱら代理母について述べています。

投稿: たつや | 2007.04.15 11:37

>代理母と希望する夫婦に全員に十分な生命保険、医療保険をかけた場合ならオッケーですね。

コストが高くなれば、安いコストを武器に犯罪組織が食い込んできますよ。

代理母のボランティア精神も犯罪に利用できそうですし。

投稿: ほるほる | 2007.04.15 12:01

>ボランティア精神も犯罪に利用

マドンナの養子縁組も叩かれていますしね。幸せなんか、結局は道具を持つ者の意志によるんですよ。あなたは刃物を誰に持たせますか?
使いまわされた言葉ですね。

投稿: たつや | 2007.04.15 12:22

>(「別の人に妊娠してもらえば<こんなこと>にはならなかったか
>もしれないのに」という思考に多少なりともなってしまうのは
>ある程度仕方ないんじゃないかという気がする)

内容きちんと読んでます? 件の記事の件ですが
「代理母」が原因では「まったく無い」のですけど。
まあ、あなたのような方がそういう思考になってしまうというのは
避けようがないですが。
半可通どころか、全く分かっておられないのにこういう書き込みを
されるという。

しかし、
以下略

投稿: vodka | 2007.04.15 13:06

内容きちんと読んでます?

僕があげたのは、原因には関係なく、また
「「代理母」が原因では「まったく無い」」と説明されたとしても
「そういう思考に多少なりともなってしまうのはある程度仕方ないんじゃないか」ってこと。

半可通どころか、(以下略)

投稿: | 2007.04.15 13:16

たつやさんは代理母実現に関して

>では代理母はボランティアで、(以下略)

と色々条件を考えてくれてるんで、

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/04/post_628b.html


>問題は
> 不妊クリニックは妊娠させるだけで、担当した妊婦の妊娠の異常は他の産科医に丸投げされる
>ことだ。

に対してどういう条件を考えるか興味があります。

「妊娠させるだけの不妊クリニックには代理母関係の操作をやらせない」とか?

投稿: | 2007.04.15 13:44

投稿 2007.04.15 13:44さま
不妊治療を受けている方のお話を聞いてる範囲で、不妊治療と産科が別というお話を聞いたことがありません。かといってリンク先が具体的な実例を挙げて頂いている訳でもないようですね。
常識的に考えて、人工授精、着床、妊娠の継続、胎児管理、母体管理は同じ一連の問題だと思います。

そもそも妊娠は健康保険ではみてくれませんから、自由診療で別の医師を選択する理由がわからない。「妊娠管理、出産は別だよ~」って医者で不妊治療は受ける人はいないでしょう。

投稿: たつや | 2007.04.15 14:16

>医者で不妊治療は受ける人はいないでしょう
お産は予定が立てられない。値段も相場があってたいした儲けにもならない。
だから不妊の、それも予定が立てられる人工受精だけに業務を絞るところは、いくらでもあります。
客の方も、的中率だけをアテにしてそう言うところ集まります。
お産は地元で、受胎だけは北九州とか諏訪とか、遠隔地にえっちらおっちら。
「カリスマ」「カリスマ」と唱える自分に陶酔してね。

投稿: | 2007.04.15 15:02

>代理母の問題点
いや、だめな理由を挙げれば、それをクリアすれば問題ないと短絡する人間が現れるから条件闘争しても意味はないよ。
やるんなら、目的にかかわらず現行法に照らして代理出産を禁止するといった単純な原理原則に徹しないと。単純な容器を開けるには単純な開け方が必要なんだよ。
一応日本も主権在民、民主国家ということなので、こうした議論も子捨てポスト同様民意が反映されることとは思うが、愚民が増えれば否が応でも愚民国家の一員となるわけであるから少なくともそうならないようにする努力は必要。

人間というのは社会性動物で前頭葉優位である故か自己の出自、アイデンティティが安定的自己形成に与える影響が大であり、よって最終的には社会にこれらは還元される。そして最大の問題点であり焦点はリスクを負う当事者の中に真の当事者が議論の輪の中に入れないという事実を忘れていることである。
という、単純な理屈によるんじゃないかと思うんだが。

投稿: | 2007.04.15 16:24

たつやさん
>幸せなんか、結局は道具を持つ者の意志によるんですよ。あなたは刃物を誰に持たせますか?


そんなに刃物を使いたいなら、周りの迷惑も考えてくださいな。


古来より、武器や技術は規制の中に閉じこめて使用するものです。

言葉が使い古されるのは、それが有効であることのなによりの証左ですね。

投稿: ほるほる | 2007.04.15 17:08

ほるほるさま

いまはみんなしてバカが刃物を持ってると、封じ込めの失敗を悔やんでいるのでしょ?
そして有効策を打ち立てられない。ましてや一般市民は情に流されている。
ご指摘の通り「規制の中に閉じこめて使用」するしかないと思いますが?

投稿: たつや | 2007.04.15 17:34

民主国家ではルール、法律には不作為と作為というのがあるが、不作為に対して圧倒的に作為に対するものが多い。
不作為のルールが多く存在する国家は独裁恐怖国家である。
日本国憲法でも作為というのはいわゆる3大義務とそれに付随する法律であったりする。
これは人間は基本的に禁止しないと好き勝手やらかすからそうなっている。
本来人間が神のような存在であればそうしたルールは必要ない。

投稿: | 2007.04.15 17:59

日曜日の大石氏のコメントに

>厚労大臣は、何処かの養護施設の前で記者会見すれば良いですよ。あなた達夫婦の愛情を必要としている子供が、全国に五万人もいるんです、と。

というのがありますが、ここで代理母を賛成している人達は当然これには反対なのですよね。
実の子供をそれが欲しい親に提供する行為はどんな手段を使っても許され、どんな価値観よりも最優先されるとしているのですから。

最初に書きましたがこういった意見が
「ばかばかしい。子供など血の繋がった子供以外はありえない」
と一蹴される世界は、人の温度が数度下がった世界だと私は思います。

ちなみに 2007.04.15 11:37のたつやさんの広範に意見は私が何とか許容できる範囲の譲歩地点です。
が、上記の事や堕胎のさせやすさや受け取り拒否が特定の性別じゃないとイヤだとか、そういう理由で行われる可能性などから考えて、やはり私は納得も支持も出来ませんが。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.04.15 20:16

>いまはみんなしてバカが刃物を持ってると、封じ込めの失敗を悔やんでいるのでしょ?

いままで存在しなかった刃物を振り回す人が出てきただけで、規制するか好きにやらせて放っておくか議論されている所だと思います。

現状でも、その気さえあれば代理母を使って子供を持てるわけですし、その子供が差別されるということも無い。

代理母は「血の繋がり」という人類社会のセキュリティを担ってきたシステムに影響を与えるものですし、今後の技術発展や問題の複雑さを考えても、規制に関する議論はゆっくり重ねていくべきだと思います。

投稿: ほるほる | 2007.04.15 20:17

>上海の街ではそんなまどろっこしいことせずに、孤児の腕を切り落として乞食という職業に就かせるんですから。
この話はインドが本場ですから何らかの政治的意図がないのであればインドの例を挙げるべきでしょう。

投稿: | 2007.04.15 20:41

>常識的に考えて、人工授精、着床、妊娠の継続、胎児管理、母体管理は同じ一連の問題だと思います。

http://allabout.co.jp/children/sterility/

の左側にある「オススメの病院」をいくつか見てみたけれど、分娩(出産)までやっていると明記しているところは、そうはないようだけれど?

投稿: | 2007.04.15 22:24

>分娩(出産)までやっていると明記しているところは

 これはむしろレアなケースでしょう。根津医師の所のように、もともと産院として成功していて、不妊治療でも知られるようになった病院というのは、数えるほどだと思います。あそこは確かホテルまで併設ですよね。それほど大きい。
 神奈川で、不妊治療の名医として知られている人々は、ほとんど専門のクリニックで、産科併設はたぶん無いと思います。
 現状のモラル内での不妊治療だと、それでも済むんですよね。根津さんのようなことをやり始めると、そんな患者をうちへ回すな、というトラブルも起こってくるでしょう。

投稿: 大石 | 2007.04.15 23:13

僕が 2007.04.15 13:44 に貼ったリンク先の記事の下の方には

>超低出生体重児が、NICUをなかなか出られなかったり、NICUを出た後にも問題を抱えていることは以前書いたが、

というのがあり、それは

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/04/nicu_4c56.html

のことなんですけれど、この記事の下の方にセンセーショナルな例として

>この後のリストは
> 退院の見込みのない子ども
>のものである。その中では
> 致死性四肢短縮症の子ども
>は、家族が受け入れてくれないだけでなく、
> 家族の受け入れ意志なし(同胞には秘密)
>と、生まれたことすら、兄姉に秘密にされている。致死性四肢短縮症とは、
> 骨の形成が不全で、骨が成長せず、最後は肺など骨格内の内臓が圧迫されて死んでしまう
>病気だという。延べ入院月数は、統計が間違っているのでなければ
> 124ヶ月
>となっている。10歳を超えて、その子が生きていることを、家族が認めてないのだ。

というのがありました。

もし代理母出産してその子供が某かの障害があったりした場合に、
依頼した方がその子供を引き取らずに次の代理母出産にトライ
(そして異常の無い子供が出来るまで、金が続く限り繰り返す)
なんて事になったりして。

投稿: | 2007.04.16 00:41

ちょっと間違えたかも

>超低出生体重児が、NICUをなかなか出られなかったり、NICUを出た後にも問題を抱えていることは以前書いたが、

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/04/post_8bc7.html

かもしれません。

投稿: | 2007.04.16 00:50

出産は勇み足でしたね。

リンク先をいくつか訪れていてびっくりしたのが、不育症は診察しません。妊娠三ヶ月を超えたら診察しませんと、明記してあるサイトがありました。不妊治療とはいえ、人工受精とカウンセリングとは天と地で、今の心療内科ばやりと同じなんでしょうけど。

投稿: たつや | 2007.04.16 09:21

 不妊治療の場合に限らず、首都圏では「出産ができる病院」が絶対的に不足していて「お産難民」が続出している状態です。
 うちの会社でも同僚が数名この状態になってしまい、我が家もあと1営業日遅かったらその仲間入りするところでした。この分だと、不妊治療を始める前に産院を確保しなければいけない時代が冗談でなく到来するかも(^^;;;

 本題に戻ると、臓器移植も代理出産も、私は「モラルハザード」の問題があるため反対です。
両方の問題とも人の生死にかかわるだけに、人間のエゴがむき出しとなってしまいます。技術的に可能だったらばそれこそ手段を問わず目的の為に暴走する人が続出し、それを悪用する人が後を立たなくなります。それが技術的に可能となった現在、法律で強硬に禁止しない限り、麻薬よりも酷い社会問題を引き起こす事は時間の問題でしょう。


投稿: Escher | 2007.04.16 10:10

>この話はインドが本場ですから

中国がインドのマネをしたって事?
それに、こんなのに本場とか元祖とかあるのか?

投稿: | 2007.04.16 10:58

>>この話はインドが本場ですから

>中国がインドのマネをしたって事?

この行為はヒンズー教の教え(インドでは上流階級は物心ついたらこの乞食達に施しをすることを教え込まれます)とカースト制度がもたらした暗黒部として世界に広く知られています。
そうした背景の無い中国とは桁が違います。

投稿: | 2007.04.16 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの自己陶酔に虫酸が走る:

» ラニーニャ現象 [ラニーニャ現象]
ラニーニャ現象で今年の夏は猛暑に?? [続きを読む]

受信: 2007.04.16 01:15

» [芸能] 植木等追悼と向井亜紀の傲慢 : 社会派くんがゆく! RETURNS [昨日の風はどんなのだっけ?]
別に国民栄誉賞なんて、こんな大したものじゃないと言われたら同意するけど、それでも植木等が亡くなったということに際にして、そういう議論がカケラも起きなかったのは、これだけの功績、そして日本の象徴として考えたときに、なんということなんだろうと思い至ります。植... [続きを読む]

受信: 2007.05.12 23:44

« フセイン政権崩壊4年に | トップページ | チベットを忘れない »