« 20光年! 近いか遠いか | トップページ | 出口戦略 »

2007.04.27

だから、医者はどこに消えるのよ?

※ 大隅の救急医療「鹿屋方式」崩壊危機
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=4101

 正直に言うと、こういうニュースに接するとちょっと嬉しいんですよ。あの過疎と高齢化の地方で、それだけ子供が生まれ続けているということですから。
 ただどうなんですかね。たとえば鹿屋市内に、仮に7人の小児科専門開業医(たぶんそんなにいないと思う)がいるとして、週休二日を取りつつ夜間診療を請け負うとすると、一週間に最低1.x回の30時間労働をすることになるんですよね。挙げ句に事実上、土日という概念も捨てざるを得ない。これは開業医の理想から言えば、全くハードな話ですよね。
 それにしても不思議なのは、鹿大の医学部の入学定員て今何人くらいなんでしょう。仮に県内で50人くらい毎年免許を得る人が出るとしたら、それだけ新人ドクターが生まれるわけですよね。それが日本中で生まれる。日本全体では、毎年8千人近い医者が生まれているんですよね。これを軍隊と考えると、毎年乙師団が一つずつ誕生している計算になるはずなのに、自然減を見込んでもいったい、医者はどこに消えていくんでしょう?
 小児救急と言っても、たぶん相当数は、何も小児科医が診なくても済むような症状が大半だと思うんですよね。その辺りのトリアージをどこでやるか? そりゃ親にしてみれば最初から小児科医に診て貰うにこしたことは無いけれど、限られたリソースを頼るには限界があるわけで、いっそ、時間外&休日はここでしか診ない、という風にして、医師というリソースを、鹿屋だったら県病院に集めて、他のドクターも加勢するようにするというのは……。とか言い出すと、真っ先に公立中核病院の小児科が閉鎖されたりするんですよね。
 ことはイラクの戦場だと考えて、限られたリソースをいかに有効に活用して犠牲者を出さずに運用するかで知恵を絞ると。

※ 宮崎市-鹿中央駅 ノンストップ高速バス運行/宮交
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=4116

 何か信じられないんですけど。どうして鹿屋-空港が2時間掛かるのに、宮崎と鹿児島の県都同士が2時間で結べてしまうんだろう。うちの田舎はそんなにどうでも良いのか。

※ リニア中央新幹線「2025年に開業」 JR東海社長
http://www.asahi.com/business/update/0426/TKY200704260275.html

  私がいつも、この案に疑問を呈するのは、たとえば東京-山梨間はどうするんでしょう? 大深度地下で数十キロ行くんでしょうか。現に今新幹線があるのに、また新規に線路を引くのはリソースの無駄遣いのような気がするんですよね。
 将来的に中央リニアが大阪まで通ったら、新幹線はどうなるんでしょう。交通の理想から言えば、そりゃ経路は一杯あった方が、いざという時に安心できるだろうけれど、JRは両方維持して採算が取れるつもりなのでしょうか? 実際に中央リニアとなると、おらが町に駅作れ、で莫大な税金を投入することにもなるでしょう。だったら、新幹線を止めて作り直した方が最終的には安上がりになると思うんですけどね。それでもまだ山の中の土地を買って線路を引いた方が安上がりだ、という計算なのでしょうか。

※ バイオガソリン、27日発売=関東1都3県の50給油所で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000011-jij-bus_all

 以前も書いたように、こういうエコ燃料がものになることによって、食糧のコストを引き揚げてしまうわけで、良いことばかりではない。ただ一つ、期待していることがあるのですが、私の故郷は、種子島にしても奄美にしても、昔はサトウキビの産地だったんですよ。そこいら中、見事なサトウキビ畑でした。所が砂糖の値崩れ等で、これが全く採算が取れなくなって、物流コストの問題等もあって、島での農業は全く採算が取れなくなってしまった。同時に離島経済は、極端な公共事業依存体質を深めていく。
 もしこれが本当にものになって、サトウキビの価格が離島での採算ベースに乗るまでに上昇するのであれば、今一度、農業で離島を復興するチャンスだと思いますね。それを後押しする行政の取り組みがあまり見えないけれど。

※ ミクシィ「踏み逃げ」 市議候補に大ブーイング
http://www.j-cast.com/2007/04/26007198.html

 面白いニュースですけれど、その候補者に、誘導の意図があったかどうかは、もう藪の中ですよね。単に選挙区の情報を漁っていただけかも知れないし。
 ただ私はむしろ、こういう行為で「踏み逃げ」とか、公選法違反とか騒ぐ人々のメンタリティーに疑問を感じざるを得ない。選挙でネットが使えないせいで、都市部ではほとんど候補者の情報を得ないままわれわれは投票せざるを得ない中で、自ら、私のサイトに来て私のことを知って下さい、という行為を拒否する理由は無いでしょう。たかが足跡じゃん。それってトラックバックじゃないでしょう。似たよなもん?

※ 「学校裏サイト」管理人を書類送検 女子中学生の中傷放置
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070427/jkn070427002.htm

 こういう連中はバンバンしょっぴけば良いと思うけど、変ですよね。この人がこういう形で送検されるんだったら、今頃ひろゆきは一兆回くらい書類送検されてなきゃ駄目じゃん。なんでこの人はアウトでひろゆきはセーフなのか、そこをはっきりさせて欲しいですよね。

※ 逝く昭和と天皇、克明に 卜部侍従32年間の日記刊行へ
http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY200704250363.html

 A級戦犯合祀の部分だけがクローズアップされるけれど、その他の部分にも光が当てられるべきだと思うんですけれどね。

※ 09年の大河は「天地人」=NHK
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000129-jij-soci

>直江兼続の生涯を描く

 いやぁ、腹黒というか腹芸の人ですよね(~_~;)。理不尽な殺され方をした手下の命を返せと迫った遺族の首を刎ねたとかいうエピソードもぜひやって欲しいけど。

※ 浅尾を守れ!一般撮影禁止
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000015-spn-spo

 こういうニュースを聞くと凄く疑問なんですけど、コミケとかでもそうらしいけれど、見られるためにそんなパッツンパッツンな格好しているのに、撮るなというのはナンセンスでしょう。そんなこと言うなら、ジャージでも着てなさい。あたしが言っていること、何か変?

※ 宇宙人を探そう!兵庫の天文台、可能性高い惑星の光を分析
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070426i418.htm

 これ興味深いのは、もし人為的なレーザー光を、数光年、もしくは数十光年離れて観測できるのであれば、それで通信が可能だということですよね? 返事が届くまで数十年掛かるけれど。よくある、素数の交換から始めて、最初はJPEG画像で文通でもしましょうか。何を送れば良いんだろう。ティラノサウルスの顔写真かミッキーマウスとか。何か星新一に似た話がありそう(~_~;)。

※ アキバ内で完結…ネカフェ難民が万引→転売、メード喫茶も
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070427/jkn070427000.htm

>男はアキバの軍事オタクがよく着る迷彩服で犯行に及んでいたため、特殊なバッグを持っていても

 場所が何処だろうと、迷彩服なんか着ないで欲しいと思うわけだが。

※ 「日本のツル」はダメ? 中国の国鳥選定、難航
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007042600120&genre=E1&area=Z10

 それ、学名を変えろっていかにも中国ですなぁ。

※ 仏ロワイヤル候補北京五輪ボイコットも
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070426-190214.html

 チベットのことかと思った。

※ ピープル誌の「最も美しい人々」のトップにドリュー・バリモア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000107-jij-ent

 アメちゃんの審美眼は正直、ようわからん。ハル・ベリーは許せるが、他の面子はどうよ。>スカーレット・ヨハンソン、ジェニファー・アニストン……。

※ <ネット中傷>民主党“標的”10万件 都知事選と参院補選
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000014-mai-soci

  とは言っても、ちゃねら~、選挙行かないからなぁ。

※ メルマガおまけ ソニーは王道をいくべし

|

« 20光年! 近いか遠いか | トップページ | 出口戦略 »

コメント

リニアの話は前も出ていましたが、そもそも今の東海道新幹線自体、東海道本線の容量が逼迫する中で、緩急分離のために建設されたという側面があります。スケールは全く異なりますが、田園都市線のラッシュ時急行運転取り止めと、工学的には同じ発想です。

投稿: 半可通 | 2007.04.27 10:21

リニアは立川=小牧でいいんでしょ。立川から東京にでるのと比べればそれでいいし、南武線から品川に、八王子から新横浜に出るのに比べれば、立川でも変わらない。それで元がとれる。過密ダイヤを組むノウハウも確立していないから、三多摩+神奈川/埼玉県西だけをあいてに実験すれば事足りる。

宮崎は、だから、宮崎空港経由にするべきでしょうね、あるいは宮交バスターミナル経由宮崎空港行き、いちおう航空会社をタイアップしているんだから。

バイオエタノールは、伊江島はまさに先生のおっしゃる通りで地産地消。バイオエタノールの運賃負担率は低いが、どのみちガソリンも製油所から運ばなければならない。種子島や奄美ならその運賃もリットルあたり10円20円では効かない。ちなみに小笠原の母島のガソリンは250円/Lになる。
現地でつくったエタノールが高くても揮発油税さえクリアすれば、ガソリンの運賃で単価の上昇は相殺できる。
伊江島も製糖工場が廃れ、キビを積んだダンプをフェリーにのせて本島の製糖所に送る嵌めになった。ところが、キビの運賃が捻出できない。ならば、製糖だけでなく、バイオエタノールをという話になった。
ここで大切なのは、製糖所で棟続きにエタノールの醸造所と、燃料スタンドがないと、運賃でメリットがきえさるということ。
その場で、レギュラー30L、エタノール1Lと個別に入れてE3風に仕立てるような給油方法でないと、一回本島の製油所にエタノールを運んでからでは、採算とれない。
http://www.jacom.or.jp/kensyo/kens101s06121301.html

投稿: pongchang | 2007.04.27 10:34

>リニア
 現状で新幹線が飽和状態である上に、リニアができれば割りを食うのは新幹線ではなく飛行機であるので、中央リニアは見た目ほど荒唐無稽ではないかも。都心から大阪まで1時間半で行けるようになったら、東京~大阪の航空路線は「終了」でしょう。大阪側を新大阪までとすれば、東京~岡山便もアウトになるかも。

>宇宙人探し
 恒星間光通信といえば、最近では小川一水氏の「老ヴォールの惑星」がこれに該当しますね。

>サトウキビエタノール
 沖縄電力が、大東島のサトウキビでラム酒を売り出しましたが、これも「サトウキビエタノール」の一種ですね。自動車用ではなく飲用ですが。

投稿: Escher | 2007.04.27 10:51

>中国の国鳥
国花選びも難航しているようですね。
牡丹は有力だが清時代に国花になったと反対する
人もいるようですし、台湾が使う梅を選ぶわけも
ないですし...

ツルに日本に関連した学名があるのに拘るなら
国名にある人民、共和は、明治時代に日本が
作った和製漢語です。
噂では、毛沢東が国名の半分以上が和製漢語で
難色を示したと聞いたことがありますが...

投稿: 外資社員 | 2007.04.27 11:35

タンチョウには英名として Red-crownedCrane,JapaneseCrane,ManchurianCrane
つまり満州の鶴という名も挙げられているのですから、問題ないでしょ。
日本のタンチョウは留鳥ですが、「渡り」をするタンチョウも居ますから
そうゆう名前がつけられていても、おかしくはないでしょ。
しかし鶴=クレーン(起重機)だなんて誰が命名したんですかね?
私ならキリンと名づけたいところですが。

投稿: ハマの住人 | 2007.04.27 11:51

>鹿大の医学部の入学定員て今何人くらいなんでしょう

大学のHPで調べるとかしたらどうかと思いますが、代わりに調べてあげますと、入試での入学定員が85人、学士入学が10人を毎年入学させているようです。
ちなみに昨年の医師国家試験の同大学医学部の合格率は78.4%で75位、ここより劣る医学部は5大学(全部私立)しかありませんでした。全合格者は7742人、確かに8千人近く供給はされているようですが。

投稿: _ | 2007.04.27 12:00

>※ リニア中央新幹線
>私がいつも、この案に疑問を呈するのは、たとえば東京-山梨間はどうするんでしょう?
東京側の結節点としては橋本の名前が上がっています。
そこが接続駅になるのか、都内から延びる路線の途中駅になるのかはわかりませんが。
都内に延ばすとなると、騒音や日照権の問題を考えると地下を通ることにならざるを得ないと思います。

橋本が接続駅となった場合のアクセス路線となるであろう京王相模原線は、いちおう160km/h(140km/hだったかも)での走行も
可能であるように設計されています。

>それでもまだ山の中の土地を買って線路を引いた方が安上がりだ、という計算なのでしょうか。
単純に言えばそうなると思います。
東海道新幹線の沿線はごく一部をのぞけば住宅の多い地域ですから、土地を買うのも大変ですし、
騒音問題等の反対運動もおきます。

ちなみに、東海道新幹線の輸送量自体はまだ余裕があります。
回送列車との競合を回避することで、多客時の増発を可能にする目的で建設された品川駅発の列車は、
結局実現されること無く現在に至っており、まだ増発の余地は残されています。
7/1のN700系導入に合わせて品川発の「のぞみ」が1本できますが、これは東京駅6:00発の「のぞみ」の前を
走る列車で、増発目的というよりは、より早い時間に新大阪への到着することを目的とした列車であると
考えた方がよさそうです。


>※ ミクシィ「踏み逃げ」
そもそも足跡システムって、ログが残すことで踏み逃げさせないためのシステムなんじゃないかと。
現に逃げられてないわけですから。

投稿: 長月@ReadMe.毒 | 2007.04.27 12:01

長月@ReadMe.毒さんのコメント的確ですね。

先刻「緩急分離」について書いた際に言いそびれたのですが、「急」を別線に振ることは、容量増のほかに、「緩」の充実を可能にします。三河安城から東京へ行くのに名古屋経由のぞみという無駄は、豊橋停車のひかりが増えれば解決します。かように駿河遠江三河、また米原乗換北陸線沿線の需要を耕起する効果があります(北陸新幹線が出来れば米原~北陸線は無意味になりますが)。

リニアルートに異議を挟むなら、山梨経由よりも京都を通らないことのほうを問題にすべきかも。

投稿: 半可通 | 2007.04.27 12:15

>つまり満州の鶴という名も挙げられているのですから、問題ないでしょ。

さらに、やっかいなことになります。
ウイッキで満州を引くと「現在の中華人民共和国では地域名称として「満洲」を使うことは避けられ…」とあります。

投稿: 風塵雷塵 | 2007.04.27 12:53

新小児科医のつぶやきhttp://d.hatena.ne.jp/Yosyan/

いわゆるネット医師が集まっています。
大石先生はここを参照なすってください。

投稿: 救急患者 | 2007.04.27 12:55

>>グレンラガン4話関係でのGainax Blog炎上

http://www.gainax.co.jp/company/akai.html

とうとう、首切り出す羽目に…この間のちゃねらーの行動を見ていると(実際、威力業務妨害とか脅迫とかで訴えることのできる領域の書き込みが↓の公式blogで沢山あった訳ですが)頭にくるとしか言いようがないです。


http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/

# 流石に、連中に対する勘忍袋の緒が切れた(-_-メ)

投稿: Artane. | 2007.04.27 13:21

>それ、学名を変えろっていかにも中国ですなぁ。

たとえ学名変えても、頭の日の丸は消えないw

投稿: | 2007.04.27 13:33

鹿児島大学からは毎年95人の医者が生まれますが、大学に残るのは、18年度で22人でした。
残りの73人は鹿児島大から出ていきました。
よそから鹿児島大学に来る奇特な方が13人もおり、計35人が初期研修先として鹿児島大を選びました。
募集人員は70人ですので、大学の思惑の半分しか人が来ない状況です。
ちなみに鹿児島県全体では135人の募集に対して、72人がマッチしました。
半分は越えていますね。

>小児救急と言っても、たぶん相当数は、何も小児科医が診なくても済むような症状が大半だと思うんですよね。
全くおっしゃるとおり!
ただ非小児科医が幼児や乳児を診ると、クレームを付ける親が多いのが悩みのタネなんですよ。
「2歳児に向かって深呼吸しろだの舌見せろだの相当に酷かったらしい。インフルエンザの検査もしてくれなかった」とか。

>大石先生はここを参照なすってください。
参照なさっても絶対発言なさらないでくださいね。

投稿: | 2007.04.27 13:56

>Artane. 氏
>グレンガラン
見ていないので知らんが、リンク先を読むと社員がmixiで暴言吐いて、ブログが炎上。プロデューサーが職を辞したと?

それって昨今ならどこの企業でもありうる話なんだけど、なぜちゃねらーが関係しているのがわからん。

まぁ、↓こういう出鱈目やっておいて、知らん振りする会社よりは、ガイナはマシな企業ですな。

追悼の鐘33回 銃撃から1週間、米大で講義再開
http://www.asahi.com/special/070417/TKY200704240321.html
朝日のことだからまた証拠隠滅するかも知れんので魚拓w

http://megalodon.jp/?url=http://www.asahi.com/special/070417/TKY200704240321.html&date=20070427115048

投稿: ちゃねらーA | 2007.04.27 14:19

だから医者は海外に(も)消えるんです。私の勤務している大学の提供する割安アパートには日本人の医者がいっぱいいます。そこだけで内科,外科,整形外科,産婦人科,小児か,麻酔科,脳外科,皮膚科,眼科なんでもいます。そのままどこか日本の田舎にいくと病院ができそうです。大学卒業して15年ほどになりますが,同窓会名簿をみると卒業生の10%ほどは住所が外国です。住所不明の人の中にも外国の人がいるかもしれないのでもっと多いかもしれません。

投稿: アメリカ在住研究者 | 2007.04.27 15:05

 大石文豪が幼少のころは、熱出しただけで医者にかかりましたか?転んで頭打っただけで救急外来を受診しました?鼻たらしているぐらいで耳鼻科にかかった?
 万が一、やむをえない事情で子供が死んだとしても、医師と病院相手に訴訟なんかおこしましたか?
 医師の不足とは、つまりそういうことです。子供の数は減っていても、患者の要求が際限なく肥大化していく限り、年間8000人養成体制では絶対に需要に合わせられない。

 こどもの医療費無料化なんてとんでもない。自己負担10割にしてもらうか、あるいは診療報酬「こども加算」で、初診料3万円にしてもらいましょう。そうすりゃ、簡単に医師にかける親なんていなくなります。低所得家庭の乳児死亡率は上昇するでしょうが仕方がない。
 それが嫌なら、医師が40万人でも50万人でも食っていけるようにしてもらいましょう。もちろん、医師を養う金は、国民の皆さんが保険料や税金で負担するわけですが。

投稿: Inoue | 2007.04.27 15:15

>鶴=クレーンだなんて誰が命名したんですかね?

第二次ポエニ戦争でギリシア植民市であったシラクサをローマ軍が攻めた時、防衛軍の技術顧問であったアルキメデス大先生が、「鶴のくちばし」と呼ばれるガントリークレーンを発明し、ローマ軍の軍船を(釣りの要領で)引っくり返したと言う故事があります。
丁度、形も似ているし関係あるかも。

投稿: | 2007.04.27 15:46

> これを軍隊と考えると、毎年乙師団が一つずつ誕生している計算になるはずなのに、自然減を見込んでもいったい、医者はどこに消えていくんでしょう?

 自然減としては、戦中戦後の医専出身のお医者さん達が、丁度引退なさっていることがあります。不足していた軍医養成のため数が多かった世代です。

 みなさん、大正〜昭和一ケタ生まれで、既に齢70歳を軽く超えていらっしゃいます。診療所が年間3000あまり閉鎖されていますが、そのうちの大半がご高齢で引退あるいは鬼籍に入られた場合と思います。

 もうひとつは高度医療です。NICUのようにもともと医者の手がたくさんないと成立しない小児医療が、全国に設置されたこども病院等で行われていますが、これはスキルを身につけるのに永年かかるし、手がけることのできる患者数そのものが多くありません。

 NICUに入るようなお子さんがちょっと増えただけで、そこに小児科医がごっそり引き込まれてしまいます。しかも、白血病や小児がんなど長期療養となることが少なくなく、両親が付き添いながら医療費を稼ぐ必要上からも、都道府県に最低一箇所はという希望が強く、集約化は困難な状況です。

 小児科以外で一般的に問題なのは、大規模病院での医師と他の専門職・非専門職の間の役割分担です。

 特に大学病院では、他の市中病院では看護師や看護助手のおばちゃん、事務職員が行っているような作業、たとえば採血、注射、点滴、伝票記入・整理、レントゲン写真の整理と保管、患者搬送などが、全て研修医の仕事とされていました。

 3年前に臨床研修制度が変わったときから、研修医獲得のため、それまで研修医の仕事とされていたことが中堅医師の仕事になり、手術や検査の時間を削って、これら業務をするようになりました。…大学では、医者は無給に近く、最も安い労働力であるからです。

 当然、中堅医師の人手が足りなくなっています。中小規模病院から中堅の「医者剥がし」が行われてきています。

 医者剥がし自体は、今年いっぱいをピークに、徐々に解消に向かうでしょうが、これと平行して、高齢者の増加、それに対応するべく外来診療から在宅医療への開業医の移動政策が実行中です。

 医者はいますし、増えていますが、いわば生産効率が毀損されることによって不足に拍車がかかっているわけです。

 前線崩壊寸前の状況でありながら、新設師団の全てが後方勤務に回されて、遊兵が増えているのと同じ状況であると言っていいかも知れません。

投稿: rijin | 2007.04.27 15:52

>まぁ、↓こういう出鱈目やっておいて

ただの数字のうち間違いでしかないけど?その程度でどうこうなら産経新聞の「新1000歳空港」とかいくらでも他の例がありますけどね。
その程度のことで目くじらたててるから2ちゃんねらーはうっとおしい。
赤井さんがプロデューサはおろか取締役も辞してガイナックスを離れるのですか。DAICONⅢ、Ⅳオープニングアニメ、愛国戦隊大日本、プリンセスメーカーと監督し、DAICONスタッフからゼネプロ経由で20年以上属した愛着ある会社をこの程度のことで去らねばならないのは悲しいことですね。

投稿: dada | 2007.04.27 16:50

>ただの数字のうち間違いでしかないけど?
とてもそうは思えないところが、朝日新聞の性質の悪さw
ま、ここを読んでみては? 話はそれから、かな?

朝日&朝鮮日報「アメリカはチョ容疑者を許し33個の追悼の風船を飛ばした」 アメリカ「32個ですけど」
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1177609859/

投稿: ちゃねらーA | 2007.04.27 17:08

>>dadaさん
いや、ただの数字の打ち間違いなんてもんじゃないのですが……。

投稿: y | 2007.04.27 17:10

グレンガランは未見ですけど、癖があっただけで絵は動いてたらしいじゃないですか。
暴動起こされて仕方ないのはキスダムの方。
責任者が逃げて12話までは話の収拾が不可能という有様。
実際放送された話は全く意味不明な上に紙芝居にもなっていない状態でした。
現場も視聴者も可哀想。

今の若い連中はアニメの楽しみ方が一辺倒過ぎな気がするなぁ。
もしグレンガランが自分が見聞きした程度にしか崩れてなかったとしたら、テッカマンブレードとかロストユニバースとか、他にもそのくらいの時代にやってた色々な作品見たら失神するんじゃないかね?


あと医療については人材不足から危機が叫ばれて報酬や待遇の向上等がよく言われますが、技術者については全くそういうことはなく、それでいて低料金だとかサービスの質の向上については無制限に歓迎される現状というのはどうなんだろうなぁと思ったり。
携帯に関しては次代の技術者が育成できず崩壊のカウントダウンが始まっているという話はそこかしこで聞きますし、WEBだけで限定してもこれから益々無料でありながら質の高いサービスが望まれていく事になるわけですが、技術者を養育せずに使い捨てられる現状はまるきり変わっていないです。
この職業は半分は自己努力による研鑽と学習が必須とはいえ、現状のままだと恐らくどこかでサービスを支える為の技術者が絶対的に足らなくなるという現象が発生するように思えます。

インドや中国から技術者来るなんていう幻想をまだ信じてる人がいるんかなぁ、、、低賃金高負荷労働の日本に来るくらいならアメリカとかへ行くだろうに、連中だって。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.04.27 18:20

>新幹線
既存の線路をつぶしてリニアにするのは物理的に無理のような気がします。リニアの車体自体は新幹線より幅が狭いですが、U字型軌道を使っていますので、軌道の敷設を考えると幅が足りません。線路中心間隔は、リニアの方が1m以上長いですので。そうなると、線路に隣接した土地の買収が必要ですし、高架橋や駅は全部作り直し、トンネルは全部掘り直しということになります。これが全て数ヶ月で完成すればいいですが、さすがに無理でしょう。完成まで何年もの間、新幹線を運休することになり、その間の減収は莫大な額です。それに、東京-大阪の客は飛行機に逃げられますが、新幹線は途中区間のローカル利用も結構多いので、そういう客もどうにかしなければなりません。諸々考えると、結局、別の場所に線路を引き直した方が安上がりということになると思います。

投稿: 00 | 2007.04.27 18:44

>バイオガソリン
というか、勝手に入れないでくれ!1.2%燃費が悪くなるなら1.2%値下げしてくれ。
http://www.asahi.com/life/update/0426/TKY200704260067.html
http://www.asahi.com/business/update/0426/TKY200704260306.html

>人道バトル・ロワイヤル
もし、仏大統領になってもニポーンのことは言わないよね、ね。

>33
確かNHKだったかテレビニュースでVTの学生が33枚の白いハンカチを広げて追悼とか言ってたな。え?33?と思ったが確かにそう言ってた。
石のほうは大学側が増やしたって話もあるが。
http://d.hatena.ne.jp/gordias/20070422/1177171597
いずれにせよ、あかひは間違ってるとは思う。

投稿: | 2007.04.27 19:01

>33個
これは例のデンパ新聞と連動しているから気持ち悪いんです。

朝鮮日報
【萬物相】バージニアで見た「ゆるしの心」
今月20日正午、大学の広場に死者を悼む鐘の音が33回響き渡った。そして33個の風船が空に舞い上がった。
http://www.chosunonline.com/article/20070424000062


で、当事者のHP
バージニア工科大学
32 bell tolls were sounded in memory of each victim, timed with the release of 32 white balloons from the Drillfield.
http://www.vtnews.vt.edu/spotlight.php?spot=208

AP通信が”33回のベルが鳴った”と報じているんですが、”そのうち一回は式典を始める合図だよ”というのが抜けているようです。
YouTubeのビデオ見ましたけど、途中調子が外れている(鳴らしそこね?)ので、32回とも33回ともなんともいえませんが、当事者が32回と表明している以上32回だと思います。

いずれにしても、公式のHPぐらい当たれよ>朝日新聞
下手すると米国民の神経を逆なでしかねないような、記事の校正ぐらいきちんとやれと。普段の行いが悪いから、わざとやっていると思われるんだよ。

投稿: | 2007.04.27 19:23

中越地震で走行中の新幹線が脱線しても乗客は無事だったですけど、じゃ時速500キロでそんな芸当ができますかねぇ。
まして線路を真に受けるならほとんどトンネルになっちまうし、相対速度でジェット機がぶつかるようなもんですし。

投稿: さいとー | 2007.04.27 19:57

>それが嫌なら、医師が40万人でも50万人でも食っていけるようにしてもらいましょう。もちろん、医師を養う金は、国民の皆さんが保険料や税金で負担するわけですが。

医療保険を食いつぶしたのは医者自信でしょ。
病院や医者の利益のために、どれだけ無駄な医療費が費やされ患者が犠牲になってきたことか。


>医師の不足とは、つまりそういうことです。子供の数は減っていても、患者の要求が際限なく肥大化していく限り、年間8000人養成体制では絶対に需要に合わせられない。

医師の要求も、昔に比べて肥大化しているんですよ。病院に来る患者に注文をつけたり、超過勤務を嫌がる医者って、昔はいませんでしたよね。


投稿: ほるほる | 2007.04.27 19:59

>報酬や待遇の向上等がよく言われますが

「言われてるだけまし」だと言いたい?
 総予算がシーリングされている限りは、医療労働者の報酬も待遇も絶対に向上しません。医師や看護師一人あたりの労働生産性は、すでに先進国ではトップです(患者数あたりの配置数が少ない)ので、これ以上向上させようがない。

 労働生産性が向上しないなら、後は、総予算を増やすしか手は残ってないんですが、医療費が増えることを、即ち悪だと決めつける脊髄論法が横行している限りは無理でしょう。
 自動車の売り上げを抑制しようとか、ゲーム機の台数を規制しようとかいう話は全くないのに、医療費だけどうして抑制しなきゃいけないんだか、さっぱりわかりませんね。

投稿: Inoue | 2007.04.27 22:44

ほるほる様、まったくその通りです。
医療保険を食いつぶしたのは医者です。

ですから私は休日夜間の診療を止めて、昼間も軽症の治療のみに専念することで、医療費の削減をしております。
 重症の人は、診療をしませんので、問題ありません。
 また、病院に来る患者様にも文句を言いません。
 ただ私は藪ですのでみれませんというと皆様とても素直に好きな病院に行かれます。
 超過勤務も嫌がりません。
 院内PHSは、なぜか時間外になるとつながらなくなるのですよ。

 医者は足りていますし、偏在もしておりません。患者様は必要な医療を無料で要求する権利があると思います。ですので、日本の質の悪い医療を早く捨てるべきだと思います。
 アメリカもイギリスもインドも中国ですら、医療は日本より進んでいます。
 重病になったら、飛行機に乗って治療にいかれるべきだろうと思います。
 日本国内の医者にかかるといずれみんな死にます。死亡率100%なわけです。
 そのような医療を受けないように、ほるほる様にはこれからも皆様の啓蒙をお願いしたいものです。

投稿: 小児科医 | 2007.04.27 22:46

 医者も人の子。リスクが高い上に、自分の時間が持てない内科・外科より、基本的に急患というものが発生し難い眼科・皮膚科に人気が高まって、新人のパイが食われるのも、無理ないところでせう。やはり、内科・外科の労働条件を改善するよう、厚生行政が努力してくれんと、どもならんでしょう。

投稿: 土門見人 | 2007.04.27 23:28

まあそんないじけた物言いはおよしよ>小児科医さん。

>医療保険を食いつぶしたのは医者自信でしょ。
>病院や医者の利益のために、どれだけ無駄な医療費が費やされ患者が犠牲になってきたことか。
病院や医者が利益を得てはいけない、とでも?
医者は利益を求めずに患者に献身しろ、ということ?


投稿: | 2007.04.27 23:32

>自動車の売り上げを抑制しようとか、ゲーム機の台数を規制しようとかいう話は全くないのに、医療費だけどうして抑制しなきゃいけないんだか、さっぱりわかりませんね。
自動車もゲーム機も台数が多いほど利益が増えますからね。
リコールの対策費(健康体、正常状態なら必要がない)と比べないと。
いや車検、メンテナンス費用かな?いずれにして抑えたいものです。

医療全体を企業と例えて、美容整形やアンチエイジングで健康な金持ちからの収益を増やしたらどうだろう?
ビューティコロシアムみたいなの見てるといくらでも金をとれそうだし。
その利益を産婦人科、小児科の整備に回す。
(育成にもまわして三交代制に増員)

給与は企業のように経験でランク分けする。当然一般企業なみ
(技術でというとどうやって判定するんだ議論になっちゃうしね)

まあ現在進行中の医療崩壊には間に合いませんが。

投稿: 森のクマ | 2007.04.27 23:35

皆さんの書き込みにあるのとは他に
ヒトの生き死にに関わりたくないとか、診断して治療するのはイヤだとか、んなことを言って研究系に逃げる理系ヲタ最高峰の医師ってのがいたりします。ヒト相手はイヤなんだそうです。
それと、医師免許もっていても製薬会社の会社員として医薬品開発の治験コーディネーターなんかやってたりします。

投稿: kimagウre | 2007.04.27 23:36

>「言われてるだけまし」だと言いたい?

違いますって。
医療についてこれだけ危機感をもっている人たちが、同様に危機が迫っているIT的なサービス・システムについては無限のものであると信じているように見えることが不思議なだけです。

携帯電話なんかは本当にみんなあって当然がごとくに使っているわけですが、あれはほとんどデバッグすらされていないらしいということが分野外の自分にすらその噂が入ってきています。
問題が発生する前にモデルチェンジするからみな気づいていないだけというのが現状らしいです。
そもそもあんなに短期間にモデルチェンジを繰り返せるほど開発が簡単な代物では無いにも関わらず、世間では数ヶ月で新機種が出るというサイクルを繰り返しています。

また今inoue氏を含め皆が利用しているこのWeb空間のサービス・システムを保っているのは誰ですか?
見えない人はいないのと同じですか?
無料だったり極めて安価に使用できる技術的サービスが蔓延していますが、それらを開発・維持するのには必ず人の手が必要です。
IT系技術の世界は少数精鋭が有効な世界ですが、そうやって今いる資源も若手もガツガツと食いつぶして後発は育てない状態で、それでもなおこの「安価で安定したサービスのある世界」が永遠に続く・何とかなるとは自分にはとても思えません。

前々から崩壊しつつある状況が似てるんじゃなかろうかなぁとここの皆さんの書き込みを見ていて思ったのでちょっと書いてみました。
でも基本的にIT系は人の生き死にには関わらない分野ですから世間の関心が薄かったり危機感が無かったりするのかもしれませんけどねorz

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.04.27 23:53

>直江兼続の生涯を描く
 幕僚というか、謀臣系が流行りなんですかねぇ。
 それなら『黒衣の宰相』金地院崇伝を一年やって欲しいモンです。悪辣非道なダーティーヒーローとして。
 
 金地院もそうですし、中国の三国時代末期に司馬一族の下で謀略の限りを尽くした賈充公閭(この人、銀英伝のオーベルシュタインのモデルの一人だって、どっかで聞いたような気が……)なんかもそうですが、謀臣系って独特の魅力があるんですよ。
 悪辣非道な策略立てて主人を助け、尚且つ自分の立てた策略の為には虎口に飛び込む事を躊躇しない胆力を持っているって所が。

投稿: 名無し二等空士 | 2007.04.28 00:57

>09年の大河は「天地人」 直江兼続の生涯を描く

この話は謝罪が足りない賠償が足りないとしろと
しつこい韓国人やシナ人を片付けるのに参考になりそうだw
     ↓
兼続の家臣の三宝寺勝蔵という人が下人の五助を無礼討ちするという事件があった。
そしたら五助の遺族たちが訴えてきて兼続に「あれの粗相は何も無礼討ちにされるほどのものではなかった」と言った。調べてみると、なるほど遺族の訴えの通りだった。
そういうわけで兼続は家臣に慰謝料を支払うように命じたんだが。
遺族たちはしつこく下人を返せと言って譲らない。兼続は「もはや死人は生き返らないのだから、なんとか慰謝料で納得してくれないだろうか」と頼んだが、遺族たちは、かさにかかってあくまでも下人を返せ生き返らせろと言い張る。
らちがあかなくてこまった兼続は一計を案じた
「よしわかった。下人を返して取らそう。だが、あの世に遣いにやれる者がおらぬゆえ、すまぬがそのほうたちが行って
くれぬか?」と言って刀をぬくやいなやその場で遺族3人の首をはねてしまった、そしてその首を河原に晒して、
その横に立て札を立てた。
「この者どもを使いに出しましたので死人を返してください。 慶長二年二月七日 直江山城守兼続判」と閻魔大王への嘆願書を書いたそうな。

投稿: hhh | 2007.04.28 00:59

訂正)
>09年の大河は「天地人」 直江兼続の生涯を描く

この話は謝罪が足りない賠償が足りないとしろと
しつこい韓国人やシナ人を片付けるのに参考になりそうだw
          ↓
この話は謝罪が足りない賠償が足りないと日本政府に正式に
謝罪しろとしつこい韓国人やシナ人を片付けるのに参考になりそうだw

投稿: hhh | 2007.04.28 01:01

>投稿 dada | 2007.04.27 16:50
赤井氏は役職を降りるだけで退職するわけではありません。
http://www.nirs.go.jp/news/event/2007/04_22.shtml
#なんで皆辞任を辞職と考えるのだろうか?

この騒動を知ってマトメサイトをみましたが、
http://www33.atwiki.jp/kimoiotaku/pages/12.html
>我々は大阪のアマチュアフィルム時代から、ファン、視聴者、観客のみなさんと共に歩んできました。
>私個人はみなさんを『客』と見なしていません。仲間であり、友人と思っています。

うーん。やっぱり『客』であると考えるのが第一では?
なんか、ガイナの仕事に時々甘さがあると感じられたのはここが要因なんでしょうかね?
早期に社員が客をバカにするような発言をしたことに対する謝罪をしておけば、ここまで燃え広がることは無かったと思うんですけどねえ。

投稿: hiro4 | 2007.04.28 02:00

赤井氏のお詫びページのURL間違えた・・・・・orz
http://www.gainax.co.jp/company/akai.html

投稿: hiro4 | 2007.04.28 02:05

偏頭痛持ち技術者さんへ。

 工業製品だって、直接に人の生死に関係する部分については、政府の安全基準があり、事故調査委員会があり、公的補償制度があります。市場原理では事前の事故防止ができないからです。
 事後措置でよいのなら、市場原理(放置)でいいんじゃないのかなあ。故障が頻発するなら、集団訴訟をおこして、メーカから補償を勝ち取ってくれる弁護士も今後は出現するでしょう。

 先週から、ウチのCSチューナは、特定チャンネルだけが映像障害をおこすようになりました。カスタマセンターによると、チューナが壊れているそうです。これで衛星チューナの故障は3度目(1回は初期不良)ですが、全く故障しなくなったからといって、1台3万円で買いたくはありません。3年で故障する1万円の製品を、そのつど買い換えた方が良い。

投稿: Inoue | 2007.04.28 05:30

 病院辞めた勤務医の逃げ場所

1.保険会社社医
 生保の審査をするための検診を行う。営業員が苦労して捕まえた顧客にダメ出しするのが仕事だから、営業所内では嫌われ者で、孤立しがち。
2.産業医
 月1くらい職場を見回りして、管理者に意見を言うだけ。実際に安全を確保する責任は管理者にあるので、労災が発生しても責任は問われない。決して報酬は多くないが、数こなせば暮らしていける。
3.フリーター医師
 この業界は、常勤よりも非常勤の方が、時間あたり賃金は高い。他の業界だと、常勤でないとOJTが受けられず、キャリアアップできないので使い捨てにされる危険があるが、医師不足が続く限りは、最低水準の医師でも仕事はある。
 医師ですらなくても、バイトで年収2000万円を稼ぐ猛者がいる。昨年ついにバレて逮捕されてしまったが。

投稿: Inoue | 2007.04.28 05:47

初期研修終わったばかりのヒヨッコ女医、しかも専門は美容外科なのに、
トーホグに行けば、内科医のふりをして、月6日働くだけで月給100万円ですもんね、
バイトで喰ってくことは十分可能ですよね。
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20070427b

投稿: | 2007.04.28 06:03

 北の方には楽しい話がたくさん転がってます。
 医局員の数が足らず、大学病院当直を教授がやってたりとか、「名義借り」が最近できなくなったので、「身柄借り」をやってるとか。寝ていてもいいそうです。安く雇える爺医ばかりなので、危なくて仕事をさせられない。

投稿: Inoue | 2007.04.28 07:40

>もしこれが本当にものになって、サトウキビの価格が離島での採算ベースに乗るまでに上昇するのであれば、今一度、農業で離島を復興するチャンスだと思いますね。それを後押しする行政の取り組みがあまり見えないけれど。

 砂糖の値崩れというのは、要するに国産サトウキビが、フィリピンやキューバからの輸入品に価格面で太刀打ちできなくなったということです。仮に将来バイオエタの需要が増大し、高い国産品でもいいからサトウキビが必要になれば、その時の砂糖は二昔前と同じくらいの貴重品になっているかも知れません。『三丁目の夕日』以前の時代ですよ。
 その前に、大規模なバイオエタプラントが各所で稼動すれば、恐らくその建設と運転だけで、原料が吸収した以上の炭酸ガスを放出すると思いますけどね。おっと、忘れていた。工場からスタンドまでの輸送で、これまた炭酸ガスを発生させる。

投稿: 土門見人 | 2007.04.28 09:05

>#なんで皆辞任を辞職と考えるのだろうか?
>また自戒と反省の意味を込めて、株式会社ガイナックスの取締役も併せて辞任致します。

普通、株式会社の取締役が辞任すれば会社を辞めることになると思うのですが?取締役辞任後に一般社員として再雇用されるのでしょうか?それなら時期を見て復帰もありえるだろうし喜ばしいのですけど。

投稿: dada | 2007.04.28 09:09

>病院や医者が利益を得てはいけない、とでも?
医者は利益を求めずに患者に献身しろ、ということ?


どちらも全面的に間違っていますよ。


小児科医 さん
>患者様は必要な医療を無料で要求する権利があると思います。

そんな権利はありません。

>日本の質の悪い医療を早く捨てるべきだと思います。

これはその通り。
個々の医師の技能は高くても、制度設計と運営に失敗している。
医療も資本市場で行われるサービス産業のひとつにすぎないのだから、資本市場に適合するように制度を変更していくのが吉。


Inoue さん
>市場原理では事前の事故防止ができないからです。

フェイルセーフという概念がありますよ。
安全基準も事故調査もフェイルセーフをやりやすくするためのものです。


投稿: ほるほる | 2007.04.28 09:10

>資本市場に適合するように制度を変更していくのが吉。

そうするとどうなるかという事例(↓
患者残酷物語米国版
http://www.asahi-net.or.jp/~rp8i-fkm/managedcare.html

http://www.asahi-net.or.jp/~rp8i-fkm/story3.html
>(63)昨年末、3名の委員からなる仲裁委員会は、乳癌で死亡した34才の女性教師の家族に百万ドル余りの賠償金を認めた。支払いを命じられた
>のはカリフォルニアのHMOである。仲裁の過程でなされた証言によると、HMOは死亡した女性を担当していた腫瘍専門医とその上司に強圧的な
>電話をかけて影響力を行使しようとした。仲裁委員会の認定によると、患者と医師との関係に干渉しようとしたHMOの行為は不当であり、文明社会
>で許容しうる限界を超えたものであった。

>(75)メリーランド州保健当局は低所得者たちをだまして自社の健康保険プランに加盟させたとしてHMO1社に55、000ドルの制裁金を科し
>た。更に昨年、州検察局はHMOがボルチモアのソーシャルワーカーに金銭を渡してメデケイド受益者の極秘リストを手に入れていたことをつかん
>だ。窃盗、文書偽造から詐欺にいたる様々な罪で24名以上の者が有罪を宣告された。これらの不法行為に対し、州の両院協議会はメデイケイド受益
>者の健康保険プランにHMOが関わることを禁止することを検討している。

投稿: truly_false | 2007.04.28 13:03

追加(↓
http://www.asahi-net.or.jp/~rp8i-fkm/story4.html

>(82)HMOの経営を成功させる条件を研究していたハーバード大学の研究者は驚くべき結論に到達した。「患者に高品質の医療を提供することは
>企業体としてのHMOの成功には寄与しない。」その研究者は更に述べている。「HMOの中には質の悪さで有名なところがあり、苦情が多数寄せら
>れているが、それでもこのHMOは成長率が最もたかく、成功しているHMOの一つである」

>(91)カリフォルニアの巨大HMOは1996年に「FDAが許可した新しい水痘ワクチンを第一選択ワクチンとして用いることは推奨せず、使用
>してもその費用は支払わない」との通達を2度にわたって医師たちに送付したことで批判を浴びている。州の法律では、HMOはワクチン接種の費用
>を支払う事が義務づけられているが、この新ワクチンの使用は推奨しないとのHMOの通達は医師たちに圧力をかけ同社の経済的負担を軽減する効果
>を発揮したようである。HMOは推奨しない理由としてこのワクチンの副作用を心配しているといっているが、こうした医師たちへの圧力は、米国小
>児科学会、米国家庭医協会、および米国疾患管理予防研究所免疫推進諮問委員会の勧告に反するものである。

投稿: truly_false | 2007.04.28 13:15

資本主義でもなんでもいいよ。
        *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    もうどうにでもな~れ
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚

投稿: 小児科医 | 2007.04.28 17:30

>そうするとどうなるかという事例(↓

事例になっていませんよ。

失敗事例を元に、さらなる改革を重ねるのが資本主義。
ていうか、海外の失敗事例を出して日本も同じ失敗をする!なんていうのは随分と間抜けなことです。


投稿: ほるほる | 2007.04.28 18:55

>失敗事例を元に、さらなる改革を重ねるのが資本主義。

ほを。
↑で挙げた事例はだいたい十年程度前のものみたいだけど、その米国が達しつつある「改革」の方向性とは、“日本のような国民皆保険制度”なんですが(ヒラリーが政治公約として掲げている。英国も医師数を増強中)
とにかく、何につけ英米の尻尾を追っかけさえすればいい!なんていうのは随分と間抜けなことです。

投稿: truly_false | 2007.04.28 19:25

>大石先生
ミリタリーファッションは、若者向けファッション誌でも定番の特集記事となっている確立された一ジャンルです。
迷彩服は別にオタだけが着ている訳ではありません。
暴走族を見て、バイクに乗る人が全て暴走族だと言うようなことを言わんといてください・・・・orz

投稿: hiro4 | 2007.04.28 22:18

>、“日本のような国民皆保険制度”なんですが

同じ制度でも、運用思想が異なれば出てくる結果はまるで異なるものになりますよ。

>とにかく、何につけ英米の尻尾を追っかけさえすればいい!なんていうのは随分と間抜けなことです
激しく同意。

何か新しいものが出てくるとすぐに英米のマネだと思いこむのも間抜けなことです。

投稿: ほるほる | 2007.04.29 00:19

>何か新しいものが出てくるとすぐに英米のマネだと思いこむのも間抜けなことです。

ほを。
じゃ、英米以外の“海外の事例”で、医療を資本市場に任せて日本の皆保険制度以上に上手くいったというのがあるんでせう?出して下さいな。

投稿: truly_false | 2007.04.29 08:45

truly_false さん
>じゃ、英米以外の“海外の事例”で、医療を資本市場に任せて日本の皆保険制度以上に上手くいったというのがあるんでせう?

資本市場以外に任せている国が人類史上に存在したことはありません。

資本市場にどのように適合させていくかの方法論に違いがあるだけです。


投稿: ほるほる | 2007.04.29 10:43

>資本市場以外に任せている国が人類史上に存在したことはありません。

(´,_ゝ`)プッ 
経済人類学ってご存知?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E5%AD%A6

これまでの「人類史上」の営みの大半は「資本市場以外に任」されてきていたんですがなにか?

>資本市場にどのように適合させていくかの方法論に違いがあるだけです。

で、その「方法論」ってどんなの?

投稿: truly_false | 2007.04.29 11:13

> truly_false
> ほるほる

 もう子供じゃないんですから、各位その挑発口調は自重して下さい。

 所で、海外通販の薬ですけれど、手を出したいのは山々なんですけれど、バイアグラの偽薬ニュース等に接すると、それが本物だという確信が持てないんですよね。だから手を出すのが恐い。

投稿: 大石 | 2007.04.29 11:44

失礼しました。大石様。

>経済人類学ってご存知?

経済人類学の示す経済体制は、どれも市場経済のの変奏曲にすぎません。

人類が最初の都市を造って以来、経済体制は市場経済のみです。

>海外通販の薬
ネットを通じて、海外にいる医者に処方箋を書いてもらい、その処方箋から国内の薬局で薬を出してもらう。なんていうことが出来るようになれば…。

投稿: ほるほる | 2007.04.29 17:20

>サトウキビの価格が離島での採算ベース
安倍効果というわけでなく、予定原稿なのだろうけど、宮古島のE3の記事。
http://sugar.lin.go.jp/japan/view/jv_0705a.htm
まぁ、こういうスキームで沖縄のバイオエタノールは進むのだが、沖縄は小規模なので、北海道の甜菜よりも補助金は嵩む。手取りの8割が補助金
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200607211300_06.html
とても、とても、穴は埋まらない。

投稿: pongchang | 2007.04.29 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だから、医者はどこに消えるのよ?:

« 20光年! 近いか遠いか | トップページ | 出口戦略 »