« 医者の死体は何処へ消えた? | トップページ | 労働生産性? 何それ? »

2007.04.15

鉄子の部屋

※ 代理出産:日本産婦人科学会、根津八紘医師に厳重注意処分
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070415k0000m040064000c.html

 早速ボランティアが20名ばかり名乗りを上げたということですが、出産というのは、命懸けの一方で、命懸けであるが故に、女性にとってはある種のカタルシスをもたらしてくれる行為ですよね。経産婦でも、また産みたいと思う人は一杯いるでしょう。それ自体は全然不思議じゃない。
 ただ、出産という行為は、女性の肉体を、確実に劣化させるわけですね。どう言葉を繕っても、その現実から逃れることは出来ない。

 先日自殺した日テレの鈴木君枝アナの場合は、出産を契機にやっかいな病気が発病したと言われている。根津医師は、ボランティアの年齢を40代とかに設定しているけれど、これは極端な話、死んでも構わない年齢に設定しているわけですよね。しかも高齢出産は、諸々の病気の発症リスクを上げる。もしそれで死者が出たら、当然彼は業務上過失傷害に問われるでしょう。それ所か、危険を承知で処置したわけで、殺人罪に問われることもある。ことは彼自身に留まらない。それで疾病を発症した女性の治療は、これは健康保険でカバーすべき問題なのか? あるいは万一死亡した場合、生命保険会社は当然支払いを拒否するでしょうし、その行為に対して、昨今保険会社に冷たい世論は一定の理解を与えざるを得ない。
 彼は長野県でも屈指の資産家ですから、そういう時の慰謝料を右から左へ出せるでしょうが、残された遺族には当然遺恨が生ずることになり、それは借り腹を契約させた不妊夫婦へと向かう可能性もある。
 パブリシティだから、彼がそういう問題に関して頬被りしてボランティアを募るのは自由だけど、メディアはそこを避けて通っちゃ駄目でしょう。日本のマスゴミは、揃いも揃って向井夫婦に同情しちゃった手前、その辺りを黙殺しているんですよね。

 厚労大臣は、何処かの養護施設の前で記者会見すれば良いですよ。あなた達夫婦の愛情を必要としている子供が、全国に五万人もいるんです、と。

※ 国内最古の客車、特別作戦でやさしく移送 交通博物館
http://www.asahi.com/national/update/0414/TKY200704140183.html

 良く解らないんで、ぜひ動画を公開して欲しい。それで浮き上がった時のエアは何処へどう抜けていくんだろう。

※ 線路も道路も走れます DMV、北海道で試験的営業運行
http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070414/wdi070414003.htm

 ぜひ成功して欲しいけれど、その鉄路を残すための維持管理の義務は一方的にJRが負うわけですよね。その辺りのコスト計算はどうなっているんでしょう。

※ 廃線ツアー企画次々 国鉄民営化20年
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news001.htm

 うちの田舎も、市役所の隣りに、記念館があるわけですよ。車両が一台置いてあって、鉄道てのはこんなものですよ、と子供たちに教えることになっている。でももうあれを維持するのも大変なんですよね。

 金曜日のタモリ倶楽部。最近やたらと鉄道企画が多くて、鉄の血が一滴も入っていない私にはちょっと辛いものがあるんですが、日本には9千いくつの駅があって(索道は除く)、それを全制覇したトラベルライターの横見さんという方が出演なさって、全制覇に8年掛かったそうですが、その成果として記憶に残った駅を紹介なさっていた。

坪尻駅(土讃本線、スイッチバック駅で、道路すら無い)
下仁田駅(上信電鉄の木造駅舎)
奥大井湖上駅(大井川鉄道、ここも車道無し)
北浜駅(釧網本線、オホーツク海にもっとも近い)
大畑駅(肥薩線 ループ線の途中にある)
田子倉駅(只見線。冬は全列車が通過する。なかなか特徴的な駅)
外川駅(銚子電鉄終点)
小和田駅(飯田線 一軒の人家に郵便物を配達するために列車が使われる)
北星駅(宗谷本線。駅舎無しホームだけ)

 いやぁ、それぞれググってみると面白い!(~_~;)。写真が一杯出てきますね。私の記憶に残る印象的な路線は、西鹿児島駅から西へ出て、吹上町まで走る路線があって、もう廃線になったと思いますけど、台風の度に止まって、修繕費用が嵩んで立ちゆかなくなったのかな。早い時期にJRから切り離されてましたね。
 基本的には、吹上浜に沿って走るんだけど、海岸線は見えないんです。防風林の中を偶に走る程度で、何カ所か、そういう松林の中にぽつんと無人の駅舎があって、鈍行列車がそこに止まると、高校生がポツポツと乗り降りする。あの風情は良かったですね。

※ 諫早湾閉め切りから10年、市民や研究者らシンポ
http://www.asahi.com/national/update/0414/SEB200704140011.html

 正直、この10年間、九州でもっとも愚かしい判断をした人々は長崎県民だったと思う。反対運動はあれど、一貫して、事業を推進する県知事と議会を支持し続けた。私はこの一件で、長崎人へのイメージが崩壊しました。あんなに開明的だった人々が、信じられないような愚策に固執し続けた。

※ 慰安婦強制示す調書、東京裁判に各国検察提出
http://www.asahi.com/national/update/0414/TKY200704140400.html

 東京裁判に出された資料なら、言っちゃ何だけど、サンフランシスコ講和条約で、全部終わっているんだよね。あの時は、事実上の魔女狩り裁判を受け入れる代わりに、そこで全部終わらせるということで、日本人も裁いた側も無理筋であることを承知で納得したわけで、そこでの一件を蒸し返すということなら、東京裁判の正当性まで踏み込むことになるんだけど、それでも構わないんだろうか。

※ メルマガおまけ リストラ見通し誤る

|

« 医者の死体は何処へ消えた? | トップページ | 労働生産性? 何それ? »

コメント

>※ 慰安婦強制示す調書、東京裁判に各国検察提出

これを考えるとどうしても、
「よろしい、ならば戦(略」が頭をよぎってしまいますね。

投稿: オブジェクト | 2007.04.15 11:49

>DMV
悪いけど、どう考えてもそうしなければならないメリットが思い浮かばない。
一部鉄道輸送、変形物マニアの歓待を除いてw

投稿: | 2007.04.15 12:56

>代理出産について
技術自体を危険視して禁止するのは・・・
論理的じゃないなぁ。

極論すれば
命をなくすことに関する軍事研究には熱心なのに
命ができることに関する生殖研究を禁止する。
倫理観の二重基準じゃないですか?
ちょいと矛盾を感じます。

代理母も多分、過渡期の話です。
数十年単位で考えると、完全な人工子宮から
生まれる子供も考えられる訳で。
その頃は、根津医師みたいな『ハネカエリ』も
昔話ですよ。

投稿: むー | 2007.04.15 13:09

>東京裁判、何度目だ?
これは慰安婦問題で叩かれまくってる朝日が(ry
ま、軍服着てる人間だっていろいろいるんだから(J隊に限らず問題児はいっぱい抱えてる)そいつらが悪さすれば軍がやったって話になる。ただ“負けた”って理由で責任追及されてるだけで。敗軍の将、兵を語らず。

投稿: | 2007.04.15 13:15

>線路も道路も走れます DMV、北海道で試験的営業運行
15秒でモードチェンジとは、はやっ。
しかし本当に営業するなら、乗務員は鉄道の免許とバスの免許の両方をとらせないとだめですね。

投稿: s_doi | 2007.04.15 13:16

客車の移動の動画はあるのかど~か知りませんが
導入を考えている「富士市」でのデモはこちらです。

http://wms.shizuokaonline.com/wms/media/digi82_1.wvx

投稿: ハマの住人 | 2007.04.15 13:32

>倫理観の二重基準じゃないですか?
いや、倫理観に基準なんて無いから。だからルールってのが存在する。というか作った。
それと軍事研究は戦略戦術上の手段であって、命を奪うことが目的じゃないから。
もちろん究極的には人造人間を兵士として造る可能性はあるが、比較対象としてならこっち。例の夫婦は目的は違えどこの先鞭をつけた。例外を設けて運用どうたら言ってる連中はそのあたりの本当の意味が理解できてない。そもそも例外のないルールってのはないわけで、逆に言えば例外をきっちり認めることはしばしルールを作ったことにはならんのだよ。

投稿: | 2007.04.15 14:18

>早い時期にJRから
最初から最後まで「民鉄」です。「いわさき」に拾ってもらった旧「鹿児島交通」です。

>借り腹
生体肝移植だって家人間のもめ事や医療機関との諍いが絶えないというのに。
http://www.j-shimizu.net/modules/wordpress1/index.php?cat=3

投稿: pongchang | 2007.04.15 14:28

>これは健康保険でカバーすべき問題なのか?

交通事故で因果関係が明確な場合は、健保対象とはならず、おまけに治療費まで高額ですよね。

投稿: たつや | 2007.04.15 15:00

>>記憶に残った駅

 ↓こちらの方も素晴らしい(てゆーか、凄まじい(笑))レポートをなさってます。本も2冊出てます。

 秘境駅へ行こう!
http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/

投稿: KWAT | 2007.04.15 17:38

>※ 国内最古の客車、特別作戦でやさしく移送 交通博物館
原理はこのサイトが一番分かりやすいですね。エアは床面から横に抜けるようです。
http://www.cotech-inc.com/airshosai.htm

「エアーキャスター 動画」でググると、いくつか動画も見つかりますよ。


>※ 廃線ツアー企画次々 国鉄民営化20年
この9駅のうち、改札を出たことがあるのが下仁田駅と外川駅、ホームに下りたのが田子倉駅と小和田駅ですね。

ちなみに坪尻駅には、獣道同然ですが、いちおう人の足で踏み固められた道があるそうです(笑)
本当に駅に行く道が無い駅としては、すでに廃止されてしまいましたが、函館本線の張碓駅がありました。
廃止前も長年「休止」という状態になっていたのですが、貨車以外に駅を解体するための機材が運び込む手段が無いため、手間と費用がかかりすぎるという理由だったそうです。
正式に廃止となって解体ということになったのですが、その際にはわざわざ私有地に道路を作って重機を運び込んだのだそうです。
ここに来て解体となったのは、無理に探訪しようとする人が増えてきたからなのかも知れませんね。

投稿: 長月@ReadMe.毒 | 2007.04.15 17:39

>慰安婦強制示す調書、東京裁判に各国検察提出

 記事見てみると、全部インドネシア等南方占領地域の事件で、目下問題になっている朝鮮半島に関する調書については、出されていないようです。何度やったら、ブサヨは学習するんだか……

投稿: 土門見人 | 2007.04.15 18:17

>諫早湾閉め切りから10年、市民や研究者らシンポ

1年前くらい(?)に県知事選をやったときも
さほど新人と接戦にならず、現職が勝ったようですね。
詳しいことは知らないのですが、この前の
都知事選みたく、干拓事業反対だけを訴え、
雇用対策、経済振興を後回しにしてしまい、
決め手を欠いてしまったのではないでしょうか。
干拓事業自体、かなり進行してまったので、
元通りにするとなると莫大な費用が必要であり、
現在干拓地で耕作している人をどうするか、といった問題もありますし。

投稿: | 2007.04.15 18:58

 マスコミは全然報道しないけど、諫早周辺住民には干拓賛成論も少なくなくて、そこを読み違えた反対派候補が落選したとしても、それほど不思議ではないと思われ……

投稿: 土門見人 | 2007.04.15 19:38

>西鹿児島駅から西へ出て、吹上町まで

西駅から西に出るのは鹿児島本線だと思った。知らない路線が他にあったのかな?

南薩線(最初から最後まで私鉄)本線は伊集院-枕崎間で、一部列車が西鹿児島まで乗り入れてた。そーゆーわけで微妙に話が違う。(^_^;)

他に、西駅から日置駅(現日置市日吉支所近辺)まで南薩鉄道が新線引くとかいう話が出たことがあったそうですが没になっています。

ちなみに私の実家の実家の最寄り駅はこの南薩線の上日置(毘沙門)でしたが、その祖母もあの世に旅立ちまして、家の跡の土地は祖母の親戚筋に返却されたはずで、思い出の跡形もなくなっているはずです。

投稿: BUNTEN | 2007.04.15 20:17

>目下問題になっている朝鮮半島に関する調書については

現在、米国議会中心に批判していることは朝鮮半島中心じゃないけど?アメリカさまへの御注進なら結構有力な資料でしょう。

投稿: dada | 2007.04.15 20:58

>アメリカさまへの御注進なら結構有力な資料でしょう。

サンフランシスコ講和条約を結んだのに、一体何が有力なのやら…。

投稿: | | 2007.04.15 22:19

一昨日、TBSの深夜番組「R30」特別版でセックスボランティアを取り上げていた。一部地方では週遅れで放送するようなので、見てない方はお見逃しなく。ソープランドとの交渉からホテルに入って自慰のサポートなどもする。端から見ているとまるでお笑いなんだが身障者にとっては深刻なんでしょう。平時でも慰安婦が必要だという証でもあります。男の性欲は始末が悪い。戦時中なら尚更やっかいなものかもしれません。本来は裏面史で伝えるべきものを朝日は表に出しちゃった。「SAPIO」のように進駐軍の蛮行を今さら晒すのも疑問です。米兵が集団でやったことでも米軍がやったことではないからね。クロスカウンターにはならんでしょう。もっとも占領下の米軍統治で女性の人権はどう守られたか(侵害されたか)という真相究明委員会はブサヨ的視点からは必要だと思いますがね。

投稿: TOソープランド | 2007.04.15 22:27

代理母の話で、今まで日本で行われている例では、腹を貸した人はみな家族親族だそうです。
某巨大掲示板には、子供のできない小姑のために腹を貸せと姑ほか親族一同に迫られて、断りきれずに代理母になった人の話が載ってました。
やむなく妊娠し、幼い自分の子供は混乱するし、つわりなども実子の時よりひどかったりして、でも10ヵ月の間に、いつしかお腹の中の子に愛着が湧き、
なのに出産後はその子の顔を一目も見せてもらえずに引き離され、でも乳は張って看護士さんに絞ってもらわねばならず、その後心のバランスを崩してしまい通院中、とのことでした。「あの子はやっぱり私の子」という気持ちを、お友達に語ってるようでした。
そらそうですよね。
日本で行われる場合には向井夫婦のように赤の他人の外国人に頼むより、このパターンが今後も多くなりそうな気がします。嫁の立場では断れない人が多いと思います。
自由意志といったって、こうなってしまえば・・・。

投稿: 彼岸過迄 | 2007.04.16 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄子の部屋:

» で、国会傍聴記、こんな出鱈目が許されるのか。の巻。その一:事前の外の情景 [月よお前が悪いから]
勢いで出て行ったものの、とりあえずかなり早く着いてしまったので国会を道路挟んで反対側にいる人たちよ様子を見に行きました。 まずは、アナクロ過ぎる調子のアジ演説をやっている全学連とか言う一団が…革マルの皆さんでしたorz。試しに、「写真撮らせて貰っていいですか... [続きを読む]

受信: 2007.04.15 19:49

» 根津八紘医師について [田中党首へのメッセージ]
根津八紘医師=砥川・下諏訪ダム反対派=田中康夫後援会幹部 女性は産む機械ですか? [続きを読む]

受信: 2007.04.20 07:08

» 2007年5月 大井川鉄道 井川線(南アルプスあぷとライン) その2 [マイ・つるかわ・生活〜鶴川住人日記、東京近郊おでかけメモ、キャンプのメモ]
 井川線の旅。その2回目。今回は、日本で唯一のアプト式鉄道区間を行きます。 DD20形の列車は、アプトいちしろ駅へ到着しました。ここからは、長島ダム建設のために、平成2年に完成した、新線区間。長島ダム駅までは、電化区間となります。 アプト線区間を走るED90形電気機関車。これを、最後部へ連結し、90パーミルの日本の鉄道でもっとも急坂を、登ります。 その前に、アプトいちしろ駅には、市代(いちしろ)吊橋があります。完成は、昭和11年。ダム建設のための補... [続きを読む]

受信: 2007.05.11 22:16

« 医者の死体は何処へ消えた? | トップページ | 労働生産性? 何それ? »