« メンテナンスのお知らせ | トップページ | 地元民不在の医学部 »

2007.04.04

ODA、希望の格差

 すみません。大幅に更新が遅れてしまいました。今朝5時頃コンビニに出たら震えるような寒さだったのですが、神奈川は雪まで降ったらしい。今報ステ見ていたら、関東大荒れですね。

※ ODA実績:日本は米英に次ぐ3位に転落
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070404k0000m010130000c.html

 私はちょっと別の見方をしていまして、人口が日本の半分(GDPは×0.3)しかない英国で、そもそも日本と同額のODAを出せること自体がちょっと異様なわけですね。これは旧植民地を、実質今も経営せざるを得ない等の事情もあるのでしょうけれど、それ以上に、この20年、日英の経済運営の失敗と成功の差が出たんだと思います。経済成長に自信があるから、強気の財政運営が出来る。
 もともとヨーロッパの物価は、高い間接税などもあって、日本よりかなり高かったのですが、イギリスの近年の物価の高さは、少々上常軌を逸した部分があります。コーラ一本300円ですよ。邦貨換算で。それでも売れるんですから。
 イギリスは、EUの通貨統合にも背を向けて、この20年ずっと右上がりの経済成長を続けてきた。それだけ経済規模も膨らみ、インフレや格差社会も進行したわけですが。
 他方、日本は、アメリカの言うがままに経済改革と称する、米国経済の植民地化路線を突っ走り、アメリカの真似ばかりして、表面上、景気回復軌道に乗っているけれど、それはもう本当に、ウォール街を潤すことを最優先にしか復興していないわけです。
 これは明らかにこの20年間の彼我の経済運営の成否が招いた事態だと思う。彼らは小さいなりにも、将来を明るく見ている。心に余裕があるから、施しも太っ腹になるんですよ。

※ 仏高速鉄道TGV、世界速度記録を17年ぶり更新
http://www.sankei.co.jp/kokusai/europe/070403/erp070403001.htm

 テレビ・ニュースで観たけれど、もう電車が地表を飛んでいるとしか見えないんですよね。車両の真ん中にも機動車を挟んだみたいなことを言っていたけれど、日本の新幹線も同じ構造にすればあれくらい出るんでしょうね。
 ノーズの形状をたいして弄らずにあれだけ出せるのは凄いと思う。てか、あれでよく浮かばないですよね。

※ クルマ高齢社会:第1部・現場から/2 認知症の60代男性、「分からず」逆走
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/20070403ddm013100079000c.html

 甘いですよ。みんな。認知症なんて甘いことを言っている場合じゃないんですよ。私も親父から車を取り上げるのに数年掛かったけれど、今度は、自転車に乗るのを止めさせるのに往生しています。困ったことに、その話をすると、婆さんまで「何が危ないんだよ」という反応をするわけ。何度も御近所から、爺さんが乗った自転車が左右確認せずにふらふら道路に飛び出す姿を目撃されているのに。
 ひとまず、高齢ドライバーに関しては、認知症云々だけじゃなく、動体視力や反応速度を含めた総合的な診断基準を定めて、強制的にバンバン免許を取り上げるようにしなきゃ駄目ですよ。

※ 超低体重児:265グラムで誕生…女児が退院 世界2位
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070404k0000m040111000c.html

 こんなんだと、カプセルに満たした羊水の中で子供が育つのは時間の問題ですよね。問題は、胚レベルから胎盤への移行をどうするかだろうか。

※ 毎日新聞調査:手術待ち「延びた」3割 医師不足鮮明に
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070403k0000m040140000c.html
※ 深刻化する地方の医師不足 奨学金や定員増…懸命の対策
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070404/knk070404001.htm

 この産経の記事には興味深い数字が一杯あるんですが、厚労省は結局医師の総数にしか興味は無かったということなんですよね。ただ、医師の移動が本当に自由なのであれば、首都圏の人口当たり総数はもっと上がって良いはずなんですよね。逆に過疎が進むうちの田舎なんて、もっと医師が逃げ出しても良いはずなのに、そうなっていない。
 この数字の裏には、もっと複雑な事情が潜んでいるんでしょうね。

※ 英国防省、有人戦闘機の無人飛行実験に成功
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200704031635

 何か違和感ありますよね。空自はかつてF104を硫黄島で使っていたし、海自にはその昔DASHなんていう無人機があった。その編隊飛行にしても、どちらが主導権を握っていたかで、だいぶニュアンスが違ってくるわけで。

※ 日本郵船「日本飛行船」売却…運営軌道に乗らず
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_04/t2007040332.html

 ある意味、これを軌道に乗せるつもりだったというのが凄い。

※ 陸自ヘリ墜落の徳之島で空自とNHKのヘリが異常接近
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070403i215.htm?from=main2

>小型ヘリは白でEC135型機とみられる。

 沖縄? 鹿児島? どっちから出たヘリでしょう。西日本方面の報道ヘリは何処の会社が運用しているんでしょうね。報道のヘリはいつも無茶するから、あっちにはニアミスの認識は無かったと思いますね。

※ 「喫煙も、年齢詐称もたいした問題でない」鈴木紗理奈ブログを削除、謝罪
http://www.j-cast.com/2007/04/04006619.html

 別にタレントさんの発言ですから目くじら立てるような事はないけれど、
「みんなが言いたいことを代弁してくれた 今は中高生の大半、男は六割くらいは吸ってんじゃない?二十歳すぎてから酒タバコするほうが稀だよ」

 なんかこういうのがいかにも若者の勲章のようにメディアで喧伝されるのは良くないと思う。大半の高校生は、酒も煙草も無縁ですよ。加護ちゃんの喫煙問題で思ったけれど、あれは法律の問題よりも、一度始めたら止められない薬物中毒の問題としてのアプローチが必要だったんだろうと思います。
 未成年だから吸っちゃ行けません、というアプローチじゃ駄目なんですよ。煙草は恐ろしい中毒を引き起こすからと、カウンセリングを受けさせるべきだった。

※ メルマガおまけ 社風

|

« メンテナンスのお知らせ | トップページ | 地元民不在の医学部 »

コメント

>TGV
>車両の真ん中にも機動車を挟んだみたいなことを言っていたけれど
初期のTGVは機関車に隣接した車両にも電動台車を持っているので、同じ方式を流用したんでしょうか。

浮き上がらないのは、まさに先頭と最後尾が重い機関車方式の賜物ですね。
ノーズ形状が単純なのも、重量があって慣性力が大きいので空気抵抗による影響が少ないというのもあるのでしょう。
もっとも、日本の新幹線がノーズ形状をいろいろ模索しているのは、トンネルドンなどの騒音対策も大きく影響しているそうで、
単に空気抵抗の問題だけならば0系レベルでも構わないのだそうです。

投稿: 長月@ReadMe.毒 | 2007.04.04 22:31

>>他方、日本は、アメリカの言うがままに経済改革と称する、米国経済の植民地化路線を突っ走り、アメリカの真似ばかりして、表面上、景気回復軌道に乗っているけれど

この高度情報化社会の現在に、中国だのインドだの露西亜の大富豪を見て「ああなりたい」と思う人が増えないかぎり、無理でしょうね。
まぁアメリカ信仰は、太平洋戦争後の3S政策が大きかったってのもあるでしょうし。(Sex, Sports, Screenという飴)

投稿: てんてけ | 2007.04.04 22:42

NHKのヘリは、ANHオールニッポンヘリコプターの機材のはずです。
HPの資料を見るまで知りませんでしたが、この会社には
NHKグループも出資しているようです。

2月の鳥インフルエンザ騒動の時、宮崎に飛来したのはEC135だったと記憶しています。

投稿: YOSHI | 2007.04.04 22:51

>TGV
フランス国鉄は、その昔から鉄軌道の高速試験には異様な執念を燃やしていましたからね。今回は、車両(
3両編成のようでしたが)もさることながら、路線も開業前の路線を使っていますから、まさに、記録のための実験という感じでしょう。

実際、日本でも実用性や騒音問題等を無視すれば、難しい話ではないと思います。

実用最高速度は350km/hくらいまでのようです。

投稿: 成田の近くの住人 | 2007.04.04 23:14

以前のTGVの記録だって、坂道から突き落として稼いだ「追い風参考記録」だったりするし、今回も何か小細工して居るんじゃないかと。

投稿: すがり | 2007.04.04 23:51

>大半の高校生は、酒も煙草も無縁ですよ。

オ−ストラリアで、マリファナの使用経験がありは、17歳では男女それぞれ61%および51%という記事がある。
日本で喫煙経験調査をしたら、この位の数字は出るのでは。

投稿: | 2007.04.05 00:16

投稿: | 2007.04.05 00:30

>>※ 英国防省、有人戦闘機の無人飛行実験に成功

 テクノバーン、またやっちまったようです。(-_-;)

Kojii.net ココログ別館: テクノバーン大誤報
http://kojii.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_73b4.html

投稿: KWAT | 2007.04.05 01:47

>TGV
アメリカの議員さんもお招きされて行っているそうです。
売り込み攻勢をかけてるのですかね。
日本の新幹線はどうしてるのでしょ?

投稿: くど | 2007.04.05 07:56

>TGV
あれ、加速~減速までの距離がむちゃくちゃかかったあげく、実験線のようなまっすぐな場所でしたからねえ。ちなみにリニアは18キロで581㌔とか。日本だと加速性能がキモだしなあ。まあ、日本の次期高速鉄道なポスト新幹線の営業速度と本数にするにはリニアでないと持たない気がしますわ。

投稿: ¥e | 2007.04.05 08:00

アフリカじゃぁ借金苦の国に対して「有償支援棒引きにしようじゃないか」って先進国自らの寛大さを求める動きがありましたよね。でもイギリスは、その国に棒引き分の軍事輸出をしてたりするわけで、日本だけババを引いたりしていたりします。
最近では中国がODAと引き替えに資源採掘権を強引に手に入れたりしてますのでトータルで見ないと判断が難しいのでは?

投稿: | 2007.04.05 09:08

> 以前のTGVの記録だって、坂道から突き落として稼いだ「追い風参考記録」だったりするし、今回も何か小細工して居るんじゃないかと。

 今回は通常の22kVではなく、特別に35kV仕様の機関車を使ったそうです。電圧を1.6倍に上げれば、同じモーターでも出力は2.5倍以上(実際は冷却の問題も出るから恐らく2倍程度)に上がりますから、それで速力を稼いだようです。
 6月開業の東部TGV線の線路で実験したそうですが、あのルートだと東から西へなだらかな下り坂が続くので、それも利用した可能性がありますね。トンネルブームの対策は、日本よりもトンネル径が大きく取ってあることです。TGV規格で作った台湾新幹線では、そのお陰で先頭車両のノーズを日本と較べて短縮できています。
 今年正式に承認されたリニア実験線の延長後は42キロになりますから、時速600キロ超えに挑戦できそうですね。<JR

投稿: Escher | 2007.04.05 09:16

>ODA
 各国のODA予算は当然自国通貨建てですから、単純に円安・ポンド高の影響が大きいだけのような気もします。
 物価だけでなく収入の方も凄い事になっているようですので<UK

投稿: Escher | 2007.04.05 09:40

>クインティック(Qinetiq)
本来QinetiQと記し、キネテックと発音します。
米国の投資会社、カーライル社が英国防省から買い取っています。
で、メィジャー元首相はカーライルの顧問か何かになっているわけです。

投稿: 清谷信一 | 2007.04.05 09:57

>仏高速鉄道TGV
日本の新幹線で真似しようとしても、恐らく500km/hにすら到達しないでしょうね。というのも、700系以降の新幹線は、各社ともモアパワーよりも省エネを優先させていますから、恵まれた環境があって400km/hを出せるか出せないかといった所です。その代わり、営業速度におけるエネルギー効率ならば、TGVやICEなど足元にも及ばないはずです。
抑も、最高速度がどんなに上がった所で、日本の新幹線車両に求められるスペックは
・過密運転に耐えられる高加減速能力
・山がちな路線を走り抜く曲線通過能力
・人口過密地帯をコソーリと走る低騒音
・航空機の速達能力に対抗できる居住性
・桁違いに大きな移動需要に応える乗客定員
といったものですから、直線番長のTGVなどおよびではないんですね。支那新幹線においては、(システムの冗長性も含めて)正に適材適所なのですが。

投稿: 五月原清隆 | 2007.04.05 12:36

>ODA

米英のODAってイラクやアフガニスタン(あるいはパキスタン)への援助抜きの数字ですか?
もし、含んでいるのなら、戦争当事者であるこの二国がODAトップなのは、当たり前の話だと思うのですが‥。

投稿: | 2007.04.05 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ODA、希望の格差:

« メンテナンスのお知らせ | トップページ | 地元民不在の医学部 »