« 青年よ大志を抱け! | トップページ | だから、医者はどこに消えるのよ? »

2007.04.26

20光年! 近いか遠いか

 Dr. House をようつべで検索すると、出てくる半分はMADTVの番組パロディ! ま、あれはあれで面白いけど、主演のヒュー・ローリーがエアギターしているシーン(丁度今週のFOX再放映回のラストで登場)を探したかったのに。あのシーンとあの歌は最高なんだが(なんて歌なんだろう)。日本では6月からやっと第2シーズンが放映開始です。ちなみにようつべを漁っていたら、ドイツでは吹き替え放映されていると解った。あれは断然吹き替えすべきドラマなんだが。ぜひ吹き替えにして地上波で放映して欲しい。病院ドラマの概念が根底から覆るから。
 所で、Youtubeて、なんで画面4:3比のままなんでしょうね。

※ 「最も地球に似た惑星」欧州チームが発見 表面に岩や海
http://www.asahi.com/science/update/0425/TKY200704250059.html

>地球から20.5光年離れた場所にあり、直径は地球の1.5倍、重さは5倍ほど

 近いじゃん! ワープ航法なしでも現有理論上せいぜい二世代で到達できるじゃん。てか無人機なら、ひとまず行けるよね。とりあえず到達させてデータを送らせるだけでも。数世代でデータを回収出来る(ここで、ボイジャーは太陽系を離れてどんだけよ? とか、今の技術だと20万年は掛かりそう、とか夢のない話をしないこと)。でも重力はどうなんだろう。1.6G? ちょっと人間の順応は無理かな。そこそこの大きさの衛星を持っていてくれれば良いけれど。

※ 報道機関への声明文は別人の筆跡 長崎市長射殺事件
http://www.asahi.com/national/update/0425/SEB200704250018.html

 自分の中では当たり前なのに、どうやら世間様では全く別の考えらしいということは普通にあるわけですが、テロ朝の犯行声明文の扱いに関しても同様でして。
 犯罪に関与する証拠物件を巡る扱いがどうあるべきかは、別に昨日今日のテーマではなく、昔から繰り返されてきた議論なわけですね。私はもちろん、そんなもの唯々諾々と官憲に出すんじゃない、という立場の人間ですが、素直に提出されるべきだ、という立場にも一定の理解はするつもりです。別に絶対に出すな、とは言わない。しかし、官憲が令状を持ってきたら素直に出すべきだ、という主張に与するつもりも無い。
 最近の出来事ではないけれど、「取材源の秘匿」という問題に関して、その犯罪を立証するために、必ずしもメディアの協力が不可欠でもないのに、官憲が証拠提出を求めてくるという動きは、民主主義や取材源の秘匿が確立されているはずの欧米ですら以前からあるわけです。それでジャーナリストが投獄される事例も未だに後を立たない。
 今回の長崎の事件に関して言えば、少なくとも「殺人」を立証するために、それが必要なわけでもない。検察にしてみれば、それが極めて計画的であったことの傍証として、それを抑えておきたい。他方、テロ朝の側にしてみれば、そんなものコピーしてしまえば、後は検察に渡ろうが焼こうが、どうでも言い訳ですよ。ひとまず現物はうちが独占したという面子もすでに立っている。
 ただここは、それを出す側としては、ケースバイケースである、令状が来ればいつでも必ず出すかどうかは、今回を前例とはしない、というポジションをはっきりさせないと、メディアとしての矜持が問われる問題でしょう。

※ 探査ロボ・無人機など20分野…防衛技術、初の中長期指針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000501-yom-pol

 この前の立て篭もり事件で思ったけれど、まずはマイクロUAVを急いで開発して欲しい。ゴキブリサイズと言わずに銀蠅くらいのサイズで。別に動画を送る必要は無い。新聞受けから侵入して壁を這い伝い、ほんの2分も静止画を送ってくれれば良い。

※ 金総書記も出席 平壌で建軍記念閲兵式
http://www.sankei.co.jp/kokusai/korea/070425/kra070425000.htm

 ま、ハリボテのパレードだからなぁ。

※ 米で薬効かない淋病急増 対策センターが勧告
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070425/knk070425001.htm

 これはもうアメリカ人に、そろそろ絶滅しろってことじゃないのか。

※ 大奥 華(はな)にも意地あり ~江戸城無血開城・天璋院篤姫~
  その時歴史が

 今の内にお詫びしておきますが、この大河ドラマ、近年希に見るつまらない展開になると思います。だって名場面が無いじゃん。たぶん1年間通じて視聴者の記憶に残るのは、島津がどんだけ腹黒(ry……。

※ TBS、21:00明石家さんちゃんねるさんま&八木亜希子で占い新企画始動SP!

 八木ちゃんが出ているということで、ピーと早送りで見たが、TBSは何をやりたいんだろう。さっぱり解らない。

※ メルマガおまけ ギャル曽根

|

« 青年よ大志を抱け! | トップページ | だから、医者はどこに消えるのよ? »

コメント

表面重力 地球の2.2倍です

投稿: | 2007.04.26 10:14

>「取材源の秘匿」という問題に関して、その犯罪を立証するために、必ずしもメディアの協力が不可欠でもないのに

今回の場合それは当てはまりませんね。しかも、組織犯罪の証拠の疑いがある。「取材源の秘匿」なんて金科玉条は存在しませんし、メディアは神聖不可侵でもありません。その常識はわきまえておくべきだと思います。

投稿: | 2007.04.26 10:40

>地球から20.5光年離れた場所にあり、直径は地球の1.5倍、重さは5倍ほど

核爆弾ペレットを爆発させその反動で飛ぶオライオン計画をもう一度
見直すべきだな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E8%A8%88%E7%94%BB
http://www.weblio.jp/content/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E8%A8%88%E7%94%BB

投稿: | 2007.04.26 11:04

>地球から20.5光年離れた場所にあり、直径は地球の1.5倍、重さは5倍ほど

NASAは「原子力ロケット」を開発することを決めたらしい。
なんでも、通常のロケットよりも3倍速いとか

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=03/01/18/0833201

投稿: | 2007.04.26 11:07

報道機関が進んで官憲の協力をしなくてもいいと思いますよ。
ただ儀礼的にこういう出来事があってもいいんじゃないんですかね。

官憲から協力要請

報道機関は協力を拒否

官憲が報道機関に強制執行

報道機関「言論への挑戦だ」と世論を煽る

報道機関は「取材源の秘匿」を守り通すことが第一義にあります。守り通さなければ、ただの広報機関ですよ。国と報道機関は対立しないと、正常な関係とは言えません。

投稿: 岡倉天心 | 2007.04.26 11:20

http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=4101

予想通り、鹿屋が崩壊ですな。

投稿: 小児科医 | 2007.04.26 11:52

>地球から20.5光年離れた場所にあり、直径は地球の1.5倍、重さは5倍ほど

5/(1.5*1.5)=2.22
となるので、約2.2gですね。

投稿: astra | 2007.04.26 11:57

>ちょっと人間の順応は無理かな。
■重力は、物質の質量に比例し、その距離の自乗に反比例します。で、5÷1.5÷1.5と電卓を叩くと2.22倍。肉体を鍛えればナントカなる!
■それよりも、公転周期が13日。自転の周期は分からないけれど、目が回りそう。文明を持った異星人がいるとしても、思考速度が30倍くらい速くてコミュニケーションが取れなかったりして。

投稿: 電気羊 | 2007.04.26 11:59

>>NASAの原子力ロケット

基本的に原子炉を電力源とした大型イオンエンジン推進のようです…
予算下りたかどうかわからなかったので調べてみましたが:
http://exploration.nasa.gov/programs/systems.html

計画としては「2013年までに月の外側に運航できる技術実証機を飛行させる」と言うもので、この文書が書かれた時点(2005年会計年度の予算請求書作成中?)で予算化を要求中だったようですね。
その後、どうなったのやら…

イオンエンジン+原子炉ということで、核爆発を頼るダイダロス計画やオリオン計画のような大胆な加速は無理にしても、逆に加減速の融通が効く構造にできそうだし、核爆発で生じるプラズマを偏向する為の構造が不要になりますから、数百年〜数千年のレンジで探査機や人間を送り込むには最適そうですね。

20.5光年先に片道特攻で送り込むための推進剤と核燃料だけでどのくらいの質量を占めるか頭が痛いですが、移民には最適そうな。

# やはり、なんとかしてオーバーテクノロジーを手に入れてマクロスを作るしか…(ぉ

投稿: Artane. | 2007.04.26 12:28

> 所で、Youtubeて、なんで画面4:3比のままなんでしょうね。
1.世界比率でいえば4:3コンテンツが圧倒的に多いから。
2.アスペクト比が4:3のPCモニタが圧倒的に多いから。
3.撮影器材も4:3撮影器が圧倒的に多いから。
世界標準でいえば4:3のほうが圧倒的に主流なのでは?

投稿: aka21 | 2007.04.26 12:48

>報道機関は「取材源の秘匿」を守り通すことが第一義にあります。
第一義だからといって死守しなければならない話ではないでしょう。
1)自力で取材したの?
→今回は郵便で送られてきただけですよね?
2)情報提供者が秘匿を条件に明かしたの?
→犯行声明じゃなかったの? というか、犯人は公表されることを望んで報道機関に送っているんじゃないの?
3)違法なものなの?
いや、礼状でてるからねぇ。


どうあれ、たかが新聞社であり一企業に過ぎません。捜査に協力すること、つまり公共の福祉に反することを行ってはなりません。
そうやって、甘やかすから、自浄作用がなくなるんですよ。
もちろん、営利でやってる朝日新聞などより、公器である官憲のほうがよっぽど信頼に足るものです。

投稿: | 2007.04.26 12:49

>岡倉天心さん
>国と報道機関は対立しないと、正常な関係とは言えません。

対立?
全てに対して「公正中立」というのであるのならば、賛同できます。
根本的な部分が間違っていませんか?

投稿: | 2007.04.26 12:54

公正中立を守る為には対立も辞さずって事でしょ。別に国のやること何でも180度正反対を、と言う意味じゃないのは少し考えれば(以下略)

投稿:   | 2007.04.26 13:23

>通常のロケットよりも3倍速いとか

そんなもの、H-2Aを赤く塗(ry

投稿: Kurage | 2007.04.26 14:12

> 2007.04.26 13:23 さん
>国と報道機関は対立しないと、正常な関係とは言えません。
        ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

と、言い切ってますよw

投稿: | 2007.04.26 14:16

自転の周期は13日
地球の周りを廻る 月と同じですね
どうしてそうなるんだと思いますが 月がどうして
そうなっているか 推測しかされてませんので 
現時点では判りません

(朝、急いで書き込んだので 名前忘れました(~~;)

投稿: bewind | 2007.04.26 17:43

>この大河ドラマ、近年希に見るつまらない展開になると思います。
翔ぶが如くの第一部幕末篇のようにすれば大変面白くなるかと思いますが。

投稿: | 2007.04.26 17:53

>公転周期が13日
公転周期は大きな問題じゃないよ。地軸の傾きも分からないからね。むしろ一日の長さ、自転周期が公転周期に近いのかどうか。

投稿: | 2007.04.26 18:14

>天璋院篤姫

フジの「大奥」で篤姫役を菅野美穂がをやって意外に高視聴率だったんですよね。できがよく中国でも放送予定だったのがあの反日暴動で中止に追い込まれた。九州は大河ドラマ不毛の地でほとんど記憶にありませんが、大河以外なら「風の隼人」(南国太平記)はよかったです。来年の大河は期待できますが、再来年の「天地人」、直江兼継の物語はダメだろう。司馬遼太郎もこの人物をよく言っていなかったし作品にほとんど登場させないと聞いたことがある。

投稿: TOソープランド | 2007.04.26 19:34

>最も地球に

SFの題材(の一つ)にする方が作家志望の人には一番夢があっていいような。

先例はあるのかな。

投稿: | 2007.04.26 20:19

>現有理論上せいぜい二世代で~
 今後百年単位のスパンで考えれば、物質(物、人)をデータ化してレーザーで打ち込み、向こうで実体化させるって技術(様は、スタトレの転送機の極長距離版)が出てきそうですね。
 
 実際問題、遠い未来に人類が何らかの技術で地球型惑星に到達し、そこに知的生命体がいたらどうしますかね? 
 総合能力が人類より高い場合はスルー。同等ならば対等な関係を。低い場合は占領し支配といった所でしょうか。
 支配を選択した場合、人類はヒトに近い知能・知性を持った動物を得る訳ですが、人倫に触れない訳ですから色々と使い出がありそうで。
 個人的には「宇宙、それは最後のフロンティア」な訳ですから、英国の愛国歌 Rule Britannia! ばりに「支配せよ!人類」なノリで、人類の生息範囲を拡張して欲しいモンです(笑 

投稿: 名無し二等空士 | 2007.04.26 21:50

>どうあれ、たかが新聞社であり一企業に過ぎません。捜査に協力すること、つまり公共の福祉に反することを行ってはなりません。

任意であれば、新聞社がいちいち捜査に協力する必要もないですけどね。一市民でも任意であれば、いちいち捜査に協力する必要もありませんよ。
強制力があれば、どうぞ令状を持って来てくださいという話になりますが、新聞だったら、世論を煽ることができますから。
官憲は官憲で権力を行使して、報道は報道で世論を煽る権力を持っているんですから、お互いの権力を使ってお互い喧嘩すればいいんですよ。

そもそも国と対立していない報道機関があるんですか?
産経でも河野談話の見解については国と対立していますよ。

投稿: 岡倉天心 | 2007.04.26 22:14

http://crohn.seesaa.net/article/37730918.html
数あるサイトから、先生と同じお腹の病気系で選んでみましたが、これとUSBサイズのWiFiでもうご希望の品は出来たも同然と思います。突入用のマイクロロボット。

投稿: pongchang | 2007.04.26 22:25

>先例はあるのかな。
笹本祐一先生の「ブループラネット」が近いかな?
軍の秘密衛星が約10光年離れた青い星を見つけています。
SFちゅうよりライトノベルだけど。

野尻抱介先生の短編集「沈黙のフライバイ」だと向こうから探査機がとんできます。
10.3光年離れた赤色矮星のそばに自転していない惑星があると言う設定です。
「沈黙のフライバイ」はお勧めです。

投稿: 森のクマ | 2007.04.26 23:45

>地球型惑星に到達し、そこに知的生命体がいたらどうしますかね?
人類がアルファケンタウリの移住して…というゲーム。ユニットとして出てくる原住生物は蟲系。
http://stack-style.org/SidGame/SMAC-Concept.html

投稿: so | 2007.04.27 00:07

独自取材で得たものなら「取材源の秘匿」って突っ張るべきだと思います。しかし、今回みたいに向こうから、しかも犯行声明的に送りつけられたものなら、さっさとダビングした上で警察に提出し、その上で事件が起こる前に放送していればスクープにもなったかと。まあ、事前に放送できたかどうかは選挙妨害になる可能性もあったので微妙なところかもしれませんけど、少なくとも出しておけば事件が防げた可能性を摘んだと批判を浴びることはなく、むしろ警察に批判を浴びせる側に立てたかもしれない。放置していたために事件が未然に防げなかった責任を問われ、後手後手に回った言い訳に「取材源の秘匿」を持ち出しているようにしかみえず、テロ朝、カコワルイとなっている気がします。また、提出云々に関しては、独自取材や情報提供者の意志などで基準をつくるなりして、メリハリをつけた方が、世論の支持も得られると思うのですが、いかがでしょう、先生?

投稿: ya-mana | 2007.04.27 00:28

>「支配せよ!人類」なノリで、人類の生息範囲を拡張して欲しいモンです

 藤子・F・不二夫がよくいってましたが、恒星間植民は大変ですよ。現在の科学水準から言えば、光速は越えられない。ということは、植民地支配しても、反乱が起こったら適切な兵力を送り込むのだって最低20年かかる。しかも何に使うんですか?エネルギーが欲しければ太陽の利用効率を上げた方がまし。鉱物資源だったら小惑星帯がある。土地が欲しけりゃ、火星を改造した方が2.2gで住むより遥かに楽。支配領域の拡大なんて、野蛮なマチズモですね。科学探査に留めるが吉ですよ。

投稿: | 2007.04.27 00:48

>任意であれば、新聞社がいちいち捜査に協力する必要もないですけどね
ケースバイケースってのは別に問題ないと思うが、長崎の場合は単にそれにあてはまらないって話なだけなんだがな。
だから、どのメディアもあの件で権力の不当介入だなんて騒ぎ立ててないだろ。当事者も。
権力者持ちつ持たれつ舌を出し。
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2007/04/426_26f2.html

>そこに知的生命体がいたら
総合能力が人類より高い場合は・・・向こうが先にこっちにやって来て支配。
同等ならば・・・お互いが信用できない。
低い場合は・・・利権を巡って人類同士で戦争になる。

投稿: | 2007.04.27 01:18

>笹本祐一先生の「ブループラネット」が近いかな?
>野尻抱介先生の短編集「沈黙のフライバイ」
>「沈黙のフライバイ」はお勧めです。

やっぱりあったのか。しかし、バリエーションはいくらでも出てきそうな感じもするね。

入手次第読んでみますよ。情報ありがとう。

投稿: 2007.04.26 20:19 | 2007.04.27 03:02

>地球から20.5光年離れた場所にあり、

公転周期が13日とは、非常に太陽に近い気がする。赤色矮星とはいえ、一応そこは恒星(核融合炉)ですから、温度より大量の中性子線やX線が降り注ぐと思われる。そんな中で適応できる生物(いるとして)って、ちょと怖い。

投稿: | 2007.04.27 07:16

>岡倉天心
どうも根本的に反社会的な行動を許容する方のようで

>国と対立していない報道機関
対立などする必要は無いのです。結果として異なる見解はあるにしても。
それとたかが私企業の言い分よりは、公務のほうが優先される。それが法治国家というものです。

投稿: | 2007.04.27 09:13

>民主主義や取材源の秘匿が確立されているはずの欧米ですら以前からあるわけです。

取材源の秘匿はケースバイケースということですよね?
真実を明らかにするのは、最終的には報道の役割ではなくて、司法です。法治国家ですから。
報道機関だからといって、犯罪幇助をしていいということではありませんよね? これは確か法律にも明記されていたと思います。

>投稿 岡倉天心 | 2007.04.26 22:14 さん
>報道は報道で世論を煽る権力を持っているんですから

権力ですか? なるほど、66年ほど前に民衆を扇動して、戦争に突入して言ったように?
扇動家の肩を持つなんて、正直御免ですね。

ま、けんかすりゃ良いってのは同意。

投稿: Su-47 | 2007.04.27 09:35

長崎県警が、テレビ朝日から押収した文書とカセットテープ4本がもとで、文書を代筆した人が何らかの罪で逮捕され、それが冤罪であったらテレビ朝日は不当、違法捜査に協力したとして批判されるんでしょうね。
今回は警察に信頼があり、報道機関としてリスクを負うことはないと見て素直に押収に応じた。「場合によっては差し押さえに応じない」としたテレ朝の見解は、警察が信用できないというケースもあるということで、テレ朝の見解は正しいと思います。

投稿: 風塵雷塵 | 2007.04.27 13:20

警察よりも、私企業であるテレ麻のほうが、もっと信用ならんわけだが(~_~;)?

投稿: | 2007.04.27 13:26

うっかり見逃したw
>文書を代筆した人 
コレって何の罪にも問われないの?

投稿: | 2007.04.27 13:31

>真実を明らかにするのは、最終的には報道の役割ではなくて、司法です。法治国家ですから。

>それとたかが私企業の言い分よりは、公務のほうが優先される。それが法治国家というものです。

そんなものは百も承知です。
私は官憲の強制力を許容していることも書いています。
官憲は法手続き通りにやってもらって、報道機関は「言論への挑戦だ」みたいに書いて暴れてくれるのが正常な関係だと書いているだけです。
司法の判断が下されておらず、また令状も来ていない時に、報道機関が率先して行政に協力するのもどうかと思いますが。

>どうも根本的に反社会的な行動を許容する方のようで

反社会的な行動を許容していませんよ。バランス均衡の基に書いているだけですよ。

>権力ですか? なるほど、66年ほど前に民衆を扇動して、戦争に突入して言ったように?扇動家の肩を持つなんて、正直御免ですね。

戦争を始めたのを決めたのは報道機関ではなく、国ですけどね。

投稿: 岡倉天心 | 2007.04.27 14:13

>支配領域の拡大なんて、野蛮なマチズモですね。科学探査に留めるが吉ですよ。

でも人間って「渡航できる能力」を手に入れたらリスクがあっても行ってみたいと思い、それを止める事が出来ないのじゃないかなぁとも思います。
良くも悪くも、好奇心が人間の根源の力ですから。


もしジジイになるまでに移民船が出来たら、乗ってみたいかも。
若かったらいやですけど、老い先短い爺だったら最期にフロンティアを目指すのも悪くないですし。
爺は乗せてもらえないでしょうがw

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.04.27 18:40

>戦争を始めたのを決めたのは報道機関ではなく、国ですけどね。


国が正常な判断を実行出来ないように世論を煽ったのは報道機関。

投稿:   | 2007.04.27 19:45

>良くも悪くも、好奇心が人間の根源の力ですから
 いや、別に渡航するのは良いんですよ。私もしてみたい。科学探査や冒険には賛成です。ただ、占領と移民なんて莫大なエネルギーと資源を喰う割りに益の少ない事に投資するくらいなら、もう少し空きスペースは宇宙に沢山あるぞ、と。

知識以外の全ての物は、太陽系に揃ってますから。

投稿: | 2007.04.27 20:48

移民はそれこそスペースコロニー作るか月面やら火星に住めるようにすればまだまだ全然余裕ありますからね。
そのあたりすら使い果たすくらい人間溢れかえってる地球圏ってのも想像するとすごいですが、
そういう意味では天体的もしくは地球環境的に重大な問題が発生して太陽系に住めなくなるかもっていう危機が発生したら移民はあるかもしれないですけど、それってなんだか凄く気が遠くなりそうな話ですしね。
どんだけうじゃうじゃ人間いるんだ(汗

占領はコストというのもありますが宇宙航行が出来るほどの英知を手に入れたのに自衛(宇宙昆虫だとか宇宙怪獣だとか敵性宇宙人とかとの戦いw)以外で占領とかやるような野蛮な文明であってほしく無いです。
これは願望ですが。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.04.27 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20光年! 近いか遠いか:

» 一番乗りで国旗を立てる縄張りの話 [時評親爺]
ん~、アインシュタイン大先生の難解理論(特殊相対性理論)に従って地球から大急ぎで出かけても、片道20年以上はかかる距離である・・・って、要は太陽系外に「最も地球に似た惑星を発見した」らしいのである。こちらの25日付エキサイトニュース・共同配信で報じられている。前掲共同報道より、こちらの25日付yahooニュースの方が詳しい。尚「相対性理論」についてはこちらを参照されたい。 yahooニュースでは「地球からてんびん座方向に約20光年離れた」位置にある恒星系の新惑星らしいが、ここに「いの一番」に到... [続きを読む]

受信: 2007.04.26 10:31

« 青年よ大志を抱け! | トップページ | だから、医者はどこに消えるのよ? »