« アメリカ財政破綻の原因 | トップページ | Legacy Costs »

2007.05.15

同情の必要を認めず

※ 「ゆりかご」に男児 開設初日の10日
http://kumanichi.com/news/local/index.cfm?id=20070515200002&cid=main

 たぶんうちの次男くらいの年齢で、普通に幼稚園や保育園に通っているんなら自分の名前を言えるはずですよね。ただ、それが戸籍があるかとかの問題もあるでしょうが。その年齢で親に捨てられるというのは、泣けてくる話ですけど、たぶんこういう施設が無かったら、この子は虐待とか無理心中とかで犠牲になっていたかも知れない。
 そうする前にどうして公的機関を頼らないんだ? という話もあるけれど、あれはあれでもの凄くハードルが高いんですよね。根掘り葉掘り質問攻めに遭って、山ほど不愉快な思いもしなきゃならないし。
 子供を助けるための敷居を下げるということを、社会全体で考えなければならないんでしょう。いつか親が名乗り出てくれると良いけれどね。

※ 筑紫哲也氏が肺がん告白 「NEWS23」を休み治療へ
http://www.asahi.com/national/update/0514/TKY200705140406.html

 昨日、第一報を聞いた瞬間、アハハ! と嗤ってしまいますた。2ちゃんは戦勝ムードが漂ってましたが。他の病気なら同情するけれど、ヘビースモーカーの筑紫哲也が肺癌なんて、あまりにお約束な結末で、何ら同情する気になれない。こんな自業自得因果応報な癌を保険診療で治せるのは変だと思う。責任が自分の喫煙にある場合は、保険診療から除外すべきですよ

 「初期」ということだけど、これは怪しいですよね。最近咳き込むことが多くて周囲から検査を進められてPET検査を受けたということですから、自覚症状ありありでしょう。
 残念ながら肺癌の場合、日本人に一般的な癌の中で一番生存率が低いんですよね。その原因は、初期で発見されてもなかなか助からないことが理由で、自覚症状があった段階で助かるかどうかは肺癌の場合はギャンブルになる。

 私は、キャスターが5年も10年も一つの番組に君臨し続けることには全く批判的なので(こんな連中に、県知事の多選とか、自民党の長期支配を批判する資格は微塵も無い)、これを契機に番組を降りれば良いのに、いつまでもしがみつくんだよね。老醜以外の何物でもない。

※ 取り調べで暴行?「被疑者ノート」を証拠採用…大阪地裁
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070514i105.htm?from=main1

 これは珍しいですね。この裁判官はもう出世打ち止めでしょう。ただ殺したという結論は動かないわけで。

*東京地検、取り調べのDVD映像を証拠申請
http://www.asahi.com/national/update/0514/TKY200705140404.html

 あとこれ。そこで記録映像の証拠採用が必要かどうか疑問な部分はあるわけですが、裁判所が率先して取調の可視化を促していると前向きに評価しましょう。
 日曜日のサンプロで「人質司法」の特集を流していたわけですが、長野県の公務員が列車の中で、煙草を吸おうとたまたま空いていた席に移動したら、見知らぬ人間が突然「お前この財布から金を抜いただろう!」と詰め寄られて逮捕。犯人扱いされたその人物は、「早く列車に連絡して証人を抑えてくれ」と訴えたにも拘わらず、警官がそれを無視したために目撃者が誰も捕まらずに、それでも一審は無罪だったんですよ。
 被害者と称する人間のホームの位置からは犯行現場は見えない、と。所が、高裁では、全く同じ証拠を見ていて有罪になり、最高裁でもそれが確定してしまった。
 日本は三審制なんて言われますが、これは嘘です。こと刑事事件の場合、二審レベルで新たな証拠や事実でも出ないと、一貫して同じ証拠、同じ事実を元に審理されたものは、最高裁ではほとんど再検証の対象にならないんですよね。だから実質、刑事では、高裁で有罪になり、ここで新証拠や新証言が出ないと、まず有罪をひっくり返すことは出来ません。
 この人は、結局罪を認めなかったばかりに、長期間拘束され、有罪が確定したせいで仕事も失ったわけですね。
 裁判官ネットワークに所属する裁判官が番組に出て話していたけれど、人質司法に関する認識が極めて甘い。あれはちょっと驚きましたね。ああいうグループに属する人々は、もう少し被疑者の人権に敏感かと思ったけれど、検察から言われたら、普通に従いますよ……、みたいなニュアンスなんですよ。
 裁判員制度がスタートしたら、この人質司法や可視化を巡って、全く不毛な時間を法廷で取ることになるでしょう。

※ ラグビー部員はわいせつ否認 同大、調査続行へ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/51840/
* 女性を無理やり車に連れ込み未遂 同志社大生3人逮捕
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200705140025.html
* 同大ラグビー部員3人逮捕 「ナンパ」で車に無理やり…
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070514/jkn070514011.htm

「調べによると、3人は前日夜から「女を物色しよう」などと話し合い、別の知人名義の乗用車で付近を徘徊(はいかい)。豊田容疑者が運転手役、ほかの2人がそれぞれ女性を羽交い締めにする役、乗用車に連れ込む役などと分担していたという。」

 このニュースは警察の記者クラブ発表をそのまま垂れ流した取材無しの飛ばし記事ですね。たかがナンパに出掛けただけの話が、うっかり手を掴んだりしちゃったものだから、「物色」「徘徊」「羽交い締め」「分担」等の、刑事訴訟ワードに化けて、記者クラブが垂れ流すと。
 ただ、普通に街歩いていて、触られでもしたら、それだけで恐怖を与えるわけで、これは女性に触れた時点でアウトですよ。その程度のことは同志社の学生なら知ってなきゃ。
 ただ事件自体は、交番で1時間説教すれば済む話で、こうやって晒し者にすべきことじゃない。取材もなしに官憲の肩を持つのもたいがいにしろよ、マスゴミさん、という気がしてならないわけですが。

※ タミフル以外にも異常行動、厚労省部会で報告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000217-yom-soci

 私はタミフル冤罪説を採る人間なので、そんなものだろう、という気がするわけですが、このマスゴミのタミフル虐めというのは、何か裏のある話なんですかね。ちょっと理解できないのですが。タミフルが処方されないことによって死ぬかも知れない患者が出てくるリスクを考えると、今の熱病に魘されたようなタミフル虐めをマスゴミが煽っているのは、極めて犯罪的な行為だと思うわけですが。

※ 医療費「5年で5千億円削減」 諮問会議、試算提示へ
http://www.asahi.com/life/update/0514/TKY200705140403.html

 出来るもんならやってみろ、という気がしないでもないけれど、総額抑制は必要なんだろうけれど、長期の処方箋が無いですよね。いつも行き当たりばったり。

※ おクチで“する”のはダメ!? 咽頭がんにも影響
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_05/t2007051419.html

 これはためにする記事ですね。アメリカでは、HPV感染の予防接種を義務づけるかどうかで国レベル州レベルで議論が割れていますから、それを後押しするためのニュースでしょう。効果があるものだったら、クラミジアのワクチンとか開発してバンバン義務化すべきだと思う。おじさんが安心して遊べるように!

※ 仮想世界で「性行為」すると 罰せられる時代が来た
http://www.j-cast.com/2007/05/14007585.html

 ちょっと前、メルマガでコソーリとその辺りの話をしたばかりなのですが、これがセカンドライフで出来るんですよ。アバターが服脱いでずっこんばっこんできる(~_~;)。それどころか、アダルトショップまであの中にはある。
 でもこんなんで摘発されるんだったら、日本の幼女ゲーってどうなのよ、それ。オンライン幼女ゲーとかあって、それに欧米からアクセスしたら摘発されるんだろうか。

※ 陸自訓練ビデオ流出 ユーチューブ 「近接戦闘」など解説
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070515/jkn070515000.htm

 いかんですなぁ。

※ 透明人間になって……。
http://www.asahi.com/national/update/0515/TKY200705140419.html

【そこを歩く間だけ透明人間のようになれたらなあ、と思いましたが、これは質問にあった「身分を隠して」ということとも少し違うことかもしれません。 そこで思い出したのですが、以前東京子ども図書館の会合にお招き頂いたときに、当日の出席者を代表して……】

 泣ける話やないかい! 私が総理大臣なら、直ちに関係省庁に指令するね。巨大ブックセンターを半日借り切って、劇団員を4、500人雇って、あんた客役、あんた店員役、あんた万引きする人、あんた警備員役とか割り振って、各人にピッチリ完璧なシナリオを演じさせて、「書店」という日常を演じさせた中、好きなだけ遊ばせてやるですよ。
 あるいはキャンパスひとつ借り切って、それやれば良いじゃん。

※ 皇居お濠の外来魚、3万匹を電気ショックで捕獲・駆除
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070514i507.htm?from=main5

  なんでお堀にそんなものがいるんだろう。あそこは閉鎖系じゃないんでしょうか。

※ メルマガおまけ 大怪獣バトル ULTRA MONSTERS

|

« アメリカ財政破綻の原因 | トップページ | Legacy Costs »

コメント

※ 筑紫哲也氏が肺がん告白 「NEWS23」を休み治療へ

これで亡くなった後も延々と批判や誹謗中傷が続いて「日本人は死者に鞭打つ風習は無い」なんてのが妄想に過ぎないことが証明されるんでしょうねえ。
まあ、どうなるかはリンパ転移次第だけど。

投稿: | 2007.05.15 10:18

>これで亡くなった後も延々と批判や誹謗中傷が続いて

1年後には話題にも上らないに、1票。

投稿: | 2007.05.15 10:58

>透明人間宣言!
確かに泣ける話ですね。
こういうお話をピックアップされるとは、
やはり大石先生は素晴らしい。

天皇陛下の場合は、普通の経験がないから
想像も出来ないのかもしれません。
皇后陛下は、一般人だった記憶があるから
”隠れ蓑”という発想が出るのかと思い、
またこの記事のまとめも非常に良いと思います。

それにつけても、古本屋での立ち読みが
出来る幸せをかみしめてしまいました。
いえ、大石先生は本は買っておりますよ、ハイ。

投稿: 外資社員 | 2007.05.15 11:09

えー私もチクシさんのご快癒をお祈り申し上げます。
それはそうと、下のような質問が出てましたので、ご存じの方は答えてあげて下さいな。

http://q.hatena.ne.jp/1179183316
>筑紫哲也氏が肺ガンを告白されました。日本のジャーナリズムを先導して来られた氏のご回復を心よりお祈り申し上げます。
>それとは全く関係ないのですが、ヒトラーが暗殺されたとの報に接した古参のドイツ軍将校が、
>「当番兵、シャンパンを持て! 豚が死んだぞ!」と快哉を挙げた(誤報だったのですが)、との逸話があります。
>このセリフの出典、もしくは原語をご存じの方はいらっしゃいますでしょうか。

それとは全く関係ないのですが、今晩はうちはシャンパンを飲む予定です。

投稿: | 2007.05.15 11:17

> これで亡くなった後も延々と批判や誹謗中傷が続いて

まぁ「日本人は死者に鞭打つ風習は無い」っていうのにつけこんで
生前の妄言やらを自分たちの主張に合わせて都合良く振り回す様な
連中が出てくると、誹謗中傷はともかく批判は続けられるでしょうねぇ。

投稿: | 2007.05.15 11:23

>透明人間になって……。

TBSで「みのもんた」が、さかんに「かわいらしーなー」つて連呼していたけど、やはり、この男の感覚はズレているね。
普通は「かわいそーだなー。なんとか自由に立ち読みさせてあげたいなー」だと思うけどね。

もつとも、そばにいるTBS関係者は、かわいいともかわいそうとも思ってなさそうだったけど。
マー、TBSやテレ朝じゃしょうがないか。

投稿: MI-6 | 2007.05.15 11:34

>なんでお堀にそんなものがいるんだろう。あそこは閉鎖系じゃないんでしょうか。

わざと放す馬鹿タレがいるんです。

投稿: 鉄郎 | 2007.05.15 11:34

>※ ラグビー部員はわいせつ否認 同大、調査続行へ
>女性が覚えていた車種などから3人の身元が判明。14日朝、捜査員が任意同行を求めた

事件発生が4月30日。捜査をしてホシに辿り着いたのに、交番で説教してすますんですか。
ラガー3人で女一人をナンパ。成功確率ゼロ。AVでしかあり得ない設定に頷く警官はいないでしょう。

投稿: ginn-bae | 2007.05.15 11:51

>筑紫氏肺癌
昨晩は、テロ朝でも古館氏とアカヒの加藤工作員が自民党の保岡氏相手に、無様な醜態をさらしていたということでも、盛りあっていましたね。

昨晩は反日・売国マスゴミの終焉を暗示するようで、非常にメデタイ日でありました。

YouTubeやニコ動にアップされていた画像は一生保存しておきますw

投稿: | 2007.05.15 12:35

>外来魚
http://www.purety.jp/fish/giru_history.htm
赤坂御用地にギルを放流なさいましたのは、今上天皇。
>マスゴミが煽って
昨日の朝日新聞は泣けたね〜
http://www.asahi.com/paper/column20070514.html
比較的麻疹ワクチンには協力的だけど
http://www.k-net.org/opinions/measles.html
麻疹ワクチンの出荷数が5万本を超えたらしいけど、社民阿部君の発言が聞きたい今日この頃、もっと煽ってワクチン不足パニックをみてみたいものだわ。
>お口で
赤痢アメーバーも負けないぞ!
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070513ik02.htm

投稿: pongchang | 2007.05.15 12:46

> これで亡くなった後も延々と批判や誹謗中傷が続いて

TVに出てる人はTVに出なくなったら終わりです。TVに出なくなった後まで影響力を持つことはないから批判も誹謗中傷も続きませんよ。

投稿: | 2007.05.15 12:58

日本人が死者に鞭打たないってのが嘘なのは
豊国廟破壊で証明済みだし
明治維新で価値観変わると足利尊氏を
延々と批判し徳川幕府批判を繰り返した
皇民教育や廃仏毀釈
さらに戦後またまた価値観変わって
皇民教育で祭り上げられた人物を
評価変えて引きずり降ろしたりした
戦後教育等で
証明済みの話。

投稿: | 2007.05.15 13:02

それにしても、小田実の胃癌をあーこー云うブログが無いのは「TVに出なくなったら終わり」だからかな?5/15(火)13時現在11件Googleブログ検索に引っかかる。
で、ニュースキャスターは、存在自体が「癌」というキーワードを呼ぶ可能性も否定できないけれど129件に昇る。

3才の子供は余程なのかな?やっぱり子供が自分で気がつくと思うけど。

投稿: pongchang | 2007.05.15 13:06

同情といふのは必要があるからするものなのだらうかと思つてみたり。

投稿: | 2007.05.15 13:08

>これで亡くなった後も延々と批判や誹謗中傷が続いて
そりゃ、今まで自分がやってきたことの報いをうけるんでしょう。因果応報。つるかめつめかめ。

投稿: | 2007.05.15 13:38

>これで亡くなった後も延々と批判や誹謗中傷が続いて

亡くなってはいないがニューステ久米宏
の話なんて今は誰もしてないけどね。

あっても「できるだけニュースAA」くらいかw

投稿: たか@ | 2007.05.15 13:44

「死者に鞭打つ風習が無い」が真か偽かはわかりませんが、少なくとも病に侵され失意の内に斃れようとしている一個人に対して、「アハハ」と嗤ったり、
戦勝ムードに浸るような人達が古今東西常識ある社会人とみなされる事はないでしょう。
 そういう風習が「無い」のでも「変わった」のでもなく、ネット上でそういう情けない言葉のやりとりを恥と思わない人たちが増えた、という事でしょう。

「伝統的保守」の側に立つと思われる人達からそういう言説が聞かれるのは面白い現象です。

投稿: 44 | 2007.05.15 13:52

先程おもいっきりテレビで5.15事件の話をやっていました。
虐殺をしたテロリスト達に世間の人達は拍手喝采、減刑嘆願の声が上がった。
筑紫さんの件に笑みを浮かべる人達、なにか重なって見えます。
いつか来た道と言う事になられば良いのですが加藤紘一氏の件といいすでにレールに乗ってるような気がします。

投稿: | 2007.05.15 14:24

大石先生の著作は好きだけど、「アハハ」はちょっと・・・・

投稿: nonko | 2007.05.15 14:31

>古今東西常識ある社会人とみなされる事はないでしょう。

これを見てふと大石さんを常識ある社会人と見ている人はどれだけいるのかな?と疑問に思ってしまったり
常識ある人と常識を知っている人の違いのような感じ?

投稿: するっと | 2007.05.15 15:04

 申し訳ありませんが、あらゆる文脈に於いて、喫煙が原因で、日本の保健医療を食い散らかす人々を、笑いこそすれ同情する気は毛頭ありません。

投稿: 大石 | 2007.05.15 15:05

>笑いこそすれ同情する気は毛頭ありません。

消防士やってたボクの叔父も笑われちゃうんでしょうねえ。
(まあ、仕事でアスベスト吸ってた可能性もありますけれど)
元自衛官の義父が、こないだ肺を切って抗癌剤の治療はじめたところですが、センセイ笑ってくれますか?

投稿: y-mat | 2007.05.15 15:15

まぁ千代田区で「歩きたばこ禁止条例」ができた時、「人間は本来健康を害することを覚悟で悪徳にふける動物である」と言ってのけた人ですからまさに自業自得でしょう。せいぜい癌に対しても自説どおり「よき敗者」=「グッド・ルーザー」にでもなったら。

投稿: | 2007.05.15 15:38

タバコは本人よりもまわりが迷惑をこうむるので勘弁してほしい。
全然吸わないのに巻き添えで肺がんになったら最悪。

投稿: おやじです | 2007.05.15 15:46

>いかんですなぁ。
「対抗部隊の構成、武器」「敵遊撃隊の前進速度・潜伏要領」「捕虜の取り扱い」
http://www.youtube.com/watch?v=Ot5sSddQam8
「昼間射撃」「遭遇時の至近距離射撃」
http://www.youtube.com/watch?v=ssT9UKCtJdg&mode=related&search=
「近接戦闘」
http://www.youtube.com/watch?v=x61ioc8F5-A
雪中の実弾射撃
http://www.youtube.com/watch?v=8R8EHdw6nSA
全くもってケシカラン!(UPされたのは4ヶ月前・・・・・・)
同じヒトの投稿は「Gun」付録のDVDとかがほとんどなので、ビデオそのものの持出しか、Winnyなどを経由した部内者からの1次流失の疑いが有るのでしょう、内容よりも流失経路の把握の方が防衛省を悩ませているのでしょうねorz

投稿: yossi | 2007.05.15 18:40

日常的な間接喫煙から解放された途端にアレルギー性の気管支炎になり、喘息一歩手前まで逝ってしまっている漏れがきましたよ(´ー`)

まぁ、「あの時代の人たち」っつーか戦後の一番いい時期を仕事バリバリやっていた人たちの間では、何箱もの(一箱=20本)タバコを吸いながら仕事やってきた訳で、何処に行っても紫煙がモクモク…通勤電車などでは火事が起きてやっと禁煙(だったと思う)、禁煙席なんて何処?と言うのが20年くらい前まで当たり前で。
…喫煙と癌などとの関連性の問題が表面に出てきたのは30年くらい前ですから。

そんなこんなでタバコを止められない、
 あの世代の人たちは(もう一つの肺癌要因として疑いがいまだに囁かれている50年代〜60年代の核実験の死の灰も含めて)発癌リスクが異常に高いのでしょうね。

 明治・大正生まれの人が発癌リスク低めで大往生するか早死に(戦死や事故死以外で)していったこと考えると色々と複合汚染っぽい物も噛んでるんでしょうけど、「自分だけは大丈夫だと思っていた」って言う筑紫氏の昨日の言葉には相当なショックが滲み出ていたように思いました。

 朝ジャをサブカル的な連中の間でブームにして、その看板で20年間TBSの看板番組に居座って、時代状況から考えるとレベルの高い報道番組を(久米宏しか見れない地域に住んでいたときは久米宏のセリフの浅はかさと言うか過剰なエモーショナルさに苦笑することが多かった)続けられたというだけで十分やったんじゃないかと思いますがね
…まぁ、筑紫氏本人は「こんな時代にこんな理由で引退してたまる」とかホゾを噛んでるでしょうけどロレツ回ってないことも多くなったし、癌が悪化するしないにかかわらず隠居すべき時期をとっくに過ぎていたと思いますよ。

 ただ、今後のTBSの報道番組はどうなることやら。報道中心の番組は殆んどないし(CS JNN-NB以外は)
 金平氏のような現場主義のはずで強烈な個性を持ったブンヤ向きの人間が報道局長なんてお偉いさんに「左遷」されてしまっていますからね、既に。

 NHKは中川・安倍が因縁付けてから弱腰一方でだめだめになったし、フジとか日テレとかTBSの夕方枠は、外注のパブ報道ばかりで論外だし、良心は深夜帯と早朝のドキュメンタリーばかり…やな時代になったような気もします。骨のあるブンヤが左遷されて、みのや勝谷やテリーみたいな太鼓持ちタレントがいい加減なコメントを量産して世間を煽っている時点で日本の報道はオワタ。なんでしょうけど…

投稿: Artane. | 2007.05.15 19:03

>投稿 yossi | 2007.05.15 18:40

 全部見マスタが、いやこれはどれをとっても全くけしからん流出事故ですなぁ(・o・)。

投稿: 大石 | 2007.05.15 19:22

 私も畜死の快癒を祈る一人です。
 北朝鮮の崩壊でも、中国軍の台湾侵攻でも、生きている内に実現して、あの世への土産にしてやりたい。

 ところで、青山のマンションでニート生活を送る、息子の「チクタク」クン、これで齧る脛がなくなる人生最大の危機を迎えたわけだ。厳しさを欠いた親父こそを恨んで欲しい。

投稿: 土門見人 | 2007.05.15 19:27

>「昼間射撃」「遭遇時の至近距離射撃」

これって、よくよく見ると、サマーワ派遣部隊が駐留前にクウェートの米軍キャンプでやった実弾射撃(89式での市街戦と遠距離から狙撃する場合を想定?)訓練ですよね。

これら以外のは空挺の教育用のビデオとかレンジャー教程の教育用臭いビデオとか
…投稿者が銃と車・特にAFVのマニアらしいと言うあたりが鍵っぽいですね。
 やっぱし、その筋のマニアから空挺とかレンジャーの教程に行った人がいて廻し見されているってことかしらん
…っつーか、「この程度は税金使ってるんだから広報として編集しなおして公開してもいいのに」って内容のような気もしますけど(ようつべにでている部分に限っていえば。ですが…本当にやばげな所は出ていないような(汗))、門外不出臭いビデオをどうやって手に入れたのやら(-_-;

投稿: Artane. | 2007.05.15 19:33

2ちゃんねる並に気色悪いブログですね。
誰あれ死ね死ね言ってる。大石さんて、こんな感じのひとだったのね。本捨てますわ。

投稿: 山本 | 2007.05.15 19:55

>日本人が死者に鞭打たないってのが嘘なのは

批判をすることと、実際に墓を暴いて死体を引き摺り
出してきて鞭を打ったり唾を吐きかけたりするのは
別ですよ。彼の国の人々はほんまに死体を引き摺り
出してきてやりよりますからなあwww
豊国廟破壊があっても略奪が目的で、別に秀吉の
ミイラを引き摺りだしたわけじゃないし。
でも中国の歴史ではそういうのは枚挙にいとまが
ありません。代表的な歴史的実例 ↓
伍子胥
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8D%E5%AD%90%E8%83%A5
秦檜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A6%E6%AA%9C
http://www.geocities.jp/torabane/btrip102.htm

投稿: | 2007.05.15 20:15

>死者に鞭打

日本とは違って中国では食材でもあった訳ですし
やはり死体に関する感覚というものは我々日本人とは
大きく異なるようです
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5916/jinniku.html
http://www.asyura2.com/2002/war11/msg/982.html
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-6.html

投稿: | 2007.05.15 20:24

http://www.asahi.com/politics/update/0514/TKY200705140144.html
>国民投票法が成立 自、公両党の賛成多数で参院で可決
>2007年05月14日12時43分
                     ↓
http://www.news24.jp/83920.html
>東大大学院教授を痴漢で逮捕「好みだった」<5/15 11:55>
>東京大学大学院教授の男が電車内で痴漢をしたとして、警視庁に逮捕されていたこと
>がわかった。
> 迷惑防止条例違反で現行犯逮捕されたのは、東京大学大学院法学政治学研究
>科・蟻川恒正教授(42)。
http://www.law.tohoku.ac.jp/faculty/opencampus/1999/kenkyuu.html
>蟻川恒正助教授
>東京都出身。専門は憲法。東北大学名誉教授である樋口陽一先生の憲法学の正
>当な継承者である。その高貴な顔立ちとは裏腹に気さくな人である。意外にも落語好
>き。また、独身貴族でもある。

陰謀評論家の先生。ご解説をお願いします。

投稿: truly_false | 2007.05.15 20:39

刑事事件の三審制で、検察が負けても控訴、上告できるというのは先生のおっしゃるとおりおかしな仕組みだと思います。
もともと趣旨としては、証拠の収集や証人探し等において圧倒的に不利な被告人側に対してチャンスを与えるのが目的で、訴追側にも同等の機会を与えると、被告人は不利なままになってしまいます。

その辺諸外国なんかはどうなんだろ。教えてエロい人

投稿: 勝谷ファン | 2007.05.15 20:45

「日本人は死者に鞭打つ風習は無い」って、中国の話はさておいて、平清盛とか足利尊氏とかの例は、どうなんですか?死後数百年たってからまで、国賊扱いされて・・。幕末、足利何某かの木像の首を切って、晒し者にした連中がいましたが、墓を暴いて、死体に鞭打つ行為とは違った意味で、死者に鞭打つと思います。だから「日本人は死者に鞭打つ風習は無い」ということはまったくの詭弁と思います。

投稿: 牛島 | 2007.05.15 21:21

アメリカは(州にもよるだろうけど)、被告が無罪だったら検察の上訴は不可(:O.J.シンプソン事件)

投稿: truly_false | 2007.05.15 21:26

幕末は結局、朱子学儒教の影響だからね。少しでも中朝の文化から遠ざかる、これが日本人にとって一番重要。

投稿: | 2007.05.15 21:35

平清盛や足利尊氏は、たんに皇室を軽んじたことを尊皇家が怪しからんとしただけ。

投稿: truly_false | 2007.05.15 21:35

>その辺諸外国なんかはどうなんだろ。教えてエロい人

 漏れはエロくないが、米国の場合無罪判決に検察は上訴できず。つまり、第1審で無罪判決が出ると、それで確定する。
 田岡二等兵はそれを知らず、「米軍の軍法会議は、殆ど無罪」とかほざいて、軍事裁判所不要論の論拠にしているんだからなぁ……

投稿: 土門見人 | 2007.05.15 21:40

>死者に鞭打つ

まだ死んでいませんがなw!
だから生きている、今のうちに叩いておくのですよ。

ま、彼の業績wは死後も批判され、評価されるでしょうがね。
それは「死者を鞭打つ」とは言いませんよ。>日本人ではない方々w

投稿: | 2007.05.15 21:52

>透明人間
 TWWのエピソードで、本屋貸し切る話を思い出しました。
 大手町紀ノ国屋あたり営業時間外に提供すればすごいパブリシティになると思うのに…

投稿: 七師三等兵 | 2007.05.15 22:02

ウィリアム・ミッチェルに有罪評決を下した判事団の一員だったマッカーサーは、後になって自分は無罪に入れたと釈明してたそうな。

投稿: truly_false | 2007.05.15 22:10

>日本とは違って中国では食材でもあった訳ですし

日本でもこんなのありますから

小笠原事件

昭和20年2月23日から25日にかけて、小笠原諸島の父島に配備されていた陸海軍の混成団の一部将校らが米軍の捕虜を殺害して人食していたことが戦後の東京裁判BC級の公判で明らかになった。
一体、どのような経緯で捕虜の人食に至ったのか。その後のBC級裁判で明らかにされた。
さて、ここで陸軍と海軍の高級将校達の酒盛りが連日行われた。終戦末期の物不足の中、
貴重品である酒を連日酌み交わした。だが、゛つまみ゛が無い。そこで、立花らは米軍捕虜の
肉を食べて戦意高揚を図ろうと軍医に捕虜の解体を命じた。針金で大木に縛りつけた米軍
捕虜に立花が、「日本刀の凄みを披露する絶好の機会じゃ」と言って、試し切りの希望者を
募って殺害。その後、遺体を解体させて宴会の゛つまみ゛にした。後の日本兵の証言によると、
米兵の手足の肉や内臓を立花が食べると、「これは美味い。お代わりだ」とはしゃいでいたという。
吉井は軍事裁判で、「無差別爆撃する
米空軍が悪い。パイロットは処刑されて当然。人肉は戦意高揚のため食した」と供述。

投稿: | 2007.05.15 22:21

あれ、TBS-Mainichi-Nifty のラインは全て繋がりがあるし、このラインは他にも繋がりがありますよ。それも全国レベルで。
>2ちゃんねる並に
もともとこの先生はその掲示板出ですよ。並みというよりは同等といった方が早い。

投稿: | 2007.05.15 22:25

>死者に鞭打つ
菅原道真は政敵に蹴落とされ大宰府に葬り去られましたが、その後醍醐天皇の皇子らの病死、清涼殿の落雷と道真に祟られました。
言葉はそれを発したものから、完全に独立し一人歩きしますので、その言葉を叩くのは問題ありません。
ただ、死者を暴くと呪われますよ。

投稿: たつや | 2007.05.15 22:32

>日本とは違って中国では食材でもあった訳ですし

シナでは普通にお店で売られていた時期もあったそう
ですね(宋代)。
また、あの中国の文豪、魯迅の親友も食われたそうで
それを元に「狂人日記」という作品も書かれています
文化大革命の時には反動右派分子、裏切り者、
修正主義者とかのレッテルを貼られた政治犯がが食われ
たという話もあるそうです。
↓ 元ネタは黄文雄氏の食人宴席という本です
http://www25.big.or.jp/~yabuki/doc5/sa94xy.htm
http://blog.livedoor.jp/kingcurtis/archives/50215843.html

投稿: q | 2007.05.15 22:41

>日本でもこんなのありますから

中国のように人肉市場が立ったりはしていませんよ。


>だから「日本人は死者に鞭打つ風習は無い」ということはまったくの詭弁と思います。

特異な例を挙げるのは、詭弁そのものですな。

日本人は大昔の人の墓につばを吐きかけたり、子孫に謝罪させよう!なんて、そもそも考えつかないのですよ。

OINK!


投稿: | | 2007.05.15 22:47

人肉食なんてのは世界のどこにでもあったもんですよ。
だからこそ世界のどこでもタブーになっている。
ただ人肉を嗜好で食べてたのは、(判っている限りは)支那とマヤだけ。
でも、支那のすごいところは、それが「ハレ」の食べ物だけではなく、「ケ」の食べ物でもあったということ。つまりお祭りとかじゃなくて普段の日に、他に食べ物があるにも関わらず、食べてた。
調理法も研究されてたし。

>死者を暴くと呪われますよ。
菅公は別に暴かれたりしてないですよ。
殺された訳でもない。
島流しですらない。ただの左遷じゃんねえ。
それも中央からみれば左遷だけど、九州では最大の官庁の長官だったのに。
死んで晒されて祟ったのはなんといっても将門公でしょ。

投稿: | 2007.05.15 22:48

>喫煙が原因で、日本の保健医療を食い散らかす人々を、笑いこそすれ同情する気は毛頭ありません。

ま、同じ文脈でいうならば、意志薄弱による肥満が原因で、医療保険を浪費する人もどうにかして欲しいよね。
え? 明後日あたりの大石サンのことですよ。

投稿: | 2007.05.15 22:55

>筑紫
 皆様、既に過去形で話しているのが何とも。
 私は、土門3佐殿と同意見ですね。あのジイ様に北の崩壊するさまを見せて、世間から全否定され失意の内に鬼籍に入ってもらうってのがベストと思ってます。
>仮想世界で「性行為」すると~
 これと微妙に違いますが、アメリカのどっかの州で、女性にいやらしい視線送ると刑事罰に処されるとか。
>陸自訓練ビデオ流出~
 某陸自特殊部隊女性幹部の、訓練中に豚の首をヘシ折っているている映像が流出~って話を期待しております(笑

投稿: 名無し二等空士 | 2007.05.15 23:57

>日本人は大昔の人の墓につばを吐きかけたり、子孫に謝罪させよう!なんて、そもそも考えつかないのですよ。

唾を吐くどころの騒ぎではありませんよ。

高麗磁器の盗掘と伊藤博文 - NAVER総督府
http://soutokufu.s145.xrea.com/index.php?%B9%E2%CE%EF%BC%A7%B4%EF%A4%CE%C5%F0%B7%A1%A4%C8%B0%CB%C6%A3%C7%EE%CA%B8

>韓国ではむかしから、王陵、庶民の墓を問わず、墓を掘ることは絶対に許されなかった。墓にたいする冒瀆は、韓国社会の伝統的倫理に反する行為の最たるものだったのである。韓国の庶民の問でむかしから使われた罵言雑言に「掘塚するヤツ」という表現があるくらいだ。ところが、日帝時代に入って、この「掘塚する」掘り屋が大挙して海を渡ってやってきたのである。<


投稿: 白波 | 2007.05.16 00:51

>人肉食い
戦時中は鮮人も日本国民だったし、中華系の日本人も万葉の時代から、いただろうしなぁw でも食文化として人肉食いがある話は聞いたことがありません。あるならぜひ資料の紹介を!

民族的習慣で人肉を常食に近い形で食べるのは、世界的に見ても中国人(漢民族?)ぐらいしかいなかったと思います。中国の古文記録の類や伝奇書やら読むと、人肉食いの話は頻繁に出てきますね。
その他は僅かな民族で儀式的・呪術的な意味合いで食するものと、あとはどこの国でも時たま起こる、突発的な個体の報告例があるぐらい(日本や欧州等での人肉食いの報告例はこんなのばっかり)ですね。

中国人は今でも地方へ行くと、胎児とかを裏メニュー的に食べてるらしいからなぁw(大紀元ソースだけどねw)

投稿: | 2007.05.16 00:54

白波 さん

死者を辱めるのと、財宝目当ての盗掘はかなり異なりますけど。


ところで韓国では様々な文化財を自分たちの手で破壊してしまい、記念碑だけ残っているという惨状があちこちで見られるのですが…朝鮮人が文化財の価値が何なのか理解できる日は来るのでしょうか?


>墓にたいする冒瀆は、韓国社会の伝統的倫理に反する行為の最たるものだったのである。

日本で朝鮮人が日本人の墓をたおしまくる事件があったようなあ。

投稿: | | 2007.05.16 01:02

ホント、超賎人は息をするように嘘をつくよなぁw
http://www.altasia.org/monsoon3/newspeople99_367.htm

ま、でも墓荒らしはどこの国にでもいると思うが?

投稿: | 2007.05.16 01:11

>人肉食なんてのは世界のどこにでもあったもんですよ。

近世、部下の兵士を銃殺し食べたのは日本軍だけです。
岡崎謙三のように暴力と気迫で迫らないと誰も真実を語りませんからね。

>足利尊氏

天皇親政は幻想だと見破った真の尊皇家です。
不浄な物(政治)は、臣下にお任せあれ。

投稿: 白波 | 2007.05.16 01:22

>ラグビー部員はわいせつ否認 同大、調査続行へ
> ただ事件自体は、交番で1時間説教すれば済む話で、こうやって晒し者にすべきことじゃない。

説教で済む話なんでしょうか。。
誘拐、監禁、強姦の未遂の事件のように思います。ラガーマン3人と女子大生一人ではナンパじゃなくって、マワす女を物色していたとしか思えません。これ、余罪はないんでしょうかね。
3人の役割分担も、部活の先輩伝授の手口とかの気がします。
しかし、京大アメフト鍋パーティのほうが、まだ言い訳が効く手口だと思います。偏差値の差でしょうかね。

投稿: おじさん | 2007.05.16 01:31

もっと最近の話なら中国では文革の時に人肉食がさかんに行われてたらしいね。公開処刑された遺体の内臓はたいそう人気だったそうな。

投稿: | 2007.05.16 02:25

時間は0時を回っており、夜道を若い女性が1人。
見ず知らずの屈強な3人連れの男が車から声をかけ、手を握り、ひく。首に手を回したのはさておくとして、ここまでは認めている、手をひくところまでは認めているということですね。

女性側にしたら、声をかけられた時点で、かなりの恐怖感でしょうねえ。手を出したら、完璧アウト!ま、痴漢と一緒で、言い逃れようとしても加害者側の言い分が通ることはほとんどないでしょう。第三者の証言でも得られれば別ですが。逆に、それだけ人目のないところでこれらの行為に及んだのであれば、これはもう、訴えられてもしかたないでしょう。

投稿: ya-mana | 2007.05.16 02:27

>近世、部下の兵士を銃殺し食べたのは日本軍だけです。

食料の無い離島に隔離されての話だからねえ。
今でも、遭難して人肉食って話があるし。

投稿: | 2007.05.16 03:38

中国と比べくもないが日本でも明治時代までは闇市場で人間の肝等を売り買いしていた。
警察の取締りの記録が残っている。

投稿: | 2007.05.16 05:55

死者に鞭打つ
いや、日本でも松平定信が実権を握ると田沼時代に重職にあり当時既に死んでいた役人の墓を暴き引きずりだして斬首して遺体を罪人として放置した例がありますが。

投稿: | 2007.05.16 07:08

人肉は大変美味で味わったが最後、お互い食べるために壮絶な殺しいになり、人類が破滅するから云々ってのを子供のころ読んだ記憶がありますがどうなんでしょうね?

投稿: トオリスガリン | 2007.05.16 07:17

>今の熱病に魘されたようなタミフル虐めをマスゴミが煽っているのは、極めて犯罪的な行為だと思うわけですが。

タミフルを濫用し備蓄を減らしせっせと耐性菌を作る方が余程犯罪的かと思いますが。事は日本だけでは済まないし。
将来の数百万の死者と現在の一人の死者、どちらを選ぶかって話ですが。

投稿: 紅 | 2007.05.16 07:20

>遺体を罪人として放置した例がありますが。

江戸時代の特異な例を出しても無意味ですよ。

投稿: | | 2007.05.16 07:27

シーボルト事件の高橋影保も“未決犯”として獄死したあと遺体が塩漬けにされて、罪状がキチンと検められてから、その“遺体”に刑が申し渡され斬罪に処せられてるけど。“刑罰”を当人が苦痛として受容し得たか否かではなく、各々の分際に“刑罰”が応じているか否かが問題だったワケね(だからおそらくこーいった処置は“士分”に対してしか行われなかったハズ(切腹か斬罪かは大違いになるから))

投稿: truly_false | 2007.05.16 08:13

>江戸時代の特異な例

むしろ『みせしめ』という点で効果的であった ということですね。
そもそも忌避されている事柄である ということであるので反証どころか本証ですね。

いやですから、当該人が「歴史上まれに見る極悪人」であるかどうかは、個々の判断に任されますし、日本文化の判官贔屓には死者への弔いが最もマッチングしていますよね。

投稿: たつや | 2007.05.16 08:56

春秋戦国って何年前だっけ?(遠い目

投稿: | 2007.05.16 08:56

>女性側にしたら、声をかけられた時点で、かなりの恐怖感でしょうねえ

でも男衆がイケメン3人衆とかなら女性は恐怖は感じないんだろうなぁとか理不尽な想像もしてみるorz

>陸自のビデオ流出
流出映像は確かに見ごたえありましたがでもやっぱアレは駄目ですよねぇ。
格闘術はやっぱり日本拳法なのでしょうか?
突きが縦拳かどうかまで確認できなかったですが。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.05.16 09:17

 紅さん、こんにちは。

> 将来の数百万の死者と現在の一人の死者、どちらを選ぶかって話ですが。

 前段はともかく、後段は同意できません。

 将来の数百万人の死者の可能性を理由に、現在の一人の死者を甘受することはなかなかに難しいのです。

 将来どころか、災害現場でのトリアージですら、黒タグ付けられた死者の遺族から異論が出されるぐらいなのですから。より多くの命を救うために一人が犠牲になることも、生者の心情としては赦せないものなのです。

投稿: rijin | 2007.05.16 09:24

>江戸時代の特異な例を出しても無意味ですよ。

特異な例ではありません。晒し者にするのは日本の伝統文化。会津戦争でも会津藩兵の屍は埋葬を許されずに晒された。
さらに酷いのは咎人がでると一族根絶やし。伊達騒動の原田甲斐の血縁者は年端のいかない幼子まで磔。死者に鞭打つ方がずっとマシってことです。

投稿: | 2007.05.16 09:43

それは、儒教主に朱子学の影響下での皆殺しでオリジナルは中国の三族皆殺しでしょ。日本だけ特殊というのは違うでしょ。だからといって日本だけ死者に鞭打たないというのも間違いですけどね。中華文明の影響下ですから。

投稿: | 2007.05.16 09:52

>投稿 山本 | 2007.05.15 19:55
IP:220.147.157.237

 なんで未だにこういうのが涌いて来るんだろう。

>意志薄弱による肥満が原因で

 だってメタボは見た目キモイだけで臭わないし人殺さないもの(ーー;)

>青山のマンションでニート生活を送る

 いやいや。筑紫さんが番組を始めて以降稼いだ契約金は、納税後を計算しても、たぶん10億円は残ったと思いますよ。ひ孫の代まで遊んで暮らせますよ。

投稿: 大石 | 2007.05.16 10:02

>なんで未だにこういうのが涌いて来るんだろう。

だからハエがたかるのはウンコが臭いからだって。

>だってメタボは見た目キモイだけで臭わないし人殺さないもの(ーー;)

でも医療費は無駄に使いますって。高血圧。糖尿病。

投稿: | 2007.05.16 12:02

肥満はもちろん生活習慣によるものもあるけど、遺伝的な影響も否定し切れていません。
「喫煙」とは比較するべくもないでしょう。

ショートケーキにも蝿は集るんですけどねw

投稿: | 2007.05.16 12:26

歴史的な記録等を何点もあたれば、食材としての人肉食い文化が中国オリジナルだってことがわかりますね。いちいち例を挙げるまでもない。もちろん日本を始め、いくつかの国にもありますが、「食肉文化」とは到底いえるべくもない。

この差が、中国のスゴイとこですw。

投稿: | 2007.05.16 12:32

人肉食と死者に鞭打つは起源中国以外に
何か関係あんの?
日本でも死者に鞭打つ文化はあるで
何か問題?事実じゃん。

投稿: | 2007.05.16 13:26

>死者に鞭打つ

韓国中国のそれとわが国のそういった行為とはちょっと
ニュアンスが異なるようです。
 たとえば韓国においてはかつての親日派の子孫の土地や財産を没収できる法律ができてしまいました。
今、法律を制定して過去に遡及して裁く。
少なくともこれは近代国家じゃないでしょう?
儒教道徳の思想を根幹に置いている社会だから出来る
んですよ。罪人や会津藩兵の屍は埋葬を許さず晒した
のとは別ですよ。今現代において会津藩兵の子孫を裁い
たならそれこそ日本にもそういった文化があると言える
でしょうが。
また、もしも日本にそういった文化がある
のならば日光東照宮なんてまっさきに放火されている
はずですよ。中国なんてのは王朝が変われば前王朝の
宮殿を徹底して破壊して焼いてその上に新しいのを
建設する。だから歴史が長かったわりには紫禁城くら
いしか残っていない。それとは逆に今の天皇はどこに
住まわれていらっしゃるのでしょうか?
徳川家の居城の江戸城そのまんまじゃないですか。
明治政府は歴代将軍の墓を全部暴いて晒したでしょうか
?。やってないでしょう?
 でも韓国はどうでしょう?歴史的建造物でしたが
その価値を認めず総督府の建物をわざわざ大金をかけて
までぶっ壊してしまった。

↓ 在りし日の総督府(大日本帝国という死者を鞭打つために壊された)
http://homepage2.nifty.com/datey/tokyo-st/sotokuhu.htm
http://www.exkw.bias.ne.jp/~tabiari/images/korea10.jpg

 

投稿: BX | 2007.05.16 14:24

学術調査で歴代将軍の墓はみんなあばかれてます。まあ、報復での墓あばきではないけすけどね。
逆に皇族の墓と決められれば墓は暴けないんですね。

投稿: dada | 2007.05.16 16:21

一般論としては、病人を笑うのは趣味が悪いんじゃないですかね?

投稿: | 2007.05.16 17:23

>会津戦争でも会津藩兵の屍は埋葬を許されずに晒された。
それでも会津には一人のアンティゴネーもおらず、地元藩民が討ち死にした藩兵から衣装を剥ぎ取って逝くさまを見た板垣退助は、こんなことでは日本は滅ぶと“自由民権”への志を固くしたそうな。

投稿: truly_false | 2007.05.16 19:02

>だってメタボは見た目キモイだけで臭わないし
人殺さないもの(ーー;)

さすがにそれは先生に失礼だろ、って思ったら
ご本人でしたか(笑)。

>ま、同じ文脈でいうならば、意志薄弱による肥満が原因で、
 医療保険を浪費する人もどうにかして欲しいよね。

そんなところまで広げてしまうと日本は誰もが医療保険を浪費している
どうしようもない連中ばかり、ということになってしまいますよ。

ある一定の年齢を超えると、完璧に健康!なんて人は一握りですからね。

投稿: とら | 2007.05.16 21:15

・意志薄弱→喫煙→肺癌→医療保険の浪費
・意志薄弱→食べ過ぎ→メタボ→医療保険の浪費
が同じ文脈だと言っているのでは?

投稿: | 2007.05.17 01:40

>歴史的な記録等を何点もあたれば、食材としての人肉食い文化が中国オリジナルだってことがわかりますね。
いろいろ調べましたが平時に文化として「食材」として食べられていたとの証拠は見つけられませんでした。
その手の人が主張するのは龍や麒麟の調理法も載せている料理本を根拠にしたり、三国志ではなく三国志演義を解釈し根拠にあげる等いい加減なものばかりで、その他はどこの国でもある飢餓状況や戦乱時の混乱、度胸試しのゲテモノ食いの類を特記すべきものとして述べられており一般に人を食する事が忌避すべきものであった事を逆証明するものでしかありませんでした。
また多くの国で見られる儀礼的なものは少ないのが中国の特徴のようです。
例外は薬としてですがこれは先の書き込みにあるとおり日本等諸国で確認されており中国オリジナルとはいえないでしょう。
平時に文化として「食材」にしていたという確実な証拠を教えていただけると幸いです。

投稿: | 2007.05.17 03:13

正史と同様の高い史料的価値を認められてる「資治通鑑」には人肉の市場価格まで載ってるそうな。「市中人肉を売る、斤あたり百銭(文)。犬肉は五百銭」(唐紀)
市場価格まであるならそりゃ食材として日常だったんでしょう。

投稿: | 2007.05.17 04:59

資治通鑑はいいかげんな話も結構載せているので有名ですよ。
参考になる話も多いから価値があるというだけの話で。

投稿: マグナカルタ | 2007.05.17 15:22

そんなこと言い出したら中国の史書なんてみんないい加減な話だらけ。人肉の市場価格は他の文献にも載ってるし、むしろ否定する根拠がわからない。

投稿: | 2007.05.17 18:04

ちょっと昔の『人民日報』や『解放軍報』など支那共産党の新聞には因習を追放、排除するために、いたるところに、「儒教=人食い」の文字が躍っていた。そうですよ。
つまりは人食い追放キャンペーンを国をあげてやってたわけ

http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/18672179.html
http://www.aozora.gr.jp/cards/000372/files/4270_14876.html

投稿: | 2007.05.17 22:32

>市場価格まであるならそりゃ食材として日常だったんでしょう。

日本でも飢饉時には人肉市場が立った記録が残っています。
これをもって食材として日常だったと言われたら疑問を感じるのではないでしょうか。
「資治通鑑」唐記の記述はまさに飢餓時の物です。
中国は日本に比べ戦乱、混乱の期間が長く飢餓状態が長かったため悪しき因習としてより多く存在したとみるのが妥当と思われます。
これをもって食材として日常だったと言う事は可能と思われますが注意が必要でしょう。

また文革時、共産党の反儒教キャンペーンの一環で儒教と人肉食をむすびつけた訳ですがこれは根拠のないものでしょう。
反中国サイト、図書等が人肉食を儒教攻撃に使っているのを見かけますが敵であるはずの中国共産党の過去のキャンペーンを丸呑みしているのは皮肉なものです。

投稿: | 2007.05.18 06:57

で、話がずれてきてます。それが目的でしょうか?>人肉話
死者に鞭打つハナシじゃなかったんですかね?

投稿: m | 2007.05.18 09:00

まあ、そう熱くならずこれでも食べれ。
http://www.asahi.com/international/update/0516/TKY200705160001.html

投稿: | 2007.05.18 13:50

黄文雄氏の本だったかなこんなこと言ってました。
昔、中国のある地方の富豪の家に県令がやってくることに
なった。食通の県令のために山海の珍味を取り寄せようと
するのだがしかし地方のことであんまり手に入らなかった
すると、この家の一人娘がお父様、私に良い考えが有り
ます当日まで待ってくださいといった。
 さて当日、県令がやってきた。歓迎の宴席で県令がふと
前に目をやると大鍋に油が煮えている。
なんだろうと思っているとこの家の一人娘がやってきて
「どうぞ召し上がってください」というやいなや
裸になって大鍋に飛び込んだ。
そして娘の唐揚げができあがった。
で、どうなったか?
県令は「このようなもてなしに大変感激した。たいした親孝行な娘じゃわい」と大いに富豪を褒め
おいしくいただきましたとさ   おしまい


実際にあった親孝行の美談だそうで


投稿: qqq | 2007.05.18 19:26

キチンと捌きミリン・塩コショウで味付けし、コロモを付けて揚げてこそ鶏肉は美味い。
生きた人間が煮えたぎった油の中へダイブしても、グロく大火傷した死体が出来揚がるだけ。いかな悪食で名を馳せる支那人といえど、そんなモンを美味しくいただけたハズも無い。
黄さんは文明的な台湾人だから、そのへんの虚実は見分けられんのだろうな。

投稿: truly_false | 2007.05.18 20:11

>昨日、第一報を聞いた瞬間、アハハ! と嗤ってしまいますた。

最近、私の家族は肺ガンと診断されました。
大石先生は私の家族の事も笑うのでしょうか。

ヘビースモーカーだから同情は出来ない、というのはまだいいとして、幾らなんでも「アハハと嗤う」は無いでしょう。

大石先生も愛する家族が肺ガンに罹ったら、こんなことは絶対に言えない筈です。

どうして、こんな人でなし発言が出来るのですか?

投稿: JSF | 2007.08.14 12:09

>最近、私の家族は肺ガンと診断されました。
>大石先生は私の家族の事も笑うのでしょうか。

やれやれ、中国空母の件で相手してもらえないと分かったら今度は誰しもが反論できない道徳的な高みからの攻撃かい?その嫌らしい手口、人でなしはどっちだよ。

いいか、今回あなたの家族がガンに罹らなかったら、この件で大石先生の言辞を攻撃してたか?わざわざ3ヶ月前の日記を引っ張りだしてだぞ?

家族にガンの者がいようがいまいが普段から重病者を侮辱するような発言を(過去ログであっても)非難するのがあなたのスタンスなら、敢えて何も言うまい。だが今回家族がガンだと判明したのを奇貨として大石先生への攻撃材料に使ったのであれば、重病に罹った家族を辱めているのはあなたの方だ。恥を知れ。

ちなみに同じ境遇の人間にしかこの心情は理解できない云々という反論が予想されるので言っておくと、自分も家族がガンになった体験をしている。それをダシに他人の失礼な言動をどうこうしようとは思わなかったがな。

投稿: | 2007.08.14 22:05

>昨日、第一報を聞いた瞬間、アハハ! と嗤ってしまいますた。
私もこの表現自体には否定的なクチですが、別にこのコメントが肺ガン患者への侮蔑とは読めないのですが。

投稿: とかげそ | 2007.08.14 22:16

正直に言わせて貰うと、大石さんがJSFの文体を「喧嘩腰」とか「罵倒」とか書いているのを見ると笑ったんだけどね。
だって、自分の文とか見たらどうなのかと。
どうしてJSFの相手するときだけ行儀良くなっちゃうのかね。

投稿: abcd | 2007.08.14 22:17

とは言え、JSF,おかしいよ、これは。
違和感ありまくり。

投稿: abcd | 2007.08.14 22:19

>大石さんがJSFの文体を「喧嘩腰」とか「罵倒」

 喧嘩腰は書いたけれど、「罵倒」という風にどこかで私は書きましたかしら。ひょっとしてあちらのブログのコメント欄でそんなこと書いてしまったかな? そんな風に感じたことは無いのですが。

投稿: 大石 | 2007.08.14 23:05

「罵倒」というのはシア・クァンファに対してのカキコだったみたいなので謝罪。

投稿: abcd | 2007.08.14 23:15

 困るんですよねぇ(・o・)。
 あっちのブログでも名無しさん集団にあることないこと結構書かれたけれど、私の場合、それは今に始まったことじゃないから、原則放置ですけれど。逐一ケアしていたらきりがないし。でも自分のホームでそれを書かれたら、些細なことだけど、一人歩きを防ぐためにこうして出てこざるを得ないこともありますから。

 あんたの普段の物言いからして?……。
 いやもちろん、人のふり見て我がふり直せですよ。基本的にはケースバイケースなれど。

 この件で貴方のハンドルには、私の中で黄色信号が点ったことを覚えておいて下さい。

>仕様書段階ではっきり区分けすることが

 ここは確かにエクスキューズが必要ですわなw

投稿: 大石 | 2007.08.14 23:47

>投稿 | 2007.08.14 22:05 さん
>やれやれ、中国空母の件で相手してもらえないと分かったら

私は8/2の自分の記事で「大石氏はもう言う気がないようですから、私もこれ以上は求めません」と既に述べています。

それと貴方達が中国空母とは無関係な話を延々と続けて話題逸らしを行っていることを正当化しないで下さい。

>今度は誰しもが反論できない道徳的な高みからの攻撃かい?
>その嫌らしい手口、人でなしはどっちだよ。

道徳的な高みにある事が「嫌らしい」とは、無茶苦茶な言い掛かりですよ。

>いいか、今回あなたの家族がガンに罹らなかったら、この件で大石先生の言辞を攻撃してたか?

記事が書かれた当時、直接見ていたら批判していたと思います。

そして家族が肺ガンだと診断されたからこそ、この記事の発言は許せるものではなくなりました。

>わざわざ3ヶ月前の日記を引っ張りだしてだぞ?

一年以上前の私の記事を引っ張り出している、貴方達が言えた台詞ではないと思いますよ。

なおこの記事を最近見つけたのは、数年前に書きこんでいた2chマスコミ板の信濃毎日スレ(あの当時は大石先生擁護側でした)を、久しぶりにチェックした時のことです。

>今回家族がガンだと判明したのを奇貨として大石先生への
>攻撃材料に使ったのであれば、重病に罹った家族を辱めて
>いるのはあなたの方だ。恥を知れ。

ああ、そういう筋書きにしたいわけですか。それこそ卑劣な邪推です。恥を知るのは貴方の方だ。

私は家族が肺ガンに掛かったからこそ、この記事の大石先生の暴言が許せなくなりました。たまたまペースメーカーの手術で入院中に、検査でガンが発見され、よりにもよって致死率の高い肺ガンだと分かり、どれだけ絶望した事か。

ヘビースモーカーなら自業自得だという批判はいいとしても「アハハ」はないわ、アハハは。

>自分も家族がガンになった体験をしている。それをダシに
>他人の失礼な言動をどうこうしようとは思わなかったがな。

私は今現在、家族のガン診断を受けたばかりで動揺しているのかもしれません。ですがもし肺ガン以外だったら、そのことをダシには使わず、一般論としてだけ批判していたでしょう。しかしよりによって肺ガン、この記事のガンと同じ種類では、見過ごせませんでした。

>他人の失礼な言動

貴方も大石先生の発言がおかしい、と認めるのですね。だったら何故、こんな発言をした事を窘めないのです。

投稿: JSF | 2007.08.15 00:42

自分の家族が肺ガンに罹ったら過去の文面ほじくりかえして抗議か。
自分の家族がガンになるまではどうでもよかったってことだろ?
ヤクザか半島人の言いがかりみてぇだな。

投稿: | 2007.08.15 01:12

>>投稿 大石 | 2007.08.14 23:47

間違ったことを認めて謝罪しても「黄色信号」なの?


>ここは確かにエクスキューズが必要ですわなw

エクスキューズとは何かな。


>>投稿 JSF | 2007.08.15 00:42
>私は家族が肺ガンに掛かったからこそ、この記事の大石先生の暴言が許せなくなりました。

>ですがもし肺ガン以外だったら、そのことをダシには使わず、一般論としてだけ批判していたでしょう。


悪いが、JSF、アナタのプライベートはどこまでいっても関係ない。
私情をまじえている事を堂々と表明しているが、おかしくないか。

書き込みを控えたほうが良さそうだよ。

投稿: abcd | 2007.08.15 01:30

>間違ったことを認めて謝罪しても「黄色信号」なの?

 謝罪などご無用。ただし、恐らくは私に対する思い込みに基づくだろうつまらない勘違いで、私を引っ張り出したから。

>エクスキューズとは何かな。

 ここは突っ込む所じゃないでしょう。一本取られたね、と白状したんだから、そこはニヤリとしてスルーしてあげるのが大人というもの。
 貴方のような人は、たまには良いですよ。適度な緊張感が涌いてくる。毎日、鵜の目鷹の目だと疲れるけど。

投稿: 大石 | 2007.08.15 02:00

>それと貴方達が中国空母とは無関係な話を延々と続けて話題逸らしを行っていることを正当化しないで下さい。
>一年以上前の私の記事を引っ張り出している、貴方達が言えた台詞ではないと思いますよ。

自分は荷担していません。以上。

>道徳的な高みにある事が「嫌らしい」とは、無茶苦茶な言い掛かりですよ。

道徳的な高みにあること自体を問題にしているのではない。それをここぞとばかりに他人を攻撃する材料に使っていることが嫌らしい(むしろ「卑しい」か)と言っているのだが。

>私は家族が肺ガンに掛かったからこそ、この記事の大石先生の暴言が許せなくなりました。たまたまペースメーカーの手術で入院中に、検査でガンが発見され、よりにもよって致死率の高い肺ガンだと分かり、どれだけ絶望した事か。
>私は今現在、家族のガン診断を受けたばかりで動揺しているのかもしれません。ですがもし肺ガン以外だったら、そのことをダシには使わず、一般論としてだけ批判していたでしょう。しかしよりによって肺ガン、この記事のガンと同じ種類では、見過ごせませんでした。

あなたの私情なんて知ったことではない。ここで身内の不幸合戦(「うちだって家族が致死率の高いガンで…」)を始めたところで不毛だし、あくまで議論の筋で勝負すべきじゃないのか?それとも天下のJSFさんもこの期に及んで感情論ですかい?

それよりも身内の不幸をダシに大石先生を攻撃したことは認めるわけね?私情があったからこそ普段なら軽く流していたであろう記事にわざわざ噛み付いたと。邪推するまでもなく自分から白状したわけだ。

>貴方も大石先生の発言がおかしい、と認めるのですね。

ん?そんなこと一言も言ってないぞ?

投稿: | 2007.08.15 03:35

それとこれ以後あなたの逐条レスに付き合うのも面倒なんで言っておくけど、本当に家族のガンにそこまで動揺しているのであれば悪いことは言わないからこんなところでネットバトルしている時間を自分と家族のために取っておけよ。大石先生もこの件についてはこれ以上レスを返さなそうだし、名無し風情とフレームに興じても不毛だろ?常に病気の家族の側にいてやれなかったとしても闘病生活で心身ともに消耗するのは見守る家族も一緒だから、こういうのは控えて少しでも自分の気力体力を温存しておきな。家族がガンになった体験者としてマジレス。

投稿: | 2007.08.15 03:37

>こういうのは控えて少しでも自分の気力体力を温存しておきな。

御忠告ありがとうございます。実際に連日連夜の書き込みは無理そうです。

この件では、これ以上書き込むことは無いですが、一つだけ言わせてください。

貴方たちは肺ガン患者を嘲るような大石先生の態度を支持できるのですか?

同情できない、ヘビースモーカーなのだから仕方が無い、と先生は言います。そこまではいいでしょう。

しかし、「同情しない事」と「嘲笑する事」は別物の筈です。

「アハハ! と嗤ってしまいますた」

この発言が人でなし以外の何だと言うのです?

投稿: JSF | 2007.08.18 08:33

>貴方たちは肺ガン患者を嘲るような大石先生の態度を支持できるのですか?

JSFさんは、大石先生のブラックジョークに「人でなし!」と突っ込んで、すべってしまっている状態だと思うのですが。

ここに来る「貴方たち」は、この程度のブラックジョークは十分許容範囲内だと思います。


ヘビースモーカーで肺ガンになって急死したといえば、コミケ代表の故・米山氏ですが、早速今回のコミケカタログで「彼は最後にたばこは体に悪い」ということを教えてくれた。とブラックなギャグにされていました。

投稿: ほるほる | 2007.08.18 23:54

JSFさま

あちらがクローズされたのでこちらに書きますが、
「奨励」という意味をご存じですか?
私ならあの文章であれば「推奨」という言葉を用います。

意味の違いは広辞苑あたりでお調べください。

あなたに対する最初で最後のRESです。

今後一切対応するつもりはありませんので、
ご承知おきください。

意味の違いをご理解いただければ、
だらだらと(私の主観)文章を書く必要はなくなると存じます。


 

投稿: pfe | 2007.08.19 01:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/15077984

この記事へのトラックバック一覧です: 同情の必要を認めず:

« アメリカ財政破綻の原因 | トップページ | Legacy Costs »